人間の尿に含まれるナトリウム濃度[%]を調べているのですが、なかなか見つかりません。ご存知の方おりましたら教えてください。同時に唾液に含まれるナトリウム濃度[%]も教えていただけたら幸いです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

唾液中は0.02%



尿中は、Na+として、150mEq/lだそうです。

こういうのは生理学の本を読めば一発ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

生理学の本に載っていたのですね。生物学の本を調べてました(^^; 尿の方は見つけることができましたが、唾液については結局見つけることができませんでした。文献を教えていただけないでしょうか?

お礼日時:2003/10/18 16:35

#1です。



唾液の方は、金芳堂から出ている生理学という本です(おっそろしく簡単に書いてあります。ですので、けっこうお勧めです。こっちの方は、尿のほうはNaClとして10~15g/1~1.5lと書いてあります。数値にすると、0.38%付近です)。

尿の方は、丸善から出ている医科生理学展望 原書第9版です(ちなみに私が持っているものは、もともと親のものなので23年前の本です。ですので、数値は最近出ているものの方を参考にされてください。この本には、唾液の成分は書いてありませんでしたが、最近出ている物の方は未チェックです)。

また、私の回答には、ナトリウムの濃度をとりあえず書きましたが、食事や、尿の量などの因子によって変動があるので、#4さんの回答の方をご参考にしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。さっそく図書館で調べてみようと思います。

お礼日時:2003/10/18 22:14

尿中のナトリウム濃度は通常生化学検査でよく行いますが、基準値は施設や方法で異なりますが、だいたい1日に排泄する量としては40~220mEq/Lです。


単位が重量でないのはイオンとして測定しているからで、
1mEq=1mmolです
1mmol=23mg
よって約0.092~0.506%ということになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい計算方法まで明記してくださり、ありがとうございます。わかりやすかったです。その日の状態や食事などによってけっこう幅があるんですね。

お礼日時:2003/10/18 22:16

♯2です 失礼しましたm(_ _)m



「体液量喪失が尿量の減少に至るほど重度のときは→10~15mEq/Lよりも少なく」って読むべきだったんですね。

正常な状態って事じゃないみたいですね。
読み間違えしてたようです。

すみませんでした。
    • good
    • 0

まったく自信はありません。



自分がネットで調べたものと♯1さんのと濃度が違うのですが。。。う~ん(・_・?)ハテ

「尿中のナトリウム濃度は通常10~15mEq/Lよりも少なく」となってますが、これは間違ってるのかなぁ?

元ネタ抜粋
「正常に機能している腎臓は体液量喪失に対して,ナトリウムを保持することによって対応する。体液量喪失が尿量の減少に至るほど重度のときは,尿中のナトリウム濃度は通常10~15mEq/Lよりも少なく;ナトリウムの分画排泄(尿中ナトリウム/血清ナトリウムを尿中クレアチニン/血清クレアチニンで割った数)は1%以下であり;尿の浸透圧はしばしば上昇している。体液量の喪失に加えて代謝性アルカローシスのある場合には,尿中ナトリウム濃度は高値と思われ,このために,体液量の状態の判定を誤ることがある;この場合尿中クロール濃度の低下(10mEq/L以下)は,ECFの喪失のより信頼できる指標である。もしナトリウム喪失が腎疾患や副腎機能不全によるものであれば,尿中ナトリウム濃度は通常20mEq/Lを超える。」

該当URLは↓です。「水,電解質,無機物,酸-塩基の代謝」

ではでは。

参考URL:http://www.banyu.co.jp/health/life3/02/s012.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水分を多量に飲めば塩分の取りすぎの解消になる?

