プロが教えるわが家の防犯対策術!

パソコンのTVチューナーにつなげる同軸ケーブルで
太いのと細いのが売ってたんですが、これは太いほうが
良いんでしょうか?
太さは地デジ放送には関係ないですか?

A 回答 (5件)

何とも言えません。

太いから音質・画質が良くなるというものではありませんし、細いから画質が悪化する、音質が悪くなるとも言えません。確かに、太いほどシールドを多くすることで、減衰率を抑え混信やノイズを抑えることも可能です。

ただし、それは太いだけの対策がその太さの中にされている場合に限られます。
要は、単に価格を下げるために太くてシールド技術もそれなりのものを沢山重ねて作ったものもあれば、細くても高価な部材を使い低ノイズに抑えられている場合もあるのです。

一般に、同じ値段なら、太い方が安心感があります。
尚、ラバー付きの3色や4色ボールペンぐらいの太さより少し細いケーブル(LANケーブルかそれより少し太くて固いケーブル)は、主に屋内や屋外の幹線引き回しに使われることが多いのが特徴で、いわゆる普通のテレビケーブルです。線を長くしてもしっかり届くのは、このケーブルで一般的なテレビケーブルはこちらとなります。

鉛筆などの太さやそれ以下の場合は、引き回しの時に、楽で嵩張りません。外的なノイズの影響は、ケーブルの長さにおいては問題ないレベルに抑えられています。メス-メスのF型延長コネクタでケーブルの延長を繰り返すと、信号強度が普通のものに比べて早く低下してテレビが映らなくなることがあります。こちらは、簡易ケーブルのようなものです。3~5m程度であれば信号強度がよほど弱くない限りは、十分な伝送能力があります。

ただし、細い方が同じ長さでも値段が高いなら、シールドに工夫がされ、そういう問題が普通のケーブルと同等に保持されているかもしれません。


尚、断線しているなど不良品でなく十分なシールド処理が施されていれば基本的に、延長や大量の信号分岐をしない限りは、どれも大差ありません。まあ、心配なら太いものの方が良いかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
7mあるので、普通のテレビケーブルの太さのほうにしようと思います

地デジならアナログと比べて劇的に細くても大丈夫、ということでは
なさそうですね。

お礼日時:2011/11/11 11:40

太い・細いでは抽象的だが「どっちが良いか?」と聞かれれば、太い方が良いです。


ケーブルは太いほど電気抵抗が小さく、減衰や損失が少なく性能的に有利。
但し、物には限度があり、必要以上に太いケーブルは割高な上に扱いにくく無駄です。
アンテナケーブルで言うなら「5C」という規格が最適、一歩譲って「4C」ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

売り場には4Cと2.5Cがありました。
4Cにしようと思います

お礼日時:2011/11/11 11:38

太いほど減衰(弱くなる率)が小さくなります。


また、FBと付く線の方が減衰が小さくなります。

細いと取り回しはやり易いのですけどね。
使える範囲で一番太い物を使うのが基本です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
売ってるのでは4Cと2.5Cでした

お礼日時:2011/11/11 11:37

太さはあまり関係ありません。



電気屋さんが地デジの工事で品質のいい同軸ケーブルを持って来ました
その特徴は2点:

ケーブルが硬いこと(安い同軸ケーブルは簡単に折れ曲がって、ふにゃふにゃ)
両端に金属のカバーが付いていて、その内側が雌ねじになっていて、
 ねじってアンテナ端子にがっちりネジ止めするようになってます。


 安い同軸ケーブルは、アンテナ端子に挿し込むだけなので、端子がむき出しになってて
雑音を拾ったり、電波漏れがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/11/11 11:36

http://homepage2.nifty.com/3ay/doujiku.htm
【同軸ケーブル損失】

同軸ケーブルの信号減衰量は同じ信号周波数の場合は太いケーブルほど少ないことが参考URLでも分かると思います。

但し、損失量はケーブルの長さにも比例するので、テレビチューナーとパソコンを接続する長さ程度では極端な減衰量の差は出ませんので、使いやすい太さの同軸ケーブルで良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ちょうど部屋の反対側から、一旦天井に上げてから
線をとるので7mくらいあります。

お礼日時:2011/11/11 11:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアンテナケーブル 3C 4C 5C ?

