人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

 僕は授業で割り箸の是非について討論をしています。僕は否定側で、勝つために過去の「割り箸」についての質問を見ました。が、しかし! 「むしろ使った方がいい」とか「どうせ使わない部分を使っているのだから」など不利なことばかり見つかってしまいます。
 そこで、否定するのにふさわしい事柄を教えて頂きたいのです。実際、割り箸は便利ですが、この勝負、負けるわけにはいきません!みなさんの力、お貸しください!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中11~11件)

時には、過ちを認めるという勇気も必要ですよ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

負けを認めては男にあらず!僕は諦めません!!

お礼日時:2003/09/11 22:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q割り箸の使用の是非について

環境問題が取り上げられて久しいですね。昔は確かに「割り箸は木材を浪費する!」といって割り箸を使わない運動(?)というかブームがあった気がします。
しかし、少し前に、割り箸は、実は森林の間伐材を使用しており、森林を守るためには、割り箸を使ったほうが、資源の有効利用であり森林保護にも繋がるという主張を読んだこともあります。

ですが(逆説が続いてすみません)、本日(6月1日)緑のGooのTOPページを見ると「ゴミ減量化のために、割り箸を止めて、塗り箸に」というトピックが表示されていました。確かに塗り箸にすれば、ゴミは減るでしょう。

上記二つの主張を読んで、「どっちが正しいのだ!?」と混乱気味です。
結局、どちらが環境に「優しい」のでしょうか?
どなたか解説していただけると幸いです。

Aベストアンサー

No1の回答者さんの言うように
「資源を大切に」と「環境破壊を防ごう」という2つの要素は今の技術では両立できないんです。

たとえばペットボトルをリサイクルするのには
電気を使ったり高温で溶かしたりするので、
当然化石燃料が必要になります。

ペットボトル1本をリサイクルするのに使う石油燃料で、
だいたいペットボトル3本ぶんが作れる計算になるらしいです。
ペットボトル2本ぶんの石油を無駄に使って環境を守っているわけです。

あとは、スーパーの発泡スチロールのパックをリサイクルごみに出すときに
お湯で洗ってしまうと、やっぱりそのお湯を沸かす燃料でもう一つパックが作れます。
このように、環境を守るためには資源を無駄遣いしなければならない、
というのが今のリサイクル技術の現状なのです。

資源を無駄遣いして環境を守るか、資源を大切にして環境を捨てるか、現状では二者択一です。
かといって、環境を捨てる方向には行けません。
環境をおろそかにする危険は一昔前の日本の公害問題や、今の中国を見ればわかります。

しかしまあ、別の道がないわけでもありません。
今はダイオキシンを出さずにプラスチック焼却ができるごみ処理施設など、
「うまく捨てる」技術も研究されています。
そういう技術が進めば無駄なリサイクルも減らせるのではないかと私は思っています。
…ああ、「無駄なリサイクル」ってものすごく象徴的な言葉かもしれない。


PS.あと他にはレジ袋削減なんていう「勘違いエコ」もありますね。
参考までに、マイカーに1日乗って使う石油燃料を
その家庭で使うレジ袋に換算すると実にレジ袋4年分になります。
ちょっと近くのスーパーまで車を走らせればそれだけで1年分のレジ袋が消費されます。
マイバックなんて使わずにマイカーを控えて自転車に乗るのが一番実用的で効果的なエコなのです。
日本では「ちりが積もれば山になる」という精神を好みますが、
「ちりを積もらせることにこそ意義がある!」とか、
目的と手段が入れ替わってしまうことがあるのが玉に瑕だと思います。

No1の回答者さんの言うように
「資源を大切に」と「環境破壊を防ごう」という2つの要素は今の技術では両立できないんです。

たとえばペットボトルをリサイクルするのには
電気を使ったり高温で溶かしたりするので、
当然化石燃料が必要になります。

ペットボトル1本をリサイクルするのに使う石油燃料で、
だいたいペットボトル3本ぶんが作れる計算になるらしいです。
ペットボトル2本ぶんの石油を無駄に使って環境を守っているわけです。

あとは、スーパーの発泡スチロールのパックをリサイクル...続きを読む

Qわりばしの生産について マイ箸の使用は 環境問題に有効か?

環境保護の為にマイ箸を使う人最近増えてきているように思いますが、
一方で、割り箸に使われている木材は間伐材で
割り箸を使うことも必要だという意見もきいたことがあります。

実際割り箸はどこで生産あるいはどこから輸入しているものなのでしょうか。

マイ箸は環境問題に役立っているのでしょうか。
具体的な数字が分かるといいのですが、、

Aベストアンサー

国内で流通している割りばしの97%は中国からの輸入と聞いたことがあります。マイ箸は他の方の指摘の通り洗浄による汚水の影響もありどこまで環境問題に役立っているかは疑問だと思います。
竹の割りばしは竹の生育の早さから環境にやさしいとも言われますが、カビ易い竹に漂白剤などの薬品で処理している物もあるようで身体に易しいかどうかは解りません。
間伐材の割りばしについてはミニストップの一部店舗で有料でお弁当につけるなどしているようですが、現状では市場にはほとんど流通していません。かつてそうだったように森林育成に必要な間伐材の有効利用法として国産の間伐材割りばしが増えてくればと思います。最近、頻発する黄砂、砂漠化は日本向けの割りばしのために森林が伐採されていることに無関係ではないでしょう。


人気Q&Aランキング