同じような質問がたくさんあるので恐縮ですが、やはり質問したくて投稿します。
先の東日本大震災で隣家の瓦が落下して、軽の自家用車がめちゃくちゃになってしまいました。かなりの被害で、近所では瓦が落下した家がいくつかあったのですが、ここまで被害があったのは我が家だけでご近所に同情されてしまいました。実際、当事者のお隣も、「修理費を相談してください」と言っていたのです。しかし、修理の見積もりをとると、40万円以上かかり、部品の流通が止まっているので、いつ修理できるかわからない、と言われ、足の確保に同じ軽の中古車を購入を仕方なしに購入しました。
 ここからこじれたのですが、せめて修理費の半分の20万円だけでも相談にのってほしい、と隣家に相談しにいったら、避難してきた親戚の方と一緒に「不可抗力」を主張してきて、かつ、過去に私たちのリフォームなどで迷惑をこうむった、また、瓦も過去修繕しようとしたら、うちの娘が鳥の巣が無くなるのを悲しんでしまうので、やめた、とも言ってきました。
 正直、先方から言われたこともあり相談しに行って、またご近所付き合いでも、良い関係を気づいてきたので、あまりにも悲しかったのですが、とにかく、2度とこのようなことがないよう、きちんと責任をもって修繕してほしい、それだけで、もう何もこちらから言わないが、修繕する内容と日程は報告してほしい、と強く主張しました。「2度目の不可抗力はないですよ」と。
 このような話になってしまい、もうご近所付き合いはできないと思っていますが、こちらの意見は第3者的に適切だったのでしょうか?また、さらにこじれた場合、感情的になるのもいやなので、第3者を仲介しようと思っていますが、どこに相談もしくは依頼したらいいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

台風 原因」に関するQ&A: 台風の原因は

A 回答 (2件)

> こちらの意見は第3者的に適切だったのでしょうか?



「修理費を相談してください」の時点で、念書を書いて貰っておくべきでしたね。
ただ、ご隣家の住人では無く、避難してきた親戚が問題の様ですから、余り事を荒立てない方が良い様な気も致しますが。

相手方が主張する、自然災害による不可抗力は、正当性がありますが、余震に関しては予見が可能なので、「2度目の不可抗力はない」と言うのは、質問者様側に正当性が有ります。

質問者様が屋根の修理を申し入れたにも関わらず修理をせず、次に何らか被害にあえば、次回はその賠償責任は問えるでしょう。
ただ、賠償責任は問えますが、屋根の補修を実施するかどうかは相手の任意で、質問者様に強制は出来ません。
強制するには、行政判断や裁判で判決を得ねばなりません。

質問者様の屋根修理の申し入れに関しても、「言った言わない」にならない様、書面で提出しておくか、会話を録音しておいた方が良いでしょう。


> どこに相談もしくは依頼したらいいでしょうか?

行政か警察か弁護士ですね。

しかしいずれにしましても、現状ですと、不可抗力であり、壊れた車両は泣き寝入りせざるを得ない状況ですから、不可抗力ではない2度目の被害に遭われた方が良いとは思います。
実害が軽微で、高額な賠償が得られる様な被害が理想です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
最初は隣人の変貌ぶりが悲しく、憤りを感じていたのですが、今は、あまりお金は関係なく、次の被害をなくしたいのです。逆に車だけで今回は済んだものの、子どもたちが犠牲になったら、と思うと、ぞっ、とします。予防策に強制力がない、というのは残念ですが、家族のことを考えると、やはり強く先方に対応せざるをえない、と思います。5月一杯、先方の対応をまって、対応しないようであれば、録音機をもっての会話、もしくは専門家にまかせようと思います。やはり、感情的になるかもしれませんので、第3者の専門家含めて、検討します。
このたびは。色々とありがとうございました。

お礼日時:2011/04/19 20:44

原則としては家屋の所有者が賠償義務を負いますが、


巨大な自然災害が原因の場合は別です。

積雪や小規模の台風程度なら予測義務があり、それによる損害を防ぐ義務がありますが、
大地震については防ぐこと自体が困難であり対策しておく義務は無いとされています。

そちらの地域で震度いくつだったかは知りませんが、
おそらく相手の責任を問うのは難しいでしょう。

この回答への補足

回答ありがとうございます。確かにそうですね。先方が相談してください、という言葉を真に受けすぎたのかもしれません。ただ、まだ余震は続いており、2度と起こらないように改善策を求めるのは間違っているのでしょうか?震度5~6弱の余震が続いている状況ですので。また、感情的になるのはもういやなので、仲介に入ってもらうのは、どこに相談したらいいでしょうか?

