人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

フレンチパイとアメリカンパイは、バターの加え方に違いがありますが、材料は同じなのにどうして食感が異なってくるのですか?
教えてください。

A 回答 (1件)

フレンチパイは、小麦生地にバターを包んで、薄くのばして数回折り畳む方法(フランス語では、フイユタージュと言います)。



アメリカンパイは、小麦粉と小さく切ったバターを混ぜ合せて数回折りたたむ方法で練り込みパイ生地とも言われます。
フレンチパイのほうが軽く層状にないりやすいみたいです。これが、食感に現われているのでは??

お店で売られているのは、圧倒的にフレンチになるんでしょうね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2003/11/15 16:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qたけのこを茹でるのに鷹の爪を入れるのは何故?

こんにちは。一応、料理に携わっている者です。

筍を茹でる時に糠と鷹の爪を入れますよね。糠は茹でた時に出てくる筍のアクを吸着するのに役立っている事は感覚的に理解できるのですが、鷹の爪の役割が判りません。

推測するに、鷹の爪の辛味が筍の腐敗防止に役立っているのかな?とも思われるのですが、正確な所が不明です。(もしそうならば、鷹の爪でなくともタバスコや一味唐辛子でも代用出来そうな気がするのです。)

食品関係の研究をされている方や詳しく解説してあるHPなどご存知の方がいらっしゃったら、ご教授願えればと思います。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

コンニチハ。
うろ覚えなので、はっきりと断言は出来ませんが・・・・。

筍の「アク」や「えぐみ」はシュウ酸によるものですが、
茹でることによって、シュウ酸が抜けます。(ほうれん草などもそうですよね)
普通の水で茹でるよりも、糠を使うことによって数十倍もこのシュウ酸が抜けやすくなります。

お尋ねの「鷹の爪」なのですが、実際はほとんど灰汁等を取る成分は含まれていないようで、
唐辛子に含まれるカプサイシンの辛味成分で筍のエグミ等をカバーしているような状態だそうです。
ちょっと調べてみましたが、カプサイシンがシュウ酸を分解する。というような成分は
見つかりませんでした。

私なりに考えてみたのですが、
カプサイシンは殺菌や抗菌効果がありますので、カビや防腐対応にもなるのではないかと思います。

Q本葛の原材料の違い(本葛vs葛澱粉)について

葛が健康にいいと聞いて試してみようと思っています。
近くのスーパーに2種類の商品があるのですが、商品名は両方とも「吉野本葛」ですが、原材料が「本葛」と「葛澱粉」となっていて、価格も「本葛」の方が「葛澱粉」の1.4倍ほどです。
この原材料の違いは具体的にどういう意味なのでしょうか?
ちなみに食べ方としては、直接口に入れて白湯などといっしょに飲み込んでいます。
どなたかおわかりになる方、回答をお願いします。

Aベストアンサー

吉野本葛と吉野葛の違い
http://kudzujiten.blog40.fc2.com/blog-category-3.html

本来は吉野本葛=純粋に葛のみを寒水でさらしたもので
吉野葛=葛でん粉を主原材料に用い、甘しょでん粉を混合したもの。
なので、吉野産葛と他地方の葛、甘しょでん粉の配合比か
製法の違いで「本葛」とは書けないため安いと思われます。

葛の薬効について
http://kudzujiten.blog40.fc2.com/blog-category-10.html

夏場は、葛餅にして食べるのも良いと思います。
http://cookpad.com/search/%E8%91%9B%E9%A4%85

Q栄養比率について

栄養素摂取量から求め、給食などを作るときに役立つ。自分が本などで調べた結果はこんなものでした・・・。もう少し、詳しい意味が知りたいです。
栄養比率の定義?を教えてください。

Aベストアンサー

栄養比率はいろいろとあります。

1.PFC比率
ashibe1122のお答えにある通りです。
ただ、算出方法ですが、それぞれ
たんぱく質エネルギー比率=たんぱく質量(g)×4(kcal/g)÷総エネルギー量(kcal)×100
脂質エネルギー比率=脂質量(g)×9(kcal/g)÷総エネルギー量(kcal)×100
炭水化物エネルギー比率=100-(たんぱく質エネルギー比率+脂質エネルギー比率)
で求めます。
比率ですから当然%です。一般には小数点以下1桁まで算出することが求められます。
この3つのエネルギー比率がバランスよくないとダメなのですが、注意しなければならないのは総エネルギー量です。この総エネルギー量が適正であることが基本条件です。
たとえば、脂質エネルギー比は1~17歳は25~30%、18歳以上は20~25%であることと日本人の栄養所要量食事摂取基準ではいわれていますが、こんな場合はどうでしょう。
総エネルギーが必要量の半分しかとれていないのに、脂質エネルギー比が40%だったら。たぶん、脂質量は適正です。その他のたんぱく質や炭水化物量がきっと不足しています。それらを適正量にすれば、脂質エネルギー比は範囲内に入るはずです。つまり、総エネルギー量とそのバランスをトータルに考えなければならないのです。

