零細企業で働いています。疑問なのですが、いくつもの部門の仕事を兼ねてやらされています。本来なら何人かいないといけないのですが不景気であり、人員を増やせないので今の状況です。しかしながら、仕事をなかなか覚えることができず中途半端な状況になることが多いです。やはり、中小零細企業では、あたりまえなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

社員10人少しの零細企業に勤める者です。


当たり前です。私はデザイン兼職人兼事務員兼パソコンサポートセンターです。
20年ぐらい昔なら、ひとつの事しか出来なくても良かったのだろうと思います。

会社レベルで考えても、これしか作りません という会社は
昔はたくさんあったのだろうと思います。
不況が長引く中、ひとつの事しか出来ない会社は
時代の流れに対応出来ずに潰れていったのです。

あなたの仕事とはまるでジャンルが違うかもですが、写植
これは現在では廃れ切った印刷技術です。時間も金もかかるから
オンデマンド印刷等の安価で早い印刷方法に対応出来る会社が残ってる。

そうでない会社もありますがね。
例えば烏帽子を作る会社 競合会社がいないからシェア100%
こういう特殊な会社は、そこに勤める人も烏帽子だけ作っていればいいのです。
ひとつの事だけやっていればいいし、シェア100%だから余計そうでないといけない。
他の変な事に対応されて烏帽子の質が落ちたら困る。他に頼む当てもない。

>しかしながら、仕事をなかなか覚えることができず中途半端な状況
これはこれで歯がゆいでしょう。悪く言えば器用貧乏になるだけ。

でも、人間には無限の可能性がある思います。
あなたが今どんな仕事をされているのか知りませんが
アレもコレも中途半端で嫌な感じかも知れませんが、
こう感じるのは、あなたがきちんとしたい人だからではないですか。
これを周囲の人も知ってるから、あなたにアレコレしてもらっているんだと思う。

それをこなすだけの頭脳と技量があなたにはあるのでしょう。
やらされている じゃない。
あなたが能無しの馬鹿だと周囲が看破していたら、色々振らない。
仕事を振る方もちゃんと見て用心してやってます。
人がいないからって、明らかにダメだろうという人には任せません。

引き出しが多いのに越した事はない。この先潰しもきく。それはあなたの財産になる。
    • good
    • 0

例えば、自営で一人しかいない店の場合を考えた事は有りますか?


それこそ一人で何役もこなせないと続けることが出来ません。
今は、いやいややらされていると感じていますか?
No.2の回答者さんが書かれた様に、いつか不慮の環境に置かれたら
きっと後悔するどころかやっていて良かったと思うはずです。
人より少し頑張れば、きっと成果が出ますよ。
会社にいる時間だけで覚えようとすると、なかなか覚えにくいかも分かりませんね。
帰宅してからも、インターネットなどで仕事に関する知識を増やしていけば、自然と
仲間から頼られる存在になるのではないかと思いますよ。
仕事が出来るだけでも贅沢な時代になって来ているので、頑張ってみましょう。
    • good
    • 0

これは当たり前といえば当たり前です。


会社で必要な仕事の種類が同じだとすれば、人数の少ないところは多くの種類をしなければならず、人数の多い会社では少ない仕事の種類を深く追求しないといけないでしょう。
でもこれはどちらが良いかとは別です。

私は採用側で中途採用の面接を数多くやりました。大手企業からの応募者もかなりの数でしたが、その中には時々非常に知識の幅が狭い方がいました。専門の分野は強いのでしょうが、そこからちょっと違うことはまったく判らないというタイプです。
時には自信満々のそのタイプの応募者に意地悪で意図的にそういう質問をすると、それこそメロメロになってしまうこともありました。
でもこういう人はその会社以外では使えないですよね。

貴社がそういう環境ならば、逆にこれを幸運と考えてその幅広い仕事をすることを楽しんだらいかがでしょうか。
転職を考えない限りはそのほうが社内の立場も良くなるでしょう。いつかは転職もというのならば、その中からひとつだけでも自分にあった仕事を徹底的に覚えたら良いと思います。

何か特技があって、おまけに何の仕事も満遍なくできるというのは、世の中がどうなっても行きぬける人だと思いますよ。
    • good
    • 0

>仕事をなかなか覚えることができず


これは企業規模は関係ないです。
まるっきり系統の違う業務を複数持ってこなす人はたくさんいます。

>いくつもの部門の仕事を兼ねてやらされています。本来なら何人かいないといけないのですが不景気であり、人員を増やせないので今の状況です
これは、中小企業では、ごく一般的だと思います。