日本人は塩分を取りすぎていて、生活習慣病にかかりやすいとよく言われますね。
美味しいので、つい塩分を取りすぎてしまった場合、お茶などで水分を通常より余計に飲めば、塩分の取りすぎの解消になりますか?
以下はそのまとめ:
つい塩分を取りすぎた→お茶などで水分を多めに取る→尿がその分多めに出る→尿に塩分が含まれているので塩分が排出される→塩分の取りすぎが解消。

ご回答・コメント等を是非お願いします。

Aベストアンサー

簡単に書いてみますと・・・・
まとめのところに追加で、
⇒水分が沢山体内に入る⇒血液成分が薄まる⇒血液量が多くなる⇒血管が中から圧迫される⇒心臓に負担がかかる(ポンプだから)・腎臓に負担がかかる(フィルルターだから)・・・・など等が起こる。
ついでに、午後に足が太くなるとか、寝起きで顔が丸くなるとかの浮腫も出ます。

女の子のミルクのみ人形では無いから(^_^;)、飲んだらそのまま垂れ流しで出るわけではないですから・・・V(^^)V
色々な臓器に関係するし、細胞も浸透圧他で影響を受けます。

とりあえず、サプリでカリウムを採っておいたらよいですよ。 
注射で入れると心停止になる事があるけど、サプリなら大丈夫だから。物凄い量を採ったら不明だが・・・。
バナナ一本で100ミリグラムとか200ミリグラム程度は取れる。 
日本で市販品の含有量は分かりませんが、こちらのサプリは規制があって、一錠99mg迄。 バインドしてNaを出してくれる。
サプリでの量は不明だが、1gや2グラム程度採っても大丈夫だとは思うが・・・・。

まあ、普通はバナナや野菜が良いでしょうが・・・。
又、キレート状態にするために他のミネラルも食事で一緒に採ると良いですよ。

簡単に書いてみますと・・・・
まとめのところに追加で、
⇒水分が沢山体内に入る⇒血液成分が薄まる⇒血液量が多くなる⇒血管が中から圧迫される⇒心臓に負担がかかる(ポンプだから)・腎臓に負担がかかる(フィルルターだから)・・・・など等が起こる。
ついでに、午後に足が太くなるとか、寝起きで顔が丸くなるとかの浮腫も出ます。

女の子のミルクのみ人形では無いから(^_^;)、飲んだらそのまま垂れ流しで出るわけではないですから・・・V(^^)V
色々な臓器に関係するし、細胞も浸透圧他で影響を受けます。...続きを読む

Qヒト尿中成分について

生化学実験を行なっているものです.

ヒト尿の構成成分(特に有機物)が具体的に何であるかを調べているのですが,見つかりません.

おそらくアルブミンやグロブリンが主成分だとは思っていますが,この他にも可能性がある物質があれば教えていただきたいです.

よろしくお願いします.

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%85%8E%E5%B0%8F%E4%BD%93

有機物としては 尿素 尿酸 がおおいのでは?
血中にあるものでも 通常たんぱく質はろ過されません

蛋白尿症とかでなければ検出されことはないのでは?

Q栄養比率について

栄養素摂取量から求め、給食などを作るときに役立つ。自分が本などで調べた結果はこんなものでした・・・。もう少し、詳しい意味が知りたいです。
栄養比率の定義?を教えてください。

Aベストアンサー

栄養比率はいろいろとあります。

1.PFC比率
ashibe1122のお答えにある通りです。
ただ、算出方法ですが、それぞれ
たんぱく質エネルギー比率=たんぱく質量(g)×4(kcal/g)÷総エネルギー量(kcal)×100
脂質エネルギー比率=脂質量(g)×9(kcal/g)÷総エネルギー量(kcal)×100
炭水化物エネルギー比率=100-(たんぱく質エネルギー比率+脂質エネルギー比率)
で求めます。
比率ですから当然%です。一般には小数点以下1桁まで算出することが求められます。
この3つのエネルギー比率がバランスよくないとダメなのですが、注意しなければならないのは総エネルギー量です。この総エネルギー量が適正であることが基本条件です。
たとえば、脂質エネルギー比は1~17歳は25~30%、18歳以上は20~25%であることと日本人の栄養所要量食事摂取基準ではいわれていますが、こんな場合はどうでしょう。
総エネルギーが必要量の半分しかとれていないのに、脂質エネルギー比が40%だったら。たぶん、脂質量は適正です。その他のたんぱく質や炭水化物量がきっと不足しています。それらを適正量にすれば、脂質エネルギー比は範囲内に入るはずです。つまり、総エネルギー量とそのバランスをトータルに考えなければならないのです。

