中学、高校と寺山修司と村上春樹を読みつづけ、
二人の作品を読み尽くしてしまいました。(手に入れられなかった寺山さんの作品もありますが。)
新しい作家を見つけなくては。と思うのですが、
なかなかいいヒトが見つかりません。
寺山修司みたいなものすごい世界観を持った人のを読んで、村上春樹みたいなすごく文章のうまい人のを読んで、としていたので、なんか、下手な文章や中身のない文章に抵抗を感じてしまう。らしいです。
にもかかわらず、難しい古典文学は読めません。
こんな馬鹿な私にお勧めの作家を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

川上弘美さんはどうですか。


ある意味すごい世界観というか、自ら「うそばなし」と言うとおり、そんなバカな、な世界をまるで日常のひとコマのように淡々と描いています。この淡々としている所がなんともこそばゆく、素敵なのです。
村上春樹を読んだとき、独特の言い回しがしばらく頭に染み付いて離れなかったものですけど、川上さんは彼以来しばらくぶりに「染み付いた」作家さんです。

私の言葉だと上手く伝わらないかもしれないので、参考URLに川上作品の感想をかいているサイトを入れました。
ぜひ行ってみてください。

参考URL:http://www05.u-page.so-net.ne.jp/wd5/yucky/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私にも染み付いております。かなり。
ふと気を抜くと文体がいっしょになってしまいます。
他にも染み付く人がいたなんて・・・。
すごくうれしいです。
ぜひぜひ読んでみます。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/04/23 20:06

きれいな?とまではいきませんが、読みやすい歴史物、おもしろい、という(私だけが?)本ならば、宮城谷昌光(ミヤギタニマサミツ)さんがおすすめです。

中国史に残る有名な傑人、偉人、英雄、などのはなしですが、最初は抵抗があるかもしれもせんが、はまるとおもしろいですよ。公式サイトもあるので、宮城谷昌光さんのことを知ってから、読んでみるのもいいかもしれません。
 個人的にオススメなものは、太公望・孟賞君などです。よかったら一読あれ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

宮城谷昌光さんは、わたしの高校の大先輩らしいです。
図書室に宮城谷昌光コーナーがある・・・・・。
一度読まなくちゃいけないと思うのですが、一度も読んだことがありません。
読んでみます。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/04/23 20:03

 いろいろ読んでらっしゃるようなので、わたしがアドバイスしても意味ないかなとも思ったんですが、ちょっとだけ。


 藤沢周平なんてどうですか。時代小説だけど、文体は流麗です。渋い感じ。
 谷崎潤一郎もいいと思います。読んでみたけど、そんなに難しいこと書いてあるわけじゃないです。あの世界は、けっこうすごいなと思いました。
 それと、日本人じゃないけど、オスカー・ワイルドの「獄中記」ってすごい感じがしました。ほんとに牢屋の中でかいたもんだし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ぜんぜんいろいろ読んでいません。
私の読書の趣味はすごく偏っているので。
アドバイスをいただけてうれしいです。
時代小説は一度も読んだことがないので、ぜひ一度挑戦してみようと思います。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/04/23 19:59

澁澤龍彦は私もお勧めです。


他の方が言及されてない作家では、中勘助はどうでしょう。「銀の匙」が教科書的に使われてますからご存知かもしれませんが、言葉の美意識が非常に高い人です。詩、随筆(のような小説?区別が良くわからない)その他、岩波文庫でかなり手に入ります。
他には、石川淳も文章に酔えますが、誰でもかどうかはわからないですね…
自分が雑食性なので、乱暴なすすめかもしれませんが、「ちくま文学の森」のような、短編のアンソロジーを読んで、好きな作家を探してみるのはいかが?あれは、安野光雅さんの装丁を見るのも楽しいし…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

澁澤龍彦さんは、なんか、有名みたいですね。
わたしは名を聞いたこともなかったんですが・・・。
恥ずかしい限りです。
中勘助さんも、読んだことありません。
言葉の美意識が高い人は好きなので、読んでみたいです。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/04/23 19:56

世界観を強く持ち、文章が綺麗、なら、赤江瀑なんてどうでしょう。

一般向けではありませんが、はまる人ははまります。(私とか)
澁澤龍彦もよいですが、ちょっと毒が強すぎると思われたら、中野美代子などはどうでしょう。エッセイが多いですが小説も面白いです。
二人とも多分、寺山修司や村上春樹とは全然毛色が違うと思いますが、新しい世界を求めるなら、こんな方面もお勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

赤絵・・・ボウ?(読めない。ごめんなさい。なにしろ馬鹿なもので。)
毛色が違うってところが私の求めていたところで、ありがたいです。
ぜひ読んでみます。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/04/23 19:52

世界観を強く持ち、文章が綺麗。

となると。
まずは基本ですがおすすめは宮沢賢治です。
昔は字が細かいけれど全作品を1冊で安く読めるものがあったのですが、、今はどれからおすすめすればいいでしょう、、もう読んでいらっしゃるかもしれませんが
「銀河鉄道の夜」とか。
それから、かなり癖がありますが澁澤龍彦。
演劇的な面が寺山修司と通じていると思います。
読みにくいものが多いのですが最後の作品
「高丘親王航海記」は読み出すと止まりません。
皆様書いてくださると思いますので私からはこのあたりをおすすめします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

宮沢賢治は結構好きで、何冊か持っています。
ご紹介してくれた1冊で全作品が読めれる本、すごくほしいです。
がんばって、古本屋で探しますね。
澁澤龍彦さんの本、おもしろそうですね。読んでみたいと思います。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/04/23 19:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q村上春樹の小説を読んでみたいです。 私は小説を読むことが好きで色々と読んでいたのですが、村上春樹さん

村上春樹の小説を読んでみたいです。
私は小説を読むことが好きで色々と読んでいたのですが、村上春樹さんはノルウェイの森しか読んだことがありません。以前までは大丈夫だったのですが最近はグロテスクな表現やハードボイルド系の小説が苦手で、山田悠介さんや太宰治などは読めなくなってしまいました。そういった表現がないものでオススメを教えて下さい。

Aベストアンサー

「回転木馬のデッドヒート」はどうでしょうか。
読みやすいわりに奥の深い短編集です。

下記の書評の中で同じことを書いてる人がいますが、私が初めて読んだ村上春樹の本で、結局今でもこれが一番好きです。

書評
https://www.amazon.co.jp/%E5%9B%9E%E8%BB%A2%E6%9C%A8%E9%A6%AC%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%88-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%9D%91%E4%B8%8A-%E6%98%A5%E6%A8%B9/dp/4062749068

Q寺山修司さんが亡くなった病院ってどこですか?

小説家,劇作家,脚本家として今でも支持者が多い寺山修司さんが亡くなったのは
1983年なのですが,どこの病院で亡くなられたのか,どなたかごぞんじでしたら教えてください。この4つの病院の中のどれかだと思うのですが・・・・
1.国立がんセンター病院
2.河北病院
3.東京女子医大附属病院
4.聖路加病院
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

東京都杉並区の河北総合病院です。4月22日入院。4月28日に病状の記者会見。5月4日に「肝硬変と急性腹膜炎による敗血症」により亡くなりました。

参考URL:http://www.chokai.ne.jp/mimori/ca830504.html

Q寺山修司さんの詩

寺山修司さんの詩で、
1、古道具屋の詩(涙が愛より高いとか安いとか、そんな感じの話)
2、空のペンキの詩(ペンキを塗ると、塗ったものが空になってしまって、最後に好きな女の子をそのペンキで塗って空にしてしまう話)
3、消しゴムの詩(消しゴムでどんどんいろんなものを消してく話。2と同じく、好きな女の子を消してしまった気がする)
4、記憶を売る店の話(記憶を売ったり買ったりする店の話。不幸な男が出てきたはず。)

これらの詩が、どの詩集に収録されているか、なんと言う題名か、知ってる方、教えてください。

Aベストアンサー

1は「ニューヨークからの絵葉書」の「なんにでも値段をつける古道具屋のおじさんの詩」
2は「家なき子」の「青空を塗る男」???青空を塗るというところは一致しますが女の子は消えません。最後に失恋を思わせる記述はありますが。
3は「ことばの城」の「消えてしまった子供たち」???少女が消しゴムで消されてしまうというところが一致しますが、いろいろなものが消されていくわけではありません。寺山修司の詩には「消しゴムで消す」という記述が出てくるのが沢山あるのです。「ことばの城」の「みずえ」「消す」、「子猫の詩集」の「さよならという名の猫」、「水妖記」など。
4は「まだ思い出だったころ」の「忘却」???ちょっとこれは自信ないです。

ではないでしょうか?
これらはすべて「ハルキ文庫」の「愛さないの、愛せないの」(680円+税)に収録されています。

Q村上春樹さんの初期作品が人気な理由は?

村上春樹さんの初期作品、『風の歌を聴け』 『1973年のピンボール』 『羊をめぐる冒険』は、拘りのあるファンの間では人気が高いように思います。
なぜなのでしょうか?私はこの三作品は全く面白いと思えませんでした。

単に偶然とか好みというだけではなく、何かの特徴的なものがウケている気もします。
理由が分かる方教えてください。

Aベストアンサー

その三作からは
表面上のコミュニケーションは、上手くなされているように見えるのに
深くつながらない、どこか親密に成りきらない
そういったコミュニケーションのない人間関係
又、主人公と鼠のように、コミュニケーションそのものは希薄で
相手と表面的につきあっているようなのに
どこかで深く繋がっているように感じる人間関係

どこか落ち着かない、心をざわめかせるそういった寂しさ、不安定さ
そういったトーンが他の作品に比べて強いと感じます

現実の人間関係にそういった感じを抱えている人
そのような人達に特に訴求力があるのではないでしょうか

Q読書の秋 読書の秋ですね。私は一冊読んで好きになると、その作家さんばかり読んでしまうのでどうしても偏

読書の秋
読書の秋ですね。私は一冊読んで好きになると、その作家さんばかり読んでしまうのでどうしても偏りが出てしまいます。
そこで、皆さんのおすすめの作家と作品、出来れば感想(短くネタバレ無しで)を教えて下さい。吉田修一さん、湊かなえさん、浅田次郎さん、瀬戸内寂聴さんは、かなり読んでしまったので他の作家さんでお願いします。

Aベストアンサー

庄子薫のものが最近また文庫で読めるようになりました。『さよなら快傑黒頭巾』、『赤ずきんちゃん気をつけて』などは人気があります。昭50年頃に圧倒的な人気を得た作品ですが、不思議なことに、今読んでも古くない。軽妙な語り口がいいです。

柴田翔『されどわれらが日々』。これまた超ロングセラーで静かに読まれ続けています。この作品を嫌う老人もいるけれど、若さっていいな、と感じさせる純文学です。

レイモン・ラディゲ『肉体の悪魔』。少年が書いた世界的傑作です。三島由紀夫なども絶賛しています。心理描写がおもしろいです。

ナサニエル・ホーソーン『緋文字』。罪を犯してしまった牧師の苦悩が見事に描かれています。

シオドア・ドライサー『シスター・キャリー』。いなかで育った娘が都会に出てきて、さまざまな経験をする。都会とは何か?富とは何か?成功とは何かを考えさせられる作品。

フィッツジェラルド『グレート・ギャツビー(華麗なるギャツビー)』。繁栄の1920年代、だれもが富の追及に夢中になっていた時代、超越的な理想主義を追い求めた主人公の姿が、悲しくも美しい。

参考までに。

庄子薫のものが最近また文庫で読めるようになりました。『さよなら快傑黒頭巾』、『赤ずきんちゃん気をつけて』などは人気があります。昭50年頃に圧倒的な人気を得た作品ですが、不思議なことに、今読んでも古くない。軽妙な語り口がいいです。

柴田翔『されどわれらが日々』。これまた超ロングセラーで静かに読まれ続けています。この作品を嫌う老人もいるけれど、若さっていいな、と感じさせる純文学です。

レイモン・ラディゲ『肉体の悪魔』。少年が書いた世界的傑作です。三島由紀夫なども絶賛しています。...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報