あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

3日前、主人が出勤途中に乗降中のバスを追い越して、バスの前に入る際に、バスが主人の車に気付かず発車して接触事故が起きてしまいました。
片側1車線の道路で、はみ出し禁止の道路ではあるのですが、バスの追い越しは障害物回避になると聞きました。
バスは右前のライトが割れた程度ですが、主人の車は左側後部ドアから後ろまでかなりの範囲で傷とヘコミがあります。
保険会社から連絡があり、バス会社側が、お互いが自分の車を直して終わりにしませんか?と言ってきているそうなのですが、そうする事が一番良いのでしょうか?
ちなみにうちの車は、板金塗装で一番安く修理しても10万~20万はかかると予想しています。
そのくらいの金額だと、保険は使わない方が良いですよね?

保険会社の方の意見では、相手がバスとなると、やるとなったらとことん保障問題などで事細かに請求してくることも考えられるので、お互い直して終わりにするのが良いのでは。。。という事でした。

何日か考えて構わないという事なので、みなさんのご意見を伺いたいと思い、質問させていただきました。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

過失割合は、



バス8:質問者さんの夫2という感じですね

で、質問者さん側の車の修理見積もりは、メーカーのディーラーに出してもらいましょう
その内容だと、50万円くらいになるかと思います

バスの方は、せいぜい5万円くらいでしょう

質問者さん側は、バスの損害分の2割の賠償責任なので、5万円の2割の1万円をバス側に支払います

バス側は、質問者さん側の正規の修理見積もり額の8割の賠償責任があるので、見積もりが50万円なら、40万円をバス側から賠償してもらえます

差し引き、39万円が質問者さん側の取り分になる計算です

そのお金は何に使っても自由です

町工場など、もっと安いところで20万円で修理すれば、19万円儲かります

先ずは、ディーラーで正規の修理見積もりを出してもらいましょう
そして、質問者さん側の保険会社と相談してみましょう
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

やはり相手が悪かったですね。。

とりあえずディーラーの知り合いがおりますので、見積だけ出してもらって保険会社に相談はしてみますが、示談の方向になるかな。。。と思っています。

バス8、主人2とわかっただけでも少し気が晴れました。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/10/12 10:37

>3日前、主人が出勤途中に乗降中のバスを追い越して、バスの前に入る際に、バスが主人の車に気付かず発車して接触事故が起きてしまいました。



先ず、昇降中のバスが発信するはずがないので、ご主人は昇降を完了して発信しようとしたバスを無理に追い越そうとして接触事故を起こしたと思われます。

事故の状況説明が不十分なので明確な過失の割合の判定は出来ませんが、おそらくはバス側の責任が3割程度で貴女のご主人の側の過失の方が大きく7割以上の事故になると推測されます。

通常停車している車が発進をしようとしている場合は、発進しようとする車よりも本線を走行する車両の方が優先なので、発進しようとする車両は本線を走行する車両の通過を待たなくてはなりません。

しかし、発進の合図を出している路線バスと本線を走行している車両では、発進をしようとして合図を出しているバスの側が優先となり、本線を走行する車両は減速又は停車してバスの発進を妨げないようにしなければいけません。

バスは一般の車両と違い必ず十分な余裕をもって早めに発進の合図を行ってから発信します。
また、バスというのは普通車やバイクなどのようにアクセルを開くと直ぐにズパッと急発進が出来るような乗り物ではないので、発進もゆっくりと滑らかになります。(エンジンの特性以外にも乗客の安全性を考慮してゆっくりと発進する)

それらを踏まえて以下に続く、

>片側1車線の道路で、はみ出し禁止の道路ではあるのですが、バスの追い越しは障害物回避になると聞きました。

追い越し禁止うんぬんに関しては全く問題は有りません。

しかし、停車中のバスを追い越す場合に、ご主人の車は安全な側方車間距離を取りるか十分な安全間隔が取れない場合は徐行をする義務が有ります。

更に、バスの先端部の死角からの横断者の有無を確認するために最徐行(必要があれば一時停止しても良い)をする義務が有りました。

また障害物を追い越した後に本線に戻る際にも障害物との安全な間隔を十分にとってから戻るという安全運転の義務が有ります。

ゆっくりとした発進しかしない路線バスに接触して後部のドアからリヤフェンダーまで長く引きずった傷が出来た。

ご主人の車が本線に戻る際にバスとの安全間隔を取る義務を怠り、バスの先端すれすれの所を徐行もせずにかなりの速度を保ったままで走り抜けようとしたことは明白です。

以上のように、ご主人の側には優先車両の発進妨害、側方安全間隔の不保持、徐行義務違反及び安全運転義務違反などいくつもの重複する違反があったと考えられます。

従って、バス会社からの双方痛み分けの提案を蹴って争った場合はご主人の側にとってかなり不利な結果になると思われます。

しかも、バスのヘッドライトが壊れているのであれば、当然その周辺には塗装の剥がれやBODYの歪み、バンパーの傷などもあるはずです。

一般車両のヘッドライトが壊れただけなら修理代は5万円以下かも知れませんが、大型の路線バスのライトやBODY、バンパーの修理費用を普通車感覚で考えるのは危険です。

ご主人の車のダメージから推測するとバスの側の修理代金も相当な金額になると思われます。
(最低でも30万円から50万円以上となる可能性も有ります)

さらに裁判で争うなら、その他の損害として運航スケジュールの変更や代替えバスの調達(他の事業所からの車両移動)など修理代金以外の損害の請求も上乗せされることは当然と考えて下さい。

それに対して、ご主人の車の損害は国産の2000cc以下のセダンなら、高く見積もっても35万円以下だと思いますので、裁判で争った場合は自分の車の修理代以外にかなりの賠償金を払わされる事になると思います。

自分の車の修理代金以外にバス会社に対して最低でも20~30万円くらいの支払いをする事になる可能性が高いと推測されます。

なので、バス会社の提案はあなた方の家庭にとって、かなり有り難い良心的な提案だと思いますので、お互いに頭を下げての痛み分けの条件を素直に受け入れる事をお勧めいたします。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

傷の状況からも色々な推測ができるのですね。

他の方の意見からも、今回は痛み分けの示談にするのが妥当なようなので、あとは少しでも自分の車の修理が安く済むように頑張ってみようと思います。

ありがとうございまいた。

お礼日時:2013/10/12 21:13

■道路交通法


(乗合自動車の発進の保護)
第三十一条の二  停留所において乗客の乗降のため停車していた乗合自動車が発進するため進路を変更しようとして手又は方向指示器により合図をした場合においては、その後方にある車両は、その速度又は方向を急に変更しなければならないこととなる場合を除き、当該合図をした乗合自動車の進路の変更を妨げてはならない。
第百二十条(三項)五万円以下の罰金に処する。

裁判すると、100%乗用車に過失があります。

物損で済めば80:20で乗用車が悪いです。

不服なら裁判で争いましょう!
キスが広がるだけですが、気分は晴れますww
    • good
    • 4

ルールとして、路線バスの発車時、すなわちバスがウインカーを点灯している場合は、後続の自動車はそれを妨げてはいけません。


この場合、追い越した時に生じた事故は自動車側の責任になってしまうかと思います。

今回の件では、恐らくバスが停車した(発車体勢でない)状態での追い越しだと思われますので、法的にバス側の責任を問うのもありかとは思います。
しかし一方、負担額が支払い困難な額ではないでしょうから、手続きに時間がかかるし面倒というのであれば示談でも良いのかなと。
個人間の場合はその後のトラブルのことも考えて示談は避けた方がいいでしょうが、今回の相手はバス会社ですし。

長くなりましたが、自分で修理代を支払うことに不満があるようでしたら、法的な解決もありかなと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

的確な回答を頂き、ありがとうございました。

やはり、相手がバスというのが運が悪かったのですね。。。
修理にどのくらいかかるかによって示談も考えてみようと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/10/12 10:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバスと接触事故を起こしてしまいました

状況:バスと私は同じ進行方向で私が追い越し車線、バスが私の少し左前方を走っていました。前方に停車中の車がありました。
私のほうが優先でしたのでそのままバスを通過しようとするとバスに追いつく手前ぐらいでいきなりバスが方向指示器を入れ私の車線へうっつて来ました。私としては急ブレーキを踏むまもなくまた反対車線へはみ出すことも出来ず、結果私の車の左前方側面とバスの右後方側面が接触してしまいました。
そこでバスの運転手いわく「公共の乗り物のバスが進路を変更しようとしたときは譲らなければならない」また「私の車の左前方の側面に傷があるということは私からバスに向けてぶつけた可能性が大きい(要するにブレーキをしていればぶつからなかった)」というふうに言われ後はバス会社に任せるとのことでした。
実際ネットなどで調べてみるとバスとの接触事故は一般車両のほうが分が悪いようなのですが、この状況でもやはり50:50程度で妥当なのでしょうか。それとも私のほうが悪いような状況になってしまうのでしょうか。気になって眠れません。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

状況によってなんとも。
警察にはいいましたか?
事故報告しとかないと色々面倒ですよ。

>私のほうが優先でしたので
その根拠はなんでしょうか。

>「公共の乗り物のバスが進路を変更しようとしたときは譲らなければならない」
なんて規定はないですよね。路線バス等優先通行帯だったとかかな?

道路交通法上の進路変更の規定は

(進路の変更の禁止)
第二十六条の二 車両は、みだりにその進路を変更してはならない。
2 車両は、進路を変更した場合にその変更した後の進路と同一の進路を後方から進行してくる車両等の速度又は方向を急に変更させることとなるおそれがあるときは、進路を変更してはならない。

です。つまり、進路変更する側は変更する先の車両の通行を妨げないようにしないといけないので、バスの進路変更により、あなたとぶつかったのであれば通常はバスが悪いでしょう。バスには進路変更により、変更先の路線の後方を走るあなたの車両が急ブレーキや急ハンドルをかけることや事故になることを防ぐ義務があるのです。事故になるかもしれない状況下で進路を変更してはいけないのにもかかわらず、現実に進路の変更によって後方の車両と事故になっているのですからバスが良いと考える理由がわかりません。通常の走行でバスの進路変更が優先権を持つのであれば、車両はバスに対して十分な車間距離をとらねばならず、これは渋滞その他の問題を招くでしょう。

ただし、相手はタクシー等と同じく専門のスタッフと保険屋さんがいる会社ですから、直接交渉するのは望ましくないと思います。
こちらも保険屋にまかせるのがよろしいと思います。

状況によってなんとも。
警察にはいいましたか?
事故報告しとかないと色々面倒ですよ。

>私のほうが優先でしたので
その根拠はなんでしょうか。

>「公共の乗り物のバスが進路を変更しようとしたときは譲らなければならない」
なんて規定はないですよね。路線バス等優先通行帯だったとかかな?

道路交通法上の進路変更の規定は

(進路の変更の禁止)
第二十六条の二 車両は、みだりにその進路を変更してはならない。
2 車両は、進路を変更した場合にその変更した後の進路と同一の進路を後方か...続きを読む

Q道路の白線・黄色線は「はみ出し禁止」?「追い越し禁止」?車線変更は?

道路の白線・黄色線について疑問に思っています。過去の質問を拝見しましたら、白・黄色の実線について
「はみ出し」を禁止している
「追い越しのためのはみ出し」を禁止している
「追い越し」を禁止している
との回答を眼にしました。

1)どの見解が正しいのでしょうか?


2)1)の回答にもよりますが、車線区分線としての白・黄色の実線の場合には、車線変更は禁止なのでしょうか?

「はみ出し」禁止であれば当然ダメでしょうが、「追い越し」禁止であれば車線変更は可能なような気がします。しかし、その場合は「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別がつかず、どこから違反とされるのかわかりません。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分へのはみ出しは禁止。

(道幅が狭いため、駐車車両や道路工事、また軽車両を追い越すなどやむを得ない場合には、中央線の右側へはみ出すことが出来る)

「追い越し禁止」の標識がある場合は、右側へはみ出すことはもちろん、はみ出さずに済む状況であっても、追い越しそのものが禁止されます。


次に

◆実線の車線境界線(白色・黄色とも)

実線部分では、車線変更そのものが禁止されます。白・黄色ともに。

※交差点(内部)と、その手前30メートル以内はもともと「追い越し禁止」場所ですから、仮に点線(破線)の車線境界線であっても、追い越しのための進路変更(車線変更)をすることは出来ません。
(優先道路を走行していて信号機のない交差点の場合は除外。←あまり考えなくて結構です)

テキストには、「追い越しが禁止される場所」として7項目の記載があると思います。
それらの場所では、追い越しをしようとして進路変更(車線変更)しただけでも違反行為と考えられます。

●「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別 について。

クルマはその速度に応じた車間距離を必要としますが、最低限必要な距離としては、前車が急停車した場合に追突しない距離と考えられます。
次に、追い越す動機としては、速度差があるため前車に対して、最低限必要な距離程度までに近づいてしまったから、という理由が挙げられると思います。
(勿論、急いでいる場合もあるでしょう)

追い越す意識(目的)があるかどうかという心理は、遠目には分かりませんが、車間距離がギリギリまで近づいていた場合には、意図していたと判断されるのではないでしょうか?
追い越す必要がなければもう少し車間距離を取るでしょうから。
特に速度を上げて接近していった場合には、その速度差から、追い越す意識があったと判断されると思われます。

現実的には、追い越しのための車線変更自体が違反行為となるケースが多いと思いますが、単純に追い越す意図があるかないか、を判断する材料はギリギリの車間距離か十分な車間距離か、また、前車と同じ速度であったか、速い速度で接近中であったか、だと考えます。

前車と十分な車間距離があり、速度も同程度の場合には、単なる車線変更と見なされると思います。

どうぞご安全に。(元、指導員より)

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分...続きを読む

Qこれって交通違反でしょうか?停車中の車の右側を走る

先日、バイクで走行中に青切符をきられました。

片側1車線で中央線は黄色の実戦でした。
10台以上の車が信号待ちで停車していました。

停車している車の右側の中央線を越えて走行し、
最前列までバイクで走った場合、これは「通行区分違反」になるのでしょうか?

その警察官の説明では、黄色の実線でも前の車が停車していれば中央線を越えて右側から追い越しても良い。ただそれは1台だけの追い越しで、5台以上追い越していたから違反になると言われました。

ネットで検索してみたところ、車が走行中に中央線を越えて追い越しをすると違反だが、
信号待ちで停車している車は障害物とみなされるので、
中央線が黄色の実線であっても越えてすり抜けをしてもよいと書いてあります。

実際のところどうなのでしょうか?
すでに反則金はおさめていますし、今から警察に異議申し立てても時間の無駄なので行動を起こすつもりはありませんが、
実際のところ違反なのかどうかが知りたいと思っております。

お詳しい方、どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

信号待ちをしている車であれば停車ではありません。
一時停止です。

交差点の手前や横断歩道の手前は駐停車禁止です。
一時停止は許されます。

ゆえに信号待ちの車を追い越すために黄色の実線を越えて対向車線にはみ出したら、
確実に違反。

同じ車線内を併走して追い抜きをするのであれば、違反ではない。
車の前に回り込んだ時点で追い越しとして成立します。

右折のために一時停止している車両の左側を通行して前に出る行為は許されています。
だだし、そこから右折した場合右左折方法違反で摘発されます。

Q路上の駐車車両をよけるときは…

現在、教習所に通っています。
2段階の教習もほぼ終わり、もうすぐ卒業検定です。

初めの頃の路上教習の時は駐車車両を避ける時、合図を出すか出さないか迷い、出さずに避けていましたが指導員には特に注意されませんでした。
その後、『駐車車両を避ける時は合図を出すか』と聞いたところ、『基本的には避ける時の合図は出さなくてはいけないが、その前に重視するのは駐車車両や障害物との間に安全な側方間隔をあけることだ』と言われました。
卒業検定の際、やはり合図を出して避けなければ減点の対象になるのでしょうか??

また、これからの卒業検定で走るコースは時間帯によっては駐車車両が多いです。道が十字路になっているところや交差点であったりするところの付近に路駐の車がいたりしてその付近で合図を出し避けようとすると交差点や十字路を曲がる合図だと他の交通に受け取られてしまうので合図は出さない方がいいのでしょうか??

Aベストアンサー

片側1車線か2車線か、駐車車両が路側帯の中にどのくらいは入り込んでいるか、路側帯がほとんど無いところに駐車しているのか、片側1車線で交差点からおよそ30m以内のところに駐車しているのか、でも違いはあるかもしれません。

片側2車線以上なら、特に問題はなく、後方車両の確認を早めに済ませて進路変更してそのまま進めばよろしいかと思います。

質問者様の仰る内容から、どうやら片側1車線で、信号機付近は右折レーンがもうけられている感じの道路状況と考えられますが・・・。

基本は、自車がセンターラインを超えてしまうような場合は、合図を出すのが普通だと思われます。当然の事ながら、駐車車両を早めに察知し、ミラー目視で、確認を済ませておく事は言うまでもありません。

ただ、自分もバス免の際、教官に質問者様と同じ事を言われました。状況は、片側1車線で駐車車両が飛び石のように置かれ、交通量の多い、繁華街に至る道路上です。信号機も多いです。ただ路側帯が1m超くらいあり、駐車車両は、数十センチはみ出しているという感じで、追い越す際、センターラインを少しはみ出るくらいの感じでした。
毎回毎回駐車車両を避けるために合図を出していましたが、やはり交差点手前に駐車しているものをよける際、合図を出してしまうと、右折待ちの対向車がいきなり曲がるかもしれないし、後方の原付などが自分の左側方に割り込んでくるかもしれないので、「状況に応じて合図は出さず、側方間隔を空けることだ。」といわれました。また、「まずは駐車車両の中に人がいたり、車両前方からの人の飛び出しを早めに察知しておくことだ」とも言われました。対向車が明らかにいなくて、センターをあまり割らない形なら、側方間隔に注意をきちんとして追い越してもOKという感じでした。

このような場合に限っては、ケースバイケースかなぁと思われます。当然の事ながら他の回答者様が仰っているように、後方の二輪や車には、確認をしっかりと終えておいた上でのことです。

合図を出すことが基本ですが、そこに至るまでに行う、
・駐車車両を早めに察知
・自分の後方車両の確認
・自車がセンターラインをはみ出してスムーズな流れで追い越せるかどうか判断する上での、対向車との距離間隔を早めに察知
・前方信号機の状況(特に歩行者用信号が点滅を開始していないか)
・自分が追い越す駐車車両に、人が乗っている様子がないか、その車両の前から人の飛び出しがないか

という情報認知処理が先だと思われます。

実際の上記のような道路上で、駐車車両をよけるために、きちんと合図を出している運転者がどれだけ少ないかは、おわかりだと思います。

合図を出す習慣がある社会がベストかもしれませんが、なかなかそうはいかず、
例えば、自分が後方車両の場合、「前方車両が、駐車車両を早めに察知して、中央にあらかじめ寄っていて流れに乗っているな」ということで、こちらもムリに追い越しをかけたり、車間をムリに詰めたりしない点で、お互い、安全に対する意志の疎通は図れていると思います。

危険なのは、察知が遅く、その割にスピードを出していたり、急ブレーキを踏んだり、いきなり右にはみ出したり、といった運転者が問題であると言えます。

教習中は、どうしても合図を出すことに集中してしまい、前もってやっておくべきコトの方を疎かにしたり、急ぐがあまり、不十分な確認になりがちです。教官は、まがりなりにもプロなので、合図を出す前にやっておくべき数多くのことを、あなたがしっかり行っているかを読みとっています。ビックリするくらい遠くの状況を読んでいます。
おそらくその点を考えて欲しいということで、言われたことのような気がします。

卒検では合図は出しておくべきです。
いかに注意をいろんなところに払っていて、その早めの判断がスムーズな運転につながっているか、ということを心がけた上で、合図を余裕を持って行うというのが結論です。

片側1車線か2車線か、駐車車両が路側帯の中にどのくらいは入り込んでいるか、路側帯がほとんど無いところに駐車しているのか、片側1車線で交差点からおよそ30m以内のところに駐車しているのか、でも違いはあるかもしれません。

片側2車線以上なら、特に問題はなく、後方車両の確認を早めに済ませて進路変更してそのまま進めばよろしいかと思います。

質問者様の仰る内容から、どうやら片側1車線で、信号機付近は右折レーンがもうけられている感じの道路状況と考えられますが・・・。

基本は、自...続きを読む

Qバス乗降中の車の運転について

バス乗降中の車の運転について質問です。
下記状況の際、みなさんはどう思われますか?


■路線バスの後ろを走っていた時バスが乗降のため一時停止しました。(停留所スペース有り)
追い抜こうかとしましたが、右車線では車が続けて走っていたので待機していました。その時後続車からクラクションが鳴らされました。「追い抜いてくれ」という合図だと思いましたが、右車線の状況上かまわず待機してると、再びクラクションが鳴りました。
その後すぐにバスが発進し、私も発進するとすぐに後続車は私を追い抜き、バスと私の間に入りました。
「車幅があるから通れる」と後続車は思ったのかもしれませんし、追い抜いてくれ、と感じたのかもしれません。また、単にイライラしていたのかもしれません。。

よく通る道なので今後もこのような事があると思います。
参考に意見を聞かせてもらえたら嬉しいです。
※アドバイスも歓迎です。

・国道片側2車線
・中央の白線は破線
・バス停留所スペース有り
・乗降時間は数分
・車種はHONDAストリーム

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「行ける!」と感じるタイミングや車幅感覚は、万人万様です。
後ろの人は「行けるだろうに!」と思ったんでしょう。

私も似たような経験で、先頭で右折待ちしてたら、後続車にクラクションを鳴らされたあげくまくられた事があります。
片側1車線右折レーンありの交差点で、せっかちな人は対向車が左折だったら無理矢理一緒に曲がってしまうので、待ってる私に痺れを切らしたのは分からなくもないんですが…左折する対向車の後続車のウインカーは死角になってますし、右に膨らんで大急ぎで直進して来ることだってあり得ます。しかもそこは急がなくても右折の矢印が出るのにです。せっかちな人は、自分と同じ運転を他車にも求めてしまいがちです。

「疑わしきは動かず」、「かもしれない運転」は、基本です。

永年トラック運転手をやって来て身に染みついてるので、乗用車に乗っている時も安全パイな運転をしてるつもりなんですが、運転スキルの低い人は極端な話、10潜んでいる危険のうち3くらいしか予測出来ないようです。
焦って出なかった質問者様の行動は間違ってはいないと思います。

ただ、このケースであと考えられるのは…質問者様は、チャンスがあればバスを追い越すつもりで、その意思表示をしていましたか?
意思表示、つまりウインカーです。
ウインカーが点いていれば、後続の人も「いつ出るか分からないから、危ないから大人しく待とう」と思ったかも知れません。右に出るつもりでいるなら、本人のタイミングに任せるしかない…と諦めたかも知れません。

ロードレイジと言って、運転してると人が変わったようにイライラして乱暴な運転をする人も増えています。
バスを追い越さなかったくらいで逆恨みして嫌がらせにまくってあなたの前に入った後続車の行動はまさにそれです。危険でビックリしたでしょうが、関わる方が危ないです。

事故にならなくて、何よりでした。

「行ける!」と感じるタイミングや車幅感覚は、万人万様です。
後ろの人は「行けるだろうに!」と思ったんでしょう。

私も似たような経験で、先頭で右折待ちしてたら、後続車にクラクションを鳴らされたあげくまくられた事があります。
片側1車線右折レーンありの交差点で、せっかちな人は対向車が左折だったら無理矢理一緒に曲がってしまうので、待ってる私に痺れを切らしたのは分からなくもないんですが…左折する対向車の後続車のウインカーは死角になってますし、右に膨らんで大急ぎで直進して来ることだって...続きを読む

Q交差点を右左折の際、ブレーキを使ってはいけない?

交差点で右左折する時にブレーキを使わずに曲がるにはどうしたらいいのでしょうか?
現在教習所で路上教習中ですが、左折の時にブレーキを使って徐行しながら曲がっていたら「右左折の時にブレーキ使ったらダメだよ」と言われました。
交差点に入る前にあらかじめ減速をしてブレーキは使わず曲がらなければいけないそうです。
アクセルの加減が難しくて、ブレーキを使わないと反対車線にはみ出してしまうし、はみ出したら検定の時に即中止になってしまうそうです。
交差点で車を見ていたら、ブレーキを使っている人と使っていない人が半々でした。

Aベストアンサー

まず十分に減速することはできるのだと思います。その後、アクセル操作が難しいのですね。

アクセルを操作するときに足をどのようにしていますか?

かかとをつけていますか?つけていないなら、かかとをつけてアクセルペダルを踏むようにしてください。
そして曲者なのが「踏む」という言葉です。足裏をペダルにつけて、足首で踏み込む加減を調節してしまいがちですが、これをやると急にスピードが出ますので、すぐにブレーキを踏んでスピードを抑えるという悪循環になりやすいのです。

解決方法ですが、まずペダルに足を添えてください。このとき足首にそんなに力を入れなくてもべダルに足が沿うことができる角度があります。その角度をさがしてください。
その角度で足をペダルにくっつけていても、足が痛くならないし、アクセルも踏み込まれないないはずです。
そしてそこから足の親指を曲げてみてください。
エンジンがかかっていれば、アクセルが軽く踏み込まれて、すこし回転数が上がるはずです。

この感覚を覚えると、足の指を使って微妙なコントロールができるようになり、ブレーキを踏まなくても速度をコントロールできるようになります。

お試しあれ。

まず十分に減速することはできるのだと思います。その後、アクセル操作が難しいのですね。

アクセルを操作するときに足をどのようにしていますか?

かかとをつけていますか?つけていないなら、かかとをつけてアクセルペダルを踏むようにしてください。
そして曲者なのが「踏む」という言葉です。足裏をペダルにつけて、足首で踏み込む加減を調節してしまいがちですが、これをやると急にスピードが出ますので、すぐにブレーキを踏んでスピードを抑えるという悪循環になりやすいのです。

解決方法ですが...続きを読む

Q踏切+青信号の場合 一時停止しなくてはダメ?

家の近くに踏み切りがあるのですが
その踏切には信号もあります。

踏切は渡る前に一時停止をしなければいけませんが、
信号は青なら泊らずに進んで良いですよね?

踏切+青信号の場合は、どうすればいいのでしょうか?
踏切の規則が優先されるのか、青信号だから踏切の存在を無視して、
泊らずまっすぐ進んで良いのか、
教えてください。

Aベストアンサー

運転免許を持っているなら当然知っているはずですが。

道路交通法
(踏切の通過)
第三十三条  車両等は、踏切を通過しようとするときは、踏切の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止し、かつ、安全であることを確認した後でなければ進行してはならない。ただし、信号機の表示する信号に従うときは、踏切の直前で停止しないで進行することができる。

Q接触事故の過失割合

先日,路線バスとすれ違いざまの接触事故を起こしました.物損のみです.

事実として確認済みの状況は以下の通りです.
当方: 小型普通乗用車(デミオ)
事故現場: 路線バスと乗用車がぎりぎりすれ違いできる程度の道(中央線なし)
事故当時,当方側の路肩に3台駐車車両あり.ただし,駐車車両は歩道の白線よりも外側.
当方の損傷箇所: 右後部ドアから右後バンパー
バスの損傷箇所: 右前部タイヤ上部(突起)から右側面

現場を図示するとこのような感じです.
----------------
バス→
× ←当方
駐車1 2 3
----------------

駐車車両があったため,私の方は多少右側に膨らむ形で
走行しました(あくまでも多少).
ただ私の方が先に駐車車両の横に進入しており,
そこを通り抜けるぎりぎりの時点での事故でした.

私がポイントだと(勝手に)思っている点は,
私の車両の後部に損傷がある点です.
私の車両の後部に損傷があり,相手方の前部に損傷があるということは,
相手方が無理に突っ込んできたためにこの事故は
起こったのではないかと思っています.

基本的にすれ違い時での接触は5:5であると聞いたことがあります.
現在,保険会社がバス会社と交渉している最中なのですが,
やはり過失の割合が5:5だと言われました.それが納得できていません.
上記のような損傷箇所を考えた場合,
相手方の方が多少なりとも過失が大きいのでは,と思っております.
このことは私の契約保険会社(共済)に伝えたのですが,いまいち的を得ない回答が来るばかりです.

このような場合,私の主張は認められるのでしょうか??
とにかく,自分なりに納得できる形で終わらせたい,と思っております.

どなたか,ご意見をお聞かせください.
どうぞよろしくお願いいたします.

先日,路線バスとすれ違いざまの接触事故を起こしました.物損のみです.

事実として確認済みの状況は以下の通りです.
当方: 小型普通乗用車(デミオ)
事故現場: 路線バスと乗用車がぎりぎりすれ違いできる程度の道(中央線なし)
事故当時,当方側の路肩に3台駐車車両あり.ただし,駐車車両は歩道の白線よりも外側.
当方の損傷箇所: 右後部ドアから右後バンパー
バスの損傷箇所: 右前部タイヤ上部(突起)から右側面

現場を図示するとこのような感じです.
----------------
バス→
× ...続きを読む

Aベストアンサー

 あなたが50%で済んだということは、むしろ幸いではないかと考えます。

 通常、道幅がさほど広くない、せいぜい乗用車がすれ違える程度のセンターラインのない道路では、お互いが対向車の動静に注意を払わなければならない、という消極的な注意義務しかないようです。ですから、センターラインのある道路に至っては、相手がセンターラインをオーバーする可能性までは予測する必要がないものとされ、基本はセンターラインオーバー車に100の過失を課しているようです。つまり、既に追い越しをかけていた(進入していた)こと自体を争点として過失認定を行うことは殆どありません。

 駐車車両の横を通過する際には、一旦停止して対向車の通過を待つか、また通過中に駐車車両のドアが開放されたとしても安全に停止することができるか、というような注意義務は当然にあるとされていますから、先に進入していたことを理由として正当性を主張するのはやはり困難かと思われます。

 しかしながら、相手側から見て、すでに駐車車両の横を通過しているあなたの車両があれば、そのまま進行して行くことはあなたの車両の通過空間を失わせてしまうわけで、走行上の安全性を直接左右する原因となります。この点では、相手が認識し得る状況にあれば、可能な限り危険を最小限にするための回避義務があると言えます。

 実際の判例をみると、駐車車両の横を通過している車両と衝突・接触した対向車側の過失としては、通過中対向車の発見遅延、通過完了の見込み誤り(制動措置や避譲措置の遅れ)、速度超過(速度違反自体は積極的な過失修正要素とはならない)などがあるようです。とはいえ、多くの場合10%~20%程度の過失修正しか行われず、少し多く見積もって30%としても過失割合は70%ですから、それに比べて50%とは相当有利な過失認定ですね。

 あくまでも推測ですが、相手はバスという重量の大きな車両であったことと、乗客を乗せているという性格から思いきった制動処置はとれなかったのかもしれません。大型車両になればなるほど、乗用車よりも注意義務が加重される傾向にありますから、そのあたりが過失認定に影響を与えた可能性はあります。

 あなたが50%で済んだということは、むしろ幸いではないかと考えます。

 通常、道幅がさほど広くない、せいぜい乗用車がすれ違える程度のセンターラインのない道路では、お互いが対向車の動静に注意を払わなければならない、という消極的な注意義務しかないようです。ですから、センターラインのある道路に至っては、相手がセンターラインをオーバーする可能性までは予測する必要がないものとされ、基本はセンターラインオーバー車に100の過失を課しているようです。つまり、既に追い越しをかけていた...続きを読む

Q接触事故を起こしました

先日、自宅マンション前の路肩に路上駐車をしていて、その車を駐車場に戻そうと思い、ハンドルを右に切って発進したところ、後ろからきた車と接触しました。
警察の手続き終了後、自分が加入している保険会社に電話をし、事故を説明。翌日、担当者からTELがあり、事故の割合を聞いたところ、「路上駐車からの発進で8:2、ウィンカーなしで1割増え、結果9:1」と言われました。
確かに私が悪いのですが、私は運転席のドア窓から相手車が見えた時点でブレーキをかけました。実際傷も、私は右前のランプ部分をこすっただけ。相手は気づかず走り続けたようで、左後部座席部分にギギーっとラインが入っています。

ほかに何か保険会社に情報を伝えれば、割合は変わるのでしょうか。
また、「路上駐車」の定義を知りたいです。私の車は、左半分はマンション敷地内にかかっていました。この場合も一般的に言われる「路上駐車」になるのでしょうか。

Aベストアンサー

この間、あなたと同じようなケースがありました。9:1で話をもって行きましたが、かなりの相手で半分恫喝まがいでした。10:0ということでね!
なにぶん、契約者が弱きで(あなたと違って)10:0でなんとか話をつけてくれとなき込まれて、やむなく示談したことがあります。
保険会社に怒鳴り込むのはなんともないですが、当事者に直接申し入れされますと、この辺は不満足ながら、やむを得ないですね。
場合によっては、柔軟に対応しなければならない、くやしさもありますね!
あなたの言い分もわからないわけではないですが、加害者 被害者それぞれにそれなりの言い分がありどちらも正解なのかもしれません。
事故が会ったという事実には、逆にお互いにそれなりの過失があったということでもあります。
示談ですから、話し合い そのなかには人間性による、力関係も多いに左右されることもありますね。理屈ぬきで!過失割合に影響されます。

判例どうりの過失相殺示談ができないこともままありますね。!
このケース 10:0 9:1 8:2 すべて妥当なのかもしれませ。
ただ7:3はないでしょうね。?
最終判断は訴訟 はっきり白・黒つけますか?
示談なら相手次第 個人的には9:1あたりが妥当かな!?

この間、あなたと同じようなケースがありました。9:1で話をもって行きましたが、かなりの相手で半分恫喝まがいでした。10:0ということでね!
なにぶん、契約者が弱きで(あなたと違って)10:0でなんとか話をつけてくれとなき込まれて、やむなく示談したことがあります。
保険会社に怒鳴り込むのはなんともないですが、当事者に直接申し入れされますと、この辺は不満足ながら、やむを得ないですね。
場合によっては、柔軟に対応しなければならない、くやしさもありますね!
あなたの言い分もわから...続きを読む

Qドライブレコーダーで録画したものを警察に提出すると

ドライブレコーダーで録画したものを警察に提出すると対応してくれるものなんでしょうか?


例えば、まえの車。交差点が完全に赤信号にも関わらず信号無視し左折していきました。
その際、右折してくる車と接触しそうになって怒鳴られていたようですが、構わず曲がって行きました

この様子をドライブレコーダーで録画した場合、警察に提出すれば対応するのでしょうか?

Aベストアンサー

無理かと思います。
以前、朝の通学路の車両通行禁止のところを何度も通っている車(軽バン)がいたので、その写真を撮って警察に郵送したところ、しばらくして警察官がやってきて、“送っていただいた写真にはナンバーも撮れていましたので、きちんと対処しました”と言われました。

どうやらその後、その場所に警官が隠れて当該違反車両を現認した後に、その車の事業所まで行って厳重注意したそうです。
相手がシラを切ることがあったらこの写真を見せるつもりだったそうですが、相手は違反を認めて二度としないことを誓ったそうです。

要するに、ドラレコも写真も証拠のひとつですが、あくまでも違反行為を現認するための道具であって、それで警察官がその目で確認して初めて違反とすることだと思います。
こういう映像は意図的に作り変えることもできますから、それを何でもかんでも信じていたら、何もやっていない人を検挙する恐れも出てきます。
そういう危険性を防止する上でも、採用はされないということでしょうね。

ただ動画サイトに、得意げになって違反行為(ヘラーリでスピード違反)をしている様子を投稿した人がいましたが、これに対して、“警察は何をやっているんだ?こういう違反を見逃していいのか?”という批判が殺到したことがありましたね。
これを受けて、警察は動画を解析して速度を割り出し、投稿者を逮捕したことがありました。
なので、一方でもしかしたら社会の声(反響)次第で動く可能性もありそうですね。

無理かと思います。
以前、朝の通学路の車両通行禁止のところを何度も通っている車(軽バン)がいたので、その写真を撮って警察に郵送したところ、しばらくして警察官がやってきて、“送っていただいた写真にはナンバーも撮れていましたので、きちんと対処しました”と言われました。

どうやらその後、その場所に警官が隠れて当該違反車両を現認した後に、その車の事業所まで行って厳重注意したそうです。
相手がシラを切ることがあったらこの写真を見せるつもりだったそうですが、相手は違反を認めて二度としない...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング