ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

2wayのスピーカーでウーハーのホーン紙が破損したので同サイズ(インピーダンスも同じ8オーム)のウーハースピーカーに交換しましたが、高域が出ていない様なのでツィーターを取り外し
導通をテストしたら導通が有りませんでした。ツィーター単体でも音は出ていないようでした。
ツィーターが破損したのでしょうか?。
ウーハーは、古いスピーカーに赤い印が付いており新しいスピーカーにも印があったので同じように
繋ぎました、それ以外は一切手を加えていません。
もしツィーターを交換するとしたら、何か注意することが有りますか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ツィーターは構造的にウーハーに比べると非常に繊細にできています。


使用中気がつかないような大信号でや電源のオンオフ時のショックなどで破壊されることがります。しかもスピーカーのクロスオーバー周波数によってはかなり高い音域より上しか再生しないのですぐに気がつかないことも多いのです。
私も8kHz以上を受け持っているツィーターが断線しているのをしバラう気がつかなかったことがあります。気がついたのは高音の不測よりは何か左右のバランスがおかしいということからでした。

多分貴方の例も今回の交換の前に断線していた可能性が大だと思います。

修理用部品があれば交換可能ですが、入手できなければ市販のツィータを外付けでつけるしかないですね。多分ネットワークはそのまま使えるでしょう。その場合はその製品の能率が違う倍がありますので、アッテネーターで調節したほうが良いでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速の回答有難うございます。

普通に使っている内にも断線等の故障は起きてしまうのですね。
導通は片側しかチェックしませんでしたが、左右とも高域が出ていない様ですから
アンプからの異常信号か何かでツィーターが断線したのでしょうね。
修理部品の有無は確認していませんが、左右とも断線したことに気が付かないほど
鈍感でしたから、多少能率が違ってもネットワークがそのまま使えるなら
市販ツィーターの購入を検討します。

有難うございました。

お礼日時:2011/04/23 19:24

>ウーハーの効率が,90dBですがツィーターの効率の許容はどの位と考えれば良いでしょうか。


勿論原則はカタログデータの能率にあわせてアッテネーターで調整です。
たとえばツィーターの能率が100dbであれば-10dbとします。
でも実際はツイーターの高域は結構上下にばらつきがあります。
大体上記のレベルに合わせてから、後は聞きながら微調整されると良いと思います。
コツは出過ぎないけれども聞こえるという感じのところでしょうか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

再度の回答有難うございます。

アッテネーターで調節可能な範囲でツィーターの能率を選択すれば良いわけですね
その為のアッテネーターですからね!

色々ありがとう御座いました。

お礼日時:2011/04/24 09:33

>ウーハーの効率が,90dBですがツィーターの効率の許容はどの位と考えれば良いでしょうか。



アッテネータのボリューム修正範囲によります。

一般的には90dB~95dBくらいがよろしいかと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございます。

条件に合うツィーターを探してみます。

有難うございました。

お礼日時:2011/04/24 09:27

導通も無ければ音も出ない=ツイターのボイスコイルの断線です。


ウーハーが過大入力で壊れたのならツイーターのボイスコイルが焼ききれたのでしょう。

以前、ツイーターのボイスコイルを修理したというスピーカーを聞きましたがやはり修理した方は
若干バランスが変わっていました。
修理するよりも交換するのがベストでしょう。

交換のときは敗戦も含めて同じように戻す。
これだけです。
あと、スピーカーが過大入力にならないようボリュームを上げすぎないことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

