Wikipediaの管理システムですが「ボランティア方式」で一般のユーザーが立候補して
選挙で管理人などになるシステム。しかしその管理人の存在自体の行為が目に余る
と思います。

正しい記事を記載したのに「自分には気に食わないから」と記事を削除。それでも
やり続ければ投稿ブロック。IPアドレスは常に変わるのに「IPアドレスを変えて投稿
するな」の意味不明な警告をだす。ブロック内容には「IPアドレス(可変アドレス)は
問題行為言いますが」IPアドレスを固定しろなんてふざけるなと思います。

ほかには「特定のユーザーが気に食わないから、IPひろばでIPアドレスの固定
場所を追跡したりする」俗に言うネットストーカー行為もあります。

しかしWikipediaの管理人やその手下のユーザーを見る限り「ほぼ睡眠時間以外
365日管理活動に従事している(俗に言うネットの引きこもり)」のです。なんでそこ
まで犯人ごっこをするのが快感で楽しいでしょうか?彼らの心情が意味不明です。


そんな余力があればIT会社に勤務しろよと言いたいです。彼らのおかげで日本版の
Wikipediaは更新が鈍化している弊害があるんです!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>正しい記事を記載したのに「自分には気に食わないから」と記事を削除



一般人が普通に考える「正しい」というのは、殆どが「主観的な判断」であって、客観的には判断されていません。

単に「正しいと思い込んでいるだけ」なのです。

wikipediaは「主観的な判断は徹底的に排除する」のが基本姿勢ですから「客観的で、誰が見ても正しいと判断出来る、証拠や出展」が無いかぎり、すべて削除されます。

自分が気に食わないからと削除している訳ではありません。削除理由は、単に「客観的な証拠が無いだけ」です。勘違いしないで下さい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報