AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

保存しておいた掛け軸に、ところどころ茶色いカビのような変色が発生しました

たぶん、カビだと思うのですが、染み抜きの方法をご存知の方がおりましたら教えてください

プロにお金を払って修復してもらうほどの価値は無いので、だめもとで自分でやりたいのでよろしくお願いいたします

A 回答 (1件)

 掛け軸の修復って自分でやるのはやっぱり難しいかな、と思います。


 
というのは、掛け軸は紙(裏打)が裏に何層も張ってあるので、表側だけから細工すると、表だけが膨張して裏の紙とのバランスが悪くなることで破れてしまうんじゃないでしょうか??
 
 だから普通は、修復士さんが表装を解いて裏打を剥がし、裏から水などで汚れを浮かせて別の紙にそれを吸わせて移す方法を取ると思いますが・・・。
 それを表だけに応用するとなると、表から筆などで汚れ部分に薄く水をつけて、柔らかい和紙で汚れを吸わせることになると思いますが、おすすめは出来ないかなあ・・・?
 または胡粉をうすーく解いて塗れば目立たなくはなると思いますが、絵にも良くないし邪道かな。
 
 かびないようにするには、専用の防虫剤とかを入れて、定期的に風通しのよいところに掛けて虫干しをしてあげるとよいです。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

難しそうですね

どうもありがとうございました

お礼日時:2003/11/08 08:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「おおざと」と「こざとへん」の区別の起源

「おおざと」と「こざとへん」をよく間違います。

例えば、左にある「こざとへん」を「ひだりざと」、 右にある「おおざと」を「みぎざと」、などのように言えばわかりやすいと思います。

なぜ、「おお」と「こ」で区別することになったのでしょうか。

Aベストアンサー

そもそも「おおざと」と「こざと」では、それぞれの文字の起源が違い、まず「おおざと」があって、これに対して「こざと」という言い方になったようです。

「おおざと(邑)」は、
 「□(領地)+人の屈服したさま」で、人民の服従するその領地を表す。
 中にふさぎこめるの意を含む。
 のち阝(おおざと)の形となり、町や村、または地名に関する漢字の部首となった。

「こざと(阜)」は、
 もと、ずんぐりとした形に土を積み重ねたさまを描いた象形文字。
 「自+十(あつめる)」で、まるくふくれる意を含む。
 従って、ずんぐりとした形にふくれたおかのこと。

現在は、双方とも似た文字(阝)になっていますが
「おおざと(邑)」の名称は、大きな村里の意を文字通りに示すのに対して、
「こざと(阜)」の名称は、「おおざと(邑)」に対して付けられました。
阝の部首(旁ツクリ・扁ヘン)の位置関係ではないのです。

Q五月人形の漆塗りの台がカビてしまいました

結婚した息子に渡そうと五月人形を数年振りに出したところ、飾り台の漆塗りの部分がカビていました。乾布で軽く拭いてみましたが落ちないようです。漆器の手入れ方法等が検索で見つかりましたが、水分を入れる漆器と同じように扱って良いものかわかりません。カビの取り方、やってはいけないことなどを教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

http://kiso.shikkikumiai.com/howto/hozon.html

によれば、
「カビが生えていた場合は、消毒用アルコールを含ませた柔らかな布で拭き取ってから洗い直せばきれいになります。カビの生えた状態で何年も放置しておきますと、カビ根が塗膜に食いついて取れにくくなってしまうので要注意です。」
ということだそうです。


人気Q&Aランキング