プロが教えるわが家の防犯対策術!

タイトルの通りですが、条件として
1.国内商用電源AC100Vを入力とすし、出力は絶縁された物とする。
2.150W~300W程度を対象とする。
3.出力電圧は24~30V程度とする。(ダウンのみ)
設問はこのときどちらかの方式を選択し、その優劣を可能な限り示せという事なのですが、
当方電気は疎く、良く判らない事しばしばです。
優しい回答や参考ページ等、有意と思われる情報お待ちします。
よろしくお願いします。

追伸
検索してみるとフライバック有利みたいに感じます。(根拠は無いのですが)
フライバックは絶縁トランスに磁力を蓄積して変換とあり、磁気損失があるからフォワード有利?
フォワードは磁気に変換すると同時に出力へ渡しているので無駄がないように思ったのですが、この考え方はあっているのでしょうか?
後シリーズ方式や絶縁トランスは禁止と言われています。
調べてみたらこれは両者の比較にならないですね。(笑)

A 回答 (2件)

> 当方電気は疎く、良く判らない事しばしばです。


この設問をされたシチュエーションの説明がないと、答えにくいです。
できるだけ5W1Hに沿った状況説明をお願いします。

電気に疎い人でも多分わかるのは、電源メーカーのトップ「TDKラムダ」のここの資料でしょう。
http://www.tdk-lambda.co.jp/products/power/
有名な「コーセル」だと
http://www.cosel.co.jp/jp/index.html
ここに書いてあります。
ただし、フォワードとフライバックがシングル(エンデッド)となってますね。
こーゆー書き方をするのは、当然ダブル(エンデッド)フォワードやフライバックがあるからですが、電気に疎い人の気にするようなことではありません。
コーセルの電源ユニットを見ると、50W~600Wまですべてシングルフォワードとつまりフォワードになっていてフライバックは一つもありません。
http://www.cosel.co.jp/jp/data/pdf/technotes.pdf

> 検索してみるとフライバック有利みたいに感じます。(根拠は無いのですが)
コーセルの見解は質問者とは違うようですね。
これが電気に疎い人と詳しい人の違いでしょう。

資料を纏めると、フォワードは
利点:トランスが小さい、制御が簡単、数10W以上ではフライバックよりも小型になる
欠点:回路が少し複雑

フライバックは
利点:回路が簡単
欠点:トランスが大きい、制御が複雑、出力平滑コンデンサのリプル電流が大きい、数10W以上ではフォワードよりも大きくなる
 出力平滑コンデンサのリプル電流は、例えば24V・12.5A=300Wだと、12.5Arms以上になってコンデンサの体積が膨大になります。

もう少し詳しい資料は、これがわかりやすいです。
2001 Magnetics Design Handbook - MAG100A
http://www-s.ti.com/sc/techzip/slup222.zip
    • good
    • 0
この回答へのお礼

不明瞭な質問に詳しい説明、ありがとうございます。
検索結果件数でフライバックが多かったのでより一般的なのかな?程度に思っていました。
一流メーカ製ではフォワード優勢なのですね。
ご提示の資料に目を通してみます。
設問は学外授業という試みで出題されたものです。
被服科なので全くの検討違いなのですが、ためになりました。
重ねてありがとうございます。

お礼日時:2011/10/18 22:52

コーセルの回路方式はこの先頭ですね。


リンクし忘れました。
http://www.cosel.co.jp/jp/products/pdf/CMJ_PAA.pdf
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q突入電流、サーミスタについて

突入電流、サーミスタについて
突入電流を考慮してサーミスタを使おうと思うのですがいまいち考え方が分かりません。
大きな電流が流れるので、抵抗によって流れる電流を少なくするというのは分かるのですが、
具体的にサーミスタをいれる事によって突入電流がどのくらいになるのかが分かりません。

例えば、
http://www.cosel.co.jp/jp/products/pdf/SFJ_PBA10 …
のPBA10F-5を使用するとしてAC100Vのコンセントに接続するとします。
すると突入電流は15A流れるという事だと思っています。

そこに
http://www.semitec.co.jp/products/power_thm/pdf/ …
の5D2 - 05(公称ゼロ負荷抵抗値5Ω)を入れると突入電流はいくつになるのですか。

少し長くなりすいませんが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>5D2 - 05(公称ゼロ負荷抵抗値5Ω)を入れると突入電流はいくつになるのですか。

結論からいうと判りません。突入電流(ラッシュ電流)は以下の三つの要素で決まるのです。
・回路の入力容量(コンデンサとみなした場合の静電容量):Cin
・電源の電圧:Vs
・電源の出力インピーダンス(周波数特性を含む): Rs

簡略化したモデルの図を添付します。(入力はACでも整流されるのでモデルはDCになります)
図のサーミスタDは、電源の出力インピーダンスを大きくする作用をしているのです。
Rs <<D ならばRsは無視できますが、5Ωではたぶん無視できない値でしょう。

QLTspiceのトランスについて

LTspiceのトランスについて

こんにちは、
LTspiceで回路を書いておりますが、トランスの記号が見つかりません。もしかしたらインダクターを2つ組み合わせて作るのでしょうか?
その後の設定は、どこをどのように設定すれば良いでしょうか?

Aベストアンサー

最新の回路は「現在進行中図面(圧縮ファイル)」でしょうか。
このトランスの記述が間違ってます。インダクタ名が重複しているというエラーのために名前を変えたのでしょうが、相互インダクタンスの記述が前のままです。以下のように書き直すと2次電圧は大きくなります( K1 L1 L2 1 の部分を右クリックすると編集画面になります)。
K1 L2 L3 1
2次側の直列抵抗は 100Ω でも 0.1Ω でも波形に目だった変化はありませんでした。

Q50W程度の絶縁電源、フライバックかフォワードか?

ちょっと面倒な質問ですみません。
当方絶縁電源を作ったことがなく、非常に困っており、質問させていただきます。
幾つかのサイトを見るとフライバックで良さそうな容量なのですが、1出力でないためどう考えて良いか分かりません。またエミッションノイズ等を考えた時の有利不利についても知識がありません。
絶縁電源の経験者の方の回答をよろしくお願いします。
--
入力DC18-30V
出力DC12V/4Amax.

ただし、電断時に電力供給を一定時間続ける必要があるため下記のようにしようと考えています。
・トランスを2出力にしておき12V以外に30V程度の出力を設けてアルミ電解コンデンサにチャージしておく。
・上記を電断時に非絶縁SW電源にて降圧してダイオードを通して12V供給をする。

この場合に絶縁電源はフライバックとフォワード、どちらで作るべきでしょうか?

下記の観点も考えた場合にどちらが有利か教えていただけないでしょうか。
(1)通常動作時に12V/3A供給で効率90%以上にしたい。
(2)0.1MHz~30MHzあたりまでの伝導エミッションノイズを抑えたい。
(3)できるだけ小型にしたい。

よろしくお願いします。

ちょっと面倒な質問ですみません。
当方絶縁電源を作ったことがなく、非常に困っており、質問させていただきます。
幾つかのサイトを見るとフライバックで良さそうな容量なのですが、1出力でないためどう考えて良いか分かりません。またエミッションノイズ等を考えた時の有利不利についても知識がありません。
絶縁電源の経験者の方の回答をよろしくお願いします。
--
入力DC18-30V
出力DC12V/4Amax.

ただし、電断時に電力供給を一定時間続ける必要があるため下記のようにしようと考えています。
・トランスを2出...続きを読む

Aベストアンサー

>すみません聞き忘れたことがあります。
>何故30V昇圧のコンバータを使ったほうがいいのでしょうか?
コンデンサにチャージしてしまえば、その後はほとんど電力を必要としません。
チャージにかかる時間が多少長くても良いのであれば小電力のコンバータで済みます。
このような用途のためにトランスの巻き線を増やすのは得策では有りません。

>フライバック、フォワードどちらが有利でしょうか?
50W程度であればフォーワード型でやる方が多いようですが、フライバック型でも十分です。
http://www.tdk.co.jp/news_center/publications/power_electronics_world/pdf/aaa70600.pdf

このような問題は、一つのパラメータだけで決められるほど簡単な話じゃありません。
設計にかかるコスト(お金と時間)、大きさや重さ、安全規格、EMC、量産時のコスト、生産台数、製品の品質、メインテナンス等々、考える事は沢山あります。
一般的に言って、新規に設計するよりは標準品を購入する方が良いものが手に入ります。
最初にすべきは要求に見合った標準品を探す事です。
どうしても要求を満たすものが見つからない場合は新規設計になりますが、その場合でも電源専門のメーカーよりも良い設計が出来るとは思わないほうが良いでしょう。
(つまり、専門家に頼んだ方が良いという事)

さて、停電時の対策としては絶縁電源の一次側にコンデンサを入れるのが良いですね。
わざわざコンデンサのチャージ回路とコンバータを追加してコストアップ/不良率の増加となる様な事をする必要は有りません。

>すみません聞き忘れたことがあります。
>何故30V昇圧のコンバータを使ったほうがいいのでしょうか?
コンデンサにチャージしてしまえば、その後はほとんど電力を必要としません。
チャージにかかる時間が多少長くても良いのであれば小電力のコンバータで済みます。
このような用途のためにトランスの巻き線を増やすのは得策では有りません。

>フライバック、フォワードどちらが有利でしょうか?
50W程度であればフォーワード型でやる方が多いようですが、フライバック型でも十分です。
http://www.tdk.co.j...続きを読む


人気Q&Aランキング