【お知らせ】まとめて検索などの提供終了

現在DVDレコーダーは所有してるのですが、VHSのビデオテープを
デジタル化するためにBDレコーダーを買うかどうか迷ってます。

というのも、ソニーのBDレコはアナログ入力をMPEG4の高解像度で取りこめるみたいなのです。
DVDレコだとMPEG2の720×480を9Mぐらいまでしか取り込めないですが、
ソニーのMPEG4だとHD解像度高ビットレートで取りこめる、もしくは同じビットレートで
容量を少なくできるという利点があります。

とは言え「VHSは元があんまりキレイじゃないので高解像度て必要ない」という意見も
よく聞きます。実際の所どうでしょう?


ちなみに最終的にはHDDに移すのでDVDとBDのメディアの違いはどうでもいいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

VHSテープが大量にあるのであれば、パソコンのデータとして取り込み管理するほうが


家電を応用するより効率的なはずです。
そのための装置は、数社からこの数年の間に発売されていますし
昔からあるキャプチャカードでもできます。

取り込み解像度自体は720x480か640x480が適切です。
充分とかではなく、もともとの撮影に使われたカメラのスペックが
720x480相当の性能でしか無かったので、アナログ放送では
それを超える高解像度取り込みはナンセンスなのです。

また640x480と720x480の差はほとんどわかりません。
逆に、表示アスペクト比に対して、画素数比が違ってくる720x480は
環境によっては、横長に伸びて表示されるので、少しだけ扱いにくくなります。


PCでMPEG4系の圧縮技術を使うには、いろいろ手間や知識が必要ですが
ソフトウェア自体は、無償のものでもffmpegやそれを応用したソフトで可能ですし
管理性とバックアップ性において、PCは家電に大きく優っています。


ただし、既に地デジへの移行が終わっているわけですから
DVDレコーダーからBDレコーダーに買い換えるというなら
この年末商戦は、市場も落ち着いて、いいものを安く買えるのかもしれません。


私自身は、家電に組み込まれた日本特有のコピー制限の仕組みが承服しがたいので
当面は地デジ対応家電を導入する予定はありません。
正直言えば、BDレコーダーの機種ごとの違いには興味が無いのでよく知りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはりあまり高解像度では意味がないのですね
ありがとうございました

お礼日時:2011/12/12 19:04

(日本の)VHSは元々NTSCのアナログ放送規格に準じています。


走査線は525本で実際に表示されるのは485本。で、インターレース。

つまり、縦の解像度は485となるのでドット数の解像度に直すと640*480または720*480程度でしかありません。
HD解像度は最大1920*1080。
アスペクト比が違うのでHD解像度がフルに使用されるわけではない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
参考になりました

お礼日時:2011/12/12 19:03

この辺りを参考にしてみては?




http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6056203.html

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6056203.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました
ありがとうございました

お礼日時:2011/12/12 19:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプロ並みのVHSからDVDへダビング方法

VHS DVD ダビングで一般的な機器ではある程度の劣化は免れないという事実を知りました。

幼少の頃より撮りためていた自身・家族・親戚の数千本のVHSを出来るだけ劣化しないで
DVDもしくはBDに移送することはできないでしょうか。
機器の購入代金上限は200万円まで拠出することが可能です。

デジ物に強い方、プロの方の具体的なアドバイスもしくは機器の紹介をお待ちしております。
どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

