数年前にNHKで一度やってたんですが、「ぼくのおじさん」というような
タイトルの映画、ご存知ありませんか?
やることなすことユニークなおじさんが「ぼく」のうちに遊びにくる、
というような話だったと思うのですが。
先日レンタルビデオで「ぼくの伯父さんの休暇」というのを見つけたのですが、
それとは別物でした。
どなたかわかる方、回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

baianさんのご回答通り、ジャック・タチの「ぼくの伯父さん」でしょうね。


伯父さんこと「ユロ」氏が繰り広げるコメディですが、何と言うか説明しがたい味がある作品でした。1958年の作品で、同年12月に日本でも公開されており、同年度のカンヌ審査員特別賞、アカデミー外国語映画賞も受賞しています。ビデオも発売されていますので、レンタルでも見つかるのではないかと思います。

「ぼくの伯父さんの休暇」は、日本での公開は逆になりましたが、1952年の作品で、こちらの方が先に作られています(日本公開は'63年)。ただしこちらでは、「ユロ」氏は誰かの伯父さんとして登場してくるわけではありません。

参考URL:http://us.imdb.com/Title?0050706
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レンタルビデオ屋でさがしたらありました!
どうもありがとうございました~。

お礼日時:2001/05/07 10:56

ジャック・タチの「ぼくの伯父さん」かな?



参考URL:http://cinema.media.iis.u-tokyo.ac.jp/person.cgi …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい、その通りでした。
どうもありがとうございました~。

お礼日時:2001/05/07 10:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q知財検定と弁理士試験の勉強について

以前から特許や知財について興味があり、いずれその方面で転職したいと思い勉強し始めようと思います。
弁理士試験は超難関で相当勉強しなければなりませんが、弁理士試験の勉強をする前に、先に知財検定を受けることは弁理士試験の勉強に役立つでしょうか?弁理士=超難関、知財=もっと簡単なバージョンというイメージがあるのですがどうでしょうか?
知財検定を3級2級くらいまで取ってから、弁理士試験の勉強をした方が、いきなり弁理士試験の勉強を始めるよりも、とっつきやすいでしょうか?
また逆に、弁理士試験の勉強をやっていれば、特に対策しなくても知財検定は合格出来るものなのでしょうか?
詳しい方、ご回答願います。

Aベストアンサー

弁理士試験は範囲が広いため、知財検定の試験勉強は役に立つことが多くあると考えます。

とっつきやすさについては、弁理士試験でも入門講座などがありますので、一概にはいえないと思います。
受験期間の無料ガイダンスに参加されるのもよろしいと思います。

また、参考ですが、知財の業界で活躍する際に、必ずしも弁理士資格が必要ではありません。
以下のような転職支援サイトなどを参考にされて、一般的にどのような資格が好まれるかを確認されておいても無駄にならないと思います。

参考URL:http://ipr.sub.jp/index.html

Qぼくの伯父さんシリーズ

ジャックタチのぼくの伯父さんシリーズ。
1弾目からのタイトルを教えてください。

1弾目がぼくの伯父さん(58)、
2弾目がぼくの伯父さんの休暇(52)のようですが52年の作品が2弾というのはおかしくないですか?
小説が発売された順番、もしくは時代背景などの設定の関係でしょうか?

4弾目がトラフィックということが調べてわかったのですが、
3弾目は何という作品でしょう?
また5弾目以降はあるのでしょうか

Aベストアンサー

タチの作品は少ないのですが
僕の“伯父さん”として登場するのは『ぼくの伯父さん』1本なので
“ぼくの伯父さん”シリーズはありません。
ただタチが演じる主人公である“ユロ氏”が登場するので
“ユロ氏シリーズ”なら存在する、というかほとんどの作品が
そうなのでユロ氏=タチとみなされることが多いです。
ユロ氏以前にタチが扮するのが“郵便配達”(フランソワ)です。

以下のサイトのフィルモグラフィーで確認してください。
ユロ氏の登場順に書くと

ぼくの伯父さんの休暇 (52)
ぼくの伯父さん(58)
プレイタイム(67)
ぼくの伯父さんの授業(67)[短編]
トラフィック(71)

http://www.kinejun.jp/people/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%83%81/id/63606

http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=26017&ct=

Q弁理士とかってやっぱり外国を対象にしたほうが儲かるのですか?

自分は理系の工学部なんですが、英語(語学)も好きなので、同じ弁理士を目指すなら、外国を対象にした弁理士がいいなぁと思ってます。

実際のところ、国内弁理士か国際弁理士ってどちらが高給料だったりするものなんでしょうか?
(やっぱり日本よりかはアメリカとかのほうが特許とかもたくさんありそうだし・・・)
弁理士じゃなくてもいいのですが、一般的に国内か外国を対象にした
仕事なら外国のほうが儲かるものなんでしょうか?