ツィーターのボイスコイルが焼切れたですね。

コイルの修理は、とても手に負えるとは思えないので
交換の方向で検討します。

有難うございます。

お礼日時:2011/04/23 20:55

>導通をテストしたら導通が有りませんでした。

ツィーター単体でも音は出ていないようでした。
ツィーターが破損したのでしょうか?。

導通テストはどうされたのでしょうか?
ツィーターの耐入力や再生周波数帯域によってはテスターでの1.5Vでも焼き切れてしまう場合もあります。
ですのでテストしようとしたその時に断線という残念な結果になることもあります。
とにかくスピーカーは直流にはとても弱いものです。特にツィーターは気をつけなければならないですね。
銘柄の違うツィーターに交換される場合は大きさ(取り付けピッチ)、再生帯域、能率、インピーダンスにあまり差がないことが条件です。
同じツィーターに交換されるならば全く問題はありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答有難うございます。

導通はテスターでチェックしました(導通無し)。

導通チェック後、ipodのイヤホーン出力をツィーターに繋ぎ確認。
(フルレンジのスピーカーでは音が出たので同じ様に繋いでみました。)

まだ1本のみの確認ですが、残りも聴感上は高域が出ていない様なので
破損しているのかと思っています。

何れにせよ導通の無いツィーターは、破損している様なので
ツィーターの取り換えは必要な様ですね。

因みにウーハーの効率が,90dBですがツィーターの効率の許容は
どの位と考えれば良いでしょうか。

お礼日時:2011/04/23 20:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q片方のスピーカーから音が出ない

セパレート型のスピーカーを使っているのですが
片方のスピーカ(ウーハー,ツィータ両方)から音が出なくて困っています...
原因・修理方法等が分かる方がいましたら教えていただきたいと思います.


【症状】
・片側の音が出ない.
・路面で強い振動があると,時たま音が鳴り,再度振動があると音がでなくなる.ボリュームを上げると治る場合もあります.
・鳴っている時の音は正常に出力される.
・一度ツィータの方が断線したことがあり,そちらの方は半田付けで修理しました.半田は銀半田です.それ以来,調子が悪いです...
・購入4年目.SP取り付けは自分.

断線している気がするのですが,ツィータのケーブル自体は特に問題ありません.
他を疑うとネットワークの気がするのですが,ネットワークって故障するものなのでしょうか?
もしくは,自動車本体側のケーブルが断線しているのでしょうか?

よろしくお願いいたします.

Aベストアンサー

まず、ご自身で取り付けられたというのであれば、オーディオ側とスピーカー側の配線がしっかりつながってるか触って確認してみてください。

異常がないようでしたら、半田で修理した部分を確認してみてください。
半田が割れたりしていませんか?

異常がないようでしたら、各配線の導通を確認してみてください。
具体例をあげますと、まず、サーキットテスターを抵抗レンジにセットします。
次に、オーディオ側の配線と、スピーカー側の配線を外します。
そうしたら、オーディオの右前プラスの配線にテスターのプラスのプローブを当てて、右前スピーカーの配線側のカプラーのどちらか片方の端子にテスターのマイナスのプローブを当てます。
テスターが0Ωに近い数字でしたら、導通ありです。
無限Ωでしたら、スピーカー側カプラーのもう片方の端子にテスターのマイナスプローブを当ててみてください。
これでテスターが0Ωに近い数字でしたら、導通ありです。
無限Ωでしたら、右前スピーカーのプラス側の配線の断線です。
このような手順で、音が出ない方のスピーカーすべてテストしてください。
導通テストでは、テスターのプローブがカプラーの金属部分に触れていなかったり、接触が悪いと無限Ωになってしまいますので、注意が必要です。
また、配線を外さないでテストした場合、正確な結果が出ないことがあるので、必ず一度配線を外してください。

ここまで、この手順で調べても異常がないようでしたら、音が出る方のスピーカーと入れ替えてみてください。
音が出るようでしたら、スピーカー本体の不具合、音が出ないようでしたら、オーディオ本体の不具合です。

まず、ご自身で取り付けられたというのであれば、オーディオ側とスピーカー側の配線がしっかりつながってるか触って確認してみてください。

異常がないようでしたら、半田で修理した部分を確認してみてください。
半田が割れたりしていませんか?