根本的にVHSは画質が良くありません。ブラウン管TVの表示方法と補正で何とか見られる絵になっていたに過ぎません。
試しに超解像がない大型のTVで見てください。それが素のVHSの画質です。
VHSのSPモードで水平解像度が約240本。EPで約200本。メーカーによっては200本以下のものもありました。これはデジタル化の解像度では320×240程度です。
S-VHSのSPモードで水平解像度は約400本以上。但し大抵は380本程度。EPモードでは約350本程度以下が大半。デジタル化の解像度に換算すると640×480程度です。
DVD-VIDEO規格内のMPEG2PSのターゲットはS-VHSやLDであり、直径12センチディスクに同等の画質を再現することを目的としたものです。そのためにVHS程度の収録では十分な性能です。
VHSが元の解像度はデジタルの解像度で換算すると320×240程度ですが、デジタルのようにブロック化しているわけではないのでそのまま320×240の解像度のモードで記録すると大幅に画質が劣化します。これはこの解像度に対応した映像ビットレートが低すぎるからです。
これはMPEG系の圧縮方式が15フレーム相関での圧縮であることから、動きや画面の急激な変化に追従するには高ビットレートが必要となると言う根本的な欠点があるためで、DVD-VIDEOに採用されたMPEG2PSにおいても動作が確保されているのは2000Kbps以上、レコーダーのLPモード以上となります。
miniDVに採用されたDV-AVIの方が1フレーム内の圧縮であったので、その面ではMPEG2よりも高画質でしたが、如何せん圧縮率が低いために1時間で13GBも消費するので、これでは収録する器が当時はHDDかテープ媒体しかありませんでした(今ならばBDがあるけど)。
たとえVHSであっても、取り込みの際は720×480を選択し、映像ビットレートはVBRで平均4000Kbps以上。CBRで6000Kbps以上無いとブロックノイズの散見する見辛い画像となります。
レコーダーのSPモード、あるいはXPモードでも十分過ぎます。
元が320×240程度なのでDVDレコーダー側の内部処理で実際はアップコンバートされています。
アナログのデジタル化の際の画質劣化は量子化の時点で端数を切り捨てるために細部情報が削られることと、元のアラもそのまま収録するために気づかなかったVHSのアラに気づいてしまうことにあります。
アナログのダビングでは補正は再生、録画双方でかけると画質劣化を招きましたが、デジタル化の場合は逆です。できるだけ補正をかけてノイズが少なく、しかもシャープネスを効かせた画面にして取り込むことが必要です。

デジタル化は素材以上の画質にはなりません。
多少は繕うことはできますが、そのためには再エンコードは不可欠となるためにできるだけ高ビットレートで収録することとなります。
アナログビデオキャプチャーが全盛期であればMPEG2PSで、DVD-VIDEO規格以上の最大15000Kbpsでの収録が可能なものもありましたし、DVフォーマットで取り込みが可能なものもありましたが、すでに末期に突入しているため、これらビデオキャプチャー分野もDVD-VIDEO規格に準じたMPEG2PSでの取り込みしかできないものばかりになっています。
またアナログビデオにはジッターや時間軸ズレが付き物で、ブラウン管TVではTV側の回路で画面のゆらぎや揺れを吸収していたのですが、これら安価なビデオキャプチャーにはそれらを補正するTBC(タイムベースコレクタ)がありません。
これが有る無しでは画面の安定度に差が生じます。VHSのSPモードならばそれほど目立ちませんが、EPモードは画面が歪むことも珍しくはありません。
このジッターや時間軸のズレに関しては記録機でも、再生機でも生じます。録再が別の機種の場合はその揺れが顕著になる場合もあります。
これらを排除しないと、デジタル化では動くものは全て情報と判断するので、データ容量が膨れ上がり、画質も劣化します。
PCを使用するよりも、むしろレコーダーを使用した方が画質は良好になります。レコーダーには3次元Y/C分離、3DDNR、簡易TBCは常備されています。

DVDよりもBDとの意見もありますが、BDの利点は容量だけです。
VHSならばフォーマットではDVDが分相応です。
BDも初期にはDVD同等のフォーマット(MPEG2PS)で収録できるモードがあったのですが、その後MPEG2TSとH264/AVCにだけとなりました。
またメーカーによってはアナログ入力はDVD録画モードしか使えず、BDに収録するには再エンコードが必須となる場合もあります。
DVD化前提ならばパナソニック、BD化前提ならばソニーのレコーダーを選定した方が良いでしょう。

