ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

予算的にも、サイズ的にも中古でこのあたりが限界です。
アンプは、サンスイ707L。
ジャンルは、70年代ロック、トリオ系ジャズなどです。
音量もそんなには出せない環境です。
皆さんの意見を、参考にさせてくだい。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

JBL4313Bならシンバル音、ブラシステック音が、楽しめますが、音量が大きくなります、、そこで小さな音量ではコーン型スコーカーで

JBL4312BmkIIにすればよいでしょう、、好みの問題ですので、トリオ系ジャズなら、前者、70年代ロック中心に聞くなら後者を選びます、スピーカーの下には専用のスピーカ台などを置いてください、なければ、コンクリートブロックを置いてその上にフェルト生地を置いてからスピーカを置くとよいでしょう、

この回答への補足

追伸です。
4312の初期モデルを購入することになりました。
この先メンテナンスも必要になるでしょうが
大事にしたいと思います。
ありがとうございました。

補足日時:2011/04/10 19:24
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
自分的にも、4312かな?とは思っていたのですが
心強くなりました。
21年前に、いつかはJBL…と思って買ったアンプを
ようやく生かせそうです。

お礼日時:2011/04/09 21:08

2です。

自分はJBL4313Bは聴いた事があり、4312BMkIIは実際持っていました。2つとも良い音です。ただ、JBLの4301とJBLの4311という型番の鳴りかたの低音とかのスコーンと抜けるような音、前に張り出してくるような感じの音があまりに良くて、上記の型番の物が完全に負けてしまっていると思います。JBLを購入するなら1度、この2つのスピーカーを聴かれるとわかると思います。4301か4311がオススメです。

この回答への補足

追伸です。
4312の初期モデルを購入することになりました。
この先メンテナンスも必要になるでしょうが
大事にしたいと思います。
いつかは、その2つの音も聴いてみます。
ありがとうございました。

補足日時:2011/04/10 19:25
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
4311は、確かに評価が高そうですね。
しかし、値段的には苦しいです。
なにせ、北国の片田舎なので、試聴もままならず…
ただ、過去に、4312の(おそらく初期モデル)は
聴いたことがあり、本当に憧れました。
アドバイスを、生かしながらしっかり検討いたします。

お礼日時:2011/04/10 00:04

ロックやトリオなら上記のスピーカーより、同じスピーカーのJBLの4301の方が普通に音が良くて、小音量にも強いと思いますが、上記なら4312BMkIIの方が良いと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やはり、4312ですね。
4301ですか…、聴いたことはないので
考えてませんでしたが、
2ウエイだと、確かにバランスがいいんでしょうね。
いつかは、JBLと思っていましたが
両方検討してみたいと思います。

お礼日時:2011/04/09 21:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QJBL 4343って音悪くないですか?

良く遊びにいくお店に、JBL 4343が置いてあったので、
買うお金がないですが、聴かせてもらいました。
4343は今まで何回もお目にかかっていますが、
聴いたことがありませんでした。

古いアキュフェーズのモノラルパワーアンプとプリアンプと
DENONのCDプレーヤーで現代の録音のジャズを聴かせてくれました。

聴いた感想は「ひどい音」だと思いました。
これが昔、ものすごく売れたとは信じられないです。
お客さんの中には褒めている人もいましたが・・・。

正直、4343って音悪くないですか?
それとも私がきいたものがたまたま音が悪かったのでしょうか。

Aベストアンサー

はじめまして♪

4343自体を聞いた経験が在りませんが、、、

私が昔(小中学生の頃)に聞いたのは、4343Bでした。
このスピーカを購入された近所の歯科医宅には、なんどもご招待を頂き、いろいろと聞かせてもらった経験があります。

4343Bに入れ替えるまでは、4333Bが置かれていて、私個人としては4333Bの時に聞いた音の方が好きでした。

実際に4343Bを購入されたご本人も、セッティングやパワーアンプの交換等、確か2年チョイまで、とにかくあれこれ変更させながらなんとか鳴らそうと頑張ったようです。

潜在能力は高く、その鱗片は時々出て来るのですが、どうしても納得出来る総合バランス、こういう鳴らし込みはとても難しいらしく、当時のオーディオ紙の中でも、キチンと鳴らし込まれている4343系はほんのわずかしか無いだろう、という意見が一般的でした。

全体的にはデカイスピーカーですが、ミッドバスのバックチャンバー(エンクロージャー)が存在するため、実質的にはウーファーもミッドバスもギリギリの小容量で使われている、というのが実情です。
そして、中学時代に4343Bの調整に立ち会い(いや、動かすのが大変だから、手伝わされた? 笑)、やはりミッドバス帯域の室内音響との関わり、このあたりの処理がほんとに難しいのではないか?と感じたのを思い出します。

完璧に鳴らし込めないまでも、せめてそれなりのバランスが得られる状況なら、大抵の人は満足できる音が得られるのでしょうけれど、わずかに失敗していると、各ユニットがそれぞれ主張し合い、バラバラに音が出ていて音楽的に楽しめる状況じゃない、なんて事もあるでしょう。

それから、製品自体がかなり古い時代の物ですので、はたして販売当時の性能が出せているか?という基本的な疑問はあり得ますね。

JBLは定期的な振動板交換を推薦しています、このためあえて耐久性が低い「発泡ウレタンエッジ」を採用しているのです。(振動板を見ても劣化したのが判りにくい、エッジが朽ちれば交換するしか無いのですね。)