異常がないようでしたら、各配線の導通を確認してみてください。
具体例をあげますと、まず、サーキットテスターを抵抗レンジにセットします。
次に、オーディオ側の配線と、スピーカー側の配線を外します。
そうしたら、オーディオの右前プラスの配線にテ...続きを読む

Q車のツィーターから音は聞こえるが、たぶん歌声が聞こえない

オーディオ関係には、ほぼ興味がなく素人なので、解り易い回答よろしくお願いします。

NCP91型ヴィッツに乗っています。このヴィッツ前期型で、今どき珍しい2スピーカーしかなく、音もショボいので随分前に社外品の純正交換タイプのスピーカーに交換したのですが、それでも、物足りなく、昨日カーショップ店でツィーター、ケンウッドのKFC-ST1000をつけました。
ヴィッツは前席ドアにスピーカーが、ついていて、ドアが分厚いので、ツィーターはドアの小窓のそば、シート側に向けて取り付けました。音楽を鳴らしてみると、ツィーターからシャカシャカと言う感じの音は聞こえるのですが、歌声が聞こえていない感じです。耳をツィーターに近づけても、ドアにスピーカーがあり、その真上にツィーターを付けたのでドアから歌声が聞こえてくる感じでツィーターからはメロディーだけで、歌声が、聞こえてこない感じです。ネットで調べても、検索に当てはまる回答がなく、ただ一件だけ、ツィーターからは、音だけで、歌声は聞こえないみたいな事書いてあるのを発見しました。本当なの……?と思いました。
元々、耳はいい方ではないので、俺の耳が悪いのか?ツィーターというのは、ネットで書いてあったとおり音だけで、歌声は聞こえないのか?又は取り付けた位置がスピーカーの真上で歌声が聞き取りづらいだけなのか?どちらでしょうか………。
回答により、お店に行って直してもらうか、どうか判断しようと思います。よろしくお願いします。

オーディオ関係には、ほぼ興味がなく素人なので、解り易い回答よろしくお願いします。

NCP91型ヴィッツに乗っています。このヴィッツ前期型で、今どき珍しい2スピーカーしかなく、音もショボいので随分前に社外品の純正交換タイプのスピーカーに交換したのですが、それでも、物足りなく、昨日カーショップ店でツィーター、ケンウッドのKFC-ST1000をつけました。
ヴィッツは前席ドアにスピーカーが、ついていて、ドアが分厚いので、ツィーターはドアの小窓のそば、シート側に向けて取り付けました。音楽を鳴ら...続きを読む

Aベストアンサー

スピーカーは担当周波数帯域ごとに低音用、中音用、高音用に分けることができます。
低音域専用のスピーカーをウーハー(またはLOW)、
高音域専用のスピーカーをツイーター(HIGH)と呼びます。
人の声は中音域に該当しスコーカー(MID)と呼ばれるスピーカーが担当します。
しかしウーハーとスコーカーは担当帯域が重複することがままあるので
ウーハーに中音域まで受け持たせるように設計するのです。
スコーカーの低音再生能力を伸ばしたものと考えることもできます。
ドアマウント必須の車側の事情から純製、アフター品の大半がこれに該当します。
このようなオールインワンを狙ったスピーカーでは高音が不足気味になります。
そこでツイーターを追加することで低音から高温までバランスの良い音にするのです。
低音、中音はウーハーの担当なのでツイーターは高温のみ受け持てばよく
人の声まで再生できなくても構わないのです。
ですので質問にある現象はごくごく普通のことです。

なお中低音は拡散性が高く膝あたりのスピーカーからでも容易に聴取できますが
高音は直進したがる性質があるのでリスナーの耳にめがけて音が飛んでくるように設置が必要になります。
ドアマウントでもドアパネルの穴で多少は拡散されるので聞き取ることは可能にはなります。
しかし音質的には必ずしもベストとは言えません。
またツイーターは中低音域の信号を直接入力すると内部の銅線が切れて故障してしまうので
必ずハイパスフィルターと称する中低音遮断回路を経由してアンプと繋げています。
そのためツイータからはシャカシャカ音しかしないことも多々あります。

シートに着座し音楽を再生した際に高音のみが煩く
ドアスピーカーからのボーカルが聞こえにくい状態であるとするならばツイーターの再生音圧が高い可能性があります。
ヘッドユニット(ナビ一体型?)の音質調整モードでTREBLEを下げてみてください。
これで一応は聴けるようになるはずです。
それでもだめだったら購入店に相談してください。

スピーカーは担当周波数帯域ごとに低音用、中音用、高音用に分けることができます。
低音域専用のスピーカーをウーハー(またはLOW)、
高音域専用のスピーカーをツイーター(HIGH)と呼びます。
人の声は中音域に該当しスコーカー(MID)と呼ばれるスピーカーが担当します。
しかしウーハーとスコーカーは担当帯域が重複することがままあるので
ウーハーに中音域まで受け持たせるように設計するのです。
スコーカーの低音再生能力を伸ばしたものと考えることもできます。
ドアマウント必須の車側の事情から純製、...続きを読む

Qスピーカーのインピーダンスをどう判断すれば良いのですか?

高級オーディオをかじり始めた者です。スピーカーのインピーダンスの数値は大きい方が良いのか、小さい方が良いのか、どちらでしょうか?(どうも、その大小の問題でも無いような気もするのですが・・・)
それと、アンプとの関係で注意が必要だとものの本に書いてありますが、どうもよく理解出来ません。数値が合わないと、アンプの故障につながるようですが、具体的にどこに注意すれば、良いのでしょうか?ご教示願います。

Aベストアンサー

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/Rですね)
現代のアンプの大半は電圧出力ですから、4オームのスピーカーでも8オームのスピーカーでも、1Vの出力で得られる音量に変わりはありませんが、抵抗値が半分ですので、実際に流れる電流が2倍になり、すなわち出力電力も2倍になります。
このとき、トランジスタや電源の性能などによって、許容量以上の電流が流れると、アンプが以上発熱したりトランジスタが破壊されたりするわけです。(もっとも、普通は保護回路やヒューズによって出力が遮断されます)

(つまり、8オームのスピーカーに10W出力するのと、4オームのスピーカーに20W出力するのは、スピーカーの仕事量は同じですが、アンプの負担が倍になっています。)

なお、インピーダンスは直流抵抗と異なり、周波数によって抵抗値が変化します。つまり、公称8オームのスピーカーでも、特定の周波数対では3オームくらいまで落ち込むこともあり得ます。(最近は落ち込みが大きいものは表示されるものもあります)

蛇足ながら、真空管アンプなどに多いトランス出力式のアンプの場合、4オーム端子に6オームのスピーカーを繋ぐのはアンプにとって定格より仕事が楽になり、8オームの端子に繋ぐと若干つらくなります。
この際にはダンピングファクターが変化するため、音色にも若干の違いがあるといわれています。

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/R...続きを読む

Qツィータースピーカーを取り付けたい

H13年式ホンダキャパ。グレードはツイッテルにツィータースピーカーをつけたく、自分で調べてみたのですが、調べれば調べるほど訳が分からなくなってしまい、アドバイスを頂きたく質問させて頂きました。

1、接続の方法として、純正スピーカーにつながっている線を二つに分けて、片方を今まで通り純正スピーカー、もう片方をツィーターに繋げればよいと思っていたのですが、この方法は間違いなのでしょうか?
(カロッツェリアのサイトにはネットワークというものを挟むような接続イメージ図が掲載されているので。)


2、1の方法が良いとする場合、スピーカーに繋がっている線を2つに分ける物は市販されているのでしょうか?
(純正のケーブルを剥くという方法があるようですが、失敗して切断してしまうと怖いので、上記のような製品があれば使いたいと思うのですが。)

以上、2点、ご存知の方お教え頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

後付のツィーターはネットワークシステムは使いますか?
ネットワークシステム(コイルが内蔵されてる小さい箱)を
はさむ場合はそれをはさんで、そこから出ている2本のケーブルを
片方をツィーター、もう片方を大きい方のスピーカーに
つなぐという形になります。
しかし、純正スピーカーと併用する場合で、ツィーターにも
ネットワークシステムが必要ない場合には、単純に
純正スピーカーにつながっている線を分岐すれば問題ありません。
ケーブルといってもただ電流を流しているだけですので。

その場合にツィーター用に用意するケーブルは、その音域に
あったゲージにしてあげるとよいです。例えばウーファー用は
太いケーブル、ツィーターは細いケーブルなど。(これは
ネットでスピーカーケーブルと調べれば大体12~16の間で
高音、低音用など出てきます)

分岐方法に関しては、普通の配線ならエーモンの配線コネクタで
よいのですが、音質にも関わる部分ですし、何よりスピーカーケーブルは結構太いので(純正は細いですが)、被膜をむいてあげて
ハンダ付けが理想的です。しかし取り外しも考えるなら、
一度配線を切断してギボシ加工をして接続、その際に片方の
ギボシにハンダ付けなどもできます。なお失敗しての切断が
怖いとありますが、ちゃんとバッテリーをはずした上でなら、
もしくはオーディオのハーネスを外した上でなら
切断しても再接続すれば何も問題はありません。切断してしまったら
ギボシをつけるか半田をすればいいでしょう。
音質の変化についてはオーディオマニアから何か言われそうですが、
マニアでなければ関係ないと思います。

後付のツィーターはネットワークシステムは使いますか?
ネットワークシステム(コイルが内蔵されてる小さい箱)を
はさむ場合はそれをはさんで、そこから出ている2本のケーブルを
片方をツィーター、もう片方を大きい方のスピーカーに
つなぐという形になります。
しかし、純正スピーカーと併用する場合で、ツィーターにも
ネットワークシステムが必要ない場合には、単純に
純正スピーカーにつながっている線を分岐すれば問題ありません。
ケーブルといってもただ電流を流しているだけですので。

その...続きを読む

Qスピーカーから音が出ない

オーディオラックを新調したので、配線をはずし(もちろん電源off,アンプのボリュームoff)、
再び今までどおりの接続をし、試しに聴いてみようとCDを入れ、アンプの電源を入れたところ、両スピーカーからブツっ、ブツっと大き目の音が3回ほどでて、これはヤバイと思い、すぐに電源を切って、接続を確認し、もう一度電源を入れてみたら、ブツっの音がしない代わりに、音がまったく出なくなってしまいました。カセットデッキにインプットセレクトを変えても同じです。新しいコンポを入れて、接続を変えたわけでもなく、前と同じ接続をしただけです。
前は何もまったく問題なく聴けてました。
コンポはアンプは2年前のデンオン、スピーカーは
古く約20年前のダイアトーンです。
スピーカーがだめなのか?アンプがだめなのか?アンプだったら、スピーカーを新調しても、また接続時にその新しいスピーカーがいかれてしまう不安があります。どうしたら良いでしょうか?

Aベストアンサー

まず、スピーカーの配線を外して
ヘッドフォンで音を聞いてみて下さい。

音が出るようなら、スピーカーかアンプの問題。
音が出ないなら、アンプの問題です。
即、修理でしょう。
スイッチを入れて一瞬音が出るなら、どこかで保護が動作しています。
全く音が出ないなら回路の不良です。

ヘッドフォンで音が出たとして、
次に、配線を外したままで
テスターでスピーカー端子の電圧を見て下さい。(ボリュームゼロ)
直流電圧が出ていたらアンプの故障です。
これでスピーカーを買い換えても、壊してしまいますから
アンプを修理に出して下さい。

更に、配線を外したままで、ボリュームを上げて
テスターでスピーカー端子のAC電圧を測ってみて下さい。
最大で10Vぐらいはあるはずですが、
メーターが振れないなら、アンプの故障です。
メーターが振れているのなら、こんどはボリュームを一回下げて
アンプとスピーカーをつないでみてください。

これでテスターで電圧を読みます。
充分電圧があるのにスピーカーから音が出ないなら
スピーカーの故障ですが、
スピーカーが両方いっぺんに飛ぶとは考えにくいので、
アンプも危ないかも知れません。

スピーカーが2way、3wayなら、
同時に全スピーカが飛ぶことは更に考えにくいので
やはり、まずアンプを疑いましょう。

まず、スピーカーの配線を外して
ヘッドフォンで音を聞いてみて下さい。

音が出るようなら、スピーカーかアンプの問題。
音が出ないなら、アンプの問題です。
即、修理でしょう。
スイッチを入れて一瞬音が出るなら、どこかで保護が動作しています。
全く音が出ないなら回路の不良です。

ヘッドフォンで音が出たとして、
次に、配線を外したままで
テスターでスピーカー端子の電圧を見て下さい。(ボリュームゼロ)
直流電圧が出ていたらアンプの故障です。
これでスピーカーを買い換えても、壊し...続きを読む

Qスピーカーの(簡易)修理法

B級オーディオマニアです。

20年程前に買ったDIATONEの3wayスピーカーのウーファーのコーンエッジが、両方とも殆ど円周状に破けてしまいました。

今のところ、息子がセロテープで留めてありますが、もう少しましな方法はないかと考えています。

本格的な方法はあるのでしょうが、何か簡易的に留めておける適当なテープはありませんか?

家内がCDを聴くか、偶にDVDを見るくらいなので、音質は不問(びびり音さえなければよい)、見えないところなので見た目も問いません。

Aベストアンサー

愚痴にリプライしてしまいますが、エッジの崩落、それは多くの場合は発泡ウレタンフォームの加水分解によるものです。湿潤と乾燥の繰り返し、紫外線の照射、塗料などに含まれる有機溶剤のガスなどが原因で、ウレタンエッジは劣化します。ワーストケースでは本当に寿命が5年程度です。

フォーム系サラウンドの全てが、そのように劣化するわけではありません。劣化しないフォームもあるし、ゴムや布製のサラウンドは、硬化することはあっても崩落まではしません。
発泡ウレタンフォームは、サラウンドとしての諸特性がそこそこよく、しかも生産製が良く製造コストが安いために、70年代初頭から安いスピーカーを中心に爆発的に普及して今日に至ります。しかし、性能は良く安くてもそれとトレードオフで寿命が短いのです。

さて、肝心の解決方法ですが、日本だとこのあたり:
http://www.funteq.com/

これを、高いととらえるか、それとも安いと捉えるか。少なくとも「簡易修理法」よりもずっと”簡易”だと私は思いますが、どうでしょう。

Qスピーカーからの音が割れる

JBLのスピーカーを愛用し、20年近く経過しました。
ここ数年前から、音が割れます。ビビリ音です。
JBL(現在はハーマンint)に問い合わせしたところ、ウーファーの劣化ではないかと言われ、サランネットを開けてみると、やはりウーファーのスポンジ部分がぼろぼろで交換しました。
時期はずれたものの、左右2個ともコーン紙ともども交換しました。
それでも、音割れには関係ないようでした。
ヘッドフォンでは正常に聴けます。

音割れ解消法としては、CDをplayにした後、アンプのボリュームを素早く大小に回し、いわゆる大きい音を何度か入れてやると何故か音割れがしなくなります。
それでもソースによっては時々ビビリ音が入る時もありますが、ほぼ普通に聴けるレベルです。
ウーファーは新装してるので、ツイーターに問題があるのでしょうか?
ウーファーは簡単に取れるのですが、ツイーターは素人では無理な感じです。

それともスピーカーケーブル?アンプが原因でしょうか?

