小説のタイトルを教えて欲しいです。
10年近く前、土曜日の日経新聞についてくる今でいう日経プラスワンみたいなので連載していました。もしかしたら朝日か毎日の土曜版・日曜版だったかもしれません。
時代は元寇の頃の日本を舞台としていて、河野通なんとかが主人公またはその主人だったと思います。
宋代に竜骨が発明されて中国の航海技術は格段に上がったなど、当時の航海技術についての記述が結構ありました。
主人公もしくはその仲間が泉州に行くという展開があったように思います。
主人公の仲間に毒花(ぶすか)という女性がいました。
小説のタイトルは「国難来る」みたいな感じだったと思うのですが、それで検索しても全くそれっぽいのが出てこないので勘違いかもしれません。

これくらいしか覚えていませんが心当たりのある方御回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

全然心当たりはなかったのですが、船に詳しいとなると白石一郎かなと検索してみました。



2001年に『蒙古襲来』という歴史読み物を日本放送協会出版から刊行しています。大河ドラマ『時宗』(原作高橋克彦)にあわせた執筆のもよう。短編集で『蒙古の槍』を80年代に書いてます。

元寇について歴史小説をこの20年ほどに書いた有名作家は、高橋克彦以外で私の記憶では、山田智彦、火坂雅志、伴野朗くらいです。

河野某はおそらく伊予河野家の河野通有(サイトによっては道有としているのもあります)でしょう。
    • good
    • 0

海音寺潮五郎著:「蒙古来たる」が近そうです。


しかし、昭和28年~29年にかけて、読売新聞で連載していたそうで、時代が全然違いますね。
http://lounge.cafe.coocan.jp/novels/000949.php


>河野通なんとかが
→河野道有でしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Q30年くらい前に女優さんが書いた小説を探しています

30年くらい前の本で、印象深かったのでもう一度読みたいのですが本について思い出せないので探せずに居ます。
タイトルは「もうひとりのわたし」だったかな…。
確か、女優さんが書いた小説で文庫判ではなくハードカバーの単行本でした。
性を扱った内容で、あらすじは主人公の「私」の友人が、病気で余命いくばくかになり、見舞いに行った「私」は彼女の日記を読まされる、といった話だったと思います。その友人は性的にませており、「私」と身体を弄ぶイタズラをしたり、自分のお兄さんと恋仲になってしまったりした挙句女として波乱の人生を送ります。一方「私」はそういうことがどうも苦手で、夫に浮気されてしまいます。
…覚えているのはそんな内容です。
タイトル表記にどこまで漢字を使っていたか、出版社も忘れました。もしかしたらタイトル自体間違っているかも知れません。
作者は小川真由美さんか岸田今日子さんかだと思ってたのですが記憶違いだったようで、調べてもヒットしません。
私小説みたいで、ちょっとエロティックで、面白かったのですが…本が入手不可能でも、本の正体が思い出せれば良しとしたく、質問しました。
ご存知の方、情報を頂けませんでしょうか?よろしくお願いします。

30年くらい前の本で、印象深かったのでもう一度読みたいのですが本について思い出せないので探せずに居ます。
タイトルは「もうひとりのわたし」だったかな…。
確か、女優さんが書いた小説で文庫判ではなくハードカバーの単行本でした。
性を扱った内容で、あらすじは主人公の「私」の友人が、病気で余命いくばくかになり、見舞いに行った「私」は彼女の日記を読まされる、といった話だったと思います。その友人は性的にませており、「私」と身体を弄ぶイタズラをしたり、自分のお兄さんと恋仲になってしまったり...続きを読む

Aベストアンサー

『もうひとりのわたし』岸田 今日子、青土社、1988.7刊。

絶版ですが、図書館にはいくつかあります。

Q霊能捜査官アリソン・デュボアで質問があります。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り、LAでサーフショップを始めようと約束し、LAに向かう途中、アリソンの家に寄ります。

弟は、そういう能力があることをひた隠しにしているのですが、 毎晩のように、その軍曹が弟の枕元に現れては怒鳴り散らすので、 アリソンにもバレてしまい、アリソンは弟に真実を語らないかぎり、 軍曹は出続けるし、正しいことをしろと説得します。
で、彼は親友を裏切って軍曹のお葬式で、真実を語ることにします。

そこから先は、場面が変わって、晴れ晴れとした表情の弟が、 LAに行くバスに乗り込みます。 で、このラストシーンが謎なのですが、バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼しているのです。弟も敬礼をし返して そのまま去っていきます。

この軍服姿の友人は、死んでるってことなんでしょうか? 生きていたら、つかまって軍法会議にかけられるわけで、 バスターミナルになんかいられるわけないし…
それとも、弟は真実を語らなかったのか、でも、それでは何も解決しないし…
そこのところが、はっきりしないので、気になっています。

長くなってすみません。もし、わかる方がいたら教えてください。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

『バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼』
↑この、にこやかに敬礼していた軍服姿の人は、
親友ではなく軍曹だったのではないでしょうか?

アリソンが言った通り、弟が真実を語ったことによって
軍曹の無念の気持ちがやわらぎ、笑顔で出てきてくれた、
と考えると筋が通ると思います。

Q歴史小説

歴史小説書き始めようかなーと思っているのですが、
歴史小説書いてる人の集まり、というか、同人誌のようなものってあるのでしょうか。
ネットで検索してもあまりヒットしないのですよ。

どうせなら、励ましあう仲間がほしいので・・・。

Aベストアンサー

SNSのmixi
http://mixi.jp/home.pl
に、歴史小説を書く方々が交流できるコミュニティがありますよ。

※mixiは現在、招待制ではなく、登録制です。
招待メールなしでも登録できます。


「歴史小説が書きたい!」というコミュニティです。
作品を公開・・・も可能です。
mixiしているけど、執筆は、マイミクに知られたくない・・・
という方は、連絡下さい、
と案内がありますので、
配慮してもらえるようですよ。
盛んに発言されている・・・ようではないんですが。
趣味があいそうな方にメッセージを送って、
話が盛り上がれば、
執筆意欲もあがると思います。

参考になれば幸いです。

Q【素人小説の為】自衛官の階級、年齢、活動の違和感の無い組み合わせについて

 自力では、Web検索や書籍から調べることが出来なかった為、質問させて頂きます。

 現在素人のブログ小説で、市街地で破壊活動を行うSF的に強力なテロリストに対し、自衛隊内でそれに対抗する10名~20名程度の隊が組織されていると言う描写を行おうとしています。

 そこで、その隊を現場で指揮する人物を登場させたいのですが、それを四十代男性と設定することはおかしくないでしょうか?20代前半の主人公に対する良き理解者と言う位置付けとしたい為です。

 また、その場合、その人物の階級はどれ程でしょうか?1等陸尉や3等陸佐と考えたのですが、これは妥当でしょうか?

 これらの疑問を解消して下さるご回答、或いは参考となるWebサイトなどのご紹介を頂きたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけの『ホラ』が用意されているわけです。

 お示ししたサイト等に示されているのは最速・最遅のモデルケースであって、その中間を指すあたりならばそれなりの妥当性を付けることはできるでしょうし、多少の無茶も承知ならば、防大・一般幹候出という設定も新宿鮫同様、なくはありません。別に総て表に出さなくても良いわけで。
#いま作ってくれ、と言われりゃやらなくもないですが、それは支援者たるの領分を越える

 また、習作であるとお見受けしますので、発表によるツッコミでさらにブラッシュアップしてしまうと言うこともアリだと思います。

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけ...続きを読む

Qおすすめの歴史小説

吉村昭の歴史小説が好きです。記録文学というのか、史実に基づいたノンフィクションの話が好きです。近代とかの時代設定の吉村昭さんぽい本を探しています。近代以外でもよいのですが、織田信長とか戦国時代系のはあまり好きじゃないです。

城山三郎さんの落日燃ゆなども読みました。

他になにかおすすめの本があればおしえください!!!!

Aベストアンサー

leyte1さん、こんにちは。
>史実に基づいたノンフィクションの話
 っぽい小説ということで。

山崎豊子はいかがでしょう。
今テレビでやってる。   「運命の人」
キムタクが主人公をやった。「華麗なる一族」
映画にもなった      「沈まぬ太陽」

司馬遼太郎も近代を描いています。
「坂の上の雲」
「ひとびとの跫音」
「殉死」

武田泰淳の有名な
「ひかりごけ」

とりあえず、この辺りで…。

Q他の職種から警察官にはなれますか??

小説を書こうと思っています。
小説を書くにあたって疑問が出てきたので質問させていただきます。
警察官の採用はだいたいの県が29歳までというのを見たのですが、東京都などで30歳を過ぎて警察官に転職するのは無理ですか??
転職する前にやっている職種は何でもいいんです。不動産屋でも、裁判官などでも…

ダウンタウンの浜ちゃんがやっているドラマは仕事を転々として44歳で新人検事になる話ですよね??
警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

くだらない質問かもしれませんが本当に困っていますのでよろしくお願いいたします。。。

Aベストアンサー

・警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

検事は、司法試験合格して司法研修所の検事講習終了すれば、何歳でも法務省が
検事に採用してくれる

警察は、年齢(生年月日)、対象学歴職歴指定した採用試験を行う

転職なら、専門分野の実績あれば30歳過ぎでも可。普通の警官採用試験ではなく、
どこの、道府県警察警視庁でも、いきなり部長刑事・警部補になる
特別捜査官がいる。
警視庁だと「財務捜査官」・「科学捜査官」・「コンピュータ犯罪捜査官」・「国際犯罪捜査官」の4種別がある。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/tokubetu.htm

Q歴史小説で一番最初に読むなら?