補足日時:2011/04/12 18:39
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q10kgの落下物が840mから落下した場合の衝撃(重さ)はどのくらいでしょうか?

840mの高さから10kgの落下物を自由落下させた場合、地面に達したときの衝撃(重さ)はどれくらいになるのでしょうか?
途中の計算式などお教え頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

「衝撃」と「重さ」は違いますよ。「衝撃」を力として、力を「kgf(キログラム重)」という単位で表わすと考えれば、関連はあるといえばありますが。
 より身近には、「重力の何倍か」ということで「○G」という言い方の方がピンと来るのではないでしょうか。(最新のロケット発射時には、約3Gの力がかかるそうです)

 「衝撃」は、同じものでも、「コンクリートの床や壁」に衝突するのか、クッションや柔らかいものに衝突するのかで、かかる力は大幅に違います。
 「衝撃」は、高校物理で習う「力積」です。衝突による力を F、衝突に要する時間(力の持続する時間)を Δt として、
   F*Δt
で表わされます。「力積は、衝突前後の運動量の変化に等しい」なんて習いますね。つまり
   F*Δt = m*Δv
です。衝撃による力は
   F = m*(Δv/Δt)    (A)
ということです。
 Δv は、地面に衝突するときの速度が V で、地面に衝突して速度ゼロになる場合には
   Δv = V - 0 = V
です。

 コンクリートの床のように「固いもの」では、Δt が極めて小さいので、F は大きくなります。
 クッションのように Δt を大きくすることで、F は小さくなります。

 質問にある「840mの高さから10kgの落下物を自由落下させた場合」の「地面に衝突するときの速度」は、ちょっと難しいです。空気の抵抗がなければ、単純に
  v = -gt   (1)
  h = 840 (m) - (1/2)gt²  (2)
において、(2)から
  h = 0
となる t を求め、(1)に代入すれば求まります。
  t ≒ 13 (s), v ≒ -128 (m/s)
です。
 しかし、実際には空気の抵抗があり、ここまで速くはなりません。このサイトで計算してみると、高々 20 m/s 程度のようです。
http://keisan.casio.jp/exec/system/1238740974


 地面に衝突するときの速度:20m/s、衝突時の Δt = 0.1 (s) とすると、(A)式より、衝撃力は
   F = 10(kg) * 20(m/s)/0.1(s) = 2000 (kg・m/s²) = 2000 (N)
ということになります。
 重力「1G」に相当する力が、
   10 (kg) * 9.8 (m/s²) = 98 (N)
ですから、「約 20G」(重力の20倍)ということです。

「衝撃」と「重さ」は違いますよ。「衝撃」を力として、力を「kgf(キログラム重)」という単位で表わすと考えれば、関連はあるといえばありますが。
 より身近には、「重力の何倍か」ということで「○G」という言い方の方がピンと来るのではないでしょうか。(最新のロケット発射時には、約3Gの力がかかるそうです)

 「衝撃」は、同じものでも、「コンクリートの床や壁」に衝突するのか、クッションや柔らかいものに衝突するのかで、かかる力は大幅に違います。
 「衝撃」は、高校物理で習う「力積」です。衝...続きを読む

Q能登は瓦屋根の家が多いけど理由があるのですか。

能登沖地震の映像を見るにつけ、瓦屋根の家が地震で倒壊しやすいのはわかっているはずなのに、なぜこんなに瓦屋根の家が多いのかと不思議に思ってしまいます。能登では理由があって瓦葺が多いのか?能登地方に詳しい方に参考になる回答をお願いします。