コンシューマー用製品ならエッジの張り替え、でも良いのですが、モニターシリーズやPA/SRなどに使うプロフェッショナルシリーズのユニットは、長く使うにはそれなりのメンテナンス費用を。

なお、4343シリーズ、4350シリーズなどの大型モニター系は、基本的に日本では大ヒット商品でしたが、欧米では「まともな音」を得るのが難しく、扱いにくいスピーカーとして敬遠されたようです。
(と、言うか、一般的にはコンシューマー向けモデルの方が好評だったようです。)

さらに、43**シリーズ、モニタースピーカーとされていますが、現実的なレコーディングスタジオ等で実際にモニター用に採用されたケースは非常に少ない。トークバックなどの返しモニター等には天釣りを考慮した4311/4312系はかなり多用されたようです。

たまたま聞いた音を「ひどい音」だと感じたのは、おそらく音の本質を感じ取っていると思われます。
(まぁ、儀礼上で、その音を好む人の前では、言えませんけれどね。)

経年劣化の結果なのか、セッティング(チューニング)の未熟さなのかは文章だけでは判断出来ませんが、おそらく両方とも影響しているんじゃないか?って想像します。

とても苦労して、存分に鳴らし込めた人には、他のスピーカーでは得られない、至福のサウンドが体験出来るそうです。そういう4343系の音、一度は体験してみたいですね♪

はじめまして♪

4343自体を聞いた経験が在りませんが、、、

私が昔(小中学生の頃)に聞いたのは、4343Bでした。
このスピーカを購入された近所の歯科医宅には、なんどもご招待を頂き、いろいろと聞かせてもらった経験があります。

4343Bに入れ替えるまでは、4333Bが置かれていて、私個人としては4333Bの時に聞いた音の方が好きでした。

実際に4343Bを購入されたご本人も、セッティングやパワーアンプの交換等、確か2年チョイまで、とにかくあれこれ変更させながらなんとか鳴らそうと...続きを読む

Qオーディオ入門者に、ジャズによい比較的コンパクトなスピーカー

こんにちは。
引越しを機に今までよりもマシなオーディオを購入しようかと考えています。今までは普通のミニコンポを使用していましたので、音についてはまだまだ細かな良し悪しが分からない状態です。

音楽はジャズ、ロック、クラシックと幅広く聴くのですが、5割がジャズを占めている(けれども電化マイルスとピアノトリオがメインなので極端ですが)ので、ジャズに合うスピーカーを選びたいと思います。

・・となるとJBLとよく言われます。お店で聞いてみると確かにイイ。・・が、お勧めとして名前が上がってくるのはどれも結構な値段の物ばかり。
しかもデカイ。部屋が8畳程度なのであまり4312Dのような巨大なものは置けません。
そしてJBLで実売ペア10万以下であまりいい評価の物を聞きませんが,そのレンジは良くないのでしょうか?そのレンジでオススメはありますでしょうか?

また、ジャズと言えばJBL以外だとBOSEとも良く聞きますが,御茶ノ水,秋葉原近辺でBOSE,JBLの取り揃えが多くて比較視聴出来るお店があれば教えてください。(テレオン1号、石丸電気本店、御茶ノ水AudioUnionは既に行ってみましたが、ほかにあれば。。。)

こんにちは。
引越しを機に今までよりもマシなオーディオを購入しようかと考えています。今までは普通のミニコンポを使用していましたので、音についてはまだまだ細かな良し悪しが分からない状態です。

音楽はジャズ、ロック、クラシックと幅広く聴くのですが、5割がジャズを占めている(けれども電化マイルスとピアノトリオがメインなので極端ですが)ので、ジャズに合うスピーカーを選びたいと思います。

・・となるとJBLとよく言われます。お店で聞いてみると確かにイイ。・・が、お勧めとして名前が上...続きを読む

Aベストアンサー

どんなスピーカーがあるのか知りたいのなら、
価格帯ごとに製品を表示しているお店のホームページをチェックしてみるのはどうでしょうか?

例えば
http://www.shimamusen.co.jp/
http://www.keikodo.co.jp/

これだけでは音は分かりませんが、気になるデザインやサイズのスピーカーが見つかるかもしれません。

しかし実際のところ購入後、部屋で鳴らして好きな音楽を聴いていないと、
なかなか自分に合った音を鳴らすためには何を選び、どうすれば良いのか、
分からないのが現実だと思います。

いきなり大正解を求めず、気になる音のスピーカーがあればまずそれを使ってみて、
その後もし不満なり向上心なりが沸いてくれば、その時には
今よりもっと具体的な事が分かってどうにか出来るのではないかと思います。
それに気に入った物さえ見つかれば、ベストではなくとも、
大きな失敗はしないのではないでしょうか。

と正論を述べつつ、自分の気になる製品も紹介しますと、
WestLakeAudioのLc4.75が小さくて(小さすぎ?)音にも厚みがあり
ジャズファンにも人気があります。
安価な黒色の物でも日本定価が20万を超えるので、中古を狙うかアメリカから個人輸入しないと
予算オーバーなのですが、駆動力の高いアンプで鳴らすと面白いです。

どんなスピーカーがあるのか知りたいのなら、
価格帯ごとに製品を表示しているお店のホームページをチェックしてみるのはどうでしょうか?

例えば
http://www.shimamusen.co.jp/
http://www.keikodo.co.jp/

これだけでは音は分かりませんが、気になるデザインやサイズのスピーカーが見つかるかもしれません。

しかし実際のところ購入後、部屋で鳴らして好きな音楽を聴いていないと、
なかなか自分に合った音を鳴らすためには何を選び、どうすれば良いのか、
分からないのが現実だと思います。

い...続きを読む

QJBL4319と4306で迷っています

JBLの4319と最近発売された4306で迷っています。
ジャズを聴き、とくにピアノトリオは好きなのですが、視聴した印象では、4319は低音にすぐれているがピアノが埋もれた感じ。4306はピアノなど中高音はクリアだが、低音がものたりない感じでした。
最大の悩みは、4319は、わたしの6畳の部屋ではサイズが大きすぎ、それほど大音量できかないので能力をいかしきれないのではないかということです。(よく部屋のサイズとSPの適度な大きさを指摘されますが)
ただ、4306では、せっかくあこがれのJBLを買うには、やや物足りない気もしており、悩みます。
部屋とSPの関係を含めて、アドバイスお願いできれば幸いです。

Aベストアンサー

はじめまして♪

http://www.harman-japan.co.jp/jbl/hifi/4319/
http://www.harman-japan.co.jp/jbl/hifi/4306/

スピーカーとの距離が1m以上有れば、どちらでも大きな問題は無いと言えると考えます。

小型だけどホーンシステム、多少大きいけれどダイレクトラジエーターシステム。
そう言う観点からは上記の条件を満たせばどちらの製品も困る事は無いと考えて良いでしょう。

それ以前に価格が大きく違うのでランクが違うと考えた方が良いと思います。

両製品とも実際に聴いた事が無いので、あくまで想像からですが、大きな問題は無いと思いますよ。

ピアノがクリアか埋もれるかは、聴いてみるしか有りませんが、JBLと言う同じブランドで、どちらも43シリーズという基本的には同じサウンド傾向。
確かに、JBL好きの人、その他の私にも43シリーズでも毛色(音色かぁ?)が違う製品と言う印象の物はあります。
しかし、他のシリーズや他社製品程は違わないので、おおまかなサウンドの傾向は同じ方向を向いていると考えて良いでしょう。

過去には6畳間にパラゴンや3434Bを押し込んだオーディオマニアも居たそうですから、無理を承知で製品に惚れ込んだらチューニング等の使いこなし次第と言う趣味の世界でしょう。
(さすがに、それだけ大きい物だと、ユニットごとの距離差が大きな角度差にも成って聴く位置も非常に難しいと思うのですが、、、)

むしろ小さい2ウエイの方がボリュームをガツンと上げて、ラウドネス効果をキャンセルする様な音量域でバランスさせるスピーカの様な気もします。
(昔のYAMAHAの小型2ウエイNS-10Mがレコーディングスタジオで好まれた様な音量域、よく高域用ユニットは焼けたそうで補修パーツは大量に出たそうです。)

今はドラムの音と実物大音量でモニターする人も少ないそうですから、そこまでの音量域まで行かずにもっと小音領域で実力発揮でしょうかねぇ。

大きいスピーカーは置き方や部屋の音響特性によって表情が変わり易く、逆に言えばセッティング等のチューニングがより顕著に表面化し易く成ります。

ご質問者様がどのような状況で試聴されたかは想像もできませんが、ピアノの印象はかなり的確だったのでは無いでしょうか。
高度な部分に置けるJBLサウンドはコンプレッションドライバーとホーンによる個性が特徴です。

家庭用オーディオ製品では無いのですが、機械が御座いましたらEVのPA用も聴いてみてください。
荒削りですが耳障り感が少なく、それでいて芯が通ったサウンドも面白い物ですよ。
(ジェームズBランシングが独立する前のWEやその後継のアルテックなど、これもまた一興です。)

まぁ、私は全く毛色の違ういろんなサウンドを楽しみたいので、安物ばかりですがアメリカも国産もヨーロッパ系も先入観たっぷりに遊んでいます(^o^) 基本小学生の頃からスピーカー工作が趣味の一つなんです。

ちなみにJBL初体験は4333で、その次が4343Bだったかな?
まだ小学生の頃に近所の歯医者さんのオーディオルームで聴かせてもらいましたぁ。
(CDが無い、純粋にアナログ再生の環境だったと記憶しています。おそらく12畳程の部屋で 最初はびっくりする音量でしたが、中学生で吹奏楽部に入ったら、毎日そういう音量でしたねぇ。苦笑)

ぐだぐだと書き込んじゃいましたが今夜もヨッパなのでごめんなさい。でも、なにか参考にでもなれば幸いですぅ~♪

はじめまして♪

http://www.harman-japan.co.jp/jbl/hifi/4319/
http://www.harman-japan.co.jp/jbl/hifi/4306/

スピーカーとの距離が1m以上有れば、どちらでも大きな問題は無いと言えると考えます。

小型だけどホーンシステム、多少大きいけれどダイレクトラジエーターシステム。
そう言う観点からは上記の条件を満たせばどちらの製品も困る事は無いと考えて良いでしょう。

それ以前に価格が大きく違うのでランクが違うと考えた方が良いと思います。

両製品とも実際に聴いた事が無いので、あくまで想像から...続きを読む

Qアルニコとフェライト。

この前、箱に納まった20cmフルレンジスピーカーを下取りにだし、
別のユニットを購入しました。
売る時に箱を開けられ、ユニットを確認されたときに、
初めて「フェライト磁石」と知りました。

私は購入するときに「どこのメーカーかわからないけど、アルニコ磁石だよ」っと
説明を受けました。「おそらく1950年くらいのユニット」っということも言われました。
音はとても良かったので、ユニットを確認せずに店員さんを信用して購入しました。

しかし、フェライト磁石のユニットだったのと、どこのメーカーなのか読み取れず、
ユニット自体にはまったく値段がつかなかったです。
ここまでは愚痴ですが、本題に入ります。

JBLでは、アルニコのモデルとフェライトのモデルでは、中古価格も大きく違うと思うのです。
Yamahaのns-451のようにアルニコ磁石のユニットなのに、数千円でうられているものもあります。
私が初めて購入したスピーカー、sx-500dolcceもアルニコ磁石だったと思いますが、
中古では結構安いです。

ぶっちゃけ、アルニコとフェライトに音の差はあるのでしょうか。
もし音の差はないのに、アルニコの値段が高いとしたら、
それは骨董品的価値のようなものでしょうか。

あと、マグネットにはどのような種類があり、どんな特徴なのかも教えていただきたいです。
「ネオジウム」「コバルト」「パーメンジュール」なんて言葉は聴いたことがありますが、
磁石によって、どのような音の違いがでるのでしょうか。
今後の参考にしたいと思っております

この前、箱に納まった20cmフルレンジスピーカーを下取りにだし、
別のユニットを購入しました。
売る時に箱を開けられ、ユニットを確認されたときに、
初めて「フェライト磁石」と知りました。

私は購入するときに「どこのメーカーかわからないけど、アルニコ磁石だよ」っと
説明を受けました。「おそらく1950年くらいのユニット」っということも言われました。
音はとても良かったので、ユニットを確認せずに店員さんを信用して購入しました。

しかし、フェライト磁石のユニットだったのと、どこのメー...続きを読む

Aベストアンサー

再び iBook-2001です♪

補足から、パーメンジュールに付いて、、との事ですから、完結に。。。

そもそも、「パーメンジュール」とは、磁力を保持している磁石(マグネット)では在りません。
特殊な合金で加工が難しく、非常に高価になるため、一般用途では使われません。

鉄と同じように磁力に対して強い反応を持ち、この特徴を活かしてヴォイスコイルが収まる磁気ギャプ部にリング状の物を装着させる、という使い方のようです。

放っておけば、磁束は周囲へばらまかれますが、通常はヨーク/ポールピースという形で、コイルの鬱側と外側に磁束を集中させます。

このとき、一般的な磁気回路では純鉄等を用います、パーメンジュールは余りにも加工が難しく、なによりも高価な素材ですから、ヴォイスコイルを挟むように、内外周にリング状に取り付け、磁束の集中効果をより高める、という使い方のようです。

(イケダのカートリッジ、エール音響の一部のユニットなどですね。)

あと、誤解が無いように、マグネット自体が違うと、磁力発生力と反発力に対する反応性、温度や衝撃に依る影響度や様々な部分で微妙に個性が違います。
おそらく、オオザッパでは在りますが、それらの個性が、何らかの理由で音質的な傾向や印象を持たせている可能性は充分にあり得ます。

しかし、とあるマグネットでユニットを造り、より好ましいサウンドに鳴るよう、手間隙をかけて高度にチューニングした場合は、マフネットの特徴も込みでチューニングされている訳で、違うマグネットに変更しただけでは、やはりサウンドとしてズレが出てしまう可能性は十分にありえます。

アルニコから資源入手不足で、一気にフェライトへ変更された当時は、みな「音が変わった」と話題になったようです。

最初からフェライトで設計研究した場合は、文句を言う事はほとんど無いようですから、そう言う側面の影響がイメージ的に残っている、という事だと思われます。

スピーカー工作も趣味なのですが、昔からマグネット部に防振テープを巻き付けたり、重りを追加したり、という方法で多少音の印象を良くしよう、という試みが在ります。

アルニコマグネットの汎用ユニットで、中芯のマグネットにブチルテープをてんこ盛りに巻き付けた、というユニットを入手した経験が在る、実際。私も2重くらいは自分で巻き付けてみた事は在るのですが、おもしろ半分でネットオークションでゲット、実物を見る限り、「どっひゃぁ、ヤリスギだろぉ??」っていう印象でした(笑)

おそらく「気のせい」でしょうけれど、音もモッサリしている様な、、、一応、カッターナイフとラジオペンチで引きはがしてやろう、ってチョットだけ試したけれど、とんでもなく難しそうなので、数カ所の切り込みと引きはがしだけで、諦めてしまったぞぉ。(ユニットの後ろは、箱に収めれば視えませんので、気にしなければそれまででしょう、でもなぁ、実際に見て、驚いちゃったから、潜在的に違和感が残っているのです、爆笑)

近年のスピーカーユニットでは、高対入力を目指すため、少々太めの電線でコイルを構成します、またコイルの発熱を冷却する為にも、磁気ギャップは広めにしたり、磁力誘導力は少ないが熱伝導率が良い、などから銅やアルミのリングを用いたりします。

総磁束力は大きくても、実際のコイルに対して集中していない、つまり駆動力としてはあまり高く無い、と言う磁気回路が、現代では多めでしょう。

ヴィンテージユニットは、高対入力よりも、とにかく高効率な音変換を目指し、狭いギャップにコイルを慎重に収めた、というのが一般的。

マグネット素材だけではなく、全体の「磁気回路」として、設計理念や試作後のサウンドチューニングなどによる影響の方が、最も音に影響しているんじゃないか?と考えているのは、私だけでしょうかねぇ。

ま、ヴィンテージ系のスピーカーであれば、基本的に昔は当たり前だった「アルニコ」の方が高額に取引されている事は、間違いないようです。

あ、そうそう、パーメンジュールに関しては、こういう製品も見つけ出せました。
http://www.audio-technica.co.jp/atj/show_model.php?modelId=2365
『磁気エネルギーを飛躍的に高めたネオジウムマグネットとパーメンジュールヨークを採用。』
とうたっていますね。
(これからも、パーメンジュールはマグネット素材じゃない、って理解出来ますよね。)

再び iBook-2001です♪

補足から、パーメンジュールに付いて、、との事ですから、完結に。。。

そもそも、「パーメンジュール」とは、磁力を保持している磁石(マグネット)では在りません。
特殊な合金で加工が難しく、非常に高価になるため、一般用途では使われません。

鉄と同じように磁力に対して強い反応を持ち、この特徴を活かしてヴォイスコイルが収まる磁気ギャプ部にリング状の物を装着させる、という使い方のようです。

放っておけば、磁束は周囲へばらまかれますが、通常はヨーク/ポールピースとい...続きを読む

QJBL4312Bmk2に最適なアンプ

 昔からの憧れのJBL4312Bmk2を中古で手に入れました。
状態は、
(1)アッテネータが少しガリっている。
(2)SPターミナルのナット部分(プラスチック)がきつく締めると一部が空回り状態。
➂片側SPのネットの木枠が上下に少し反れている。外見の汚れなど・・。
(4)手持ちのアンプに繋ぐと一応正常に鳴っているみたい。
 ※手持ちのアンプは ONKYO ステレオ・プリメインアンプA-973(s) 
○中高の音は、きれいだと思います。
○低音は音に力がなく、キレがなく、分解能がなく、音がこもって、躍動感がない。
 アンプの買い替えを検討すべく、複数の某オーディオ店に行ってみました。A店では、デノンの
20数万円のアンプを進められました。音量を大きくしていましたが、まあ、こんなもんか という感じです。B店では、Audiolab(オーディオラボ)8200A ¥14.8万円をすすめられました。。A店で試聴したデノンの20数万円のアンプもありましたので、両方試聴しました。デノンの20数万円のアンプは、低音がボンついた感じ。Audiolab(オーディオラボ)8200Aは、低音は、歯切れの良い、パワフルな感じに聞こえました。B店のスタッフは、良いアンプは出力(W数)ではない。駆動力だ!!と言っていました。SPの音は、部屋の状態やSPのセッティングにより無限?に変化するといわれますが、基本的にアンプとの相性の良し悪しだともいわれます。私のリスニングルームは、壁は薄い板張り、畳間で8畳+6畳ぶち抜きです。音楽の好きなジャンルは、音質が良ければ何でもありです。最近は、”ハイレゾ”に関心があり無料曲をダウンロードしたり、”ハイレゾ配信サイト”で試聴していますが、音質の良い普通のCDと何が違うの?音質の良い普通のCDでイイじゃん!?という程度です。
相談内容
 (1)低音を 力強く、歯切れよく、躍動感を感じる音にしたい。
  JBL4312Bmk2に最適なアンプを教えてください。
  予算は5~10万円です。中古品(手に入れやすい物)でも良いです。  
 (2)アッテネータのガリを治す方法
 ➂JBL4312Bmk2に最適な置き方(セッティング) 
 (4)他にアドバイスがあれば・・・。
以上、どなたかお知恵を拝借お願いします。
 

 昔からの憧れのJBL4312Bmk2を中古で手に入れました。
状態は、
(1)アッテネータが少しガリっている。
(2)SPターミナルのナット部分(プラスチック)がきつく締めると一部が空回り状態。
➂片側SPのネットの木枠が上下に少し反れている。外見の汚れなど・・。
(4)手持ちのアンプに繋ぐと一応正常に鳴っているみたい。
 ※手持ちのアンプは ONKYO ステレオ・プリメインアンプA-973(s) 
○中高の音は、きれいだと思います。
○低音は音に力がなく、キレがなく、分解能がなく、音がこもって、躍動感がない。
...続きを読む

Aベストアンサー

NO.2です。

失礼しました。sansuiをお持ちだったのですね。
でも、あまり好みではないのですね。

わかります!
たしかにsansuiのDシリーズの低音が苦手っという方もいっぱいいらっしゃいます。
ドンドンいいますし。伸びがない。っという方もいました。


4312は鳴りっぷりのいいスピーカーです。
低音にネットワークが入っていないので、ウーハーは元気良くなります。

一回、RUBYっというトライオードのアンプを冗談のつもりでつなげたことがありました。
当然まともに鳴らないだろう。っと思ってつなげたのです。
ところが、RUBYでならすと、sansuiのような大げさな音ではなく、
そしてつまった低音ではなく、伸び伸びと音楽がなりました。本当に驚きました。
入力感度も十分です。フォノイコライザーを使って、レコードをつなげても大きな音量が出せます。

