出産前後の痔にはご注意!

いまいち純物質と混合物の種類の見分けができません;
教科書の問題を引用させてもらったのですが
次の(1)~(5)の物質を混合物と純物質に分類せよ。
(1)氷
(2)石油
(3)鉄
(4)塩酸
(5)砂糖(スクロース)

上記5つの物質は混合物と純物質どれにあたるのでしょうか?
初歩的な質問で申し訳ないのですが、解る方できれば詳しく教えてほしいです(´・ω・`)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ひとつの化学式であらわすことが出来るものが純物質でそれ以外が混合物と考えればわかりやすいのではないでしょうか。



氷はH2Oですから純物質ですよね。それに対して石油は何種類も炭化水素化合物の混ざったものですからひとつの化学式であらわすことは出来ません。従って混合物です。

砂糖はに付いては、ただ単に砂糖とかかれているのであれば、混合物です砂糖はスクロースを主成分としてブドウ糖や果糖などが混ざっているからです。ただし、ここではスクロースと指定されているのでスクロース自体は純物質なので純物質でよいでしょう。塩酸は塩化水素(HCl)の水溶液なので混合物ですね。従って1・3・5が純物質それ以外が混合物です。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

詳しく教えて頂きありがとうございました。
見分けの仕方がよくわからなかったのでたいへん勉強になりました(´;ω;`)

お礼日時:2011/03/20 16:08

 純物質を見つけるには、先の方が書いている様に「1つの化学式で表せるか」がポイントでしょう。



 そして、濃い薄いつまり濃度の概念が当てはまる物は混合物、成分の違いがあるものも混合物です。

 濃い氷、薄い氷、場所によって氷の成分が異なる...そんなことはありませんね。あるとしたら不純物を含む自然氷(海氷など)や水中に含まれていた空気まで問題とするような場合でしょう。

 濃い石油、薄い石油という言い方はしませんが、産地により石油の成分は大きく異なります。無色透明のもの、黒く粘性のあるもの、中には薄緑色で、そのまま灯油として使えるようなものもあるそうです。
 また、原油は工場で沸点により「ナフサ(粗製ガソリン)」「灯油」「軽油」と、高温でも蒸発しにくい残りの油、および原油に溶けていた気体成分(石油ガス)に分け、その性質に応じた扱いと使用がなされます。つまり成分の違いが大きい混合物です。灯油と間違えてガソリンを売るという事件が数年に一度くらいは起こっていて、地元のテレビ局だと「危険だから使わないで」という臨時ニュースが流れます。

 鉄は化学の問題としては純物質なのでしょうが、実際に用いられる「鉄」はほとんどが少量の炭素を含む「鋼」または「鋼鉄」(英語でスチール)であり、純粋な鉄を表す「純鉄」という言葉があるくらいです。学問上の物質名としては純物質、実生活では鋼のこともみな「鉄」と呼んでいるので、厳密には混合物になってしまうかもしれません。

 塩酸は何%の塩酸と濃度がありますから、わかりますよね。「硫酸」「硝酸」などは純物質名と水溶液の両方に用いられるので注意が必要。(試験問題の正答としては純物質となります)塩酸は溶質は気体の「塩化水素」、水溶液のみ「塩酸」と呼ばれるので、必ず混合物となります。

 砂糖は(スクロース)とあれば純物質です。市販の砂糖にもいろいろあるのですが、グラニュー糖や氷砂糖であれば純物質と言ってもいい純度かなと思います。料理に用いられる上白糖、特に色の着いた三温糖、糖蜜を含む黒糖については、不純物が含まれていること自体に価値があるので、ちょっと純物質とは言い難い。それで(スクロース)という注意書きが必要なのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えて頂きありがとうございました。
砂糖でもスクロースと書かれていたら純物質になるんですね…勉強になりました(^_^)

