そろそろロンドン五輪の予選が始まりますね。
今回の世代では2大会続けてUー20W杯の出場を逃しましたがタレントが多くてプラチナ世代とも呼ばれているので期待しています。
A代表に呼ばれた香川、権田、酒井、永井、金崎、米本の他にも宇佐美、小野、大迫、原口、山田、柴崎、宮吉、実籐、柿谷と活躍している選手が書ききれないほどいます。
海外でも宮市や指宿なんかも活躍してて楽しみです。
逆に大型なCBや守備的なボランチの選手が少なくて守備面で不安ではあります。


そこで気が早いですが皆様が考えるロンドン五輪のベスト布陣を考えてください。(オーバーエイジを使わなかった場合)
出来ればサブメンバーも考えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

永井


金崎 香川 宇佐美
山村 米本
酒井 薗田 村松 高橋峻
権田

宮市、山田、高木、指宿、廣永 東、刀根
(米本、薗田)

高橋のところは堂間、比嘉、実藤と悩みましたがJでの実績のある高橋を。
東、刀根はポリバレントさと経験

O.Aは長友、長谷部、闘莉王or吉田麻
O.Aは高いFWと長谷部を悩みましたが岡崎、前田、李…とイマイチ決め手に欠くので、
長谷部を入れて中盤の守備引き締めとパスのアクセントをそしてキャプテンです。

アウトは東、刀根、高橋
O.Aで解決するので外しました。

小野…同タイプに厚い壁
大迫、宮吉…FWはだいたい4人だがFW兼任のMFが多いのでMF枠を増やすために落選。
柴崎、小島…コレ!!って武器が弱い気がする。
柿谷…論外

香川、宮市ともしかして宇佐美はクラブが出してくれないこともあるかと。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宮市とか宇佐美とかはそんなに凄いですか

メディアでは宮市と宇佐美は評価が高いようです。
某掲示板では凄いという意見と大したことないという意見が混ざってます。
 
つまり、すぐに中心選手として活躍するという意見と
テクはあるけど中心選手に定着するにはまだまだという意見です。
 
宇佐美選手に関しては実績もあり、大成するのは間違いなしと思いますが、
宮市選手に関しては欧州で成功できそうでしょうか。
私ではちょっと分かりかねるので現状と合わせて今後の見通しをお願いします。
世界を代表するようなプレーヤにはなれるでしょうか?

 

Aベストアンサー

>宇佐美よりも宮市のほうが絶対的な数字に現れる武器
>世界で突き抜ける武器があります

確かに目立った武器は宮市の方が凄みを感じますが、
これは風間八宏のコメントから得た情報ですがフランス代表の様にリベリー等足の速い選手を揃えてもうまくいかず、現代サッカーは今、バルサが証明したようにボールを扱うテクニックの優れたジダンやピレスやビエイラのような中盤選手を改めて必要としていると解説しています。

その点では宇佐美はぴったりで、先日の対バルサでもフル出場でチーム1の動きでした。
リベリー、ロッペンは確かに優れた選手ではありますが二人揃って怪我をし、ドイツカップ1回戦でいきなり宇佐美のアピールするチャンスも来るかもしれません。
開幕戦もリベリーは間に合いそうですがロッペンは不透明らしいです。
出場チャンスは宮市より宇佐美の方がありそうで、もし出場したならば彼なら活躍してくれると期待しています。

一方アーセナルは、バスサッカーではありますが、
ベンゲルはプライドが高いのかどうかわかりませんがバルサのサッカーを手本にしていないような気がします。(全チームがバルサ目指してもおもしろくないし当たり前かもしれないけど)
宮市もウォルコットと似たタイプですし、アンリを見つけたのもベンゲルだし、サイドアタッカーが好みなのかもしれません。
という事なら宮市はベンゲルにとってどストライクの好みの選手の可能性があり、
やはり労働ビザとベンゲル次第かな~と思います。

ただ宮市の場合はポテンシャルはあっても粗があるのですぐに結果はでないと思います。
結果を出すのが早いのはおそらく宇佐美だと思います。
でも↓でも回答したように視野と連携と技術(キープ力やパス精度)等をもっとぷれっしゃーの中でも発揮できるようにフィジカルアップと経験をつめばそのポテンシャルを十分に発揮して世界屈指のサイドアタッカーになれると思います。期待もこめて。

その経験を積む場とアピールする場を、ベンゲルならば与えてくれるのではないかと期待しています。
若手好きでわりと我慢して育ててくれるベンゲルだし何より自分が発見した選手なので可愛がってくれそう。
という事は労働ビザさえ下りれば早く中心選手になってもおかしくないと思います。それだけの選手だと思います。
宮市君は出ればおもいっきりプレイするしホームシックにもならないしハートが強い子なんだと思います。
顔もかっこいいし頑張ってほしい。

>宇佐美よりも宮市のほうが絶対的な数字に現れる武器
>世界で突き抜ける武器があります

確かに目立った武器は宮市の方が凄みを感じますが、
これは風間八宏のコメントから得た情報ですがフランス代表の様にリベリー等足の速い選手を揃えてもうまくいかず、現代サッカーは今、バルサが証明したようにボールを扱うテクニックの優れたジダンやピレスやビエイラのような中盤選手を改めて必要としていると解説しています。

その点では宇佐美はぴったりで、先日の対バルサでもフル出場でチーム1の動きでした。
リベ...続きを読む

Qオーストラリアはどうして超守備的布陣を敷いたのですか?

勝つべき試合だった。自陣に7選手が深く引く想定外の超守備的布陣を敷いてきたオーストラリア。
http://hochi.yomiuri.co.jp/2010worldcup/japan/news/20090212-OHT1T00061.htm
試合はダイジェストしか見てませんが、
オーストラリアは最初から引き分けでもいいという考えだったのでしょうか?

Aベストアンサー

と、言うよりオーストラリアはああいう戦い方がベースです。
あれが最もオーストラリアの良さを出せる戦い方。
逆を言えばああいう戦い方しか出来ない二流チーム。
テレビではオーストラリアがさぞ世界クラスの強いチームのように言ってますが
たいしたチームではないんです。確かに日本に比べてフィジカル強いこと。
それは認めなくてはいけませんが、全体にスピードがなく体力面から見ても
豊富ではありませんし、そんな選手が
やってる事は昔ながらの放り込みサッカーという奴です。
運動量がある日本に対し、運動量で対抗してスタミナ切れになれば
守備が出来なくなり危険ですから。オーストラリアからしても
負けるわけにはいかない一戦。より守備的になるのも当然と言えます。
体格差で勝って居ることがオーストラリアの最大の利点です
空中戦では負けませんから後は足元を封じるだけです。
人数をかけた組織的な守備さえすれば決定機は作られません。
後は少人数でロングボールで誰かにポストをさせてこぼれた所を押し込む。
それを繰り返すしかないんです。原始的なやり方ですが
今の日本にとっては、またアジア全般と見比べても一回り大きな選手を
要するオーストラリアにとっては当然ああいう戦い方になります。
日本としてはあれをやられると、良い位置でファールを貰いセットプレーからの
得点で打開するのが有効だと思いますし何度か絶好の位置での
FKもあったのですが不発でしたね。
まぁFKが得意な選手が居ても壁は高いし空中戦では負けますから
仕方ない部分はありますが、一度ボールを止めてしまえば
相手の能力差は縮まる訳ですから。
良い位置のFKを回数を増やすためにも単純にパスワークで崩すよりも、
もっともっとドリブルでイヤらしく仕掛けて守備を壊す方が有効だと思うんですけどね。
相手は体がデカイだけでスピードは無いし小回りききませんから。
ただ、デカイだけ。それがとてつもなく恐ろしい事でもあるんですけどね。
格闘技で言うと、ボブサップみたいな相手でしょうか(笑)

と、言うよりオーストラリアはああいう戦い方がベースです。
あれが最もオーストラリアの良さを出せる戦い方。
逆を言えばああいう戦い方しか出来ない二流チーム。
テレビではオーストラリアがさぞ世界クラスの強いチームのように言ってますが
たいしたチームではないんです。確かに日本に比べてフィジカル強いこと。
それは認めなくてはいけませんが、全体にスピードがなく体力面から見ても
豊富ではありませんし、そんな選手が
やってる事は昔ながらの放り込みサッカーという奴です。
運動量がある日本...続きを読む

Qロンドン五輪世代

ロンドン五輪で活躍する日本代表は、2008年、2010年ユースでアジア予選敗退した世代なのですが、メンバーを調べてみたところ、

今主力になっている選手、五輪の為に集まって予選から戦ってきた選手は、ユースメンバーにほとんど入っていなかったみたいです。

これは、ユースはベストメンバーで挑まなかったと言うことでしょうか?

99ナイジェリア大会は小野を中心としたベストだったのに、ユースを重視しなくなったと考えられないし、選手が集まらなかった、或は日本サッカー協会の戦略ですか?

Aベストアンサー

こんにちは。 2008年のアジアユースの代表メンバー選考には複雑な各クラブの事情が絡み、最強メンバーが作れず、天王山と目される準々決勝に敗れてしまいました。

この大会で日本チームは予選リーグは順調に勝ち進みました。 現在、マンチェスターユナイテッドに入団している香川選手は予選リーグだけ出場し、帰国。 これは当時、J2に降格していたセレッソ大阪のJ1復帰には香川の力がどうしても必要だったからです。

この時、大分トリニータには金崎、清武と逸材がいました。 しかし、このクラブは山崎ナビスコカップの決勝に出場したため、両選手は日程調整がつかず、アジアユースに出られませんでした。

天王山の韓国戦に香川、金崎、清武の三選手が出ていたら、韓国戦に勝てたかも知れません。 当時、各クラブのエゴのためにユースのワールドカップを逃してしまったと言われています。 

今回のロンドン五輪で大活躍の永井選手は当時福岡大学の二年生で、クラブ事情に関係なくプレーし、大会の得点王になっています。 

今回のオリンピックメンバーには90-91年生まれの選手が何人かいます。 アジアユースに出る年代では、18才と19才の一年の差は体格面でも技術面でも大きいのです。 ですからアジアユースでは該当年代の最高学年の選手がどうしても中心となります。 

しかし、その四年後のオリンピック世代では事情が少し違います。 日本人選手の身長は二十才前後で成長がほぼ止まります。 そして、23才の最年長組を若い世代が次々と追い越して行くのです。 特に近年では各クラブが十代の若い選手を欧州のクラブのキャンプに派遣し、育成に力を注いでいます。 二十才前後で飛躍的に成長する選手が何人も現れるのです。 宇佐美、杉本、宮市といった選手がそうです。  

これは今年秋にUAEで開かれるアジアユースの代表選手にも言えます。 ユースの中心となる93年組には既にJリーグでレギュラーとして活躍中の選手が十人近くいます。 そのクラブがJ2で上位にいると、J1昇格が最重要となります。 そうなると選手派遣は簡単なことではありません。 同じくJ1で最下位にいるコンサドーレにはユース世代の選手が何人かレギュラーとして活躍中しています。 

四年前、既に香川、金崎、清武といった選手はチームの中心でした。 今年の93年生まれの選手にも既にチームの中心選手が何人もいます。 その中心選手はボランチ、トップ下、ストライカーです。 ですから現時点での最強チームの派遣は到底無理なのです。 

こんにちは。 2008年のアジアユースの代表メンバー選考には複雑な各クラブの事情が絡み、最強メンバーが作れず、天王山と目される準々決勝に敗れてしまいました。

この大会で日本チームは予選リーグは順調に勝ち進みました。 現在、マンチェスターユナイテッドに入団している香川選手は予選リーグだけ出場し、帰国。 これは当時、J2に降格していたセレッソ大阪のJ1復帰には香川の力がどうしても必要だったからです。

この時、大分トリニータには金崎、清武と逸材がいました。 しかし、このクラブは山崎ナビ...続きを読む

Qロンドン五輪男子サッカーについて

こんにちわ。私はこの前のシリア戦を見て、U23がオリンピックに行けるのか不安になりました。原口、酒井(シュツットガルト)、香川、大津、宿指、宮市、宇佐美、小野などヨーロッパやJリーグでも良い選手はいると思うのですが、なぜベストメンバーを組めないのでしょうか?クラブの兼ね合いとかアジア大会で優勝したメンバーをベースにしているからなのでしょうか?

Aベストアンサー

海外組は所属クラブから了解が取れないので召集できません。前回大津がクラブからOKが出て出場しましたが、今回はNGで召集できませんでした。五輪はルール上、フル代表と違って拘束力がないため、クラブがダメと言われたらそれに従うしかないのです。そもそも欧州は現在リーグ戦の真っ最中ですから、レギュラークラスはもちろん、控えでも出場する可能性がある選手なら、欧州のクラブはNGを出すでしょうね。

同じ意味でJリーグの選手も本来クラブはNGを出すことができるのですが、五輪を軽視する傾向のある欧州と違い、日本サッカー協会が五輪もW杯につぐイベントということで、各クラブに協力するように努めているので、シーズン中でも割合召集できるのですが、候補が複数かかえるクラブでは、3人以上は無理などと要求するケースもあります。たとえば浦和は現在23歳以下の候補が3、4人いますが、全員は無理とのことで2人程度しか派遣しないこともあり、今回原口の召集が見送られたとの噂です。先にも言いましたが、元々クラブはNGを出すこともできるので、NG出されたら従うしかありません。

アジア大会は開催時期がJリーグ終盤の時期で、各クラブが主力選手の派遣を拒否したため、大学生を多く起用するなど、元々ベストメンバーを組めなかったのです。ただ、そのメンバーで優勝したので、学生を主将にするなどある程度のメンバーを起用していただけで、やはりベストに近い布陣にしないとという考えは以前からあったでしょう。

話が前後しましたが、何故五輪がフル代表のように拘束できないのか、そういうルールを五輪でも適用しないのかは、欧州などが五輪を軽視してるからでしょう。欧州はオーバーエイジを除き23歳もNGで、21歳以下しか派遣しない独自なことも最近までやってたくらいです。

海外組は所属クラブから了解が取れないので召集できません。前回大津がクラブからOKが出て出場しましたが、今回はNGで召集できませんでした。五輪はルール上、フル代表と違って拘束力がないため、クラブがダメと言われたらそれに従うしかないのです。そもそも欧州は現在リーグ戦の真っ最中ですから、レギュラークラスはもちろん、控えでも出場する可能性がある選手なら、欧州のクラブはNGを出すでしょうね。

同じ意味でJリーグの選手も本来クラブはNGを出すことができるのですが、五輪を軽視する傾向のある欧州...続きを読む

Qロンドン五輪のメンバーに

香川、宮市、宇佐美が招集されないのは何故ですか?
また五輪本大会には出場しますか?
よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

こんばんは

>香川、宮市、宇佐美が招集されないのは何故ですか? また五輪本大会には出場しますか?

海外の所属クラブが召集を拒否しているからです。可能性は0に近いかなと思います。

http://blog.goo.ne.jp/usamitakeshi/e/2e2ed1365625537a5037a63840ce43e6

五輪はFIFA主催大会ではないので、代表招集に拘束力はありません。ですので、選手の所属クラブ側は協力せずに拒否することができます。Jリーグのクラブは協力しますが、欧州クラブはリーグ戦  →   >>五輪というスタンスです。欧州は五輪に興味がないという感じです。欧州クラブが招集を認めて、給料を払っているのに、ロンドン五輪に出て大怪我してクラブに帰ってきたら、大変という感じだと思います。。(o・v・o)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報