プロが教えるわが家の防犯対策術!

先日はじめて三味線の音色に生で触れ、すっかり虜になってしまったため
私も三味線を習いたいのですが、長唄と津軽で迷っています。

唄も素敵ですが、唄うことよりも三味線を弾くこと自体に興味があります。
なので津軽のほうがいいのかな?とも思ったのですが
長唄の繊細さにも惹かれます。
しかし長唄三味線で、三味線のみ(歌なし)などは聞いたことがありませんし・・・

三味線は今後、10年、20年と長くやっていけたらいいなと思っています。(現在20代)
まったくの初心者が、趣味で長期にやっていくとしたら長唄と津軽どちらがよいのでしょうか。

ご経験者様のアドバイスをいただけたら幸いです。

A 回答 (1件)

長唄三味線に器楽曲というのはないですから、歌無しの器楽曲を弾きたいのであれば、津軽三味線になります。

長唄三味線の教授所に行くと、まず唄の稽古から始まり、唄をマスターしたら、その旋律を謡いながら三味線をユニゾン(まったく同じ旋律)で弾くことになります。
津軽三味線なら唄の伴奏もできれば、器楽曲もできるので応用性があります。
若い人には圧倒的に津軽三味線に人気があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼遅くなりすみません。

ありがとうごあいました!

お礼日時:2011/08/29 10:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三味線を弾いてみたいのですが・・・

 三味線(できたら津軽三味線)を弾いてみたいと思っています。独学で練習すると、弾けるようになるまでにどの位の期間がかかるのでしょうか?
 その他、アドバイスなどありましたらお願い致します。

Aベストアンサー

再びtofraです。

ピアノやヴァイオリンをやってらしたということですと、だいぶ条件は違ってきます。
手首の筋肉・しなやかさ・力の抜き方などはできているでしょうし、フレットレスの楽器にも慣れておられるでしょう。

あとは、和楽器全体に特有の技術(拍の取り方なども違います)や雰囲気、それから津軽三味線に要求される独特の技術、たとえば強い音の連続、ベンチャーズのような(古い!)棹の下がり方などを、お師匠さんについて習えば、いいんじゃないでしょうか。

お師匠さんは、確かに少なめですが、青森だけでなく中央や他の地方にも散らばっておられるようなので、CDや検索などで調べてみてください。


人気Q&Aランキング