あなたの人生に効く作品がみつかる手書きのカード♪>>

はじめまして。 10年ほど前、とある視聴室にて非常に音像のくっきりしたCDを聞かせてもらったことがあり、それ以来同じようなCDを捜し求めてはいるのですが、なかなかそのようなCDに出会うことができていません。

そのCDとは、1枚は合唱曲、1枚はオーケストラの演奏でしたが、両方とも音像の定位がすばらしく、合唱曲であれば (たぶん20人ほどの合唱だったと思います)、歌っている方の 『口がくっきり見える』 と錯覚するほどの音像でした。 オーケストラのほうは数多くある楽器の位置がくっきりわかるほどでした。 後にも先にもそのような演奏のCDを聴くことがなく、非常に感動いたしました。 


2枚とも、ホールの席で聞いているというより、指揮台の上で指揮者が直接聞いているような録音でありました。


特に合唱曲で、このような素晴らしい録音のものを探しているのですが、どなたかご存知の方 いらっしゃいましたらご紹介いただけませんでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

N0.3です。


再生側のルームアコースティックが解決されれば、残すは録音時の問題です。
リアルタイムのアンサンブルをマルチマイクで録音したものは、明確な定位を得る事が困難です。録音された音場が穂ぞろいでめちゃくちゃになってしまってます。
シンセサイザーや、マルチトラックに個別録音したソースなら電子的なルームアコースティック空間に定位させる事は可能です。

個人的な好みでは他の方も回答されているとおり、ワンポイントステレオマイクによる録音がベストです。
XY方式・MS方式(ミイドサイド方式)・ダミーヘッド方式(等身大の人形の頭または同程度の大きさのボールの耳の位置にマイクを仕込んだXY方式の変形・ヘッドフォンで聞くことを前提としたバイノーラル方式もこの方法)いずれでも良いです。これらの方式は左右だけでなく前後や高さ、演奏された空間の大きさまで判断することができます。
現在手軽に購入できるステレオICレコーダーはこれに該当しますので、CDが見つからなければ内蔵マイクの品質の良いICレコーダーで試されてはいかがでしょう。
CDでは知りませんがLPレコードでは40年ほど前、フランスのアンドレ・シャルラン氏のレーベルが、ショップスのマイクを仕込んだダミーヘッド方式でした。CD復刻したと聞きます。
シャルランおじさんは日本へも来て技術指導されてますが、ホール収録で演奏者の位置に細かく注文をつけたという逸話を残しています。
CDメディアではありませんが、当時のN響アワーもノイマンのMS69というXYにもMSにも設定できるマイクを使ってのFM放送も、臨場感のあるものでした。
これらは、ナチュラルなシャープさになります。

ワンポイントステレオマイクでは、当然楽器からマイクまでの距離が遠くなります。
オーディオマニアにはナチュラルさを蔑視して誇張されたシャープさを求める傾向があります。写真やテレビ映像の評価でも似たり寄ったりですので、オーディオマニアだけの特性とは思いませんけれど。その要求に応える為開発された機材がエキサイターとかエンハンサーなどです。マイクも1m以内の至近距離で、他の楽器音が被らないように一種づつマルチトラックに録り、ミックスダウン(製品化する際)で電子的なルームアコースティック空間に定位させる方法がとられます。

makeTheWorldさんの言われる”非常にシャープ”というのがどちらか測りかねましたので、前回は再生側のルームアコースティックについてのみ回答させていただきました。

余談ですが、CDのポリカーボネイトの透明度を高めたSHM-CDというものも登場して、音の輪郭がはっきりするという人もいますが、理論的には音は変わらないはずです。これが変わるようだとPCのデータ用としてCDを使うのは危なっかしくて使ってられない事になります。
しかし、SHM-CDをアピールするサンプルCDだったら、明瞭度の高いソースが収録されているかも知れませんね。
    • good
    • 0

私も「視聴室」の音響環境が非常に良かったのではないかと思います。



合唱曲やオーケストラ曲はホール録音の際に MS マイクと呼ばれる特殊なマイクを用いることが多いのですが、この MS マイクは 2 本のマイクをステレオ配置 (左右に並べて収録) させるのではなく、1 個のマイク・ユニットは前方の音を、もう 1 個のマイク・ユニットは左右の音を収録するよう 1 本のマイク筒内に入っているもので、正面からの音に真右の音と真左の音を電気的に合成することによってステレオの立体感を作り出す MS (マトリックス・ステレオ) 方式になっています。

MS マイクは合成された電気特性こそ 2 本のマイクを並べるステレオ収録と変わらない特性になるのですが、実際には斜め右や斜め左からの音を「正面と真右」及び「正面と真左」の音から合成しているため、ステージから壁や天井に反射して回り込んでくる「斜め右や斜め左からの音」を収録せずに済みますので楽器や歌っている人の位置 (定位) が明確になるという特徴があります。(注:安価な MS マイクに見られる 2 個のマイク・ユニットを左右に並べて互いの角度を変えられるようにしているものとは根本的に異なるマイクです)

ただし MS マイクで収録したものと 2 本のマイクで収録したものとの違いは反射音の混合率、それも直接音 20% に反射音 80% といった比率ではなくて、反射音は同じ 80% でも真横からの反射音と後方からの反射音との量が違うといった微妙なものですので、再生環境には音響特性を相当に吟味しなければ MS マイクであることには気付かないものです。

ヘッドフォンで再生すると定位が頭の後方に並んでしまうことから、これもまた MS マイクとステレオ・マイクとの違いが判らないものなのですが、小口径のフルレンジ・ユニットを用いた卓上スピーカーのようなもの (ニア・フィールド・モニタ) でスピーカーからの直接音だけを聴くような姿勢で聴けば「指揮台の上に乗って演奏者を見ているような」定位感を得られるのが MS マイクの特徴です・・・クラシック・マニアの中には他に誰もいない自室で左右のスピーカーの間に首を突っ込むようにして両手を振りまくる(笑)、つまり指揮を楽しむ経験をした人もいると思いますが、MS マイクで収録することの多いオーケストラ曲ならではの楽しみ方ですね。

一般的な部屋でスピーカーから出る音は、家具や天井、壁や床に反射した音が 90% 近くになってしまうもので、直接音を聴くには両スピーカーの間に首を突っ込むようにしなければなりません・・・それでも半分以上はあちこちから反射して耳に届く間接音です。

ヴァイオリンとヴィオラの位置が判る盤やチャンバー (少人数の室内弦楽曲) 曲での各演奏者の位置や吐息まで判る盤、少人数の合唱曲で誰が息継ぎしているのかまで判る盤などは 1 つ 1 つ覚えていられないほど数多く出逢った記憶がありますが、定位に関してはクラシック盤の方が圧倒的に多いのも MS マイクを使用率が多いからではないかと思います。

一方、定位に関しては MS マイク収録のクラシックに一歩譲るものの楽器音の微妙な音色変化、例えば弦楽器の鳴り始めから胴鳴りによる音の膨らみ方、反射や響鳴、そして大気に溶け込む消音部の雰囲気などが手に取るように判るのは、大型のコンデンサ・マイクを楽器に近付けて収録するものの、マイクの数そのものは必要最小限にとどめて残響音のミックスに破綻を生じないように収録しているジャズ系の盤が多い気がします。・・・ジャズでもとんでもなく優れた定位感を示す盤があって、調べてみたら EV-RE20 というダイナミック・マイク 2 本だけで収録した盤でした(笑)。

ポップス系ではマルチ録音 (楽器や歌声毎に別々に収録する) が当たり前で、定位もミキサーで電気的に配列させることから各々の楽器音や歌声に含まれる残響音がまちまちになりますので、各楽器の定位や音色変化を事細かく再現するモニタ系の再生システムよりも全体を程良く均して心地好く聴かせるシステムの方が無駄な神経を使わず、聴き疲れしないで済みます。

このようにミュージック・ソースはジャンルや収録時の状況によって再生システム環境も考えなければ実際の収録現場での雰囲気やレコーディング・ミキサー (或いはプロデューサー) が狙った音を再現することは難しいのですが、御質問者さんの理想とする「声楽曲やオーケストラ曲で発音源の位置や大きさが明確に判るほどの定位感」を求めるのであれば「小口径フルレンジ・ユニットの小型スピーカー・システムに顔を突っ込む(笑) ようにして聴く」のが一番です。

2 Way や 3 Way といったマルチ・ウェイ方式のスピーカーは低音と高音とで発音源の位置も材質などの音響特性も異なってしまう上に箱のサイズが大きくなることからどうしても直接音を多く聴きとるという状況を作りにくいものですが、小口径のフルレンジ・ユニットを用いたスピーカー・システムならば定位感に優れた環境を安価に構築できます。・・・極端に言えば 5cm とか 8cm のユニットを用いた卓上スピーカーにもなりそうな小型システムですね。ただし小型システムだからと言ってアンプに手を抜いてはいけません(笑)。