Aベストアンサー

石川県出身で現在東京で大学生をしている者のです。石川県といっても能登地方ではなく、加賀地方(石川県南部)の出身ですが。

正確なことはわかりませんが、自分がわかる範囲内で回答したいと思います。

(1)能登地方は石川県の中でも非常に過疎化が進んでいる地域です。高齢者が多く、瓦屋根の昔の家にずっと住んでいるケースが多いのでしょう。自分が高齢になって家を新改築する人がいるとは思えませんし、高齢者に瓦屋根に愛着がある人が多いのではないかと思います。高齢者が多いから瓦屋根の家が多いのでしょう。テレビの「被災地の様子」でも若い人が出てきませんよね。若い人がいないのです。


(2)石川県は全くと言っていいほど地震がありません。震度1・2程度の揺れすら滅多にありません。テレビの画面上部に出る「地震情報」で石川を中心とする北陸3県(福井・石川・富山)が出るのを見たことがある人はあまりいないと思います。東海や東北・北海道などはよく見ますが、北陸地方は滅多にないです。今回より前に割と強めの地震があったのは2000年でした。地震に対する経験がほとんどないのです。
<瓦屋根の家が地震で倒壊しやすいのはわかっているはずなのに
「瓦屋根の家が地震で倒壊しやすい」ことなど地震に対する経験の薄さゆえに知りません。経験的に「瓦屋根の家が地震で倒壊しやすい」こと知らないのです。

以上です。

石川県出身で現在東京で大学生をしている者のです。石川県といっても能登地方ではなく、加賀地方(石川県南部)の出身ですが。

正確なことはわかりませんが、自分がわかる範囲内で回答したいと思います。

(1)能登地方は石川県の中でも非常に過疎化が進んでいる地域です。高齢者が多く、瓦屋根の昔の家にずっと住んでいるケースが多いのでしょう。自分が高齢になって家を新改築する人がいるとは思えませんし、高齢者に瓦屋根に愛着がある人が多いのではないかと思います。高齢者が多いから瓦屋根の家が多いの...続きを読む

Q50kgの軟鋼を地上800kmから自然落下させると?

直径23cmの軟鋼(比重7.85g/cm3)約50キロ(0.5233 * 23cm^3 * 7.85 = 49980g)を熱圏(80km-800km)から自然落下させたとき「終端速度」はどの位になりますか?

Aベストアンサー

この種の問題は、複雑であり、いくつかの仮定を設けなければ求めることができません。一般的に、空気抵抗が速度に比例するか、速度の2乗に比例するかは、レイノルズ数Re=ρva/ηの大小によって判断します。Reが1より小の場合は粘性抵抗で、空気抵抗は速度に比例します。Reが1より大きいが場合は、慣性抵抗が卓越し、空気抵抗は速度の2乗に比例します。普通、自由落下では、慣性抵抗を考えます。(粘性抵抗は微粒子が粘性の高い流体中を落下する特殊な場合だけであり、ストークスの法則が適用できます。)

ご質問の場合ですと、Reは大きな値になり、慣性抵抗で考えます。抵抗係数の具体的な数値については下記サイトのグラフを参考にして下さい。終端速度はご自分で微分方程式を解いて、公式を導いて下さい。

参考URL:http://irws.eng.niigata-u.ac.jp/~chem/itou/ce/termvel.html

Q隣家の屋根の雪害に困っています。

我が家は、20年間ほど隣家3階の屋根からの雪害に困っております。隣家は、業者のDハウスに任せてあるのでそちらと話しあってくれとのいってんばりで、Dハウスと話しあってきました。その間、雪止めの工事を2回ほど実施したようですが、ほとんど効き目がありません。。隣家3階の屋根から我が家の1階の雨避け用のトタン屋根と庭に落ちます。トタン屋根のビスがとんだこともあり、Dハウスに無償で直してもらいました。また、我が家には外階段がありましたが、雪が降ると隣の屋根雪が雪崩のように落ち、階段がうもれてしまうため、取り外しました。冬になると心配で、気持ちとしても憂鬱になります。我が家も家のリフォームを全面的にしたので、とにかく決着したいと申し入れたところ、Dハウス側は、もうこれ以上はできない、施工主と話しあってくれとまるでこちらがわるいことでもしているかのようにどなられました。家を建てたのもこちらが先ですし、我が家としては雪がおちないようにしてほしいといっているだけなのです。埼玉県ということもあり、年に雪が降るのは2~3回のため、目をつぶるべきなのかとも思いますが、今年の日本海側の豪雪をみますと、今後どのような気候の変化があるかもしれませんし、我が家としてはどしても納得がいきません。隣同士ということもあり、争いたくはないのですが、どのように今後していったら良いのでしょうか?