お礼日時:2011/03/20 16:10

石油と塩酸と砂糖は混合物かな・・・


砂糖は微妙。

一番分かりやすいのが、石油。
石油というのは、ガソリンやら灯油やら・・・ま、いろいろ混ざってます。
で、それが混ざった状態で、石油ってののは産出されます。

塩酸は水と塩化水素が混ざってますね。

氷は水オンリー
鉄は・・・鉄だけ

砂糖が微妙なのは、本来砂糖だと、いろいろな糖が混ざってるから。
でも、括弧してスクロースって書いてあるから、ならば純物質と考える。


見分け方。
成分表が必要なもの、何%溶液みたいに書いてあるものは、混合物です。

とはいえ、この世に純物質なんて存在しないって言えば、存在しないんですけどね。
ま、100%に近いって意味で純なんでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えて頂きありがとうございました。
おかげで見分けの仕方もだいぶ分かるようになりました(´∀`)!

お礼日時:2011/03/20 16:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q純物質 混合物

純物質と混合物について質問です。
ドライアイスと牛乳はどっちなんでしょうか?
ドライアイスは混合物だと思うんですが、牛乳がよくわかりません。牛乳の成分って何ですかね?何か混ざっているようには思えないんですけど、純でもないような・・・?わかる方教えてください!

Aベストアンサー

純物質は単体と化合物に分けられます。
○単体……1種類の元素だけでできている(H2,O2,Cl2など)
○化合物…2種類以上の元素でできている(H2O,CO2,NaClなど)
つまり化学式で書けるのが純物質ですね。

混合物は複数の純物質が混ざったものです。
したがって化学式で書けません。

ドライアイスはCO2ですので純物質、
牛乳は水とか乳酸とかいろいろ混ざっていますので混合物です。

Q元素と原子の違いを教えてください

元素と原子の違いをわかりやすく教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

難しい話は、抜きにして説明します。“原子”とは、構造上の説明に使われ、例えば原子番号、性質、原子質量などを説明する際に使われます。それに対して“元素”というのは、説明した“原子”が単純で明確にどう表記出来るのか??とした時に、考えるのです。ですから、“元素”というのは、単に名前と記号なのです。もう一つ+αで説明すると、“分子”とは、“原子”が結合したもので、これには、化学的な性質を伴います。ですから、分子は、何から出来ている??と問うた時に、“原子”から出来ていると説明出来るのです。長くなりましたが、化学的or物理的な性質が絡むものを“原子”、“分子”とし、“元素”とは、単純に記号や名前で表記する際に使われます。

Q混合物と純物質(高校化学)

次の物質を、混合物または純物質のどちらかに分類しなさい。

{砂糖、ショ糖、ブドウ糖、転化糖、乳酸、L-乳酸、DL-乳酸、
塩酸、硝酸、硫酸、リン酸、希硫酸、濃硫酸、発煙硫酸、二酸化窒素、
水酸化カリウム、水酸化アルミニウム、水酸化鉄(III)、水酸化鉄(II)、
海水、食塩水、飽和食塩水、水道水、蒸留水、水、水蒸気、王水、重水、
岩塩、食塩、食卓塩、水晶、石英、二酸化ケイ素、シリカゲル、
生石灰、重曹、黒鉛、セッコウ、さらし粉、ドライアイス、炭酸ガス、
鉄板、銅線、アルミ板、アルミホイル、金箔、ブリキ、真ちゅう、鋼、
硫黄、単斜硫黄、液体硫黄、白リン、黄リン、赤リン、黒リン、
カドミウム、インジウム、スズ、アンチモン、テルル、ヨウ素、
濃縮ウラン、劣化ウラン}

…というような化学の大学入試問題がありますよね。上のリストの中では塩酸や海水は混合物で、水やドライアイスは純物質です。
 でも、「高校化学の教科書に載っている物質だけれども、この手の問題で取り上げるのは不適切な物質」もありますよね。上のリストの中では、たとえば水酸化鉄(III)は、組成式Fe(OH)3を持つ化合物の名前ですけれど、三価の鉄イオンを含む水溶液をアルカリ性にしたときに出てくる茶色いアレ(Fe(OH)3ではない、らしいです)の名前でもあるので、私は、水酸化鉄(III)が混合物なのか純物質なのかを問うような大学入試問題は不適切な問題になるだろうなあ、と思っています。

