アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

おはようございます。
本日、我が家の愛犬が亡くなりました。今はまだ実感が無く泣いてはいないので、今の内に質問しようと思います。

11月1日までは元気でしたが、2日にはいつもワンワンと吠えていたのにずっと静かなままでした。
静かになってから4日後の朝、11月5日未明に亡くなりました。

昨日、病院に連れて行き軽く診断してもらったところ、急性腎不全の疑いがあるといわれました。
獣医から半日預からせてくれと言われましたが、その間に亡くなられるのはあんまりなので家につれてかえりました。
犬種は超大型犬のグレートピレニーズのメスでした。

疑り深い私は普段からワンワンと元気よく吠えていたのが近所の人たちにうるさいと思われ、殺されたのではないかと思っていたりもします、犬を殺せるのは犬を飼っていない人だけと思うのでめぼしはついているのですが、おそらくこの感情はショックで誰かに責任を押し付けたいだけだと思います。

そこで質問なのですが、犬が急性腎不全を引き起こす原因というのはなんなのでしょうか?
いつも通りの生活をしていたので突然静かになり、動きも遅くなり、ご飯は食べず水ばかり飲むようになりました。
OKwaveの過去の質問を見ていると人間用の薬を飲んでしまった犬が急性腎不全を引き起こしているのを見ました。

人間用の薬以外に考えられるものはいったいなんなのでしょうか?
心の整理をつけるためにも是非教えてください、お願いします。


11月1日は祖母の誕生日で家をずっと開けていた。
私の家では犬を庭に放し飼いをしていた。
犬がいつもうるさいので近所から恐らく迷惑がられていた(大型犬で声も大きいから)
誰かが敷地内に人間用薬を投げ入れて犬に食べさせた
・・・・とかなんとか被害妄想が激しいですね、ごめんなさい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>本日、我が家の愛犬が亡くなりました。

今はまだ実感が無く

悲しみはあとからやってきますよね。。。。
なまじ心理的な防衛機能があるから、「信じないようにしよう」としてしまうし、その分
いつまでも尾を引くことも多いです。。

>心の整理をつけるためにも是非教えてください、お願いします。

疑心暗鬼に走りそうな気配を、自ら整理しようとなさるtonimiiさんの行動を、高く評価
します。

さて、急性腎不全のことですが。。。
これは、腎機能の急激な低下によっておきた症状のことです。
原因は無数にあげられます。

【先天性に起因】
生まれながらにして遺伝子に欠損や重複、転座などがあり、そのため正常なタンパク質の
分解・合成が正常にできない。
【外来性の異物に起因】
毒物によって、腎臓を直接に損傷。
または、薬剤、食物における添加物などによってアレルギーがおき、そのため免疫系の攪
拌が生じたことでの、病原性細菌・ウィルス感染で、腎機能が低下。
【慢性腎不全の悪化】
症状が顕著でなく、長期にわたる腎不全が累積した結果による。老齢に多い。
【合併症】
高血圧、糖尿病、その他、何がしかの原因での血圧低下や脱水症状。
などです。

これら複数の因子は相互に影響しあっていますので、解剖でもしない限り、直接的な原因
を絞り込むのはまず不可能と思ってください。

直ちに重篤な症状を示すほどの投与があったのなら、嘔吐や下痢、吐血、血尿、激しい痛み、
運動麻痺、感覚麻痺、呼吸不全、けいれん、黄疸といった【ショック症状】もいくつか見ら
れるはずです。
また、その場合は肝機能も同じように急激な低下がみられることがほとんどです。
(これは血液検査ですぐに分かる)
ペンキ塗装、車の洗浄や整備、害虫駆除などはなかったでしょうか?
まずは、そこから推測されたほうは良いかと思います。

しかし一方では、園芸用農薬などは誰でも普通に入手できますし、悪意による投与も決して
ありえない訳ではありません。
こんなことを言うの心苦しいのですが、ご近所との関係が良好でなかったことも、今回の
件に影を落とされているかと思います。

落ち着かれてからで結構ですので、今後のためにも熟考されることをおすすめします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私の家では家庭用の殺虫剤を散布していたので、おそらくそれが原因だと思います。
よく胃の調子を整えるために草を食べる姿を見ていたので、それが重なったんだと思います。

みなさんの回答もあって、今はだいぶ気が楽になってきました。
回答は全て読ませていただきました、一辺倒なお礼で申し訳ございません。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/11/06 22:17

この9月に我が家の犬が死んだのですが、直接の死因は急性腎不全です。


夜間でしたので、死ぬ直前に救急病院に問い合わせ、よくあることと知りました。
腎不全が起きた原因は分かっています。
長期の慢性疾患と、高齢です。

死がそう先のことではないことは、もう分かっていました。
でも、その日の朝も散歩に出ました。
私達は仕事行きましたが、ベランダで物音を立てているのを、隣の人が聞いています。
それを考えると、倒れてから息を引き取るまでの間は、たった5~7時間くらいです。
獣医さんは、最後の最後までよく頑張ったと言ってくれました。

亡くなられた愛犬はは、まだ若かったのでしょうか?
質問者さんにとっては、まるで突然死のようで、受け入れがたいでしょうね?
ですが、犬の具合が悪いことに、人間は本当に気づきにくいです。
飼い主も獣医もです。
「物を言わぬ犬だけに、それだけに獣医師に勝る観察を持って当たる必要があるのでは・・・。」
No.4の回答者さんがおっしゃられていますが、私達も同じ思いでいます。
教えてくれたのは、死んだ犬でした。

最後に。
我が家の犬は、私達が帰るまで待っていてくれました。
質問者さんは病院に預けず、家に連れて帰られたとのこと、良かったのではと思います。
愛犬のご冥福をお祈りいたします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私の家では家庭用の殺虫剤を散布していたので、おそらくそれが原因だと思います。
よく胃の調子を整えるために草を食べる姿を見ていたので、それが重なったんだと思います。

みなさんの回答もあって、今はだいぶ気が楽になってきました。
回答は全て読ませていただきました、一辺倒なお礼で申し訳ございません。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/11/06 22:17

Q、犬が急性腎不全で亡くなりました。

考えられる原因は?
A、一番高い可能性は病死です。

犬が数日で旅立つことは珍しくはありません。
そして、直接の死因が急性腎不全ということも・・・。

我が家のゴールデンは、晩年には<相当程度の健康診断>を行ってきました。
旅立つ3週間前にも健康診断に連れて行きました。

>血液検査の数値はいずれも標準で問題ありません。
>エコー検査でも特段の以上は認められません。

私は、この診断そのものは疑いませんでした。
しかし、それにもかかわらず、ゴールデンの死期はかなり近いと感じていました。
多分、もって3、4週間だと・・・。
私の予感は的中しました。
2週間後に、ゴールデンは倒れて動物病院へ。
下った診断は、急性腎不全。
2日入院させましたが、「多分、明日には旅立つ」と判断し自宅へ。
翌日、ゴールデンは静かに息を引き取りました。

思うのですが、我が家のゴールデンが倒れて旅立つまでの日数は僅かに5日です。
でも、私は突然死だなんては思っていません。
3週間前の血液検査が正常であっても、「余命は3、4週間」との判断は崩しませんでした。
3週間前のエコー検査で異常が見つからなくても、「余命は3、4週間」との判断は崩しませんでした。

