数年前にNHKで一度やってたんですが、「ぼくのおじさん」というような
タイトルの映画、ご存知ありませんか?
やることなすことユニークなおじさんが「ぼく」のうちに遊びにくる、
というような話だったと思うのですが。
先日レンタルビデオで「ぼくの伯父さんの休暇」というのを見つけたのですが、
それとは別物でした。
どなたかわかる方、回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

baianさんのご回答通り、ジャック・タチの「ぼくの伯父さん」でしょうね。


伯父さんこと「ユロ」氏が繰り広げるコメディですが、何と言うか説明しがたい味がある作品でした。1958年の作品で、同年12月に日本でも公開されており、同年度のカンヌ審査員特別賞、アカデミー外国語映画賞も受賞しています。ビデオも発売されていますので、レンタルでも見つかるのではないかと思います。

「ぼくの伯父さんの休暇」は、日本での公開は逆になりましたが、1952年の作品で、こちらの方が先に作られています(日本公開は'63年)。ただしこちらでは、「ユロ」氏は誰かの伯父さんとして登場してくるわけではありません。

参考URL:http://us.imdb.com/Title?0050706
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レンタルビデオ屋でさがしたらありました!
どうもありがとうございました~。

お礼日時:2001/05/07 10:56

ジャック・タチの「ぼくの伯父さん」かな?



参考URL:http://cinema.media.iis.u-tokyo.ac.jp/person.cgi …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい、その通りでした。
どうもありがとうございました~。

お礼日時:2001/05/07 10:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qぼくの伯父さんシリーズ

ジャックタチのぼくの伯父さんシリーズ。
1弾目からのタイトルを教えてください。

1弾目がぼくの伯父さん(58)、
2弾目がぼくの伯父さんの休暇(52)のようですが52年の作品が2弾というのはおかしくないですか?
小説が発売された順番、もしくは時代背景などの設定の関係でしょうか?

4弾目がトラフィックということが調べてわかったのですが、
3弾目は何という作品でしょう?
また5弾目以降はあるのでしょうか

Aベストアンサー

タチの作品は少ないのですが
僕の“伯父さん”として登場するのは『ぼくの伯父さん』1本なので
“ぼくの伯父さん”シリーズはありません。
ただタチが演じる主人公である“ユロ氏”が登場するので
“ユロ氏シリーズ”なら存在する、というかほとんどの作品が
そうなのでユロ氏=タチとみなされることが多いです。
ユロ氏以前にタチが扮するのが“郵便配達”(フランソワ)です。

以下のサイトのフィルモグラフィーで確認してください。
ユロ氏の登場順に書くと

ぼくの伯父さんの休暇 (52)
ぼくの伯父さん(58)
プレイタイム(67)
ぼくの伯父さんの授業(67)[短編]
トラフィック(71)

http://www.kinejun.jp/people/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%83%81/id/63606

http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=26017&ct=

Qユニークなエンドクレジット

明けましておめでとうございます。
エンドクレジットは、バックミュージックはあるものの延々と字面が続き、退屈な物が殆どです。作る側も、エンドクレジットを楽しく見せようとは全く意図してないようです。最近見た映画でタイトルは忘れましたが、エンドクレジットで各部門の氏名と一緒にそのスタッフの集合写真を写したのがあり、これなら面白く見れるなと思いました。
JチェンのNG集も最初は面白かったのですが、これも毎回となると辟易してしまいます。「ロック・ユー!」ではラストにひと音ありますが、ユニークではあります。
そこで、ユニークなエンドクレジットがある作品が在れば、お教え下さい。
どうぞ宜しくお願い致します。、

Aベストアンサー

「スラムドッグ・ミリオネア」や「マンマ・ミーア!」のように
エンディングで歌ったり踊ったりというのはミュージカル映画ではよくありそうですね。
「マンマ・ミーア!」は楽しかったです。
こういうの好きですね。


>エンドクレジットで各部門の氏名と一緒にそのスタッフの集合写真を写したのがあり

これ、わたしも記憶にあります。
(ただ映画の方は思い出せませんが。)
なんだかほのぼのしますよね。

「スラムドッグ・ミリオネア」はミュージカルではないので
「なぜ踊る?」と映画館で思いました。インド映画?だから?
タイム誌が選ぶ「エンドクレジットが印象的な映画ベスト10」に入っています。
ご存じかもしれませんが他の作品は
▽「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」
▽「チャンス」
▽「スパイナルタップ」
▽「ポリス・ストーリー 香港国際警察」
▽「フィクサー(2007)」
▽「ドーン・オブ・ザ・デッド」
▽「ウォーリー」
▽「偉大なるアンバーソン家の人々」
▽「SUPER 8 スーパーエイト」
だそうです。

Q映画「バイオハザード4」に出てくるマジニって、アンデッドとは別物なんで

映画「バイオハザード4」に出てくるマジニって、アンデッドとは別物なんですか?Tウィルスには感染していないのですか?よろしくお願いします!

Aベストアンサー

ゲームの方だと、バイオハザード5に出てきます。
プラーガという寄生体が原因の変異で、
完全に羽化するまでは除去による生還が可能なため、
アンデッドとは違います。
Tウィルスとも関係がありません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%AC

Q樹木が人を襲う映画のタイトルどなたかご存知ありませんか?

25~6年前にTVで放映された映画をもう一度ちゃんと見たいのですがタイトル、入手できるか?など全然判りません。
何しろ幼稚園の頃、見た映画なので・・・
内容は、樹木が人を襲う恐怖物だったのですが怖くて最後まで見れなかったせいなのか今でもずっと心に残っています。
断片的に覚えている内容は
1.樹木が人を襲う恐怖物である
2.樹木が人を襲うときにはなにか液を飛ばして失明される!?
3.教会に人が一杯集まって”神のご加護が・・・”といってるシーンでにステンドグラスが割れて木の枝が襲ってくる。
4.白黒だったような・・・?

なにしろ小さい頃のことでうろ覚えですが、もしかしたらこれじゃないか?という心当たりのある人がいましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1963年公開の英映画「人類SOS!」かなあ…。
カラー映画なので違うかもしれませんが、妙に古臭い絵肌だったので白黒と思われたのかも。
原題は "THE DAY OF THE TRIFFIDS (INVASION OF THE TRIFFIDS)" で、ジョン・ウインダムのSF小説「トリフィドの日」(邦訳は早川書房)が原作になってます。
宇宙から来た吸血植物トリフィドが人類を襲う。トリフィドの動きは緩慢なので、普通の人間なら走って逃げられるんだけど、トリフィドを運んできた流星雨の閃光で人類の大半が失明してしまい、次々にトリフィドの餌食に…という筋立てだったと思います。
教会に逃げ込んで神に祈ってる場面とかも、たしかあった記憶があるので…うろ覚えですが。

参考URL:http://www.generalworks.com/databank/movie/title1/dotri.html

Qぼくのエリについて

ぼくのエリという映画が絶賛されていたので、今度観てみようかと思ったのですが…

予告編を観る限りちょっとグロそうというか、怖い感じがして観ようかどうか迷ってます。

私はグロいのが苦手なんですが…
どの程度グロいでしょうか?

ちなみにゾンビランドやバイオハザードは観れました。

回答お願いしますm(._.)m

Aベストアンサー

こんにちは。
予告編とは公式サイトのものでしょうか?
あまり書くとネタバレになってしまいますが、確かに血は出ますが、そんなにグロではないですよ、気の弱い子が勇気づけられていく、暖かい、いい映画でした。
繰り返し見てしまいましたよ。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報