我が家は、20年間ほど隣家3階の屋根からの雪害に困っております。隣家は、業者のDハウスに任せてあるのでそちらと話しあってくれとのいってんばりで、Dハウスと話しあってきました。その間、雪止めの工事を2回ほど実施したようですが、ほとんど効き目がありません。。隣家3階の屋根から我が家の1階の雨避け用のトタン屋根と庭に落ちます。トタン屋根のビスがとんだこともあり、Dハウスに無償で直してもらいました。また、我が家には外階段がありましたが、雪が降ると隣の屋根雪が雪崩のように落ち、階段がう...続きを読む

Aベストアンサー

Dハウスなどまったく関係はありません
なぜ そのようなややこしくなる事をするのでしょうか?
仮に建物の不具合だとしても それは相手側の都合であり
相手側がDハウスとやりあえばいいだけのハナシです
あなたの窓口はあくまでも隣家です

Dハウスとハナシをしてしまった事で
自分達は問題の部外者 という意識を一層持ってしまっている事でしょう

もう今更ですが
♯1氏のように 被害が起きてその都度賠償請求なりをするしかないでしょう

争いたくない というのであれば泣き寝入りしかありませんよ

Q80kgの人が高さ20mから落下した場合の力

体重80kgの人が高さ20mから落下した場合の衝撃力(N)はいくつでしょうか?
※衝撃時間は0.1秒になります。

80×9.8×20×10=156800(N)になるのでしょうか?

Aベストアンサー

 h[m] の落下で、速度が √(2gh)[m/s] になり、このときの運動量は m√(2gh)[kg m/s]
 この運動量が t[s] で0になるとすると、働く力を f[N] として

 ft=m√(2gh)

 よって f=m√(2gh)/t

 これに m=80[kg]、g=9.8[m/s^2]、 h=20[m]、t=0.1[s] を入れて計算。

 g=10 として近似計算をすると、16000[N]

 g=9.80として電卓で計算すると
 有効数字3桁で 15800[N] くらいでしょうか。
 

Q地震でエアコンが落下してきた方いますか?

地震でエアコンが落下してきた方いますか?怪我や損害などはどのようなものだったでしょうか?
また、どうすれば落下を防げますか?どのように安全を確保すればいいですか?

Aベストアンサー

エアコンが寝ている頭に落ちた方は多分大勢居るでしょうね

貴方の居る部屋とエアコンの種類と取りつけ状態がが判りませんので、一般の1ルームの室外機付きのエアコンで書き込みます

普通の室外機付きのエアコンは電源、配管などが付いてますので取りつけた所が
外れても直接貴方の寝ている真下に落ちる事は無いかと思います
エアコンの配管はほぼ銅かアルミ配管が使われています、これらはロープなどのヒモと思って下さい
エアコンの配管には柔らかい材質で出来ていますが 震災でモロ落ちたエアコンを吊り下げる程度は軽く支えられる材質の物です、と思って下さい、後は何処に配管を設置しているかです
もし壁からエアコンが剥がれ落ちた時を想像して配管を外に出してる所が支点?(配管を出してる場所)、エアコンが落ちても動き回る所が(力点?と)なりますので
外から室内に入れた配管が長ければ長いほど真下に近い所に落ちます、そうでは無いならば震災直下では真下には落ちませんので、ご参考になればして下さい。

Q物体の衝突 ①重さ10gのボールを高さ10㎝から落下させ床に当たる時のボールにかかる力は?(ボールの

物体の衝突
①重さ10gのボールを高さ10㎝から落下させ床に当たる時のボールにかかる力は?(ボールの柔らかさや床の材質は気にしてないです)
②ボールが床に当たり跳ね返っ来た時に①と同じ条件で落下させボール同士が当たった時の落下させたボールにかかる力は?