2.穀物エネルギー比率
以前は、日本人は「米ばっかり食」のことが多かったので、穀物だけでなく、もっといろいろなものを食べなければ栄養バランスがとれないということを考える目安とされてきました。
摂取した穀物のエネルギー量を合計し、総エネルギー量で割って100をかけます。50%程度が望ましいといわれています。でも、若い女性はもっと低いです。これは低すぎてもダメです。やはり、脂質エネルギー比の過剰につながるからです。

3.動物性たんぱく質比率
通称、動たん比とよんでいます。総たんぱく質量に占める動物性たんぱく質の割合です。
動物性たんぱく質量(g)/総たんぱく質量(g)×100で求めます。
アミノ酸組成のよい動物性たんぱく質はとても大切。特に、成長期には50%は摂りたいものです。

4.ほかにもいろいろ。。。
動物性脂質比率とか、
飽和脂肪酸(S):一価不飽和脂肪酸(M):多価不飽和脂肪酸(P)=3:4:3とか、
n-6系多価不飽和脂肪酸:n-3系多価不飽和脂肪酸=4:1とか、
まだ他にもあるかも。

いずれも、献立を作成したり、栄養診断する際に活用されます。

栄養比率はいろいろとあります。

1.PFC比率
ashibe1122のお答えにある通りです。
ただ、算出方法ですが、それぞれ
たんぱく質エネルギー比率=たんぱく質量(g)×4(kcal/g)÷総エネルギー量(kcal)×100
脂質エネルギー比率=脂質量(g)×9(kcal/g)÷総エネルギー量(kcal)×100
炭水化物エネルギー比率=100-(たんぱく質エネルギー比率+脂質エネルギー比率)
で求めます。
比率ですから当然%です。一般には小数点以下1桁まで算出することが求められます。
この3つのエネルギー比率がバランスよくないと...続きを読む

QTLCについて

TLCをPaulyで分析したのですが、
化合物をラクタム化したら、色がラクタム化する前と微妙に変わりました。
色の違いは何種類とか決まっているのでしょうか?

また、標品も同時にスポットしたのですが
これから何が分かるのでしょうか?
ヒスチジンとαケトグルタル酸をスポットしたのですが、オパイン化合物と何か同じRf値の結果がでるのでしょうか?
どうかよろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

追加の回答をいたします。
小生が普段扱っておりますものと、あまりにも違いますので、流儀の違いがあるかもしれないということをあらかじめご了承下さい。それと、Pauly試薬、その他、そちらで取り扱っておられる物質に関しては、当方は素人同然で、かえって混乱させてしまってもいけませんので、TLCによる同定についてのみ、追加致します。

我々の分野では、TLCのRf値は目安程度にしか考えません。つまり、RF値を計算するよりも、1枚のTLCプレート状に、並べてスポットして比較します。すなわち、試料と標品を同一プレート上で展開します。
それでも判別が付かない場合には、重ね打ちをします。すなわち、(試料)、(試料+標品)、(標品)の3個のスポットを付けて展開するわけです。中央のスポットが単一になるかどうかを見るわけです。単一になれば、同一である可能性があることになります。単一にならなければ、別の物質ということになります。したがって、Rf値の誤差を議論することはありません。

Pauly試薬に関してですが、Pauly reagentで検索すると、いくつか英語の文献がヒットしますので一例を挙げておきます。
どうやら、反応としては、ジアゾカップリングを行っているようですので、比較的反応性の高い芳香族化合物(フェノールなど)が検出されることになると思います。

少しでも、参考になれば幸いです。

参考URL:http://aem.asm.org/cgi/content/full/66/11/4877

追加の回答をいたします。
小生が普段扱っておりますものと、あまりにも違いますので、流儀の違いがあるかもしれないということをあらかじめご了承下さい。それと、Pauly試薬、その他、そちらで取り扱っておられる物質に関しては、当方は素人同然で、かえって混乱させてしまってもいけませんので、TLCによる同定についてのみ、追加致します。

我々の分野では、TLCのRf値は目安程度にしか考えません。つまり、RF値を計算するよりも、1枚のTLCプレート状に、並べてスポットして比較します。すなわち、試料と標品...続きを読む

Qパイ生地は作ってからどれくらいもつ?