家庭で使うには十分です。
4312はわずか3ワットのアンプでも、伸び伸び鳴るスピーカーなのですね。

ですから、sansuiのDシリーズが好みではないっとうことは、
RUBYのような、伸び伸びと歌うようになるアンプが好みに近いのではないかと思いました。
ただ、力強さっという点では、当てはまっていないかもしれませんが、他は当てはまります。

トライオードは私は嫌いです。今まで購入して、「良かった」っと思ったことは一度もありません。
しかし、RUBYはJBLのような能率の高いスピーカーとの相性はいいと思いました。

最初の回答は、駆動力や低音の馬力ばかりに目を向けてしまいました。

ちなみに、私もJBLのスピーカーをしようしています。
とても古いスピーカーで38cmウーハーの3wayです。
能率は100dBを超えていますので、私がメインに使っているアンプは、
8ワットの真空管アンプです。0.7ワットの真空管でも大音量でなります。

4312Bmk2も、設計は古いときのままです。
そう考えると、4312Bmk2も、そこまで駆動力のあるアンプは必要ないかもしれません。
低音が超低音まで伸びているアンプも、聴きづらい場合があるかもしれません。
RUBYは超低音はでていないと思います。それがむしろ良い方向にいったのかもしれません。
高音も低音もそこそこなので、歯切れ良く、楽しい音になったのだと思います。

audio labのアンプは、DENONよりも、低音が出すぎていないアンプなのではないでしょうか。
150Hz付近が盛り上がっていたら、低音がブーミーになり、
逆に少ないと、寂しく、低音の音程もわからない音になります。
そして、40Hzまでフラットに出ていると、音楽に邪魔になるときがあります。
ボンボンっという感じで。

私のスピーカーは、チェックCDを再生すると、40Hzまで聴こえますが、
80Hzの音までしかまともに聴こえません。60Hzで一気に音量が下がります。
50Hzだと蚊の鳴くような音です。
それでも、ちゃんと低音が充実していますし、ベースの音程もクッキリと聴き取れます。

これをsansuiのD907Xにすると、もりもりした低音がでてきます。
でも無理やり鳴っている感じで、膨らんだ音になり耳障りです。

そう考えると、超低音が出過ぎないアンプのほうが4312に限って言えば、
歯切れの良い低音、躍動感が感じる低音になるのではないでしょうか。

NO.2です。

失礼しました。sansuiをお持ちだったのですね。
でも、あまり好みではないのですね。

わかります!
たしかにsansuiのDシリーズの低音が苦手っという方もいっぱいいらっしゃいます。
ドンドンいいますし。伸びがない。っという方もいました。


4312は鳴りっぷりのいいスピーカーです。
低音にネットワークが入っていないので、ウーハーは元気良くなります。

一回、RUBYっというトライオードのアンプを冗談のつもりでつなげたことがありました。
当然まともに鳴らないだろ...続きを読む

QJBLスピーカー4312B MK2に合うシステムについて

今回システムのバージョンアップのためJBLスピーカー4312B MK2の購入を考えているのですが、それに合ったプリアンプとCDプレイヤーを探しています、皆さんの経験上何かアドバイスなどあれば、教えてください。CDとアンプで10万前後しか用意できないのですが、何かよい組み合わせはないものでしょうか・・。

Aベストアンサー

システムのバージョンアップということは、プリメイン、CDプレイヤーとスピーカーを持っていて、ぜんとっかえしたいということですか? それとも、新規にシステムを作るということでしょうか?
もし、今まで使っているものがあるのならば、さしあたって、今回のスピーカーだけを導入して、一つずつお金が出来るたびに入れ替えていくというほうが、楽しいと思うのですが。
それと、再生するのはCDだけでいいんですか? DVDとかSACDとかありますけど。
最後に、聴く音楽はどんな音楽ですか? JBLということだと、JAZZ系かロック系と思いますが、それによってまた、かわってくるような気がしますよ。
でも結局は音は個人の好みになってしまうんですけどね。
とはいえ、ジャズ系をメインで無難な線で、
●marantz CD6000(4万円)
●marantz PM8100(69800円)
実売で、10万円くらいになると思いますよ。

☆余計なことかもしれませんが、このくらいのでもちろん鳴りますが、JBLの4312B MK2にはもったいないと思うのと、飽きるのではないかという気がしますけど。それだったら、最初に書いたように、現有のものをとりあえず使って、予算の都合がつくようになってから、徐々に機器を入れ替えて行くほうがいいと思いますねぇ。あと、くれぐれもスピーカーを設置するときは、がっちりとした台を用意されることをお勧めしておきます。

ところで、リスニングルームの広さに30cmウーハーを搭載した、4312は収まるのでしょうか? 大きいスピーカーは魅力がありますが、部屋の中にでかいスピーカーはじゃまですよ、ほんとうに。8畳間に38cmのものを無理矢理入れていたことがありますが、それはそれはじゃまな存在でした。

参考URL:http://www.marantz.co.jp/ja/marantz/audio/index.html

システムのバージョンアップということは、プリメイン、CDプレイヤーとスピーカーを持っていて、ぜんとっかえしたいということですか? それとも、新規にシステムを作るということでしょうか?
もし、今まで使っているものがあるのならば、さしあたって、今回のスピーカーだけを導入して、一つずつお金が出来るたびに入れ替えていくというほうが、楽しいと思うのですが。
それと、再生するのはCDだけでいいんですか? DVDとかSACDとかありますけど。
最後に、聴く音楽はどんな音楽ですか? JBLという...続きを読む

Q古いJBLに相性の良い手頃なアンプを教えてください

オーディオど素人ですが、少しだけ余裕ができたので憧れのJBLスピーカーとアンプを検討しています。
スピーカーの候補は中古品の4311、4312、L88 NOVA辺りを(ミニ版は直接聞いた事ないので今の所候補には入れていませんが、もし実力があるなら考えようと思います)アンプはCEC AMP3000R-S辺りが形、値段共に丁度良さそうなので取りあえずそれが良いかと思っていたのですが、相性が気になってきました。
素人的あいまいなご質問ですが、JBLに合う手頃(5万前後)でお勧めのアンプが御座いましたら教えてください。
因みに普段聞くジャンルはジャズ、ロックとテクノです。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

ド素人さん、こんばんは。  

素人なのですから、ココは開き直って、お気に入りのJBLとCECのアンプで宜しいのではないでしょうか。  取り合えずですから尚の事!  アンプが無ければ始まりませんから・・・。 

確かにJBLを力の無いアンプで駆動すると、キンキンした五月蝿いだけの、脳天気なスピーカーに聴こえてしまうかもしれません。  特にモニター系のモデルは、小音量での再生を前提としていませんので、一般御家庭で鳴らせる音量では尚の事です。 ある程度覚悟は必要です。 (^_-)-☆   でもコレも経験ですから(素人さんですからネ)、仕方がありませんね。  

AMP3000Rは、CPの優れたアンプの様です。(聴いた事がありませんが、巷ではそう言われています)  

低域の再現性に長けているモノとしては、DENONの2000番シリーズが良いでしょうね。(長けていると言うか、過多過ぎるとも言える。セッティングを工夫する必要大・締りが無い!) 予算に余裕が有れば、同じくDENONのS10シリーズで。  中古なら安く手に入るでしょう。 艶を出したければ、「マッキン」なんて言うのもあります。  (^_-)-☆

古いスピーカーの場合には「傷み」も心配ですが、現在に輸入元であるハーマンインターナショナルでは、アフターも完璧です。 購入価格と同じ位になる事もありますが、修理は可能ですので御心配なく!

 http://www.harman-japan.co.jp/support/index.html

ド素人さん、こんばんは。  

素人なのですから、ココは開き直って、お気に入りのJBLとCECのアンプで宜しいのではないでしょうか。  取り合えずですから尚の事!  アンプが無ければ始まりませんから・・・。 

確かにJBLを力の無いアンプで駆動すると、キンキンした五月蝿いだけの、脳天気なスピーカーに聴こえてしまうかもしれません。  特にモニター系のモデルは、小音量での再生を前提としていませんので、一般御家庭で鳴らせる音量では尚の事です。 ある程度覚悟は必要です。 (^_-)-☆...続きを読む

Q80~90年代のアンプ名機は?

こんにちは。自分は今のオーディオのデザインがあまり好きではなくバブル期の黒を基調としたデザインの中古アンプを購入しようと検討しています。そこで80年から90年代初頭にかけてが国内オーディオメーカ最盛期だと思いますがその時代の各メーカのいわゆる名機と呼ばれているアンプを教えて下さい。できればその理由についても教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです

余りにも漠然としていますが、あくまでも私が所有しているか、聴き込んだ事のある物だけですが、「これは!」をあげておきます。
但し、何れも現在入手は困難で、一部は特注部品の入手すら不可能な物もあり、万一修理やメンテナンスにウン十万円と云うものもありますので、入手にはよほどの覚悟が必要です。
※機種名の後の( )内は販売年・当時の定価
【プリメインアンプ】 (1) SANSUI AU-X111 MOS VINTAGE(1985or6年・33万円)上位機種のX1111もありますが、跳んでもなく徹底的に回路や部品に凝った機で、クラシックからポップスまで「こんな音出すんだ!」と1聴で判る怪物機。後にこれを凌駕すると宣伝された2000台限定のAU-α907Limitedを新品で入手しましたが、X111には敵わないと思っています。
(2) NEC A-10(1983年10万円)この後TypeIVまで出ましたが、総合的にこのオリジナル機がベスト。なんと言ってもフロントフェースの美しさは1番。
(3) LUXMAN L-550XB(1984年27万円)メンテナンスや修理は比較的可能。
トランジスタで如何に球風の音を出すかにこだわった機種で、Xはかなり出回っているが、フロントフェースが黒のXBは超レア機種で、今まで1回しか見た事がない。LUXMANはこの550Xと最近のL-550Aしか持っていない。
【セパレート】 (1) 東芝Aurex SY-90Λ(失念しました)気が狂ったとしか思えない兎に角メーカーのメンツだけで販売した機種で、販売当時私も3台購入して1台は予備用もう1台は新品をばらして中の部品だけを取り出し、米国で売ったら販売価格の1.5倍で売れた。
そんな超高級部品特に(Λ=ラムダ)コンデンサは別格で、「他の柔なアンプに付け替えたら高級機の音がした」と云うもの。現在は修理に予備機の部品を取り尽くして部品探しをしても誰も譲ってもらえないので、今度壊れたら飾りとなりそう。
プリのSYにパワーのSC-90Λの組み合わせは、絶品ですが癖があるので賛否両論があるようです。
両機種とも完動品入手でもオリジナル部品での完全修理は諦めた方がいい。
(2) YAMAHA C2X(1986か7年20万円前後) シンプルで、これだけ小さい駆体に高性能MCイコライザーまで組み込んだ、私なりのヤマハの傑作プリアンプと思っています。
パワーの B2X(25~30万円) 背の低いプリに大きなパワーの組み合わせは、フルオーケストラを15インチのスピーカーで聴くと圧倒されます。現在も偶に灯を入れますが、その度に感激しています。

