例えば以下のディレクトリに次のようなデータがあるとします。
/home/work/test

・INV_20110401000001.csv
・INV_20110401000002.csv
・INV_20110401000003.csv

これらのファイルの中から最新の更新日時のファイルのパスを取得したいのですが、
良い方法が思いつきません。
末尾の数字が大きいものが最新ファイルとは限らず、
ファイルがいくつあるかも日によってかわります。

testコマンドでは比較ファイルを2つまでしか指定できず困っています。
どなたかご存知の方がいれば教えていただきたいです。
よろしくお願いいたします。

A 回答 (3件)

ls -lrt |tail -n 1|awk '{print $9}'



がぱっと思いついた方法でした
リバースをせずにheadで良いか・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
教えていただいた方法で希望通りの結果を得ることができました。
たびたび申し訳ないのですが、たとえばこのファイルの中に複数のファイル名が
存在した場合、ファイル名'INV'が含まれるファイルの最新ファイルを取得することは可能でしょうか?

お礼日時:2011/04/12 18:21

>そこからどうやってパスを取得するのでしょうか?



プログラム書いてるんでしょうからいろいろ考えましょうよ・・・

最新のファイル名を取得するならこれが一番簡単かな。
ls -1t | head -n1

※「ls -」の次は小文字のエルではありません。数字の1です。ご注意。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
Shell初心者なものでただいま勉強中です...
頂いた意見大変参考になりました。

お礼日時:2011/04/12 19:47

ls -lt


で更新日順に表示させれば取得できませんか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そこからどうやってパスを取得するのでしょうか?

お礼日時:2011/04/12 17:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q復元ポイントの作成とイメージファイル等のバックアップとの違いについて

今晩は、宜しくお願いします。

復元ポイントの作成とイメージファイル等のバックアップとの違いについて教えて下さい。

Windowsで復元ポイントからシステムを復元させる方法があり、
また、イメージファイル等にバックアップをとり、復元させる方法もありますが
この両者はどのように違うのでしょうか。

復元ポイントの作成とは、その時点のシステムの設定等だけを保存しているという
ことでしょうか。

また、イメージファイル等のバックアップを作成するということは
システム設定と作成したファイル等もイメージファイルとして一括してバックアップ
されるのでしょうか。

イメージファイルの復元時に、作成したファイル等もイメージファイルから
復元されるのなら、同じ名前のファイルがあった場合には、
イメージファイル作成時の古い情報のファイルになってしまうのでしょうか。

以上、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

【システムの復元】
Windowsが使用するシステムファイルのバックアップと復元。
ユーザーファイルには影響しない。
HDDの中に作成されるので、Windowsが起動しない環境では使用出来ない。

【システム修復ディスクの作成】
Windowsの起動時にF8を押下して起動するセーフモードから「コンピューターの修復」「システム回復オプション」を、外部記憶装置(CD、USBメモリなど)から起動出来るようにする。
Windows自体が起動しなくなった場合に、外部記憶装置から「システム回復オプション」が起動出来るようになる。修復されるのは、選択した項目により異なる。
WindowsREを利用。
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/hh825173.aspx

【バックアップと復元】
システムのバックアップを作成し、ハードディスクなどが壊れた場合に備えパソコン内部のデータを全てバックアップ・復元出来る。
Windowsのインストールディスクや、システム修復ディスクから復元が可能。
システムもユーザーデータもバックアップを取った時点の状態に戻る。

【システムの復元】
Windowsが使用するシステムファイルのバックアップと復元。
ユーザーファイルには影響しない。
HDDの中に作成されるので、Windowsが起動しない環境では使用出来ない。

【システム修復ディスクの作成】
Windowsの起動時にF8を押下して起動するセーフモードから「コンピューターの修復」「システム回復オプション」を、外部記憶装置(CD、USBメモリなど)から起動出来るようにする。
Windows自体が起動しなくなった場合に、外部記憶装置から「システム回復オプション」が起動出来るようになる。...続きを読む

Qlinux(UNIX) の grep で、あるディレクトリ以下を再帰的に見て、全ての *.html ファイルに grep をかける方法

linux(UNIX) の grep で、あるディレクトリ以下を再帰的に見て、全ての *.html ファイルに grep をかける方法を教えてください。
簡単な事なのかもしれませんが、コマンドから打つ場合、どのようにすればよいか、分かりません。
Windows の秀丸のgrepなら簡単に出来るのですが。。。
どなたか教えてくださいませ。。。

Aベストアンサー

例えば
grep pattern `find あるディレクトリ -iname *.html`

Q救出ファイル復元 2の機能について

「救出ファイル復元 2」で画像ファイルJPEGの他にRAWファイル、拡張子(CR2)を復元出来るでしょうか。

キャノンの一眼デジカメを使っているのですが、他の復元ソフトでは、復元出来ませんでした。

Aベストアンサー

Vectorあたりで『ディスク・ファイル復旧』の項目で探せばみつかりそうですが。
要は,"復元ソフトで復元できるファイルがソフトに登録されている拡張子だけしかできない"ことですので,拡張子を選択できる復元ソフトを捜せばいいと思われます。

参考URL:http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/util/disk/care/

Q特定のファイルだけをサブディレクトリ以下のファイルをディレクトリを作成してコピーする。

下のように各フォルダ内にreadme.txtファイルだけを特定のフォルダ内に
コピーしたいのですが、ファイル名が同じなので、元のフォルダ階層のように
フォルダを作成して、そのファイルだけがコピーされるようなfindを使った
器用な方法はできるのでしょうか?

私は、次の段階で躓いて折ります。
find ./ -name ".forward"


execを使い方法は、
find img/ -type d -exec chmod 604 {} \;
のようなことは使ったことはありますが、通過したフォルダを作成して、ファイルをコピーする
ような方法はどのように記述したらよいか、わかりません。

A
+-- a1.txt
| a2.txt
| readme.txt
B
+-- b1.txt
| b2.txt
| readme.txt
C
+-- c1.txt
c2.txt
readme.txt

Aベストアンサー

例:下記のようなディレクトリ構成で各ディレクトリ(A,B,C)配下にあるreadme.txtをディレクトリsavedirにディレクトリを作成しつつコピーする場合。

ディレクトリ構成例
+A-+-- a1.txt
|  +-- a2.txt
|  +-- readme.txt
|
+B-+-- b1.txt
|  +-- b2.txt
|  +-- readme.txt
|
+C-+-- c1.txt
|  +-- c2.txt
|  +-- readme.txt
|
+savedir ←コピー先


ディレクトリ(A,B,C,savedir)があるディレクトリ配下に移動後以下のコマンドを実行。

# find A B C -name "readme.txt" -print | cpio -pdv savedir

Q削除した画像ファイルの取り出しまたは復元方法

ごみ箱に入れてから削除したファイルの復元方法を教えてください。

以前にも同様の質問をしたのですが、その際に教えていただいた方法で確かにいくつかのファイルは復元することができました。

しかし、一番復元したい画像ファイル(jpeg形式)が復元できません、同時期に同じく削除したファイルは無事に取り出せたのですが肝心のファイルは取り出せません。指定するファイル名、フォルダ名などの間違いはないのですが何が原因で復元できないのか理解できません。

良きアドバイスをいただければ助かります。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こういったファイル復元ソフトを利用してファイルを復活させます。

●FileRecovery(フリーウェア)

消去・欠損したファイルを復元するソフト。
http://www.pcinspector.de/download.htm

●復元(フリーウェア)
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se192983.html

■FINALDATA(ファイナルデータ)フォトリカバリー3.0(有料)
http://www.finaldata.ne.jp/f_8_3.html

当然ながら復元できる確立は有料ソフトのほうが高いです。

これらを使っても復元できない場合はファイルが上書きされて完全に消えている可能性が高いです。

Qfind 指定ディレクトリ以下のファイル数をディレクトリ毎に表示させたい

■前提例
./public_html/rails/modules/abcde/cache/hoge/file1
./public_html/rails/modules/abcde/cache/file2
./public_html/ruby/modules/wiki/private/cache/file3
./net/cache/file4
./n/abcde/cache/file5
 :
以下略

■期待しているのは、下記二つのディレクトリを検出し、かつそのディレクトリ以下のファイル数を、ディレクトリ毎に表示させたいのですが、
2./public_html/rails/modules/abcde/cache/
1./n/abcde/cache/
 :
もしくは、
2./public_html/rails/modules/abcde/cache/hoge/file1
2./public_html/rails/modules/abcde/cache/file2
1./n/abcde/cache/file5
 :

■実際に下記コマンドを実行すると、
find . -type f -regex '.*/abcde/cache/.*' -print | wc -l
4503
という数値(恐らくファイル数?)が返ってくるのみです。

ググッてみて、
find . -type f -regex '.*/abcde/cache*/.*' | xargs wc -l
find . -type f -regex '.*/abcde/cache/.*' -print | xargs wc -l
find . -type f -regex '.*/abcde/cache/.*' -exec wc -l \{\} \;
とか色々試してみたのですが、
恐らく行数?が表示されるようで、自分が期待した結果を得ることが
できません。

条件で検出したディレクトリ以下のファイル数を、ディレクトリ毎に表示させるには、
どうしたらよいのでしょうか。

■前提例
./public_html/rails/modules/abcde/cache/hoge/file1
./public_html/rails/modules/abcde/cache/file2
./public_html/ruby/modules/wiki/private/cache/file3
./net/cache/file4
./n/abcde/cache/file5
 :
以下略

■期待しているのは、下記二つのディレクトリを検出し、かつそのディレクトリ以下のファイル数を、ディレクトリ毎に表示させたいのですが、
2./public_html/rails/modules/abcde/cache/
1./n/abcde/cache/
 :
もしくは、
2./public_html/rails/modules/abcde/cache/hoge/f...続きを読む

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5632040.html の続きですね。

>■期待しているのは、下記二つのディレクトリを検出し
>./public_html/rails/modules/abcde/cache/
>./n/abcde/cache/

探す場所がわかっているのなら、 find の開始ディレクトリに指定すれば、それより下だけを探します。
-regexはabcde/cacheを探すために使ったものですし、今回のやり方だと常に真なので削ります。

find ./public_html/rails/modules/abcde/cache ./n/abcde/cache -type f -print

>かつそのディレクトリ以下のファイル数を、ディレクトリ毎に表示させたい

sedで開始ディレクトリだけ取り出す→sortで並びかえる→uniq に -cオプションつけて重複行を数える。
としてみました
find ./public_html/rails/modules/abcde/cache ./n/abcde/cache -type f -print | sed 's/^\(\.\/public_html\/rails\/modules\/abcde\/cache\/\|\.\/n\/abcde\/cache\/\).*$/\1/' test4.txt | sort | uniq -c

abcde/cacheがそれぞれに下に含まれていないならもうちょっと簡単に
find ./public_html/rails/modules/abcde/cache ./n/abcde/cache -type f -print | sed 's/^\(.*\/abcde\/cache\/\).*$/\1/' test4.txt | sort | uniq -c

ここまでくると、シェルスクリプトやperl,awk等を使ったほうがすっきりしそうです。
#!/usr/bin/sh
for i in _html/rails/modules/abcde/cache ./n/abcde/cache
do
echo "`find $i -type f | wc -l` $i"
done

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5632040.html の続きですね。

>■期待しているのは、下記二つのディレクトリを検出し
>./public_html/rails/modules/abcde/cache/
>./n/abcde/cache/

探す場所がわかっているのなら、 find の開始ディレクトリに指定すれば、それより下だけを探します。
-regexはabcde/cacheを探すために使ったものですし、今回のやり方だと常に真なので削ります。

find ./public_html/rails/modules/abcde/cache ./n/abcde/cache -type f -print

>かつそのディレクトリ以下のファイル...続きを読む

Q「ウイルス感染ファイル」削除後のシステム復元でどうなる?

ウイルスバスターで幾つかのウイルス感染ファイル発見し全て削除しましたが、感染したファイルはシステムファイルでしたので少し心配でしたが削除しました。
そこで教えて頂きたいのですが、感染した日付以前でシステムの復元をする事によって削除されたシステムファイルは復元できるのでしょうか?一度削除されたシステムファイルはシステムの復元をしても二度と復元しないのでしょうか?

Aベストアンサー

以下WindowsXPという前提で・・・

>システムファイルでしたので少し心配でしたが削除しました。
通常、このままではシステムエラーが発生します。
しかし、Windowsには自動復旧機能があり、削除されたファイルをハードディスク上にあるCabファイルから呼び出して復旧させるようになっています。
従って、殆どの場合、削除されたシステムファイルを手動でインストールする必要はありません。

☆SFCの実行
もしシステムエラーが出る場合SFC(System File Checker)の実行をお勧めします。

1.CDドライブにOSのインストールディスクを入れておく。
2.「スタート」「コマンドプロンプト」または「ファイル名を指定して実行」で
「sfc /scannow」と入力して「OK」

「Windows XP professional のディスクを入れてください」という表示が出ることがありますがHome Editionであれば「無視」を選んでスキップしてください

>感染した日付以前でシステムの復元をする事によって削除されたシステムファイルは復元できるのでしょうか?
出来ないことはないでしょうが、あまりお勧めできません。
現在の状態が正常でない。
過去の状態の方が快適に操作できる。
という場合、それがいいかもしれません。
しかし、Windowsの設定というのは非常に広範囲にわたっており、現在と過去を比較して、どちらが適正かを判断するのは容易ではありません。
また、過去の復元ポイントの中には不正な設定が含まれている場合があり、間違って、そのポイントを選択することもあります。
ウィルス対策ソフトのサイトでは一旦復元設定を無効にして、過去の復元ポイントを全て消去することを推奨しています。

>一度削除されたシステムファイルはシステムの復元をしても二度と復元しないのでしょうか?
間違った操作をすると汚染されたファイルが復元されてしまいます。
一旦復元設定を無効にして、過去の復元ポイントを全て消去することで汚染されたファイルは二度と復元しません。

以下WindowsXPという前提で・・・

>システムファイルでしたので少し心配でしたが削除しました。
通常、このままではシステムエラーが発生します。
しかし、Windowsには自動復旧機能があり、削除されたファイルをハードディスク上にあるCabファイルから呼び出して復旧させるようになっています。
従って、殆どの場合、削除されたシステムファイルを手動でインストールする必要はありません。

☆SFCの実行
もしシステムエラーが出る場合SFC(System File Checker)の実行をお勧めします。

1.CDドライ...続きを読む

Qshell 最大のディレクトリ名を取得する

シェルでプログラミングをしているのですが、
あるディレクトリに下記のようなディレクトリが複数できています。
その命名規則は先行バッチの実行時刻YYYYMMDDHHMISSなのですが

20081201230011
20081202230001
20081203230002

後続ジョブとして、いちばん最大のディレクトリ(ここでは20081203230002)
にcdして処理をしたいのですが、このディレクトリ名が
取得を取得するにはどのように記述したらよいのでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

大まかには
ls |grep '^[0-9]$' | sort -r | head 1
のような感じだと思う.

Q復元ソフトのふと感じた疑問 -ファイル名を削除したい-

先日、復元ソフトを使用していたときに感じたことなのですが
(使用ソフトは「復元」です。)
ファイルを復元する際の手順で削除したファイルが検索できますよね。
このファイル検索の時に、HITしないようにファイル名を完全に削除したい場合はどのようにすればいいのでしょうか??

例えば、「●●との秘密旅行001.jpg」のファイルを削除したとします。
その後、復元ソフトで検索をかけるとファイルを復元しなくてもファイル名を見ただけで怪しいファイルとわかってしまいますよね。
復元ソフトの検索で、表示されなくする方法か、別名に変える方法があるのなら教えてください。

Aベストアンサー

95159さんが求めていらっしゃるのは以下の方法ではないでしょうか。

フリーの復元ソフトに「DataRecovery」というものがあります。このフリーソフトには「削除したファイル」の名前を時間をかけず簡単に消去できる機能が付いています。

『DataRecovery』
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se382922.html

■使い方
起動させる→該当ドライブをクリック→[スキャン]ボタンをクリック→削除したファイルの表示完了→「目的のファイルが見つかりましたか?」と出てきたら[キャンセル]をクリック→名前を消去したいファイルをクリックするか、名前を消去したい複数ファイルを左クリックしながら選択する→[消去]ボタンをクリック→[OK]をクリック

これで、名前を消せます。しかしながら完璧ではなくて、一部消せないこともあります。
(「DataRecovery」を再起動してもう一度ドライブをスキャンすると消せなかったファイルが表示されます)

参考URL:http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se382922.html

95159さんが求めていらっしゃるのは以下の方法ではないでしょうか。

フリーの復元ソフトに「DataRecovery」というものがあります。このフリーソフトには「削除したファイル」の名前を時間をかけず簡単に消去できる機能が付いています。

『DataRecovery』
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se382922.html

■使い方
起動させる→該当ドライブをクリック→[スキャン]ボタンをクリック→削除したファイルの表示完了→「目的のファイルが見つかりましたか?」と出てきたら[キャンセル]をクリック→名...続きを読む

QUNIXのディレクトリのパーミッションについて

初めて質問させていただきます。

UNIXのディレクトリのパーミッションについてなのですが、
パーミッションを表す'drwxr-srwt'など、"s"や"t"のフラグが付いていているときがあります。
色々と調べてみたのですが、根本的な解決までたどり着けませんでした。
そのフラグが付いているディレクトリが意味しているものは一体何なのでしょうか?

Aベストアンサー

グループ(group)の所にある"s"がセット・グループIDビット(setgid bit/sgid bit)、その他(other)の所にある"t"がスティッキービット(sticky bit)です。
他に所有者(owner)の所にある"s"がセット・ユーザIDビット(setuid bit/suid bit)というものあります。

○セット・ユーザIDビット(setuid bit/suid bit)

実行ファイル(プログラムやコマンド、スクリプト)を実行した時、普通は実行者の権限で動作しますが、suid ビットが立っていると、実行ファイル作成者の権限で動作します。
良く使用されるのがroot権限がないと使用出来ないコマンドを一般ユーザでも使用出来るようにした時です。


○セット・グループIDビット(setgid bit/sgid bit)

あるディレクトリの所有グループが group の時、このディレクトリに sgid ビットが立っていると、その中に作成されるファイルやディレクトリの所有グループは自動的に group になり、ディレクトリには sgid ビットがセットされます。
これは、グループ内で共有ディレクトリを作成し、そこでファイルを共有した時など設定されます。


○スティッキービット(sticky bit)

ディレクトリに sticky ビットが立っていると、そのディレクトリ以下にあるファイルの削除やファイル名の変更は所有者にしか出来なくなります。
これは、テンポラリ(/tmpとか/var/tmpとか)で誰にでも書き込める領域は欲しいが、他ユーザにファイル等を消されるのを防ぎたい時などに設定されます。

なお、実行権限の部分(xの所)に権限がある時は"s"や"t"に、権限がない時には"S"や"T"になります。

グループ(group)の所にある"s"がセット・グループIDビット(setgid bit/sgid bit)、その他(other)の所にある"t"がスティッキービット(sticky bit)です。
他に所有者(owner)の所にある"s"がセット・ユーザIDビット(setuid bit/suid bit)というものあります。

○セット・ユーザIDビット(setuid bit/suid bit)

実行ファイル(プログラムやコマンド、スクリプト)を実行した時、普通は実行者の権限で動作しますが、suid ビットが立っていると、実行ファイル作成者の権限で動作します。
良く使用されるのがroot権限...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報