日本には重力が逆にかかっている場所があるとききました。坂道にボールを置くと、そこではボールが坂を登っていくらしいのですが、どこにあるかご存知の方おしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

日本各地色んな所に御質問のような坂道があるみたいですが,いづれも目の錯覚だと思います。



インフォシ-クで「錯覚」で検索して「坂道」で絞り込むと幾つかヒットしました。御覧になってみてください。

・ゆうれい坂(福岡県遠賀郡岡垣町原)
 http://www.yado.co.jp/tiiki/munakan/yuurei/yuure …

・津南のふしぎな坂(新潟県津南町)
 http://village.infoweb.ne.jp/~tsunan/special-tsu …

・旅で見つけたちょっと変わったスポット (なぞの坂道)(赤木山麓の畑の中)
 http://www.asahi-net.or.jp/~KR5T-HRKS/t17gah00.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実際に行ってみます ありがとうございました

お礼日時:2001/04/19 13:54

 そもそも、坂を「登る」というのは重力に逆らっていることなのだから、


もし、重力自体が「逆に」なっているとしたら、そのボールは、「登っている」のではなくて、「転がり落ちている」ことになりますね。
 「坂」というのは、地面が重力の方向に対して垂直になってない場所をさすのですが、鈍角のほうが上、鋭角のほうが下。ボールが転がっていくほうが下。

 見る人を基準に上下をいうのは錯覚ですね。白浜エネルギーランドに、錯覚を体験できる施設があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
勉強になりました。

お礼日時:2001/04/20 08:42

korima さんへ



皆さんが、目の錯覚だといっても信じない感じですね。

それでは、質問。

どうして、坂の土は、上に飛んでいかないのでしょうか?

ボールだけが、登るっていうのなら、ニュートンさんも墓場で

眠れない日々を過していることでしょう。(^0^;)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

quarkさんの言うとおり、錯覚…というのが信じれませんでした、でも、この回答でなっとくしました。
ありがとうございます

お礼日時:2001/04/20 08:43

先日テレビでやっていたものですね。



これらは水準器をおけばすぐに解決するんですが
実際には下り坂なのに周りの風景、特に道の回りの木の生え方などの影響で上り坂に見えるんです。
またその現場までも道などの影響もあります。

ゴルフ場などではこの錯覚を利用して難しいグリーン(上りと思って売ったら実際は下りでオーバーしてしまう)を作ることがあるそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2001/04/19 13:53

単なる目の錯覚でしょう。



でなければ、ボールが磁性体で下方に反発する極が存在するか、
常温超伝導が起こっているのでしょう。

標高が高くなると、遠心力の影響で見かけ上の重さは減ってしまいますので、
重力(引力)がちょびっと減ります。
    • good
    • 0

基本的に下の回答のとおりだと私も思います。



しかし、先ず、「水平(面)とは何か?」考えてみたでしょうか?私も厳密な定義は知らないのですが、以下の2つが考えられます。

1)重力の働く方向に直交する面

2)現在位置と地球中心を結ぶ方向に直交する面

もし、1)なら、見かけは兎も角として、ボールが転がって行った方が「下」です。

2)なら、ボールが「下から上に」上がっていく可能性も否定できません。何故なら、近くに山があれば引力が働くからです。山がなくても地殻に密度の偏在があれば「山」(または「谷」)と同等な効果を生みます。

しかしながら、この場合でも、人が目で見てパッと分かる程、ボールが「下から上に」上がるなんてことはありえません。99%錯覚でしょう。
    • good
    • 0

錯覚で見せるところではないですか?本来下り坂を上り坂の様に見せているところとか、遠近法を上手く利用して小さい子供が大人より大きく見えるとか。



結構面白いみたいなので行ってみたいですが、そういう施設ってあちこちにあると思いますが、私自身、正式名称とか所在地が判りません。すみません。

もし本当に逆に掛かる重力があるのであれば、完璧な反重力物質が存在し、今の飛行機などに利用されていると思います(^^:
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えいただきありがとうございます。
そういう施設を探してみます

お礼日時:2001/04/19 12:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高校物理・自転車で坂道を登るときの問題です。

坂道を自転車で一定速度で登るとき、ペダルが徐々に重くなるのはなぜですか?
全くわかりません、解答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

それは体が疲れてくるからであって、物理学上の問題ではありません。

物理学的には、

・勾配が一定
・速度も一定
・水平方向の曲げ半径も一定
・路面の凹凸や湿潤状況も一定
・風など周囲の気象条件も一定
・自転車を含めた体重も一定

である限り、所要動力に変化は生じません

Q中学生です。重力加速度について自由研究をしています。ボール落下をビデオ

中学生です。重力加速度について自由研究をしています。ボール落下をビデオに撮影し、コマ送りにして落下距離を測定しました。(インターネットにあったので)
0.1秒ごとに何センチ落下したかをまとめました。重力加速度は0.1秒間に落下した距離を計算し、速さ(距離cm÷0.1秒)を求めれば0.1秒の重力加速度が出るのでしょか?それを10倍しさえすれば、重力加速度 cm/秒となるのでしょうか。
重力加速度のcm/秒2とは、移動距離を1秒で2回割る=結局1秒で割るのでは??
数秒間の移動を0.1秒ずつに分けて、秒速を出しました。その平均を出せば、980cm/秒2 になるのでしょうか?
ボールの速さを距離÷時間で求めればそれが重力加速度なのかが分かりません。どうか教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

重力加速度を求める時はよく次のような表にまとめることをやります。

       A       B         C          D
時間(秒) 距離(m)  速度(m/s)
0.0    ----- ------速度の変化(m/s) 加速度(m/s^2)
-----       |         ------   -------
0.1    ----- ------         |
-----       |         ------   -------
0.2    ----- ------         |
-----       |         ------   -------
0.3    ----- ------         |
-----       |         ------   -------
0.4    ----- ------         |
-----       |         ------   -------
0.5    ----- ------

0.1秒ごとの位置の変化は既に求めておられるようですね。     ・・・A
Aに出てきている距離を時間間隔の0.1秒で割ると速さが出てきます。・・・B
速さも0.1秒ごとに変化しています。
その変化を求めます。                       ・・・C
速度の変化の起こっている時間間隔で速度の変化を割ると加速度になります。・・・D

Dでの値がほぼ一定であることが分かると等加速度運動であるということになります。

速さの変化(m/秒)/時間間隔(0.1秒)を計算しますから単位は m/(秒)^2 になります。

重力加速度を求める時はよく次のような表にまとめることをやります。

       A       B         C          D
時間(秒) 距離(m)  速度(m/s)
0.0    ----- ------速度の変化(m/s) 加速度(m/s^2)
-----       |         ------   -------
0.1    ----- ------         |
-----       |         ------   -------
0.2    --...続きを読む

Q普通の坂と階段の坂のしんどさの違い。

物理学的な要素があると思いましたので、こちらのカテゴリーに質問させていただきます。
私は趣味で山歩きをしますが、同程度の勾配の登り坂でも、普通の坂と階段の坂ではしんどさが倍ほど違います。
普通の坂はわりと楽に登れますが、階段を付けられている坂は息が上がって、足の筋肉が悲鳴をあげてきます。

歩幅の違いによるものかと考えていたのですが、どうもそればかりではなさそうです。
階段のほうが足で体重を持ち上げているという感じが強いですし、路面に接するときの足裏の角度が、普通の坂は路面に対して自然な形で接するのに対して、階段の場合は常に水平に接します。
このへんの事情が絡んでいるように思うのですが、どんなものでしょうか?
物理学に詳しい皆様からご意見いただけると有り難いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

興味深い話ですね。
足の接地面が水平面、傾斜面であることの違いで言えば、水平な場合は、地面の反力が鉛直方向なので進行を妨げる要素がないのに対し、傾斜面では斜面に垂直な方向になるので、後ろに押し返す力が発生し、斜面のほうが前に進みにくくなる理屈です。

なので、「同程度の勾配」というのが思い違いではないかと思います。
階段は、土木基準の渡道橋などに使われるものが、身近なものでは一番勾配がゆるくて、1/2勾配(26.6度)です。(住宅の階段は、昭和初期は45度以上、バブル前ごろは38度ぐらいのものが多かったですが、今は33度ぐらいが多いです。)

一方、斜面で1/2勾配の場合は、自動車なら4輪駆動車がなんとか登れる勾配です(2輪駆動車は18度ぐらいが限界)。また、地面の摩擦係数が0.5必要(あってるかな?)で、普通、土の摩擦係数は0.4~0.45なので、粗面舗装されていないと滑って登れない勾配です。

Q自動車が坂道でサイドブレーキをかけた状態だと、坂道の傾斜角度が何度まで自動車が動かずに入られますか?

自動車が坂道でサイドブレーキをかけた状態だと、坂道の傾斜角度が何度まで自動車が動かずに入られますか?

Aベストアンサー

ウニモグなら45度の坂を上れる。
途中で停止もできるよ。

Q重力とは逆の空間の歪み?

アインシュタインの一般相対性理論で重力は空間の歪みだ、みたいなことを言っていたと思うんですが、空間の歪みを描いたイメージありますよね。薄い布の上に物を乗っけて布が引っ張られたような絵です。
あれ素人にもイメージしやすいんですが、あれは3次元空間の歪みを2次元に見立てて描いていますよね。だから質問自体が変かもしれないんですが一応。

空間の歪みを描いたイメージにおいて、重力による歪みの方向を仮に下方向とすると、逆、つまり上方向へ空間を歪ませる力ってあるんでしょうか?
重力による歪みが凹だとすると、凸の歪みって事です。
もしそういう力があるとすると具体的にはどういったものなんでしょうか?
重力(引力)の反対だから爆発?って思ったんですが、もし爆発によって空間が歪むとすると光にも影響しますよね(重力レンズの逆?)。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 重力とは何か、ということは、よく分かっていないのが実情です。人間に分かっているのは、重力は「いかに」作用するか、ということで、「何か」は分かっていません。「いかに」作用するかは、実験によって知ることができます。その結果得られた法則が、ニュートンの万有引力の法則です。万有引力の法則を四次元に拡張して、一般座標変換に対して共変な形式にしたものが一般相対性理論です。ですから、一般相対性理論も「いかに」作用するかを記述する理論に過ぎません。一般相対性理論では、重力場を時空間の歪みとして記述しますが、この歪みも、重力が「いかに」作用するかを記述する方便であって、重力の本質を示すものではありません。ということで、空間が凸に歪んでいる、という概念そのものが、現在知られている重力に対応しないものである以上、意味のない問いであるということになります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報