2.穀物エネルギー比率
以前は、日本人は「米ばっかり食」のことが多かったので、穀物だけでなく、もっといろいろなものを食べなければ栄養バランスがとれないということを考える目安とされてきました。
摂取した穀物のエネルギー量を合計し、総エネルギー量で割って100をかけます。50%程度が望ましいといわれています。でも、若い女性はもっと低いです。これは低すぎてもダメです。やはり、脂質エネルギー比の過剰につながるからです。

3.動物性たんぱく質比率
通称、動たん比とよんでいます。総たんぱく質量に占める動物性たんぱく質の割合です。
動物性たんぱく質量(g)/総たんぱく質量(g)×100で求めます。
アミノ酸組成のよい動物性たんぱく質はとても大切。特に、成長期には50%は摂りたいものです。

4.ほかにもいろいろ。。。
動物性脂質比率とか、
飽和脂肪酸(S):一価不飽和脂肪酸(M):多価不飽和脂肪酸(P)=3:4:3とか、
n-6系多価不飽和脂肪酸:n-3系多価不飽和脂肪酸=4:1とか、
まだ他にもあるかも。

いずれも、献立を作成したり、栄養診断する際に活用されます。

栄養比率はいろいろとあります。

1.PFC比率
ashibe1122のお答えにある通りです。
ただ、算出方法ですが、それぞれ
たんぱく質エネルギー比率=たんぱく質量(g)×4(kcal/g)÷総エネルギー量(kcal)×100
脂質エネルギー比率=脂質量(g)×9(kcal/g)÷総エネルギー量(kcal)×100
炭水化物エネルギー比率=100-(たんぱく質エネルギー比率+脂質エネルギー比率)
で求めます。
比率ですから当然%です。一般には小数点以下1桁まで算出することが求められます。
この3つのエネルギー比率がバランスよくないと...続きを読む

Q単位について Eqとは?

単位のなかで、4mEq/Lとあったんですが、Eqってなんですか?読み方も教えてください!

Aベストアンサー

こんばんは。

Eqですが読みは「イクイバレント」と読み、当量を示します
通常mEq/L「ミリ-イクイバレント・パー・リットル」と読み1/1000当量を示します

以下は教科書の抜粋です

mEqとは何か。

 食塩(NaCl)のような電解質は水に溶解したときには、Na(+イオン)とCl(-イオン)が同じ重量で反応するのではなく、同じ当量(エクイバレント)で反応する。
イオンには原子量があり、原子価がある。
Naの原子量は23、原子価は1価、Clは原子量35.5で原子価は1価であって、食塩は23gのNa(+イオン)と35.5gのCl(-イオン)が結合して58.5gの食塩(NaCl)が出来るのである。
g当量で表すには体内では量が少なくすぎるので1,000分の1の単位、すなわちmg当量(mEq)で表すのが一般的で、最も適した量がミリエクイバレント/リッタ-(mEq/l)である、すなわち、この値は1リッタ-中の溶質のmg数を原子量で割って、これに原子価を掛けたものである。

お役に立ちましたか?

Q肝臓1gあたりのグリコーゲン量を計算したいのですが・・・

肝臓1グラムあたりのグリコーゲン量を求めなければならないのですが
途中から分からなくて全く進まなくなってしまっています・・・。
肝臓1.01gから調整した液体(特に希釈などはありません)
のグリコーゲン量が9.7mg/mlなのですが、
これをmg/肝臓1gという単位に直すには
どのように計算すればよいのでしょうか?

また、肝臓グリコーゲンの正常値とはどれくらいでしょうか?
どこを探しても見つからなくて・・・

まとまらない文章で申し訳ないのですが、
助けていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

こんにちは.
肝臓1.01gから調製した液体は最終的に何mLになりましたか?
ここが不明では厳しいですが,ここがわかれば計算できますね.

肝臓グリコーゲン量の正常値についてですが,
動物種によっても違うと思いますので,補足されたほうがよろしいかとおもいます.

ラットであればお手伝い出来るかもしれません.
調べてみます.

Q尿の生成

人の一日あたり生成される原尿と尿量をそれぞれ170l、1.5lとすると一日あたり原尿中にろ過される尿量と再吸収される尿素量は何gかという問題がありましたが分かりません。教えてください

Aベストアンサー

糸球体からボーマンのうへの濾過は単なる限外濾過です。大きな血球やタンパク質は濾過されません。ですから他の成分は,血漿成分=原尿成分となります。

尿成分は,再吸収により成分調節がなされます。(分泌もあるのですが…省略して)ですから,次のように考えられます。

(血漿成分=原尿成分)-再吸収成分=尿成分

原尿中の尿素量は(濾過される尿素量)
0.3×170g
尿中の尿素量は
20.0×1.5g
再吸収された尿素量は
(0.3×170)-(20.0×1.5)g

単位はよく考えて計算してください。私のはいい加減です。

Q潜水反射って何ですか?

潜水反射について調べたのですが、よくわかりません。教えてください。お願いします。また、一般に、呼気の場合は心拍が早くなり、吸気の場合は心拍が遅くなるということですが、なぜ呼吸で心拍数が変わるのかがわかりません。教えてください。

Aベストアンサー

 潜水反射は寡聞にして知りませんので、脈の変化についてお答えします。


 呼吸に際する心拍の変化ですが、御理解が少し誤っています。吸気時に心拍数が上昇、呼気時に心拍数が低下するのが正常です。

 呼吸による心拍の変動を理解するためには、呼吸の理屈を理解しなければいけません。
 呼吸の際、我々は横隔膜その他の筋を収縮させることにより、胸郭を広げます。すると胸腔内の圧力が低下し、つられて肺が膨張します。だから息が吸える訳です。
 このとき、ふくらむのは肺だけではなく、胸腔内にあるもの全てが影響を受けます。今回に関して言えば、具体的には上大静脈、下大静脈です。それらの大静脈が拡張すると、全身から右心房(心臓)に戻ってくる血液の量が一過性に上昇します。
 その静脈還流量上昇により、右心房が伸展されます。右心房それ自体に、伸展刺激により脈拍数が上昇するというBainbridge反射があります。そのため、伸展刺激により心拍数が上昇します。
 機序に関わる要因は他にもありますが、これで説明することは可能と思います。

Qなぜ血圧の上昇するのか。

寒冷暴露試験(寒冷昇圧反応)を行った際、血圧が上昇するのはどういったメカニズムでおこっているのですか?また、この時心拍数は上がったりしますか?

Aベストアンサー

寒い環境に行くと皮膚の表面から体温が奪われないように血管が収縮します。血管が収縮すれば体表の血管の表面積が自然と小さくなるため体温が下がるのを抑えられます。ちなみにこの生理は交感神経が司っています。血管が収縮すれば血流量が同じでも管が細くなっているので血圧が上がるというのはわかりますよね?
心拍数が上がるというのは聞いたことがありません。
すいません。

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Q深呼吸と心拍数について

深呼吸をしているとき、吸うと心拍数が上がりますが、吐くと心拍数が下がります。これはなぜなのでしょうか。

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1932571.html?ans_count_asc=2
上記にもありますとおり、吸気時には胸郭内の陰圧によって心臓に戻ってくる血液が増えるため、それを全身に送り出すために心拍が上がります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報