最新閲覧日:

ハリーポッターのように、子供も大人もドキドキするような本は
ありますか?
連休前にハリーと同じ年になる子供にこの本を紹介したんです。
知っている子、知らない子もいましたが、夢のある話が大好きな子は
目を輝かせていました。もっといろんな本を紹介してあげたいです。
最近は、テレビゲームばかりをしていて、出来上がった映像をみている
子供たちに、文字を読み、それを頭の中で映像化してほしいと
思っています。
ハリーポッターのように読みやすくて冒険いっぱいの本があったら
教えてください。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

テレビゲーム、RPG好きな子供には、異世界ファンタジーものなんていかがでしょう。


頭の中で、暗い洞窟や夜の森を彷徨う気分は、視覚に頼るテレビゲームやコミック、アニメでは味わえないものです。

今回は、G.マクドナルドの「王女とゴブリン」「王女とカーディー少年」あたりを・・・。
ゴブリンの洞窟をうろうろと出口を探して歩くくだりは、湿ったにおいとともに今も記憶に残っています。

ジュリー・アンドリュース「偉大なワンドゥードルさいごの一ぴき」、神沢 利子「銀のほのおの国」など、ナルニアシリーズのように普通の子供たちが異世界へ入ってしまうお話もわくわくします。

あと、日本の作品では、いぬいとみこの「山んばと空とぶ白い馬」も印象に残ってます。

動物好きの子にはシートンや、戸川幸夫、ドリトル先生シリーズですね。
太平洋戦争で軍用犬にとられた五郎と徴兵された主人の物語、柚木 象吉「ああ!五郎」も涙しましたね~。

舟崎克彦の「ぽっぺん先生と帰らずの沼」から始まる「ぽっぺん先生」シリーズもユーモラスな絵と読みやすい文章の割に、含蓄のあるお話で大好きですしたし・・・って、なんちゅーまとまりのない回答(^_^;

こどもの時の方が集中力が高かったし、今は余計な知識が増えたせいで、再読しても、当時ほどどっぷり物語世界にひたれなかったりするのは、寂しい限りです。
もっと、もっと読んでりゃよかった。(TT)

この回答への補足

アンケートをしました。
どれも人気があったのですが、一番人気はホビットの冒険、
2番は冒険者たちガンバと15ひきの仲間
3番が料理少年、王女とカーディー少年でした。
男の子が多いせいでしょうか。

補足日時:2001/05/11 15:25
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2度にわたるお返事ありがとうございます。
いやいや、タイプ別に書かれていて大変わかりやすいです!

子供たちに今まで読んだ本は何?とたずねて
子供たちの傾向を調べてみます。

>もっと、もっと読んでりゃよかった

ほんと、今そう思ってます。
昔読んだ本を読みなおそうと思って押入れからだすと
「ホビットの冒険」がでてきてビックリしてます。
読むきっかけがあったのに読まなかったんですね。
読んでいたら、当然、岩波少年文庫の他の書籍も
見ただろうし、残念です。

他の本のあとがきをみなおしてみると
ここで紹介された本について触れていたりと
もったいない事をしたときづかされました。

ちょっと関係ないのですが、ジュリー・アンドリュースは
サウンド・オブ・ミュージックのジュリーですか?
違いますよね。(笑)

お礼日時:2001/05/07 19:02

斎藤洋に、はまっているなー。

小さい子には「なんじゃひなた丸」シリーズ、面白いよ。令丈ヒロ子の「料理少年」シリーズも、とっつきやすいと思う。ちょっと高学年向けになるけど、ウルフ・スタルクもお奨め。図書館で検索してみて。
本を読むのが苦手な子に、聞いてわかったのは、長い文章って、読むの大変なんだってこと。だから、中高生の頃は、そういう子には、フレドリック・ブラウンや、星新一を、貸していた。ショートショートから、短編へ、中篇へって、進めていくと、文章を読むことが苦じゃなく、中味を楽しめるようになるみたい。本の好きな子、増えるといいね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

貴重なご意見ありがとうございます。大変参考になりました。
もう少しだけ、締め切るのを伸ばします。

自分があまり本を読まなかったのはなぜだろうと考えると、
それはすぐにしんどくなったからです。
ま、そのしんどさも忘れるくらい夢中になった本も確かにあるんですが、
それほど読書家ではなく自分の好きなジャンルしか読んでませんでしたね。
子供のころは遊ぶのに精一杯で本を読む習慣がなかった。
素晴らしい本があるにもかかわらず。
ふと、子供のときを振り返ると自分と親近感がもてた本は愛読してましたね。
「おちゃめな双子」シリーズや「赤毛のアン」は学校生活であったり、
友達関係であったりと登場人物の心理が理解しやすかったです。
「ハリー」が面白いと思ったのもそのせいかもしれません。
登場人物が実生活とダブることが多いので楽しみましたね。

自発的に読む子もいますが、きっかけがあって興味を持たないと
読むまでに至らない子もいますよね。私は後者でした。
そんな子のきっかけ作りに役立てれば、うれしいですね。
「ハリー」を買ってもらったとうれしそうに学校で読んでる子をみて
もっと何かあるだろうかと思ったので、皆さんがあげたれた書籍をさがしに
図書館へGO!!!です!!

お礼日時:2001/05/07 13:01

たくさんあるのですが、とりあえず、


岩波書店「冒険者たち―ガンバと15ひきの仲間」斎藤 惇夫 著
「ガンバの冒険」というアニメをご存知なら話は早いのですが・・・。原作本です。
小学生の頃、図書館で読んだのですが、その後、誕生日プレゼントにシリーズ全3冊買ってもらいました。
白イタチに立ち向かうネズミたちの冒険物語です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「ガンバの冒険」の原作なんですね!
私は似てるけど違う話だと思ってました。
参考になりました。ありがとうございます!!

お礼日時:2001/05/07 12:18

ミヒャエルエンデの、「ジムボタンの機関車大旅行」と、「ジムボタンと13人の海賊」はおすすめです。

子供が塾から借りて帰った本なのですが、私の方が夢中になって、2冊とも買ってしまいました。
エンデのデビュー作品ですが、さすがエンデ、おもしろいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
あらすじを読んでみました。
本当におもしろそうですね!!!
おお、これは!!という気になってます。

お礼日時:2001/05/07 12:14

「妖精王の月」補足です。


これは少女だけではなくて少年にも大丈夫だと思います。
ちなみに、”帯び”には「カナダの青少年がその年、
一番おもしろかった本を選ぶルース・シュワッツ賞の
1994年度受賞作」と書いてありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私のはやとちりですね!!!
わざわざ、補足してくださりありがとうございます。
男の子にも大丈夫なのはうれしいです。

お礼日時:2001/05/06 11:29

E.L.カニグズバーグ 「クローディアの秘密」


少女クローディアとその弟が家出をし、ニューヨークのメトロポリタン美術館の中で暮らす話。

フィリッパ・ピアス 「トムは真夜中の庭で」
子どものいない親類の家に預けられ、退屈しきったトムがある晩13回鳴った柱時計の音に誘われてアパートの庭に出てみるとそこは全く別の庭になっていて、全く知らない人たちが生活していた。

アーサー・ランサム 「ツバメ号とアマゾン号」シリーズ全12册
イギリスの湖畔で小さなヨットを持ち、夏休みの冒険を繰り広げる子どもたちの話。

どれも子どもの頃、本当にワクワクしながら読みました。
ぜひ今の子どもたちにも読んでもらいたいです!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どれもドキドキします!
「クローディアの秘密」なんて美術館というのもあって、
図工の時間にはいいですね。
メトロポリタンの絵を見せてこの本を紹介するという
構図が浮かび上がります!
自分で選ぶとやっぱり趣味にはしるので、そのタイプの本が
すきな子はいいですが、そうでない子もいますよね。
けれど、上記の3つは受け入れてもらえそうです。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/05/05 16:00

こんにちは。


J.R.R.トールキンさんの『指輪物語』などもとても素晴らしいお話ですが、ちょっと大人向けというか、小学校低学年とかだときびしいかな?というところなので、その前フリ(笑)にあたるお話、岩波書店刊『ホビットの冒険』などもよろしいかと……。

これは最近新訳ということで『ホビット』というのが出てますが、こちらではなく、ナルニアと同じ瀬田貞二さんの訳である『ホビットの冒険』のほうを強くオススメ致します(新しい訳のファンの方すみません/汗)。

他に、既出の『はてしない物語』『ナルニア国ものがたり』『ゲド戦記』は私も読みました。
みんな素晴らしい本です。
これらすべて、私も子供が大きくなったら読ませたいと思っているので、大事に保存しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「親」としての意見が聞けてうれしく思います。
自分が良かれと思って紹介したものの、本当に良かったのかなと
思うことがあったのです。
空想の世界だけではなくいろんなジャンルの楽しい本を読んで
「自分」を広げていってほしいものです。
私自身、漫画しか見てなかったので、今の子供には
早い時期に素晴らしい本に
出会ってほしいものです。

お礼日時:2001/05/05 15:52

最近、私が読んだ本ですが「ネシャン・サーガ ヨナタンと伝説の杖」というのがとてもおもしろいですよ。

出版社は児童書で定評のあるあすなろ書房です。
まだハードカバーしかないので少しお高いのですが、ハリポタ位の厚さですので大人でも子供でもとても読み応えがあると思いますよ。

ネシャンという涙の国、少年は謎めいた伝説の杖を持ち海を、陸をと冒険します。
全ては「裁きの司の書」にしたがって・・・

去年の冬に出た本なのでハリポタの様にじわじわとこれからベストセラー間違いなし!・・・かな?  お勧めです!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!
これからと感じさせられる作品か!期待大です!
書店を探してみます。個人的にはハードカバーは大好きですが、
子供に薦めるとなると高いと抵抗ありますね。
ハリポタもハードカバーで高いので、買ってくれなかったと
言う子もいました。でも良い本は家に置いときたいですよね。
参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/05/05 15:36

「ナルニア国ものがたり」


C.S.ルイス 作
瀬田 貞二 訳
岩波書店

どの巻も素晴らしい。

参考URL:http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/11/9/114034-.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私も一度読まなくてはと思いました。
参考になりました。

お礼日時:2001/05/05 15:30

アーシュラ・ル・グインの「ゲド戦記」はいかがですか。

もともとは子供向けのようですが、大人が読んでもかなりおもしろいと思います。(大人も楽しめる「物語コレクション」のシリーズも出版されています)
やはり魔法使い関係の冒険ものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一度読んでみます。
子供に薦めたいけど、買うのは多分大人(親)なので、
大人も楽しめる作品だと説得力がありますね。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/05/05 15:27

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