また国際弁理士とかってTOEICでどのくらいの点数はあったほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

当然のことながら、日本国内のみを扱うより外国への出願も扱うほうが仕事の幅が広がりますから収入はあがるでしょうね。

企業の側から見ても、国内専門の弁理士の先生と国内/外国の両方をされている弁理士の先生では、お願いする案件が違います。

ただし、外国を扱われている弁理士の先生は現地に代理人を置かれているようですから、出費もそれなりのようですよ。外国といっても英語ばかりでなく、中国語圏とかドイツ語圏とかいろいろありますしね。

また、日本の弁理士の資格は基本的に日本で通用するものであって、たとえば、米国で代理人をするには、米国の相応資格(特許弁護士)が必要です。

がんばってください。

Qユニークなエンドクレジット

明けましておめでとうございます。
エンドクレジットは、バックミュージックはあるものの延々と字面が続き、退屈な物が殆どです。作る側も、エンドクレジットを楽しく見せようとは全く意図してないようです。最近見た映画でタイトルは忘れましたが、エンドクレジットで各部門の氏名と一緒にそのスタッフの集合写真を写したのがあり、これなら面白く見れるなと思いました。
JチェンのNG集も最初は面白かったのですが、これも毎回となると辟易してしまいます。「ロック・ユー!」ではラストにひと音ありますが、ユニークではあります。
そこで、ユニークなエンドクレジットがある作品が在れば、お教え下さい。
どうぞ宜しくお願い致します。、

Aベストアンサー

「スラムドッグ・ミリオネア」や「マンマ・ミーア!」のように
エンディングで歌ったり踊ったりというのはミュージカル映画ではよくありそうですね。
「マンマ・ミーア!」は楽しかったです。
こういうの好きですね。


>エンドクレジットで各部門の氏名と一緒にそのスタッフの集合写真を写したのがあり

これ、わたしも記憶にあります。
(ただ映画の方は思い出せませんが。)
なんだかほのぼのしますよね。

「スラムドッグ・ミリオネア」はミュージカルではないので
「なぜ踊る?」と映画館で思いました。インド映画?だから?
タイム誌が選ぶ「エンドクレジットが印象的な映画ベスト10」に入っています。
ご存じかもしれませんが他の作品は
▽「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」
▽「チャンス」
▽「スパイナルタップ」
▽「ポリス・ストーリー 香港国際警察」
▽「フィクサー(2007)」
▽「ドーン・オブ・ザ・デッド」
▽「ウォーリー」
▽「偉大なるアンバーソン家の人々」
▽「SUPER 8 スーパーエイト」
だそうです。

Q弁理士資格の申請抹消ってどういうことですか?

友人が昨年、4年間の勉強の末、やっと弁理士試験に合格しました。
その後特許事務所でしばらく働いたのですが、諸事情により退職しました。
本人いわく、「弁理士はむいていなかった」とのこと。
今では無職の状態がかなり続いています。
それでも、弁理士の資格さえあればどうにかなるだろうと思って、大して心配せずにいました。

しかし、ネットサーフィンをしていたら友人の弁理士資格が申請抹消となっていました。
その友人は今、あまり精神状態があまり良くないので、本人にはあまり聞きたくありません。
しかし、友人としてとても気になります。

弁理士資格の申請抹消をすると、もう弁理士資格は取得できないのでしょうか?

Aベストアンサー

弁理士に限らず、士業は登録をしないと「○○士」として業務ができません。

その登録を抹消=廃業したということです。

しかし、弁理士となる資格を失った場合を除き、いつでも再度登録することは可能です。

実際に仕事をしない場合、登録をしていれば全国組織の士業連合会、都道府県の士業会に会費納入が必要ですから登録抹消されたのではないかと推測します。

Q映画「バイオハザード4」に出てくるマジニって、アンデッドとは別物なんで

映画「バイオハザード4」に出てくるマジニって、アンデッドとは別物なんですか?Tウィルスには感染していないのですか?よろしくお願いします!

Aベストアンサー

ゲームの方だと、バイオハザード5に出てきます。
プラーガという寄生体が原因の変異で、
完全に羽化するまでは除去による生還が可能なため、
アンデッドとは違います。
Tウィルスとも関係がありません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%AC

Q弁護士と弁理士

弁護士と弁理士の違いって何でしょうか?また司法試験と弁理士の試験ってどちらが難しいんでしょうか?

Aベストアンサー

弁護士は法律全般の専門家で裁判や法律相談などを扱います。
弁理士は特許や商標等の申請を主な業務としています。

難易度では司法試験の方が上だと思いますが、弁理士試験もかなり難しく日本を代表する難易度の高い試験となってます。

司法試験、公認会計士試験、弁理士試験、司法書士試験
これらは特に難易度が高い資格です。

Q樹木が人を襲う映画のタイトルどなたかご存知ありませんか?

25~6年前にTVで放映された映画をもう一度ちゃんと見たいのですがタイトル、入手できるか?など全然判りません。
何しろ幼稚園の頃、見た映画なので・・・
内容は、樹木が人を襲う恐怖物だったのですが怖くて最後まで見れなかったせいなのか今でもずっと心に残っています。
断片的に覚えている内容は
1.樹木が人を襲う恐怖物である
2.樹木が人を襲うときにはなにか液を飛ばして失明される!?
3.教会に人が一杯集まって”神のご加護が・・・”といってるシーンでにステンドグラスが割れて木の枝が襲ってくる。
4.白黒だったような・・・?

なにしろ小さい頃のことでうろ覚えですが、もしかしたらこれじゃないか?という心当たりのある人がいましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1963年公開の英映画「人類SOS!」かなあ…。
カラー映画なので違うかもしれませんが、妙に古臭い絵肌だったので白黒と思われたのかも。
原題は "THE DAY OF THE TRIFFIDS (INVASION OF THE TRIFFIDS)" で、ジョン・ウインダムのSF小説「トリフィドの日」(邦訳は早川書房)が原作になってます。
宇宙から来た吸血植物トリフィドが人類を襲う。トリフィドの動きは緩慢なので、普通の人間なら走って逃げられるんだけど、トリフィドを運んできた流星雨の閃光で人類の大半が失明してしまい、次々にトリフィドの餌食に…という筋立てだったと思います。
教会に逃げ込んで神に祈ってる場面とかも、たしかあった記憶があるので…うろ覚えですが。

参考URL:http://www.generalworks.com/databank/movie/title1/dotri.html

Q弁理士としてのあり方について

知的財産権について興味がある者です。

技術的バックグラウンドのない者が弁理士を目指した場合、明細書を作成出来るようになるまでに並々ならぬ努力を必要とするであろうと思います。
まだ若い時期に弁理士になろうとするのであれば、一から積み重ねてくことも、将来の夢を考えればまた楽しいかもしれません。

例えば30代、40代の者が弁理士になろうと決意した時、技術的バックグラウンドがなければ(ゼロではないにしても)、非常に苦労すると思います。

はじめから、意匠・商標・著作権方面での活動や海外弁理士(Patent Attorny)との連携、訴訟を得意分野とする弁理士を目指すのは可能でしょうか?
上記のやりかたは正当な弁理士のあり方ではないと感じています。

Aベストアンサー

弁理士のあり方一般のご質問のようですので、一応弁理士として、私の考える弁理士本来のあり方について記載いたします。
確かに、特許明細書をこつこつ作成するというのは、弁理士業務の代表的な一つと言えます。しかし、明細書作成の経験が無くとも、活躍している諸先生はたくさんおります。企業などで特許訴訟や契約を担当したり、知財コンサルタントや戦略立案に携わっている方、もちろん意匠・商標専門の弁理士もいらっしゃいます。
また、特許明細書の世界も、結局は論理構成と作文作業ですので、発明に興味があれば、結構面白いものです。文系の実務家も多数知っております。
確かに、なにか勘違いをしてこの世界に入り、業界が合わずに苦労している人がいるのも事実です。結局個々人が、何をしたくて、何に興味を持って弁理士になるのかと言うことが大切なのではないでしょうか。発明に興味があればその道を、商標・著作権に興味があれば、そこを目指すべきです。最先端の知的財産に触れる仕事ですから、合格してからも継続して勉強が必要です。私も勉強の合間にこれを書いておりますが、日々充実していると実感しております。
「就職に有利」とか「受かってしまえば薔薇色」などと考えて弁理士になってしまった人が、最も「正当な弁理士のあり方ではない」と感じますが、いかがでしょうか。

弁理士のあり方一般のご質問のようですので、一応弁理士として、私の考える弁理士本来のあり方について記載いたします。
確かに、特許明細書をこつこつ作成するというのは、弁理士業務の代表的な一つと言えます。しかし、明細書作成の経験が無くとも、活躍している諸先生はたくさんおります。企業などで特許訴訟や契約を担当したり、知財コンサルタントや戦略立案に携わっている方、もちろん意匠・商標専門の弁理士もいらっしゃいます。
また、特許明細書の世界も、結局は論理構成と作文作業ですので、発明に興...続きを読む

Qぼくのエリについて

ぼくのエリという映画が絶賛されていたので、今度観てみようかと思ったのですが…

予告編を観る限りちょっとグロそうというか、怖い感じがして観ようかどうか迷ってます。

私はグロいのが苦手なんですが…
どの程度グロいでしょうか?

ちなみにゾンビランドやバイオハザードは観れました。

回答お願いしますm(._.)m

Aベストアンサー

こんにちは。
予告編とは公式サイトのものでしょうか?
あまり書くとネタバレになってしまいますが、確かに血は出ますが、そんなにグロではないですよ、気の弱い子が勇気づけられていく、暖かい、いい映画でした。
繰り返し見てしまいましたよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報