但しアップコンバートですが、DVDでも面積比で約2倍に拡大していたのが、BDともなると30倍に拡大となります。それだけアラの部分も拡大されることとなります。
アップコンバートは基本はデジタルズームでの拡大とシャープネスの組み合わせで細部情報の見かけを補正する技術です。万能ではありません。
元が良好なノイズの少ない画質の場合はBDビデオソフトと見紛うほどにもなりますが、ノイズだらけの映像は逆にザラザラでVHSの3倍モード以下とも言えるような画像になる場合もあります。
アップコンバート処理は飽くまでも一旦デジタル化した後の処理で、再エンコードは免れません。
ノイズリダクションも併用が必須です。
ノイズリダクションを効かせるとシャープネス効果が薄れ、シャープネスを効かせるとノイズリダクション効果が薄れるとの相反する効果のフィルタですので落とし所が困難です。経験が必要となります。単にDVD化するよりも解像度が高い分BD化の方がハードルが高くなります。
これはBDソフト制作現場でも同様で、古い映画などはリマスターから編集、色再現などを追求した各種フィルタ処理を施すとそれこそ数千万も費用がかかります。そのために旧作のBD化の進行度合いが遅く、確実に捌けると推測できるものだけがBD化されるとの状況です。
プロはそこまで再現性にこだわりますが、同等の機器、アプリケーションを揃えるとなるとそれこそスタジオを構える覚悟が必要となり、それこそ現実的ではありません。

最大の難問は時間です。
VHSはファイル化されているデータではありませんので、取り込みに相応の時間がかかります。
編集とオーサリングの時間を総合すると、慣れれば2時間もので1本計3時間程度で作業は完了して残るはDVDへの書き出しともなります。カット編集もしないし、チャプターも設定しないのならばもっと短時間で済みますが、慣れない内は失敗もありますし、1本のDVDを完成させるのに4、5時間かかることもあります。PCの場合はソフトのエラーがあったり、そもそも取り込みに失敗していたり、ファイルのヘッダーが破損していたりと様々なトラブルが必ず生じます。
数千本も取り込み作業をしている時間はありますか?
またVHS機自体すでに新製品はありません。旧製品、中古での活用が前提で、ヘッド自体の寿命も新品のヘッドで約2000時間。周辺の走行系は若干バラつきがあり2000時間以上持つものもあれば、それ以下の場合もあります。つまり120分テープを1000本ダビングしたら機器の方が寿命が尽きる計算となります。
修理を考えても、すでにVHSの修理サービスは終了しているところが多々あります。修理サービスが継続されていても、機種によっては部品在庫が尽きて修理不能のものもあります。

ビデオテープの量を考慮すると業者に頼むのが一番現実的です。
但しDVDソフトやBDソフトを制作しているメーカーと異なり、業者は手持ちの民生用機器やPCなどでキャプチャーしてDVD-RやBD-Rに書きだしているに過ぎないので、自分で行った場合と画質が大差ないことになるでしょう。
業者にしても再生機器のメンテナンスの問題は必ず生じます。
また2014年春にはアナログ映像入出力端子全廃が控えています。それ以降の機器ではコンポジット映像入出力も無くなります。
VHSのデジタル化はそろそろ末期に突入していると考えた方が良いです。
時間との闘いに突入しています。

取り掛かりが7、8年は遅かったですね。

根本的にVHSは画質が良くありません。ブラウン管TVの表示方法と補正で何とか見られる絵になっていたに過ぎません。
試しに超解像がない大型のTVで見てください。それが素のVHSの画質です。
VHSのSPモードで水平解像度が約240本。EPで約200本。メーカーによっては200本以下のものもありました。これはデジタル化の解像度では320×240程度です。
S-VHSのSPモードで水平解像度は約400本以上。但し大抵は380本程度。EPモードでは約350本程度以下が大半。デジタル化の解像度に換算すると640×480程度です。
DVD-VIDEO規格...続きを読む

Q3~4時間のS-VHSの番組を、画質・音質を維持したままDVDに保存し

3~4時間のS-VHSの番組を、画質・音質を維持したままDVDに保存したいです。

ある番組を標準モードで録画したS-VHSのビデオテープが2本あります。
それらを1枚のDVDに保存したいと考えています。

標準モードで録画した3~4時間のS-VHSをDVDに保存するとき、単純計算ではビットレートを下げなければいけませんよね。
一般的にいって、3~4時間の番組をDVDに保存する場合、ビットレートはどれくらいにしなければならないのでしょうか?その時のビットレートの値はS-VHSの標準モードと比べるとどうなのでしょうか?