ある程度の規模の大きいところでも兼務は普通です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社長長期病欠時の役員報酬の支払いについて

社長が急病となり会社を中長期(数か月)休むこととなりました。
この状況ですから、中小企業で差ほど経営状況もそれほど良くなく
役員報酬の支払い停止(減額)についても考えなければならいところです。
本人(社長)も、いたしかたないとの思いもありますが
役員報酬は、期途中(期首から3カ月を超えた場合)での
変更はそれなりの問題があるように見えます。(損金不算入)

何か良い方法がありまするのでしょうか?
ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>社長が急病となり会社を中長期(数か月)休むこととなりました。

回答:取締役会にて減額の決議をし減額をしてください。回復しましたら今一度
   取締役会において増額の決議をしてください。
   今回の場合であれば、定期同額給与の臨時改定事由に該当しますので、
   定期同額給与として損金算入ができます。
     <理由は下記参照>

定期同額給与を変更する場合であっても、臨時改定事由に該当すれば定期同額
給与となります。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S40/S40SE097.html#1002000000001000000001000000002000000010000000000000000000000000000000000000000
<法人税法施行令69条>

具体的には、下記の国税庁の資料が参考になります。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/hojin/qa.pdf
<役員給与に関するQ&A 15ページ>

抜粋
役員が病気で入院したことにより当初予定されていた職務の執行が一部できな
いこととなった場合に、役員給与の額を減額することは臨時改定事由による改
定と認められます。
また、従前と同様の職務の執行が可能となった場合に、入院前の給与と同額の
給与を支給することとする改定も臨時改定事由による改定と認められます。
したがって、甲に支給する給与はいずれも定期同額給与に該当します。

>社長が急病となり会社を中長期(数か月)休むこととなりました。

回答:取締役会にて減額の決議をし減額をしてください。回復しましたら今一度
   取締役会において増額の決議をしてください。
   今回の場合であれば、定期同額給与の臨時改定事由に該当しますので、
   定期同額給与として損金算入ができます。
     <理由は下記参照>

定期同額給与を変更する場合であっても、臨時改定事由に該当すれば定期同額
給与となります。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S40/S40SE097.htm...続きを読む

Q中小零細企業の方、MicrosoftOfficeの活用法を教えてください。

中小企業でパソコンを使っている方に質問させてください。

あなたの会社では、WordやExcelをどのように活用していますか。
(Excelで見積書、請求書を作っている、等)
また、広い意味で今後パソコンでやってみたいことなど、教えてください。
(Excel、Accessで顧客の管理をしたい、会計ソフトを導入したい、等)

小さなことでも結構です。回答お願いします。

Aベストアンサー

Wordは文章作成やFAX用で
Excelはグラフ化する時に使います。
ExcelはWordの様にも使います。

メインはやはりAccessです。
ネットワーク上のデータベースとして
これが無くては会社が動かないほど使っています。

以前、落雷でハブとルータが飛んだとき
まったく仕事になりませんでした
便利さを改めて実感しました。
初めは取っ付きが悪くてもAccessで管理されることを
お勧めします。

Q大企業社長と零細企業平社員の違い

大企業社長になれる人は、零細企業の平社員止まりの人と比べて何が違うのですか?

同じ人間でなぜここまで違うのでしょうか。
何が明暗を分けたのでしょうか?

努力するという面では一緒だと思いますが、
何がどう左右したのでしょうか?

大企業は待遇も良い。
この日本の社会の在り方にうんざりしています。


24歳男。

Aベストアンサー

同じ人間でなぜここまで違うのでしょうか。
何が明暗を分けたのでしょうか?