最近テレビの配置を替えしました。テレビのアンテナケーブルが届かなかったので新しく長いものにしました(5Cと書いてあった)。うつらなくなりました。テレビとビデオデッキをつなぐケーブルは古いままでした(3Cと書いてあった)

いじる前
アンテナ端子-(3C)-ビデオデッキ-(3C)-テレビ
テレビもビデオを映る。

いじった後
アンテナ端子-(5C)-ビデオデッキ-(3C)-テレビ 
こんな状態です(テレビ映らない)。


アンテナ端子-(5C)-テレビ
この状態でテレビは映ります。

テレビとビデオデッキをつないでいる古い3Cを同じ5Cに変えれば
アンテナ端子-(5C)-ビデオデッキ-(5C)-テレビ で
うつるんですかね??

正確には 5C、3Cの後に何文字か付いてました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

5Cや3Cというのはケーブルの規格です。5Cの方がより良い物で、3Cと5Cの混在でも問題ありません。
今回の事象は、古い3Cのケーブルが抜いた時にでも接触が悪くなっているのだと思います。たぶん3Cを2本使ってもテレビは映らないと思います。
5Cでそろえるのがベストだと思いますが、5Cと3C(接触不良をしていない方)でとりあえずは問題ないはずです。

Q同軸ケーブルの2cの意味

お恥ずかしい質問です デジサポでお借りした室内アンテナDXアンテナ US200で地デジが移ったので同じものを用意しました ところがケーブルは別売りでした 説明書にはF型接栓加工済 同軸ケーブル2c相当の両側L型 または片側L型 片側ストレートプラグを使用するように書かれています
インターネットで検索した所 あまりにもケーブルの数が多くて困りました F型というのはなんとなく先端が加工されているものなんだなということがわかった気がするのですが、2Cの意味がわかりません
商品名にも2Cと書いてあるケーブルが私には見つかりませんでした デジサポのときはチューナーもお借りしたのですが 今回新しくテレビは地デジに買い換えます 具体的にどのケーブルを買えばよいのでしょうか?

Aベストアンサー

同軸ケーブルにはCとDのいづれかの表示があり、テレビ用の特性インピーダンス75Ωの同軸ケーブルはCで表します。また、Cの前にケーブル直径をつけて、3C、4C、5C、7Cなどと呼んでいます。同軸ケーブルの長さが長いほど同軸ケーブル内で電波が弱まってしまいます。この弱まりの度合いをケーブル損失といい、細いケーブルほど損失が大きい傾向があります。しかし、直径が太ければ良いと言うわけでもありません。一般に、太いケーブルは、高価な上、屈曲しにく、さらに、過重がかかってチューナのコネクタが破損してしまうこともあります。なにより、短い区間で、太いケーブルを使用しても、細いケーブルと、ほどんど損失に差が無い場合があります。仕様周波数にもよりますが、概ね、以下のような長さにあわせて選択するこを推奨します。


同軸ケーブルの種類と推奨用途 直径 推奨の長さ 推奨の用途
3C 3m以下※ アンテナ部品やチューナ間、ごく短い接続で使用
4C 10m以下 コンセント~チューナ機器等、メインで使用する
5C 10m~20m 一戸建てのアンテナ~コンセント、部屋間
7C 20m~50m ビル、マンション、集合住宅等の共用配線部
10C~ 50m以上 建物間の構内配線、共聴用架線(電柱の同軸電線)

                         ※BSの場合は使用不可

同軸ケーブルにはCとDのいづれかの表示があり、テレビ用の特性インピーダンス75Ωの同軸ケーブルはCで表します。また、Cの前にケーブル直径をつけて、3C、4C、5C、7Cなどと呼んでいます。同軸ケーブルの長さが長いほど同軸ケーブル内で電波が弱まってしまいます。この弱まりの度合いをケーブル損失といい、細いケーブルほど損失が大きい傾向があります。しかし、直径が太ければ良いと言うわけでもありません。一般に、太いケーブルは、高価な上、屈曲しにく、さらに、過重がかかってチューナのコネクタ...続きを読む

Q3Cと5Cのケーブルってやっぱ違いますか?

築30年の家なので、同軸ケーブルはすべて3Cで配線されてます。
地デジに移行しようと思うのですが、3Cのケーブルのままでとやっぱり画質とか悪くなるでしょうか?
すべて5Cに変えるのは、ケーブル代はそんなかからなくても壁の内側通ってたりするので大変です。
家庭で見るだけなら、もし3Cと5Cとそんな変わらないのであればこのままでもいいのかなと思うのですが・・・・?

Aベストアンサー

配線の距離や分岐の数,電波の強さなどによって差が出てきます。
ケーブルは太いに越したことはありませんが・・・
耐用年数も考慮する必要があるかと思います。
取り敢えず繋いでみてから結論を出してもいいのではないでしょうか。

QTVの同軸ケーブルは細くならない?

最近LANケーブルなどはずいぶんとスリムになってきましたが、TVアンテナの同軸ケーブルはどうして全然変わらないのでしょうか? もうちょっと細く平たくなれば、見た目に邪魔くさくなくてよいのですが。色も、LANケーブルのようなバリエーションが無いようですし。
どなたか事情をご存知の方お願いします。

Aベストアンサー

TVのケーブルは特性インピーダンスを持った同軸ケーブルですので基本的に円形以外の形状にはなりません。ケーブルの特性インピーダンスが変わってしまうと終端反射などが起きて信号が弱くなる事が有ります。難しい話になってしまいますが、翻訳すると「テレビなどの機器はあの形のケーブルを使った際にもっとも効率よく放送を受信できるように設計されているので、あれ以外の形状には出来ない」ということです。
一応厚さが最も薄いもので1mm、幅1.5cmくらいの「平行フィーダー」というケーブルも昔から市販されています。雑音が入りやすく衛星放送の電波を伝えられない、配線自体の耐久性が悪いなどの理由で現在のテレビではあまり使用されませんが、これならじゅうたんなどの下に這わせても違和感はありません。このケーブルを使用するためにはインピーダンスを75Ωから200Ωか300Ωに変更するためのマッチングトランス(整合器)と呼ばれる部品を新たに追加する必要があります。部品自体は今でも販売されています。

現在のLANケーブルも同じように、ケーブルに特性インピーダンスが有ります。この特性インピーダンスの制約を受けなければ、理論的にはマッチ棒の先くらいの太さや、紙の厚さくらいのケーブルにする事も一応は可能です。

TVのケーブルは特性インピーダンスを持った同軸ケーブルですので基本的に円形以外の形状にはなりません。ケーブルの特性インピーダンスが変わってしまうと終端反射などが起きて信号が弱くなる事が有ります。難しい話になってしまいますが、翻訳すると「テレビなどの機器はあの形のケーブルを使った際にもっとも効率よく放送を受信できるように設計されているので、あれ以外の形状には出来ない」ということです。
一応厚さが最も薄いもので1mm、幅1.5cmくらいの「平行フィーダー」というケーブルも昔から市販され...続きを読む

Q地上デジタルの受信レベルを上げるには?

1週間前に地デジ対応に液晶テレビを購入しましたが、一部のチャネルの受信レベルが低いため、画像が乱れたり、場合によっては受信不可となってしまいます。
 そこで、ブースターを交換することで改善できるか教えていただきたいのです。

 (環境)
   アンテナ : UHF/VHF/BS(CS非対応)
   ブースター : マスプロ VUBS30A(室内設置)
   視聴環境  : 地上アナログ/BSアナログも別TVで視聴したい。
   視聴地域  : 京都府八幡市
 (地上デジタル受信状況)
   朝日テレビ/関西テレビの受信レベルが35から37のため画像が乱れる。他のチャネルも40から43くらいなので時折画像が乱れる。
    BSデジタルは問題なく視聴可能。CSはチャネルにより視聴不可。ただ、CSはあまりみないので問題視していません。

 上記状況でブースターをマスプロ VU・BCブースター VUBCB40N等の利得の大きいものに取り換えれば改善されるものなのでしょうか? また、アンテナ交換も含めて検討すべきでしょうか?


         

1週間前に地デジ対応に液晶テレビを購入しましたが、一部のチャネルの受信レベルが低いため、画像が乱れたり、場合によっては受信不可となってしまいます。
 そこで、ブースターを交換することで改善できるか教えていただきたいのです。

 (環境)
   アンテナ : UHF/VHF/BS(CS非対応)
   ブースター : マスプロ VUBS30A(室内設置)
   視聴環境  : 地上アナログ/BSアナログも別TVで視聴したい。
   視聴地域  : 京都府八幡市
 (地上デジタル受信状況)
   朝...続きを読む

Aベストアンサー

文面からすると全て自分で設置・配線したようですね。

>ブースター : マスプロ VUBS30A(室内設置)

 まず、ブースターですが、電気工事店なら、ブースターは室内には設置しません。!
 ブースターは、アンテナからテレビまでの、配線および分配器に寄る損失分を増幅する物です。
 ですから、アンテナがしっかり電波を拾っていないのに、ブースターを取り付けても無駄です。

 このブースターが増幅部と電源部に分かれているのは、増幅部はアンテナ近くに設置し、
 ブースターおよびBSアンテナの電源は室内に設置した電源部から送るためです。

 写りが悪いときの対応は、基本に返りアンテナは全て屋根の上に・・・ 強電界地域なら別ですが
 ブースターの増幅部は、アンテナから1m離してポールに取り付けます。
 ここで室内の損失分を利得調整するのです。自動で利得調整するものも有ります。
 ブースターは混合器内蔵ですから、このブースターに、VHF・UHF・BSのケーブルを差し込みます。
 このブースターから1本の同軸ケーブルで宅内に配線します。

 2部屋以上で見るのなら途中に分配器を・・・
 部屋では、分配器・分波器を使い分けてください。

 アンテナ・配線等の器具はアナログがきれいに写っていたのなら、問題ないです。
 アナログもデジタルも周波数帯は同じですから・・・・
 ブースターの一を変えてもダメなら、アンテナの方向を調整しましょう。
 中継局の方向に小高い丘等障害物が有るのなら、UHFアンテナを高くしてみるのも・・・
 近所の家がそんなに高くないのなら大丈夫ですが・・・

 なお、分配器による損失が。例えば4分配なら1/4になると言うのは間違いです。!
 私なんか、元で8分配、部屋で5分配していますが、そんなことになったらとてもじゃないですが、写りません。
 分配器のカタログ等に、1端子の分配損失が書かれています。
 その分だけ低下するのです。
 これは、4分配に2つしか繋いでいなくても損失は同じです。!




 

文面からすると全て自分で設置・配線したようですね。

>ブースター : マスプロ VUBS30A(室内設置)

 まず、ブースターですが、電気工事店なら、ブースターは室内には設置しません。!
 ブースターは、アンテナからテレビまでの、配線および分配器に寄る損失分を増幅する物です。
 ですから、アンテナがしっかり電波を拾っていないのに、ブースターを取り付けても無駄です。

 このブースターが増幅部と電源部に分かれているのは、増幅部はアンテナ近くに設置し、
 ブースターおよびBSアン...続きを読む

Q壁や壁紙を傷つけないケーブルの引き回し方法

スピーカケーブルや同軸ケーブル等を束ねて引き回す際に、壁や壁紙を傷つけない方法はないでしょうか?

※以前、100均で売っていたケーブルガイド(?)を両面テープで壁に貼り付けていましたが、剥がす際に壁紙も剥がれてしまいました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ケーブル重量が軽いものであれば、お手軽には、コマンド・フック
http://www.mmm.co.jp/diy/command/index.html
を使うことでしょうか。

跡無く簡単に剥がせます。
ただし、特に壁紙などは表面がデコボコしていて粘着力が足りないせいか、ケーブルの重みで、意図せず、何ヶ月かで、やがて剥がれてきます。
また、重量の大きなケーブルなどや、多くの線を束ねて重いものも、無理がありますけど。

QTVケーブルが邪魔。無線化は可能ですか。

よろしくお願いいたします。

現在、壁からTVへ同軸ケーブルで接続しております。
TVの移動に伴い、ケーブルが邪魔になってしまいました。
無線で可能かと思い調べてみたのですが、
「PCと一緒に」的なものしか分からず、ここへ相談した次第です。

あくまでTVのみの使用と考えて(PC無し)、
壁からTV間の同軸ケーブルを無線化することは可能なのでしょうか。
(家庭用のルータ程度なら、無線機器を設置するスペースはあります。)

TVの型番は
HITACHI WOOO
L32-WP03
という物です。

以上から、何か良い案、物はございますでしょうか。(コスト低いと嬉しいです)

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

地デジ電波やBS/CS電波の再送出(再送信)は電波法にて免許が必要と定められているため、基本的にはそのような製品はありません。

ただ、UHFであれば、ブースターに微弱電波再送信機能(微弱であるため免許不要)が搭載されているものがあったりもしますので、それを使用してTV側に室内アンテナをつければ、「運が良ければ映る」かもしれません。
運が良ければ映る、というのは、この製品でも良好な受信を得ようと思ったらこのブースターから1m以内に受信側があることが望ましいからです。
しかも、これも対応しているのはUHFのみですので、BS/CSは視聴できません。
製品の例 EXEMODE VHF/UHFブースター B660
http://www.exemode.com/product-exe/tv/b660.html

諦めて、「細くて取り回しのいいケーブル」等を使用するしかないでしょう。
参考 http://www2.elecom.co.jp/avd/cable/av-atls/

以上、ご参考まで。

Qアンテナケーブルと同軸ケーブルの違いについて

アンテナケーブルと同軸ケーブルは同じなのでしょうか。それとも質がちがうのでしょうヵ。教えてください。

Aベストアンサー

アンテナケーブルと同軸ケーブルの違いについて

先ずはアンテナとは

電気信号を電波(電磁波)に変換して空間に放射したり、また空間にある電磁波をとらえて電気に変換する役割を持つ装置のことを示します。そこでその電磁波(電気信号)を必要な機器(例 TV、ラジオ、携帯・トランシーバー等)に機器でアンテナ(金属体)から受けた電気信号を機器内で変換して必要に応じて音声や映像などにするものです。
そこで必要になるのが、電磁波の送受信機能を、持った機器がアンテナという物です。

そのアンテナから電気信号を各機器へ送(受け)る線が『アンテナケーブル』と云うものです。

同軸ケーブルとは

例えば、TV用アンテナで受けた電気信号(電磁波)をTVやラジオなどへ送る役目をしている線の事を総称して、アンテナケーブルと言っているのです。そのアンテナケーブルには幾つか種類がありそのうちのひとつが、同軸ケーブルと云う訳です。

現在では、同軸ケーブルの中にはデーター通信など様々な用途に使われております。
ノイズが少なく伝送効率に優れており、無線機・パソコン用通信ケーブルなどにも過去には使用されておりましたが、現在では無線通信が全盛のようです。しかしTV機器とアンテナをつなぐ線は、同軸ケーブルで接続されており、同軸ケーブルの中心に導体(銅線)があり絶縁体を挟んでその周りには円筒形の外部胴体がある。平衝対ケーブル(別名:平ケーブル)と比べると外部からのノイズに強く、高周波域での減衰が少ない利点がある。

大雑把に言うとアンテナケーブルと云う線のなかの一種類が、同軸ケーブルなのです。

さらに乱暴に例えるなら川から水を引く時、ただ土を掘って引き入れるか、塩ビ管を通して引き入れるかの違いがあります。塩ビ管であれば、外部からのもれこみ(ノイズ)がありません。その意味で同軸ケーブルが使われております。

BS放送などは、電波の周波数がGHz(ギガヘルツ)帯を使用の為外部のノイズに非常に弱いのです。

アンテナケーブルと同軸ケーブルの違いについて

先ずはアンテナとは

電気信号を電波(電磁波)に変換して空間に放射したり、また空間にある電磁波をとらえて電気に変換する役割を持つ装置のことを示します。そこでその電磁波(電気信号)を必要な機器(例 TV、ラジオ、携帯・トランシーバー等)に機器でアンテナ(金属体)から受けた電気信号を機器内で変換して必要に応じて音声や映像などにするものです。
そこで必要になるのが、電磁波の送受信機能を、持った機器がアンテナという物です。

そのアンテナ...続きを読む

Qアンテナ線の太さ

スカパーのアンテナ線を短くしようと思います。
F型接栓を取り付けたく購入したいのですが、太さがわかりません。
被膜には表示がないのです。
このアンテナ線の太さを知る方法はありますでしょうか?
一応、被膜ごとノギスで測った直径は約6mmです。
表示のあるアンテナ線(4c)とほぼ一緒です。
4Cのパーツで大丈夫でしょうか?
それとも、もっと確実にサイズを知る方法がありますでしょうか?
素人質問ですが、何卒宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ノギスと言う言葉を使用していますので
知識があると判断して回答いたします。

Φ6.0ということなのでF-4C-FBで間違いないと思います。
従って4CのF型接栓を使用して下さい。
https://www.furukawa.co.jp/tukuru/pdf/densetu/pdf/5/5_3.pdf

電線メーカはJIS製品を作っていますが、それ以外にも
JIS規格以上の製品も作っています。
いわゆる規格以上、 MADE IN JAPAN 製品です。

短くするのが屋外側か屋内側で、防水というか空気も入らない
処理が必要です。
屋外なら自己融着テープなどによる処理が必要です。
短期なら大丈夫ですが経年により芯線が酸化してきます。

OEMによる大量生産品は仕様の表示がないことが多いので困りますね。

Qアンテナ線の75Ωと300Ωの違い

アンテナ線の75Ωと300Ωの違いは、何なんでしょうか?
何が75Ωと300Ωなのでしょうか?アマチュア無線では、
50Ωいうのも聞きます。
周波数や配線の距離にも関係するのでしょうか?
大変初歩的な質問ですが、お教え下さい。

Aベストアンサー

補足ですが。

同軸ケーブル50Ω75Ω(3C.3D.5C.5D....)と平衡フィーダー(200Ω300Ω)は、m当たりの減衰量が違います。距離が長いと減衰が多くなります。
正確な数字は忘れましたが、減衰量の少ないのが200.300Ωの方です。
電界強度を優先するときは平衡フィーダーを用い、外部雑音等を優先するときは同軸ケーブルを用います。同軸は種類が沢山ありますが簡単に言うと最初の数字が多い方が減衰が少ないと思って下さい。

今は殆どの場合同軸を使用しますが、CTVのアンテナの大半は300Ωベースで設計され、内部にマッチングトランスを内蔵して、使用用途に合わせ変更が出来ます。


UHFアンテナの大半は200Ωで設計され200フィーダーと同軸が接続できます。
その名残が少し古いCTV、VTRに残って背面に300Ωの端子があります。
ケーブルが同軸で接続端子が300の場合はマッチャーを用いインピーダンス変換をします。

今は、アンテナからの信号は混合され、CTV、VTR内部にセパレーターが内蔵され殆どフィーダーは使用されていません。

参考
市販されているFMのアンテナで300Ωのフィーダーを使用している物があります。T字形したアンテナのエレメントとなる-の両端は短絡され折り返しダイポールアンテナで300にマッチングしています。
アンテナ関係はアマチュア無線の本を読まれると良いと思います。
テレビ関係であれば、家庭電子機器を参考にして下さい。

補足ですが。

同軸ケーブル50Ω75Ω(3C.3D.5C.5D....)と平衡フィーダー(200Ω300Ω)は、m当たりの減衰量が違います。距離が長いと減衰が多くなります。
正確な数字は忘れましたが、減衰量の少ないのが200.300Ωの方です。
電界強度を優先するときは平衡フィーダーを用い、外部雑音等を優先するときは同軸ケーブルを用います。同軸は種類が沢山ありますが簡単に言うと最初の数字が多い方が減衰が少ないと思って下さい。

今は殆どの場合同軸を使用しますが、CTVのアンテナの大半は30...続きを読む


人気Q&Aランキング