悲しいことに、今まで、6頭の犬を見送りましたが、死期の予測を私が間違ったことはありません。

1、体重の変化。
2、食事量の変化。
3、活動量の変化。
4、生きる気力の減退度。

これらを寝食を共にして観察し続ければ、血液検査やエコー検査が気休めに過ぎないことが判ります。

多くの場合、「犬が4、5日で急に旅立つ」という場合が多いようです。
でも、それは表面的なものでしかないことが多いのも事実です。
物を言わぬ犬だけに、それだけに獣医師に勝る観察を持って当たる必要があるのでは・・・。
そんな気がします。

ですから、薬物による急性腎不全という視点のみではなく・・・。
普通の病死という視点からの振り返りも大事かと思います。

最後に、愛犬のご不幸にお悔みを申しあげます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私の家では家庭用の殺虫剤を散布していたので、おそらくそれが原因だと思います。
よく胃の調子を整えるために草を食べる姿を見ていたので、それが重なったんだと思います。

みなさんの回答もあって、今はだいぶ気が楽になってきました。
回答は全て読ませていただきました、一辺倒なお礼で申し訳ございません。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/11/06 22:17

 インターネットで調べただけの情報ですが、以下のサイトの情報に拠りますと、人間用の薬では、イブプロフェン等が腎不全を引き起こす事もある様ですが、約4.5キロの犬の場合4錠で深刻な腎臓障害がでるという報告があるという記載もありますから、超大型犬のグレートピレニーズであれば、数十畳錠ほども飲ませねばならないという事かも知れず、少々考え難いかも知れません。



【参考URL】
 ペットフード事件簿 > 犬と猫に危険な食べ物
  http://petfood.7pot.net/ng_food.html

 薬以外にも、車等に使われている不凍液も、腎不全を引き起こすそうで、しかも、犬は好んで飲んでしまう事が多いそうです。

【参考URL】
 三鷹獣医科グループ・新座獣医科グループ > 犬猫に与えては良くない食べ物 > 不凍液
   http://www.pet-hospital.org/food.htm#6

 しかし、この様な薬品の類以外にも、ネギ、タマネギ、ニンニク、ケール、エシャロット、ラッキョウ、ニラ等の様に、人間が食べても問題の無い食べ物によっても、犬や猫は腎不全を起こす事があるという事は有名な話です。
 上記に挙げた例の中では、玉ねぎではある程度の期間に渡って食べさせないと、重症化はしない様ですが、他の例に関しては、どれほどの量を食べさせると危険なのかは、私には判りません。
 そして、ブドウやレーズンの類では、食後2、3時間で嘔吐、下痢、腹痛、等の症状が現れ、3~5日後に腎不全を起こすそうです。
 尤も、これらの危険な食べもを誤食した際の症状には個体差があり、中には全く平気な犬もいるそうです。

 他人を疑いたくなる気持ちも解らなくもありませんが、これらの犬にとって有毒なものを与えたり、犬が口にしたりする恐れがある状況を見逃してはおられる、と言った事は御座いませんでしょうか?
 犬の行動範囲内に、ぶどうやネギ類と同様の成分を持つ植物があり、それを食べてしまったという可能性は無いでしょうか?
 道路の側溝等に、廃棄された不凍液が混じった水が溜まっていて、それを飲んでしまったという可能性は無いでしょうか?
 通行人が犬に対する好意で、ぶどうを含んだ食品を与えたという事は無いでしょうか?

【参考URL】
 ペットフード事件簿 > 犬と猫に危険な植物
  http://petfood.7pot.net/ng_plant.html

 子犬販売 ブリーダー直販専門 ”DOGFIELD" > 犬が食べてはいけない物
  http://dogfield.net/assistance/ngfood.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私の家では家庭用の殺虫剤を散布していたので、おそらくそれが原因だと思います。
よく胃の調子を整えるために草を食べる姿を見ていたので、それが重なったんだと思います。

みなさんの回答もあって、今はだいぶ気が楽になってきました。
回答は全て読ませていただきました、一辺倒なお礼で申し訳ございません。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/11/06 22:17

体質にもよるようですが、ブドウ類や香辛料、他の人間が食べる食べ物でも物によっては、腎不全などの病気になることもあります。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私の家では家庭用の殺虫剤を散布していたので、おそらくそれが原因だと思います。
よく胃の調子を整えるために草を食べる姿を見ていたので、それが重なったんだと思います。

みなさんの回答もあって、今はだいぶ気が楽になってきました。
回答は全て読ませていただきました、一辺倒なお礼で申し訳ございません。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/11/06 22:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腎臓病で食欲がない老犬について教えてください

13歳のシェットランドシープドックです。
ここ1~2年寝ている時間が増え、歩くときもヨロヨロしていましたが年のせいと思っていました。
食欲は旺盛でそれなりに元気そうでした。

10月中は皮膚病で抗生物質を投与されていましたが、2週間ほど薬を飲んだ後どうやっても飲まなくなったので体を拭くなどで対処していました。

11月に入り体調が悪そうで食欲が落ち、方向が解らなくなる痴呆のような症状も出てきました。
5日に何も食べず明らかに顔つきがおかしかったので病院に連れて行くと腎臓病と診断されました。
血液検査の数値が既にかなり悪く
ALP2580 GPT113 BUN128.8 Cre 2.9 となっています。

現在毎日点滴と制吐剤 抗生物質の注射を打っています。
顔つきは少し良くなり、歩くときも生気が出てきていますが、ほとんどの時間は寝ている状態(これは以前からですが)です。

現在困っているのは
昨日から 水を飲まなくなった(水の所に行きにおいをかぐけれど 表面をなめようとしてやめる)事です。
点滴のをしてるせいでしょうか、尿は出ていますが便は5日からしていません。

食欲も戻らず5日から今日(7日)まで何も食べません。
食欲のあるときは大好きだった肉類にも反応しないし、豆腐、甘いモノも駄目です。
色々な食事を置いておくと、見て少しにおってはいるのですが、興味はわかないようです。
柔らかなモノを口に入れてもはき出してしまいます。
食欲が戻れば体に良いモノとも考えられますが今はとにかく何か食べて欲しいと思っています。

皆さんのわんちゃんで このような状態で何か好んで食べた モノがあれば教えてください。
水は今日獣医さんでシリンジを分けてもらい少し流し込んでいます。

また、腎臓病についても、どんなことでも教えていただければと思います。
血液検査の後、この状態で早い子だと1~2週間で亡くなることもあると聞き 驚きショックを受けました。
なにかできることがあれば 少しでもしてあげたいので よろしくお願いします。

13歳のシェットランドシープドックです。
ここ1~2年寝ている時間が増え、歩くときもヨロヨロしていましたが年のせいと思っていました。
食欲は旺盛でそれなりに元気そうでした。

10月中は皮膚病で抗生物質を投与されていましたが、2週間ほど薬を飲んだ後どうやっても飲まなくなったので体を拭くなどで対処していました。

11月に入り体調が悪そうで食欲が落ち、方向が解らなくなる痴呆のような症状も出てきました。
5日に何も食べず明らかに顔つきがおかしかったので病院に連れて行くと腎臓病と診断されました。...続きを読む

Aベストアンサー

15歳のシェルティーと暮らしていますが、約1年前に腎臓病と診断されました。
腎臓病のどのようなことが知りたいのでしょうか?