どなたかお分かりの方教えてください。

Aベストアンサー

アンプにスピーカーの切り替えSWが付いていませんか。A、B、A+B、OFFとか。その接点が接触不良気味になると今の様な症状が出ます。大出力を送った時に酸化被膜が飛ばされ一時接触が良くなるが又再発の繰り返しではないでしょうか。でなかったら皆さんのいうようにアンプでしょう。プリメイン分離状態でLR逆にコードで接続して入れ替わればプリ部。同じだったらメイン部でしょう。

Qツイーターのコーンが破れたら音はどうなりますか?

DIATONE DS-32Bを使用しています。
30年以上前に、就職して最初のボーナスで買った思い出のスピーカーでした。
とても良い音を出してくれていたのですが、かみさんが汚くなっていたので掃除をしてしまい、誤って片方のツイーターのコーンの部分をへこまし、周りの紙の部分も破いてしまいました。
大変ショックでしたが、音は出ています。私の耳はそれほど音の良し悪しを聞き分けられるほどではないのですが、こうなってしまうとどれほど音に影響があるのでしょうか。メカには詳しくないので音を出している仕組みはよくわかりません。ただ空気の振動には影響大と思うのですが。
破けてない方のツイーターと比べると響きが鈍いように聞こえます。
何方か教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

20090301 様、お邪魔します。


「こうなってしまうとどれほど音に影響があるのでしょうか?」

これは、ツイータスピーカーの中央部金属(アルミ箔)の部分がへこんだ程度なら
高音に少しのばらつきが出るくらいで、その差を聞き取ることは難しいですね。
しかも50歳前後のお年ならば12000Hzくらいから音としては聞こえにくい
音域になっていますので、またまた差を感じ取るのは難しくなります。

コーン紙にも破れがあるということですが、この損傷はツイータの
下限音域の5KHzまでしっかりと影響が出ます。
背面との密閉が開放されたことにより、音圧はかなり落ちます。
再生できる音の大きさが下がるばかりではなく周波数によっては
再生能力がなくなったりしますので音色がつき、聴きにくい音質となります。
また破損部分にはひずみが発生して聞きづらくなります。

破れたコーン紙の隙間からごみが入りコイルの隙間などに
入ると異音がするようになる可能性もあります。
特に磁性体粉塵が入り込むと致命的です。

結論は、大きな影響が出るということになります。

対策としては中央の金属部分はそのままにしておいて
影響の大きいコーンの破れを補修するのがいいのではないでしょうか?

破れた隙間が小さく見た目にはスジが入っている程度ならば
木工ボンドを塗ってふさぐこともできます。
接着できそうもない場合は薄い和紙を細く切って貼り付ければ
密閉できますよ。

中央の金属が美観を損ねるようなら、セロファンテープを指に
逆巻きして、へこんだ部分を引っ張り出すか、掃除機のホースに
ストローを差込みストローの先でへこみ部を吸い込むという
荒業もあります。間違っても掃除機の大風量を直接スピーカー
に近づけてはなりませんので、ストローなどでオリフィスを
作ってください。

20090301 様、お邪魔します。


「こうなってしまうとどれほど音に影響があるのでしょうか?」

これは、ツイータスピーカーの中央部金属(アルミ箔)の部分がへこんだ程度なら
高音に少しのばらつきが出るくらいで、その差を聞き取ることは難しいですね。
しかも50歳前後のお年ならば12000Hzくらいから音としては聞こえにくい
音域になっていますので、またまた差を感じ取るのは難しくなります。

コーン紙にも破れがあるということですが、この損傷はツイータの
下限音域の5KHzまでしっかりと影響が...続きを読む

Qスピーカーの極性はどうやって確認する?

