はじめて投稿します。よろしくお願いいたします。商品サンプルを使っていただくためのPRとして懸賞とメルマガのどちらが将来顧客になる可能性が高いでしょうか。また、このホームページは懸賞サイトとしていいとか、又、メルマガのサイトがいいとかも教えて頂けたらと思います。 商品は化粧品です

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

どちらが効果的かはやってみないと判りませんが、その二つをやれる状況であるなら、二つを組み合わせた方が効果的だと思いますよ。



懸賞応募の際に、メールアドレス等を入力してもらいますよね?
そこに、商品サンプルについてのお得なメルマガを配信しても良いですか?みたいな欄を作るだけで、懸賞応募で来た人をメルマガ会員に呼び込めます。
    • good
    • 0

 お店で特売などをやると、特売品の売上は確かに増えますが、チェリーピッカーみたいな人がかなり多いのではないでしょうか? 要するに、1円でも安い物を探して、時間や労力を惜しまず遠くへでも買いに行く人たちです。

  しかしその人たちは、特売品以外の商品の売上に貢献する事はほとんど無いようです。
 懸賞も同じように、その商品に関心が無くても只ならばと言う人たちがかなり多いようです。

 メルマガは、(メルマガの内容次第ですが)購読しているうちに、その発行者に共感をおぼえたり、親しみを感じやすくなります。
 ですから、メルマガに広告を出すと言う事ではなく、メルマガを発行するという事でしたら、かなり有力なツールになると思います。

参考URL:http://web12.freecom.ne.jp/~richdad/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。そーですね!! メルマガを発行ですか・・・・
がんばって内容を考えてみます。
多謝

お礼日時:2001/05/04 15:20

将来顧客になるかどうかは、懸賞かメルマガかではなく、商品(サンプル)が魅力的かどうかによるのではないでしょうか。


懸賞については良く分かりませんが、商品の対象顧客にあった購読者を持つメルマガを見つけてそこに広告を出すと、バナー広告等よりは効果的なマーケティングができると思います。
メルマガのサイトについては『まぐまぐ』なんかで適当なものを購読してみては如何でしょう。

参考URL:http://www.mag2.com/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q懸賞のメルマガ登録について

懸賞に応募する際、メルマガの購読をするかしないか
で、やはり「購読する」にしないと懸賞の当選確率は下がるのでしょうか、又、当選しないと考えた方がよいのでしょうか。

Aベストアンサー

某、巨大ショピングモールに出展している
会社に勤めてます。

他ではどうか分かりませんが
懸賞は、メルアド集めが目的です。

実際に懸賞広告などを購入しようと相談すると
どこどこでは、○○件メルアドが集まりました
と、実績も教えていただけます。

おまけに、
「当選対象者は、当店のメルマガの購読者となります。」
と、懸賞ページに書いてあるところもあります。

簡単に、購読しているか調べられますしね。

メルマガかたくさん来て困る
場合は、懸賞用のアドレスを持てばいいんじゃないですかね。

Q懸賞付きメルマガの広告モデル

WEB制作会社に勤務する傍らで懸賞好きが高じて下記の様なサイトのプロジェクトを任される事になりました。
http://web.otakaramail.jp/

上記サイトの運営会社は純広モデルで成り立っているようですが小さな制作会社である当社では広告に強い者がおらずすぐに純広で収益が成り立つとはとても思えない為、アフィリエイトを利用したいと考えております。こういった懸賞つきのメルマガではアフィリエイトは有効なのでしょうか?

製作で業界に入っていきなりPMを任される事になり広告収益モデルの事が全くわかっておらず少々参っております。どなたか良いお答えを頂けると心から嬉しいです。。。

Aベストアンサー

懸賞系サイトのメルマガを使ったアフィリエイト広告は
かなり一般的なモデルだと思いますよ。

一般的には
純広告の収入:(1)PV(配信)単価×(2)PV(配信)数
アフィリエイト:(3)成果単価×(4)成果数
と考えられるので、ユーザーの質が低い傾向がある懸賞サイトでは
(1)が低くなるため、純広告だと儲けが少ないです。

但し、アフィリエイトの場合でも、悪質ユーザーがいる場合
いたずら申込みや、最終成果に繋がらないといったことから
クレームに繋がるリスクがあります。

まずは、(1)ユーザーの質向上と(2)会員数やPV数をアップを
目標にしてみては如何でしょうか?

(1)に関してのテクニックの一つとして、PVや会員を属性で絞ったりすることで、ユーザーの質(単価)を上げることができます。

Q懸賞サイトを利用した新規メルマガ発行時の読者数確保の方法とは?

近々にメルマガを発行する予定で、その準備取り掛かっている真っ最中です。
さて、新規メルマガ発行時の読者数を増やすため、3000~5000人の読者を確保できる懸賞サイトを利用するケースがあると聞きました。具体的には、メルマガ発行時に3000~5000人の読者を確保できる懸賞サイトをご存知の方がいれば、是非教えてください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

まず、重要な事は、懸賞サイトで集めたアドレスを新規のメルマガに活用する事は、法律で出来ません。

いわゆる4月1日からの「個人情報保護法」です。

本人の同意なしに、使用目的以外に使用できません。

ので、
懸賞で集める際に、
「このメールアドレスは、新規のメールマガジンに活用します。これを同意した上で応募して下さい」
「メールマガジン以外の使用目的は一切しません」
と必ず明記しなければなりません。

安易に集めると後で大変です。今は!

懸賞サイトですが、どの懸賞サイトでも良いでしょう
一番のオススメは、チャンスイットですね。
登録から開始まで2日程度で掲載してくれます

後は、ひたすら、週に2回程度、懸賞に登録イベントを実施すれば集まるでしょう。

ちなみに当社は1回の懸賞につき50人登録ですね。

最初の日と最後の応募締め切りの時以外は全く反応しません。
ので、応募期間を4日に設定すると効率的に集められます。逆に長いと全く意味がありません。
※その間はアクセスゼロです

懸賞の内容がよければ、1000人程度はすぐ集まるでしょう。それを5回繰り返せば、5000人のアドレスの成功につながります。

そうそう、応募内容はアンケートが一番いいですよ
マーケティングにもつながるし、答える側も気軽に答えられます。

まず、重要な事は、懸賞サイトで集めたアドレスを新規のメルマガに活用する事は、法律で出来ません。

いわゆる4月1日からの「個人情報保護法」です。

本人の同意なしに、使用目的以外に使用できません。

ので、
懸賞で集める際に、
「このメールアドレスは、新規のメールマガジンに活用します。これを同意した上で応募して下さい」
「メールマガジン以外の使用目的は一切しません」
と必ず明記しなければなりません。

安易に集めると後で大変です。今は!

懸賞サイトですが、どの懸賞サイト...続きを読む

Q手軽に顧客に商品写真を見てもらう方法

Excel上に各商品にリンクを付けた商品リストを作り、見たい商品のリンクをクリックすると、商品写真が閲覧できるようにしたいのですが、当方にwebサーバなどがありません。ですので、ネット上に保存できるような無料アルバムなどを利用して、各写真を見にいけるようにすることは可能でしょうか?その他手軽に出来る方法がございましたら、お教えください。

Aベストアンサー

無料で写真を公開できるサービスはネット上にありますが、ほとんど場合、商用の利用は規約に反すると思います。

Qメルマガって、何?どうすれば、メルマガを配信できるの?

メルマガを配信するなどといいますが、メルマガっていったい何なんですか?なんとなくは、わかるんですが。できればくわしくしりたいです。また、どうすれば、メルマガを配信することができるのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

メールで配信される雑誌のようなものです
その中に記載されているURLをクリックすることによってどこかのHPを参照することにより文章以外で情報を提供するわけです

メールマガジンの配信を希望するならメルマガ等で検索すればかなりの数がヒットすると思います
上記以外では懸賞等の情報入力フォームでメルマガ希望等のチェック項目があるかと思います(それらにチェックをつければ自動的に配信される)
結構、有益な情報のメルマガもあると思うのでご自身の趣味にあったメルマガを申し込んでみてはどうでしょうか?
通常メルマガは無料配信ですので安心して申し込んでください(私は訳がわからず契約してしまい、一日に30通ほど届いたことがあります(^^;)


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報