腎臓病を大きく4つのステージにわけると犬に嘔吐・下痢・食欲不振などの、変化があった場合は3ステージ目と言うことが多いです。
腎臓の3分の2~4分の3程度の細胞が破壊されている状態です。

長文になってしまうので、簡単な説明ですが…
1ステージの初期段階では尿検査でしか変化が見られません。
2ステージ目でやっと血液検査に変化が見られます。
3ステージ目で犬自身に変化が現れ、4ステージは末期の状態です。

そして多くの場合、3ステージ目でやっと発見されることが多いです。
それだけ腎臓病の早期発見は気づきにくいということです。


確かに数値は高いですね。
CREの数値が低めなのが唯一の救いかもしれません。

基本、点滴をしていても飲食はします。
食べなければ出すものがないと言うことなので、便は出ないと思います。

うちの犬も体調の悪かった時期は中々食べず、苦労しました。
それだけでなく、なれない病院通い・点滴がストレスとなり、重なっていたのだと思います。
好物であった肉類も食べませんでした。
点滴などの治療を行い、数値が緩和されだすと普段通りに食べるようになりました。

食べなかった頃はおかゆを作り手で食べさせたり、食べることを第一に考え、何でも与えてみました。
その中で食べるものがあればまずはそれを食べさせていたので、数うちゃあたる作戦でした。

そのうち、好物でもあった鳥のササミ(腎臓病の犬に与えないほうがいいのですが)をゆで、療養食と一緒に与えたり、本当に色々試しました。

暫くは犬自身もしんどくて辛いと思いますが、食事を出すだけではなく、手から与えてみてはいかがでしょうか?
水は自ら飲むようになるまで、シリンジで与えてください。

また、腎臓の働きを助けるサプリメントがあります。
今の時点で効果のあるものかはわかりませんが、一度、獣医師の方に聞いてみて下さい。

今はまだショックも大きく迷いもあるかと思いますが、犬の生命力・回復力を信じて、ささえてあげてください。

15歳のシェルティーと暮らしていますが、約1年前に腎臓病と診断されました。
腎臓病のどのようなことが知りたいのでしょうか?

腎臓病を大きく4つのステージにわけると犬に嘔吐・下痢・食欲不振などの、変化があった場合は3ステージ目と言うことが多いです。
腎臓の3分の2~4分の3程度の細胞が破壊されている状態です。

長文になってしまうので、簡単な説明ですが…
1ステージの初期段階では尿検査でしか変化が見られません。
2ステージ目でやっと血液検査に変化が見られます。
3ステージ目で犬自身に変化が現れ...続きを読む

Q尿毒症で最後を迎えた経験のある方へ

前回『犬が死んだあとにしないといけないこと』(http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8072991.html)で質問をしました。

あれから1週間以上よく頑張ってくれていました。

昨日から
ほぼ寝たきり(立ち上がりたいというので立ち上がらせるとすぐ倒れる)
口も臭い
嘔吐(おえっとしなくても口から出てきている)
下痢
など、尿毒症じゃないかな?と思っています。
点滴は2日に1回していましたがもう効いてないんだと思います。

尿毒症になると痙攣が起きる場合があるようですが
犬が痙攣した時はどう対応してやればいいんでしょう?

今は大きな呼吸を全身でしている苦しさはあるでしょうけど
その他は比較的穏やかだと思います。

出来るだけ苦しまずにおくってやりたいです。
尿毒症に陥った今でも点滴をしていれば
最後の苦しさを軽減出来る可能性はあるんでしょうか?

Aベストアンサー

我が家は猫10歳♀ですが 腎臓病を発症して半年で天国に旅立ちました。
動けなくなり 口もものすごく臭くなり もうダメだな・・・と思った時から
点滴はやめました。
我が家の場合は病院へ連れて行く負担を減らす為自宅で点滴していたのですが 
もう これ以上痛い思いをさせたくなかったので
24時間傍にいて 体をさすったり 話しかけたりしていました。

最後は息も荒く苦しそうでしたが 死ぬ直前に 背伸びのように体を伸ばし
その後静かに死にました。
思ったより苦しまなくて よかったと・・・・。
やはり点滴をしていたから 思ったより苦しまなかったのかなあ・・・と
私なりに思ってます。

痙攣と人間で言えばうなされるような声をあげるかもしれません。
その時は 体をさすってあげてくだい。
苦しむ姿を見るのはとても辛いですが・・・・。
もう それしかありません。

苦しむ姿を見るのは質問者さんも辛いですよね。
もうダメだな・・・と思った後の3日間は体をさすりながら毎日泣いていました。
辛いですけど ワンチャンが安らかに天国へ旅立てますよう祈ってます。

Q腎臓と肝臓の改善に役立つ情報がありましたら教えてください

14歳のパピヨンで数年前に僧帽弁閉鎖不全症と診断され、エナカルドや利尿剤の服用を続けてきました。高齢とは思えないほど元気だったのでずっと安心していました。が、昨年の秋に初めて心臓発作を起こし、生死の境をさ迷いました。その際の血液検査で分かった事は、腎臓や肝臓も極めて危険な状態にあるということでした・・・・。利尿剤の副作用やフードにも摂取してはいけない物もあるのに、薬に頼りっきりで自分で何も調べようとしなかった自分を責め、その後は療養食に切り替え補液と薬による治療(強心剤が一錠増えました)で、どんどん具合が良くなってきていました。

ところが、補液の期間を少しあけてから先日血液検査を行ったところ、BUN値:66.7・GPT値:126・ALP値:2429と再び悪化していることが判明したのです。医師のすすめで心臓サポートの療養食(缶詰)を与えてきましたが、こうなると腎臓サポートに切り替えた方が良いのでは?と思ってしまいます。ただ、かかりつけの医師は食事や食材についての知識はあまりない方で、元凶は心臓なのだから心臓サポートの食事が良いとおしゃいます。自己判断で納豆とフラックスシードオイルを毎日少量与えていますが、他に加えた方が良い食材・絶対に与えてはいけない食材、もしくは腎臓と肝臓機能の回復に効くサプリや漢方などの情報をお持ちでしたら、ぜひ教えていただけないでしょうか?我侭なコですが我が家にとっては天使のような存在です。出来る限りの事をしてあげたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

14歳のパピヨンで数年前に僧帽弁閉鎖不全症と診断され、エナカルドや利尿剤の服用を続けてきました。高齢とは思えないほど元気だったのでずっと安心していました。が、昨年の秋に初めて心臓発作を起こし、生死の境をさ迷いました。その際の血液検査で分かった事は、腎臓や肝臓も極めて危険な状態にあるということでした・・・・。利尿剤の副作用やフードにも摂取してはいけない物もあるのに、薬に頼りっきりで自分で何も調べようとしなかった自分を責め、その後は療養食に切り替え補液と薬による治療(強心剤が一錠...続きを読む

Aベストアンサー

(^^)前愛犬への弔意の言葉ありがとうございます。再度の回答です。

ご苦労なさってますね。ネットにもいろいろな情報があり・・・情報が多すぎて、混乱してしまうときもありますよね。でも、腎臓病で14歳のコにたんぱく質を摂れというのは珍説?( ^^;)ですね・・・はじめて聞きました・・・タンパク質の種類でいうと動物性よりは植物性がマシ。肉よりは魚がマシとは言えそうですが・・・????