そこで質問なのですが、上のリストに挙げた物質の中で、『混合物/純物質の分類問題に出題されてもおかしくない物質』を、教えていただけませんか?回答の根拠を添えていただけると嬉しいですけど、根拠なしのフィーリング回答も歓迎です。

次の物質を、混合物または純物質のどちらかに分類しなさい。

{砂糖、ショ糖、ブドウ糖、転化糖、乳酸、L-乳酸、DL-乳酸、
塩酸、硝酸、硫酸、リン酸、希硫酸、濃硫酸、発煙硫酸、二酸化窒素、
水酸化カリウム、水酸化アルミニウム、水酸化鉄(III)、水酸化鉄(II)、
海水、食塩水、飽和食塩水、水道水、蒸留水、水、水蒸気、王水、重水、
岩塩、食塩、食卓塩、水晶、石英、二酸化ケイ素、シリカゲル、
生石灰、重曹、黒鉛、セッコウ、さらし粉、ドライアイス、炭酸ガス、
鉄板、銅線、アルミ板、アルミホ...続きを読む

Aベストアンサー

・砂糖、海水、水道水、蒸留水、岩塩、食卓塩、シリカゲル、鉄板~金箔
なんというか、学術的な物質名でなく日常語として使う、現実世界にある物体の名前のように感じるのでNG。
しかし水晶・石英くらいになってくるとその境目も曖昧になってくる。
また、海水や水道水など明かに混合物なものはOKかも知れない。蒸留水は怪しい。
・セッコウ、さらし粉、真鍮、食塩
この辺は日常語っぽいけど学術用語だと思うのでOK。
余談だが、「さらし粉」の構造式がいつも思い出せなくて困る。もっと分かりやすい名前で呼んでほしいものだ。
・DL乳酸
ラセミ体を混ぜたものを混合物だとすると蔗糖や葡萄糖も混合物になってしまう。よく分からないのでNG。ただの「乳酸」ならキラリティは考えなくていいと思う。
・濃縮ウラン、劣化ウラン
同位体を混ぜたものを混合物だとすると他の元素名や物質名までみんな混合物になってしまう。よく分からないのでNG。
・発煙硫酸
全量ピロ硫酸になった時は純物質だけど一般的に混合物だから混合物として扱っていいと思う。OK。
・二酸化窒素
多分平衡を起こすという意味だと思うが、二酸化窒素と書いてあればあくまで二酸化窒素なのだろうからOK。

他は明らかに純物質か混合物である物質の学術的名称(慣用名含む)だと思うのでOK。

・砂糖、海水、水道水、蒸留水、岩塩、食卓塩、シリカゲル、鉄板~金箔
なんというか、学術的な物質名でなく日常語として使う、現実世界にある物体の名前のように感じるのでNG。
しかし水晶・石英くらいになってくるとその境目も曖昧になってくる。
また、海水や水道水など明かに混合物なものはOKかも知れない。蒸留水は怪しい。
・セッコウ、さらし粉、真鍮、食塩
この辺は日常語っぽいけど学術用語だと思うのでOK。
余談だが、「さらし粉」の構造式がいつも思い出せなくて困る。もっと分かりやすい名前で...続きを読む

Q純物質と混合物の違いを教えてください!

純物質と混合物の違いを教えてください!

あと 水素・二酸化炭素・水・塩化ナトリウムは
それぞれ どちらに分類されるのでしょうか?

Aベストアンサー

NaClは確かにNaとClが合わさっていますが,より実際の状態をイメージするならば,Naイオン(Na+)とClイオン(Cl-)が正電気的な引力で「イオン結合」という化学結合を形成している物質です。

他にも化学結合には,最外殻電子を共有しあってできる「共有結合」
金属原子の自由電子と原子核の陽子の正電気的引力によってできる「金属結合」
があります。

この3つが代表的な化学結合です。

化学結合により,同じ元素どうしのみがくっついてできている物質(N2,O2,O3,H2,Cu(銅),C(黒鉛)など)は単体。
異なる種類の元素どうしが化学結合してできている物質(HCl(塩化水素(気体),H2SO4(硫酸),NH3(アンモニア)など))を化合物といいます。
単体と化合物を合わせて純物質と言っています。


この純物質どうしが,化学結合ではなく,単純に混ざり合ったものが混合物です。
例えば,
海:Naイオン,Clイオン,Mgイオン,H2O,O2,I2さまざまなものが溶け込んでいます。
空気:N2,O2,Ar,CO2,Neなど,これもさまざまな気体が集まってできているモノです。
塩酸:HCl(塩化水素(気体))+H2Oこれは間違えやすいですが,HClとH2Oは化学結合を形成しているわけではありません。H2OにHClが溶解しているだけです。
合金:金属結晶に他の金属原子が入り込んだモノです。チタン,ジュラルミン,トタン,ブリキなど。

NaClは確かにNaとClが合わさっていますが,より実際の状態をイメージするならば,Naイオン(Na+)とClイオン(Cl-)が正電気的な引力で「イオン結合」という化学結合を形成している物質です。

他にも化学結合には,最外殻電子を共有しあってできる「共有結合」
金属原子の自由電子と原子核の陽子の正電気的引力によってできる「金属結合」
があります。

この3つが代表的な化学結合です。

化学結合により,同じ元素どうしのみがくっついてできている物質(N2,O2,O3,H2,Cu(銅),C(黒鉛)など)は単体。
異なる種類の...続きを読む

Q有機物と無機物の違いはなんですか?

稚拙な質問ですいません。
有機物の定義とはなんでしょうか?
無機物とどこで線が引かれるのでしょうか?
有機化学と無機化学の違いはなんですか?
髪の毛は有機物?無機物?
ご教授ください

Aベストアンサー

有機物とは基本的に生物が作るもので炭素原子を含む物質です。また、それらから派生するような人工的で炭素を含む化合物も有機物です。ただ、一酸化炭素や二酸化炭素は炭素原子を含みますが無機物に分類されます。
無機物とは水や空気や金属など生物に由来しない物質です。

Q中学生 理科 「炭酸水は混合物?!」

いつもお世話になります。
中学生の娘の理科の問題(とある県の入試問題)について
説明してあげられないので教えてください。

問: 次の中から混合物を選びなさい

ア)エタノール
イ)オキシドール
ウ)炭酸水
エ)石油

答:石油

石油が混合物であることは明らかですが、
この問題の答えからすると炭酸水は「純粋な物質」ということになります。

疑問: 炭酸水も二酸化炭酸と水が混じったものだから混合物ではないのか? 
     塩水が混合物であるのと同じではないか?

私も、そうだよなぁ~と思ってしまうのです。
↓こちらの過去の質問なども見ましたが

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/797058.html

この入試問題が愚問?なのか…
それとも、何か、重要な点を見落としているのか。

中学生の娘に説明できる回答をお願いしますm(_ _)m

ちなみに、中学生の教科書では
「塩水は混合物」という扱いです。

どなたか、理科に詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

 石油だけが混合物ということなら、結論としては「問題が間違っている」です。混合物でない物質(純物質?)が1つだけあり(後述しますが、エタノール)、他は混合物になります(イ、ウ、エ全部を選ぶと正解、あるいは、イ、ウ、エのどれを選んでも正解、ならよかったんですが)。

 まず、ご覧になった教科書が記載している「塩水は混合物」ということから、教科書が何を混合物と考えているかを見てみます。

 塩水は食塩、つまり塩化ナトリウム(NaCl)が水に溶けたものです。この時点で、物質として2種類です。さらに、塩化ナトリウムが水に溶けるとは何か、ということを考えてみます。

 塩化ナトリウムは水に溶けると、「電離」という現象を起こします。ナトリウムと塩素に分かれるんですけれども、単に分離するのではなく、NaClのナトリウム(Na)が塩素(Cl)に電子を一つ渡しての分離です。記号では、Na+、Cl-などと書きます。電子を渡しての分離であるので、「電離」と呼んでいます。なお、Na+、Cl-など電離したものは電気を帯びていて、イオンと呼ばれます(ナトリウムイオン、塩素イオン)。

 水に塩が溶け、さらに塩が電離しているという状態を、教科書では「混合物」と呼んでいることになります。

 もし、砂糖水が塩水と異なる扱いであれば注意が必要です。砂糖水は電離しないのです。砂糖の分子は何も変化せずに、水と混ざり合っています。砂糖水も普通は混合物と呼ばれるはずです(電離について、教科書を見てみなければはっきりと分かりませので、正確なところは今は措いておくことにします。以降の回答に大した影響はありません)。

 以上を踏まえまして、選択肢を確認していきます。

>ア)エタノール

 エタノール(エチルアルコール)は、名前の通りの1種類の物質エタノールですから、混合物ではありません。

>イ)オキシドール

 オキシドールは過酸化水素(過水とも呼ぶ)の水溶液です。もし過酸化水素となっていれば、1種類の物質となり、混合物ではありません。しかし、オキシドールと明記してあります。電離はありませんが、水と過酸化水素2種類の物質ですから、混合物です。

>ウ)炭酸水

 炭酸を水に溶かした物質と考えてもいいですし、二酸化炭素を水に飽和するまで溶かした物質と思ってもいいです。どちらにせよ、炭酸水となった状態では、水(H2O0と、炭酸(H2CO3)と、二酸化炭素(CO2)の混合物となります。なお、炭酸は電離します(2段階あったり複雑なので詳細は割愛)。

 炭酸の電離という点では塩水と同じで、二酸化炭素は電離せずに水に溶け込んでいる点では砂糖水と同じです。いずれにしても、塩水が混合物と教科書に記載されている以上、それに沿う解釈をするなら炭酸水も混合物と確定です。

>エ)石油

 さまざまな種類の炭化水素の混合物です。少量の炭化水素でないものも混ざっていますが、それらを事実上無いと考えたとしても、炭化水素が複数種類含まれる液体ですから、混合物です。

 こうして見てみると、アだけが混合物でなく、イ、ウ、エは全て混合物です。問題の間違い方は、酷いものです。設問者は、オキシドールが過酸化水素をある割合で水に混ぜたものとして、日本薬局方名になっていることすら知らないのではないかと思います(おそらく、オキシドールを過酸化水素だと思っている)。

 炭酸水も、例えば「水には普通は酸素や二酸化炭素が溶け込んでいるが混合物と言わない。それなら二酸化炭素をたくさん水に溶け込ませた炭酸水だって混合物ではないと言い張ってやろう。そういう引っ掛けだ」などと思って、間違った選択肢(つまり混合物でない)にしてしまったのでしょう。

 入試問題を誰が作ったのか分かりませんが(さらに、それが問題集として出版されているのなら、その出版社の担当も)、気にすることはありません。問題は間違い、それもひどく間違っている、で却下すべきです。こんなものが正しいとされるようでは、化学が成り立ちません。

 石油だけが混合物ということなら、結論としては「問題が間違っている」です。混合物でない物質(純物質?)が1つだけあり(後述しますが、エタノール)、他は混合物になります(イ、ウ、エ全部を選ぶと正解、あるいは、イ、ウ、エのどれを選んでも正解、ならよかったんですが)。

 まず、ご覧になった教科書が記載している「塩水は混合物」ということから、教科書が何を混合物と考えているかを見てみます。

 塩水は食塩、つまり塩化ナトリウム(NaCl)が水に溶けたものです。この時点で、物質として2種類で...続きを読む

Q分子結晶と共有結合の結晶の違いは?

分子結晶と共有結合の結晶の違いはなんでしょうか?
参考書を見たところ、共有結合の結晶は原子で出来ている
と書いてあったのですが、二酸化ケイ素も共有結合の
結晶ではないのですか?

Aベストアンサー

●分子結晶
分子からなる物質の結晶。
●共有結合の結晶
結晶をつくっている原子が共有結合で結びつき、
立体的に規則正しく配列した固体。
結晶全体を1つの大きな分子(巨大分子)とみることもできる。

堅苦しい説明で言うと、こうなりますね(^^;
確かにこの2つの違いは文章で説明されても分かりにくいと思います。

>共有結合の結晶は原子で出来ている
先ほども書いたように「原子で出来ている」わけではなく、
「原子が共有結合で結びついて配列」しているのです。
ですから二酸化ケイ素SiO2の場合も
Si原子とO原子が共有結合し、この結合が立体的に繰り返されて
共有結合の物質というものをつくっているのです。
参考書の表現が少しまずかったのですね。
tomasinoさんの言うとおり、二酸化ケイ素も共有結合の結晶の1つです。

下に共有結合の結晶として有名なものを挙げておきます。

●ダイヤモンドC
C原子の4個の価電子が次々に4個の他のC原子と共有結合して
正四面体状に次々と結合した立体構造を持つのです。
●黒鉛C
C原子の4個の価電子のうち3個が次々に他のC原子と共有結合して
正六角形の網目状平面構造をつくり、それが重なり合っています。
共有結合に使われていない残りの価電子は結晶内を動くことが可能なため、
黒鉛は電気伝導性があります。
(多分この2つは教科書にも載っているでしょう。)
●ケイ素Si
●炭化ケイ素SiC
●二酸化ケイ素SiO2

私の先生曰く、これだけ覚えていればいいそうです。
共有結合の結晶は特徴と例を覚えておけば大丈夫ですよ。
頑張って下さいね♪

●分子結晶
分子からなる物質の結晶。
●共有結合の結晶
結晶をつくっている原子が共有結合で結びつき、
立体的に規則正しく配列した固体。
結晶全体を1つの大きな分子(巨大分子)とみることもできる。

堅苦しい説明で言うと、こうなりますね(^^;
確かにこの2つの違いは文章で説明されても分かりにくいと思います。

>共有結合の結晶は原子で出来ている
先ほども書いたように「原子で出来ている」わけではなく、
「原子が共有結合で結びついて配列」しているのです。
ですから二酸化ケイ素Si...続きを読む

Q陽子と電子の質量比

陽子の質量が電子の質量の約1800倍なのは何故ですか?

Aベストアンサー

wikipediaのクオークにあるクオークの質量の項を参考にしてください。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AF

Q化合物・混合物とは?

こんにちは。
私は中学の理科の物質について勉強しているんですが
わかんないことがあって・・・。
わかんないことを下にまとめたので、
分かる方!教えてください。

1混合物と化合物の違いは?

2化合物の中に純粋な物質はあるのか?
 (あったらその区別の仕方は?)

3分子をつくる物質とつくらない物質の違いは?


です。
何でもいいので知ってる方!
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問自体がおかしいので訂正しながら説明しないと理解できないでしょう。

1:混合物と化合物の違いは?
 (訂正)→混合物と純物質
 この世にある物質は、まず純物質と混合物に分けられます。
 純物質とは、どの部分を取り出しても物理的な性質--融点・沸点・・・・が同じ。
 混合物から、純物質は蒸留や沈殿、ろ過、クロマトグラフィーなどで分けることができます。
 醤油・海水・塗料・空気・・は混合物
 純水・グラニュー糖・金・・は純物質
  (注)砂糖はショ糖というほぼ純物質に転化糖をまぶした混合物
   これってテストに出すよ(^^)

2:化合物の中に純粋な物質はあるのか?
 (訂正)→純物質には化合物と単体があります。
 こうして取り出された純物質にはたった一種類の元素からできている単体と複数の元素から成り立つ化合物があります。
 水・・・化合物(水素と酸素)
 酸素・・化合物
 金・・・単体
 食塩・・化合物
 硫黄・・純物質