①と②ではどちらが衝突した時の力が強いかを知りたくて質問させていただきました。
質問も上手く出来ているかわかりませんが回答よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

力はまちまちです。

堅いコンクリートの床なら、卵やガラスは割れるでしょう。
座布団やクッションなら、割れないかもしれません。

走り高跳びの選手の着地点がクッションでなくただの地面なら、選手は怪我に悩まされ、頭を打って命を落とすかもしれませんね。棒高跳びなど、自殺行為です。

>ボールの柔らかさや床の材質は気にしてないです

と書かれていますが、それでは答えは出ません。

物理的にいえば、「衝突前」と「衝突後」の運動量の変化が、概ね力に比例します。
クッションなどで「ゆっくり」変化すれば、力は小さい。
堅い床で急激に変化すれば、力は大きい。

②では、床は堅い、ボールどうしは柔らかい(床に比べて)と考えれば、概ね答えは出そうです。

Q小惑星や隕石が地球に落下する時、対策はできるのか。

よくSF映画では、小惑星や隕石が地球に直撃する前に、核ミサイルなどを命中させて破壊したり、コースを変えたり、という対策を講じます(たいてい失敗しますが)
地球に向かう、ある程度の大きさの小惑星などは探知できるようですが、実際に直撃を回避させる手立ては、現在の科学力、軍事力では何かできるのでしょうか。

Aベストアンサー

以前この質問にマッチするだろうと言う番組をスカパー!の科学的番組で観た記憶があります。
確か、残念ながら現在の水準では地球規模に災害を及ぼすサイズの小惑星に関しては何も出来ないと言うのが実状の様ですね。
ただ、理論的な物は幾つか有る様ですがそこまでは覚えていませんが、それが何処まで通用するかと言う所でしょう。
映画やアニメに出て来る方法での軌道をそらす方法は無理としても、地球や月の引力を使う方法と言う理論もあるみたいです。
従って、地球上の動植物の大きな犠牲は覚悟するしか無いでしょうが、地下深く避難するしか現状無いでしょう。
核戦争用に作られたシェルターで助かる場合も有るでしょうし、鉱山や鉱山後に避難して助かる場合も有るでしょう。
それが現時点での出来る対策でしょうね。
小惑星や隕石をどうにかしようとする事は無理に近いぐらい難しいでしょう。

Qジェットコースターとバンジージャンプ かかるGの違い上記の事柄について友達議論になりましたバン

ジェットコースターとバンジージャンプ かかるGの違い

上記の事柄について友達議論になりました
バンジージャンプによる自由落下に対して、ジェットコースターの自由落下は乗り物や乗客の重量分よりGを感じるのでしょうか
そもそもGを計算する時質量は加味しないのでしょうか

他のGに関係する要素があれば教えてください

Aベストアンサー

No.5です。
 う~ん、肝心の「大事な」ポイントを理解せずに、「空気の抵抗」とかの細かいところを気にするという、「重箱の隅をつつく」傾向に陥っていますね。

 「空気の抵抗」は、当然ありますが、ジェットコースターにもバンジージャンプにも共通に働きますので、「両方とも同じように無視」すれば、結果に大きな誤差は出ません。この程度の「数パーセント程度の誤差」よりも、「一番大きく影響する主要因」を考えないと、問題は解けません。

 原理の説明をしても埒があきそうもないので、「結果」を見てもらいましょう。

 ジェットコースターの高さや最高速度、「G値」(重力による力の何倍かを示す。体重60kgの人なら、「2G」で120kgに相当する力が「お尻」にかかる)が載っています。
 富士急ハイランドの「フジヤマ」で、最高部79m、最高速度130km/h、加重力3.5G ですね。最低部でも地上数メートルはありますので、高低差は70mぐらいでしょうか。この場合の最高速度は、「斜め」のレールの上の速さですから、まっすぐ下方向の速度は、斜度30°程度として65~70km/hでしょう。
http://www.pocketmate.net/leisure_guide/coaster.htm

 バンジージャンプは、簡単なので計算します。
 100mの高さから、50m落下すると、落下時間は約3.2秒、最高速度は約31m/s≒110km/hです。
 これが、ゴムひもで最大20m伸びて最低点に達し、そこから上に戻されるとすると、ゴムひもでブレーキがかかっているときに受ける力(加重力)は約2.4G です。
この場合には、ゴムが伸び始める最高速度まで50m、ゴムが伸び始めて伸び切るまでに20m落下するので、トータルの高低差は70mです。
 ゴムひもの伸びが15mまでなら、受ける力(加重力)は約3.3Gです。この場合には、トータルの高低差は65mになります。
 ゴムひもの伸びをさらに10mまでにすれば、受ける力(加重力)は約4.9Gとさらに大きくなります。この場合には、トータルの高低差は60mです。

 ここでは、ジェットコースターは「空気の抵抗」や「車輪の摩擦」などを考えた現実的な数値でであるのに対して、バンジージャンプの方はこれを考慮していませんので、「最高速度」「加重力」とも「少し大きめ」の計算結果になっていると思います。

 「フジヤマ」の上下方向の最高速度(65~70km/h)がバンジージャンプ(約110km/h)よりも小さいのに、加重量が大きいのは、下降→上昇の角度変化が急激で、短時間に大きな変化をするからでしょう。
 バンジージャンプも、「ゴムの伸び」を小さくするほど、ブレーキが大きくかかって加重力は大きくなります。

 以上のように、「ジェットコースターと、バンジージャンプと、どちらの加重力が大きいか」という単純な比較は無意味で、「最高速度」や「加重力」をそれぞれのケースで求めて、初めて比較できるのです。

 なお、「恐怖心」ということでは、「ゴムひも1本」でしか支えられず、まっすぐ下に落下する「バンジージャンプ」の方が、「はるかに、圧倒的に怖い」と思います。(私は、バンジージャンプの経験はありません)

No.5です。
 う~ん、肝心の「大事な」ポイントを理解せずに、「空気の抵抗」とかの細かいところを気にするという、「重箱の隅をつつく」傾向に陥っていますね。

 「空気の抵抗」は、当然ありますが、ジェットコースターにもバンジージャンプにも共通に働きますので、「両方とも同じように無視」すれば、結果に大きな誤差は出ません。この程度の「数パーセント程度の誤差」よりも、「一番大きく影響する主要因」を考えないと、問題は解けません。

 原理の説明をしても埒があきそうもないので、「結果」を見て...続きを読む

Q何が異なって、略奪が起きたり、平穏だったりするので

先週、フィリピンで大災害が発生しました。
かの地では治安が悪化し、略奪が起きました。中国やアメリカの災害でも、略奪が起きています。
一方、日本では、大島でも東北でも、、略奪は起きていません。
何が異なって、略奪が起きたり、平穏だったりするのですか?

Aベストアンサー

公共という言葉で使われる「公」というものに対する考え方というか、社会の伝統風習の違いかと思います。

日本は、気候が温和である一方で、地震、台風、火山など大規模な自然災害が多いという特徴があります。
一過性の大規模災害の後には、又温和な生活環境が戻ってきます。
人智を超える大規模災害に遭遇した場合には、協力しない限り全滅してしまいます。
一過性の大規模な災害時の集団から逸脱した行為は、温和な生活環境が戻った時点で厳しく追及されます。
狭い列島内で、村落から逃亡しても生涯を全うするのは難しいという社会構造もありました。
大陸や島嶼が無数に散在する東南アジア地区では、逃亡先、避難先には事欠きません。

結果として、常日頃から「公」に従う、「公」を優先する、という文化が浸透したのではないのかと思います。
この民族というか集団の記憶が咄嗟の時に現れてくるのかと思います。

尚、一部の方々は、火事場泥棒と略奪行為とを混同して考えられておられる方もおられますが、無人となった建物に侵入したり器物を盗む等の行為は略奪の概念には含まれません。
人がいようがいまいが、人が阻止しようがしまいが、集団で暴力的に器物を搾取するのが略奪です。
その時点では犯罪としての意識は極めて希薄です。
略奪を阻止する難しさはこの点にあります。

火事場泥棒は万国共通の犯罪行為です。
犯罪行為だということは自覚しています。

公共という言葉で使われる「公」というものに対する考え方というか、社会の伝統風習の違いかと思います。

日本は、気候が温和である一方で、地震、台風、火山など大規模な自然災害が多いという特徴があります。
一過性の大規模災害の後には、又温和な生活環境が戻ってきます。
人智を超える大規模災害に遭遇した場合には、協力しない限り全滅してしまいます。
一過性の大規模な災害時の集団から逸脱した行為は、温和な生活環境が戻った時点で厳しく追及されます。
狭い列島内で、村落から逃亡しても生涯を全うす...続きを読む


人気Q&Aランキング