以上は全て独断と好き嫌い、国産に限りましたが海外製を含めるととんでも無い字数になるので・・・私自身は マランツ+タンノイ & McI+JBL(Lシリーズ)派です。
出来るだけご自身の耳で確かめてからにして下さい。
当時の機器は今の物に較べると、メーカーのこだわりと音質に結構癖があります。

自称オーディオマニアです

余りにも漠然としていますが、あくまでも私が所有しているか、聴き込んだ事のある物だけですが、「これは!」をあげておきます。
但し、何れも現在入手は困難で、一部は特注部品の入手すら不可能な物もあり、万一修理やメンテナンスにウン十万円と云うものもありますので、入手にはよほどの覚悟が必要です。
※機種名の後の( )内は販売年・当時の定価
【プリメインアンプ】 (1) SANSUI AU-X111 MOS VINTAGE(1985or6年・33万円)上位機種のX1111もありますが、跳んでもな...続きを読む

QJBLスピーカー4312B MK2について

JBLスピーカー4312B MK2にMarantz PM 80 AFをつないで聞いていますが、購入当初(15年前)から音がこもっています。最初からこうだったので、このシステムは使わずに、ほかの機器で音楽を聞いていましたが、今回、良い機会ですので、お尋ねしてみようと思いました。厚い絨毯を前に置いて聞いているような音です。ミニコンのほうがよっぽどクリアです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

JBL4312B は使用経験がないのですが Marantz 製品は PM84D に始まって PM94、PM99SE (Philips DMA10000) まで乗り換えた経験があり、katakuri25 さんの御悩みには思い当たる節があります。

当時の私は Marantz 製品の FET Amp 構成に興味を抱いて Bose 901CSIV を鳴らすために PM84D を購入したのですが、Speaker から耳に届くまでの間に音に制動をかけられたような感触に耐えきれず PM94 に Step Up、それでも満足できずに Philips DMA10000 (PM99SE) にまで投資してしまいました。

PM99SE も AB 級動作では元気よく鳴るのですが、A 級動作では「詰まった」というほどではないにせよ「張り詰めた」感触があって AB 級動作で使用していました。

その後、愛用 Amp は McIntosh に移ったのですが、今にして思えば、高音がきついとか解像感が低いという問題は全くないものの (むしろ PM99SE の解像感は McIntosh C34V よりも高いと感じます) 音が奔放に解き放たれるのではなく、何処かで制動されて詰まった感触を伴う場合があるのは Marantz 社の Sound Character なのかなとも思います。(制動とか抑制という表現に於いては DENON 社の Sound が「良く抑制が効いた大人の Sound」などと評する人もいますよね)

他の機器では厚い絨毯を前に置いて聞いているような音にはならないとのことから JBL4312B 自体の状態やを JBL4312B を設置している部屋の特性でもなさそうですが、Sound Character と呼ぶには異常な籠もり音であるならば PM80AF の障害も考えられます。

最初からこうだったというところが気になりますが PM80AF は既に電源 Condenser の寿命を迎えているほどの古い製品ですので Overhaul に出すのも一考かと思います。

JBL4312B は使用経験がないのですが Marantz 製品は PM84D に始まって PM94、PM99SE (Philips DMA10000) まで乗り換えた経験があり、katakuri25 さんの御悩みには思い当たる節があります。

当時の私は Marantz 製品の FET Amp 構成に興味を抱いて Bose 901CSIV を鳴らすために PM84D を購入したのですが、Speaker から耳に届くまでの間に音に制動をかけられたような感触に耐えきれず PM94 に Step Up、それでも満足できずに Philips DMA10000 (PM99SE) にまで投資してしまいました。

PM99SE も AB 級動作では元...続きを読む

QJBL4313Bのスコーカーの代替品の交換

4313のスコーカーLE5-9の音が時々出なくなるようになり代替ユニットを考えております。オークションなどでLE5-5/LE5-2など出品されているようですが取り付け可能でしょうか。クロスオーバー回路変更など知識がないのでそのまま使用したいしだいです。どなたか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

単体で鳴らしてショックを与えても安定しているならユニットは正常です。
レベルの個体差は有りますので支障ありません。

ネットワークも含め接続関係を点検して下さい。
割り箸等で突っつき不具合状態になる所を特定します。

直流抵抗5.6Ωは正常値です。

ハーマンに相談して下さい。豊富な実例からアドバイスして貰えます。

修理の他、相談、部品販売等、日本におけるJBLのサポートサイトです。


人気Q&Aランキング