音色に関しては十人十色の好みが違うものですので何とも言えませんが、定位に関しては小口径フルレンジに尽きると思いますよ。

小口径フルレンジ・スピーカー・システムはユニットと箱のキットで 2 本 1 万円もしない組み合わせでも数万円のスピーカー・システムに負けない良質な音を得られるものもありますので、完成品、キットもの、自作ものを問わず、いろいろと検討してみることを御薦めします(^_^)/。

ちなみに私は・・・まだ購入していないのではっきりしたことは言えないのですが・・・SONY MDR-F1 というヘッドフォンに興味を持っていまして・・・始めは単に「蒸れないし、耳に心地好い音だし、普段用に良いかも」という気持ちで購入するつもりだったのですが、100% に近い直接音を発するスピーカーが耳から離れているので定位が頭の後ろに回り込みにくいのではないかという期待も持っており、来週頃には購入するつもりで楽しみにしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

長文ありがとうございます。 収録方法に関する専門的なご説明、大変勉強になりました。 ありがとうございます。 私は昔、低音、高音ばかりもとめてマルチ・ウェイに走っていましたが、最近は(年のせいか)せいぜい2Way、バスレフよりも密閉が良いと思うようになってしまいました。 「顔を突っ込む」はトライしてみます。 実は、家のセッティングでスピーカーを前に出して寄せて、自分も前にいくほうが意外と理想に近いと思っていたところでした。 嫁に邪魔と言われるのが困りモノですが。 いっそのこと小口径で試してみることも視野に入れてみます。 ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/04 23:46

makeTheWorld様こんにちは。



ご質問にあります感のCD、かつてオーディオ評論家の長岡鉄男先生がご推薦の品で、下の合唱ライブ録音盤がございます。こちら視聴も可能ですので、ぜひぜひお試し下さりませ。

http://search.japo-net.or.jp/item.php?id=VZCC-91

http://www.hmv.co.jp/product/detail/3911903

残念ながらオーケストラ演奏に関しましては、当方「指揮台の上で指揮者が直接聞いているような録音」は、申し訳ないのですが把握しておりませんです(すみませんです。汗)。

では、これにて!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。 どちらかというと洋曲をさがしておりましたが、一度入手して聞いてみます。 ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/04 23:19

録音方法が違うのかもしれません。


バイノーラル録音
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%A4% …
Wiki内にサンプル音声があります。ヘッドホンで聴いてみてください。。
紙をクシャクシャにして飛ばす音とか凄いリアルです。

ホロフォニクス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AD% …
どんなものか自分は知りませんが、
こんなのもあるそうです。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。 でも、スピーカーでの2ch再生での音源を探しておりました。

お礼日時:2011/10/04 23:20

視聴室ですか。

ソフトでもハードでもなく、部屋の問題でしょう。
壁・床・天井の反射の無い部屋なら、くっきり明瞭です。
反射音を抑えられれば左右のスピーカーだけで斜め後方までの定位コントロールが可能です。

壁にこのような吸音材を貼るだけでもかなり定位を改善できますよ。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.a …
部分的に使って音を整えるには、かなりの室内音響計算知識が必要になります。
アマチュアの特権を活かしてカットアンドトライで挑戦してみるのも有りかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

メッセージありがとうございます。 「部屋の問題」は確実にあったと思います。 かなり広い視聴室で、スピーカーの評価のために作られた部屋でした。 自宅で同じ機材で、同じCDを用いたところで、同じ音像を得ることは困難と考えておりますが、「このCDの実力はもっと高いところにある」と知りながらカットアンドトライを重ねるのと、「音源自体がそんなもんなのか?」という思いでトライするのとではやはり前者のほうが目標が明確でやりやすいため音源の紹介をお願いした次第です。 吸音材に関しては、以前いろいろと試したことはあるのですが最近は試せていないので、ご紹介いただいたのも含めトライしてみますね。 ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/04 23:29

回答にはならないのですが



ソフトが良くてもハードが悪ければ求める音は出ません。
現在お使いのハードがどのようなモノで
どういった使いこなしをしているかが不明。
さらに過去の記憶でこうだった、といわれても
その試聴会がどういった趣旨のものでどのようなハードを使い
その時に聞いた楽曲名も記載がありません。

お使いのハード、使いこなしなどが完ぺきであるとして
あの時の試聴会での音がファーストインパクトになり過去の記憶を美化しているため
現在聞いている音があの時の音に遠く及ばない、
と思いこまれている可能性もあるとご指摘申し上げます。

ご質問内容からしてよほど聴取能力に優れた方とお見受けします。
ですので、なおさら下手なソフトは勧められません。
しかも漠然と「音の良いCDがほしい」とおっしゃるも同然でして回答に窮します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まさにそのとおりなのです。 John_Papaさんの回答へのお返事に書かせていただいたように、もともと贅沢に作られた視聴室での視聴であったため、ハード面の影響のほうが確実に大きかったのは確かだと認識しております。 しかし、その音像が私の1つの目標であり、その目標を目指すにあたって確かな音源をもとにカットアンドトライしていきたいというのが今回の質問の趣旨でした。 確かに、かなり前の話なので頭の中で美化されている部分はあるとは思いますが、私の乏しい経験の中でコーラスの口が見えたのは、やっぱりあの時だけでした...

お礼日時:2011/10/04 23:36

もともとの音源が良いタイトルはちょっとわからないので、


普通のCDプレイヤーで再生できる高音質CDを紹介します。
(専用プレイヤーでないと音質が変わらないものは除きます)

・スーパー・ハイ・マテリアルCD (SHM-CD)
・ハイ・クオリティCD (HQCD)
素材に液晶パネル用のポリカーボネートを使用しています。

・ブルースペックCD(Blu-spec CD)
製法にブルーレイディスクの技術を応用しています。

これらの規格名(または略称)とクラシックなどのジャンル名を入れてアマゾンとかで検索すれば何かしらヒットすると思います。

参考URL:http://www.blu-speccd.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。 この手のCDは確かに選りすぐりの音源であることが多いですね。 今一度探してみます。 ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/04 23:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCDからCD-RWにコピーする前のCDからのファイルコピーの方法

CDからCD-RWにコピーする前のCDからのPC上へのファイルコピーの方法が分かりません。

Aベストアンサー

CDのバックアップでしょうか。
バックアップなら、付属のライティングソフトでできるはずです。
その場合は、お使いのライティングソフト(B's Recoderとか)を教えてください。

単体のファイルコピーでしたら、対象のファイルをコピー先にドラッグアンドドロップで大丈夫です。
それから、ライティングソフトでCD-RWに書き込んでください。

Qスピーカーの音像定位について

以前、ヘッドホンである音楽を聞いていると、イントロのある楽器のみが、まるで頭の上というか斜め後ろから鳴っているように聞えました。
とても心地がいいなと感じたのですが、ヘッドホンではなく、スピーカーでこの感覚を得ることは可能なのでしょうか?サラウンドの後方スピーカーは試しましたが、単に後ろにスピーカーがあるという感じであの心地よさとは違いました。
1度、電気店で似たような体験をしたときは、スピーカーがいわゆる同軸スピーカーで点音源になっていました。
点音源のスピーカーは、定位が明確になるといいますが、このような効果もあるのでしょうか?
詳しくご存知の方、専門家の方、ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ヘッドホンでステレオ再生していたのであれば、スピーカーで再生しても同じような効果を得ることは可能です。スピーカーの枠を超えて音場が広がることもありますし、頭の上を音が通り過ぎる感覚も再現可能です。(真後ろまで回そうと思うと、専用の部屋でもなければ厳しいと思いますが。)

端的には、#1で仰っているように、左右のスピカーを一直線上に対面して設置し、その中心で聴くことです。要するに仮想ヘッドホンです。ただし、通常のCDはステレオスピーカーで再生されることを前提に位相管理がされていますので、音場感は失われてしまいます。
また、大型のマルチウェイスピーカーでは相当な幅をとる必要があり、移動も大変ですので、小型スピーカーでなければ試しにくいという難点があります。その上、その場所以外ではまともな音が聴けなくなってしまい、実用性にも難があります。

一般的なステレオの配置でも、厳密に位置合わせをすれば、定位と音場の両立を図ることができます。方法としては、まず部屋の中で定在波の影響を受けにくいポイントを探し、次にモノラル音源で左右の位相合わせを行います。

サラウンドですが、音源の数が増える分、ステレオ再生より緻密なセッティングが必要となります。自動音場補正があればそこまで厳密でなくても良いようですが、そうでなければセッティングは非常に手間がかかります。

