今まで読んでいた小説がそろそろ終わりそうなので次に読む本を探しています。
何かお勧めの本はありませんでしょうか?
今まで読んだ本の中で探しているジャンルに近いもの、また面白かったものは

・きつねのはなし (新潮社)
・シャングリ・ラ (角川書店)
・わくらば日記 (同上)

などです。
主に日本の昔からの伝承や信仰が元になったものを探しているのですが、そういったものは江戸時代以前が舞台のものが多いんです。そうでなく、明治以降が舞台のものを探しています。
また、上記のわくらば日記のような言葉では表現しにくいですが、不思議な雰囲気のものもありましたら紹介してください。

挙げられる本が少なくて申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

A 回答 (5件)

「前夜の航跡」(紫野貴李・新潮社)第二次世界大戦前の海軍が舞台のちょっと不思議な能力が活躍する物語。


「扉守」(光原百合・文藝春秋)ちょっと不思議なできごとを集めた奇譚集。どれも、現実にふっと少しだけ違う色を添えられたようなお話でした。
「竜が最後に帰る場所」(恒川光太郎・講談社)現代の中の幻想短編集。現代でいきるわたしたちの隣にある不思議でちょっと怖い感じがとてもしびれました。
    • good
    • 0

川上弘美「竜宮」


→霊力を持つ小柄な曾祖母、人間界に馴染めなかった蛸、男の家から海へと帰る海馬。日常と非日常を行き来する玉手箱のような作品集
    • good
    • 0

恒川光太郎『夜市』


http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4043892012.h …

梨木香歩『家守綺譚』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4101253374.h …

柏葉幸子『ミラクルファミリー』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062766698.h …

香月日輪「大江戸妖怪かわら版」シリーズ
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4652077815.h …
    • good
    • 0

香月日輪


『妖怪アパートの幽雅な日常』講談社
『僕とおじいちゃんと魔法の塔』角川文庫
児童文学の扱いのようですが、少し不思議な雰囲気の物で面白いですよ。
    • good
    • 0

萩原浩「愛しの座敷わらし」


http://book.asahi.com/review/TKY200805200142.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qどこか不思議な日常、のオススメ本ありませんか?

こんにちは。

どこか不思議な日常を綴ったファンタジー作品を探しています。
絵本・児童書・一般文芸・エッセイ・写真集・漫画など何でも構いませんし、洋邦も問いません。ファンタジーでなくてもOKです。どこか不思議な雰囲気が漂う本をお願いします。
具体的に作品名を挙げますと、梨木香歩の「家守綺譚」「村田エフェンディ滞土録」、畠中恵の「しゃばけ」、長野まゆみの「箪笥のなか」など。上記の作家以外の本をお願いします。

「雨月物語」などの古典作品も宜しければお教え下さい。できましたら、日本か中国のもので現代訳が出版されているものを。

何卒宜しくお願いします。

Aベストアンサー

江國香織「なつのひかり」

現実と幻想が交錯するような話です。読んだ後は???って感じなんですが、後からどんどん味わいが増してくるというか…。僕も梨木香歩さんの作品が大好きなので、江國香織さんの作品はおすすめです。

江國香織「ホテル・カクタス」

これは絵本なので、読み応えはないですが、不思議は不思議です。不条理な感じがなんともいえないです。

この2冊が特にお勧めです。僕も梨木香歩さんとか、長野まゆみさんとかを愛読してるので、好みが似てるかもしれません。もしもう読まれていたとしたらスミマセン。

いい本が見つかるといいですね。

Q不思議な町や村が舞台になっている小説

不思議な町や村が舞台となっていたり、不思議な住人が出て来るような小説が読みたいのですが、オススメはありますか?

ジャンルは、ファンタジーでもミステリーでも何でも良いです。
ただ、ホラーで残酷なものは嫌です。
ちょっとだけホラ~なら、大丈夫です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」
憎めないタイプの奇人変人がたくさん出てきます。京都をかなりファンタジックに改編してあって、不思議なことが起こって当たり前な世界観の小説です。
ちょうど文庫化されたことですし、いかがでしょうか。

中村航「リレキショ」
素性の知れない主人公達の日常を描いた、どこか不思議な世界観を持った小説です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報