本、雑誌の表紙の写真、雑誌の中身の写真をブログで掲載するのは著作権法違反になるという意見を多数見ます。

購入した本の表紙の写真をブログに掲載するのはやはり法律違反ですか?
違反の場合、合法的に本表紙写真を掲載する方法があるでしょうか?

ちなみにアマゾンなどのアフィリエイトバナーは表紙写真が入ってますよね?
これは売り物だからOKなのですか?

次に雑誌の中身の写真をブログに掲載ですが、
面白い記事、写真があり、それを紹介するためにデジカメ撮影し、ブログにアップロード公開はやはり法律違反ですか?

引用先を明示すればよいのでしょうか?
法律違反の場合、合法的に雑誌中身写真をブログ公開する方法があるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

何故、法律によって写真や本の表紙などが守られているかを


考えてみれば理解しやすいと思います。

写真家は、撮影した写真を出版社などに売って、
そのお金で生活しています。
それなのに、1円も払わずに他人がネット上に写真をばら撒くと、
生活が成り立たなくなります。

アマゾンなどの表紙画像は、売り手が本を売るためのPRとして提供しますので、
アマゾン等のサイトが勝手に画像を利用しているわけではありません。

また、画像だけではなく、文章・詩・漫画・ネット上のBBSやブログ等のコメントなど
創作された全ての作品に著作権があります。
使用する時にお金を払わないといけないものをタダで使うのですから
それで法律違反となるわけです。

使用する場合は、出版社に連絡して使用料金を支払えば使用できます。

この回答への補足

アマゾンのバナーを加工して写真のみのバナーを作成しているサイトがありましたが、バナー加工で画像のみは合法なのでしょうか?

http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/tw …

補足日時:2011/04/20 09:45
    • good
    • 0

わかってないね


アマゾンのバナーを加工する事自体は違法でもなんでもないの

でもそのバナーはただ画像がでかいだけで、クリックしたときにアマゾンにつながって
広告の役割を示してるの。

しかもアマゾンのアフェは申告制です。つまり、申告している以上相手には掲載の許可を取っています。
利用規約にのっとった上で、あからさまに虚無を追記したりしてなければ規約内利用なの
お分かりですか?

スーパーの広告があったとします。
そこにもやし1袋10円と書いてありました。 でも写真がちっちゃかったから拡大しました

これを、どこの会社が撮ったとか 提供~とか書かず スーパーにも許可を取らなかったら
違法

画像をクリックしたときにそのスーパーのHPに飛ぶなりの処置をしてそのスーパーに事前に
広告掲載の申込みをおこなっているなら合法なんです。



許可なしでアフェを使う事はできませんし 勝手に乗せても広告料は入りません。
オリジナルを崩せば 改ざんで賠償金請求です。
世の中すべては契約ですよ。
    • good
    • 0

>ちなみにアマゾンなどのアフィリエイトバナーは表紙写真が入ってますよね?


これは売り物だからOKなのですか?

そうですよ。雑誌を売るという出版より許可をもらっているので掲載してもいいんです。

>次に雑誌の中身の写真をブログに掲載ですが、
面白い記事、写真があり、それを紹介するためにデジカメ撮影し、ブログにアップロード公開はやはり法律違反ですか?

理由がどうであろうが、その記事は貴方が書いたモンじゃないでしょう?
ライターが書いて、出版社より金をもらって、出版社はそれを売ってるわけですよね?

軽い気持ちで書いてありますけど 雑誌一発無断掲載で賠償金なんて
出版部数に比例して、有名ドコの雑誌となれば、貴方が首つって支払えるような金額じゃないですよ
10万とか100万とかそんなチャチな金額じゃないですけど?わかってます?


>引用先を明示すればよいのでしょうか?
法律違反の場合、合法的に雑誌中身写真をブログ公開する方法があるでしょうか?