ところで今度は闘病生活中の私の失敗談について、お話ししようと思います。あのとき、こうすれば良かったのに・・・あんなコトやめておけば良かったのに・・・というオハナシです。

その1
今でも、とても後悔していることがあります。それは闘病中にワクチンを打ってしまったことです。1年に1回ワクチンを打たねば・・・という思い込みがあり、すでに17才の誕生日を過ぎている我が愛犬に例年通り、ワクチンを打ってしまいました。腎臓病の治療に強い主治医でありましたが・・・この主治医にも盲点がありました。もう人間でいえば・・・80歳かもしれないのに、予防注射を打ってしまったのです。この時に、いっきに具合が悪くなり寿命を縮めてしまいました。今でもホントに後悔しています。
須崎先生が犬の食事指導で有名ですが、もうひとり同じくらい食事指導で有名な獣医さんがいると、このQ&Aで教わりました。本村伸子先生という方です。その本村先生の本を最近入手しまして、読みはじめたのですが・・・その中で愕然とする衝撃的な記事を見つけてしまいました。ワクチンを年に1回打ち続けるコトがワンコの身体に、大きな負担になっているという内容の記事です。ワクチンは3年に1回で良いと推奨してあり、さらに高齢のワンコには、もうワクチンはいらない!と書いてありました。これは!!健康なワンコに対してすら・・・こう書かれているのですから。まして高齢で闘病中のコにはワクチンなんかいらなかったのです!!「あ~あの時に、この本を読んでいたら・・・」絶対にあんなバカな事はしなかったのに・・・涙。

その2
ワンコが胃腸の調子が悪そうだと思ったときに・・・独断でキャベジンを飲ませたこと。(><)これも失敗でした。
お母様が反対だとのコトですが、キャベツは胃薬の材料になるほど消化器官に有効なお野菜です。ナマであげることは「酵素(こうそ)」の補給にもなり、良いコトが多いのですけどねえ・・・。ワンコも喜ぶのは「酵素(こうそ)」を身体が欲しているのかも知れませんよ。よく犬が道端の草をアムアムしますが。あれは、酵素を補給するための行動だそうですから。酵素はナマの食べ物から補給できますが、果物には糖分が含まれているので、あげすぎは肥満の原因になるのでチョットだけ注意です。さて生のキャベツは身体に良いモノなのですが・・・キャベジンは体内に取り込むと・・・なんと胃酸と化学反応を起こし「塩分」に変化してしまうのです!この時も腎臓の具合が悪くなり、主治医にうんと叱られました。キャベジンはダメですが、ビオフェルミンは抗生物質を使ったアトには飲ませなさいと言われました。

その3
腎臓の悪いコが注意しなければならないのは食べ物だけではないのです。キッチンハイターなどの塩素系の洗剤について、主治医から追放するように指示されました。塩分は鼻からニオイで取り込むだけでもダメなのです。ちゃんと指示を守って「洗○革命」という酸素系の商品を使っていたのですが・・・ある日、来客の予定があるので室内をキレイにしようとハリキって、この酸素系の洗剤の付いた雑巾で床をせっせっと拭き掃除してしまいました。突然・・・ワンコが急変して様子がおかしくなってしまい、なにがなんだかわからず。このとき主治医が留守だったので、救急の病院を探してクルマで出掛けました。その時の病院で処方されたのが、窒素を吸着する墨のようなお薬でした。のちに出張から帰ってきた主治医に出来事を報告すると。わが家の居間の床は塩化ビニール製だったので、なんらかの化学反応を起こして塩素系のガスが発生してしまったと考えられると説明をもらいました。偶然、救急の病院を探すために、ともかくガス発生の部屋から外に連れ出したのが、たまたま幸いして大事にいたらなかったとのことです。(><)これも失敗でした。腎臓の悪いワンコは鼻からのニオイにも注意です。外出の際は工事現場の塗料など・・・臭いがする場所は避ける方が無難です。

その4
8月の主治医が夏休みのときでした。便秘を起こし・・・食事を受け付けなくなってしまいました。連絡を取ろうか迷い、様子を見ていましたが・・・とうとうガマンできずに「鶏肉」を食べさせてしまいました。
3かけぐらい、モグモグ食べたでしょうか・・・。主治医と連絡を取りTELで「便秘には無塩バターを舐めさせろ」と指示をもらいました。
便秘も解消され、主治医は夏休みの旅行を中断して帰って来てくれましたが・・・治療のかいなく・・・2日後に亡くなりました。「鶏肉」を食べさせたコトうんと叱られましたが・・・死ぬ前にちょっとはオイシイものを食べさせてやってヨカッタと内心は思っています。でも、主治医に「鶏肉」は脂肪分が無く、タンパク質のかたまりなので最悪である。「霜降りの牛肉」の方が、まだマシだと言われ・・・どうせなら「牛肉」を食べさせてやれば良かったなと後悔しています。えへへ・・・涙。

こんなオバカな失敗をするのは、きっと私だからですが・・・どうか、後悔のないように・・・いろいろと気をつけてあげてくださいね。

m(_ _)m 長くなりました。このへんで失礼します。

(^^)前愛犬への弔意の言葉ありがとうございます。再度の回答です。

ご苦労なさってますね。ネットにもいろいろな情報があり・・・情報が多すぎて、混乱してしまうときもありますよね。でも、腎臓病で14歳のコにたんぱく質を摂れというのは珍説?( ^^;)ですね・・・はじめて聞きました・・・タンパク質の種類でいうと動物性よりは植物性がマシ。肉よりは魚がマシとは言えそうですが・・・????

ところで今度は闘病生活中の私の失敗談について、お話ししようと思います。あのとき、こうすれば良かったの...続きを読む

Q犬の最期、約2年腎不全の最期治療をしている14才のシェルティーのことで

犬の最期、約2年腎不全の最期治療をしている14才のシェルティーのことでお聞きします。二週間前に静脈の点滴をしていましたが、なかなか数値が下がらずに先生に歳もあるから透析しても・・・悪くなったらまた点滴をと言われましたが家族で話し合って家で看取ることにしましたが4日間全く食事は受け付けません。水はスポイトでポカリスエットを薄めて飲ませています。おしっこも少量なから出ます。ほぼ寝たきりです。しかし4日たった今、本当にこの選択が良かったのか毎日こちらの質問内容を読んでは気持ちが揺らぎます。今更ながらもう一度点滴を打った方がこの子にとって良いのか8年間心臓、肝臓、薬漬けでこれ以上苦しめてしまうのはと迷っている間に時間だけ過ぎて行きます。本当は私の選択が良かったと正当化したいだけなのですが、同じような思いをされた方によきアドバイスをいただきたいです

Aベストアンサー

心中お察しいたします。
私も過去に2頭の愛犬を看取りました。
2頭ともに10日間寝たきりに成り、最後は小さな声で「キャン!」と言って私の腕の中で逝きました。

確かに飼い主は獣医ではありませんので、本当に的確な判断や処置が出来るのかと言われれば、当然ながら無理だと思います。
ですが、14年間も苦楽を共にしてきて、その中で8年間も愛犬と共に病気と闘ってこられた飼い主さんならば、家族にとっても愛犬にとっても最良の判断が出来ると思います。

今までも状況に応じての飼い主さんの判断があったからこそ、14年間も愛犬の生命が継続しているのだと思いますよ。
今までにも命にかかわる事もあった事だと思います。
それらを皆で乗り越えて来られた飼い主さんの判断が一番正しいと思います。

愛犬の症状と年齢を考えれば、医療的な判断がどうのこうのでは無くて、いままで命を飼い主さんに預けてきた愛犬にとっても、全てを飼い主さんに委ねているのだと思いますよ。

苦しんだり痛がったりしているのならば、それを取り除く為に獣医師に依頼する手もありますが、そうでないのであれば、今は静かに最後の病との闘いを看取ってあげるべきだと思います。

治療するのを決定するのが飼い主であるならば、治療を何処で止めるのかを判断するのも飼い主だと思います。
飼い主が迷い不安になれば、愛犬にも気持ちが伝わりますよ。

質問者さんのように愛犬の事を親身になって考えてくれる飼い主さんに出会えた愛犬は幸せですね。
さあ、最後の飼い主としての大切なお仕事ですので、共に闘い、確りと最期を看取ってあげて下さい。

心中お察しいたします。
私も過去に2頭の愛犬を看取りました。
2頭ともに10日間寝たきりに成り、最後は小さな声で「キャン!」と言って私の腕の中で逝きました。

確かに飼い主は獣医ではありませんので、本当に的確な判断や処置が出来るのかと言われれば、当然ながら無理だと思います。
ですが、14年間も苦楽を共にしてきて、その中で8年間も愛犬と共に病気と闘ってこられた飼い主さんならば、家族にとっても愛犬にとっても最良の判断が出来ると思います。

今までも状況に応じての飼い主さんの判...続きを読む

Q犬の腎不全について

こんばんは、いつもお世話になっております

先日愛犬(15歳)が腎不全で亡くなりました。色々と後悔の日々で涙が止まりません

2年前突然BUN130(CRE0.8)で元気なくなり3日間入院の静脈点滴、退院後自宅で皮下点滴200MLを指導され、1ヶ月程経過したところで一時的な症状だったらしく皮下点滴も終了。その後は数値も正常値を保つ。←A病院   引越しの為、下記より、別病院になります

それから1年後の去年夏に原因不明の貧血を発症し輸血、この時BUN55(CRE1.0)。
輸血をするととても元気になるので、貧血になる度、2ヶ月間隔で輸血の繰返し。
去年夏より先月までBUN55前後で、CREは正常。
とても元気だったのですが、常に食べムラがあったので、『BUN55で若干高いので皮下点滴をしなくていいのか』と聞いてみたものの、CREは正常なので腎不全ではない、BUNが高いのは何らかの影響で高くなっていると思う。点滴をすると貧血が進むし、皮下点滴をする必要はない』とのことで何も治療はせず。
そして先月末、輸血をして1ヶ月もたっていないのに突然元気がなくなり病院へ。
歯茎などをみて『貧血が進んでるのでしょう。。安静にさせるように』とのことで皮下点滴をし帰宅。
3日程は少し元気になったもの、またうずくまってしまってるので点滴をしてもらいに病院へ。
皮下点滴をすると3日程は少し元気になる為、輸血日が連休明けだったので、連休前に皮下点滴をしてもらいに再度かかりつけへ。
『若干のご飯と水が飲めてれば点滴はしなくてもいい』と言われ、そのまま帰宅。。
そして翌日よりご飯は全く食べなくなってしまい、5日後に輸血をしにC病院へ(輸血のみC病院)。
輸血前の血液検査でBUN140、CRE3.0で腎不全ということが発覚し、貧血もそれなりに進んでいましたが、2週間前より突然元気がなくなったのは腎不全によるものでした。

輸血後、『腎不全なので毎日かかりつけの病院で点滴をしてください』と言われ、翌日より毎日皮下点滴で通院。この頃はご飯は食べないで寝てることが多いけれど、足元もしっかりしそれなりに元気そうでした。4日程経過したところで悪くなっている感じがしたので『静脈点滴をすれば元気になる可能性ありますか?』と聞いたところ、『皮下点滴も静脈点滴も変わらない』とのこ。毎日皮下点滴をするものの、足元フラフラ、嘔吐、水も飲みたくても飲めない、という状態に悪化していき、それからさらに痙攣、激しい嘔吐となり苦しみながら亡くなりました。腎不全が発覚し2週間後のことでした。

長文になってしまいましたが、いくつか質問させてください

(1)1年前よりBUN55と若干常に高かった。CREは正常の為、55という数値では皮下点滴や飲み薬など何か治療をしなくてもよかったのか

(2)先月下旬に突然元気がなくなった時に、貧血ではなく腎不全によるものと分かり点滴をしていればこんなに症状が悪化し亡くなることはなかった可能性はあるのか。。

(3)2年前BUNが急激に悪化した際、静脈点滴で一気に下がり、すごく元気になりました。
今回の時は、皮下点滴も静脈点滴もさほど効果は変わらない、とのことでしたが実際はどうなのでしょうか?

(4)A病院では、皮下点滴は200MLとの指導でした。B病院での毎日の点滴は80MLでした。
量にかなり違いがあるのですが、毎日点滴をしても日々悪化していったのは80MLでは少なかった可能性がありますか?ちなみに3Kgです。

(5)毎日皮下点滴80MLのみで、薬などは処方されませんでした。ブログ等拝見してると皆さん、腎不全の薬を処方されているようですが、薬を処方されないこともあるのでしょうか?

沢山質問ばかりで申し訳ございません。
宜しく御願い致します

こんばんは、いつもお世話になっております

先日愛犬(15歳)が腎不全で亡くなりました。色々と後悔の日々で涙が止まりません

2年前突然BUN130(CRE0.8)で元気なくなり3日間入院の静脈点滴、退院後自宅で皮下点滴200MLを指導され、1ヶ月程経過したところで一時的な症状だったらしく皮下点滴も終了。その後は数値も正常値を保つ。←A病院   引越しの為、下記より、別病院になります

それから1年後の去年夏に原因不明の貧血を発症し輸血、この時BUN55(CRE1.0)。
輸血をするととても元気になるので、貧血にな...続きを読む

Aベストアンサー

私も今月17日に腎臓病(最期は尿毒症の症状)の犬を見送りました。
長文です。すみません。

点滴は残されている腎臓の働きを助け進行を緩やかにする・身体を楽にすると言うのが主な目的になるので、点滴を受けるのがとても良く受けていなければ多少なりとも生きられる期間が縮むものだと思います。
末期だと点滴を受けても排出されるものが増えるので毎日点滴を行なっても良くならなかったのだと思います。

1.
何時頃から開始するかは飼い主にかかっています。
病院の方針でも差があります。
うちは「CRE正常・BUN48.5」の時にAとBの病院に行ったのですが「Aはお薬と点滴を開始する」「Bは特に行わない」と言う方針でした。

2.
これは分かりません。

3.
皮下輸液の場合(静脈点滴とくらべて)
ゆっくりと時間をかけて吸収されていくのですぐに効果は出にくい
ストレスなどの負担が少なくて済む場合が多い(ただし不安要素がある場合は体力の消耗があるのでこちらの方が負担になる場合があります)
栄養としていれれるものがほぼない(ビタミンなどはいれれると思います)
自宅でも可能な場合が多い

静脈点滴の場合(皮下輸液とくらべて)
直接作用するので即効性が高め
重度(尿毒症など)の場合は多くこちらの方法がとられる
多少なりとも栄養をいれることが出来る(と言っても食べると言う行為には勝てません)
嫌がったりと暴れたりすることがあるので確実に点滴するため入院になる場合も多く故にストレスとなりやすいため負担が大きい

と言うような感じです。
効果が変わらないと言うのは「末期であること」が大きな理由だったのではないでしょうか。
そこに「大きなストレスが加わる」と言う意味や「皮下輸液を続けてもその効果が現れないので手の施しようがないと判断した」と言う場合かもしれません。
やってみないと分からないもので犬によると思います。
やってよかったと思う場合とやらなきゃよかったと思う場合と、とても判断が難しいと思います。
「通常は皮下輸液」で過ごしいざというときに「静脈点滴」を行うと言う方針をとっている方が多いとは思います。
ただ、静脈点滴は血管に直接送り込むだけに貧血に拍車をかけることになるので、そういった理由も関係しているのかもしれません。

4.
これも分かりません。
うちの犬は最後の方には7キロ台でしたが500MLの輸液でした。

5.
一般的にはのみ薬・点滴・サプリメント辺りが処方されるかと思いますが、お薬を処方されない場合もあると思います。


振り返ると後悔してしまうことはたくさんあると思います。
私もあの時こうしていればまだ生きていたのではないか?と考えてしまいます。
ですがやっと苦しみから解放されたんだと言う気持ちもあります。
どうしたら良いのでしょうね。

私も今月17日に腎臓病(最期は尿毒症の症状)の犬を見送りました。
長文です。すみません。

点滴は残されている腎臓の働きを助け進行を緩やかにする・身体を楽にすると言うのが主な目的になるので、点滴を受けるのがとても良く受けていなければ多少なりとも生きられる期間が縮むものだと思います。
末期だと点滴を受けても排出されるものが増えるので毎日点滴を行なっても良くならなかったのだと思います。

1.
何時頃から開始するかは飼い主にかかっています。
病院の方針でも差があります。
うちは「CRE正常・B...続きを読む

Q腎臓病の犬の食事について

我が家の愛犬は10歳になる中型犬のオスです。

10日ほど前に「腎臓病」と診断され、毎日「乳酸リンゲル液」という点滴をしています。

当初は動物病院から勧められた療養食(ドライ&ウエットフード)を少しずつですが食べてくれていましたが、ここ最近はほとんど食べなくなってしまいました。
血液検査の結果、数値は少しずつ改善しているものの、毎日体重が減り、衰えていくのを見ているのが辛くてたまりません。
せめて何か食べてくれればと思うのですが、療養食以外は与えないよう病院から言われています。

フード以外で腎臓病の犬に与えても良い食材をご存知の方、教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

(^^)こんにちは

平成18年に17才と8カ月の愛犬を「腎臓病」で亡くした経験があります。「腎臓病」は食事療法で寿命を延ばすことができますよ。
だいじょうぶです。あきらめないで!

うちの子も、療法食を頑固に食べてくれず・・・やもえず手作りの腎臓病食を作って頑張って介護と治療を続ける日々でした。そうやって愛護協会から長寿犬として銀賞の表彰状をいただけるまで寿命を延ばしました。


とりあえず・・・白いごはんに白身の魚をゆでて混ぜてあげてください。(ゆで汁は捨てること)
お野菜もあげてよいものとダメなものがあります。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4633766.html

↑以前に当時の経験を回答したQがあります。他の方の回答にもためになる情報がたくさんありますよ。

Q犬の死亡について、納得いきません

犬の死亡について、納得いきません

この数字が出る前の検査で、腎臓が悪いといわれ、2日間の点滴でここまで下がったと・・
GLU-252・・BUN-140・cRE-2、4・・、
この場合、毎日点滴しなくては、ならないんでしょうか。点滴を、すればするほど、ぐったりでした。

先生によると、毎日8時間しないと、駄目だと。頭にまわって、けいれん・・死だと

点滴が、薬がきかないと・・数字が下がらないと・・
5日間、連続に点滴した時点で、なんかおかしいと、思ったんですね。
点滴中は、もどしっぱなし、コールタールの便が出っぱなし、と話されるんです。
点滴をすればする程、ぐったりしてるんです。状態が悪くなってるんです。

神経質な子で、心配なので、聞いてみたところ、点滴中、寝ないで頑張っちゃつてると・

6日目は、家で寝かせてあげたくて、体力がもたないと思いました。死んじゃうと・・
1日、よく寝てました。スポイトでお水沢山のみました。飲まず食わずでしから・・尿は出てました。

家では、もどさないんです。1日1位回、便もしないんです。

翌朝、すっかり元気になってるんです。
点滴、やめようと思っていたら、連れてきてと連絡があり、回復したみたいです。水もよく飲みました・・と話したら、うれしそうな様子もなく、点滴は、しないと駄目だと・・

その日、迎えにいったら、又ぐったり、でも1回もはかなかったと・・便は変わらず・・

7日目、家でお水のんだんです。寝たりおきたり・・でも、急にひきつけ、おこしたんです。
先生に連絡して、つれていきました。注射

もう、ぐつたり、喉にきてるな、脳にいってるな、けいれんおこすな、とごちゃごちゃ・・

今日もたないなと・・

家に帰り横にさせて2回、首を上に上げて、目がくるくる・・朝までぐったり・・8日目、息ありました。

生きているかの、確かめでしょうか、朝、先生から連絡、生きてます、私をみてます・・うれしがると、このまま看取るか、2日しか生きられないけど点滴するか、安楽死・・

私は死ぬなんて、思えなくて、点滴はじめて1週間ですよ。このまま添い寝していれば、よかったのかな

2日の命でもいいと思い、家での点滴をたのみ、やり方の説明があるから、抱いてきなさいと・・先生は、診療があるから、看護師さんと、機材運ぶはずでした。

私が着替えていたら、行きたくなかったんでしょうね。声をあげたんですね。行きたくないって・・

やっぱり、病院、先生が嫌だったんです。ほかの病院へ行ってればよかったんでしょうか・・病院で、先生に説明聞いてる時、腕の中で死んでいました。

こんなに早く、死んでしまうんですか。

なんだか、早く死ぬように、されてた気がしてなりません。
腎臓、悪くされてた気がしてなりません。

死んだあと、毒のにおいを感じました。

15歳、マルチーズ、メス・・とても15歳に見えず、元気でした。

2010年5月の検査・・何も引っかからず、

長々、ごめんなさい。お詳しい方、宜しくおねがいします。

食べなくなったので、検査にいきました。尿はちょこちょこしていて、下痢気味、つまんで出してました

お水は、普通でした。、ただ5日間たべてなかったです。

犬の死亡について、納得いきません

この数字が出る前の検査で、腎臓が悪いといわれ、2日間の点滴でここまで下がったと・・
GLU-252・・BUN-140・cRE-2、4・・、
この場合、毎日点滴しなくては、ならないんでしょうか。点滴を、すればするほど、ぐったりでした。

先生によると、毎日8時間しないと、駄目だと。頭にまわって、けいれん・・死だと

点滴が、薬がきかないと・・数字が下がらないと・・
5日間、連続に点滴した時点で、なんかおかしいと、思ったんですね。
点滴中は、もどしっぱなし、コー...続きを読む

Aベストアンサー

度々拝見させて頂きました。
前回の回答に対してのレスを読みましたが、私の実家は田舎で高度な医療を受ける施設がありません。なので延命という選択よりも自然のまま死を迎えることが地元では一般的です。
とは言っても、突然痙攣が起きたり苦しそうにしていたら急いで病院へ駆けつけたかもしれませんが、彼の場合は変わらない日常の中で夜中に静かに息を引き取ったので、朝まで誰も気付きませんでした。

このスレッドはペットの死にたいして深く考えさせられます。
現代の人間の医学では、死を迎える人に対してのケアが幾度となく検討され、一昔前よりも手厚い医療と看護が行われています。
だけど動物病院では、まだまだ死に対する治療や看護は浸透されていないようですね。

死を迎える患者さんに対しては本人・家族に以下の選択が与えられます。
(1)延命処置をするか。
(2)延命はぜず、鎮痛剤・麻薬など使用し苦痛を除去し、自然のまま穏やかな死を迎えさせる。

minntakoさんの場合は、冷静に考える余地もなく、現状の理解が進まないまま治療が施されたのだと思います。minntakoさんの不信感や、その医者の評判などから考えると、同じ悲痛の思いをして愛犬との最期を迎えた家族も他にいたのではないでしょうか。

minntakoさんに出来ることと言えば、その病院に「意見箱」があれば医師や看護師の対応について感じたことを書いて投票することです。「意見箱」がなければ、病院宛に手紙を書けばいいと思います。その内容は上部の人に届き、改善を考慮するきっかけになると思います。
死に対する医療のあり方は残された家族にとってとても大切なことです。死を粗末にする人は許せませんよね。

他の回答者さんのおっしゃる通り、新しくワンちゃんを迎えて立ち直った人は多いです。
飼い主の中には、新しく飼うなんて亡くなった子に悪い。。。と考えるかたもいますが、新しく迎えた子と亡くなった愛犬の魂は繋がっているという考えがあります。これは霊的な意味でなく、新しく迎えたワンちゃんに亡くなった子の面影を感じ、愛おしく思うことに意味があるそうです。その愛情は亡くなった子と新たに迎えた子両方に向いているからです。そして飼い主さんの心も満たされ悲しみを乗り越えることができます。

一時的な預かりについては、地域によっては可能です。役場で保護された犬に飼い主が見つかるまで一般の家庭で預かるという取り組みが一部の地区で最近導入されてきています。
役場のHPにもしかしたら確認出来るかも知れないので、良かったら調べてみてください。

度々拝見させて頂きました。
前回の回答に対してのレスを読みましたが、私の実家は田舎で高度な医療を受ける施設がありません。なので延命という選択よりも自然のまま死を迎えることが地元では一般的です。
とは言っても、突然痙攣が起きたり苦しそうにしていたら急いで病院へ駆けつけたかもしれませんが、彼の場合は変わらない日常の中で夜中に静かに息を引き取ったので、朝まで誰も気付きませんでした。

このスレッドはペットの死にたいして深く考えさせられます。
現代の人間の医学では、死を迎える人に対して...続きを読む

Q老犬が何も食べません

13歳になるラブラドールです。
ここ一ヶ月で急激に衰えました。
獣医さんによるとひどい腎不全で夏まで持たないと言われました。
腎臓以外の機能はまったく正常らしいです。
点滴をすると2~3ヶ月くらいまで持たせられるかもと言われましたが、病院が嫌いでひどくおびえるので、あんなにストレスを与えるぐらいなら家で寝かせておいてやろうということになりました。
しかしここ一週間くらいほとんど食べなくなり、ついに昨日はお味噌汁を一口なめた以外、水しか口にしていません。
腎不全にお味噌汁は致命的だと思いますが、お肉やパンなど以前は好きだったものも嫌がり、柔らかいものなど思いつく限り食べさせようとするのですが、食べてくれません。
ただ、食べ物を持って行くと興味を示し匂いはかぐので、食べようという気はあるようです。
体力が落ち、立ち上がることもできなくなりました。
そこで皆さんにお聞きしたいのですが、食欲がなくなってもこれだけは食べたよという食べ物があれば教えていただきたいです。
獣医さんにはこの際体力を最優先されるためにもどんなものでもやった方がいいといわれたので、人間用の食べ物も与えようと思います。
よろしくお願いします。

13歳になるラブラドールです。
ここ一ヶ月で急激に衰えました。
獣医さんによるとひどい腎不全で夏まで持たないと言われました。
腎臓以外の機能はまったく正常らしいです。
点滴をすると2~3ヶ月くらいまで持たせられるかもと言われましたが、病院が嫌いでひどくおびえるので、あんなにストレスを与えるぐらいなら家で寝かせておいてやろうということになりました。
しかしここ一週間くらいほとんど食べなくなり、ついに昨日はお味噌汁を一口なめた以外、水しか口にしていません。
腎不全にお味噌汁は...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは…。
とても心配ですよね、同じ様な状況を経験したものです。
ウチの犬もどんな好物さえ受け付けてくれなくなったため、獣医師の指導により以下のような方法で食事を与えました。
まず獣医さんに注射器型のスポイド(恐らく薬を飲ませるのが本来の目的の器具だと思います、テルモ製でした)の口を広げてもらったものを頂きました。
それで手作りの流動食を吸い上げ、犬の口の横の方から流し込んでやりました。
ウチの場合は中型犬ですのでラヴラドールの食事量は判りませんが、与えた内容について記しておきます。

●ドロドロに炊いた白米のお粥(ミキサーで液状にします)
●よく煮たレバー(少量のお湯を足してミキサーにかけペーストにします)
●犬用粉ミルク(エスビラックを使用しました)
●鶏卵や鶉の卵
●人肌に温めた牛乳
●お湯でふやかしてミキサーにかけたドッグフード
●裏ごししたカッテージチーズ

これらを組み合わせ、ミルクセーキにしたり、サプリメントを加えたりと色々と工夫し、日に数回に分けて与えました。
飲み込む力があれば、撫でながらや言葉をかけながら飲ませてやると何とか飲んでくれるようになりました。
器官に入らないように姿勢や流し込む速度には注意してくださいね。
ウチの犬は幸いにも快方に向かいましたが、病状やアレルギーなど色々あると思いますので、あくまでも参考にして下さい。
最終的には獣医さんの指示を仰いだ方が良いと思います。
私が参考にした本は「犬と猫のための手作り食(ドナルド・R・ストロンベック著)」です。
医学的な根拠をベースに、食材や内容量等がかなり詳しく書かれていたのでとても参考になりました。
パンが好きならミルクでふやかしてミキサーでペースト状にしたらどうでしょう(蜂蜜を混ぜたりして)?
粘性の強い食材のときは、ケチャップやマスタードなどを入れる容器の口の先をを切って(口径を広げるため)使用したりもしました。
正直大変でした、でも頑張って欲しいと思います。
応援していますね…。

こんにちは…。
とても心配ですよね、同じ様な状況を経験したものです。
ウチの犬もどんな好物さえ受け付けてくれなくなったため、獣医師の指導により以下のような方法で食事を与えました。
まず獣医さんに注射器型のスポイド(恐らく薬を飲ませるのが本来の目的の器具だと思います、テルモ製でした)の口を広げてもらったものを頂きました。
それで手作りの流動食を吸い上げ、犬の口の横の方から流し込んでやりました。
ウチの場合は中型犬ですのでラヴラドールの食事量は判りませんが、与えた内容について記...続きを読む

Q愛犬が亡くなりました。。。

はじめて質問させていただきます。

数日前、15歳の愛犬を亡くしました。とても小さなオスのポメラニアンでした。
亡くなる10日ほど前からほとんど食べてくれず、亡くなる前日は大好物のものさえ口にしようとしませんでした。また、いつもは夜中に起こすと水を飲んだり、オシッコをしたりしてくれていましたが、前日の夜は抱っこされたまま眠ってしまうし、意識がすでに朦朧としていました。

そのときもう永くないという認識はあったものの、あんなに突然息を引き取るとは思ってもいませんでした。看取ったとき、呼吸が苦しそうで本当に辛かったです。最後に大きく息を吸い込んだと思ったら突然亡くなってしまいました。でも、苦しそうだったにもかかわらず、最後は眠ったような表情で亡くなりました。

わが子も同然可愛がってきましたので、深い深い悲しみからなかなか抜け出せません。いなくなって寂しいという気持ちはもちろんですが、天国で幸せに暮らしているのか、(人見知りな性格だったので)お友達はできたのか、(目も耳も不自由になっていたので)守ってくれる誰かはいるのか、等々心配でたまらないのです。

また、火葬をしたことで後悔していることがあります。人間は死後丸一日以上火葬しませんが、犬もそうすべきだということを知らず、死後たったの4時間程度で火葬をお願いしました。獣医さんやお寺の方にお尋ねすればよかったものの、早くしてあげなければいけないものと思い込んでいたのです。亡くなった姿を見ていられなかったし、早くきちんとした逝き場所に連れて行ってあげなくてはという勝手な思いが起こした行動です。

冷たくなり手足は少し硬直していましたが、もしかしたらしばらくして息を吹き返すこともあったのではないかと思うと、なんだか自分が殺してしまったような錯覚をおこし、恐ろしくてたまりません。
辛くてもきちんと現実を受け入れ、十分なお別れの時間を取って、それから火葬してあげるべきでした。取り返しての付かないことをしてしまいました。申し訳ない気持ちでいっぱいです。

混乱して気持ちの整理がつきません。私の考え、行動はやはり間違っていたのでしょうか。
また、とっても可愛がっていたけど、すぐ埋けて/火葬してあげた、という方もいらっしゃったら、お話を聞かせていただきたいと思います。

長文で申し訳ありません。アドバイスをよろしくお願いいたします。

はじめて質問させていただきます。

数日前、15歳の愛犬を亡くしました。とても小さなオスのポメラニアンでした。
亡くなる10日ほど前からほとんど食べてくれず、亡くなる前日は大好物のものさえ口にしようとしませんでした。また、いつもは夜中に起こすと水を飲んだり、オシッコをしたりしてくれていましたが、前日の夜は抱っこされたまま眠ってしまうし、意識がすでに朦朧としていました。

そのときもう永くないという認識はあったものの、あんなに突然息を引き取るとは思ってもいませんでした。看取ったとき、...続きを読む

Aベストアンサー

半年前に高齢のヨーキーを亡くしました。
高齢でしたが、とっても元気でしたので、少し体調を崩してからも、
「これからすべてをかけて介護・看護する」と数ヶ月~もしかしたら1年は
犬に付きっ切りになるだろう、と覚悟したその日にあっけなく旅立ってしまいました。

私も夜の9時に亡くなった愛犬を、次の朝の9時に火葬しました。
最後の夜は一緒に眠りましたが、今巷で多くの人がブログなどに掲載されているように、
亡骸の写真をとったり葬儀の様子を録画したりは一切しませんでした。
ワンコの用品も想い出として残すものは箱に詰め、押入れの奥のほうに即しまいこみました。
病院関係のもの、治療に使ったもの、食欲が亡くなったので試行錯誤でたくさん買い込んでいたえさ、
亡くなる日にたくさん使って汚れてしまったタオルや毛布などは、なくなった夜のうちに処分しました。
ワンコにとても似合っていた洋服や、ぬいぐるみ、リードやハーネスなどは
ワンコと一緒に火葬してもらいました。

もしかしたら、後悔するかも?と思いましたが、半年たった今ではそれでよかったと思っています。
しばらくは、亡くなる直前のワンコの辛そうな姿ばかりが思い出されて辛かったのですが、
時間とともに、一緒に過ごした20年弱の楽しかった事、ワンコの素晴らしかった事、
ほんとうにかわいらしかった姿・・など、本当の意味でのワンコとの想い出ばかりが
思い出されるからです。
もし、亡骸の写真をとっていたら、あんなにすばらしかった月日よりも、あの辛く悲しい
場面がいつまでも私の心を占めていたかもしれません。
ワンコが大好きだったものは、手元に残したい気持ちを抑えて火葬してもらいましたが、
月日がたった今は、寒い日でもあの服があるからさむくないね、とか
お気に入りのぬいぐるみを咥えてお空を走っているのかな?とか考えると心がやすまります(涙)

質問者様も、今はまだワンちゃんが旅立って日も浅いので、亡くなった衝撃の印象が強いのは
当然だと思います。
でも、わんちゃんはあなたに別れの悲しみを与えるために15年間一緒に過ごしてくれたわけでは
ないですよね。
一緒に暮らした日々がどれだけ、素晴らしくあなたを成長させてくれたか、そしてワンちゃんが
とても幸せだった事が、月日とともにあなたの心を満たしてくれると思いますよ。

半年前に高齢のヨーキーを亡くしました。
高齢でしたが、とっても元気でしたので、少し体調を崩してからも、
「これからすべてをかけて介護・看護する」と数ヶ月~もしかしたら1年は
犬に付きっ切りになるだろう、と覚悟したその日にあっけなく旅立ってしまいました。

私も夜の9時に亡くなった愛犬を、次の朝の9時に火葬しました。
最後の夜は一緒に眠りましたが、今巷で多くの人がブログなどに掲載されているように、
亡骸の写真をとったり葬儀の様子を録画したりは一切しませんでした。
ワンコの用品も想い...続きを読む

Q犬の腎不全について 対処方法をご存知の方お願いします。

友人のわんちゃんの話なので、はっきりしない部分がありますがお許しください。腎不全と診断されて、数値もかなりよくない状況の場合の対応について教えていただけないでしょうか。

2歳のラブラドールなのですが、嘔吐などがあり病院に連れて行ったところ腎不全だといわれ、緊急入院して1時間400cc(?)で24時間点滴を受けたそうです。その結果ますます症状はわるくなり鼻紋がなくなる(見えなくなる?)ぐらいで、もちろん歩くこともできないそうです。その病院ではさじを投げられてしまったため、別の病院で毎日往診にきてもらい点滴を打ってもらっているそうです。

このような状況では安らかな状態にしてあげるしかないのかもしれませんが、あまりにも急なことで聞いている私のほうがやりきれなくなってしまいました。医療の進歩というのもあるのかもしれないと思いますし、まったく別の処置方法ももしかしたらあるかもしれないと思って質問させていただきました。専門の方や同じような体験をなさった方、どんな情報でもかまいませんのでお知らせいただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
問題は腎不全の原因が何に寄っているかに関わります。もし原因が取り除けるなら、腎不全に対する対処(=持続的な点滴)に加え、そちらに対する治療を行う必要があるでしょう。腎不全の治療は、基本的に点滴しかありません。クレメジンは、点滴なしでも状態を維持できるくらいに回復した場合に処方するものであって、基本的には点滴治療に変わるものではなく、サポート的なものです。
No.1さんのおっしゃる透析等の治療は、やはり一時的なショックに伴う急性の腎不全のような場合に適用されるものです。慢性的に進行し、腎臓自体の機能が著しく低下している場合には、腎臓の機能を回復するような効果があるわけではありませんから、選択肢とはなりません。
ここから先は想像の範囲ですのでご参考程度に考えて頂きたいのですが、大型犬で2才という若さでの重症の腎不全というと、先天性に腎臓の機能が悪い病気が考えられます。この場合はエコーとレントゲンと尿路造影でほとんどの場合診断できると思います。この病気の場合は残念ながら先天性の腎臓の異常自体を治す治療法はありませんので、病状が進行した場合には安楽死という手段が執られるのは、ワンちゃんのQOLを考えても、仕方のない選択かもしれません。
ただし、もし今の段階で根本的な原因が掴めていないなら、それを探るために高次の医療機関の紹介を受けることもできると思いますから、担当の獣医師とよくご相談ください。

こんにちは。
問題は腎不全の原因が何に寄っているかに関わります。もし原因が取り除けるなら、腎不全に対する対処(=持続的な点滴)に加え、そちらに対する治療を行う必要があるでしょう。腎不全の治療は、基本的に点滴しかありません。クレメジンは、点滴なしでも状態を維持できるくらいに回復した場合に処方するものであって、基本的には点滴治療に変わるものではなく、サポート的なものです。
No.1さんのおっしゃる透析等の治療は、やはり一時的なショックに伴う急性の腎不全のような場合に適用されるもの...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報