と言ってもその事情はさまざまです。
生まれから社長の子供だったと言う人もいれば、バイトで大学を出て大企業に入り社長まで行った人もいます。
社長の子供に生まれても社長になってすぐに会社をつぶす人もいます。

これらはその人の運と努力の両方があると思います。
誰の子供に生まれるか、どういう頭脳を思って生まれるかは運です。
でもその生まれや能力をどう使って成功するかはその努力です。
あなたがもしそういう生まれでなかったら、人一倍の努力をすることを考えてみたらいかがでしょうか。

私がかつて勤務した会社の社長は、自分で作った会社を日本でも有数の企業まで育てた人ですが、誰よりも会社に早く来て、誰よりも遅くまでそこにいました。
少なくとも私が在社した間に彼が個人的な楽しみを社員に見せたことはありませんでした。
成功する人はこういう生き方をしているのです。
あなたもそうできるか考えてみてはいかがでしょうか。
日本は職業選択は自由です。何をやるかはあなたが決めることです。

Q中小零細企業の人材問題について

タイトルどおり、中小零細企業で働いています。従業員10人程度です。現在、2年目です。最近、感じることは、社員の年齢の高齢化です。平均53です。特に営業は、一人しかいません。業界的に、ルート営業なので、長年の人脈がものをいう業界です。最近、感じるのは、営業が一人しかいないということは、早く新しい人を育成することが必要なのではないかということです。長年の景気後退の影響もあり。新卒を入社させる力がなく、社員を減少させてなんとか経営している状況なので人材育成を先送りにしてきたツケがいつかくるのでは、ないかと心配しています。とにかく売上がよくても利益が少ないので、経営的には厳しく人材を確保することはなかなかできないと感じています。営業もすぐに新人がきても、今までみたいに売ることができないようです。商品知識や人望がものをいう業界みたいですので、最低でも5~6年はかかるみたいです。こういう会社は、よくあるのでしょうか?

Aベストアンサー

経営者が先を見ているかどうかの問題ですね。
また人材をコストと見るのか資産と見るのかの違い。
ちゃんと先を見て、人材を資産と見れる経営者はいつごろ新しい営業を入れるかのタイミングをしっかり考えているでしょう。
時には自分の役員報酬を削っても人を入れます。
しかし先が見えない人や人材をコストと考える経営者は人材育成もしないし利益が出たら考えれば良いと思ってしまいジリ貧になっていくだけです。

中小の中にはしっかり経営を考えていない社長もいるのでそういう会社ではよく聞く話しですね。
そしてそういう会社はどんどん淘汰される側に回ってしまいがちですね。

Q社長の役員報酬も製造原価に配賦する?

お世話になります。

家族でやっているような小さな製造業の会社です。
社長も製造の作業をすることがあるのですが、
たとえば全体の3割くらいその作業をしたとすると、
社長の役員報酬のうち3割部分は販管費ではなく
製造原価に算入すべきなのでしょうか?

原価計算においては算入すべきだと思いますが、
財務会計上の取り扱いはどうすべきでしょうか。
ちなみに全て定期同額給与です。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

企業会計原則の第一「一般原則」の第一号に「真実性の原則」と呼ばれる規則があります。

真実性の原則:
企業会計は、”企業の財政状態及び経営成績に関して、真実な報告”を提供するものでなければならない。

一般に株式会社の社長は、その会社の法的かつ社会的な代表者であり、その職務として、会社全体の経営活動を指揮、指導、管理、監督します。従って一般的に社長は、営業とか、総務とか、製造とかの、特定の部署の仕事はしません。

しかしながら、中小企業においては、人員に余裕がないためでしょうが、営業をしたり、製造作業をしたり、経理に顔を突っ込んだりする会社が実情です。そして、それが実情であるならば、会計においても実情を反映させなければなりません。でなければ、”会社の財政状態及び経営成績に関して真実な報告”を提供できないからです。

社長が仕事の時間の3割を製造作業に費やすのであれば、原価計算の際に社長の役員報酬の3割を製造原価に算入すべきです。財務会計においても、7割を販管費に、3割を製造原価に計上します。そして一般には、3割の役員報酬を製造間接費とし扱い、製品に配賦します。

なお法人税法上は、定期同額給与である限りは、まったく問題ありません。

企業会計原則の第一「一般原則」の第一号に「真実性の原則」と呼ばれる規則があります。

真実性の原則:
企業会計は、”企業の財政状態及び経営成績に関して、真実な報告”を提供するものでなければならない。

一般に株式会社の社長は、その会社の法的かつ社会的な代表者であり、その職務として、会社全体の経営活動を指揮、指導、管理、監督します。従って一般的に社長は、営業とか、総務とか、製造とかの、特定の部署の仕事はしません。