画質・音質を維持したまま標準モードで録画したS-VHSの3~4時間の番組を、1枚のDVDに保存することは可能ですか?
素直にBDで保存した方がよいのでしょうか。

また、標準モードで録画した場合のS-VHSの画質・音質のビットレートの値も教えていただけますか?

Aベストアンサー

はじめまして。

S-VHSのSPならばレコーダーのSPモード。
MPEG2ならばVBR4Mbps(ピーク8Mbps)~VBR5Mbps(ピーク9.4Mbps)辺りとなります。
VBR4.5Mbps+MP1-L2の224Kbpsで丁度1層ディスクで2時間収録となります。

2層ディスクを使用する手もありますが、如何せん2層は互換性は劣るは不良は多いはコストは高いはでオススメできません。
ムリに1枚に収めようとすると破綻するので、ここは2枚組にするのがベストです。
MPEG2は720×480でビットレートを2Mbps程度まで落とすと、かなり映像が破綻します。素早い動きのシーン、パンなどでは輪郭がグズグズになります。
352×480以下の解像度に設定する必要があり、そうなるとボケます。また輪郭近辺のモスキートノイズも増加するので、S-VHSのSPモードの良さは完全に死にます。
DVDならば、ね。

動きに関してはNo.1の方の回答がベストです。
本来はDV-AVIがベストなのですが、容量の関係で非現実的です。
DVDのMPEG2PSにしてもH264/AVCハイプロファイルにしてもMPEG系は全てフレーム相関、10~20フレームでの圧縮なのでどうしても動きや急激な画面変化には弱点を抱えているのは確かです。

BD収録の場合は注意点があります。
XP、SP、LPなどの従来モードで収録すると書き出しはDVDに限定される場合があります。パナソニックがコレです。
またSONYでは全てがDRかAVCモードでの収録となりますので、今度はDVD書き出しの際に高速でのDVD書き出しは不能となります。AVCモードならば8Mbps程度で充分でしょう。
更に注意点はこれらAVCモードを使用してもHD(ハイビジョン)化されるわけではありません。解像度はSDのままです。
アップコンバートで記録するレコーダーは現状ではありません。
意外とシャープのSXP(12Mbps)がBDにMPEG2を収録するのには最適でしょう。

さもなくば一部動画編集ソフトでSDの擬似HD化するソフトもあります。一旦ビデオキャプチャーでMPEG2で12~15MbpsでPCに取り込んで、それらのソフトで擬似HD化してBDにするとの手段もあるにはあります。

一部ソニーやシャープを敵視した記述の回答もありますが、表示部と記録機は別物です。どうも世界で最初にSDをHD化を民生機に採用したのがSONYだと知らない方のようで。
SDの映像でもDVDのXPモードならば40インチオーバーの画面で観てもそれなりに安定しています。相対的に言うならば昔のTVでVHSのSPモードを観ている感覚になります。つまり若干ピンは甘くなります。
DVDのSPモードだと暗部のブロックノイズが明確になり、少々見づらくなります。
32インチ以下でしたらそこまで神経質になる必要はありません。
超解像はデジタルズームで引き伸ばして、シャープネスと補完で擬似HDにして表示する技術です。前述のHD化可能なアプリケーションも同様の技術で変換します。但しシャープネスの度合いに気をつけないと、逆に映像は破綻します。ギラギラの画面になります。

当方は面倒なのでレコーダーの場合はSPモード以上。キャプチャーの場合はVBR4Mbps以上で収録しています。何せ本数が多いのでこだわっている暇がありません。
それで満足できるS-VHSのSPモード相当の画質なので充分だと思います。

はじめまして。

S-VHSのSPならばレコーダーのSPモード。
MPEG2ならばVBR4Mbps(ピーク8Mbps)~VBR5Mbps(ピーク9.4Mbps)辺りとなります。
VBR4.5Mbps+MP1-L2の224Kbpsで丁度1層ディスクで2時間収録となります。

2層ディスクを使用する手もありますが、如何せん2層は互換性は劣るは不良は多いはコストは高いはでオススメできません。
ムリに1枚に収めようとすると破綻するので、ここは2枚組にするのがベストです。
MPEG2は720×480でビットレートを2Mbps程度まで落とすと、かなり映像が破綻します。素早い動き...続きを読む

QVHSキャプチャ時のほどよい画素数、ビットレート

標準、三倍速で撮ったVHSビデオが大量にあります。
これをキャプチャする場合、一般的に標準、3倍それぞれ画素数、ビットレートはいくつに設定するのが良いのでしょうか。

ソースの質が良い場合に比べ、VHSなどはもともとの画素数(走査線数)が少なそうなので、画素数を(ある一定以上)多くしても画質はよくならないような気がするのです。(MP3をWAVにしても音質が良くならないように)

画素数とビットレートに関して、その「ある一定以上」のラインが知りたいのです。

宜しくお願い致します。
ちなみにキャプチャカードはまだ持っておりません。(^_^;)

Aベストアンサー

VHSにも走査線というのがあるんでしょうか。確かにテレビにはそうゆう物があるということですが、VHSはアナログだから無関係だと思っていました。
以上は全く自身がありませんが、以下は私自身が同じような作業をしている経験から申します。

DivXという今はやりのコーデックを使う場合には、Mpeg1(352x240)でキャプチャしたものを、そのままのサイズで圧縮するよりも、Mpeg2(720x480)でキャプチャしたものを半分のサイズに縮小した方が、良質になります(圧縮に時間は長くなりますが)

つまり、キャプチャするときの画素数やビットレートは最高に設定しておいてから、事後的に視覚的に問題無い所まで画素数やビットレートを落としてゆく方が現実的だと思います。

いまキャプチャカードもずいぶん値下がりしてします。私が使用しているMTV2000(Canopus製)は\50,000以上で購入しましたが、いま\22,000ぐらいではないでしょうか。
いまお持ちのVHSテープをデジタル化するにしても、それを再生、キャプチャする行程でいくらかのノイズは入ってしまいますから、やはりキャプチャカードはできるだけ品質のよいものをご購入なさった方が良いと思います。
ご参考まで。

VHSにも走査線というのがあるんでしょうか。確かにテレビにはそうゆう物があるということですが、VHSはアナログだから無関係だと思っていました。
以上は全く自身がありませんが、以下は私自身が同じような作業をしている経験から申します。

DivXという今はやりのコーデックを使う場合には、Mpeg1(352x240)でキャプチャしたものを、そのままのサイズで圧縮するよりも、Mpeg2(720x480)でキャプチャしたものを半分のサイズに縮小した方が、良質になります(圧縮に時間は長くなりますが)

つまり、キャ...続きを読む

Qビデオテープのカビを自分で取りたい。

こんにちは。
タイトルの通り、ビデオテープ(VHS)に白っぽくカビ(だと思います)が付いていました。他の質問を検索したら、「ビデオデッキに入れてはいけない」「あきらめましょう」「業者に頼みましょう」等のアドバイスがありました。

私は、自分でなんとかクリーニングしてみたいと思っています。
どなたか、その方法(クリーニングに使う液や気を付けること等)をご存じの方、アドバイスをください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

直接の回答ではないのですが・・・
私も一度大切なテープにカビが生えてどうにかならないものかと思案したことがあります
ふつうのデッキで無理に再生しようとすれば、絵も出ず音も出ずヘッドに深いダメージを与えてしまうだけなんだけど、ダメもとで古くて壊れても惜しくないフナイのデッキで再生したところ、なんの問題も無く再生できました 見た目にもダメそうなカビがびっしり生えたテープを数本試しても何事もなく再生できました
音声はモノラルなんだけど、そのデッキでダビングしてカビテープを救えたことがあります
なぜなのか理屈はわかりませんが、カビに異常に強いデッキが存在するのは事実です
古くてボロくて壊れてもいいデッキがあれば一度試してみてはどうですか?成功する保証はできませんが・・・


人気Q&Aランキング