チーズとヨーグルトの学問的な違い、と言われたら、何があげられるのでしょうか。
漠然とはその製法に違いがあると思うのですが、具体的に何処がどう違うのかがあまりよく分からなくて困っています。
教えてください。

A 回答 (3件)

どちらも乳酸菌を使いますが、チーズはその後凝乳酵素(レンネット)を追加しています。


他に塩を使ったりしますが酵素の働きを利用するところが少し違います。

チーズは偶然の産物です。入れ物が無くて羊の皮で出来た袋に入れて置いたのをすっかり忘れていたら固まっていたので最初は悪魔の仕業と言って食べなかったそうです。
その後どこにも興味を示す人間がいるようで食べてみたら美味しいことに気が付き悪魔の仕業からとたんに神様の思し召しだ、変わったそうです。

参考URL:http://www.kunsei.co.jp/cheese3.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

チーズは偶然の産物だったんですねぇ。
偶然であのようなおいしいチーズが出来るとは・・・
レンネットの添加によりチーズとヨーグルトにあのような
外見からも違いが生じたのだと知ることが出来ました。
ありがとうございます

お礼日時:2001/05/06 11:18

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「ナチュラルチーズをつくろう」

ご参考まで。

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~nakacchi/cheese.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考URLに早速行かせて頂きました。
とても参考になりました。
とても詳しく化学式まで載っていて、
更に詳細を知ることが出来ました。

お礼日時:2001/05/06 11:22

質問の主旨に合うか分かりませんが・・・


食品衛生法には乳製品に関する法律があり、明確な分類がなされています。
簡単に書きますと、

ヨーグルト(法律上は「はっ酵乳」といいます)は、乳類を乳酸菌または酵母で発酵させたもの(液状や糊状、凍結したものも含む)で、乳酸菌または酵母が1mlあたり1000万個以上 存在することが条件となっています。殺菌したヨーグルトは、もはやヨーグルトとは呼べないということですね。

チーズはナチュラルチーズとプロセスチーズに分けられます。
ナチュラルチーズは、乳類を乳酸菌、酵素、その他の凝固作用を用いて製造し(方法はともかく固めて、ということでしょうか)、固形状にしたもの又はこれらを熟成したもので、乳酸菌・酵母の数の決まりはありません(いてもいなくても良い、ということです)。
プロセスチーズは、ナチュラルチーズを破砕し、加熱溶解し、乳化したもの、とされています。ナチュラルチーズと比べ、風味や形状を自由に調節できるという利点があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問自体、曖昧なものですみません。
詳しくは厳密な定義があったのですね。
殺菌ヨーグルト、よく聞きますが、
殺菌しただけでヨーグルトでなくなってしまう。
不思議な気がします。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/06 11:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今、市販の豆乳で作った、豆乳ヨーグルトと牛乳で作ったヨーグルトの凝固ま

今、市販の豆乳で作った、豆乳ヨーグルトと牛乳で作ったヨーグルトの凝固までの時間について調べています。

同じ量、温度、菌種で豆乳ヨーグルトと牛乳のヨーグルトを作成した場合、凝固までの時間はどちらがどのくらい早いのでしょうか。

資料などがありましたら教えていただければと思います。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「人には人の乳酸菌」「野菜には野菜の乳酸菌」
という宣伝があるように、同じ菌を使う事にどんな意味があるのでしょうか?

Qヨーグルトは腐らないって本当ですか?腐らないのだとしたら、なぜ市販のプレーンヨーグルトに賞味期限

ヨーグルトは腐らないって本当ですか?

腐らないのだとしたら、なぜ市販のプレーンヨーグルトに賞味期限が記載されているんですか?

ヨーグルトにカビは生えないのですか?

プレートにヨーグルトを乗せて、カビ菌をその中に入れたらカビ菌は死んで広がらない?

それともカビ菌が増殖してヨーグルトを栄養にプレートはカビだらけになる?


プレーンヨーグルトなら食べても歯磨き不要で寝て良い?

Aベストアンサー

ヨーグルトはクレモリス菌(一種の乳酸菌)とアセトバクター菌で作られる(発酵させる)わけですが、長い間置いておくと他の雑菌が増えてきます。また乳酸発酵が進みすぎて味も違ってきます。

Q【チーズとダニと人間】チーズには生きたダニがウジャウジャ動き回っていますが生きたダニを食べて健康に良

【チーズとダニと人間】チーズには生きたダニがウジャウジャ動き回っていますが生きたダニを食べて健康に良いってどういうことでしょうか?

ダニは食べても大丈夫なんでしょうか?

ダニは人間に悪さをするので掃除機で吸って清潔に保つように言われているのに人間は生きたダニを平気で食べて美味しいと言っているし、チーズを食べると健康になると言っている。

ダニは食べて体内に取り込んでも問題はないが体外に付着すると害ということでしょうか?

あとダニアレルギーの人が生きたダニが生息繁殖しているチーズを食べてもアレルギーが発症しない。

ということはダニ自体は有害ではなく人間の食物としてエネルギー源になるがダニの死骸は人間にとって有毒であるということでしょうか?

でもチーズの中で死ぬダニもいるだろうからチーズにはダニの死骸がいっぱい付着していると思う。

ダニをいっぱい吸うとダニアレルギーになるというがチーズをいっぱい食べている人がダニアレルギーを発症したというのは聞いたことがない。

これはどういうことなのだろう?

Aベストアンサー

気管支に影響が出るので、食すのは問題無いかと。 世の中知らない方が楽しい事って沢山ありますから。チーズなんて言い方変えれば腐ってる物ですので、菌が半端ないと思う。

Q食品の機能性についてなのですが、 第一次機能と第三次機能の違いがわかりません。 もしヨーグルトで例え

食品の機能性についてなのですが、
第一次機能と第三次機能の違いがわかりません。
もしヨーグルトで例えたとすると
どうなりますか?

Aベストアンサー

http://www2.tokai.or.jp/shida/sin-w/syokuhin_kinou.htm

第一次機能 カロリー、タンパク質、脂肋、糖質、ビタミン等必要な栄養素を補給して生命を維持する機能

第三次機能 生体防御、体調リズムの調節、老化制御、疾患の防止、疾病の回復調節など生体を調節する機能

ヨーグルトは免疫賦活化作用、抗変異原性、腫瘍抑制作用、血中コレステロール低減作用、血圧低下作用、病原菌に対する拮抗作用、糖尿病予防作用、腸管内有害物質の生成抑制といった腸内環境改善作用などを発揮するとされている。これらは、食品の第三次機能に属するものである。

Q遺伝子組み換えの具体的方法

遺伝子組み換えの具体的方法
遺伝子組み換えの言葉を耳にしますが、微小なDNAの一部をどうやって組み替えることができるのでしょうか。
切り離したり、張り付けたりを手作業で行っているのでしょうか。
具体的にどうやっているのかおしえてください。

Aベストアンサー

#1の者です。
ウイルスの制限酵素を用いたベクター(運び屋)の説明については、「ベクター」と「遺伝子組み換え」で検索して、wikiをご参照下さい。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報