以前、某掲示板を利用していた頃のこと。
討論(ただの喧嘩?)をしている板に「あなたがそんなことを言うなら私はカラスは白いと証明して見せますよ!」と書き込んでありました。
また、後日、それはナントカいう人物の論法だとも書いてありました。

どのような論法によって「カラスは白い」と証明できるのでしょうか?もちろん、トリック(隠された間違い)があるのだとは思うのですが。また、それを発案(?)した人物はだれでしょうか?

以上がfujinokiの質問です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中11~11件)

それは多分「帰納法」だと思います。


帰納法については、あまり詳しくは知りませんが、数学でも習った覚えがあります。

以下のURLを参照してみてください。
http://www.rifnet.or.jp/~noname/syoko/denken1.html

こちらのURLも参照してみてください。
http://www.ask.ne.jp/~kasahara/elusiveness.htm

htokitaでした。

この回答への補足

さっそくのご回答ありがとうございます。
URLを参照させていただきましたが、ちと、私にはムズカシイです。
どなたか、おばかさんな私にもわかるように解説していただけないでしょうか。

補足日時:2000/08/25 16:02
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカラスの撃退法

カラスの撃退法

最近 通る道でカラスの攻撃を受けて困っています。
その道を通らなければならないのですが、どうやら私だけ狙われています。
頭に激突してきて危ないです。
帽子をかぶっているのでケガをしないでいますが 追い払ってもまた襲ってきます。

カラスの嫌いなものとかを持っていれば大丈夫でしょうか?それは何でしょうか?
どなたか撃退法を教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。

近くにカラスの巣があり、ヒナが育ちつつあるのでしょう。カラスの親は必死です。今のままでは怪我人が出る恐れがありますので、その通りを管轄する市区町村に連絡して巣を見つけてもらって駆除してもらいましょう。

子供を必死で守る親の心でカラスは突っ込んできます。たとえ、突っ込んだら死ぬんじゃないかとカラスに思わせるようなものを持っていてもカラスは突っ込んでくるかもしれません。したがって親ガラスが守るべきものを最初に除去するのが良いのです。

Q多数決の最大の難点は何か。また、それを克服するための諸方策について

今、大学でジョン・ロールズについて勉強をしています。
ちょっと気になった部分が出てきて、「どうしてもも解消して次に進みたいな」と思い投稿させていただきました。
多数決の最大の難点は何だと思いますか。また、それを克服するための諸方策は何があるでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

感情に流されてしまう。
人気のある人、有名な人、実力者などの意見だから、という理由で決められる。
というような可能性を秘めている事だと思います。
いずれも、本質的な内容を判断しないで決められてしまう、ということですね。

確かドゴールだったと思いますが、
自分に有利な法案を強引につくり、国民投票にかけたが、
当時、ドゴールは絶対的な人気があり、フランス国民は、
「ドゴールの作った法案だから賛成」という人が多かったそうです。

克服するための方策は、反対意見も意識的に検討してみて、
物事を一方方向から観るだけでなく、多方面から観るようにすることだと思います。
また、感情にとらわれないように意識することだと思います。

Qカラス撃退法

このカテゴリーでよろしいんでしょうか?
ご多分に漏れず、カラスがごみ置き場をあらしています。
これはよいというカラス撃退法を教えてください。
お願いいたします。
まだアイデアだけのものでも結構です。
今、私は、黒い布(タオルを黒く染めたもの)を植木鉢の棒にたてております。

Aベストアンサー

母が賃貸マンションを経営してます。ハトが巣を作って困ったことがあり、対策を探しました。臭いや風車などは根本解決にならず、ネットを張りました。カラスも同様です。ネットを張ることと、悪臭が出ないよう袋をしっかり結ぶことが大切です。

Q三段論法は論理学?

三段論法は、論理学という学問の領域でしょうか?演繹法、帰納法などもそうでしょうか?
他の論法などありましたら教えてください。

初心者向けに詳しく簡単に説明しているサイトや書籍などもありましたらご紹介ください。

Aベストアンサー

この他に、両刀論法(いわゆるディレンマ)、数学で使う背理法、対偶法などもあります。


入門書としては、
読み物感覚で読むのならば、
 中村秀吉 パラドクス 中公新書
がおすすめです。
論理学の本としても、哲学の本としてもかなりおもしろいです。
僕の愛読書の一つです。何度読んだか分からないくらい読み返し、その都度、新たな発見があります。
理解が深まれば深まるほど、この本がおもしろく感じられますよ。
記号論理についても少しだけ触れられています。

同じく、中公新書の
 野崎昭弘 逆説論理学
 野崎昭弘 詭弁論理学
も読み物感覚で読むことができます。
難易度は、前述の中村秀吉の「パラドクス」よりも低いので、こちらの方が入門書としては相応しいのかな。
で、この二冊のうちのどちらかの本に、三段論法の応用例が多数紹介されています。

そして、論理学に興味を持ち始め、現代論理学を勉強しようと思ったら、記号論理学は避けては通れません。これを勉強しようと思ったら、相当の覚悟が必要です。
たとえば、
http://www.sist.ac.jp/~suganuma/kougi/other_lecture/SE/math/logic/logic.htm
などを読んでみるといいと思います。
このサイトに質問の三段論法も紹介されています。そして、簡単ですが、導出原理などの記述もあります。その応用例として、三段論法を扱っていたんじゃないのかな。

この他に、両刀論法(いわゆるディレンマ)、数学で使う背理法、対偶法などもあります。


入門書としては、
読み物感覚で読むのならば、
 中村秀吉 パラドクス 中公新書
がおすすめです。
論理学の本としても、哲学の本としてもかなりおもしろいです。
僕の愛読書の一つです。何度読んだか分からないくらい読み返し、その都度、新たな発見があります。
理解が深まれば深まるほど、この本がおもしろく感じられますよ。
記号論理についても少しだけ触れられています。

同じく、中公新書の
 野崎昭弘 逆説論理...続きを読む

Qカラスの撃退法を教えてください。農家です。 毎年、今ごろになると、どこからともなく旅がらすの一団が現

カラスの撃退法を教えてください。農家です。
毎年、今ごろになると、どこからともなく旅がらすの一団が現れ、畑に甚大な被害をもたらします。周辺の農家も枝豆や枇杷を食い荒らされて、泣いています。
どなたか、ぜひ、お知恵を、お貸しください。

Aベストアンサー

ヒトデを入手することはできますか?
ヒトデが発する悪臭でカラスを撃退できます。
ヒトデ成分由来のカラス除けも販売されてますのでご検討ください。

Q提言三段論法の問題がわかりません。

定言三段論法の第一格AAI式の事例を考えてそれを日本語の文章にしなさい
という問題が論理学のテストで出たのですがテスト中30分ぐらい考えても全く思い浮かばなかったです
何かよい例とかないでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。

> AAI式ではなくてAII式でした。
第一格AII式ですか?

全てのAはBである
CはAである
故に、CはBである

これなら、特に難しいことはないように思えますが…。
#1 と同じ考え方で、答えを導き出せると思います。
(「全ての人間」は「生物」に含まれる。)

Qカラス撃退法

教えてください。
カラスが悪さをして大変困ってます。
いろいろと試してみたのですが、全く効果がありません。

以前テレビで見たのですが、ある並木道に鳥が大量に住み着き
その鳥の糞による”糞害”に困った行政がその鳥の
警戒してる「鳴き声」をテープに撮りその鳴き声をスピーカーで
流した所、全く鳥がいなくなった。
・・と言う、テレビニュースを見たことがあります。

私も、カラスを生け捕りにして「警戒してる鳴き声」を録音しようと
思ったのですが、カラスはいっこうに鳴いてくれませんでした。

どなたか、効果的なカラスの撃退法をご存知ないでしょうか?
もしくは「警戒してる鳴き声」をテープに録音されてる方はいらっしゃいませんか?

何卒、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 全国で唯一、役所にカラス係長がいて、カラス退治を担当しているユニークな町がありますので、照会してみてはいかがでしょうか。

 〒089-8650
 北海道中川郡池田町字西1条7丁目
 池田町役場 
 電話01557-2-3111

参考URL:http://www.tokachi-ikeda.or.jp/karasu.html

Qカントールの対角線論法についておしえてください。

  《無限集合にはその大きさの大小があるということ》

 というカントールの定理をめぐる次の証明の仕方はマチガイではないでしょうか?
 なるべく数式を使わずにおしえてくださるとありがたいです。

▲ (哲学するサラリーマン:平行線が交わる点) ~~~~
  http://blogs.dion.ne.jp/le_fou/archives/10216164.html

 2.神の証明
 (その後半部分)

 ( a ) 次に、2つめの定理〔*--《無限集合にはその大きさの大小があるということ》--〕を見てみましょう。

 ( b ) これもわかりやすい例を挙げて説明します。無理数全部の集合と自然数全部の集合とはどちらが大きいでしょうか。

 ( c ) ここに(0と1の間の)すべての無理数がただ1つの列にリストアップされていると仮定します。例えば、

  0.17643567……
  0.23482435……
  0.62346286……

 ( d ) 次に、この無限列の各行に対応する各々の無理数と、1から始まる自然数とが次のような1対1対応を作ると仮定します。

  1⇔0.17643567……
  2⇔0.23482435……
  3⇔0.62346286……

 ( e ) ここで自然数1に対応する無理数から小数点以下1番目の位を取ります。次に自然数2に対応する無理数から2番目の位を取ります。これを続けていけば0.133……という無理数が得られます。

 ( f ) この無理数の小数点以下の数字を各々勝手に変えます。このような操作によって例えば0.245……という無理数ができます。

 ( g ) この数は、自然数1に対応する無理数とは小数以下1番目の位で違い、自然数2に対応する無理数とは2番目の位で違い……となり、自然数と1対1対応させたどの無理数とも異なっていることが明らかです。

 ( h ) すなわち、無理数全部の集合は自然数全部の集合よりも濃度において大であることが示される訳です。
 ~~~~~~~~

 【Q‐1】 ( c )の《(0と1の間の)すべての無理数》というとき そのすべてがリストアップされうるのでしょうか? それは 無限――つまりこの場合 可能無限――であると見てよいか?

 【Q‐2】 もし前項の無理数の集合が 無限であるならば ( d )の 1,2,3,・・・とやはり対応させられる自然数の数も無限になる。と捉えてよいか?

 【Q‐3】 もしよければ ( f )に言うあらたに勝手に作った無理数(例えば0.245……)は もともとその無理数の集合の中にふくまれているものではないか?

 【Q‐4】 言いかえると その無理数((例えば0.245……)も とうぜん自然数の無限の列挙と初めに対応していたはずではないか? なぜ( g )のような結論にみちびかれるのか?

  《無限集合にはその大きさの大小があるということ》

 というカントールの定理をめぐる次の証明の仕方はマチガイではないでしょうか?
 なるべく数式を使わずにおしえてくださるとありがたいです。

▲ (哲学するサラリーマン:平行線が交わる点) ~~~~
  http://blogs.dion.ne.jp/le_fou/archives/10216164.html

 2.神の証明
 (その後半部分)

 ( a ) 次に、2つめの定理〔*--《無限集合にはその大きさの大小があるということ》--〕を見てみましょう。

 ( b ) これもわかりやすい...続きを読む

Aベストアンサー

 #46です。たった一夜で、こんなに番号が増えたんですね(^^)。こういう話題に興味を持つ人は、やっぱり沢山いるんなぁ~(・・・違った、数人か)。でも皆さん熱心ですね。やっぱり皆、現在の集合論はどこか異様だと、感じてるのでは?と、勝手に邪推してしまいます・・・(^^)。

>(1)
 ★ 今の結論は、「現在の無限集合論は嘘かも知れないが、嘘にしても良く出来た話だ」・・・です。
 ☆ 役に立つということのようですね。
 それでも わたしの見方からすれば その起源について知っておきたいとは思います。

 私の見方からしても、その起源について知っておきたいです。現在の集合論は直観主義の数学などと比較すると、圧倒的に役に立ち、技術として非常に強力です。その「強さ」は、何を受け入れる事によって手に入れたのか?、代償として何を諦めたのか?。役には立たなくても、そのような事をちゃんと知っておきたいと思っています。


>☆ これは 人間の眼から見て《無茶な仮定》なのでしょうが α さんにとっては お茶の子さいさいのわざではないでしょうか? と言うより そういう能力を持った α さんを想定しているのですから。
>実数無限を 実無限と呼ぶ一定のアタイを取るあたかも有限の数として扱うことが出来ると仮定したわけですから。

 そういう想定(仮定)はしてないんですよ。

> 実数無限を 実無限と呼ぶ一定のアタイを取るあたかも有限の数として扱うことが出来ると仮定したわけですから。

 α さんは可算無限人(我々は有限人)なので、α さんにとって可算無限は有限に見えても、実数無限はやはり彼にとっても我々にとっても無限です。ただしαさんにとって、実数無限は可算無限になります。ポイントはここかな?、と思いました。


 自分は、彼の有限(我々の可算無限)とかわかりにくい表現をしましたので誤解が生じたのかな?、とも思いましたが、そうではない気がしました。

 実無限を想定したとしても、それは一定の値を取りません。それはあくまで一定の値を取らない無限です。αが有限とみなす可算無限は、我々の有限とは正反対のもので別物です。それは有限の対立概念である、無限に属するものです。

 α さんは可算無限の終端が見えるので、そこではα さんも、可算無限と連続無限の比較において、我々が行う有限と可算無限の比較と、同じ「論理」を使うだろうと想定する。その一点に関してしか、数学は言わない。α さんの有限と、我々の有限が同じだなんて、誰が言った?。俺は言ってないぞ、と現在の数学は強弁します(するんですよ)。

 以上が、「言葉(概念)の意味において矛盾ではないのか?」と問われれば、そうだと思います。それが現行数学の失ったものだと思います。数え尽くせたと仮定した存在として実無限を指定したのに、一定値を取らないとか・・・。


 今回は、論点整理のために、これくらいにします(整理になったのかな・・・(^^;))。



>☆ 経験世界における無限は 無理数のたぐいなのでしょうか。
 この経験世界を超えた《非経験の場》という想定 つまりそれとしての無限は むろん想定ですよね。

 現実に観測できる無理数は、(それがあったとして)無理数の有限桁数までで、常に有理数です。それでも一つの無理数が「ある」と、論理的に首尾一貫して言うためには(経験的にありそうだから)、全ての議論に先行させて実無限の存在を認める必要がありました。それが無限公理の要請です。

 なのでコーシー式の実数論は、(近似規則は与えますが)ある無理数を近似する全ての有理数の集まり(集合)を、その無理数そのものだとみなします。それらの集合達と、無限公理の要請によってあるはずの無理数達の一個一個が、全単射の関係を結ぶからです。この状況を、同一視するという一言で片付けますが、存在論的には、極悪非道かも知れません(^^;)。

 #46です。たった一夜で、こんなに番号が増えたんですね(^^)。こういう話題に興味を持つ人は、やっぱり沢山いるんなぁ~(・・・違った、数人か)。でも皆さん熱心ですね。やっぱり皆、現在の集合論はどこか異様だと、感じてるのでは?と、勝手に邪推してしまいます・・・(^^)。

>(1)
 ★ 今の結論は、「現在の無限集合論は嘘かも知れないが、嘘にしても良く出来た話だ」・・・です。
 ☆ 役に立つということのようですね。
 それでも わたしの見方からすれば その起源について知っておきたいとは思い...続きを読む

Qカラスの撃退法おしえて!

1年前から隣りが空き家になっているのですが、最近カラスが屋根に群がっていてひどいんです。今朝も洗濯物を干そうとしてベランダに出たら、カラスが10数羽いて、えさの取り合いをしていました。思わず怖くなって洗濯物を室内に干してしまいました。鳴き声とかも気持ち悪くて・・・
以前、100円SHOPで「ビニールカラス」というのが売られていて本物のカラスの死骸みたいで効果があるというのをこのサイト内でみましたが、これには抵抗があるのでこれ以外の良い方法を知っていらっしゃる方、教えて下さい。

Aベストアンサー

  こんばんは。
カラス嫌ですね。撃退法では、ビニールカラスはかなり効果がありますが、嫌であれば、水にトウガラシを入れてカラスに掛けて追い払うという方法はどうでしょうか。ただの水よりも効果があります。

 カラスも野鳥で法律的には鳥獣保護法で守られている鳥です。ただ、あまりに多く増えて、農作物や日々の生活が脅かされているとなると、役所などに届け、専門の野鳥駆除の業者が許可を得て、駆除することになります。

 カラスと言えども、勝手には退治することはできいのですが、迷惑していて追い払うの程度でしたら問題ないと思います。

 あと、カラスの天敵は、トンビやワシ、タカなどですが、トンビ以外はほとんど都会にはいないようです。ネコはカラスよりも強いような感じがしますが、そこは悪知恵の働くので、数羽のカラスがネコの尻尾などを噛みついたり、突っついたりして時間差集団攻撃するので、ネコも負けて退散してしまいます。

Q「人それぞれ・仕方ないさ」の反論法は?

「人それぞれ・仕方ないさ」の反論法は?
何か相手に伝わり易い、いい言葉は無いでしょうかね~。

そりゃ確かに「人それぞれ」の脳文化に違いがあるのは否定できないが、「社会生命性」までを持ち出したところで、相手には意味不明であろう。

Aベストアンサー

人それぞれは、ぼくもよく使います。
反論できません。

ただし、これにも最低限のルールはあります。
他人に迷惑をかけないということです。

極論「人を殺したいと思う人もいるんだ」っていう
論理で人を殺すなど、とうてい許されるものではありません。

もし、「人それぞれだ」という価値観が他人に迷惑をかけるものなら、
「じゃあ、ぼくも同じ理屈でやり返すから」って言い返せばいいのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報