仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

1年前くらいに、亀甲牡丹ヒントニー(実生?)の小さい鉢植えを買いました。
お店の人が、肥料などはいらないから水だけ2週間に1回くらいでコップ1杯くらいあげて、と言っていたので、そうしていたのですが、最近になって、葉っぱ?が茶色になってきています(枯れてる?)
夏ぐらいまでは綺麗な緑色だったのですが。
室内の日はあんまりあたらないところに置いてます。
サボテンを育ててるのは初めてで、どうしたらよいのか全く分からないです。

水やりの頻度や量をこうしたらいいとか、肥料はいらないのか、とかアドバイスがあったら教えてください。
今は、まだ直径4センチ、高さ2センチくらいの大きさです。
鉢が買ったときの小さいもの(直径8センチ、高さ10cmくらい)なのですが、植え替えたほうがいいのでしょうか。
また、日なたに置くのと日陰におくのとどちらがいいのでしょうか。

参考になるのかわかりませんが、今朝とった写真をつけました。

「亀甲牡丹ヒントニーの育て方」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

誠に残念ですが、画像を見る限り九分九厘枯れています。


一分の望みはあるかも知れませんが、このような状態になってからでは
助けようがありません。元の緑色に戻すのは不可能です。
今後に新たに購入されるかも知れませんので、亀甲牡丹ヒントニーが何
であるかと言うより、サボテンがどんな植物であるのかを説明したいと
思います。これを読めばサボテンと言う植物が分かり、販売店の方が言
われた事が間違いだった事が分かります。

サボテンと言う植物は暑さや乾燥に非常に強く、多湿や寒さには非常に
弱い植物が多いです。一部には寒さにも強い種類もありますが、そのよ
うな種類は世界中に数種類しかありません。
暑さに強いと言うのは、自生地が亜熱帯や砂漠等で自生する物が多いと
言う訳で、長期間も雨が降らないメキシコ等が有名です。
体に水分を蓄えられる機能を持っているため、水遣りを怠っても直ぐに
は枯れる事がありません。蓄えた水分を少しづつ使用し、雨が降るまで
生き延びようとします。蓄えた水にも限りがあるので、全て使い切って
しまうと当然ですが枯れてしまいます。逆に普通の草花のように毎日の
ように水遣りをすると、蓄えられる水分分量を超えますから、根腐れを
起こして腐敗して枯れてしまいます。

どんな植物や樹木でも共通しますが、植替え時期は必ず決められていま
す。何時でも植替えが出来るとは考えないで下さい。決められた時期に
植替えを行うようにし、状態が悪くなってからでは手遅れになります。
亀甲牡丹は通常のサボテンと同じですから、植替えは5~9月の間だけ
で行います。僕の長年の経験からすると、出来るなら梅雨時期と猛暑の
時期を除いた時期が良く、梅雨入り前までに植替えを済ませた方が良く
なります。古い土は全て捨て、新しい土を使用して植替えます。
土は市販のサボテンと多肉植物の土を使用し、何も混ぜないで購入時の
ままで使用しますが、保水性が高い種類が多いので園芸用の川砂を2割
程混ぜても構いません。

肥料は植替え時に緩効性化成肥料(マグァンプK等)を混ぜて使用し、
次回の植替えまで一切与えません。置き肥で与える時は5~9月の間に
2ヶ月に1回で少量与えます。

置き場所は年間を通して日当たりの良い場所に置き、真夏だけは光線に
より本体が焼けて茶色く変色する事があるので、真夏だけは直射日光が
当たらない場所で弱い光線に当てます。冬場は外気温が5℃近くになっ
たら早めに室内に入れ、光線が十分に当たる窓辺で管理をします。
それ以外の時期は全て屋外で管理をします。猫可愛がりをすると外気温
が7℃以上は無いと越冬が出来ないので、寒さに多少でも強くさせるに
は冬以外は屋外で光線に当てるようにします。
植替え期間は鉢の大きさで決めます。7号鉢を基準とし、それ以下なら
年毎に植替えをし、それ以上なら2年毎に植替えをします。

水遣りは4~10月は鉢土が完全に乾いてから、更に1週間経ってから
鉢底から十分に水が流れ出るまで与えます。この時にコップ半分や1杯
等と量を決めたり、2週間と言うような期間を定めるのは絶対に避ける
ようにします。与える時は鉢底から水が流れ出るまで与えるのが原則で
す。店員さんの言われた方法は、機械的水遣りと言い絶対に行っては駄
目な方法です。店員さんはサボテンの事を全く知らない人のようです。
冬場は休眠するので、1ヶ月に1~3回で与えます。出来るだけ乾かし
気味にした方が寒さに強くなるので、出来るだけ水遣りは控えます。

暖房がガンガン効いた部屋ではサボテンの本体が乾燥するので、場合に
よっては干からびてしまいます。暖房器具の放射熱が直に当たらないよ
うにし、湿度不足の時は霧吹きでサボテンの表面に水を噴霧し、乾燥か
ら守る工夫が必要です。冬場でも掃除で窓を開ける事があるはずですが
窓を開けても冷気に長時間も当てないようにします。サボテンでも風邪
を引く事を覚えて下さい。