3:分子をつくる物質とつくらない物質の違いは?
 化合物を結び付けているものは?
 金属元素どおし---金属結合(a)
 非金属元素と金属---イオン結合(b)
 非金属元素どおし--共有結合(c)
   これ自体がイオンとなる多原子イオンもある。これは(b)
 分子の説明はとても難しい。気体ではどれも分子として存在しているともいえる。
 液体では上の二つは一つ一つがばらばらになっている。(c)だけは分子として存在する。--水とか
 固体では、分子どおしが分子間力(強力な水素結合からファンデルワールス力という弱いものまで)で結びついているもの、(a),(b)、そしてすべてが共有結合で結びついているダイヤモンドや水晶のようなものもある。

 あと混合物についても説明しなけりゃならないかも・・食塩水と砂糖水の違い。食塩は(b)で結びついていたものがばらばらになっているけど、多くの(b)はばらばらにならないものもある。分子を作るものはそのまま溶けている。

 でもね。実際にはこれらの境界は定かではない。塩化水素(HCl)は(b)だろうけど、気体のときは(c)・・。

質問自体がおかしいので訂正しながら説明しないと理解できないでしょう。

1:混合物と化合物の違いは?
 (訂正)→混合物と純物質
 この世にある物質は、まず純物質と混合物に分けられます。
 純物質とは、どの部分を取り出しても物理的な性質--融点・沸点・・・・が同じ。
 混合物から、純物質は蒸留や沈殿、ろ過、クロマトグラフィーなどで分けることができます。
 醤油・海水・塗料・空気・・は混合物
 純水・グラニュー糖・金・・は純物質
  (注)砂糖はショ糖というほぼ純物質に転化糖をまぶし...続きを読む

Q古文の活用形が全く理解できない

高校生です、中学から授業は全く身につかず、
今、古文の勉強をしているんですが、国語の先生に「~であるから、下二段の連用形なので~」と言われても一人「?」と理解できてません
四段活用とか、す、さし、す、すれとか何の事か全くわかりません
先生に聞こうにも「このレベルも理解できないなら塾や家庭教師を頼んだ方が・・」といわれる始末です。
独学で学べたらいいのですが・・・活用形っていったいなんですか?四段活用とか・・。教科書に表が掲載してるだけで意味が全く分かりません
また。古文初心者でも理解できるサイトはないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。僕も高校生です。

これは覚えるしかないとおもいますよ。ほら、英語であるじゃないですか。fast-faster-fastestみたいな。そういう感覚で、たとえばもともと「書く」とあるのが

書か 書き 書く 書く 書け 書け

と変化するものだ!と覚えるんです。

ちなみに上の例では

未然 連用 終止 連体 已然 命令

の順ですが、何でこんな「未然」とか「連体」とか決まるのかというと

未然:あとに「~ズ」がつく。まだ起こってない事柄をあらわす。
   例:書か「ず」
連用:あとに「たり」「て」がつく。
   例:書き「たり」
終止:その言葉でおわる。
   例:書く「。」
連体:あとに名詞が続く。
   例:書く「人」、書く「物」など
已然:あとに「~バ」がつく。
   例:書け「ば」
命令:命令の言葉をあらわす。
   例:書け「!」

とまあ長い説明になってしまいましたが、これは

四段活用  

です。

これも覚えてしまってください。

「書く」の「か」のあとに

か き く く け け

これを四段活用とよぶきまりがなりたっているのでどうしようもありません。

これは教科書にもかいてあるとおもいますので、あとは同様にして下二段とかナ行変格活用などなどおぼえることです。

あと、四段活用と下二段、上一段などなどを見分ける方法は教科書にかいてあるのでそれをよめばいいかとおもいます。僕も古典は得意ではないです。お互いがんばりましょうね!

以上参考までに。 

こんにちは。僕も高校生です。

これは覚えるしかないとおもいますよ。ほら、英語であるじゃないですか。fast-faster-fastestみたいな。そういう感覚で、たとえばもともと「書く」とあるのが

書か 書き 書く 書く 書け 書け

と変化するものだ!と覚えるんです。

ちなみに上の例では

未然 連用 終止 連体 已然 命令

の順ですが、何でこんな「未然」とか「連体」とか決まるのかというと

未然:あとに「~ズ」がつく。まだ起こってない事柄をあらわす。
   例:書か「ず」
連用:...続きを読む


人気Q&Aランキング