最新閲覧日:

6600V CV及びCVTケーブルの終端処理について、しゃへい層接地については資料等を見ると、錫めっき軟銅線を使うとあります。この場合、接地線との接続には軟銅線を端子あげした上で、端子台経由で接続するのでしょうか?また軟銅線のサイズはケーブルサイズや敷設距離に関わらずφ1.6又はφ2.0でよいのでしょうか?あるいは軟銅線のかわりにIV線を使用する事は可能でしょうか?可能な場合その種類を考慮する必要があるでしょうか?(サイズ、単線、より線、HIV、KIV等)どうか宜しくご指導お願いします。

A 回答 (1件)

高圧ケーブルの遮蔽層の接地はD種でよかった筈なので1.6でOKなわけです。

錫めっき線とIVをスリーブで普通に繋いでます。高圧の端末あげはプレハブストレスコーンのキットを買ってやっていますので、それらの中に錫めっき線も入っています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報