画像を見ると鉢の大きさが大き過ぎます。画像のような深鉢が好ましい
のですが、大きな鉢に小さなサボテンが置いてあるような感じを受けま
す。実際にはサボテンと鉢の間が、人挿し指が1本入る程度が適してい
ます。現在の鉢では生育のためには好ましいとは言えません。

日向と日陰ですが、基本的には日向です。植替え直後や状態が悪い時は
明るい日陰に置くのが好ましいですが、基本的には年間を通して日向に
置くようにします。また日向であれば良いと言う事はなく、風通しが悪
いと病害虫の発生が多くなったり、土が乾きにくくなるため腐敗しやす
くなります。年間を通して風通しを良くする事は必ず必要です。

サボテンと多肉植物に関しては栽培経験が長いので、ある程度の事なら
回答が出来ます。他に質問があれば締め切らずに補足質問をして貰えれ
ば、分かる範囲で答えようと思います。
    • good
    • 9

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサボテンの植え替えが上手くいきません

いつも買ってきて植え替えをして、1週間ぐらいたってから水をやって、それから2週間後ぐらいに腐りかけているのを発見・・・これを繰り返しています。
今度はすごく変わったサボテンをネットで買いました。今度こそは枯らさないように詳しく管理の仕方を教えてください。
種類はギガリウムと海王丸を掛け合わせた種類で錦というものだそうです。緑や黄色、赤などいろんな色が混ざっているので、形は海王丸です。球体の大きさは3.5センチぐらい。
抜き苗の状態で3日前に家に届きました。土は綺麗に取ってあって根も整理してありましたが、球体は水切れをしたようにシナッとしています。
昨日から雨が続いて空気が湿気ている状態です。北側の窓が風通しがよく雨も吹き込まないので、そこに置いて干しています。
 これからの管理の仕方を詳しく教えて頂けたらありがたいです。

特に、調子が出てくるまで 、この種類の、この時期の水のやり方がわかりません。
鉢の材質の選び方がネットでは意見がいろいろで迷っています。

早く大きくなることは希望していなくて、元気に育ってくれたら、と考えています。

それから、花が咲くのは何年後ぐらいからと予想できますか?

いつも買ってきて植え替えをして、1週間ぐらいたってから水をやって、それから2週間後ぐらいに腐りかけているのを発見・・・これを繰り返しています。
今度はすごく変わったサボテンをネットで買いました。今度こそは枯らさないように詳しく管理の仕方を教えてください。
種類はギガリウムと海王丸を掛け合わせた種類で錦というものだそうです。緑や黄色、赤などいろんな色が混ざっているので、形は海王丸です。球体の大きさは3.5センチぐらい。
抜き苗の状態で3日前に家に届きました。土は綺麗に取ってあっ...続きを読む

Aベストアンサー

貴方は構いすぎです。サボテンの栽培は水遣りが一番の問題です。一ヶ月くらい水無しでも枯れませんので、次回は水無しで放って置けば上手く育ちますよ。

Q多肉植物「玉扇」の元気が無い

多肉植物「玉扇」の元気が無い

正式な名称なのかはわかりませんが、
「玉扇」という名札のついた多肉植物を育てていたのですが、
水やりをしすぎてしまいネグサレを起こしてしまいました。
腐った根を取り除きしばらく乾かして
新しい多肉植物用の土にまた植えたのですが
三つあった株のうち一つしか元気に戻りませんでした。
残りの二つはネグサレを起こす前から元気が無かったのですが
さらに茶色くしぼんでしまって根を張りません。
でも元気が無いのに花は咲かせてるんです。
どのようにしたら元気に戻せるでしょうか?

Aベストアンサー

玉扇(ぎょくせん)はユリ科のハオルチア属の多肉植物が正式名称です。
ハオルチアには葉が硬い種類と軟らかい種類がありますが、玉扇は葉の
軟らかい軟葉系になります。

多肉植物はどのような植物かを最初に説明しますが、簡単に言うと葉や茎
や根などに水分を蓄えられる機能を持っているのが特徴です。通常の草花
のように水遣りをしてしまうと、決まって根腐れを起こし枯れます。
サボテンも多肉植物も同じ仲間と考えて下さい。

まず失敗をされた水遣りですが、基本としては10月から翌年の6月まで
は鉢土が多少の湿りが残る程度で与えます。7月から9月までは、鉢土が
乾いたら与えます。この方法の繰り返しで水管理を行います。
与える方法は年間を通して同じで、鉢底穴から水が十分に流れ出るまで与
え、間違ってもコップ半分とか気分次第で与えるのは避けて下さい。
100円ショップやホームセンターで、竹串を購入して下さい。この竹串
を鉢土に挿し、定期的に抜いて湿り具合を確かめます。再び挿す時は別の
乾いた竹串を挿します。また乾きは自分の指で竹串を触り確かめます。
とにかくこの方法で水遣り感覚を身に付けて下さい。

置き場所は年間を通して直射日光を避け、レースのカーテン越しで光線に
当てるようにします。強い光線は苦手ですが、だからと言って光線が全く
当たらな部屋の奥に置くと元気を失います。
年間を通して室内でと思わるかも知れませんが、5月から9月までは屋外
で管理をした方が元気に生育します。ただし直射日光は避けて下さい。

4月から6月の間と9月から11月の間が植替え時期です。出来れば4月
から6月の間に植替え作業をした方が良いですね。遅い時期に植替えをす
ると、その分だけ回復がおくれます。作業は年に1回で、年毎に行うよう
にします。多肉植物の植替えの基本は、古い用土は最低でも半分は残す事
です。根が細く切れやすいので、出来るだけ根を痛めないようにするため
に半分程度は残す事が基本です。

肥料は年に1回で十分で、植替え時に緩効性化成肥料(マグァンプK等)
を用土に混ぜて使用します。

元気を取り戻させる方法ですが、これは多肉植物が生きたいと言う気持ち
が無ければ無理です。人間が出来る事は置き場所や水遣り等の環境を良く
する事しか出来ません。室内のレースのカーテン越しに置いて、水遣りを
控えめ(7月から9月までの方法)にして、絶対に肥料を与えないように
して下さい。液肥、活力剤、アンプルなども与えてはいけません。

玉扇(ぎょくせん)はユリ科のハオルチア属の多肉植物が正式名称です。
ハオルチアには葉が硬い種類と軟らかい種類がありますが、玉扇は葉の
軟らかい軟葉系になります。

多肉植物はどのような植物かを最初に説明しますが、簡単に言うと葉や茎
や根などに水分を蓄えられる機能を持っているのが特徴です。通常の草花
のように水遣りをしてしまうと、決まって根腐れを起こし枯れます。
サボテンも多肉植物も同じ仲間と考えて下さい。

まず失敗をされた水遣りですが、基本としては10月から翌年の6月まで
は鉢土...続きを読む

Qサボテンの実生とカキコの違い(成長など)

実生で育った短毛丸と株分けされたカキコの短毛丸の成長等の違いを教えてください。
成長速度が遅いとか、株分けされた子供は一定以上大きくならないとか、実生との違いがあるのでしょうか?
根が出揃ったらおなじでしょうか?
あえて、「実生です」と書いたりする理由はあるのでしょうか?

サボテンマニアさんたちは、なんとなく実生をありがたがっている気がするのですが、成長や見た目に違いがないとしたら、それは気持ちの問題ですか?

Aベストアンサー

改良された園芸品種の一年草は毎年タネから育てるので遺伝的に純化されて植物です。例えば、ある品種のコスモスはどの個体を見てもそれほど違いはありませんね。

しかしサボテンは自生している植物をそのまま、育種などせずに栽培されている事が多いので、遺伝的には雑駁で、実生すると変わり者が出る確率が高いのです。
例えば、般若には青般若、裸般若、白般若.........等、様々な品種があり、これらはほとんどが般若から枝変わりや実生で現れた変わり者と考えられます。そしてこれらは同種ですから互いに交雑可能です。
なので実生苗だと親とは違う性質の変わりものかもしれない、とゆう期待があるわけです。
掻き仔では親と同じなので、面白味がありません。ですが、反対に掻き仔だと確実に親の性質と同じなので、安心感はあります。

その他に、例えば栽培の難しい種類は、輸入一代目よりも、日本での世代を多く経るほど、日本の気候に慣れて、栽培し易くなるといわれます。なので実生の方が掻き仔より丈夫かもしれない、とゆうことも考えられます。

Q塊根植物の生育環境について

初めまして!
趣味で塊根植物を集めているのですがちょっと悩んでいます。
パキポディウム系複数、ヘレー、万物想、パキプスなどを所有しています。

我が家は日当たりの悪いマンションで塊根植物に日光を当てようとすると
南が少しで西日がメインとなってしまいます。

西日に関しては塊根の表面温度はあまり上げたくないので少し遮光しています。

ただ、あまり元気が無いように見えるので植物育成用のLEDランプを購入し
30cmほど離して24時間照射しています。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/0101691149/ref=oh_details_o04_s00_i00?ie=UTF8&psc=1

あまり自然な環境とは言えないので限られた南少しと西日の多い家でどのように生育するのが
ベストなのか毎日悶々としています。

何かご存知の方はアドバイスいただけると助かります。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

質問者、回答者の方への補足です。
塊根植物と塊茎植物との違いを理解ください。
書店で見かけるかはわかりませんが、ストロベリープレスから
専門書が出ています。
ヘレーはドイツの植物学者の名前で、多くの種にこの
名前が付けられていて、クラッスラ科のものだけではありません。
無風下の西日で葉焼けを起こすことはあるかもしれませんが、
屋外ですので、鉢の温度は問題ないと思います。
日本で栽培する時点でこれらの植物にとっては酷なのかもしれませんね。
以前2.5m2くらいの完全闇の地下収蔵庫で30点ほどの
コーデックスを半年間育てたことがありますが、2点のみ腐敗しました。

所有されている種はすべて私も所有しています。比較的容易に
栽培できるものですね。

数千株の多肉の中の、パキポディウムの一部の写真を添付します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報