これからの季節に親子でハイキング! >>

選手のインタビューで「そうですね」が使われすぎていると思います。
1回気づいてしまうと選手の応答ごとにイライラしてくるんですが、
インタビュアーに対してそういう風に返すように決まりでもあるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

インタビューと言っても、「そうですね」が多用されるのは、勝利インタビューとか、ヒーローインタビューとかですよね。



まずは、突発的な形なので、言葉が出てこない。
他の方も書いていますけど、「ええと……」とか、そういうものの変形として使われている、というのは多いと思います。
ボクシングの計量後のインタビューなどのように、ある程度、質問されることがわかっているような場合なら、想定問答も用意できるでしょうが、試合後などであれば仕方がないと思います。

それから、勝利インタビューなどに関して言うと、そもそも「否定のしようがない質問」というのが多いような気がします。
試合に勝った人に対して、
「見事な勝利でしたね」
なんていう、質問も多いように感じます。「そうですね」以外の返事のしようがないような。


インタビューを受ける側が、喋る専門家ではない、ということと、否定のしようのない質問ばかりする聞き手、という二つがあるように思います。
    • good
    • 0

インタビューする側がそのスポーツの事を知らない、もしくは興味無いうえにさらに勉強さえせずに質問するからです。


そして選手側はそういう無知なインタビュアーからのうんざりするぐらい毎回同じ質問に答えさせられるから同じ回答にしかならないし、不満であってもそういう当たり障りのない返答にならざる得ません。
インタビュアーは本当に聞いて欲しい事は全く聞いてくれないらしいです。

もしくはテレビ局が視聴者をバカにしてるんでしょうね。
どうせ専門的な事聞いても視聴者は理解出来ないとか思ってるとか?
インタビューまで見るような人間はかなり専門知識ある人多いと思うんですけどね。
    • good
    • 0

具志堅さんは、「チョッチュネー」 浅田真央ちゃんも「そうですね。

。。。」は、やってたよ。
それくらい我慢してあげてもいいのでは?
インタビューを受けるほうは、自分を、振り返って、一呼吸「考えて」解説したいために、
そうですね・・・を使っているのでは?
    • good
    • 0

単に相槌というか返答するための時間稼ぎとして自然と使われてるだけですよ。




現役時代の落合や清原のように「そうですね」を言わない選手もいますから。

もしかしたら若手の頃は言ってたかもしれませんが、
ベテランになってからはあえて避けてるのがわかるぐらい「そうですね」を使ってませんでした。
    • good
    • 1

「そうですね」は、英語で言うところの「WELL」。



特段これといった深い意味はない。

選手は考え、思い出しながら発言することから無意識の内に出てくるのでしょう
    • good
    • 0

「いや、そうじゃなくて~」と、どんな下らない質問に対しても否定的には言わずに、「そうですね」とまず肯定から入りましょうという指導は、あるいは、あるかも知れませんね。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「そうですね」の連発

 最近、この言葉がものすごく気に掛かります。
相槌代わりに、たまに使われたり、次の言葉を考える時に、無言よりは場の雰囲気が良いのかもしれませんし、目上の人にもタメ口しか使えない人達もいる中、どちらかと言えば丁寧な言葉といえるかとも思います。
ただ、これをものすごく連発する人、いますよね。「そうですねぇ~○○だと思います」「×××もですか?」「そうですねぇ~・・・」と、二度続く人は、その後も延々と続きます。

 気になりだしたのは、安室なみえさんが、久しぶりに『Mステ』に出演された時でした。結婚された頃だったか、以前のような甘えた話し方よりは、少し大人になったなぁと思わせる、落ち着いた話し方だったんですが、ずっと「そうですねぇ」が付いて「誰か突っ込んであげてよぉ」と思ったものです。
それからは、トーク番組などでも気になって気になって・・先日、後輩と喫茶店で話していたら「そうですねぇ~・・・」過敏に反応してしまった私の耳に、次の言葉の返しも「そぉですねぇ~・・・」二度言った!これは続くゾ・・と思っていたら、やはり・・不快感以外の何者でもないと言った感じでした。TVでは、比較的若い人達が連発するので「言葉がすぐに出ない時は『そうですね』を使う」という事が載った、マニュアルか本が流行っているのでしょうか?

 最近、この言葉がものすごく気に掛かります。
相槌代わりに、たまに使われたり、次の言葉を考える時に、無言よりは場の雰囲気が良いのかもしれませんし、目上の人にもタメ口しか使えない人達もいる中、どちらかと言えば丁寧な言葉といえるかとも思います。
ただ、これをものすごく連発する人、いますよね。「そうですねぇ~○○だと思います」「×××もですか?」「そうですねぇ~・・・」と、二度続く人は、その後も延々と続きます。

 気になりだしたのは、安室なみえさんが、久しぶりに『Mステ』に出演され...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。24歳女性です。

スポーツ選手の「そうですね」は、
そう言うように
トレーニングされていると聞いたことがあります。

例えば、インタビュアーに
「金メダルじゃなくて悔しいですよね?」
と言われ、本人は、銀メダルで、十分嬉しかった
と思っているとき、
「そんなことないんです!銀で十分ですよ!」
なんて言うと、インタビュアーの質問は、否定された
ことになってしまいますよね。

でも、そこで、とりあえず、
「そうですね」と言って、相手のいうことを受け入れるふり(?)をするそうです。
(そんなこと思ってなくても。)
そして、その後で「でもまあ、怪我を抱えての試合だったので、自分では十分だと思っています。」と、自分の
意見なりを述べるのです。

つまりまず、「そうですね」と言うことにより、
「あなたはそう思うんですね」
「そういう意見もあるんですね」と受け入れる姿勢を見せることで、
相手を不快にさせず、かつスムーズに
自分の意見を伝えることができるそうです。
そして、これはトレーニングしないと中々できないことだと言っていました。

確かに、私なんか、相手にちょっととんちんかんな
ことを言われると、
まず「でも…!」と言ってしまいますからね(汗)

コミニュケーション学(?)を学んだという先生に教わりました。
確かにスポーツ選手はみんな言っていますね~(笑…)

ご参考になれば幸いです。

こんにちは。24歳女性です。

スポーツ選手の「そうですね」は、
そう言うように
トレーニングされていると聞いたことがあります。

例えば、インタビュアーに
「金メダルじゃなくて悔しいですよね?」
と言われ、本人は、銀メダルで、十分嬉しかった
と思っているとき、
「そんなことないんです!銀で十分ですよ!」
なんて言うと、インタビュアーの質問は、否定された
ことになってしまいますよね。

でも、そこで、とりあえず、
「そうですね」と言って、相手のいうことを受け入れるふり(?)...続きを読む


人気Q&Aランキング