同軸スピーカーは、確かに独特の良さがあります。しかし、同軸でなければダメかというとそういうわけでもなく、その辺りはスピーカーの位相特性の良さ、セッティングの良さの方が重要です。

なお、関係者の方には甚だ失礼ですが、家電量販店の類いでまともなセッティングをしているところはほとんどないと思います(ステレオ、シアターともに)。
セッティングが悪いと左右の相対位相が逆転して定位がぼやけ、あたかもサラウンドのように聴こえることがありますが、店頭では往々にしてありがちですので、注意して聴く必要があると思います。

ヘッドホンでステレオ再生していたのであれば、スピーカーで再生しても同じような効果を得ることは可能です。スピーカーの枠を超えて音場が広がることもありますし、頭の上を音が通り過ぎる感覚も再現可能です。(真後ろまで回そうと思うと、専用の部屋でもなければ厳しいと思いますが。)

端的には、#1で仰っているように、左右のスピカーを一直線上に対面して設置し、その中心で聴くことです。要するに仮想ヘッドホンです。ただし、通常のCDはステレオスピーカーで再生されることを前提に位相管理がされていま...続きを読む

Qフォルダの写真をCDRやDVDRにコピーする方法

Vistaを使用している初心者です。
ピクチャの中のたくさんあるフォルダの中から、好きなフォルダを1つ選んで
そのフォルダをCDRやDVDRにコピーして保存する方法があると聞いたことがあります。
残しておきたいデジカメの写真などあるので、CDRやDVDRに保存する方法を教えて下さい。
又、CDRやDVDRには何枚位の写真が残せるのでしょうか?
そもそも一般的にはどちらにコピーするのが普通なのでしょうか?
(カメラ屋さんではCDにコピーしてた気がするのですが・・・?)
全くの素人です、できればPCの専門用語をさけて教えていただけるとうれしく思います。
どうぞよろしくお願いします。
(1)フォルダ内の写真をCDRやDVDRにコピーする方法(簡単な言葉でお願いします)
(2)CDRやDVDRには何枚位の写真がコピーできるか
(3)CDRとDVDR,どちらに残すのが一般的か

Aベストアンサー

(2)
CD-Rは700MBで650MB程度
DVD-Rは4.7GBで実質4.4GB程度

写真の画素数により違います。DVDで4GBでは1200万画素で約635枚、1000万画素で約765枚、800万画素で約955枚
CDは約1/6

(3)
ふつう、写真はCD-Rへ、動画の保存はDVD-Rへ。(ご自分の好みでどうぞ)
CD/DVDはSDカード、USBメモリーより信頼性は高いですが、傷や紫外線に弱いので、定期的にバックアップ(複製作成)した方がよいでしょう。
また、海外製より日本製が信頼できます。
ちなみに以前海外製CDを大量に購入した時10枚の内1~2枚程度は不良品でした(最近はかなりよくなっていると推定)

書き込み方法にもよりますが、書き込み終了時「ファイナライズ」しないと他のPCなどでは見えません。

Qカーオーディオの音像について

 と言っても難しい話ではありませんが。
音楽(特にボーカル)を目の前に定位させたいんです。
ホームオーディオと聴き比べると、若干右寄りに聞こえるのが
とても気になります。
物理的に左右のスピーカーからの距離が違うわけですから
仕方ないのでしょうか?
それとも雑誌などでよく、「ボーカルがビシッと目の前に
定位して・・・」等という時は、本当に違和感なく正面から
聞こえるのでしょうか?

できるだけそのような状態に近づけたいのですが、何か良い
アドバイスありますでしょうか?
(ツィーターのセッティング、外部機器の活用など)

