週末から友人がアメリカ・ミズーリ州に行くのですが、どなたか現地のコンセントの電圧と形状がお分かりの方がおれられましたらお教え下さい。
宜しくお願いします。

A 回答 (1件)

周波数:60


電圧:120
プラグタイプ:Aで日本と同じ形状です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い回答を有難うございました。
おかげさまで友人は安心して旅立ちました。

お礼日時:2003/11/08 08:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコンセント形状とプラグ形状が違う時の変換方法?

エアコンを移設するのですが、移設先のコンセント形状(添付写真)とエアコンの電源プラグ(100v、極々普通にある形状)が合わない時、変換プラグのようなものはないでしょうか?できるだけ簡単に安くできる方法を教えてください。

Aベストアンサー

現状の平刃型プラグ付きコードを切断しhttp://www.monotaro.com/g/00069765/?displayId=23&dspTargetPage=1
等のプラグに交換して使用します。
再引越し等で平刃に復元時は市販のネジ留めタイプを使います。
いずれも機器側の配線なので無資格で出来ます。

Q現地へのおみやげ

出張でベトナムとインドネシアに行くことになりました。現地でお世話してくれる方に、日本からお礼がてらおみやげを持っていきたいのですが、それぞれ現地の方にはどんなものが好まれるのか教えて下さい。

ちなみに現地の方、男性も女性もいます。男性にはタバコやライターを中心に考えていますが、女性ならどんなものでしょうか。

Aベストアンサー

自分がいつも海外にもって行き一般に喜ばれるものを例示します。社交辞令を差し引いても好評でした。
扇子、折り紙、日本の絵葉書、ボールペン、
のれん、はちまき、日本手ぬぐい、剣玉など、
相手へのお礼の程度、人数などに応じて100円から1000円以上まで、幅広く準備しています。
実績:公式訪問、行政調査団、ホームステイからチップ、値切りの手段に至るまで、臨機応変に。
ご参考までに
最近では、エジプトではボールペンが大好評でした。

Qアース付きコンセント

アース付きでない一般的なプラグ(2穴)を、アース端子付きコンセント(3穴)に差して使っても問題ないでしょうか?
また、アース付きでないプラグをアース付きに変換できるグッズってありませんか?

現在新築中でコンセント周りを検討中です。
水周りはアース付きコンセントが標準でついているのですが、パソコン等を使うコンセントもアース付きコンセントにしようかと悩んでいます。
購入したパソコンが海外製のためプラグがアース付きの3穴だったので普通のコンセントに差すことができず、3穴から2穴に変換できるアダプターを購入した話しを聞いたので、念のためにアース付きコンセントにしていたほうが良いのではと思い始めました。
3穴から2穴に変換するアダプターはありますが、その逆で2穴から3穴に変換するアダプターってないのでしょうか? 
海外旅行グッズで2穴を3穴にできるものがあったのですが、アースの所がプラスチックになっているようなのでそれでは肝心なアースの機能がないですよね。 でもそういったグッズがあるってことは3穴のコンセントに2穴のものを差すってことは良くないのでしょうか?

また、アース付きコンセントにするメリットとして、
落雷時の故障が防げる、 パソコン等からでる電磁波が軽減される ってくらいが思い当たるのですがいかがでしょうか?
もしアース付きコンセントを設置するなら水回りとパソコンを置く部屋にと思ってるのですが、他にお勧めの箇所はありますか? モデム等はウォークインクローゼットにまとめて置く予定ですがこちらも設置したほうが良いのでしょうか?
アース付きコンセントに変更すると一箇所4000円かかります。そもそも必要ないでしょうか?
まったくの素人です。 何かひとつでもアドバイス頂けたら嬉しいです。よろしくお願いします。 

アース付きでない一般的なプラグ(2穴)を、アース端子付きコンセント(3穴)に差して使っても問題ないでしょうか?
また、アース付きでないプラグをアース付きに変換できるグッズってありませんか?

現在新築中でコンセント周りを検討中です。
水周りはアース付きコンセントが標準でついているのですが、パソコン等を使うコンセントもアース付きコンセントにしようかと悩んでいます。
購入したパソコンが海外製のためプラグがアース付きの3穴だったので普通のコンセントに差すことができず、3穴から2穴に変...続きを読む

Aベストアンサー

最初の質問は、機器本体にアース端子があればそれを繋げた方が安全ですが、アースなしでも使えます。ただし、感電の恐れはある事を承知する必要があります。

後の質問は、@ウラグだけ変換しても無意味です。アースしたいなら、本体とアース線を繋ぐ必要があります。本体にアース端子がない場合は本体を解像する必要がありますが、普通そこまでしないと思います。

Q週末に旅行のために

私は10月24・25日で東京都内に旅行する者です。一応、中央線東京週末フリー切符を使っていく予定です。出発地は甲府エリアです。1日目は八王子みなみ野まで行く予定です。2日目は秋葉原で買い物をしたいなと考えています。1日目は19:00くらいには八王子みなみ野駅を出ます。中野区に知人がいて、そこまで行くことと自宅に帰ってくることの時間をそれぞれ調べてみたところ、大して変わらないのですが、知人がいるとこに行くのと甲府エリアに帰って翌日また秋葉原に行くのではどちらが得でしょうか?

Aベストアンサー

この切符は2日間有効ですが、フリーエリアは高尾までで、それより先の甲府エリアまで戻ってしまうと切符は回収されて使用終了となりますよ。
高尾で一旦改札を出て、甲府エリアまでの切符を別に買えば翌日にまた高尾(若しくは他のフリーエリアの駅)までの切符を買って合わせて使うことは出来ますが、手間がかかります。
中野区の友人さんのところに「タダ」で泊まらせてもらえるなら当然その方が良いと思います。そうすれば翌日の交通費はゼロ円で秋葉原に行けて甲府エリアにも帰れるのですから。

Qコンセントライトの修理

先日、20数年間大切にしていた
コンセントライトを壊されてしまいました。
同じ品が手に入りづらく、破損部位も少ないため、
修理にだして、修理費を負担してもらおうと思います。

ですが、どこで修理に出せば良いか分かりません。
具体的なお店の名前、
もしくはこういう所で直してもらえる、という所を
ご存知でしたら、教えてください。

○参考【破損前のライト】→http://himedaria.exblog.jp/4686267/
○購入場所は不明です。
○場所は東京都内、もしくは郵送でやり取りし、修理して頂ける所が希望です。
○破損部位は、コンセントに差し込むプラグ部分のみです。
○修理費は全額負担してもらうので、購入価格よりも超えても結構です。

Aベストアンサー

この手のものは修理出来ないでしょう。

キャラクター商品でどうしても直したいなら、同種のコンセントライトを購入して傘の部分だけ取り替えるとかしか出来ないと思います。

Qインチョン空港:乗り換えの待ち時間に現地の友達と再会!

大韓空港を使って海外旅行に行くのですが、乗り換えの待ち時間中に韓国の友達と空港の中で再会することは可能でしょうか?ちなみに自由な空き時間は6時間だけなので外にはいけません、、、。

Aベストアンサー

youstillmyno1様はKEからKE(またはOZからOZ)にソウルで乗換えて他の国に行かれるのですね。

日本の空港で搭乗券は2枚(日本からソウルまでとソウルから先)もらえます

預ける荷物は最終目的地まで行きます

ソウルに着いたら、入国してください。
スーツケースは出てきませんから、手ぶら(機内持ち込みの手荷物だけ)です。

入国審査、税関審査とも、トランジット中の数時間の入国で荷物も何もありませんのですぐ済みます。

お友達には仁川空港の到着ロビーに来てもらってください。
空港内のコーヒーショップやレストランなどでゆっくりお話が出来ます。3時間以上時間が取れると思いますが、市内には行かれませんね(行ってもすぐ戻ることになります)。

次のフライトの情報(搭乗口や出発時間の変更など)は、モニターTVで何回か確認しましょう。

1時間半前(どんなに遅くとも1時間前)には、出国審査をすませ、搭乗口に向かいましょう。

Qコンセントのタイマーについて!!

コンセントタイマー(家電製品のコンセントを接続し、時間をセットして、時間が来たらその家電製品の電源が切れる機器)には、使用出来る家電製品とそうではない家電製品がある様ですが、私が見たタイマーには、「電源を入れた状態でコンセントを抜いて再びコンセントを差し込んだ時に、抜く前と同じ状態で作動する家電製品に使用出来ます。」と書いてありました。(但し、エアコン・クーラーやタイマー内蔵機器は除く。)

質問は、『電源を入れた状態でコンセントを抜いて再びコンセントを差し込んだ時に、抜く前と同じ状態で作動しない家電製品にも使用出来るタイプ』はあるのでしょうか?
あるとしたら、どんな物がありますか?

Aベストアンサー

『電源を入れた状態でコンセントを抜いて再びコンセントを差し込んだ時に、抜く前と同じ状態で作動しない家電製品にも使用して、電源OFF前と同じ運転状態に復帰させることができる』コンセントタイマーなんてのは、無いです。

ただし、『電源を入れた状態でコンセントを抜いて再びコンセントを差し込んだ時に、抜く前と同じ状態で作動しない家電製品』に対して、普通のコンセントタイマーを『使用』すること自体はできます。
もちろん、復電しても「停電前と同じ状態でその機器が動作」はしないけれど、元電源の供給/遮断用としては普通に使えます。コンセントタイマーとしては、接続された機器の動作までは知ったこっちゃないですって理由で、ああいう風に書かれていいるにすぎません。

~~~

「電源を入れた状態でコンセントを抜いて再びコンセントを差し込んだ時に、抜く前と同じ状態で作動する」ことを停復電動作と言います。一般家電品では複雑な制御を必要としない、照明や換気扇、電気ポット、ホットプレートやコタツ等、単純なON/OFFスイッチ操作で動かすものが該当しますね。

一方で停電復帰しないものは、
・内部電源(内蔵電池)を持たない電気回路で制御しているため、停電前の設定情報を保持できず、工場出荷時の状態に戻ってしまう。
・ユーザーの安全確認を受けないと、故障や安全上の危険を生じる恐れがある
といったもので、全て停電前の動作に復帰しないだけの『理由』があります。

その『理由』を無効化できるコンセントタイマーなんてのは、ありえません。

『電源を入れた状態でコンセントを抜いて再びコンセントを差し込んだ時に、抜く前と同じ状態で作動しない家電製品にも使用して、電源OFF前と同じ運転状態に復帰させることができる』コンセントタイマーなんてのは、無いです。

ただし、『電源を入れた状態でコンセントを抜いて再びコンセントを差し込んだ時に、抜く前と同じ状態で作動しない家電製品』に対して、普通のコンセントタイマーを『使用』すること自体はできます。
もちろん、復電しても「停電前と同じ状態でその機器が動作」はしないけれど、元電源の...続きを読む

Qインドのムンバイの現地情報

 11月後半に、仕事でインドのムンバイに行くことになりました。乗り継ぎ便の関係で、ムンバイ出発は月曜日0:30となり、日曜日をまる一日、市内観光に当てることができそうです。
 私の周辺では、ムンバイについての情報が殆どなく、困っています。英語カタコトの中年男二人、タクシーで行動する予定です。次の項目の現地情報をお願い致します。

1、生命の安全:特に気をつけること。危ない場所。
2、水・食事:ダメなもの。気をつけるもの、場所。
3、タクシー:特に注意すること。
4、両替:特に気をつけること、場所。
5、お勧めの観光地:できれば、距離・時間も。
  特に、長い夜の時間の過ごし方。
6、持ち物:ムンバイだから特に、持参した方がい物。
7、お勧めのお土産:会社用、家族用。
8、出入国:深夜の出国ですが、安全ですか。

Aベストアンサー

こんにちわ。インドの旅行会社で働くオペレーターです。
休みを利用して私もムンバイなど遊びに行った事があります。
回答ですが、

1、生命の安全:特に気をつけること。危ない場所。

ここ最近のムンバイは治安が非常に悪いです。特にムンバイは夜8時ぐらいになると、急激に人通りが少なくなり、ホームレスが路上で寝ているという光景に変わってしまいます。極力夕方過ぎぐらいからは外出しないほうが安全です。
また、路地には絶対に入らないでください。ナイフやピストルを使用した強盗殺人
が相次いでいます。

2、水・食事:ダメなもの。気をつけるもの、場所。

ミネラルウォーターの蓋をチェックするのは常識ですが、レストラン出でてくる水も絶対に飲まないでください。食事はもし屋台等で食べられる場合、インドの屋台は油を交換せずに長い間使うため、非常に質が悪いです。できたての熱い物ならさほど問題にはなりませんが、しばらく置いて、冷めた物は食中毒の原因です。


3、タクシー:特に注意すること。

お土産屋に連れて行くドライバーが多々居ます。「せっかく来たんだったらちょっと案内してあげるよ。」という言葉を聞いたらはっきり「NO!」と言ってください。押しに負けて、行ってしまうとなかなか帰してくれません。

4、両替:特に気をつけること、場所。

レートを確認して、自分でも計算してみる事。トーマス・クック等で両替すると良いでしょう。騙しはまずありませんが、人間がする仕事にはミスはつきものです。

5、お勧めの観光地:できれば、距離・時間も。
  特に、長い夜の時間の過ごし方。

まず、ムンバイと言えば、インド門。空港からは約25kmです。このすぐ横にあるタージマハルホテルも有名なスポット。インド門に着くと、小さなボートが停泊している港があります。このボートに乗って(85ルピー)行くとELEPHANTA CAVES(月曜休み)というのがあります。入場料はUS$10です。石窟洞になっており、
中では像の巨大な彫刻などが展示されています。この彫刻は450年から750年ぐらいに作られた物で、この時代にこれほどの加工技術がインドにはあったという事には驚かされます。
所要時間は人さまざまですが、3時間あれば十分です。次に、港に帰ってきてタクシーで10分以内でプリンス・オブ・ウェールズ博物館(月曜休み、入場料150ルピー)があります。ここでは様々な彫刻、器、宝石、絵画、陶器等が展示されいます。博物館自体が非常に大きいのでじっくり見れば2時間以上かかってしまいます。
長い夜の過ごし方ですが、これはできれば空港内で時間を潰してください。治安も悪い上に、8時位にはほぼ全ての店舗は閉まってしまいます。

6、持ち物:ムンバイだから特に、持参した方がい物。

特にありませんが、日本のペットボトルを持参されと便利ですよ。インドのボトルは弱いので、すぐに水がこぼれてきたりします。買ったミネラルウォーターは日本のボトルに入れ替えて使うと大丈夫です。

7、お勧めのお土産:会社用、家族用。

インドのスナックは意外と喜ばれます。ムーング・ダルというのはビールのつまみなどにぴったり。(ダル=豆)
また、インドにはニームという木がたくさん生えています。この木のエキスは、肌にもよく、ハミガキコにすると虫歯予防に効くといわれていいます。1つ20ルピー程度ですので安です。
逆にお勧めできないのが、カレー粉です。日本人はめずらしい!と思わず買ってしまいますが、作り方が全く異なるため、買ってきたところで調理できません。

8、出入国:深夜の出国ですが、安全ですか。

空港内は昼であろうが、深夜であろうが大丈夫です。ただし、出入国する外国人は
パスポートを持ってますよね。当然ですが。それを狙うスリは居ます。日本人のパスポートは麻薬の密売組織などに売られるとかなりの大金がもらえるのでターゲットにされやすいです。

以上、悪い事が多く書かれているようになってますが、あくまで注意点として書いただけですので、決して怖がる必要はありません。常識をわきまえて、普通に行動さえしていればきっと楽しい旅になるはずです。それではお気をつけて!!

こんにちわ。インドの旅行会社で働くオペレーターです。
休みを利用して私もムンバイなど遊びに行った事があります。
回答ですが、

1、生命の安全:特に気をつけること。危ない場所。

ここ最近のムンバイは治安が非常に悪いです。特にムンバイは夜8時ぐらいになると、急激に人通りが少なくなり、ホームレスが路上で寝ているという光景に変わってしまいます。極力夕方過ぎぐらいからは外出しないほうが安全です。
また、路地には絶対に入らないでください。ナイフやピストルを使用した強盗殺人
が相次...続きを読む

Q中国での電子機器充電とコンセントプラグ形状について

当方、中国雲南省に旅行計画のある者です。
iPhone5や充電する為のモバイルバッテリー(anker astro M3)、カメラのバッテリー(富士フィルムX-E2)ですが、どれも、純正付属のコンセントプラグやバッテリーチャージャーには100-240Vの表記があるのですが(中国は220V)、充電される側のiPhone5,モバイルバッテリー等、本体にはどれも記載がありません。

そこで質問ですが、
(1)純正付属のコンセントプラグやバッテリーチャージャーがその国の電圧に対応していれば、海外で充電可能と考えて良いのでしょうか?(海外に対応したコンセントの変換プラグは持っています)

(2)また雲南省で主に使用されているコンセントプラグの形状はどの型ですか?
中国は広く、B,C,OやC,BF等、色々な意見があり、雲南省では主にどの形状が使用されているのか分かりません。

どちらかお分かりの方だけでも構いませんので、知識のある方ご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

携帯電話やデジカメなどのバッテリーの充電はコンセントからのAC(交流)を充電器でDC(直流)に変換して行います。
(と言うか一般家電製品は全て実際の動差はDCで動いている。)
ですから充電される側のバッテリーは、充電する側の充電器が何ボルトACで作動していようが関係ないのです。
関係するのはその充電器が何ボルトDC(直流)の出圧と何アンペアの電流を出力するかが問題なのです。
ですからバッテリー側に元電源から充電器への入力電圧が記載されていないのは当然のことです。

そこで回答ですが、
(1)その考え方で正解です。要は充電器側への入力電圧が対応していれば何ら問題はありません。

(2)当方上海在住の為、雲南省などのド田舎の正確なタップ形状は分かりませんが、少なくとも上海はAタイプとBタイプの供用、それと別口でOタイプの3種類が一つにまとまったコンセントが主流です。
これは上海に限らず北京のホテルでも同じでした。
感じから言って今の中国で新しめの建物はこの手のコンセントが主流になっていると思います。
Bタイプ、Cタイプも延長タップなどでは使えるものがありますが、実際の壁についている元コンセントはA,BとOが殆どだと思います。
でも、確かに田舎の方へ行き、古い建物だとBやCしか使えないコンセントもあるようですね。
でも、もし仮にタップ形状が合わなくても、現地でいくらでも変換タップは売ってますし、日本で買うよりもはるかに安価で買えますので(ちなみに上海でも10元しません。せいぜい5,6元で買えます)、さほど心配することはありません。

携帯電話やデジカメなどのバッテリーの充電はコンセントからのAC(交流)を充電器でDC(直流)に変換して行います。
(と言うか一般家電製品は全て実際の動差はDCで動いている。)
ですから充電される側のバッテリーは、充電する側の充電器が何ボルトACで作動していようが関係ないのです。
関係するのはその充電器が何ボルトDC(直流)の出圧と何アンペアの電流を出力するかが問題なのです。
ですからバッテリー側に元電源から充電器への入力電圧が記載されていないのは当然のことです。

そこで回答ですが、
(1)...続きを読む

Q現地で「きりたんぽ」のおいしい店

来週末に盛岡~田沢湖周辺~乳頭温泉周辺~玉川温泉周辺にレンタカーを使用し、旅行に行きます。

(1)きりたんぽのおいしい店あったら教えてください。
(2)乳頭温泉(鶴の湯、黒湯)玉川温泉、八幡平ドライブあたりは行こうと思いますが、他にお勧めのところがありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

きりんたんぽはどちらかというと、秋田県北部の郷土料理です。田沢湖周辺で、独自の料理を作ろうと考え出されたのが「山の芋鍋」。田沢湖駅近くの「宝風」で食べられます。

http://gourmet.yahoo.co.jp/gourmet/restaurant/Tohoku/Tohoku/guide/0101/M0005000322.html

近くのおすすめスポットとしては、角館の武家屋敷街かな。

参考URL:http://www.town.tazawako.akita.jp/07_guidemap/08_ekimae01.html?PHPSESSID=d9ddba06a5108e8f5a857b2865af0415


人気Q&Aランキング

おすすめ情報