人前で話をするのに、うまく説明・話ができません。

言葉を選ぶことや、次に何を言わなければ・・など考えることに
集中をしてしまうからか、

最終的に何が言いたいのか、今何の話をしているのかなど
内容がすっとんでしまい、
主部に対して述部が合わないなどのとんちんかん、
意味不明な内容の説明になってしまいます。

専門知識を伝える現場にいるため、
聞く側の人に申し訳がないので、すぐにでも解決したいのですが、
これを解決するには、どうしたらよいでしょうか。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。

おっさんです。

私は大学時代、研究室の先生から「プレゼンがうまい」と言われていました。
特にほめられるほどの話し方ではないのに、なぜ? と思ったものです。

そして社会人になると、仕事のプレゼン、労組の大会での意見等々、話している私自身が緊張してハラハラドキドキだったのに、
「話し方、うまいね」とか「よく堂々と話せるね」とか言われました。

この要因を自分なりに考えてみますと・・・
・人前で話すことに慣れていたと自覚はしていないが、話す機会が多かった(中学・高校の生徒会など)。
・国語の学力はさほどではないが、国文法や敬語の基本(小中学校レベル)はほぼ完璧にマスターしていた。
・言い間違いをしたときは、即座に訂正した。
ということかなあと思います。

高校生の途中ぐらいまでは人前で話すと赤面していましたが、場数を踏んでなんとかなってきたという感じです。
    • good
    • 0

一番確実なのは,自分が講演する様子をビデオに撮って,


どこが問題か検討することです。

考えすぎの面もあれば,改善の余地がある面も分かるでしょう。

しかし,学会発表など見ていると,
>最終的に何が言いたいのか
よく分からない,えら~い先生を見かけます。

何かを考えたり発明発見したりする能力と,その内容を人に伝える能力は一致しないものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
とてもいい案ですね。
カメラはないので、レコーダーで一度自分の話を録音し、
問題を探してみたいとおもいます。

>何かを考えたり発明発見したりする能力と,その内容を人に伝える能力は一致しないものです。

偉い先生=考える能力・伝える能力もあらゆる能力が優秀なのだと思っていました。
必ずしも一致するものではないのですね。
勉強になりました、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/26 20:05

話す前に、文章にしてみることです。

私もスピーチが苦手で、いつも要点をメモにしていました。それをもとに、話し言葉にして一度なり書いてみるのがベストだと思います。
いつももそうしているうちに、用意しなくても話せるようになりました。

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。

実は、前日に話し言葉を書いてシュミレーションをしたことが1度だけあります。
本番になると、なぜか一字一句書いた言葉のとおりに完璧に言おうとしてしまい、
その言い回しが思い出せず、詰まったり、止まってしまったため、
書くのはよくないと思いやめました。

でも、1回試しただけなので、もう一度意識を変えてやってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/26 19:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報