 使用システムは簡単に、
センターユニット-ナカミチのアンプ内蔵型、
スピーカー-Diamondの2Way、
サブウーファー-パナソニックのパワードウーファーです。
 現在ツィーターは、Aピラーの耳の高さの位置に中央を向くように付けています。
 どうか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。質問の回答はとっても難しいですね。カーオーディオの永遠のテーマではないでしょうか?
まずはホームオーディオとの違いから考える必要があります。ホームオーディオを試聴する場合は左右のスピーカの真ん中に座ります。。しかもスピーカは自分のほうを向いています。部屋は広いです。これに対してカーオーディオの場合は左右のスピーカのどちらか寄り(通常運転席の場合は右側寄り)に座ります。そのとき、なんとスピーカはお互いのスピーカ同士を向いています。。しかも部屋が狭いためにいたるところから反射音が聞こえます。はっきり言ってオーディオを聞くには最悪の環境といっても過言ではないでしょう。そうは言ってもいい音で聞きたいので私もがんばりましたよ。システムを見る限りではフロント2way+サブwfのシステムのようですね。この組み合わせは前方定位がとりやすいシステムです。ほかの方も書かれていますが一番簡単な方法はトーンコントロールで右のボリュームを多少絞ることと、TWの位置をいろいろ変えてみることだと思います。twがお互いを向いているということですので多少顔に向けるだけでもずいぶんと換わると思います。この際に左右のスピーカを同じ角度にしないほうが大体いい結果が現れるようです。
私の場合は最終的にALPINEのDPPという機械を入れてしまいました。これはDSPにより左右の位相差を計算して補正した信号を流すもので前方定位が実現できます。が、ちょっと反則です。ただし現在は単品売りされていないようです。参考URLで内容確認ください。

参考URL:http://www.alpine.co.jp/alpine/audio03/tec/tec03icon.html#tcr

こんにちは。質問の回答はとっても難しいですね。カーオーディオの永遠のテーマではないでしょうか?
まずはホームオーディオとの違いから考える必要があります。ホームオーディオを試聴する場合は左右のスピーカの真ん中に座ります。。しかもスピーカは自分のほうを向いています。部屋は広いです。これに対してカーオーディオの場合は左右のスピーカのどちらか寄り(通常運転席の場合は右側寄り)に座ります。そのとき、なんとスピーカはお互いのスピーカ同士を向いています。。しかも部屋が狭いためにいたるところ...続きを読む

QCD から PC にコピーする方法。

初歩的な質問ですみません。
旧パソコン(Win98)でバックアップしたCDを新パソコン(WIN XP)にコピーする方法をご教示下さい。

マイコンピューターをクリック→CD-RWをクリック→My
Documentsのフォルダが表示される。
このMy Documentsを一度にまとめて新パソコンにコピーする方法です。

Aベストアンサー

ただのコピーなら
(1)マイコンピューターをクリック→CD-RWをクリック→MyDocumentsのフォルダを表示
(2)もう一度マイコンピューターをクリックして別窓を開き
コピーしたいフォルダを開く

(1)→(2)にフォルダーをドラッグ&ドロップ

これでコピーできないでしょうか?

Qヘッドホンにてある特定の対象物の音のみを聞くために

ヘッドホンにてある特定の対象物の音のみを聞くために
いろいろと試みておりますが、うまくいかず困っております。

現在のところ試してみたのは、特定の音のみを聞くために
リオン社製の圧電式加速度ピックアップを対象物に当てて
出力信号をBNCコネクタをステレオにプラグで変換し、S-Ampという
ヘッドホンアンプで増幅し、ヘッドホンにて音を聞くというやり方を
試してみました。
しかし、実際に音を聞くと音のレベルがとても低いためもっと大きな音を
得たいのです。
何か良い方法ありますでしょうか?

Aベストアンサー

はい、S-ampのオンラインマニュアル見ましたが、Max Gainが20dBですから、ゲイン不足になりますね。つまりこの製品はLINE入力です。
マイクアンプもしくはミキサーを追加すれば希望の音量にできます。

それより、
ポータブルで電池駆動の必要があるならICレコーダーで、外部マイク入力があるものを利用されると良いと思います。
ヘッドフォン・イヤフォンで聴くだけでなく、記録(録音)もできてしまいます。
例えば、http://olympus-imaging.jp/product/audio/index.html

ステレオミニジャックに変換すれば、これらICレコーダーで使えるのではないでしょうか。

Q動画ファイルのコピー(CDR)でエラーを回避する方法

はじめまして。

少々教えて頂きたいのですが、
CDRに保存しておいた動画がコピーする方法はないでしょうか?
コピーすると「循環冗長エラー」が出てしまうのです。

因みに、
・著作権保護CDではありません。
(デジタルビデオで撮った風景を他のパソコンでMPEG化したものです)
・CDRは汚れ傷等もありません。
・動画は最初から最後まで再生できます。

色々試した結果、
・ライティングソフトで他のCDRにコピーしてみる⇒可能
・仮想CDで見てみる⇒閲覧可能
・仮想CDにしたファイルをコピー⇒同じエラーが出る

どうにかして、動画をHDDにコピーする方法はないでしょうか?
方法は良くわかりませんが、
著作権保護CDと同じと考えて、リッピングするとか・・・?

