人間の尿に含まれるナトリウム濃度[%]を調べているのですが、なかなか見つかりません。ご存知の方おりましたら教えてください。同時に唾液に含まれるナトリウム濃度[%]も教えていただけたら幸いです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

唾液中は0.02%



尿中は、Na+として、150mEq/lだそうです。

こういうのは生理学の本を読めば一発ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

生理学の本に載っていたのですね。生物学の本を調べてました(^^; 尿の方は見つけることができましたが、唾液については結局見つけることができませんでした。文献を教えていただけないでしょうか?

お礼日時:2003/10/18 16:35

#1です。



唾液の方は、金芳堂から出ている生理学という本です(おっそろしく簡単に書いてあります。ですので、けっこうお勧めです。こっちの方は、尿のほうはNaClとして10~15g/1~1.5lと書いてあります。数値にすると、0.38%付近です)。

尿の方は、丸善から出ている医科生理学展望 原書第9版です(ちなみに私が持っているものは、もともと親のものなので23年前の本です。ですので、数値は最近出ているものの方を参考にされてください。この本には、唾液の成分は書いてありませんでしたが、最近出ている物の方は未チェックです)。

また、私の回答には、ナトリウムの濃度をとりあえず書きましたが、食事や、尿の量などの因子によって変動があるので、#4さんの回答の方をご参考にしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。さっそく図書館で調べてみようと思います。

お礼日時:2003/10/18 22:14

尿中のナトリウム濃度は通常生化学検査でよく行いますが、基準値は施設や方法で異なりますが、だいたい1日に排泄する量としては40~220mEq/Lです。


単位が重量でないのはイオンとして測定しているからで、
1mEq=1mmolです
1mmol=23mg
よって約0.092~0.506%ということになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい計算方法まで明記してくださり、ありがとうございます。わかりやすかったです。その日の状態や食事などによってけっこう幅があるんですね。

お礼日時:2003/10/18 22:16

♯2です 失礼しましたm(_ _)m



「体液量喪失が尿量の減少に至るほど重度のときは→10~15mEq/Lよりも少なく」って読むべきだったんですね。

正常な状態って事じゃないみたいですね。
読み間違えしてたようです。

すみませんでした。
    • good
    • 0

まったく自信はありません。



自分がネットで調べたものと♯1さんのと濃度が違うのですが。。。う~ん(・_・?)ハテ

「尿中のナトリウム濃度は通常10~15mEq/Lよりも少なく」となってますが、これは間違ってるのかなぁ?

元ネタ抜粋
「正常に機能している腎臓は体液量喪失に対して,ナトリウムを保持することによって対応する。体液量喪失が尿量の減少に至るほど重度のときは,尿中のナトリウム濃度は通常10~15mEq/Lよりも少なく;ナトリウムの分画排泄(尿中ナトリウム/血清ナトリウムを尿中クレアチニン/血清クレアチニンで割った数)は1%以下であり;尿の浸透圧はしばしば上昇している。体液量の喪失に加えて代謝性アルカローシスのある場合には,尿中ナトリウム濃度は高値と思われ,このために,体液量の状態の判定を誤ることがある;この場合尿中クロール濃度の低下(10mEq/L以下)は,ECFの喪失のより信頼できる指標である。もしナトリウム喪失が腎疾患や副腎機能不全によるものであれば,尿中ナトリウム濃度は通常20mEq/Lを超える。」

該当URLは↓です。「水,電解質,無機物,酸-塩基の代謝」

ではでは。

参考URL:http://www.banyu.co.jp/health/life3/02/s012.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q尿の色について。

尿の色について。

ここ、2~3日なんですが、尿の色が紅茶のような赤褐色?とも言えるような色をしています。
濁ったりはしていません。
妊娠の可能性も否定出来ず、生理予定日まで、後4日なので、病院に行くのもその後にしようかと悩んでいます。

生理前には良く下腹部痛にもなるので、今の状態が病気なのか、疲れとかで尿の色が変わっているのか分かりません。



尿の色が紅茶のような色になっていて考えられる病気はなんでしょうか?
また、尿の色が変わりだしたのが、着床したのかなっていう日からだったので、妊娠かなとも思っているのですが、どうなんでしょうか。
ご存知の方いましたら回答お願いします。

Aベストアンサー

最近全く同じ症状が出て、病院へ行きました。
(尿が透明な紅茶~赤褐色、排尿痛などは無し)
かんたんに尿検査したところ、血尿で、診断は急性の膀胱炎。
ストレスとか、冷えとか、色んな原因があるそうですが・・。

妊娠の可能性があるのでしたら、余計に、早い診断が必要です。
治療が必要なのに、妊娠のため薬が飲めなくて大事に…ということになりかねません。
紅茶~赤褐色は、どうみても普通の色じゃないです。
膀胱の炎症ならまだしも、腎臓へ広がったら大変ですから・・。

QSDSの分子篩いの%Cと%Tの関係・終濃度など・試薬計算

今度はじめてSDSの実験をします。
初心者なので予習していても分からないことが多くて困っています。

(1)分子篩いの孔の大きさはアクリルアミドと架橋剤の濃度の和(%T)と、架橋剤の濃度(%C)に影響される。
%Cが一定の時、%Tがあれば孔は小さくなる。
(%Tが一定の時、%Cがあればやはり孔は小さくなるが、これには限界がある)

とあるのですが、なぜ%Cと%Tに影響されるのか。
2行目のどちらがが一定の時、なぜ他方が小さくなるのか。
また、なぜ限界があるのか、それは何の要因か。
教えてください。

(2)10%アクリルアミドゲル(分離ゲル)
(各stock溶液から必要量を計算しなさい。ただし使用する器具も考慮に入れること。)
H2O・・ ml
30%(w/v)アクリルアミド溶液・・10%
1.5tris-HClbuffer pH8.8・・375mM
10%(w/v)SDS溶液・・・0.1%
10%(w/v)APS溶液・・・0.1%
TEMED・・・0.075%

○以上の問題があったとき、総量が不明でも全溶液に対して何ml必要か算出できるのですか?
○器具を使用するとき、例えば2.95ml必要だった場合に、器具はメスフラスコに3ml入れてそこからマイクロピペットで50μm抜き取るという作成法でもいいのですか?それとも、2mlメスフラスコではかり、あとはマイクロピペットを使用するのですか?それとも、そもそも使用器具としてメスフラスコは使いますか?

(3)試薬作成計算で終濃度とかいてあるのですが、それはどういう意味ですか。
実験途中に濃度が変化するから終濃度なのですか?

今度はじめてSDSの実験をします。
初心者なので予習していても分からないことが多くて困っています。

(1)分子篩いの孔の大きさはアクリルアミドと架橋剤の濃度の和(%T)と、架橋剤の濃度(%C)に影響される。
%Cが一定の時、%Tがあれば孔は小さくなる。
(%Tが一定の時、%Cがあればやはり孔は小さくなるが、これには限界がある)

とあるのですが、なぜ%Cと%Tに影響されるのか。
2行目のどちらがが一定の時、なぜ他方が小さくなるのか。
また、なぜ限界があるのか、それは何の要因か。
教えてくださ...続きを読む

Aベストアンサー

(1)%Tと%Cに影響されるのは、網の目の構造を考えてみてください。%Tは、網目を作っている糸の量、%Cは、その糸がどれだけの個所で結ばれているかということだと考えるといいかもしれません。

2行目、どちらかが上がれば他方が小さくなるとは言っていませんよね?(孔が小さくなると言っているだけ)

%Cの効果に限界がある理由は、%Cは架橋剤であることを考えればわかるでしょう。極端な話、架橋剤ばかりになってしまっては網にならないですよね。

(2)総量は指定されているはずですね。使うゲル板の大きさと、作る枚数によって違うはずですから。器具も考慮にいれるとは、そのことでは?

