はじめまして。

先日チロリアの480という、かなり古いビンディングが装着された板を譲り受けました。
このビンディングの前圧調整の方法が分からないので、質問させて下さい。

最近のモデルですと、ヒールの後ろに付いているプレートをツライチに合わせるようですが、ざっと見たところ、そのようなプレートが存在していません。

代わりに、ヒールの前側にはそれらしきものがあるのですが…

もちろん、この調整は有資格者のみが行えるということも知っているので、完全自己責任にて行うつもりです。

どなたか知恵をお貸し下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

チロリアならヒールの後部のスライドレールの間に、目盛り線がかいてあるプレートがあると思います。


ブーツをセットした時、その目盛り内にヒールの終端が入れば「前圧調整」が完了です。
後は、「開放値」をセットして終わりです。

尚、調整は自分の板をイジル分には、何の資格も関係ありません。
あれは、スポーツショップ等で、他人の物をいじって金銭が発生する場合のものです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマーカー ビンディング調整方法

スキーを楽しんでいるおじさんですが、昨日、スキーに行った時に
スキー靴が壊れてしまい、新しい靴を買いました。いざ、靴を取り付け
ようと思ったのですが、靴のサイズが少し大きくなり、入りません。

あれこれビンディングを触ってみたのですが、調整方法が分かりません。
調整方法をご存じの方が居られましたら、教えて頂きますよう、お願いします。

ビンディングは、昔のマーカー製でチタニュームと書かれています。
後ろのビンディングは、二本のスプリングがあります。
言葉では分かりずらいので、写真を添付します。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

後部のスプリングからヒール部分に向かって伸びている2本の棒にネジが切ってあると思います
ヒール部分からスプリングに向かって伸びている2本の棒にも、ネジが切ってあるはずです
その上下の棒を繋ぐような形で、アジャスト用の棒が片方か両方にあるはずですので、その棒を右・左どちらかの方向に回せば棒が伸縮することにより後部バインディングの位置が移動します
この形(ローターマート)の前圧の調整方法は、後部スプリングのどこかにインジケーターがありますから、適切な前圧がかかるようにアジャスト用の棒を回転させ位置を調節してください

Qスキービンディングの前圧調整

どなたかマテリアルに詳しい方教えてください
子供のビンディングを調整しているのですが
ビンディングの前圧調整方法で大人のスキーですと
前圧調整用ネジの頭が靴を入れたときにビンディングの
ボディーと平らになるなどの設定がありますが、

子供用のビンディングだと靴のサイズを合わせるレバーだけで
その長さで前圧の調整が変わってきてしましますが
正しい前圧調整方法を知っている方ぜひアドバイスお願いします!

Aベストアンサー

詳しいわけでは有りませんが、私は下記を参考にして調整しました。有っているかどうかは自信有りません。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/jamacademy/knowlage.html

Qビンディングの調整が必要ですか!?

今年スキーブーツを買い替えました。

前のブーツソールはは294ミリです。

新しく購入したブーツソールはは292ミリです。

この2ミリの差はビンディングの調整が必要ですか。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

大抵のビンディングには、何らかの方法で「前圧」を確認するところがあります。
ブーツを付けた状態で

・前圧調整ネジが周辺のプラスチックとツライチならOK

・前圧調整ネジの横に溝が2本切られていて、その間に収まっていればOK

・のぞき窓があり、線が窓の中に収まっていればOK

・ロック解除の「ベロ」にギザギザが刻まれていて、周辺のプラスチックがギザギザの範囲に収まっていればOK

いろいろな確認方法がありますが、探してみてください。
よくわからなかったら、ショップで確認してもらってください。

まぁ2mmくらい許容範囲というパターンが多いのですが、ネジ式ではなく何段階か調整式の場合は、前のブーツで許容範囲の下限ギリギリだったりすると新しいブーツはアウトってこともあります。

最近はレール式のビンディングが主流ですが、私の板の場合は5mm単位で調整するようになっていて、292mm→290mm 294mm→295mmのところに合わせるのがベターになっています。
あと、ブーツメーカーによって同じ数字表示でも微妙な違いがあるので、何らかの確認方法が必要なわけです。

大抵のビンディングには、何らかの方法で「前圧」を確認するところがあります。
ブーツを付けた状態で

・前圧調整ネジが周辺のプラスチックとツライチならOK

・前圧調整ネジの横に溝が2本切られていて、その間に収まっていればOK

・のぞき窓があり、線が窓の中に収まっていればOK

・ロック解除の「ベロ」にギザギザが刻まれていて、周辺のプラスチックがギザギザの範囲に収まっていればOK

いろいろな確認方法がありますが、探してみてください。
よくわからなかったら、ショップで確認してもらっ...続きを読む

Q【経験ゼロです】スノボのビンディング、ブーツについて細かく教えて下さい

今年友人とボードに行く事になりました。初めてです。。
高い新品一式そろえるのはかなりの出費で、何度も行く事を考えたら、オークションで中古品を落札するのが一番良いと考えました。(何度もレンタルするより安価ですので…。)

自分なりに色々調べたのですが、いまいちよく分かりません。そこで質問させて下さい。
◆ビンディングというものにも種類があるのですか?(ステップインタイプ?など。)
◆ソフトブーツを購入する際、上記のビンディングタイプに合わせたものを選ばなくてはいけませんか?(ステップインタイプ対応?など。)
◆ブーツにも種類があると思いますが、女性でも簡単に締められるという紐では無いタイプの方が、やはり使いやすいのでしょうか?

質問が多くてごめんなさい。ご存知のお方、ご教授下さいませ。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

一番良いのはお店に行って情報だけ仕入れて、その場では買わないで
気に入ったものを後で中古で探す、という手では。
あまりに種類が多すぎるのと、着けてみて合う・合わないがあるからです。

以下に、お店に行くときの参考まで、ざっくり回答しておきます。

◆ビンディングというものにも種類があるのですか?(ステップインタイプ?など。)

あります。
大きく分けてステップインとベルトで留める式の2つがありますが、
最近はどちらでもない方式(ビンディングがガバッと開いて
足を突っ込んで、パチパチとバックルを留めて終わり、とか。)も
増えてきています。
また、同じベルト式でも、締め方・緩め方の違いによって、
使いやすい・使いにくいがあります。

リフトに乗ることなどを考えれば、最初はステップインの方が楽
でしょうけれど、どうしてもホールド力が弱いので(最近はだいぶ
改善されて来ていますが)少なくとも私の周辺では人気はありません。

◆ソフトブーツを購入する際、上記のビンディングタイプに合わせたものを選ばなくてはいけませんか?(ステップインタイプ対応?など。)

ステップイン式を選ぶ場合には、ビンディングとブーツの規格が
合っていなければなりません。
ソフトブーツ+ベルト式の場合はほぼ問題なく入ります。
ただし、相性はあります。
また、足のサイズに対して板の幅があまりに細いと、つま先や
かかとが引っかかりやすくなり、転倒の原因になります。

◆ブーツにも種類があると思いますが、女性でも簡単に締められるという紐では無いタイプの方が、やはり使いやすいのでしょうか?

ヒモを結ぶものよりも、締め付け自体はヒモなんだけれど、ヒモが
金具に収まっていて、金具をダイヤルのようにカチカチ回すと
締め・緩めが出来るタイプが一番楽だと思います。

一番良いのはお店に行って情報だけ仕入れて、その場では買わないで
気に入ったものを後で中古で探す、という手では。
あまりに種類が多すぎるのと、着けてみて合う・合わないがあるからです。

以下に、お店に行くときの参考まで、ざっくり回答しておきます。

◆ビンディングというものにも種類があるのですか?(ステップインタイプ?など。)

あります。
大きく分けてステップインとベルトで留める式の2つがありますが、
最近はどちらでもない方式(ビンディングがガバッと開いて
足を突っ込んで、パ...続きを読む

Qバートンビンディングのネジ

バートンのビンディングを付けていますが、板を買い換えるためビンディングを外そうと考えています。
気になったのが、付属していたネジが普通のネジと違い樹脂のうような物がネジの溝についおり、おそらくゆるみ止めと思いますが、再使用は可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

フリースタイル用ソフトビンディングならば、さほど緩むことは無いと思いますが、アルペン用ハードビンディングの場合、ハードブーツで、かなり加重するので、しっかりと締め付けあるいは、緩み止めしないと緩みます。ただし、市販のネジ緩み止め液(ロックタイト等)は、緩まなくなるのですが、外すとき、かなり苦労するので注意が必要です。
今回の質問と関係ないですが、私も毎回ビンディングを外しています。毎回外すのは、ボード、ビンディングに付着した水分を出来るだけ拭き取り易くし、帰宅の車の中で、乾燥させやすくする為、またボードのインサートネジの引張りによる滑走面の凹みを出来るだけ少なくすること(ワックスを掛ける時に熱で滑走面の力が加わったところが引っ張られます)と、ビンディングの異常を早く見つけられること、さらに、センターディスクが、ネジの締め付けによっての変形するのを防止する為です。初心者の場合、そこまで気を使うことはありませんが…。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報