日本の歴史小説を読み始めたいと思っていますが、
たくさんありすぎて何から手をつけたらいいのかわかりません。
読んだ後に、登場人物の建てたお城を見に行ったりできたらなと思ったりするので、できれば戦国時代あたりから攻めたいです。そして次の時代の物語や一つ前の時代の物語というように、連動して読み続けて、大まかな戦国時代あたりの流れが分かるようになりたいのです。
また、新撰組にも興味があります。
文章の比較的やさしいものがいいです。漫画も同時に探しています。
なにかおススメがありましたら是非教えてください!

Aベストアンサー

歴史小説で面白いのは司馬遼太郎の作品だと思います。

戦国時代ならば「国盗り物語」「新史太閤記」「関ヶ原」「城塞」の順でしょうか。

新撰組関連ならば「新選組血風録」「燃えよ剣」です。


漫画ならば
みなもと太郎の「風雲児たち」ワイド版全20巻
http://www.leed.co.jp/www3/contents/CONISBN4-8458-0165-5.htm

「風雲児たち 幕末編」現在7巻まで
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4845828979/249-5377956-7825142

これを読めば関ヶ原の戦いから幕末までの歴史が良く分かります。

参考URLで歴史小説を人物名で探せますので気になる人物のものを読んでみてください。

参考URL:http://www32.ocn.ne.jp/~unasaka/siryou/jinbutu/jinbutu1.html#anchor321983

Q「能」を観にいきたいのですが・・

「能」が舞台となった小説を読み、少し興味が湧いてきました。
せっかくの良い機会ですし、思い切って本物を観にいってみようと
思ったのですが、今まで一度もチケットを取った事がないので、
どの演目(?)を取ったら良いのかもわかりません。
(小説で出てきたのは「道成寺」「二人静」「紅葉狩」等でした。)

本当に何も知らないので、演目のお薦めや、席の選び方、
チケットセンター等、色々アドバイスをお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チケットは。。。
すみません。近所に能楽堂があるのでいつもそこで購入しています。皆さんはどのような方法で購入してらっしゃるのでしょう???

 席はなんと言っても正面が一番良いと思います。高額になりますけれど(笑)たとえば能舞台で御覧になる時には席によって舞台の柱が視界の邪魔になることもありますので、予め舞台の見取り図を入手されると良いかもしれません。
 また普通のホールで御覧になる場合、観客席と舞台が近いために視点が見上げる状態になるホールもあり、あまりにも前の席を取るとと足さばき(←って言うのかなぁ)が見えなかったりします。

 私もそんなに詳しい訳ではなく、ここ数年興味を持って能楽堂に通うようになりましたので参考になりますかどうか。。。
 いちおう、能について関連用語や演目の簡単な説明があるURLを載せておきますね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/HanaYugen/DictionaryRoom0.html

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チ...続きを読む

Qおもしろい歴史小説

歴史小説が大好きです。
割と範囲を限って質問したいのですが、
日本の平安時代を舞台にした話、
あるいはヨーロッパの近代以前の話を
読みたいのですがオススメのものを教えてください。
出来れば、女性が主人公のもの、スケールの大きいもの、文章が読みにくくないものでお願いします。
フィクション、ノンフィクションといません。
参考までに、私の好きな作家は、藤本ひとみ、杉本苑子、永井路子、田辺聖子などです。

Aベストアンサー

諸田玲子の『まやかし草紙』は主人公が女性の平安時代を舞台にしたサスペンス調の物語です。主人公の弥生が凛としていて面白く読みやすいです。
ほかに同作者のもので『髭麻呂』という作品がありますが、こちらは男性が主人公の平安ミステリー物です。
また、すでにご存知かもしれませんが平岩弓枝『平安妖異伝』も平安時代が舞台の物語です。これまた女性が主人公ではないのですが、若き日の藤原道長が主人公で、物の怪が出てきたり楽士の不思議な少年が出てきたりとさらりと読めます。
先の方が荻原規子の著書について書かれていますが、同じ作者のもので『薄紅天女』という平安初期、桓武帝時代を舞台にしたファンタジーがあります。こちらは児童文学に分類されていると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報