あと、このような用途の時には、メスフラスコほどの精度は必要とされません。
メスピペットか、ピペットマン(チップ式ピペットマン)などで取ることになるでしょう。
(たとえば2.95mlのときは、P5000(5mlのピペットマン)で取るか、P1000(1mlのピペットマン)で1ml×2+0.95mlというふうに。また、たとえば14mlの水なら、10mlのメスピペットで10ml+4mlとか。

(3)終濃度と言うのは、調製し終わった溶液中の濃度という意味です。つまりは、いろいろ混ぜ合わせて、混合後の溶液中での濃度ということ。

(1)%Tと%Cに影響されるのは、網の目の構造を考えてみてください。%Tは、網目を作っている糸の量、%Cは、その糸がどれだけの個所で結ばれているかということだと考えるといいかもしれません。

2行目、どちらかが上がれば他方が小さくなるとは言っていませんよね?(孔が小さくなると言っているだけ)

%Cの効果に限界がある理由は、%Cは架橋剤であることを考えればわかるでしょう。極端な話、架橋剤ばかりになってしまっては網にならないですよね。

(2)総量は指定されているはずですね。使うゲル板...続きを読む

Q尿の色

日によって時間にもよりますが尿の色が濃かったり薄かったり黄色でもレモン色のような時もあるのですが尿の色と健康状態は関係があるのですか?おしえて下さい。

Aベストアンサー

 参考URLのページに、尿の色に関する自己診断があります。
 一般的に、汗の量、摂取する水分の量などにより、尿の色は濃くなったり薄くなったりすることがあるといわれています。
 

参考URL:http://www.halph.gr.jp/drug/drg124.html

QIC50(50%阻害濃度)の単位について

論文を読んでいて、IC50というものを初めて知ったのですが、
少しわからないことがあるので、質問させていただきます。

IC50の単位として、ng/mlやnMといった単位が使われますが、
これの意味がわかりません。

参考にした文献には、対象となる酵素の量や濃度が書かれておらず、
どのくらいの量の酵素に阻害剤を加え、
50%阻害時のIC50を求めたのかがわからないのです。

ただ、私の考え方が根本から間違っており(たぶん間違ってますが)、
IC50とは、50%阻害時に加えた酵素阻害剤の量/酵素の量なのかなと思うのですが、どうなのでしょう?

つまり、1×1×1cmのセルに酵素を入れ、
そこに阻害剤を加え、50%阻害時の量を分子にして、IC50を求めるのでしょうか?

また、まったく別のことなんですが、
文献中に「chitotriomycin」という言葉がでてくるのですが、
これはキトトリオマイシンと読めばよいのでしょうか?

簡単なことなのかもしれませんが、
上記2点についてよろしくお願いします。

Aベストアンサー

タイトルにも書かれているようにIC50は50%阻害濃度(50% inhibitory concentration)と訳され,概念上はあくまでも「濃度」です。従って単位としてはng/mlやnMのような濃度を表わすものが使用されるのは自然だと思いますがいかがでしょう。
 「50%阻害時に加えた酵素阻害剤の量/酵素の量」だと少なくとも単位上は無名数の値になるのがわかると思います。

 IC50という場合の濃度は系に加えられた阻害剤のバルクの濃度を通常指します。従って酵素や受容体に結合してしまった分を差し引いた真の濃度は通常わかりません。それで酵素の濃度や量を書かないとおかしいのでは,と考えておられるのでしょうか。それであれば確かにそうでして酵素濃度の記載が見られる報告も多くあります。本格的に行なう場合は酵素濃度を振ってそれぞれの条件でIC50を求め,酵素濃度ゼロの時のIC50値を外挿して求めるのがスジかもしれません。
 しかし普通はそこまでしてIC50を求めることはないと思います。というのはIC50は多くの場合理論的には固有値とならない場合がほとんどだからです。例えば阻害剤が拮抗的阻害剤などの場合,測定上必ず基質を加えなければなりません。ところが拮抗的阻害剤は基質を競合的に追い出しますが,見方を逆にすると拮抗的阻害剤は基質により競合的に活性中心から追い出されます(これはレセプターに関した実験でも同様です)。つまり基質の濃度が高ければIC50は高くなり(阻害効果は弱めに出る),低ければ小さい値をとります。採用する基質の濃度が10倍違えれば,IC50も約10倍違ってきます。ということで酵素に結合した量を無視したとしても,IC50は条件に依存した非固有地であることがわかると思います。
 ではちゃんとした値はなにかというと,これは基質ゼロの時に求められるIC50値(50%結合濃度に相当)であり,熱力学的には解離定数となります。解離定数は等温等圧では条件によらない固有値となります。ただ基質濃度ゼロの時にはそもそも酵素反応などはかれませんから,実際にはIC50から特別な式を用いて逆算することになります。
 このように求めたKi値でも酵素に結合した阻害剤の量による誤差は出てきます。したがってきちんとKiを求める場合には先ほど述べたような酵素濃度を振るような方法が行なわれますが,ここまで徹底的に行なうのは稀だと思います。
 ご質問にピンポイントに答えてはいないかもしれませんが,IC50をめぐる背景はご理解いただけたでしょうか?

 chitotriomycinについてはすみませんがよくわかりません。

タイトルにも書かれているようにIC50は50%阻害濃度(50% inhibitory concentration)と訳され,概念上はあくまでも「濃度」です。従って単位としてはng/mlやnMのような濃度を表わすものが使用されるのは自然だと思いますがいかがでしょう。
 「50%阻害時に加えた酵素阻害剤の量/酵素の量」だと少なくとも単位上は無名数の値になるのがわかると思います。

 IC50という場合の濃度は系に加えられた阻害剤のバルクの濃度を通常指します。従って酵素や受容体に結合してしまった分を差し引いた真の濃度は通常わかり...続きを読む

Q尿の色について教えてください!

前まではそんな事はあまりなかったのですが・・・
最近尿の色が透明、もしくは白ワインの色より少し薄い感じです。
頻繁にトイレに行くわけでもなく、結構時間が空いてからいくほうだと思うのですが・・・。特に寝起きにする尿の色もこんな感じなので、少し気になっています。
ちなみに前はビタミン剤など飲んでいましたが、今は飲んでいません。尿の色が透明にちかくなってきた事は何かの病気のサインという事は
ありますか?

どなたか詳しい方教えてください!宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

ビタミンCを飲んだ後の尿は黄色くなります。
なので、ビタミンを摂取していたころに比べて色が薄くかんじるのでは?
ビタミン剤を飲んでみて、以前と同じ色に戻るならビタミン剤が原因ではないでしょうか(前が黄色すぎてむしろ今が正常)。

Qナトリウムは、食塩等量で0.7%程度とはどういう意味?

私はある食品のナトリウムの含有%を問い合わせたのですが、「ナトリウムは、食塩等量で0.7%程度」という回答が来ました。これはどういう意味ですか?ナトリウムが0.7%・・・ではないんですかね??食塩等量でというのは塩化物がということですか?

Aベストアンサー

>食塩等量でというのは塩化物がということですか
そうです。
栄養成分を言うときは「食塩相当量」を使います。
通常、食品のナトリウムを原子吸光法で分析し、食塩に換算した値で表します。
これは一般に高血圧などで食事制限する場合、食塩の量として表す方が計算及び制限しやすいからです。

Na=23
Cl=35.5
NaCl=58.5
なのでナトリウム量から食塩相当量に換算するときは、2.54をかけます。
この場合、反対に2.54で割って、
0.7/2.54≒0.28
食品中のナトリウム含量は、100gあたり280mgとなります。
ただし、食塩相当量は小数点以下第1位で表しますので、
実際は、0.650~0.749gの間です。
よってナトリウム量は、256~295mgの範囲となります。
必要であれば、ナトリウム280mg(食塩相当量より換算)と表記すると良いと思います。

Q尿の色について教えてください。

尿の色は、その人の体の状態で変わると言いますが…

たとえば、水分を多くとれば無色、汗を大量にかけば黄褐色などですが・・

淡緑色の尿は、どういう場合にその様な色になるのでしょうか?

Aベストアンサー

>淡緑色の尿は、どういう場合にその様な色になるのでしょうか?
ウラリット(痛風治療剤)を服用しないで、アルコールを痛飲した翌朝の尿の色は淡緑色。
この、私のデーターは、ウラリット服用の有用性・重要性を如実に物語っているといえよう。
引用URL:
http://www5f.biglobe.ne.jp/~osame/tsuufuu/shuppann-go-tsuika-de-ta-/uraritto-no-kouka-tsuika-de-ta-.htm

QIC50(50%阻害濃度)の出し方についてご教示ください。

IC50(50%阻害濃度)の出し方についてご教示ください。

とある物質の酵素阻害活性を測定しているのですが、
IC50値の出し方がいまいちわかりません。

現在の実験方法はサンプル毎の阻害率を以下のように求めています。
1.酵素、基質、阻害物質を加え反応させて吸光度を測定
 (反応生成物を比色法で測定しています)
2.得られた吸光度から、ブランクを差し引いて阻害率を求める式にあてはめて
 阻害率(%)を出す
 ((対照-サンプル)/対照)×100

という風に行っていました。
なので、阻害物質の濃度をふって(10, 5, 1, 0.5, 0.1, 0.05, 0.01ug/mL)
それぞれの阻害率を求めて、エクセルで検量線を作って
その式に当てはめて50%の値を求めたらよいのかな、と思ったのですが…
普通に散布図にしたら変な形のグラフになってしまいました。
いろいろ調べた結果、IC50を求めるときはx軸が対数のグラフを作るのでしょうか?
そのとき、阻害物質(x軸)の濃度の振り方も異なってくるのでしょうか?
(たとえば10, 5, 2.5, 1.25, 0.625…のほうが良いとか)

正直、数学が苦手でして対数にする意味などはさっぱりです…
どなたか、ご回答よろしくお願いいたします。

IC50(50%阻害濃度)の出し方についてご教示ください。

とある物質の酵素阻害活性を測定しているのですが、
IC50値の出し方がいまいちわかりません。

現在の実験方法はサンプル毎の阻害率を以下のように求めています。
1.酵素、基質、阻害物質を加え反応させて吸光度を測定
 (反応生成物を比色法で測定しています)
2.得られた吸光度から、ブランクを差し引いて阻害率を求める式にあてはめて
 阻害率(%)を出す
 ((対照-サンプル)/対照)×100

という風に行っていました。
なので、阻...続きを読む

Aベストアンサー

どんなグラフなのかわからないのであれですが

とりあえず、貴方の実験も対数でされているので問題無いです(0.01, 0.1, 1, 10, 0.05, 0.5, 5で実験しているので)
今回の実験をリニア(普通の)軸で取ると、一番右端が10になり左端が0.01≒0になります
真ん中が5、左から1/10が1になるので、右半分は殆どデータがなく左側にばかりデータ点が並ぶことになります
しかも、0.01と0.05, 0.1当たりの違いはグラフで書いて理解するのは困難だと思います
ですので、対数軸を使います
対数軸ですと、0.01と0.1が一目盛、0.1と1が一目盛となるのでデータ点が均一に並びます
あとは、10倍では飛びすぎているので、間の点として5を選んだということで、それぞれの間に5x10^nのデータが並びます

データ点はある程度規則的に並んでいた方が良いですが、厳密に取る必要はないです
(リニア軸でいうと1, 1.6, 2, 2.6, 3, 3.6などでも良い)
ですので今回の濃度のままで問題ないと思います

Q尿の色

46歳男性です。
先日尿検査をした所、糖が出てると言われて
糖負荷の検査をしました。 多少高めでしたが
正常の範囲内との結果でした。
尿検査では、糖は出ましたがタンパクは出てません。
最近(2年前位から)、尿の色が濃い(黄色い)
事が多く、特に運動後には必ずと言っていいほど
濃い色の尿が出ます。
何か問題あるのでしょうか?

Aベストアンサー

糖がでたから、蛋白がでたからといって色では変化がわかりません。
運動時は発汗により水分が使われますから尿の水分量が減ります。そのため成分が濃縮しますから黄褐色の色素も濃縮して見えます。

Q気孔から吸収される陸上のCO2の濃度はおよそ何%か

問題集にて、

気孔から吸収される陸上のCO2の濃度はおよそ何%か

という問題があったのですが・・・意味がわかりません。
解答を見ても、
0.035% と書いてあるだけで、解説もありませんし。。

陸上の植物の ってことですか?

他にグラフとかが書いてあったのですが、これって暗記問題ですか?教えてください

Aベストアンサー

空気中の二酸化炭素の濃度が350ppm=0.035%だ、というだけのことと存じます。


おすすめ情報