「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

現在、「社内ネットワーク」と「インターネット」に接続するWindowsサーバを構築中です。
このWindowsサーバにはNICが2枚装着してあります。
  NIC1側;社内ネットワーク接続
  NIC2側;インターネット接続


※最終的にこのWindowsサーバに業務ソフトをインストールします。
 業務ソフトはインターネット上のサーバ(?)から必要な情報を自動でダウンロード
 して社内パソコンから閲覧します。
 なお、業務ソフトがインターネット上のどこに接続するかは不特定のため不明で
 あります。


インターネットで調べたところ、『NIC2枚装着時はどちらか片方のみデフォルト
ゲートウェイを設定し、もう片方を「route add」にてルーティングテーブルへ
設定をする必要がある』までは理解しました。

Windowsサーバがインターネットに自由に接続できるようにするための
「route add」の構文を教えてください。


<NIC1側(社内ネットワーク)の情報>
IPアドレス        120.10.10.30
サブネットマスク     255.255.0.0
デフォルトゲートウェイ  120.10.10.1

「120.10.10.1」はルータで、このルータの先には
A支店(130.10.0.0/16)
B支店(140.10.0.0/16)
C支店(150.10.0.0/16)
D支店(160.10.0.0/16)
E支店(170.10.0.0/16)
があります。

<NIC2側の情報>
IPアドレス        200.10.10.30
サブネットマスク     255.255.0.0
デフォルトゲートウェイ  未設定

NIC2の先は「バカHUB」→「ファイアウオール」→「ルータ」→インターネット
となっております。
(「バカHUB」→「ファイアウオール」→「ルータ」→インターネットは既存の
ネットーワークを流用します。なお、構築した人が資料を残しておらず、また、
転勤してしまったため、ファイアウオールとルータの設定を調査中。)

おそらく、ファイアウオールは
200.10.10.30からインターネットへの通信のみを許可。
インターネットから200.10.10.30への通信のみを許可。
という設定になっていると思います。

ルータ
LAN側、WAN側のIPアドレスの状態は不明。


本当に情報が少なくて大変申し訳ありませんが、
ご回答をよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>Windowsサーバがインターネットに自由に接続できるようにするための「route add」の構文を教えてください。


提示されているIPアドレスはプライベートIPアドレスの範囲外ですが実際に付与されているものと異なりますよね?
念のために社内LANにはプライベートIPアドレスで運用していることを再確認してください。
また、WindowsサーバのNIC2側もプライベートIPアドレスか否かも再確認してください。
目的はWindowsサーバーが社内LANのクライアントに対してデータの提供だけでインターネットへ接続するのはサーバー自身が情報収集のためだけなのでルーティングテーブルは不要です。
社内LANのクライアントからインターネットへアクセスする必要があるときは「120.10.10.1」との兼ね合いになりますので社内LANのクライアントのデフォルトGWをWindowsサーバ(120.10.10.30)にさせてルータの役割を担う設定にしてください。
その時、NIC1のルーティングテーブルにはA支店~E支店宛てのパケットを「120.10.10.1」へ向けるように設定してください。
尚、WindowsサーバのNIC2のデフォルトGWはインターネットへのファイアウォールのLAN側としてください。それが無いとWindowsサーバがファイアウォールを経由してインターネットへ接続できません。(ファイアウォールは専用マシンですか?)
「root add」の構文はヘルプで確認してください。それがネットワーク管理者の任務です。
基本的な知識の習得の前に実践のネットワーク構築は負担が大き過ぎますので上司に十分な時間を取れるよう要望してください。
枝葉の聞きかじりで運用に漕ぎ着けてもトラブルが発生したとき対応できなくなります。
トラブル対策が出来るだけの知識を習得してから運用するのが肝要です。
    • good
    • 1

route add まで判ったんならあと一息だなぁ。


でも、ネットワーク機器の設定情報が不明なのであれば、サーバ設置よりもまずはそちらの洗い出しが先でしょう。どういうリスクが内在しているか判りませんからね。
構築した人がいなくなったのであれば、上司に掛け合って調べる時間をもらうなり異動した先から資料を作っておくってもらうなりした方が良いです。

で、本題の方ですが、以下のどちらかの形で設定すればよいです。
パターンA
(1) デフォルトゲートウェイを社内LANのルータに向ける
(2) NIC2は使わない
※社内からインターネットに接続できる環境が整備されていて、社外からサーバにアクセスする必要がない場合
→この場合はrouteコマンドの実行も不要です

パターンB
(1) デフォルトゲートウェイはインターネット側のルータに向ける
 (つまり、NIC2側にのみ設定する)
(2) 社内ネットワーク向けには必要に応じてstatic routeを切るか、ルーティングプロトコルを動作させる等して社内の経路情報を設定する
※インターネットに対しては、NIC2のネットワークからしかアクセスできない場合

routeコマンドの構文は、コマンドプロンプトから"route /?" と実行すればヘルプが出てきますのでそれをよ~~く読んで理解してください。
IPアドレスとネットマスクの関係がきちんと理解できているのであれば、問題はないはずです。
理解できていないのであれば、勉強して理解してください。基本中の基本なので、その知識抜きでサーバやネットワークを管理することはできません。

なお、routeコマンド実行時に、あるオプションをつけておかないとサーバを再起動した後でトラブルに見舞われますのでご注意ください。
# コマンドの構文を教えるのは簡単だけど、それじゃあ次に続かないのであえてもって回った言い方をしています。

なお、社内のネットワーク構成がよく分かりませんが、場合によっては社内ネットワークのルータに経路情報を追加する必要があるかもしれません。
    • good
    • 0

それなら、120.10.0.0/16のIFをNIC1とし、宛先をあなたの支社のトップレベルスイッチにルーティングすれば良いはずです。


また、120.10.10.1のルータにも、120.10.0.0/16を120.10.10.30へルーティングする設定が無いと、他支社と通信できないかもしれません。(この辺は機器によってまちまちですが、Ciscoであれば大体必要です)

ちなみに、このWindowsサーバがインターネットへ通信する為には、routeコマンドなど必要なく、
通常のネットワーク設定から、デフォルトゲートウェイを指定すれば大丈夫です。(NIC2側のみ)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNICを2枚さしたときのパケットの流れ

こんにちわ。

1つのPCに2枚のNICを挿して、AとBのネットワークにつなげています。
デフォルトゲートウェイはAのネットワークのみを指定しています。

で、Bのネットワーク向けのFTPなどをしてもちゃんとBの先のサーバに通信できているのですが、
このときのパケットは、どういう動きというか流れをしているのでしょうか。

Aのルータが受け取って、これはBのルータ向けだよとPCに戻して、
PCがB用のNICを見つけて、Bのルータに向けてパケットを出すのでしょうか?

あまりに初心者ですいません。。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

OSがルーティングテーブルを見て、送信先のIPアドレスから送信に使用するNICを決定します。

コマンドプロンプトから、route printを実行するとルーティングテーブルを参照可能です。

質問者のPCのように、複数のネットワークに足を出している形態のことを、
一般にマルチホーミングと呼びます。

実際にマルチホームしているPCのルーティングテーブルの例ですが、こんな感じです。
192.168.1.0/24と192.168.168.0/24にマルチホームしています。
自分自身のIPアドレスは、192.168.1.129、192.168.168.1です。
デフォルトゲートウェイは192.168.1.1です。

Active Routes:
Network Destination    Netmask     Gateway   Interface Metric
     0.0.0.0     0.0.0.0   192.168.1.1 192.168.1.129   1
    127.0.0.0    255.0.0.0    127.0.0.1   127.0.0.1   1
   192.168.1.0  255.255.255.0  192.168.1.129 192.168.1.129   1
  192.168.1.129 255.255.255.255    127.0.0.1   127.0.0.1   1
  192.168.1.255 255.255.255.255  192.168.1.129 192.168.1.129   1
  192.168.168.0  255.255.255.0  192.168.168.1 192.168.168.1   1
  192.168.168.1 255.255.255.255    127.0.0.1   127.0.0.1   1
 192.168.168.255 255.255.255.255  192.168.168.1 192.168.168.1   1
    224.0.0.0    240.0.0.0  192.168.1.129 192.168.1.129   1
    224.0.0.0    240.0.0.0  192.168.168.1 192.168.168.1   1
 255.255.255.255 255.255.255.255  192.168.1.129 192.168.1.129   1
 255.255.255.255 255.255.255.255  192.168.168.1 192.168.168.1   1

全ての通信の宛先IPアドレスは、この行のいずれか1つに必ず合致します。
合致するかどうか、比較する際の基準は、longest matchと呼ばれます。

比較の方法は、若干専門的な説明になりますが、以下のとおりです。
宛先IPとNetmaskを、数学でANDと呼ばれる計算方法で計算します。
得られた値とNetwork Destinationが一致していれば、その行は合致する候補になります。
複数の行が合致候補になった場合、Netmaskが一番大きい行が最終的な合致結果となります。
Netmaskも同じ大きさの場合は、Metricが小さいほうが最終的な合致結果となります。

最終的に合致する行が見つかったら、Interfaceのところで示されているNICを使って送信します。
また、Gatewayのところで示されているIPアドレスが自分自身のものと同一の場合は、
自分が宛先への送信について責任を持って、直接送信を行います。
そうでない場合は、Gatewayに転送することで、以降の送信については任せる形になります。

より詳しく知りたい場合は参考URLをご覧ください。

いくつか具体例を挙げて説明します。

例1:宛先IP=192.168.1.2の場合
もっとも長く一致する行は
Network Destination    Netmask     Gateway   Interface Metric
   192.168.1.0  255.255.255.0  192.168.1.129 192.168.1.129   1
なので、192.168.1.129のインタフェースが選択されます。
送信の際使用する送信元アドレスは、選択されたインタフェースのアドレスになります。
ゲートウェイは自分自身のIPなので、宛先IPアドレスに対して自分自身が直接送信を行います。

例2:宛先IP=192.168.168.2の場合
もっとも長く一致する行は
Network Destination    Netmask     Gateway   Interface Metric
  192.168.168.0  255.255.255.0  192.168.168.1 192.168.168.1   1
なので、192.168.168.1のインタフェースが選択されます。
送信の際使用する送信元アドレスは、選択されたインタフェースのアドレスになります。
ゲートウェイは自分自身のIPなので、宛先IPアドレスにに対して自分自身が直接送信を行います。

例3:宛先IP=192.168.2.1の場合
もっとも長く一致する行は、
Network Destination    Netmask     Gateway   Interface Metric
     0.0.0.0     0.0.0.0   192.168.1.1 192.168.1.129   1
なので、192.168.1.129のインタフェースが選択されます。
送信の際使用する送信元アドレスは、選択されたインタフェースのアドレスになります。
ゲートウェイは自分自身のIPではないので、192.168.1.1に対して送信を行い、
あとは192.168.1.1に任せます。

このルーティングテーブルは、管理者権限を持っているユーザであれば、
行を追加したり削除したりすることが可能です。

このルーティングテーブルに基づいて、送信インタフェースとゲートウェイを決定した後は、
送信に使われるメディアに合わせてアドレス解決等の処理を行った上で、
実際の送信が行われます。
ほとんどの場合、メディアはイーサネットだと思いますが、
その場合、MACアドレスが送信に必要なので、必要に応じてARPを使い、
相手のMACアドレスを調べた後、送信するということになります。
調べた結果はコマンドプロンプトでarp -aを実行すると分かるように、
一定時間記憶され、再利用します。

--------------------------------------------
整理すると、
分かっているのは宛先IPアドレスのみの状態から、ルーティングテーブルを見て、
・使用するインタフェース
・送信元IPアドレス
・直接相手に送るか、Gatewayに転送するか
の3つを決定します。

その後、直接相手に送る場合は相手のMACアドレス、
Gatewayに転送する場合はGatewayのMACアドレスをARPで調べ、
NICからイーサネットに送り出す、という流れになります。

参考URL:http://www.microsoft.com/japan/technet/community/columns/cableguy/cg1201.mspx

OSがルーティングテーブルを見て、送信先のIPアドレスから送信に使用するNICを決定します。

コマンドプロンプトから、route printを実行するとルーティングテーブルを参照可能です。

質問者のPCのように、複数のネットワークに足を出している形態のことを、
一般にマルチホーミングと呼びます。

実際にマルチホームしているPCのルーティングテーブルの例ですが、こんな感じです。
192.168.1.0/24と192.168.168.0/24にマルチホームしています。
自分自身のIPアドレスは、192.168.1.129、192.168.168.1...続きを読む

QLANカードを 2枚挿して 社内LANとインターネットを 使い分けたい

LANカードを 2枚挿して 社内LANとインターネットを 使い分けたいのですが

LANカードを 2枚挿して 社内LANとインターネットを 使い分けたいのですが
普通に 設定していくと 社内側のLANを 有効にすると インターネットに
繋がらなくなります。
インターネット側は 社内の2000サーバーを DNSとして プライベートIPを
自動でもらって デフォルトゲートウェイは ルーターの192.168.11.1に設定してあります。
社内LAN側は IPを 手動で振って、DNSは 2000サーバー ゲートウェイは 空欄に
してあります。
社内には 4台PCが あり 2000サーバー以外は XPpro3 を 使っています。

2台共 2枚さしてみましたが やはり 有効の状態だと インターネットに繋がりません。

どなたか 詳しいお方が いらっしゃいましたら ご教授御願い致します。
自分で どうにかしようと 1ヶ月程試みていますが まったく 上手くいきません。
宜しく御願い致します

Aベストアンサー

セグメントを分けるというのは。

社内LAN側を192.168.10.***等に変更すれば別ネットワーク
として認識されそうに思えますが・・・

Q2枚のNICを使いNIC1をインターネット、NIC2をPC間ファイル転送に使いたい

OS: Windows7 Professional 64bit
NIC1:EX58-UD5マザーオンボード
NIC2:GbE-PCI2(VIA VT6122)

上記の構成で、NIC1をインターネット通信専用、NIC2をPC間ファイル転送専用のようにNICごとに通信用途を限定して使用したいのですが、設定の仕方がわかりません。
設定の仕方や解説しているサイトをご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

既に回答がついているようですね。
重複する部分もありますが、一応……。

物理的な接続は2つに分けることになります。
NIC1→モデム(またはルーター)→インターネット
NIC2→ハブ→他のPC
この2つは、それぞれ別のネットワークに属することになります。

ネットワーク機器は、それぞれ固有の(同一ネットワーク内で重複のない)IPアドレスを割り振る必要があります。
上記のNIC1はプロバイダ(またはルーターのDHCP機能)によってIPアドレスが振られるので、自動設定でOKですが、NIC2とそれに接続するPCのNICは、手動でIPアドレスを割り振ります。

(Win7では設定項目がどこにあるのかよく判らないので……)
スタートボタンをクリックして、検索ボックスに「ネットワーク接続の表示」と入力し、実行します。
複数の「ローカルエリア接続」が見える筈ですので、どちらがNIC2か確認してください。
NIC2側を右クリックして「プロパティー」を選択します。
「この接続は次の項目を使用します」の中から「Internet Protocol Version4(TCP/IPv4)」をクリックして、下の「プロパティ」ボタンを押します。
「次のIPアドレスを使う」を選択し、適切なIPアドレスを入力します。
ここでは、「192.168.2.1」としておきます。「サブネットマスク」は「255.255.255.0」です。
(ドットは抜いて、数字だけを入力。)

同様に他のPCでも、(重複しないように)「192.168.2.2」などと設定します。
あとはファイル共有の設定をすればOKです。
ファイアウォールは特にいじる必要はないと思います。

不明な点があれば、「ヘルプとサポート」で「TCP/IP設定を変更する」を検索してみてください。

既に回答がついているようですね。
重複する部分もありますが、一応……。

物理的な接続は2つに分けることになります。
NIC1→モデム(またはルーター)→インターネット
NIC2→ハブ→他のPC
この2つは、それぞれ別のネットワークに属することになります。

ネットワーク機器は、それぞれ固有の(同一ネットワーク内で重複のない)IPアドレスを割り振る必要があります。
上記のNIC1はプロバイダ(またはルーターのDHCP機能)によってIPアドレスが振られるので、自動設定でOKですが、NIC2とそれに接続するPC...続きを読む

QNIC2枚差し WEBサーバーで2系統のLANどちらからもWEBサーバー内のWEBページを開きたい

こんにちは

ちょっとうまくできず悩んでおります。

使用環境ですが、

Linux(Apache1.3)サーバーにNIC2枚差しにして
eth0:192.168.1.210
eth1:192.168.2.210
二つのLAN環境のどちらからでもWEBサーバーを動かしたいのですが具体的にどのようにしたらよいのでしょうか。

今まである、質問やネット上の資料をもとに
DNSの設定やApacheのhttpd.conf内のServerAlias host1 host2、バーチャルホスト設定でそれぞれのIPアドレスで同じドキュメントルートを指定するなども行いましたが、うまくできません。

今のところ、eth0:192.168.1.210からしか反応しません。

もし、このような環境を作られた方いらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

どういう風に LAN に繋がっているのかが分かりませんが、普通は何も設定しなければ両方の IP アドレスで Apache は待機していますよ。

もしかして 192.168.1.0/24(?) の方から 192.168.2.210 に接続しているのに... という話ですか? それならば近い方の I/F(192.168.1.210) から応答しているだけだと思いますが...

192.168.2.0/24 の方から 192.168.2.210 に接続してもダメ、ということであれば Listen ディレクティブや BindAddress ディレクティブを全てコメントアウト(行頭に # を入れる)して、apache を再起動(ないしは reload)してみて下さい。

QNICを2枚差しするとpingが通らない

AとBの拠点がVPNでつながっています。
BにあるサーバーXに新しいNICを刺して別セグメントでネットワークを構築しました。
ですが、新NICを有効にすると、AからBのサーバーXにpingがとばなくなってしまいました。
新NICを無効にするとすぐにping接続できるようになります。

この現象から、何かピンとくる方がいらっしゃいましたら教えていただけませんでしょうか。。

Aベストアンサー

VPNのセグメントと新しいセグメントは区別できるような体系になってますか?
デフォルトゲートウェイが新しいNICの方を向いているんじゃないでしょうか。

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/262gateway/gateway.html

QNIC2枚差し時のIP設定

こんにちは。質問させて下さい。
例えば、最近のノートPCだと、LANと無線LAN両方のインターフェースが標準で付いている事が多いと思うのですが、無線LANでインターネットに接続しており、IPが固定で192.168.1.10だとします。ここで、PCもしくはプリンター等のNW機器をLANインターフェースにクロスケーブルで接続し、その機器に
192.168.1.xxのIPを設定したとします。その後の無線LANのPCでは
新しい接続でローカルエリア接続を作成しIP設定を192.168.1.yyで
設定すればOKでしょうか?以前、同様のケース(有線LAN×有線LANのNIC2枚差しでしたが)で知人がDOS画面でルーティングテーブルのようなものを
作成していたような気がするのですが、ご存知の方がいらっしゃいましたら
教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

>ルーターにPCが有線で接続されており、諸事情によりプリンタをクロスケーブルでそのPCに直結しないといけない場合は、
>ローカルエリア接続を2つ作成する必要があり、ルーター側およびプリンタ側のIPを別NWのIPを設定すればOKということで
>よろしいでしょうか?(想定環境としては、ルーター機能無しのADSLモデムにPCは接続されており、
>プロバイダからDHCPでグローバルIPが設定されている)環境でPCとプリンタをクロスケーブルで直結したい。場合です。
ローカルエリア接続はNICが2つある時点で自動的に2つ作成されます。
2つめの方は自動的に「ローカルエリア接続2」と言う名前になると思いますが。
ルーター機能無しのADSLモデムでDHCPでIPアドレスが直接配布されているなら、そのPC(NIC)がもらっているIPアドレスはグローバルIPアドレスです。
プリンタがクロスケーブルでつながっている方のNICは、
・IPアドレスは手動設定
・ネットワークアドレスはプリンタ側のIPアドレスが固定ならそのIPアドレスのネットワークアドレスを、自由に設定できるならプライベートIPアドレスのネットワークアドレスを適当に割り当てる
・DefaultGatewayは設定しない
で設定すれば上手くいくはずです。

>ルーターにPCが有線で接続されており、諸事情によりプリンタをクロスケーブルでそのPCに直結しないといけない場合は、
>ローカルエリア接続を2つ作成する必要があり、ルーター側およびプリンタ側のIPを別NWのIPを設定すればOKということで
>よろしいでしょうか?(想定環境としては、ルーター機能無しのADSLモデムにPCは接続されており、
>プロバイダからDHCPでグローバルIPが設定されている)環境でPCとプリンタをクロスケーブルで直結したい。場合です。
ローカルエリア接続はNICが2つある時点で自動的に2...続きを読む

Q2つのLAN環境でアプリケーション毎に使用するLANを設定する方法について

現在、社内で社内用HPや共有サーバを使用しているLAN-Aと単純にモデムルータで社外に出ているLAN-Bがある環境で、
NICも2枚使用しており、それぞれのLANを接続しています。
OSはWindowsXP Proです。

社内HPはIE使用が原則で他のブラウザでは見れない等、制限があるため
・社内(LAN-A)はIE
・社外(LAN-B)はFirefox
としたいのです。
ネットワークの優先度は共有サーバ等があるため、LAN-Aを優先したいので、
Firefox単独でLAN-Bを指定して接続できれば良いのですが。。。

どなたかご教示願います。

Aベストアンサー

自分のPCのルーティングテーブルの書き換えは,
次の3つのコマンドを順に入力することで実行できるでしょう。

route delete 0.0.0.0
route -p add 0.0.0.0 mask 0.0.0.0 192.168.24.1 if 0x40003 metric 24
route -p add 10.36.0.0 mask 255.255.0.0 10.36.171.1 if 0x2 metric 20

ネットワークのトラブル対処に自信がないようでしたら,このコマンドを実行する旨,ネットワーク管理者に報告しておいたほうがよろしいかと。

QPCにNICを2枚挿しした時のファイアウォール設定

PCにNICを2枚挿しして、一方は社内LANに接続してファイル共有やインターネットアクセス、他方にはルータを接続して、不特定の端末からそのPCに特定プログラムでデータの授受のみ行うネットワーク構成を検討しています。
 ・概要図
   社内LAN -- <<PC>> -- ルータ -- 不特定の端末
              共有フォルダ etc

セキュリティ上、ルーター経由の端末からは、PC上の共有フォルダや、社内LAN上の他端末の存在を知られたくない(特定のプロトコルのみPCと通信する)ようにしたいのですが、PCのWindowsファイアウォールの設定を変更することで実現で可能でしょうか?

WindowsXPではファイアウォール設定でNIC毎にファイルとプリンタ共有のON/OFF等を設定(特定プログラムを例外登録)すれば実現できそうなんですが、Windows7ではNIC毎の設定というのが無くて困っています。

Aベストアンサー

ルーターやレイヤー2スイッチングHUBより、設定が楽なソフトを見つけました。

余分な機能もありますが、セキュリティー強化には役立ちます。

富士通ソフトウェアテクノロジーズ
Portshutter Premium(ポートシャッター プレミアム)
http://jp.fujitsu.com/group/fst/services/portshutter-premium/function/

問い合わせは、URLの書いてあるフリーダイヤルでOK!!
http://jp.fujitsu.com/group/fst/contact/service.html

体験版も用意されていますので、一度試されてみては如何でしょうか??

NIC2枚ざしにするPCの台数や、ルーター価格・他端末の個別設定の手間など色々考えると、このソフトはそれほど高くありません。
企業で一番怖いのが、PC知識の乏しい社員がフリーソフトや作成データの持ち込み・持ち出しを自由に出来る所です。

アンチウィルスソフトを入れていても、フリーソフトの場合はインストーラーのファイル圧縮型式により、アンチウィルスソフトに引っかかりません。
一般的なインストーラは、msi型式のMS開発圧縮ファイル、lzhファイル、cabファイル、zipファイルなどですが、ウィルスが仕込んであるファイルの場合は、各OSバージョンで普通では開かないファイル圧縮形式を使います。

例えば、gzip・YZ1・TAR・BGA・ISEなどなど・・・・

一般的なアンチウィルスソフトは、圧縮ファイル内のウィルスも検出しますが、各OSバージョンで普通では開けないファイル圧縮型式は、インストーラ(*.exe)の中身をチェックできません。
それを、社員が持ち込んだら、社内PC・Serverにあっという間に伝染します。

また、普通のファイルWordやExcelファイルの持ち込み持ち出し禁止は、持ち出し=情報漏えい・持込=ウィルス以外の改ざんデータの持込やゲームソフトの持込などセキュリティーを脅かす操作を、シャットアウトできます。
どうしても必要な作業がある場合は、システム管理者が他端末(社外人員)の変わりに作業をする事で、セキュリティー保護が出来ます。

富士通のPortshutter Premium(ポートシャッター プレミアム)を入れることにより、NICの2枚挿しが不要で、素人のPC使用者には、今までと変わりないしに使って頂けます。

あとは、自己責任で・・・

      

ルーターやレイヤー2スイッチングHUBより、設定が楽なソフトを見つけました。

余分な機能もありますが、セキュリティー強化には役立ちます。

富士通ソフトウェアテクノロジーズ
Portshutter Premium(ポートシャッター プレミアム)
http://jp.fujitsu.com/group/fst/services/portshutter-premium/function/

問い合わせは、URLの書いてあるフリーダイヤルでOK!!
http://jp.fujitsu.com/group/fst/contact/service.html

体験版も用意されていますので、一度試されてみては如何でしょうか??

NIC2...続きを読む

Qインターネット接続不良。IPアドレスの自動取得ができない。

昨日から突然インターネット接続(Webサイト閲覧)ができなくなりました。
非常に困っておりますので、ご意見いただけると助かります。

OSはWindows Vistaです。
バッファローのルーターを使用してネットワークを構成しています。

基本的にIPアドレスは固定して接続したいのですが、現状不具合が生じているので両方試しています。


●固定でIPアドレスを指定した場合
・ローカルネットワークは閲覧可能(共有フォルダの閲覧)
・ルータに接続可能(ルータ設定画面表示可)
・googleのIP(7412545100)を直接入力すると閲覧可能
・Windowsメールを使用して、メールの送受信可能(会社のメールは接続可)
※会社のメールはアイルというサーバ会社の共有レンタルサーバを利用しているので、
外部に接続できているということだと思います。
※yahooメールは送受信できません(アカウント設定していますが)

-------------------------------------
Windows IP 構成
ホスト名 : DA1-PC
プライマリ DNS サフィックス :
ノード タイプ : ハイブリッド
IP ルーティング有効 : いいえ
WINS プロキシ有効 : いいえ

イーサネット アダプタ ローカル エリア接続:
接続固有の DNS サフィックス :
説明 : Realtek RTL8168/8111 Family PCI-E Gigabit Ethernet NIC (NDIS 60)
物理アドレス : 00-19-21-2E-31-45
DHCP 有効 : いいえ
自動構成有効 : はい
リンクローカル IPv6 アドレス : fe80::2193:98e:f002:9e53%8(優先)
IPv4 アドレス : 192.168.11.22(優先)
サブネット マスク : 255.255.255.0
デフォルト ゲートウェイ : 192.168.11.1
DNS サーバー : 192.168.11.1
NetBIOS over TCP/IP : 有効

-------------------------------------

●IPアドレスを自動取得にした場合
・ネットワーク接続画面では「識別中」となり接続できない
・通常の192.168.11.xではなく、169.254.158.83など不明なIPアドレスが割り振られる

-------------------------------------
Windows IP 構成
ホスト名 : DA1-PC
プライマリ DNS サフィックス :
ノード タイプ : ハイブリッド
IP ルーティング有効 : いいえ
WINS プロキシ有効 : いいえ

イーサネット アダプタ ローカル エリア接続:
接続固有の DNS サフィックス :
説明 : Realtek RTL8168/8111 Family PCI-E Gigabit Ethernet NIC (NDIS 60)
物理アドレス : 00-19-21-2E-31-45
DHCP 有効 : はい
自動構成有効 : はい
リンクローカル IPv6 アドレス : fe80::2193:98e:f002:9e53%8(優先)
自動構成 IPv4 アドレス : 169.254.158.83(優先)
サブネット マスク : 255.255.0.0
デフォルト ゲートウェイ :
DNS サーバー : fec0:0:0:ffff::1%1
fec0:0:0:ffff::2%1
fec0:0:0:ffff::3%1
NetBIOS over TCP/IP : 有効
-------------------------------

会社のネットワーク内にはVista以外にXPやMacがあるのですが、それらは問題なく接続できています。
3つのVista端末が不良状態です。

状況や復旧方法がわかる方がおりましたら、
ご意見のほど、よろしくお願いいたします。

昨日から突然インターネット接続(Webサイト閲覧)ができなくなりました。
非常に困っておりますので、ご意見いただけると助かります。

OSはWindows Vistaです。
バッファローのルーターを使用してネットワークを構成しています。

基本的にIPアドレスは固定して接続したいのですが、現状不具合が生じているので両方試しています。


●固定でIPアドレスを指定した場合
・ローカルネットワークは閲覧可能(共有フォルダの閲覧)
・ルータに接続可能(ルータ設定画面表示可)
・googleのIP(7412545100...続きを読む

Aベストアンサー

ルーターの電源を入れ直しては?

あとはDNSサーバーがダウンしているか、間違った情報を返して来ているのかもしれない
…しかし他のパソコンは正常に動作していると言うことは…
セキュリティ関係のソフトがURLフィルタリングに失敗しているかもしれない
パソコンの電源を入れ直すと直るかも(再起動はダメ、ネットワーク情報の一部を
掴んだまま起動するかもしれない)

とにかく、怪しい機器の電源を一度切ることを試してみましょう

Q1台のPCに2本のLANケーブルを接続すると?

みなさん こんにちは。
つまらないことかも知れませんが気になったので、教えてください。

いま使ってるPCには、オンボードで10/100M bpsのLANの端子がついてます。
で、1G bpsまで対応のLANボードで安いのがあったので、買って取り付けました。
ドライバのインストールも済んで、引っ張り出していたPC本体を収めようとしたとき、ふと気になりました。
このPCには、オンボードと今回買ったLANボードの、二つのLANの口があります。

ルーターのほうに空きがあったので、LANケーブルを2本、このPCにさしてみました。
IPアドレスは、各LANポートに1つずつ、ルーターから合計2つ取得しました。
インターネットの速度が速くなるかな!と思って計測サイトで測ってみたのですが、速度は前とぜんぜん変わってません。

けっきょくのところ、1台のPCに2本のLANケーブルをさすと、どうなるのでしょうか?
ネットの速度は上がらないのですか?

Aベストアンサー

 結論から言うと、少なくともインターネットの速度は速くなりません。

 条件を変えて、インターネットではなく、自宅にもう1台パソコンを用意して、そのパソコンに対するHTTPなどのアクセスを考えてみます。結論から言うとこれも速度の向上は見込めません。

 LANケーブルで2つの機器(今回はパソコンとルーター)を接続する事をリンクと言い、今回のように、2つの機器間に2つ以上のリンクがある事をマルチリンクと言います。マルチリンク自体は非常に有用な技術ですので、今回はたまたまマルチリンクを行う条件が整っていなかっただけで、全く意味がないわけではありません。負荷分散や障害回避などに使われます。


人気Q&Aランキング