 スピーカーのターミナルには+-があって、反対に接続すると音がおかしくなると聞いたことがあります。今手持ちの裸スピーカーはターミナルに表示が何もないので、どちらを+にすればよいのか判りません。何か決まりがあるのでしょうか? 詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

裸スピーカーの接続部分を見てください、スピーカー中央と接続している線があると思いますが、一方はそのままの線もう片方は白線が入っていると思います。
その白線が入っているほうが(-)です。試してみてください。

Qカットオフ周波数 スロープのことで 車です

先日ケンウッドのメモリーナビの最新 MDV-727DTを購入しました。 車はハイエース200系です。
フロントスピーカーはオーディアの16センチのセパレート

リアは純正そのまま

サブウーファーをセカンドシートの後ろ付近に同じくケンウッドのチューンナップウーファー20センチのMAX300Wを設置しています。

カットオフ周波数の意味はわかるのですが、スロープ 減衰?と意味がいまいちわかりません。

一応 オートバックスに聞いて無難なとこは フロント、リア のハイパスを80 スロープを18

サブウーファーのローパスを80 スロープを18

結局全て同じ数値です。

80で全て合わすので大体いいのですか?

ちなみにグラフを見たら
直線が交わる前にグラフが下に落ちていき少し下側で交差しております。
直線部分で交わりを作らなければその部分の音はでないのでしょうか?
あのグラフの意味もサッパリわかりませんので、教えて頂けたらうれしいです。
お願いします。

Aベストアンサー

はじめまして♪

電気信号による周波数分割特性ですね。 
ボリュームを絞らない状態を減衰量0dBとして、周波数ごとにどの程度減衰したかを表示しています。

例えば、80Hzの信号が2V有った場合、低域側が80Hzで減衰0dBなら2V、高音側の80Hzでも減衰0dBなら2Vの出力が得られる事になります。
このため、合計すると80Hzでは両方のスピーカーから音出る為に、2倍のパワーとなってしまいます。
両方トータルでフラットにするには、それぞれ半分の1V出力を合成すると良いので、dB換算で半分の-3dBでクロスさせるのが一般的です。

さて、ここまでは電気信号の分割だけで考えていますが、実際にはスピーカーの特性も重要な事をご説明いたします。

もし、高域側のスピカー特性が50Hzに盛り上がりが有る場合、本来80Hzで-3dBの特性がほとんど減衰せず、50Hzまで特性がフラットに成ってしまう事もあります。
こんな時は、高域側のローカット(ハイパス)を100Hzに設定したりする事で、実際の音がフラットに鳴る事もあります。
 当然、逆にスピーカーの特性が100Hzから低域に向けて減衰しているような場合は、80Hzで減衰が大きく成りすぎる事が考えられ、その場合、クロスを50Hzなどに設定する場合も有ります。

当然、サブウファーの特性(特に設置した状態での特性が重要)に合わせて、再調整は必要に成ってくる事が多い物ですよ。

人の聴力として、おおむね100Hz以下で方向感覚が薄れますから、そのあたりも考慮して調整して行きましょう。

お写真の状態はスタートの基準点です。 実際には上記のように1/2から2倍程度までの範囲で相互に調整して、心地よいサウンドを見つけ出すのがチューニング作業になります。
経験豊富なスタッフや測定機器を用いてチューニングする業者も居ますが、とても高額に成ってしまうのは1台1台でチューニング方法や設定が違うためなんですね。

自分で行う場合は、期限が無いので、気になったときにいじってみて、最終的に心地よいサウンドを目指して行きましょう。

がんばってください♪

はじめまして♪

電気信号による周波数分割特性ですね。 
ボリュームを絞らない状態を減衰量0dBとして、周波数ごとにどの程度減衰したかを表示しています。

例えば、80Hzの信号が2V有った場合、低域側が80Hzで減衰0dBなら2V、高音側の80Hzでも減衰0dBなら2Vの出力が得られる事になります。
このため、合計すると80Hzでは両方のスピーカーから音出る為に、2倍のパワーとなってしまいます。
両方トータルでフラットにするには、それぞれ半分の1V出力を合成すると良いので、dB換算で半分の-3dBでクロス...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング