痔になりやすい生活習慣とは?

小沢氏が、自らが引き起こした「政治と金」の問題について、(過去に国民に約束した通りに)説明することをせず、「国民の生活のため」ということを口実として、党が下した判断に反発をしようとしています。小沢氏は分党なども示唆して、再び政局を引き起こそうとしているようです。

私は小沢氏の賛同者でしたが、もう自分の中の疑問を抑えることはできなくなりました。

今回の小沢氏の「政治と金の問題」はどう考えても小沢氏に非があります。なぜ、過去に国民に約束したように積極的に説明をしようとしないのでしょうか?(何らかの理由からそれができないとした場合であったとしても)小沢氏が本当に国益(国民の生活)を考えるのならば、なぜ身を引いて民主党や官政権を支えようとしないのでしょうか?

小沢氏が政治改革を進めるということで、自民党を飛び出してから、政治は流動化し、財務省(当時は大蔵省)は弱体化し、結果として、住専の公的資金は遅れ(私も当時は野党とマスコミからの情報を鵜呑みにして、公的資金の投入に大反対していました。今振り返ってみると早めに手当てしていたら傷口が広がらなかったのではないかと自分自身を反省しています)、大銀行は倒産し、金融政策は常に後手に回り、円高が進み、為替レートの乱高下により輸出産業は日本から流出し、経済は弱体化し、国は膨大な赤字を背負い、・・・、などいいことが見あたりません。総理大臣が頻繁に替わるようになり、今や外交も中国、韓国、ロシアからもいいようにされています。

これで本当に国民の生活はよくなっているのでしょうか?このことについて小沢氏はどう思っているのでしょうか?政権を取るまでの間、小沢氏らが与野党協議を拒否してきたことは、やむを得なかったと思っていました。しかし、このような状態が続いていいわけがありません。政治がゆがんでしまったと思っています。小沢氏の関与により今まで行われてきた、度重なる国会の解散、政党の離合集散などにより発生した莫大な費用や日本という国の信用の低下について、「民主主義のコストである」という言葉を使ってやむなしという人がいます。しかし、小沢氏が飛び出した細川連立政権の時代はまだ経済も官僚システムもしっかりしていましたが、今の政治状況は大きく異なります。そのような余裕は全くありません。

現在のように経済ががたがたになり、ニートが増え、外国からも領土問題などで見下される現状となると知っていたら、このように政治や行政が流動化する形の政権交代は望みませんでした。

私は民主党を支持してきましたが、あまりよいことはなかったと思います。

小沢氏は政党を立ち上げるようなことを言っているそうです。これによって政治が混乱すれば、再び、莫大な予算が浪費され、国会は空転し、日本の国の信用が低下し、領土問題でも不利な立場に立たされていることは目に見えています。

また、小沢氏は外国人参政権には熱心ということです。小沢氏が本当に国民の生活のことを考えているのかわからなくなります。国民の生活というのは外国の人の国民の生活ということなのでしょうか?

このように思えるのは私だけでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

国民の大多数は、質問者さんと同じ見解だと思います。


私が考えるところ、小沢さんという方は、政策についての知識がほとんどありません。
一方、選挙に対する勝ち方の知識は、かなりある。
だから、小沢さんは、政策討論の番組などには出てくることが出来ませんし、総理大臣になって
自分の政策を実行に移すことも出来ません。政策立案そのものが出来ないわけですから、
政治の表舞台に立てるわけもなく、仮に総理大臣になったら、菅さんとおなじように国会の答弁など全く出来ませんので、
官僚べったりの国会運営になるのは見えています。

ただ、選挙が強く、資金力があるので、資金目当ての国会議員が集まり、ある種の政治力を保持する。
これが、日本の政治を滅茶苦茶にしてきた。小沢さんが政策が分かる人なら、カネに少々汚くても良いと思います。本来の政治的指導力を発揮して、国家を運営できるプラスの面が少なからず望めるからです。
例えば、所得倍増をやった池田勇人元首相は、疑獄事件に関与しましたが、国民所得倍増を掲げて、国民を豊かにした。中曽根元首相も同じで、私はあまり好きな政治家ではありませんが、カネについては、汚い人でしたが、行政改革の手腕は、見事でした。

しかし、田中角栄元首相、竹下元首相、から、段々おかしくなり、政治家よりも官僚のほうが、国家運営に関する指導的立場にいるような気がしてならない。

それでは、立法と行政が一体化してますから、必ず、一体機構は腐敗してきます。
その結果、訳の分からない特殊法人が、数え切れないほど出来たり、政党助成金という名目で、何もやらない政党に財政資金を配ったり、もうやりたい放題です。

国民は、このような国家に対してノーといいたいですが、残念ながら、まだ、選択の余地が少ない。
しかし、新しい政党も出来つつあり、政治的なパラダイムは、変革しつつあると見ています。
    • good
    • 0