練りパイ生地を作りたいのですが、生地は作ってから冷蔵保存でどれくらいもつものなんですか?

本には「生地を冷蔵庫で20分以上休ませてから、のばして・・・」とありますが、20分以上の上限(10時間までとか、2日後までとか・・)はあるのか知りたいです。
(たとえば時間のあるときにつくり置いておいて、たとえば翌日とかにのばして焼く・・・ってゆうことはできますか?)

あと、焼く前の生地は、時間がたつほど風味が落ちる・・・ってゆうことはあるんでしょうか?

教えてください。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

パイ生地を保存したい場合は、冷凍するといいです。
冷蔵庫で保存してもグルテンが出てしまいます。
グルテンが出すぎると、焼いたパイが硬くなってしまってあまり美味しくないです。

パイ生地を寝かせてから、厚さ1センチくらいに四角く伸ばして、きっちりラップで包んで冷凍用のバックにいれ冷凍庫で保存します。

使うときは室温で扱える程度にまで解凍してつかいます。解凍しすぎに注意してください。

自分の経験では、1週間経ったものを使いましたが、何も変わりなかったです。

Qチーズケーキのビスケット土台について

チーズケーキが好きでよく焼きます(と言ってもお菓子作りに関しては全くの素人です)。
しかし、何度やっても、土台部分(砕いたビスケットに溶かしバターを加えて作るタイプのもの)がうまくいきません。
ケーキ部分は問題無いのですが、土台がしっかり固まっておらず、焼きあがった瞬間から食べ終わる時まで終始ぽろぽろ崩れてきてしまうのです。

ビスケットの種類を変えたり、砕き加減を変えたり、また直前まで型ごと冷蔵庫で冷やしてみたり等色々してみましたが、いまいち料理本に載っているようなしっかりと固まった土台にはならないのです。

何かコツがあるのでしょうか?
もし何かご存知でしたら、教えて下さい。

また、何か特別な方法をしているわけではなくても、「いつもこの材料を使ってこのやり方をして上手くいっている」といった情報でも大歓迎です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
レアタイプでもベイクドタイプでもビスケット台には
リッツクラッカーを良く使います。
レシピのバターの分量は、ビスケットの種類にも寄りますので
一概には行かないと・・・経験から悟りました。

しっかり砕いて、溶かしバターの他に温めたミルクを少し、又は+
レーズンを漬け込んだ時のラム酒を少々加えます。
(ラム酒に市販のレーズンを入れておくだけ)

特に、バターの少ないビスケットを使う時には、バターの分量を増やすか
これらをちゃんと加え無いとぼろぼろします。
パイ皿に敷くときも、しっかり上から押さえつけ、固めるように敷きます。
(ラップを使って、手でしっかり押さえて固めます)

上記のラム酒は風味も増してお勧めです。
台の上にレーズンも散らしてから生地を流し込むと
これ又おしゃれで美味しいですよ~。
美味しいチーズケーキ、頑張ってください!

Qバーフォード反応について

 バーフォード反応を行うとなぜ二糖類は単糖類よりも遅れて反応するのですか?本には『反応が弱いため』としか記述がなくて困っています。教えてください。

Aベストアンサー

二糖類、例えばしょ糖などは、そのままでは還元性がありません。
(単糖同士を繋ぐ炭素が還元性の元となる部位でもあり、そこが切れた状態でないと直鎖型の構造となって、還元性の元となるアルデヒド基の形にならない)

バーフォード反応では酸性下で加熱した状態で銅(II)イオンを作用させるため、二糖類の加水分解が起こります。
この結果、単糖同士を結合していた部位もアルデヒド基の形をとれるようになり、還元性を示せるようになるわけです。

つまり、二糖類は「二糖類の加水分解→単糖類」という段階を経てから銅(II)イオンと反応するため、即座に反応を始められる単糖類に比べると、反応が遅い、ということになります。


人気Q&Aランキング