利用規約の変更について

双眼鏡でタンクローRが良いと聞くのですが

メガネしてても大丈夫ですか?

タンクローRW?はメガネ大丈夫とは書いてましたが
値段が高くて手に出来ません

タンクローRぐらいなら買えますので
でもメガネかけて見えずらかったら多少は嫌です
タンクローRがメガネで見にくい場合は
タンクローRぐらい値段や性能でメガネつけても大丈夫なのありましたら
教えていただきたいです

なければタンクローR買うつもりです

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

メガネを掛けてなくても、覗き易さというのは、双眼鏡にとって大変重要な性能です。


そしてその覗き易さの指標となる性能値が「アイレリーフ」

アイレリーフとは、目を接眼レンズから少しづつ離した時に、視界全体が見渡せなくなる(ケラレが発生する)位置までの、離れ長さです。

この離れが15mm以上あれば、裸眼の人はもちろんのこと眼鏡視の人も「覗きやすい」と感じるようで、この15mmをハイアイポイントと言います。
アイレリーフの値は長いほど良いのですが、最低限の理想としては、眼鏡者なら13mm以上は欲しいところです。

そこで「タンクロー R」ですが、10倍は9.5mmで眼鏡視にはNG、8倍は13mmでぎりぎりセーフ。

「タンクロー WP」は15mm(ハイアイポイント)で、「R」とは2mm差ですが、「ギリギリと、ギリギリでない」の違いは、覗き比べたなら感じる差だと思います。

ですが、「タンクロー UCF R」は低価格帯の20mmクラスではトップレベルでコストパフォーマンスの高い製品です。
視界像の見え方それ自体は「タンクロー UCF WP」と同等。
双眼鏡に防水を必要としなければ、買い得は間違いなく「R」の方です。
しかし・・・、

ではもう1機種違う双眼鏡を紹介します。

★「ビクセン アリーナM8×25 」(ポロ式/中国製/4970円~)
http://kakaku.com/item/10910110005/
300g、見掛視界50.4°、アイレリーフ18mm、ツイストアップ式見口、
マルチコート、BK7プリズム

1万円以下のコンパクトクラスでは、トップクラスの覗き易さです。
ロングアイレリーフに設計された接眼レンズは、必然的にそのレンズ径も大きくなります。
そして大きめとなったレンズ径は、+効果として合わさり、更に覗き易くなります。
それが「アリーナM8×25」。

アリーナの光学品質グレードは、タンクローよりも1ランク下になりますが、タンクローとの口径差+4mmのアドバンテージが品質の差を埋めています。
デザイン・質感は、どちらかと言えばチープに見えますが、眼鏡者にはあえてこちらがお勧めです。

※ビクセン/アリーナシリーズには他に、口径21mmの機種・形式の異なるスリムデザインの機種がありますが、お勧めは「アリーナM8×25」だけです。


また倍率については、多くの製品が8倍と10倍をラインナップしてますが、ここは迷わず「8倍」を選んで下さい。
コンサート用途で双眼鏡を使用するとき、~キャストまでが最遠となる席だった場合でも、その距離は「マリンメッセ福岡なら100m」・「ドームクラスで150m」圏内で収まるはずです。

では、倍率によって「肉眼の○倍の大きさで見える」を、「○mまで近づいた大きさで見える」に置き換えてみます。
(計算は「距離÷倍率」)

100mの距離は8倍なら12.5mまで・10倍なら10mまで、
150mの距離は8倍なら約19mまで・10倍なら15mまで、

の近寄り効果となりますが、どうでしょう?大した違いはないですよね。
「対象をより細かな部分まで見たい」、、この時、
大した違いのない倍率なら、低倍率の方を選ぶのが正解になります。
実は、より大きく見せる=高倍率は、倍率差の2乗分暗く不鮮明になってしまうのです。
「不鮮明になる=視力が落ちる」と同じことなんですね。

望遠鏡類にとって最も大事は「光」であり、「明るさ=鮮明さ」であり、より「鮮明さ」を求める場合、「より口径を大きく」+「より低倍率に」+「より光学品質・光学精度を上げる」が必要となります。
すると、双眼鏡の大きさ=口径の大きさをコンサート用途向きのコンパクトな製品で選ぶなら、倍率は最低限の条件を満たすで我慢し、より品質・精度を高く作られた製品を選ぶことが大事です。

肉眼で人の顔の表情まで読取れる距離は、平均的には20mくらいまでです(←暗いほどこれより短くなる)。
ですからコンサート用途なら、最遠条件(150m)でも19mまでの近寄り効果が得られる「8倍」+「まともな品質」の双眼鏡であれば十分となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

めちゃくちゃ詳しくありがとうございます!!

大変助かります!!
計算式など全く知らなかったです

やっぱり8倍が一番良いんですね


マリンメッセでみた具合など
気になることばかりの回答でした

めちゃくちゃ参考になりました!!

お礼日時:2011/01/26 13:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qビクセン双眼鏡に詳しい方お願いします。

ビクセン双眼鏡に詳しい方お願いします。

8倍双眼鏡 「アリーナ」H8×21WPと8倍双眼鏡 「アリーナ」 M8×21について。

さいたまスーパーアリーナのliveに使用しようと考えており
検索してたら見つけました。

2つの違いが分かりません。 どちらが適していますでしょうか??

知識が全く無い私なので 自分で説明書きを読んでみましたが
理解することが出来ませんでした。

どちらにもそんなに違いが無いのであればM8×21にしようかと(見た目)
思っています。アドバイス宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

アリーナM8x21は所有とアリーナH6x21WP(アリーナH8x21WPと同じシリーズの6倍モデル。生産終了品)を持っています。中に入っているプリズムの違いにより、性能的にはアリーナM8x21の方がやや有利かと思います。また両者を持ち比べてみると、たった数10gの差ではありますが、体感的にアリーナM8x21の方が軽いと実感出来ます(普通なら大差ないと感じると思いますが、肩こりが酷い人とかには良いかも?)。

アリーナH8x21WPの方は畳んでコンパクトになる点、狭い眼幅の人でも使える点が美点です。防水というのもメリットなのですが、レンズを動かす部分のパッキンが入っているためか、ピントリングの動きがギクシャクしがちという欠点もあります(しばらく使わなかった時など、引っ掛かりを感じる場合も?)。

また同価格帯で性能優先ということであれば、アリーナM8x25(前の2機種よりもレンズが大きい分、本体サイズ&重量もワンランクアップ)やタンクローR 8x21 UCF R(アリーナM8x21より若干厚みと重さががある)の方が上です。この2機種も持っており、私的にはアリーナM8x25の方が若干の差で良いと思いますが、サイズの大きさを嫌う向きにはお勧めし辛いかも。

アリーナM8x25
http://www.amazon.co.jp/dp/B00170OVJS/
タンクローR 8x21 UCF R
http://www.amazon.co.jp/dp/B000NOKEH2/

またタンクロー(というかペンタックスブランドの双眼鏡全般)は今年モデルチェンジをしており、タンクローRの後継モデルも発売されました。基本的な光学系はRと同じですが、レンズコーティングがアップグレードされ、性能が向上しています。ちょっと前に確認したとき、ネット最安値6,000円オーバーだったのですが、現在は少し価格が下がり、ギリギリ5,000円台で買えるようです。Rより1,000円くらい高くなりますが、私が今買うならこちらにすると思います(メガネユーザーであればアリーナM8x25も選択肢に入れるかも?ですが)。

UP 8x21
http://www.amazon.co.jp/dp/B00S5XU8CE/

アリーナM8x21は所有とアリーナH6x21WP(アリーナH8x21WPと同じシリーズの6倍モデル。生産終了品)を持っています。中に入っているプリズムの違いにより、性能的にはアリーナM8x21の方がやや有利かと思います。また両者を持ち比べてみると、たった数10gの差ではありますが、体感的にアリーナM8x21の方が軽いと実感出来ます(普通なら大差ないと感じると思いますが、肩こりが酷い人とかには良いかも?)。

アリーナH8x21WPの方は畳んでコンパクトになる点、狭い眼幅の人でも使える点が美点です。防水というのもメ...続きを読む

Qコンサートを見る双眼鏡、 どれがよいか?

コンサートで使用するのですがいろいろ調べては見たものの実物を見ることが出来ないのでどれがよいか迷っています。どうぞよきアドバイスをお願い致します。

双眼鏡の選び方で 理想は8倍、実視界7.5度以上、口径30mm 見掛視界は50°以上 CFタイプがよい というのを見ましたがこれはかなり遠いところを見る感じでしょうか?
大阪城ホールとか代々木体育館くらいの規模でスタンドの1Fあたりからでもよく見えるとなるとどれれが適正でしょうか?また、8倍は近い場所からでは逆にはみ出して見えにくいでしょうか???

(1)Nikon 双眼鏡 スポーツスター EX 8×25D CF SPEX8X
仕様 ■倍率(倍) :8 対物レンズ 有効径(mm) :25 実視界(゜):8.2 見掛視界(゜) :59.7(65.6) 1000mにおける視界(m) :143 ひとみ径(mm) :3.1 明るさ:9.6 アイレリーフ(mm) 10.0 最短合焦距離(m) :2.5 質量(重さ)(g) :300

(2)Vixen 双眼鏡 8倍 アトレックHR8×25WP 完全防水 ラバーコートボディ 14591-1
仕様 ■倍率:8倍 対物レンズ有効径:25mm 実視界:7度 見掛視界:56度 1000m先視界:122mひとみ径:3.1mm 明るさ:9.6 アイリリーフ:18mm 至近距離:約1m

(3)Vixen 双眼鏡 8倍 アトレックHR8×32WP 完全防水 ラバーコートボディ 14593-5
仕様 ■倍率:8倍 対物レンズ有効径:32mm  実視界:6.5度 見掛視界:52度 1000m先視界:114m ひとみ径:4.0mm 明るさ:16.0:アイレリーフ(mm) 10.018mm 至近距離:約1.0m

(4)Nikon 双眼鏡 アクションVII 8×40 CF
仕様 ■倍率(倍):8 対物レンズ有効径(mm):40 実視界(゜):8.2 見掛視界(゜):59.7(65.6) 1000mにおける視界(m):143 ひとみ径(mm) :5.0 明るさ:25.0 アイレリーフ(mm):11.9 最短合焦距離(m) :5.0 質量(重さ)(g) :760 高さ (mm) :143 幅(mm) :182 眼幅調整範囲(mm):56~72 見掛け視界

以上4点です。
気になる点は(1)はレンズ 有効径が25mmですが実視界が広く値段も安くて魅力的ですが明るさが(3)(4)と比べて暗い。(3)は実視界が他の比べて狭いです。
そして(4)は重いのと、コンサートには大げさなのかと思ったりしています。

とても細かくてすみませんが実際を見て比べらることが出来ないので宜しくお願い致します。

コンサートで使用するのですがいろいろ調べては見たものの実物を見ることが出来ないのでどれがよいか迷っています。どうぞよきアドバイスをお願い致します。

双眼鏡の選び方で 理想は8倍、実視界7.5度以上、口径30mm 見掛視界は50°以上 CFタイプがよい というのを見ましたがこれはかなり遠いところを見る感じでしょうか?
大阪城ホールとか代々木体育館くらいの規模でスタンドの1Fあたりからでもよく見えるとなるとどれれが適正でしょうか?また、8倍は近い場所からでは逆にはみ出して見えにくい...続きを読む

Aベストアンサー

■ 2/2回目

私のお勧めは、

★★PENTAX Papilio 6.5×21 (中国製/10722円~)
http://kakaku.com/item/10910410062/
290g、見掛視界49°、アイレリーフ15mm、最短合焦50cm、マルチコーティング、BaK4プリズム
コストパフォーマンスの高いポロ式です。そして価格相応の光学品質、アイレリーフも◎、口径は21mmと小さいですが、6.5倍の低倍率が明るさ性能を大きく引上げています。
そして特筆したいのが最短ピント距離50cm!。
コンサート用途、美術館の絵画等の鑑賞・フィールドでの昆虫・草花の観察、そして星見用途まで、、コンパクトなくせに用途を選ばない双眼鏡です。
90m距離での近寄り効果は約14m。(これでも十分です)

★Vixen ニューアペックス HR 8x24 (ダハ式/日本製/16035円~)
http://bbs.kakaku.com/bbs/10910110313/
220g、見掛視界49.6°、アイレリーフ12mm、プリズム面を除く全レンズ面にマルチコート
ダハ式で、この価格で、なんとっ!、、日本生産製です。
アイレリーフが12mmなのでメガネの人ににはお勧めできませんが、コストパフォーマンスは相当に高い製品です。

★★★コーワ BD25-8GR 8×25DCF (ダハ式/日本製/19800円~)
http://www.kyoei-osaka.jp/SHOP/kowa-kowa-bd25-8gr.html
http://www.kowa-prominar.ne.jp/pro/bino/bd25/top.htm
320g、見掛視界50.4°、アイレリーフ15.8mm、最短合焦1.8m、フルマルチコート、高品質プリズム加工
キャベジンコーワの“Kowa”ですが、光学メーカーとしては世界に認められた名門です。
双眼鏡に最も厳しいバードウォッチャーからも高評価を得ている人気機種。
この価格にして世界のコーワ品質はしっかりと与えられています。
無理してでも手に入れる価値は十分あり。


照明が暗い演出時でも直に見て楽しみたい、場合には、
★★Vixen アルティマZ8×32(W) (ポロ式/日本製/18846円~)
http://kakaku.com/item/10910110554/
520g、見掛視界66.4°、アイレリーフ15mm、ゴム見口、フルマルチコート
ポロ式です、日本製です、フルマルチコートです。そしてこのクラス・この形式では相当に軽い方です。
この見え方をするポロ30mmクラスでは、おそらく最安!です。
「安い・軽い・良く見える」と、吉野家の牛丼なみにお得な双眼鏡です。

--------
価格はぐっと安くなりますが、どうして、、中々優秀でコストパフォーマンスの非常に高い製品です。

☆PENTAX タンクロー 8×21 UCF R (ポロ式/中国製/4970円~)
http://kakaku.com/item/10910410495/
210g、見掛視界50°、アイレリーフ13mm、マルチコート、BaK4プリズム
1万円以下のコンパクトクラスでは、トップクラスの光学品質。(Papilio 6.5×21とほぼ同等)
像質だけでなく、眼鏡者でも最低限の覗き易さを確保。

☆ビクセン アリーナM8×25 (ポロ式/中国製/4970円~)
http://kakaku.com/item/10910110005/
300g、見掛視界50.4°、アイレリーフ18mm、マルチコート、BK7プリズム
1万円以下のコンパクトクラスでは、トップクラスの覗き易さ。
光学品質はタンクローよりも1ランク下ですが、タンクローとの口径差+4mmのアドバンテージが品質の差を埋めています。
デザイン・質感ははっきり言ってチープに見えますが、眼鏡者には断然お勧めの双眼鏡。
--------


>8倍は近い場所からでは逆にはみ出して見えにくいでしょうか?

見掛視界が標準の50度で8倍の場合には、実視界は6.25度(= 50度÷8倍)になります。
例えば近距離30mの場合には視界範囲(横幅)は約3.3mになり、90mの場合には約10mになります。(計算式は省略)
キャストが走る等の移動が速い場合には、広視界ほど追掛け易いですが、30mで3.3mあれば大丈夫だと思います。

■ 2/2回目

私のお勧めは、

★★PENTAX Papilio 6.5×21 (中国製/10722円~)
http://kakaku.com/item/10910410062/
290g、見掛視界49°、アイレリーフ15mm、最短合焦50cm、マルチコーティング、BaK4プリズム
コストパフォーマンスの高いポロ式です。そして価格相応の光学品質、アイレリーフも◎、口径は21mmと小さいですが、6.5倍の低倍率が明るさ性能を大きく引上げています。
そして特筆したいのが最短ピント距離50cm!。
コンサート用途、美術館の絵画等の鑑賞・フィールドでの昆虫・草花の観察、そして星見用途...続きを読む

Q手軽に使いたい6倍30口径の双眼鏡、どれがいいでしょう?

旅行で持ち歩くため、下の3つのどれを買おうか迷っています。
Vixen 双眼鏡 アトレックライトBR 6X30WP
Kowa 双眼鏡 YF30-6
Kenko 双眼鏡 ultraVIEW 6x30WP

Vixenは全体的にしっかりしていそうですが、重さがネックです。
Kenkoが最も軽く、実視界が広く、かつ実売価格も低いようですが、
ネット上に情報が少なく、簡単に現物を見に行ける環境ではないため、
ためらっています。
Kowaは使用者が多く、酷評もなさそうなので、一番無難かと思うのですが、
もし上記双眼鏡の実物を確認したことのある方がいらっしゃいましたら、
使い勝手やデザインなど、何でも構いませんので、印象を教えてください。

Aベストアンサー

ケンコーのultraVIEW 6x30WPを持っています。価格を考えれば悪くないと思いますが、コーティングがフルマルチではない、レンズ対物接眼面が撥油コートではない等、仕様的にコーワYFやアトレックライトには負けていると思います。また細かい点としてはストラップがショボイ(ケンコーの双眼鏡はストラップがショボイものが多いです)、対物レンズキャップがスポスポ外れる(普通に使うと確実に紛失するレベル。私は自分で対処しました)なども気になりました。

ultraVIEW 6x30WPのメリットとしては、一般的なビノホルダーを使うことにより三脚に固定可能なこと(コーワYFやアトレックライトは不可)、裸眼で使う際、見口に顔を付けても普通に使えること(後述)でしょうか。他の2機種に比べ、わずかに軽量でわずかに実視界が広いですが、メリットとしてあげられるほどの差ではないと思います(誤差レベルかと)。

コーワYFとアトレックライトの2機種については、恐らくは同じ製造会社からのOEM(ODM?)と思われ、仕様的にも酷似しています。双眼鏡のブランド的にはコーワが一番上かと思いますが、コーワYFの方が特によいという分けではないと思います(むしろ巷のレビューを見る限り、アトレックライトの方が僅差で上という人が多いみたい)。価格やデザインなどで決めてしまっても良いように思いますが、アトレックライトについては、対物レンズキャップが本体吊り下げ式?(フリップ式?)となっており、紛失の心配がない点はメリットとして数えても良いかと。

ultraVIEW 6x30WPを購入する際、私もコーワYFやアトレックライトと比較検討していたのですが(本命はアトレックライトでした)、なぜultraVIEW 6x30WPにしたかというと、コーワYFやアトレックライトは裸眼で使う際、見口から少し顔を浮かせないと見えづらいという話を見たから。どうもアイレリーフの長さに対して見口の繰り出し量が足りないみたいなんですね。なので見口に顔をピッタリ付けると、アイポイントが近すぎて見えづらいと(この辺は顔の形にも拠るのかも?。掘りが深い顔の人なら大丈夫なのかなぁ)

私も手近に双眼鏡をチェックできるお店が近くになく、またultraVIEW 6x30WPについてのレビューは皆無だったため、ダメもとでの購入となりましたが、見口を繰り出して覗いてみると、像がブラックアウトすることもなく丁度良い感じで見られて一安心。結果、私的にはこの選択で良かったと思いました。なのですが、実は右接眼レンズにトラブルが出てメーカーへ返送&新品交換となっています(1ヶ月掛かりました)。

長くなりましたが、レンズキャップの使い勝手や保証の長さ(メーカー保証5年)でいけばビクセン、メーカーのネームバリューやコストパフォーマンス(実勢価格がアトレックライトより結構安い)でいけばコーワYF。ultraVIEW 6x30WPについては実勢価格はコーワYFより少し安い程度の上、光学的な仕様で少し落ちるので積極的にはお勧めしませんが、私のように見口の件が気になるなら選ぶのもありかと。以上、参考になりましたら幸いです。

# 女性じゃなくてスミマセン
#コーワを安物ってのは、いくら何でもちょっと…。

ケンコーのultraVIEW 6x30WPを持っています。価格を考えれば悪くないと思いますが、コーティングがフルマルチではない、レンズ対物接眼面が撥油コートではない等、仕様的にコーワYFやアトレックライトには負けていると思います。また細かい点としてはストラップがショボイ(ケンコーの双眼鏡はストラップがショボイものが多いです)、対物レンズキャップがスポスポ外れる(普通に使うと確実に紛失するレベル。私は自分で対処しました)なども気になりました。

ultraVIEW 6x30WPのメリットとしては、一般的なビ...続きを読む

Q双眼鏡の使い方で質問ですが 私は近視でメガネをかけていますが 双眼鏡は

双眼鏡の使い方で質問ですが 私は近視でメガネをかけていますが 双眼鏡はそもそもメガネを外して裸眼で見るものですか それともメガネを通して見る物ですか

Aベストアンサー

双眼鏡は近視でもピントが合わせられます。

勿論、眼鏡を掛けた状態でも双眼鏡のピントは合わせられますが、接眼レンズが遠くなりますから、眼鏡を外して裸眼で見た方が見易いです。

Qこの2つの双眼鏡であればどちらがお勧めですか?

現在ニコン 8×30 EIIを持っております。
しかしこの機種は残念なことに防水ではありませんのアウトドアに持っていくのは少しためらいがあります。

そこで防水機能がある2つの機種が候補にあがりました。

ケンコー Ultra-View OP 8×32DH

ビクセン アトレック HR 8×32WP

どちらも同じ倍率だし、対物レンズ有効径も同じで値段的にもどちらもお手頃かなと思っています。

EIIの8倍率を持っているので、これ以上高い物を買う気はありません。

よってこの2つに絞られました。

スぺックも金額もほぼ同じであるからどっちを取っても同じであろうとは思いますが、双眼鏡に詳しい方や現在、過去にご使用したことのある方お勧めの双眼鏡を教えてください。

デザインとか使い勝手とか小さな情報でも結構です。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

いろいろ持っておられるのですね、
Papilio6.5倍、、良いですね~。おまけにミクロンまで。。
8x30E II といい、私が欲しいと思っているのばっかです♪
それでコーワ BD25-8GR まで買われた日には、
もう、くぅっ~!  羨まし過ぎますっ。

私の方はビクセンのダハ:アペックスプロHR8×42、一つのみ。
最初はニコンの8x42HG L DCFを奮発して買おうと思ったのですが、ショップのスタッフさんから、「HR8×42は、8x42HG Lとタメを張る隠れた名機」と教えられ(商売っ気の低いスタッフさん)、決めっ!
実はこれが初めての双眼鏡だったのですが、双眼鏡の素晴らしさを初めて知って~それ以来、暇さえあればショップを徘徊~、鳥見屋さん・星見屋さんに声を掛けては覗かせて貰ったり~、もうすっかり双眼鏡ファンになってしまいました。

今のHR8×42には十分満足しているので、やはり違うスペックのを、あれやこれや狙っているのですが、何分にも多趣味(鳥・星・山・バイク・無線)の貧乏人のため、もっか空想世界で我慢しているところです。

狙っているのは、
50mmクラス:FUJINON 7×50FMT-SX
FUJINONのフラットナーレンズは、かのカールツァイスと並び称されたこともあり、めちゃ重いですが星見の主鏡にと考えてます。
それからキャノンの10×42 L IS WP
はははっ、おんなじですね♪
20mmクラス:コーワ BD25-8GR
10mmクラス:ニコン 遊 4X10D CF
双眼望遠鏡:メガネの松本/10センチ(夢のまた夢~)
http://www.page.sannet.ne.jp/mazmoto/10BINO.jpg

うちの奥さんには、決っして語れません・・・♪

いろいろ持っておられるのですね、
Papilio6.5倍、、良いですね~。おまけにミクロンまで。。
8x30E II といい、私が欲しいと思っているのばっかです♪
それでコーワ BD25-8GR まで買われた日には、
もう、くぅっ~!  羨まし過ぎますっ。

私の方はビクセンのダハ:アペックスプロHR8×42、一つのみ。
最初はニコンの8x42HG L DCFを奮発して買おうと思ったのですが、ショップのスタッフさんから、「HR8×42は、8x42HG Lとタメを張る隠れた名機」と教えられ(商売っ気の低いスタッフさん)、決めっ!
実はこれが初めて...続きを読む

Qコンサートに持っていく双眼鏡…どちらがオススメ?

こんにちは 早速質問させて頂きます。


京セラドームのコンサートに参加します、
座席が 4ゲート3塁上段(57通路) なのですが(ドームの座席がどうなっているのかわからないものの)、「とりあえずかなり上だ」という事はわかりました笑

ですので双眼鏡を持って行こうと思っています。

知人から、2つ双眼鏡をお借りしたんですが
倍率等全く違う物で、どちらを持っていくべきか悩んでいます。
どちらの方がオススメか教えてください。


(1) 7×18   小型で軽い

(2) 12×50 上の物よりかなり大きめ(レンズが赤いです)


コンサートの場合、10倍までが限界だという話も聞いた事があります(酔う為でしょうか)
ただ自分の座席からだと、7倍で事足りるのかが不安です
ですが12倍を持っていくとなると、結構大きく重さもあるので長時間のコンサート中持っているのも大変そうですし…

どちらがオススメか、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)の小型軽量の方をお勧めします。
重いのは正直大変ですし、自分の経験から言うとコンサートの間中ずっとそれを使って見るかというとそうでもありません。
まあ内容にもよりますが、最近のコンサートは大きな会場を使う場合にはステージ脇等に大画面でそのままライブ映像を映したりしますから、そこまで大倍率の双眼鏡を持っていかなくても良いかと。
使用しない時は邪魔ですし・・・

個人的には小型軽量の双眼鏡(オペラグラス)と眼鏡型の双眼鏡と両方持っていったりします。
拍手等で両手空けたい場合は眼鏡型は結構便利です。倍率小さいですけどね。
参考:http://www.akibaoo.co.jp/01/commodity_param/t/0/ctc/01370000/shc/0/cmc/4528483064457/backURL/+01+main

以上、ご参考まで。

Qコンサートでの双眼鏡選びとズーム機能について

同じ質問を別カテゴリでしたのですが
カテゴリ違いかなとも思い、再投稿させていただきます。
どなたか詳しい方、よろしくお願いいたします。


横浜アリーナ2階席からのコンサートのために
双眼鏡を購入しようと思い、いろいろ調べてみました。
ズーム式のもので低倍率(6~15倍あたりで22ミリ)
がいいのかなと思いましたが、どのサイトにもズーム式は
ダメとあります。コンサートで顔も全体も交互に観たいのですが
やっぱりズーム式は避けた方が良いでしょうか?

もしくは、固定倍率(8倍~10倍で25ミリあたり)
を一つと、全体用のもう少しお手ごろ(2000円程度のオペラグラス)を2つ用意しようかなとも思っています。
その場合、上記の8~10倍のもので
もしオススメの機種がありましたら
具体的にメーカー名など教えていただけると嬉しいです。
予算は5000円~12000円前後です。

いま目をつけているのはペンタックスのタンクローという機種です。
でもこれもネット上の古いかもしれないデータから
見つけたので、今はもっと良い機種があるんでしょうか?

同じ質問を別カテゴリでしたのですが
カテゴリ違いかなとも思い、再投稿させていただきます。
どなたか詳しい方、よろしくお願いいたします。


横浜アリーナ2階席からのコンサートのために
双眼鏡を購入しようと思い、いろいろ調べてみました。
ズーム式のもので低倍率(6~15倍あたりで22ミリ)
がいいのかなと思いましたが、どのサイトにもズーム式は
ダメとあります。コンサートで顔も全体も交互に観たいのですが
やっぱりズーム式は避けた方が良いでしょうか?

もしくは、固定倍率(8倍...続きを読む

Aベストアンサー

 学生時代にツキノワグマの調査で双眼鏡を使っていました。朝から夕方まで8時間ぶっ通しで双眼鏡を覗きっぱなしというような使い方をしていました。半端なモノだと帰り道は頭痛と平衡感覚のズレでまっすぐ歩けなかったですね。

 ま、そういう特殊な使い方はさておき。

 タンクロー、良いんじゃないでしょうか。ちゃんと使えますよ。
 このクラス(対物レンズ口径が20-25mm)の双眼鏡はマニアからは相手にされていませんが、見え方に破綻もなく、何より小型軽量であることを考えると非常に使い勝手が良いモデルが多いです。
 その中でもタンクローは評判が良いモデルです。

http://www.pentax.jp/japan/imaging/binoculars/tanc/index.html

 タンクローRならなんとか予算内に入りそうですし、見え味も悪くありません。

 他にお薦めモデルをもう1つ挙げると、ニコンのスポーツスターEXでしょうか。これもなんとか予算内で購入できると思います。

http://www.ave.nikon.co.jp/bi_j/products/binoculars/compact/star_x25.htm

 他は・・・あまり自信を持ってお薦めできるものはないですね。そもそもこのクラスがいわゆる「安物」に属するので、ニコンかペンタックスならなんとか許容範囲の見え味、というレベルです。私はどちらでもたいして変わらない(50歩100歩)の見え味だと思っていますが、どちらかというとタンクローの方が評判は良いようです。

 ビ○センやケ○コーも、高いモデルは良いのを出しているようなのですが、ホームセンターなどで"8割引"なんて無茶な値段で売られているものがあまりに酷すぎるので、私は金輪際買う気はしません。店頭で除いてみて床に叩きつけたくなるようなモノが大半です。中には明らかに光軸が狂っているモノすらあります。

 というわけで、スポーツスターかタンクローが予算内で購入できるモデルとしては、「ちゃんとした双眼鏡」で良いと思います。タンクローの方が値崩れしている(旧モデルが大幅値引きで売られていたりする)ので良いかも。

 一応、「双眼鏡マニア」の末席を汚す者としては、これだけだと淋しいのでもう少し高価なクラスのモデルも紹介だけしておきます。

http://www.ave.nikon.co.jp/bi_j/products/binoculars/standard/index.htm

 ニコンのモナークというモデルなのですが、対物レンズ口径で3つシリーズがあるのですが、これの36シリーズが素晴らしい見え味です。
 この口径にしては軽いしコンパクトだし、見え味は素晴らしいし、これでこの価格は大バーゲンだと思います。私、これの前身モデルのエスパシオというモデルを持っているのですが、これはこれで満足していたのにモナークを覗いてみてショックを受けてしまいました・・・

 双眼鏡の見え味って、「安物メーカーのガラクタ」は別にして、ある程度は対物レンズ口径に依存します。
 ライカの7万円くらいする8×25も確かに素晴らしい見え味なのですが、でも素直に見るとニコンのモナークの方が良いです。なのでそもそも25mmクラスには、「双眼鏡マニア」は最初から何も期待していないわけなのですが、その中ではこの2機種(というよりこの2メーカー)は、このクラス、この価格帯では頑張って「ちゃんと見えるモデル」を造っています。
 なのでこれらのメーカーの、もう1つ上のクラスを買うと「目を見張るような」見え方をします。
 それ以上のクラスは、まあ「堅気ではない」好みの世界ですね。実用上はニコンのモナークあたりのクラスがハイエンドと考えて良いと思います。他メーカーで同等の性能のモデルはもう少し高いですが。
 ・・・そりゃ15万円のモデルを一度覗いたら引き返せなくなるのですがね。
 でも、船舶等の特殊用途でも10万円前後のモデルが多用されていますし、クマの観察で8時間ぶっ通しで見るような使い方をしても、最も使いやすかったのはニコンの10×40で7~8万円クラスのモデルでした。
 30万円のツァイスも1日覗いていると激しい頭痛がしましたが、頭痛が起きなかったのはニコンだけでしたね・・・

 倍率ですが、同じレンズ口径であれば一般的に倍率は低い方が綺麗な見え方をします。明るいですし。
 なので8×25と10×25があるモデルでしたら、8×25を選ぶ方が無難でしょう。まあ10×25でも後悔はしないと思いますが。

 それと私もズームはお薦めしません。
 ニコンやキヤノンのズームですら、非ズーム機と比べると視野も狭く、像もしゃきっとしません。これらで「用途によってはなんとか我慢できる範囲」です。ズームでなければならない用途というのもほとんどないので、ほとんどの場合は私でも迷わず非ズーム機を選びます。ホームセンターの安物ズーム機なんて、試しにちょっと覗いただけで床に叩きつけて踏みつけたくなる代物です・・・

 というわけで長々と書きましたが、素直にタンクローで良いのではないでしょうか。
 私としてはモナークを購入していただければ嬉しいですが(別に関係ないのに)。モナークを買ったらバードウォッチングやスターウォッチングの同好の士が増えそうで。

 学生時代にツキノワグマの調査で双眼鏡を使っていました。朝から夕方まで8時間ぶっ通しで双眼鏡を覗きっぱなしというような使い方をしていました。半端なモノだと帰り道は頭痛と平衡感覚のズレでまっすぐ歩けなかったですね。

 ま、そういう特殊な使い方はさておき。

 タンクロー、良いんじゃないでしょうか。ちゃんと使えますよ。
 このクラス(対物レンズ口径が20-25mm)の双眼鏡はマニアからは相手にされていませんが、見え方に破綻もなく、何より小型軽量であることを考えると非常に使い勝手が良い...続きを読む

Q親が亡くなった人にかける言葉

先日、私の職場の同僚のお父さんが亡くなりました。
私は、こういう経験がなく、今度彼女に会ったら何て言ったらいいのかわかりません。
もう3日も休んでいるので、何も言わないのもおかしい気がするし。
それとも、触れるべきではないのでしょうか?
今度会ったときに何て言おうかと悩んでいます。
相手を気遣い、かつ不快にさせないことばがあるでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。 30代オンナです。

私は5年前に実母を癌で亡くしました。
そのときに会社の皆さん、友人たちにいろいろな言葉をかけてもらいました。
「大変だったね」「何かできることあったら言ってね」等々なぐさめやねぎらい(お通夜・お葬式は大変だった!)の言葉はどれもありがたいものでした。

ただ、うちの母親の場合56歳という若さで亡くなったのでそれは私自身とても残念で悲しいことでした。
唯一「まだ、若かったのに残念ね・・」という言葉には正直辛く感じました。

わたくしごとをゴタゴタ並べてしまいましたが、やはり何か言葉をかけてあげたほうが良いと思います。
腫れ物を触るように気をつかっていただいたことがあり逆にこっちが気をつかっちゃったりしたことがありました。

ただ、なくなった直後は葬式やら事務手続き等でとても忙しくて亡くなったんだ実感というものが感じられません。
できたら、落ち着いた頃に(49日が終わり、2か月くらいたったころ)食事にでも誘ってお話を聞いてあげてみてください。

Q双眼鏡の「ケラレ」について教えてください

自分は、ビクセンのアスコット10×50を使用しています。三脚使用です。
今のモデルではなく、ヘールボップ彗星の頃に買ったものです。WIDE仕様です。

さて、お尋ねしたいのですが、双眼鏡を覗く時に発生する、ブラックアウトと言いますか、上手く覗かないと、ピタッとハッキリ見えなくて、チラチラと黒い影が視界を横切ります。あまり上手く表現できませんが。
具体的には、いきなり黒い布を対物レンズの前でひらひらとされた感じと言いますか…
もちろん、バッチリと決まった時はハッキリと見えています。
最近はホームズ彗星を見てます。
しかし、どのような具合なのか、目と接眼レンズの位置の関係なのだと思いますが、かなり微妙で、ちょっと気を抜くとすぐ黒い影が…
双眼鏡のケラレと言うのは聞いていますが、これがその現象なのでしょうか?調べてみると、どうもそれとは違うようなのですが。

双眼鏡を使いこなしている方は、いつもピッタリとクリアな視界で観望しているようなのですが、この黒い影は出ないのでしょうか?
この黒い影が出ないような視方を教えていただけないでしょうか。
どうかお願いします。

自分は、ビクセンのアスコット10×50を使用しています。三脚使用です。
今のモデルではなく、ヘールボップ彗星の頃に買ったものです。WIDE仕様です。

さて、お尋ねしたいのですが、双眼鏡を覗く時に発生する、ブラックアウトと言いますか、上手く覗かないと、ピタッとハッキリ見えなくて、チラチラと黒い影が視界を横切ります。あまり上手く表現できませんが。
具体的には、いきなり黒い布を対物レンズの前でひらひらとされた感じと言いますか…
もちろん、バッチリと決まった時はハッキリと見えています。
...続きを読む

Aベストアンサー

双眼鏡の接眼部の「ケラレ」は、必要以上に眼を接眼部から離した場合に全視野が見えなくなる現象で、「ブラックアウト」とは違います。

「ケラレ」は、アイレリーフが短い機種で眼を離す(眼鏡使用を含む)場合に発生し、おおむね、視野の周辺部が見えなくなります。

ブラックアウトは、ちゃんと説明できないですが、これまでガラクタ双眼鏡を30台程度扱った経験では、広角の双眼鏡で出やすいようです。

接眼部の形式などが影響していると思いますが、古くて視野が狭い(古典的なケルナータイプ)ではほとんどおきません。

また、アイレリーフが短い機種では眼の位置がずれる可能性が低いため、アイレリーフが長い機種は眼の位置合わせの関係で発生しやすいようです。

私が使用している機種では、笠井のHC-BINO 10×50は比較的ブラックアウトしやすいようです。

接眼部がポップアップもしくは見口のゴムの折り返しなどで調整できる場合には、ブラックアウトしにくい位置を見つけるしかないと思います。

Qチケットの当選確率、1枚と2枚どっちが当たりやすい?

とても人気のある舞台の先行販売の抽選に申し込もうと思っています。

一人4枚まで申し込めるのですが、その場合1枚や3枚等奇数の枚数より、2枚や4枚等の偶数の枚数の方が当たる確立が高いのでしょうか?(オークションでの転売やネットでのチケット交換をよく見かけるので、最大枚数の4枚で申し込んでいる人が多いようです。)
座席数などの関係で、偶数の方が割り振りがしやすいとかあるのでしょうか?

希望は1枚でいいのですが、偶数枚数の方が当選確率が高いのであれば、2枚又は4枚で申し込もうかと思っています。
うまく説明できなくてすみませんが、この様な事に詳しい方がいらっしゃいましたら、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

確証はありませんが、枚数が少ないほど当たる確率は高くなるのではないかと思いますが・・・
1枚だったらどこの座席でも空いてさえいれば取れるはずですが、2枚以上だと、2つ以上並んだ座席が空いていないと取れないわけで、確率は低くなるのではないかと思います。
今までの個人的な経験でも、2枚で申し込んだ日はダメで1枚で申し込んだ日は取れたり、1枚で申し込んだ日の方が良い席だったりしたことが多かったように思います。たまたまかもしれませんが・・・


人気Q&Aランキング

おすすめ情報