過去にも同じような質問が出ていますが、動画自体が見れますので、質問させてください。

どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私は「巡回冗長エラー」だと思っていたのですが、
循環・・・でも同じCRCエラーのことなのかな?

どちらにしても、ファイルなどをコピーする際に、
エラーを検査するシステムのことでしょう。
http://www.dlmaster.com/other/crc.html

予想としては、動画を観るのには問題ない程度かも
しれないが、ファイルの一部が破損している
・・・と見るのが普通ではないかと思います。

駄目かも知れませんが、動画閲覧可能であれば、
以下URL参考に、コマンドラインからxcopyなどで
吸い出せば出来るかもしれません。

ただ、これでコピー出来たとしても、そのデータが
完全である保証はありませんが。

回答がついていないようなので、分かる範囲で書きました。
もう少し詳しい方がいるといいんですが・・・。

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/268filecopy/filecopy.html

Qアンプからの音がL側のみ急に音が小さくなった、バランスをL側最大にすると濁った音が出てきます。

アンプからの音がL側のみ急に音が小さくなった、バランスをL側最大にすると濁った音が出てきます。

素人でも調整出来るでしょうか?ヘッドホンを使う前までは、スピーカーから左右異常なく音が出ていました。

ヘッドホンで聴くと異常なくバランス良く聴こえます。ヘッドホンで今後聴く分には多分問題は無いと

思っていますが?矢張りスピーカからの音で楽しみたいですね。

何しろ古い機種で交換部品が存在してるのやら?機種は、sansui au-999です。

あまりお金を掛けずに解決できる方法が在ればご教示お願いします。

以前秋葉原から部品を取り寄せテープデッキを修理した経験ははあります。

ま〜ド素人に近い方です、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

スピーカープロテクションリレーの接点汚損が原因でしょう。
リレーのカバーを外して接点を洗浄するか
リレーそのものを交換する方法があります。
今後の憂いを払しょくするためにも交換してしまった方が良いでしょう。
リレーそのものは汎用電気部品なので安価で入手可能のはずですが
いかんせんAU-999は1970年発売なので
同型リレーが現在も市場流通しているのか不明です。

この型の汎用リレーはカバーが簡単に外れる物がほとんどですので
接点を磨くこと自体は難しくないです。
とはいっても他の部品で込み合っていてカバーを外せても
綿棒すら入り込めない場合もあります。
その場合は基板からリレーを外すして個別に接点洗浄しかありません。
カバーに穴をあけて接点復活洗浄剤を吹き付ける等の荒業を推奨する方もいるようですが
その後の問題を増加させるだけなのでこの方法は絶対に止めてください。

QCD-ROMのデータをCD-Rへコピーする方法

WINDOWS XPの機能で、CD-ROMの内容をCD-R(CD-RW)へコピーできると聞いていいますが、方法を教えてください。

Aベストアンサー

はじめに確認して置きますが、著作件とかライセンスとかその辺の問題は大丈夫ですか?
不正コピーは犯罪、法律違反です。
コピーの方法は簡単。
マイコンピュータを開き、CDドライブを右クリック。
コピーを選択して、適当なHDDドライブを開いて右クリックで貼り付けを選択。
CD内のデータがコピーされます。
次はCDドライブにブランクCDを入れます。
マイコンピュータを開き、先程作成したHDD内のフォルダを開き、全部選択。
ドラック&ドロップでマイコンピュータ内のCDドライブのアイコンまで持っていって落とす。
これだけでは書き込まれませんので、CDドライブを開き、書き込みのタスクを実行します。

Q画像ファイルをまとめてシャープにするには?

画像ファイルをまとめてシャープにするには?
画像ファイルが200枚ほどあって、それらすべてにちょっとシャープ処理をしたいですが、一括操作できる方法とかソフトとかないでしょうか?
ファイルはJPGです。ちょっとボケ気味なので、すこしシャープネスをかけたいんですが
、1つ1つやる方法はできたのですが、それだとすごい時間がかかるので、まとめてできないかなと思ってます。

Aベストアンサー

IrfanViewというフリーソフトで、一括変換-ファイル形式の一括変換の設定で詳細設定でできるかと思います。


人気Q&Aランキング