ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

勅撰三集について質問です。『凌雲集』、『文華秀麗集』は、君臣和楽がテーマだと本でよみましたが、具体的にどのような点が君臣和楽がテーマだという根拠になっているのでしょうか?また、『経国集』との相違点はなんでしょうか?詩文集であるということ以外に、編纂思想の違いや、その原因を教えて下さい。

A 回答 (1件)

読んだ事はありませんが相伝について書かれている本だと思います。

先ずは王と后の妊娠までとその次は幼少期の子供の成長。最後は継承だと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q土佐日記を平仮名でほとんど表記した文章があるのですが、日記、願たつ、京、白散、明神、病者、中将、すみ

土佐日記を平仮名でほとんど表記した文章があるのですが、日記、願たつ、京、白散、明神、病者、中将、すみの江、など漢字で表記されてるものもいくつかあります。その理由はなにかありますか?

Aベストアンサー

基本的に「漢語」でしょう。基本的に和文体のものは和語なので、昔の表記だとひらがな主体で書かれますが、部分的に漢語の語彙が入り込むことがあります。そういった少数派の漢語は、ひらがなで書くとかえってわかりにくいので、漢字表記されるのでしょう。
「すみの江」の「江」は、漢字ではなく変体仮名(いまと字母が異なる異体字)として、ひらがな扱いすることもできます。


人気Q&Aランキング