いいえ、引用先を書いても相手に掲載許可をもらわなきゃ無断掲載です。
掲載に関するクレジットや掲載料に関して契約を結べば合法です。
契約なき者はすべてにおいて 著作権法違反です。たとえ小学生でも警告 受けいられなければ
100%貴方の負ける裁判と制裁が待っています。

特に個人は簡単に裁判できますからね。時々警察や団体より「見せしめで訴えてほしい」って
依頼が着ますよ出版社は、100%勝てる喧嘩なので出版社も容赦はしません。

この回答への補足

アマゾンのバナーを加工して写真のみのバナーを作成しているサイトがありましたが、バナー加工で画像のみは合法なのでしょうか?

http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/tw …

補足日時:2011/04/20 09:44
    • good
    • 0

違反です



ブログ等が一般大衆への公開であることを失念していることが、根本的な原因です
インターネットで書き込んだことは、私的な範囲では済みません、全世界に向けて発信しているのです

このことに気づかれれば余計な説明は不要なはずです

自分から書いていながら、個人情報を暴露されたなどといきまく人が後を絶たないのも、ひそひそ話しの感覚から抜け出せていないからです

インターネットを通じて書かれたことは、公開情報であることを再認識して、その意味を深く考えてください

著作権者の承認を得る以外の方法はありません
限定公開のブログ等でも公開情報であることには違いはありません
(メールでもあて先(CC,BCCを含む)が複数であれば同様です)

この回答への補足

アマゾンのバナーを加工して写真のみのバナーを作成しているサイトがありましたが、バナー加工で画像のみは合法なのでしょうか?

http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/tw …

補足日時:2011/04/20 09:45
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今日、本屋さんで店員さんを呼んで付録付きの雑誌の付

今日、本屋さんで店員さんを呼んで付録付きの雑誌の付録確認をしてから買うという強者がいました。

この人が世間でいう鬼女という方なのでしょうか?

「雑誌の付録を見てから買いたいので、雑誌を開けて付録を見せてほしい」と堂々と店員に言っていました。

まじでか。。。と思いましたが、このお方は鬼女に分類される方なのでしょうか?

それとも女子界では普通のことなのでしょうか?

男性用雑誌にも付録が付いているものがありますが、私にはさすがに中身を見てから買うという発想はありませんでした。
今日がまさに斬新でした。

私はいつも付録付き雑誌を買ってから思ったよりショボイ付録にガッカリというのを幾度と経験してきましたが、
店員を呼んで開封させて付録を見てから買おうとは一度も思ったことがありません。
この行為は書店では普通のことなのでしょうか?

この人が異常なのでしょうか?

大型店では雑誌の付録を1つ出して見せていますが、やはりこういう恐ろしい怪物みたいな客が本当にいるからなのでしょうか?

で、この女性は貴女なのか鬼女なのか判定をお願いします。

私は鬼女と思いました。



これからは付録の中身を客に見せてから買うか判断してもらう作業は書店の店員の義務になってくるのでしょうか?

メンズ雑誌にも付録付き雑誌が増えているので、本屋マナーの1つの意見としてお聞かせください。

写メ禁止なら、付録雑誌の付録を見せるのは本屋の責務?

回答お願いします。

今日、本屋さんで店員さんを呼んで付録付きの雑誌の付録確認をしてから買うという強者がいました。

この人が世間でいう鬼女という方なのでしょうか?

「雑誌の付録を見てから買いたいので、雑誌を開けて付録を見せてほしい」と堂々と店員に言っていました。

まじでか。。。と思いましたが、このお方は鬼女に分類される方なのでしょうか?

それとも女子界では普通のことなのでしょうか?

男性用雑誌にも付録が付いているものがありますが、私にはさすがに中身を見てから買うという発想はありませんでした。
今...続きを読む

Aベストアンサー

出版社の立場からすると、本のセット組を解いて中を見せるのは当然の行為です。
箱を開けたりさせると行き過ぎかと。
袋とじを隙間から覗いたり、条例による封緘を開けたりする人たちとは全く次元が異なる正当な行為です。

気に入ったら買うつもりなのなら、当たり前の行為です。店頭売りがクーリングオフと対象にならないのは、確認できる状態で売るからですから。
買うつもりもないのに立ち読みで済ます人より何倍もマシ。書店やコンビニの本、雑誌は、お店のものではなく、出版社の所有物です。立ち読みさせて汚れたら返品するというのが、出版社から見た時は、最悪のケースになります。

Qブログと著作権

ブログで
例えば、
(1)JRのホームページに掲載されているのぞみ号の写真を自分のプログに掲載する。

(2)ある歌手のコンサートの写真がスポーツ新聞のホームページに掲載されていました。この写真を自分のブログに掲載する。

これって違反ですよね。

Aベストアンサー

違法もそうですが、それらのホームページの注意書きには必ず「無断転載を禁止します」の文字がありますね。

Q【雑誌の付録のバッグ】雑誌の付録にバッグが付いていることがあるが街中に出て雑誌の付録のバッグを持ち歩

【雑誌の付録のバッグ】雑誌の付録にバッグが付いていることがあるが街中に出て雑誌の付録のバッグを持ち歩いている人をこの方産まれて見たことがない。

毎月、どこかしらの雑誌がバッグやポーチや財布を布教のようにま配りまくっているが配りまくってる割に誰も持ち歩いていない。

売れるから付録に付けているのに誰も使っていない。

あの雑誌の付録のバッグはどこに消えているのでしょう?

Aベストアンサー

小さめのポーチなら私も周りの友達もよく使ってます!
ポーチならまだしも、バッグとなると、付録用の薄い記事だったり安っぽいものになるので、私は買わないですが、あきらかに「この雑誌買わないでしょ!」っていうお婆ちゃんが最新の付録のバッグをエコバッグとして使ってたので、もしかしたら親とかお婆ちゃんにあげちゃうのかも??(笑)

Qブログへの写真掲載について

自分のブログで絵本やおもちゃの紹介などで写真を使いたいのですが
HPに載っている画像を保存して使用しても問題はないのでしょうか?
また自分のブログから業者さんのHPの商品にリンクを貼る時は許可を得る必要があるのでしょうか?
友達のHPにリンクする時はもちろん許可を得てますが。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

問題あります。
写真や商品は(基本的に)著作物として著作権法により保護されています。もちろんあなたが撮った写真にも著作権があります。他人の著作物(この場合HPに載っている画像)を無断でWEB上にUPする事は、著作権法違反になります。ただ著作権法違反に問われるのは、著作権者が告訴した時だけなので、著作権者にばれない様にとか、著作権者が見ても怒らないような載せ方をするなど、現在WEBでは著作権法違反が溢れています。
リンクの方ですが、法的には問題ありませんが、そのHPの「リンクについて」などに従うのがマナーでしょう。
商品紹介にそのHPの画像を使うと著作権法違反です。(商品を好意的に紹介されて怒る人はいないでしょうから問題にはならないでしょうが、法的には違反です。)もちろん楽天さんなどのアフィリエイトで、業者さんが画像使用許可を出していればOKです。

参考URL:http://www.cric.or.jp/qa/qa_index.html

Qアマゾンで雑誌を買うと付録も付きますか?

欲しい美容雑誌が発売から
二週間で売り切れてしまって、
アマゾンで購入予定です(在庫はあります)

その雑誌には付録が付いているのですが、
アマゾンで買うと、どの雑誌にも付録はちゃんと
ついているのでしょうか?

付録つきの雑誌を買われたことがある方いましたら
回答お願いいたします。

Aベストアンサー

最初からの付録つき号(表紙に付録つきと書いてある号)でしたら必ず付きます。
もし付いていなかったら、商品に不足物があるということで返品または交換できるはずです。
ただし、特定の本屋だけで付けるものや、フェア配布物等の場合は付きません。

Qはじめてのブログ・・・著作権、アフェリエイト

初めてブログ(exciteのもの)をやってみようとおもいます。そこで本の話題をネタにしようと思っているのですが、質問があります。
本の内容を勝手に紹介しても問題はないのでしょうか?本やその作者を侮辱したなどと問題になることはないのでしょうか?
本の画像を載せたいのですが、これは無理ですよね。アフェリエイトをしてアマゾンの広告をのせるといいということを聞いたのですが、どのブログにも載せられるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

>本の内容を勝手に紹介しても問題はないのでしょうか?
一部の引用であれば問題ありません。
法的には引用は以下のように定められています。

1.文章の中で著作物を引用する必然性があり、引用先が自分の作成した文章であること。つまり、引用を独立してそれだけの作品として使用することはできない。
2.質的にも量的にも、引用先が「主」、引用部分が「従」という関係にあること。
3.本文と引用部分が明らかに区別できること。例『段落を変える』『かぎかっこを使用する』
4.引用元が公表された著作物であること。
5.出所を明示すること。(著作権法第四十八条)
(wikipedia-引用より:これもひとつの引用です^^)
ただ本の文章を転載するだけは×ですが、自分の意見を述べるために必要な文章の一部を出典を明記した上で添えるのは○という感じでしょうか^^
感想の内容が批判であっても問題ありませんが、作品と関係の無い部分での誹謗中傷にならないように^^;

また、本の画像はアフィリで利用することが出来ますが、エキサイトが提携している「Ryooma」というアフィリエイト以外は禁止です。amazonは使えません。
amazonが良いとされているのは、本やCD等のデータベースの多さ。あと使える画像も大中小とサイズが豊富だったりすることもあります。
Ryoomaがどの程度書籍に強いのか分かりませんが、ほしい本の画像が中々見つからなさそうならamazonの使える他ブログサービスを利用される方がおすすめです。

参考URL:http://blog.excite.co.jp/staff/4988177/,http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E5%BC%95%E7%94%A8&oldid=9152428

>本の内容を勝手に紹介しても問題はないのでしょうか?
一部の引用であれば問題ありません。
法的には引用は以下のように定められています。

1.文章の中で著作物を引用する必然性があり、引用先が自分の作成した文章であること。つまり、引用を独立してそれだけの作品として使用することはできない。
2.質的にも量的にも、引用先が「主」、引用部分が「従」という関係にあること。
3.本文と引用部分が明らかに区別できること。例『段落を変える』『かぎかっこを使用する』
4.引用元が公表された著作物であ...続きを読む

Q雑誌の付録

最近の雑誌(特に女性ファッション誌)には必ず付録が付いているのが当たり前になっていますね。
私がいつも買う雑誌の付録は殆ど毎月バッグなので、正直、付録(バッグ)はもういらないって思っています^_^;
付けてくれるなら違う付録がいいなぁって思ってるのですが・・・

皆様が付録で欲しいと思う物を教えて下さい☆

Aベストアンサー

バッグとポーチは正直もういらんですね。
なんか安っぽいし出しすぎだし。
私がつけて欲しいのは

コンビニで使える割引券
ビタミン剤
サプリ
メイク落とし
調味料
絆創膏
汗拭きシート
ウェットティッシュ
紅茶のティーバッグ
などです。

Q外国語の本をブログで翻訳する場合の著作権

私は自分のブログを持っていますが、
最近読んだ外国語の著籍を 翻訳して載せてみたいのです。
とてもおもしろく、まだ日本語訳になっていないので、
是非紹介したいのですが。それに自分の勉強もかねているので
決して商業的なものではありません。
本の出自を明示しておけばよいのでしょうか?

それとも許可を得たほうがいいのでしょうか。

韓国の書籍なのですが、こういう場合、韓国の法律になるのですか?
 

Aベストアンサー

こんにちは。

 貴方が商売にしようと思わなくても、第三者が貴方のブログの文章をコピペして出版してしまうかもしれませんので、著作権表示は必ずする必要があると思います。韓国語でメールを作成し、許可を得るのがよいと思います。また、著作権表示の内容も相手の意向を反映したほうがよいと思います。

では。

Q大人のおしゃれ手帖 付録 こんにちは。私は高校生の女です。 この前母から大人のおしゃれ手帖という雑誌

大人のおしゃれ手帖 付録
こんにちは。私は高校生の女です。
この前母から大人のおしゃれ手帖という雑誌の付録についてきた猫ちゃんのついたリュックサックを私には可愛すぎるからと貰いました。そのリュックサックは私も大変気に入りましたが、40代向け雑誌の付録を高校生が身に着けていたら、変に見えますか?

Aベストアンサー

可愛いならOKだと思います。私も雑誌の付録のリュックを20代の娘にあげたり、30代の雑誌の付録のムーミンのカバンを使ったりしていますよ。

Qブログ掲載の写真と本文のスペースがうまく設定できない

ブログ掲載の写真と本文のスペースがうまく設定できない

写真の左側に 見栄えよく本文を挿入したいのですが
写真と本文の文字の間が詰まってしまいます。
プレビューでは、HTMLの通りに表示されるのですが
実際にアップしてみると 反映されていないのです。
ブラウザの問題でしょうか?(ファイアフォックス)

どこが悪いのかご教示ください。

<a href="写真URL" target="_blank"><img src="写真のURL" alt="写真の名前" border="0" width="250" height="218"align="left"hspace="20" Vspace="20"/></a>

Aベストアンサー

一番大事なところをスルーしないでください。

スタイルシートのどこかに
img{margin:0;padding:0;}
もしくは
*{margin:0;padding:0;}
はないでしょうか?

、とお聞きしました。


説明を書いていたら長くなってしまったので、
面倒だったら読まなくても構いません。

※結論※

<a href="写真URL" target="_blank"><img src="写真のURL" alt="写真の名前" border="0" width="250" height="218" align="left" style="margin:20px;" /></a>

(※属性の間をくっつけないで半角スペースを入れてください。)

毎回こうしてください。これならOKのはず。



以下長い説明:

スタイルシートは、ブログ管理画面から
「環境設定」の中の「テンプレートの設定」へ進むと見られます。
「○○○(テンプレート名)のスタイルシート編集」の中です。

まず、スタイルシートでは「後から書かれたほうのスタイルが上書きされる」
というルールがあります。

詳細度については、例えばここの「その2」をご覧ください。
http://park19.wakwak.com/~zashiki/css-make/cascade.html

-----引用ここから
例えば、HTMLのfont要素やalign属性など、スタイルシート以外を用いてのスタイル指定は、詳細度0(これはCSS2の仕様。CSS1では詳細度1)に相当するCSSのスタイル指定に変換され、その変換された指定はHTML文書作成者のスタイルシートの先頭にあるものとされます。(これによってスタイルシート以外でのスタイル指定は、スタイルシートのスタイル指定で上書きできます)
-----引用ここまで

つまりhspaceやvspaceでのスタイル指定は
スタイルシートの先頭にあるわけですから、
その後ろに
*{
margin:0;
padding:0;
}
(*:全称セレクタ:全ての要素に適用される)
や、
img{
margin:0;
padding:0;
}

もしかすると
a img{
margin:0;
padding:0;
}
と書いてあるかもしれません。

が存在することになり、
全称セレクタの詳細度:0=hspace/vspaceの詳細度:0
かつ全称セレクタの方が後に書かれているので、
上書きされて余白が0になってしまうのです。

それが無く、
img{
margin:0;
padding:0;
}
だけであっても、
img{}の詳細度:1なので、上書きされます。

これらはCSSの最初の方に存在して初期化を行なっており、
あとは普通、
img.hoge{
margin:20px;
}
などとclassを使って行ないます。

でもインラインスタイルでやるのが簡単かもしれない。
というわけで最初のやり方:

<a href="写真URL" target="_blank"><img src="写真のURL" alt="写真の名前" border="0" width="250" height="218" align="left" style="margin:20px;" /></a>

(※属性の間をくっつけないで半角スペースを入れてください。)

になるわけです。

border="0"やalign="left"も本当はスタイルシートでやるべきなんですが、
こんがらがるので、余白に絞って直しました。

一番大事なところをスルーしないでください。

スタイルシートのどこかに
img{margin:0;padding:0;}
もしくは
*{margin:0;padding:0;}
はないでしょうか?

、とお聞きしました。


説明を書いていたら長くなってしまったので、
面倒だったら読まなくても構いません。

※結論※

<a href="写真URL" target="_blank"><img src="写真のURL" alt="写真の名前" border="0" width="250" height="218" align="left" style="margin:20px;" /></a>

(※属性の間をくっつけないで半角スペースを入れてください。)

毎回こう...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報