しかしながら、中小企業においては、人員に余裕がないためでしょうが、営...続きを読む

Q新卒で零細企業に就職しましたが…

はじめまして。
4月から社員になった新卒(女性22歳)です。
営業事務をやっています。(まだ見習いですが)
私の会社は工業製品の卸売業で従業員10人(うち女性3人)に満たない零細企業です。
就職のきっかけはハローワークからの求人でした。
中途採用が主だった会社なのですが、私が新卒=未経験にも関わらず採ってもらいました。
会社は過去に新卒を採用した経験があまりないようで、同期や年のの近い人が一人もいません。
社内の雰囲気は、小さなところなので一日中営業さんが忙しそうにしています。
それで、今のところは簡単なことから徐々に教えてもらっているので、なんとか勤めていますが、初めての就職先が誰も知らない零細企業で、同期が一人もいないとちょっと不安になってきます。

「自分なんがが勤まるだろうか…いえ、勤めるんです!」

って言い聞かせてはいますがやっぱり不安です。
今のところ働いていて会社自体は特に問題のないので
(激務だとか、サービス残業だとか、セクハラだとか)
あとは気の持ちようだと思うのですが…。
新卒や未経験の就職でから同じような境遇を経験された方がいらっしゃったら、アドバイスをいただけないでしょうか。
また、このような零細企業でうまくやっていくヒントがあったらどうか教えてください。
まとまりのない文章ですみません。
よろしくお願いいたします。

はじめまして。
4月から社員になった新卒(女性22歳)です。
営業事務をやっています。(まだ見習いですが)
私の会社は工業製品の卸売業で従業員10人(うち女性3人)に満たない零細企業です。
就職のきっかけはハローワークからの求人でした。
中途採用が主だった会社なのですが、私が新卒=未経験にも関わらず採ってもらいました。
会社は過去に新卒を採用した経験があまりないようで、同期や年のの近い人が一人もいません。
社内の雰囲気は、小さなところなので一日中営業さんが忙しそうにしていま...続きを読む

Aベストアンサー

 中堅企業の管理職兼零細企業の役員をしています。
 あなたの気持ちはよくわかります。でも問題は、同期がいるとかいないでは無いと思います。
 大企業ではアリンコの理論といいまして、優秀な社員が2,普通の社員が6,駄目な社員が2という比率で発生するのが当たり前と考えています。多少の待遇の違いはあるものの、できる奴ができない奴を支える構造です。無能でもクビになることはまずありません。
 ところが、零細企業では1人の社員が社員の10%にもなる。これが無能だったら会社は大打撃を受けます。逆に優秀なら、宝物を拾ったようなものです。つまり、会社にとってあなたがあたりなのかはずれなのかは、大企業の何百倍も大きな意味を持つということです。
 そう聞いて、あなたが張り切るのか、それともがっかりするのかで、あなたが取り組むべき方向は変わってくると思います。
 前者であればあなたのがんばりによって会社は大きな力を得るし、すごいスピードで仕事を任せられるようになるでしょうし、がんばりによって給料アップもかなり望めます。しかいもし後者であり、実際にあなたのパフォーマンスが悪ければ、大企業とは違い、平気で「やめて欲しい」と言われます。法的に解雇は難しいなんて言うのは建前で、やめて欲しいと言います。そうでないと零細企業はとても立ちゆきません。役に立たない人を抱える余裕がない。
 前者きもちで少なくても3年は頑張ってみようと思えるなら、いろいろと道は開けるかも知れませんね。
 ところで同期のことですが、学生時代の同級生と会社の同期は同じではないです。会社の同期は決して気の置けない友人ではありません。敵にも味方にもなる、実は案外付き合い方の難しい人たちです。だからこそ、多くの社会人は社外に友人を求めるんです。あなたも同期がいないなら社外に友人を求めればいいと思います。
 たぶん、あなたの会社はあなたになにか魅力を見つけたんでしょう。その期待に応えてみるのも悪くないと思います。

 中堅企業の管理職兼零細企業の役員をしています。
 あなたの気持ちはよくわかります。でも問題は、同期がいるとかいないでは無いと思います。
 大企業ではアリンコの理論といいまして、優秀な社員が2,普通の社員が6,駄目な社員が2という比率で発生するのが当たり前と考えています。多少の待遇の違いはあるものの、できる奴ができない奴を支える構造です。無能でもクビになることはまずありません。
 ところが、零細企業では1人の社員が社員の10%にもなる。これが無能だったら会社は大打撃を受け...続きを読む

Q役員報酬の社長一任

零細企業です。
設立時(7年前)、総会で役員の報酬上限額を決め、但し、個別の報酬額は取締役会一任とし、さらに取締役会では、個別の報酬額を社長一任として、総会および取締役会議事録にもその旨記載しました。
以後、毎年の株主総会および取締役会では、特にその旨の議案を提出せず、従って議事録にもその旨記載せず、現在に至っています。
これって、税務上、何か問題があるでしょうか。
例えば、社長が同一人物であっても個々の役員の報酬額をアップさせる場合とか、新たな常勤役員が選任されたときとか、社長が交代した時とか、直近の株主総会や取締役会での「一任」についての改めての決議および議事録記載が欠かせないとされているケースってあるんでしょうか。
蛇足ながら、毎回決議をしておけば何ら問題を生じないことは百も承知のうえで、どこまで手間が省けそうなのかを概略知りたいんです。

Aベストアンサー

>「一任」についても、再度の決議は不要なんですね?。たとえ社長が交代したときでも。

総会の決議が役員の総額を定めたということならそのとおりです。普通はこの方法です。
ただ場合によっては個別の役員の報酬を株主総会で決議する場合もあります。
その場合は当然その決議に載っていない役員や、その限度を個人的に超えるような場合は、再決議が必要です。
一任の場合は報酬の総額が問題になるだけで、その配分方法は社長や取締役会の任意ということです。

税務上は役員報酬は各人の報酬が毎月一定額という条件になっており、これは事業年度の開始の月か、3月後(株主総会後の月)から1年間定額という意味です。
この条件を満たせば問題はありません。


これに対して株主総会の決議は会社法の上で役員が受け取ることができる報酬の額の定めで、直接的には税務とは無関係です。基本は株主と役員の権利の関係です。

Q社員数15人程度の零細企業ってこれが普通??

疑問に思った事があるので、質問させて下さい。

わたしは社員数15人程度の零細企業に勤めています。
このくらいの小さな規模の会社で良くあると思うのが
ワンマン社長のわがまま経営方針だと思います。
ウチの会社も例外ではなく、たとえば2ヶ月に1回は
社長の独断と偏見で「今度の日曜は山登りだ!」
といった感じで社内で肩書きのある社員だけ5人が集められ、
こっちの都合等おかまい無しに、強制参加させられます。
もちろん社員同士はとても仲がいいのですが、
社長はそういった行事の最中でも、何かと社員の不手際を見つけ
常に指摘し厳しく注意。1日中そんな感じだから
遊びで出かけているはずなのに楽しい訳がありません。
でも楽しいふりをしないと怒られる・・・
そんな感じの社長なので、社員達は社長と行動する時は
常に神経を張りつめ、社長が機嫌を損ねないように
フルに気を使わなきゃならないので、普段仕事しているよりも
100倍疲れる始末(平日の仕事中は社長は会社に顔を出さないので・・・)
社長はいわゆる「裸の王様」状態で、
自分は本当に社員に好かれ愛されていると思い込んでいます。

とまあ、こんな感じの会社なのですが
他の零細企業もこういったことはあるのでしょうか?
正直な気持ちとしては、日曜日までを返上して
何故社長に神経をすり減らす接待のような事をしなければならないのか?
社長が本当に能力があり尊敬できる人間だったら、
こういった行事も喜んで参加します。
まぁ尊敬出来る所もたしかにありますが、
自分から見たらただのわがまななオヤジ、
まるで子供を相手にしているようにしか思えません。
他の社員は日曜日に社長の家の芝刈りをやらされたりしていますし、
タバコや薬を買いに行かされるパシリを毎日やっている社員もいます。
みなさんはどう思いますか?
零細企業ならこんなもので、私が世間知らずなだけ?
それともウチの会社狂ってる??

疑問に思った事があるので、質問させて下さい。

わたしは社員数15人程度の零細企業に勤めています。
このくらいの小さな規模の会社で良くあると思うのが
ワンマン社長のわがまま経営方針だと思います。
ウチの会社も例外ではなく、たとえば2ヶ月に1回は
社長の独断と偏見で「今度の日曜は山登りだ!」
といった感じで社内で肩書きのある社員だけ5人が集められ、
こっちの都合等おかまい無しに、強制参加させられます。
もちろん社員同士はとても仲がいいのですが、
社長はそういった行事の最中でも、何...続きを読む

Aベストアンサー

失礼致します。Nextbaronと申します。

社長が裸の王様になりやすいのは仕方がないとしても、かなり「すっぽんぽん」な社長さんですね。例え、非常に価値のある意図や目的があろうとも、職員に伝わらなければ意味がありませんよね。

狂っているというほどではないかと思いますが、静観すべき事態だとも思いません。

そこで一度、軽く「これって、どういう目的なんですかぁ~」と尋ねられてみてはいかがでしょうか。そして全く不適切な回答であれば、後日に職員で一致団結して社長にNo!を突きつけるのが良いでしょうね。

最近では特に「アサーティブ・アクション」が注目されており、良書が多くあります。hksgt2835さんがアサーティブに挑戦されるちょうど良い機会かもしれません。

http://www.assertive.org/01/01_nani.html
http://www.amazon.co.jp/断る力-文春新書-勝間-和代/dp/4166606824
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_b?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%83A%83T%81%5B%83e%83B%83u&x=0&y=0

参考URL:http://www.inetsrv.com/~msakurai/simone/no/no.htm

失礼致します。Nextbaronと申します。

社長が裸の王様になりやすいのは仕方がないとしても、かなり「すっぽんぽん」な社長さんですね。例え、非常に価値のある意図や目的があろうとも、職員に伝わらなければ意味がありませんよね。

狂っているというほどではないかと思いますが、静観すべき事態だとも思いません。

そこで一度、軽く「これって、どういう目的なんですかぁ~」と尋ねられてみてはいかがでしょうか。そして全く不適切な回答であれば、後日に職員で一致団結して社長にNo!を突きつけるのが良...続きを読む

Q零細企業。社長の愛人。

友人が今零細企業(社員5人)に勤めていますが、退職したほうがよいか悩んでいます。
社長の愛人が事実上会社の次期社長で、凄く気分屋で気に入らないことがあると休んで業務を滞らせ、周りに圧力をかけるそうです。社長は指揮命令せず愛人が休みまくっても給料は減らしません。
友人がいる間(4年)の間に、社風が嫌で5人入っては辞めているそうです。

ただでさえ利益が衰退して社員の給料がカットされているのに、彼女の上司としての品がないために将来性が感じられず、社長も見てみぬ振り、残業も社長が帰るまで有無を言わさずサービスでさせられ病気になりそうと愚痴るので、辞めたらて思います、ブラック会社と感じました。しかしこのご時世だと気安く辞めたら心配でもあります。

しかしやはり、そんな態度の愛人が台頭するような零細会社は先行き危険でしょうか?

もし皆さんの周りで事例があれば、お教えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

どう考えても質問者さんの会社はブラックだと思いますし、遠くない未来につぶれるでしょう。
きついことを言いますが、仕事をしながら並行して新しい職場を見つけることをお勧めします。給料は退職金がもらえるうちに沈みかかった船からは逃げましょう。

Q零細企業の二代目ですが、どうすればいいのでしょか?

私は繊維関係(ファッションの企画・縫製の上製品にして納品を行っている)の零細企業の二代目になる予定ですが、現在より会社を大きくしていきたいと思っておりますがどうしても納品先様が見つからなくて・・・足を使って会社訪問などもしておりますが、ほとんどが門前払いで・・知人などの紹介などもお願いしていますがなかなか見つからなくて困っております。皆様はどのように新規開拓などを行っておられるのでしょうか?教えて頂ければ幸いです。参考にさせて頂きます。

Aベストアンサー

もうやっておられるかもしれませんが、売り込みとして、足を使って会社訪問を行う他にも、広報目的で自社のホームページを作成し、各種の情報を掲載した上で、場合によっては小売り目的で消費者向けのネット通信販売をも行うという事はどうでしょうか。近場ではあまり需要が無くても、広い世界のどこかでは、そのような専門的な技術の需要がある可能性もあります。

また、昔の同級生で「全く違う分野で活躍している人」と会ってみる、というのもいいかもしれません。繊維の材質や性能によっては意外な需要があるかもしれませんし、また新しい技術を取り入れる契機にもなりえます。例えば、医者の知人がいれば、オシャレで清潔感のある白衣や入院衣、マスクなどの要望があるかもしれませんし、電器業界であれば、パソコンや携帯電話用のオーダーメイドのケースなど、需要があるかもしれません。場合によっては、自動車や航空宇宙産業で、特殊な外装や内装の需要があるかもしれません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報