ベルヌーイの定理を圧力の次元で表すと、

「静圧」+「動圧」+「水頭圧」=一定

となると思いますが、この、圧力の次元の「一定の量」の
呼び名が無くて、不便で困っています。
「静圧」+「動圧」だけなら「総圧」とか「全圧」と呼べばよいのでしょうが、
「水頭圧」(体積あたり位置エネルギー)も含めた「一定の量」に、
何か一般に通用する呼び名は無いでしょうか?

A 回答 (1件)

>圧力の次元の「一定の量」の呼び名


この部分の解釈ですが、
ベルヌーイの定理の表記方法として、
・水頭表示(次元は、「長さ」)
・圧力表示(次元は、「力」÷「長さ」÷「長さ」。工学単位系を使用。)
などがありますが、その中で圧力表示を選んだ、という意味ですよね?
これが回答の前提となります。

結論。全圧でいいと思いますが....

こちらでは、「全水頭」。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E9%A0%AD
ベルヌーイの定理を水頭表記で行った場合、静水圧+動水圧+標高を全水頭と言う。
よって、圧力表記の場合、全水頭に該当する語句は全圧となる。

ここでは、静水頭+動水頭+標高+損失が全水頭となっていますが、損失を含まないで定義している文献もあります。
※文の前後から判断するしかないです。(たいてい判断できるので特に困りませんが....)

そもそも、
「静圧」+「動圧」+「水頭圧」=一定
というのが、土木系にとっては違和感があります。分野による流儀でしょうけど....
「水頭」というのは、エネルギーを水頭(次元は、「長さ」)で表記していますよ、という意味であり、
位置エネルギーのことという理解はしません。
「圧」は、単位質量当たりのエネルギーと同義。
よって、「水頭圧」を位置エネルギーと読んでもらえるかどうか、かなり疑問。(土木系にとって。)
「静圧」+「位置水頭」の合計が「水頭圧」(ピエゾメーターで測った圧力を標高換算したもの)
と、こっちを最初に思い浮かべ、その後、文脈により意味を訂正しながら読んでいるのですが....

※要するに、「全圧」といった場合、位置エネルギーを含むかどうかは、何を話題にするかで
変わるということ。流量算定なら位置エネルギーを含むし、構造計算の場合なら含まない。
そういう意味です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「ベルヌーイの定理の表記方法の中で圧力表示を選んだ」ということでOKです。

今は「単位体積あたりの全エネルギー」とか表現しているのですが、
まどろっこしくて大袈裟で不便しています。
土木関係ではありませんが、目的は流量計算です。
主として圧力を扱うので圧力表示の計算式にしたいのですが、
「全圧」と言って位置エネルギーを忘れられると困ると思い、
明確に位置エネルギーを含む表現が無いかと探していました。
でも「全圧」で間違いではないわけですね。

回答を読ませていただいてわかったのですが、「水頭圧」という表現も怪しかったのですね。
「位置水頭(m)」の圧力表示が「水頭圧(Pa)」で良いかと思っていたのですが、
一般には(正しくは?)「水頭圧」という言葉は、
「静圧の長さ表示(m)」+「位置水頭(m)」=「水頭圧(m)」
ということになるのでしょうか?

お礼日時:2011/04/16 13:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベルヌーイの定理とは?

初心者にも分かり易くベルヌーイの定理を教えてください。

Aベストアンサー

ベルヌイの式とは、皆さんが回答されているとおり、流体に関するエネルギー保存の式でいいと思うのですが、初心者に誤解を与えかねないような回答がありますのでコメントさせて下さい。

まずNo.4の方がおっしゃっているのは連続の式のことでベルヌイの式とは関係がありません。非圧縮性流体とは密度が一定の流体のことを意味し、流れが速かろうが遅かろうが分子間の距離は一定のままです。また分子間の距離は圧力とは関係がありません。関係するのは温度です。

翼の説明に関して、No.3の方が「翼の前面で分かれた空気は翼の後縁で一緒になります(これは厳密にいうと仮定でして、必ずしも一緒にならないこともあり得ます)。 」と書いておられますが、通常は上面の流れの方が後縁に先に達し、翼の後縁で一緒になることはありません。

Qベルヌーイの定理について、位置水頭、速度水頭、圧力水頭の単位はなぜメートルになるのでしょうか。 速度

ベルヌーイの定理について、位置水頭、速度水頭、圧力水頭の単位はなぜメートルになるのでしょうか。
速度水頭は速度エネルギーなのに…

Aベストアンサー

水頭の定義だから。
水の持つエネルギーを水柱の高さに置き換えたものが水頭。
例えば運動エネルギー。
Mgh=1/2(Mv²)だから
h=v²/2g  vの単位[m/s] gの単位[m/s²] より hの単位[m]


人気Q&Aランキング

おすすめ情報