補足に回答します。



>田中角栄氏
誤解なき様に書いておきますが、私は田中角栄氏はロッキード事件で逮捕すべきでは無かったと思ってます。それは、鈴木宗男もそうですし、小沢氏、元秘書の国会議員もそうです。

>国益(国民の生活)を彼なりに考えて...小沢さんにそれが全く見えないのです。

当時は馬鹿国民の中にその様な事を論ずる人が居たでしょうか?答えはノーです。
小沢氏も今は良く見えない所も結構有ると思いますが、悪意が有るか善意が有るかは解りません。
歴史が証明するしかないでしょう。
ただ、検察審査会の様な事をすれば、国民の馬鹿さ加減に嫌気が差してもおかしくないでしょう。

>検察批判をして
私も今の検察は国策捜査と呼ばれても仕方が無い捜査と言うよりは操作で起訴し、有罪にしてます。
前述の田中角栄氏も鈴木宗男氏も小沢氏も物的証拠は何も無いですね。国民の代表たる国会議員を物的証拠無しで逮捕するのは駄目だと思いますよ。

>歴代の総理大臣でもしてこなかった
そもそも検察審査会は昔は無かったのでは?
また、現在はインターネットが全盛なので、正確な情報は有る程度取得できます。但し、情報が有りすぎて殆どの人がどれが正確な情報なのか判断できていません。

>政権の批判
今の民主党なら批判に値するとは思いますね。政策として。

>国民の疑問を払拭...いかがでしょうか?
今のレベルの低い国民が理解できるかどうか何ともいえません。前述の物的証拠無しの件は誰も言いません。今だに検察が正義と思っているお花畑の人たちが多数なのも事実です。
菅家さんや松本サリン事件もそうですね。検察がどれ程の冤罪を作ってきたかの原因は物的証拠に基づかない捜査を続けてきたからではないでしょうか?(菅家さんはDNAですが、当時や今でもDNAが絶対的証拠に成るのか怪しいです)

個人的には前原氏や他の外国人に媚を売っている政治家の方が大問題だと思いますが。
    • good
    • 0

補足に回答します。



>何億ものお金をプールして
何で何億もの金をプールする事が悪い事なのか?貧乏人の僻みです。
今の政治は非常に金が掛かります。選挙活動にしてもそうです。

>「自分は全く関係ない」と言い放つ
私でもそういいます。関係大有りなんて言えばマスコミのネタに成る事間違いないでしょう。

>金の流れも全く不透明です。
では金の流れが透明な政治家がどれ程居るでしょう?
ナントカ還元水とか秘書給与とか有りましたよね?
有る意味鳩山氏が透明と言えば透明でしょうが、超金持ちのみになってしまいます。

>田中角栄氏は逮捕するべきではなかった
アレ?田中角栄は賄賂で逮捕されたのではないでしょうか?何故田中角栄だけ特別?

>やっていることと言っていることがあまりにもかけ離れている
具体的に書いたら他の回答者も回答できるのではないかと思います。

>権力を握れないと思うと、政党の離合集散を引き起こし、いたずらに、国力を低下させてきました。
これはその様な気もしますが、歴史は繰り返せないので、離合集散を引き起こさなかった場合はわかりません。

>このような人が政治家を続けていいのでしょうか?
政治家は選挙のみで考えるべきです。得票が有る以上続けてよいのでしょう。それが民主主義です。

この回答への補足

田中角栄氏は、金権政治と批判されるなど、確かに問題は多いですが、少なくとも国益(国民の生活)を彼なりに考えて政治行動をしていたことが読み取れます。
とても残念なのですが、小沢さんにそれが全く見えないのです。
私たちには想像もつかないようなお金をプールして、検察に聴取を受ければ、検察批判をして逃れるなど、歴代の総理大臣でもしてこなかった信じられないようなことをしています。
このような国難とも言える時機ですので、本当に民主党、又は国民の生活を考えるのならば、政権の批判ばかりをするのではなく、きちんと説明責任を果たして、国民の疑問を払拭するために努めるのが筋ではないかと思いますが、いかがでしょうか?

補足日時:2011/03/06 23:47
    • good
    • 0

まず政治とカネの件に関しては、起訴されましたので裁判で説明責任を果たすと言ってますね。

これで問題ないと私は思います。裁判での証言は証人喚問と同等もしくはそれ以上の責任が伴いますので。

それから与野党協議、これは小沢さんは盛んに行ってましたよね。福田さんと大連立の話までして、それを妨害したのが他の民主党議員だったはず。

領土問題に関しては、以前小沢さんはコキントウ(すいません、字忘れました)主席に、「台湾はいつから正式に中国の領土になったのか」と詰め寄り、彼を絶句させたこともありますので彼自身は弱腰外交はしないだろうと思っております。

あと、彼は天下国家という言葉に非常に弱いという側面も持っています。天下国家のためにお願いしますと言われると断れない。

外国人参政権に関する彼の主張は、彼のHPを見れば分ります。本音では外国人参政権というよりは、永住外国人の帰化条件の緩和がメインの主張のようです。

官僚に関しても、彼の主張は脱官僚ではなく、優秀な官僚を政治主導で使う、政治家と官僚の良い協力関係を求めているようです。

以上のことから、彼が権力を欲するのは、権力それ自体が目的なのではなく、権力を手中に収めて、その権力を天下国家のためにもしくは自分の考える理想の政治を実現することが目的のように見受けられます。

こんな感じでいかがでしょうか?

この回答への補足

そうでしょうか?
私はもっと前から小沢さんを見ています。
自民党を飛び出して以来、住専への公的資金投入の時、長銀の救済の時などの金融危機の時、国民の生活にとっても最重要な時に一貫して反対していたのは小沢さんです。
直近では日銀総裁の指名の時も全く根拠のない理由をでっち上げて反対をして、政権の弱体化させてきました。福田さんとの大連立の時は国民の生活を考えたというよりも自らの政権維持のために何らかの思惑があったとしか思えません。
国民の生活のことを第一とするならば、小沢さんの問題も合わせてセットで民主党は対応する必要があるのではないでしょうか?

補足日時:2011/03/06 23:43
    • good
    • 0

小沢氏も国民の馬鹿さ加減に嫌気が差したのではないでしょうかね?



世の中を良くするために立候補した政治家が段々国民の事なんてどうでも良くなってしまう映画が有った様に思いますが、まぁそんな心境なのでしょう。
民主党代表選挙も検察審査会も判断したのは国民(民主党員)ですから。

因みに私自身は小沢氏は問題の有る事を行っていると思ってますが、政治家に必要なのはクリーンな事では無く、「国益」をどれだけ実現できるかであると思います。
従って、小沢氏も鈴木ムネオも田中角栄氏も逮捕されるべきではないと考えてます。
現役の国会議員を物的証拠無しで有罪にするのは無理が有りすぎます。
それか可能なら国策操作が幾らでも出来てしまいます。検察審査会に代表される国民はこんな簡単な事も解らないのです。
残念な事にこれが現在の日本の国民レベルです。

この回答への補足

やはり何億ものお金をプールして、「自分は全く関係ない」と言い放つのは常識から考えておかしいと思います。新進党時代のお金の流れも全く不透明です。

率直のところ、田中角栄氏は逮捕するべきではなかったと思っています。彼は本当に国のことを思っていました。

しかし、小沢氏にはやっていることと言っていることがあまりにもかけ離れているので、とても信用できないとうのが本当のところです。

今までの彼の行動の中で国民のためになったということが見あたらないのです。
権力を握れないと思うと、政党の離合集散を引き起こし、いたずらに、国力を低下させてきました。

このような人が政治家を続けていいのでしょうか?このことを問いかけたいと思います。

補足日時:2011/02/17 00:09
    • good
    • 0

1月末に厚生労働省元局長村木厚子さんの事件をもとにしたドラマがありました。


このドラマが放送されたことこそが民主的な正義のあり方だと思います。
私たちは盲目的に検察の正義を信じてきました。
しかし、実際には『目的の為なら手段を選ばない』という悪の定義がそっくり当てはまるような事を平気でやってきたのです。
ドラマを観た人はもちろんですが、多くの人はあの事件の本質を知っています。
なぜ罪のない村木さんとその家族があれほど苦しい思いをしなければならなかったのか・・。

検察にとって邪魔な人間に対してはたとえ罪のない人間であろうと陥れようとします。その人の信用や社会的地位を奪い取るのです。そのときにはまったく関係のない人を巻き込もうとお構いなしといったところです。
この事件のターゲットはTVの報道番組などで小沢氏を擁護していた石井一議員を陥れる事だったのです。(確かに相当強い言葉で検察のやり方を批判していましたよね!)

小沢氏の国策捜査について読売新聞2010年2月7日朝刊の記事を紹介いたします。

●民主党内には、総長人事を意識した声が上がるが、小沢氏不起訴という結論に、検察周辺では「人事に手を出される可能性はなくなったのではないか」との見方が出ている。

検察周辺という表現は検察官か検察事務官あたりの話ということでしょうか。こうなると何が目的で国策捜査していたのかが見えてきますよね。
このほか民主党が進めようとしている「取り調べの全面可視化」についても警察・検察ともに制度化阻止の方向で動いています。
上記の村木さんの事件で「FDの改ざん」が問題になりましたが、捕まった容疑者が自分が所属していた組織である『検察と闘う』ことを宣言し、さらに不当な取り調べを警戒して『全面可視化』を要求しました。
「少し前の話ですが、このことを記憶している人も多いのではないでしょうか?」
検察官でさえ、いざ取り調べられる側になったらこのように訴えるのです。
検察の怪しさや陰湿さ、あるいは不公正さは明らかなのです。
そういった意味では取り調べの全面可視化の早期実現が望まれます。

麻生政権で言われた「部分可視化」は警察・検察側の意向ばかりを優先したもので、本質的問題の解決にならないばかりか、編集・隠蔽をより正当化させる可能性すらある制度なのです。
まったく「似て非なるもの」であって「八百長の可視化」といえるでしょう。
だから私は自民党を信用していないのです。

小沢氏の問題に戻すと検察は先に目的ありきですから最初の西松建設でも東京新聞が町村派の尾身元財務相や森元首相の名前を出さなければもっと滅茶苦茶なこじつけやでっち上げで小沢氏を陥れていたのかもしれません。

新聞に小沢氏の元秘書の石川知裕議員への事情聴取の録音内容が掲載されていましたので一部紹介いたします。

石川「まだ検察の中には私が5千万円を受け取っていると思っていらっしゃる方がいるんだろうから、それはちょっと残念ですよね。」
検事「そっちの方がむしろ多いくらいで。そこのところは、ちゃんと理解しているのは、俺と(他に取り調べを担当した)別の検事しかいないと思うんだよ。彼もずるいから、あの事実はありませんね、とかは言わないんだけど。」

改めて読んで思うのですがドラマで観た村木さんへの取り調べの問題とレベル的にはまったく一緒です。

次に『誰が日本を支配するのか!?検察と正義』という本の中で石川氏と魚住昭氏の対談が掲載されていましたので少し抜粋いたします。

(水谷建設からの5千万円について)
石川「事務官さんや検事さんももらっていないとわかっていたと思うんですよ」
魚住「そんな感じでした?担当検事は田代さんでしたっけ?」
石川「私はそう思いました。私はそう信じてもらったと信じています。ただ、組織としては、私が5千万円もらったという前提で対応されていましたよね。だから、認めるということはできなかったと思いますよね」

上の記事と併せて読むと石川氏の言っていることの信憑性がいかに高いか理解できると思います。
実際には担当検事は真実を理解している場合が多いのではないでしょうか?しかし、組織の都合には逆らえないというのが実情のように感じます。

青山繁晴氏のような検察や清和(町村派)の持ち駒的な評論家がおかしな世論誘導をしてきましたが冷静に考えれば如何にデタラメだったかは理解できると思います。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5930943.html

小沢氏の為にこの事を書いたのではありません。
この国の為に『検察や財界の不当なやり方』をしっかり正す必要があるといいたいのです。
小沢氏が悪いでまとめあげて、幕引きすることは許されないのです。

ご参考まで

この回答への補足

おっしゃることはよくわかります。

しかし、私がここで指摘している点は、検察ではなく、小沢氏です。
何度も「国民の前で説明する」、「やましいところがない」、「一兵卒でも党を支える」といいながら、行動では全く反対のことをしていることです。

小沢氏が「国民の生活のため」と言っている言葉は信用できません。この人は自分の権力のためのみに行動しているのではないかと思うようになってきました。

具体的に、今まで小沢氏がしてきたことによって、国民の生活に不利益なこともたくさんありました。これについて何も反省の弁もありません。

このような人が政治を続けること自体、許されないのではないか、そういう感さえあります。

補足日時:2011/02/16 07:11
    • good
    • 0

責任は、原則、政権政党にありますから、野党に責任を押し付けるのは現実逃避するようなものです。

自民党政権時代は、自民党の責任、民主党政権時代は、民主党の責任、そうでなければ、政権なんてどうでもいいことになりますから。実際、どっちもダメですけど。
    • good
    • 0

いまは、だれにしても、行動力、発言力のある、政治家がすくないから、政治が混迷しているのでしょう。



あまり、いみないよ。ただ、かれが、やりたいことをやればいいよ。

日本には、官僚という、システムがある限り、政治家がいなくても、日本は動くそうです。

政治家なんて、所詮、お飾りだそうですよ。

政治とかね、そんなもん、説明をもとめることが、まちがっているのでは、政治は金がかかることに
なっているんだよ。当たり前でしょう。

相撲会の無気力相撲とおなじで、あの体をして、みんながガチンコで勝負したら、もつわけないじゃん。

なんでも、世の中には、裏があるのでは。

外人が、はいってこなければ、日本は、ささえられませんよ、これからの少子高齢化、あなたは、

どうかんがえますか。

団塊世代の高齢者の世話、それは、もう、始まりつつあるのですよ。日本人だけでは、無理でしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング