パブロフについて勉強したのですが、結局のところ、この発見って何かに役立ちますか??

勉強を終えたところで、パブロフについて思うことがあまりありません・・・。


皆さんは何かに役立つと思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

心理学 学習」に関するQ&A: 故事と学習心理学

A 回答 (4件)

大学の教員です。



おそらく心理学の授業で、この「パブロフの犬」について学習されたと思います。

その際、「学習心理学」というテーマの中で話をお聞きになったでしょう。
それが示すように、パブロフの犬でみられた現象は、「学習」が成り立つメカニズムの1つとして理解されています。
ただ、心理学でいう学習という概念(用語)は、「教科学習」,つまり、いわゆる学校での勉強だけでなく,もっと広い意味で使われます。
いろいろな経験、訓練を積むことによって、その個体(人、動物)の行動がかなり長期間に渡って変化することを指しています。
つまり、パブロフの犬においては、それまで、犬の中では全く無関係であった、ベルやメトロノームの音と、唾液の分泌という2つの事柄が、食物と同時に示されることによって、新たに結びついたというてんで、上に示したような学習の定義に一致するのです。

もちろん、パブロフの犬で示された「条件反射」あるいは、「古典的条件づけ」といわれる現象ですべての学習が説明できるわけではありません。
しかし、他の回答者の方が書いていらっしゃるように、たとえば、「梅干しをみるだけ、あるいは、梅干しと聞くだけで、つばが出てくる」というのは、この条件反射のメカニズムによってできあがった学習なのです。

あるいは、子どもが、病院でお医者さんや看護師さんの白衣をみるだけで、あるいは、診察室に入るだけで泣き叫ぶということがあります。
これも、以前に診察を受けたときに、注射や採血を受けたという経験があり、そういう痛い思いをしたということと、お医者さんや看護師さんの白衣や、診察室とが、子どもの頭の中で結びついてしまい、注射されなくとも、それらを見ただけで泣き叫ぶという「学習」ができてしまったと考えられます。

さて、このように、人間の行動でさえも、条件反射でできあがった学習の成果と考えられるものがいくつかあります。

これを、さまざまな問題行動を治療することに応用した心理療法があります。
「行動療法」という心理療法が、それです。
おそらく心理学の教科書のどこかに説明があると思いますが、行動療法では、問題行動(たとえば、学校へ行かないという不登校や、子どもがオモチャを買って欲しいと駄々をこねるような行動など)は、その子どもが,間違った学習をしたために生じていると考えます。

たとえば、オモチャを買って欲しくて駄々をこねる」という問題行動については、以前、オモチャが欲しいときに、駄々をこねて親を困らせたら,買ってもらえたという経験があって、それを繰り返していると、理解するのです。
つまり、間違った方法で要求することを覚えてしまった(=学習してしまった)のです。

これを行動療法の立場で治療するとなりますと、その誤った学習を「消去」させるか、別の適応的な(もっと適切な)行動(ここでは、要求の仕方)を、もう一度学習し直す(再学習)ように働きかけるという方法を考えます。

「消去」というのは、パブロフの犬の実験でも出てきたと思いますが、この子どもの例でいえば、子どもが、いくら「駄々をこね」ても、オモチャは買わないという対応を取ることによって、両者の結びつきを弱くしてしまうことです。
「再学習」の方も、これと似てはいますが、「きちんと欲しいと要求したときだけ」、オモチャを買うという対処をすることによって、適切な要求の仕方を覚えさせる(学習させる)ということをします。

このように、パブロフの犬という、1つの興味ある現象から、人や動物の学習が説明できるメカニズム、原理が発見されましたし、さらにそれを応用して、心理療法が作られています。
発見がすぐに役に立つということが必ずあるわけではありませんが、後々にそれを応用して、新しい工夫がなされていくということは、心理学のさまざまな現象においてもよくあることです。
    • good
    • 4

犬が目の前にエサが無いにもかかわらずヨダレを出してるよ。



って解りきった事実をあえて説明しているのだと思います。犬も

人間も学習をしたら身に付くのだよ、という説教にも聞こえます。

生物の優劣は危険予測が出来るか否かで決まってくるのだ、と

言いたがっているようにも取れます。わたくしパブロフさんに全く

興味が無かったので、どのような研究をしていた人なのかは解り

ません。じゃあなんで回答を入れるんだ、知りもしないのに!

と怒られそうですが、トップページに聞き覚えのある単語が出て

いると、つい開いてしまい、開いたが最後絶対に回答をしてしまう

という悪い癖があるのです、しょせんわたくしも

パブロフの犬なのでございます。お後がよろしいようで・・・
    • good
    • 0

 重要な話だろうと思いますよ。

広く考えてください。

 異性が顔をしかめて、その後、別れ話が出て来る、悲しくなって涙が出る、という体験をなんどかすると、異性が顔をしかめたのを見ると、涙が出て来るようになりますよ。

 そこから新しい恋はうまれません。男も女も、けっこうしばしば顔をしかめますから。

 でも、「ああ、私は、パブロフの犬のような状態になっているな」、「でも、顔をしかめたからといって別れがくるとは限らないぞ」と理性の力で感情や体におきる現象をコントロールすれば、新しい恋に踏み出せるはず。

 知識だけでは無益ですが、知識を活かす知恵も身につければ、どんな知識でも無駄にはなりません。
    • good
    • 0

はじめまして。



条件反射による適応能力がイヌとかヒトにはあるってことが
よくわかる一例として「この発見」は役に立つのでは?

野生動物にしてみれば、草むらでカサカサとするある音があって、
それが捕食者が近くにいる事が経験としてあれば、
次第にその「カサカサ」した音を聞いた瞬間に逃げるようになるはずです。
結果、その固体の生存率が上がる。
そういうことだと思っています。

よくある、梅干しを見ただけで唾液が出る(梅干しを知らない人は当然でない)とかだと
適応能力は実感できますけど、生存の役に立ってるかは
わかりにくいかもしれませんね。

私の場合はこんな感じです。
何かの参考になれば幸いです。では。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q条件反射の人体への応用

条件反射というとパブロフの犬の実験が有名ですが、

この現象を人間に応用している例って、何かないでしょうか?

聞いたところでは、アメリカでは兵士に対して、的が出てきたら躊躇なく殺せるような

条件反射付けをしている用は話も聞きますが……


もちろん、血なまぐさい話ではなく、スポーツや教育、勉強、性格改善、ビジネスその他で、どのように使われているのかを知りたいのですが。

Aベストアンサー

軍医学校の教師で生理学者だったパヴロフは
当時新興の学問だった心理学に懐疑的だったようです。
皮肉にも,そのパヴロフの条件反射研究は
「古典的条件づけ」あるいは「レスポンデント条件づけ」という呼称で
心理学の学習理論に受け継がれていくことになります。

学習理論に基づいて不適応行動を改善するための技法群が行動療法です。
恐怖症だとか強迫行動といった
いわゆる神経症(ノイローゼ)の症状として知られる不適応行動は
不適切な偶発的学習の産物と考えられるため,
再学習によって改善を図ろうというわけです。
近年は理論的背景を異にする心理療法と合流して
認知行動療法の名で呼ばれることが多くなりました。

行動療法のなかでも最も早い時期に確立されたのが,
古典的条件づけを応用した系統的脱感作(けいとうてきだつかんさ)という技法です。
なにやら仰々しい名前ですが,
要するに「順序立てて鈍感にしていく」技法です。

たとえば恐怖症なら,
恐怖を感じる具体的状況を列挙して怖い順に並べたランキング表(不安階層表)を作ります。
次に体じゅうの筋肉を自在に緊張・弛緩できるようになるまでリラクゼーション訓練を行ないます。
最後に,恐怖ランクの低い状況から順に
恐怖喚起刺激に晒されながらもリラックスした状態を保てるように脱感作訓練を行ないます
(このステップが古典的条件づけ)。
ひとつの状況がクリアできたら,より恐怖ランクの高い状況で同じことを繰り返し,
最高ランクの恐怖状況でもリラックスしていられるようになれば成功です。
この際,生の刺激の代わりにリアルなイメージを想起するだけでも同等の効果があるとされます。

ところで
御質問の中のこの部分。

>聞いたところでは、アメリカでは兵士に対して、的が出てきたら躊躇なく殺せるような
>条件反射付けをしている用は話も聞きますが……

これは学習理論のもうひとつの柱(というか大黒柱)である「オペラント条件づけ」ですね。
オペラント行動は生理学や心理学で言うところの「反射」ではないので,
これを条件反射と呼ぶのは適切ではありません。
条件反射は生まれ持った無条件反射を別の刺激と組み換えるだけの学習ですから,
自由度が低く,応用領域も広いとは言えません。

学習理論については下記のQ&Aも参考になさってください。
■心理学が効果的に使われいるものは?
 http://okwave.jp/qa/q5675062.html
■やる気と報酬の関連についての実験
 http://okwave.jp/qa/q5776840.html

軍医学校の教師で生理学者だったパヴロフは
当時新興の学問だった心理学に懐疑的だったようです。
皮肉にも,そのパヴロフの条件反射研究は
「古典的条件づけ」あるいは「レスポンデント条件づけ」という呼称で
心理学の学習理論に受け継がれていくことになります。

学習理論に基づいて不適応行動を改善するための技法群が行動療法です。
恐怖症だとか強迫行動といった
いわゆる神経症(ノイローゼ)の症状として知られる不適応行動は
不適切な偶発的学習の産物と考えられるため,
再学習によって改善を図ろうと...続きを読む

Q日常生活での条件付けの例を教えてください。

日常生活における条件付けの例にはどんなものがありりますか。

食事時になるとおなかがすく,夜になると眠くなる。嫌な人の顔をみると胃が痛くなる・・・
自分でもいくつか考えたのですが,どうも違っているようにも思います。

なお条件付けには古典的と,オペラントの二つがあるようですが,
可能ならその例がどちらなのかも教えてください

Aベストアンサー

こんにちは。
何れが条件反射かと言いますならば、産まれたときはなかったけれど、生後の体験や訓練によって無意識に発生してしまうものは全て条件反射です。こうなりますと範囲がたいへん広くなってしまうのですが、ここで言及されるのは「条件刺激」と「条件反応」の組み合わせであり、少なくとも意識して行う行動は除外されます。そして、古典的条件とオペラント条件は、たいへん大雑把ですが、これによって発生する反応が「生理反応(無条件反射)」か「自発行動」かによって見比べることができます。
条件反射発見の基となりましたパブロフの犬は、本来、目の前の餌や臭いに対して唾液が分泌されるという生理反応が、「聴覚という刺激」に条件付けされたものです。これに対しまして、オペラントとは特定の条件刺激に対し、無意識のうちに何らかの「自発行動が誘発されること」を言います。

では、「お腹が空く」とか「眠くなる」というのは生理反応ではなく「生理状態」です。加えて、果たして時間というのは条件刺激として扱えるものなのでしょうか。
我々には体内時間というものがあります。ですが、そのときお腹が空いていなければご飯を食べたいという欲求は発生しません。これは本能行動の原則です。
ところが、毎日同じ時間にご飯を食べますと、その満足感や幸福感が学習され、時間になるとご飯を食べたくなるという自発行動が条件付けされます。さっきお菓子を食べたばかりなのに時間になるときっちりご飯を食べたくなる。この場合はオペラント条件付けの可能性があります。はっきり言って太りますよね。因みに、「ストレス性過食」もオペラントに分類されます。

次に、嫌悪感を感じて胃が痛くなるというのは生得的な無条件反射です。ですが、産まれたときに好き嫌いは決まっていませんから、好きなひとに近付き、嫌いなひとを遠ざけるというのは自発行動でありオペラントです。そこでこの結果、嫌いなひとと会った瞬間に思わず胃が痛くなるならば生理反応ですから、これは古典的条件付けと言えるかも知れません。

この説明では歯がゆく、納得もゆかないと思いますが、我々の日常生活において条件反射といいますのは意識行動の中に埋もれてしまい、純粋なそれを搾り出すというのは中々困難です。ですが、ただオペラントは癖や習慣などにおいて頻繁に存在します。
古典的条件付けによって不必要な生理反応が発生するよりは、過去の体験に基づいて状況に応じた自発行動が選択されることの方が生後環境に適応するためには我々動物にとって遥かに役に立ちます。そして、オペラントは如何なる刺激に対しても比較的かんたん形成されるだけではなく、飽きてしまえば終わり、慣れてしまえばそれまでといったレベルで何処にでもあります。但しそのため、これが度を越しますと「ギャンブル依存症」や「アルコール依存症」などといった深刻な事態に進展することも果たして稀ではありません。

では、日常生活で条件反射の例というならば、まず「無意識行動を前提」とし、「条件刺激(原因)」と「条件反応(結果)」の特定できるものを色々と探してみてはどうでしょうか。
例えば、梅干やレモンを見ると口がすっぱくなるというのは代表的な古典的条件反応です。ならば、恋愛……。異性に興味を持つのは本能行動です。ですが、他には目もくれず、特定の異性ばかりが無性に気になるというのは無意識な自発行動であり、これはオペラント条件付けによるものです。ですから、恋は盲目と言われるんですね。

こんにちは。
何れが条件反射かと言いますならば、産まれたときはなかったけれど、生後の体験や訓練によって無意識に発生してしまうものは全て条件反射です。こうなりますと範囲がたいへん広くなってしまうのですが、ここで言及されるのは「条件刺激」と「条件反応」の組み合わせであり、少なくとも意識して行う行動は除外されます。そして、古典的条件とオペラント条件は、たいへん大雑把ですが、これによって発生する反応が「生理反応(無条件反射)」か「自発行動」かによって見比べることができます。
条件反...続きを読む

Q古典的条件づけの日常例

心理学の講義で「古典的条件づけについて日常的事例を取り上げながら説明しなさい」という課題が出ているのですが、古典的条件付けの日常事例がいまいち思いつきません。
いい例をご存知の方はご指導よろしくお願いします。

Aベストアンサー

古典的条件付け(レスポンデント条件付け)の定義は、パブロフの実験を例に挙げると、
「無条件刺激(エサ)に先立って、中性的刺激(ベルの音;条件刺激)を提示し、これを繰り返すことによって、やがて条件刺激が起こるだけで無条件反応(唾液分泌)が起こる」
ですよね。

#1の方のレモンや梅干しの話は有名ですが、日常生活でパブロフの実験のような犬の話をすると、例えば飼い主が外出先から帰ってくるとすぐエサを与えるような習慣があると、そのうち犬は飼い主が玄関の鍵を開ける音を聞いただけで上記のような唾液分泌が起こってくるようになりますよね。(うちで昔飼っていた猫は、海苔が大好物で、台所で海苔缶に何かものが当たる音がしただけで、台所までダッシュしてきて口をなめずり回してました)

このレスポンデント条件付けは、人間の行動よりもむしろペットの行動について考えてみた方が分かりやすいかも知れません。

これに対してオペラント条件付けは非常に思いつくことが多くて楽しいのですが(ギャンブルにはまる心理とか…)。

あんまり参考にならなくてゴメンナサイ。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Qパブロフの犬

パブロフの犬とは、どういう意味ですか?
また、誰がそれを考え出したのですか?教えてください。

Aベストアンサー

イワン・ペトロビッチ・パブロフ Ivan Petrovich Pavlov による条件反射の研究を指すものです。
1902年にパブロフ博士は犬の唾液腺の研究中に、飼育係の足音で犬が唾液を出すことを見つけ、条件反射についての研究をはじめました。
その研究の過程で、ベルを用いての唾液分泌という実験方法を使いました。そして、周囲はこの状態の犬;条件反射で唾液を出す;をパブロフの犬と称するようになりました。
パブロフ博士は1904年にノーベル生理学・医学賞を受賞されていますね。
以上Kawakawaでした

Qポルトマン

学校の授業で「人間発達の特殊性(含 ポルトマン)」について調べて発表することになりました。いろいろ調べては見たのですが、ぜんぜん進まなくて困っています。どういうことを調べればいいのか、あるいはどのような本を調べれば役に立つのかなど、何でもいいので教えてください。

Aベストアンサー

これは発達(教育)心理学の授業でしょうか?
「発達」「ポルトマン(Portmann, A)」「特殊性」というキーワードから出てくるのは「生理的早産」だと思います。

人間を他の動物と比べるとします。一般に高等動物は,母親の胎内にいる期間が長いため,感覚器・運動器官など基礎的な能力がある程度成長して生まれてきます(離巣性)。対して下等動物は,期間が短く,誕生時は著しく未熟です。そのために養育者の保護が全面的に必要になります(留巣性)。
では人間はどうかというと,胎内にいる期間は長いにも関わらず,誕生時の基礎能力は下等動物と同じように未熟で「留巣性」の特徴を持っています。
このことをポルトマンは,人間が基礎的能力をある程度確立できるのは生後ほぼ一年後であり,人間はまだ胎内で発育するはずのところを早く生まれてきたのではないか(生理的早産)と考えました。
ポルトマンは何故最も進化を遂げた人間がこのような一見不利な特徴である「生理的早産」を示すのか,その理由について考えました。そして,この「生理的早産」こそ,人間が他の動物の追随を許さない可能性を持つ存在にしたのだと主張します。つまり,生理的早産とは逆に言えば,人間の生物種として未熟な状態であるがゆえに「生物としての本能」の影響をあまりうけなくなった。そして本能の制約を受けることなく,自分達にとって有益な人間的な行動様式を「学習」できるようになる。大雑把に言えばこのような主張です。

かならずしも発達心理学が専攻ではないのですが,大まかに心理学専攻生(研究生)ということで専門家にしました。

これは発達(教育)心理学の授業でしょうか?
「発達」「ポルトマン(Portmann, A)」「特殊性」というキーワードから出てくるのは「生理的早産」だと思います。

人間を他の動物と比べるとします。一般に高等動物は,母親の胎内にいる期間が長いため,感覚器・運動器官など基礎的な能力がある程度成長して生まれてきます(離巣性)。対して下等動物は,期間が短く,誕生時は著しく未熟です。そのために養育者の保護が全面的に必要になります(留巣性)。
では人間はどうかというと,胎内にいる期間は長いにも...続きを読む

Qリビドーとは何ですか。

誰かリビドーの意味を知っている方、教えてくれませんか!

Aベストアンサー

強い衝動、欲求、欲望、本能。
性欲の意味でも生欲の意味でも使われます。

Q古典的条件付けと道具的(オペラント)条件付けの違い

古典的条件付けと道具的(オペラント)条件付けの違いがよくわかりません。どういうものなのか、という定義を教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

前の人の補足です。

R:反応
S:刺激

古典的条件付けの例は、「梅干を見たら、唾が出る」。
「梅干を見る」が刺激で、「唾が出る」というのが反応です。
このように、刺激があってすぐに反応がある、という単純なのが古典的条件付け。パブロフの犬の実験も有名ですが、日常生活の例のほうが分かりやすいでしょ。

で、オペラント条件付けは、
先ほどの例がただただ与えられるだけだったものが、今度は被験者の行動も関わってくるようになるのです。
つまり、
私が勉強をしているときには、悪口を言わない。勉強をやめたら、悪口を言われる。
こうすると、「悪口を言われる」という嫌な刺激をとめるためには「勉強をする」という行為が必要なことを学習し、勉強します。このように、ある刺激をとめるために、何らかの行動を起こすようになる、このような条件付けをオペラント条件付けといいます。

なお、オペラント条件付けの場合、「何らかの行動をしたら、その報酬をもらえる」という繰り返しをして条件付けするという逆もあります。
「勉強したら褒める」、これも立派な条件付けです。

で、すみませんが、定義に関しては心理学辞典を参考にしてください。それが確実だと思います。

前の人の補足です。

R:反応
S:刺激

古典的条件付けの例は、「梅干を見たら、唾が出る」。
「梅干を見る」が刺激で、「唾が出る」というのが反応です。
このように、刺激があってすぐに反応がある、という単純なのが古典的条件付け。パブロフの犬の実験も有名ですが、日常生活の例のほうが分かりやすいでしょ。

で、オペラント条件付けは、
先ほどの例がただただ与えられるだけだったものが、今度は被験者の行動も関わってくるようになるのです。
つまり、
私が勉強をしているときには、悪口を言...続きを読む

Qノートパソコンでブルーレイは見れますか?

2,3年前のノートパソコンでウィンドウズ7ですが、 PowerDVD 9が入っていて、DVD+/-RWドライブです。

このパソコンで、レンタルしたブルーレイーなどは見れるものでしょうか??

Aベストアンサー

そのPCにブルーレイドライブがなければ見ることは出来ません(DVDドライブでは駄目)。
具体的には、対応メディアにBDという表記が必要となります。

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報