【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

寒くなりましたね。そこで登場するのがストーブで ストーブを焚くには灯油が必要ですね。
そこで質問なんですが、灯油をストーブの灯油タンクに給油するとき、灯油を地面にこぼしてしまいました。ほんの少しなら問題ないと思うんですが、かなり
こぼしてしまいました。 地面に浸透した灯油は いつまでも残留し、それが引火する原因にもなると 聞いたことがあります。どうすれば いいんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは。


>かなり・・・との事ですが、どの位のオーダーか判りますでしょうか?

100cc程度・・・何もしなくて大丈夫でしょう。
1リットル程度・・・ちょっと心配があります。
できれば、灯油缶などをどけて、そこで焚火をしてしまうのが一番です。
そんな何時間も燃え続けるような事はありません。
終わったらたっぷり水をまけば大丈夫です。
ただし広範囲にバラまいちゃったらこれはできません。
かえって危険です。

それ以上。
この場合は消防署に連絡して処置をあおいだ方がいいと思います。

以上は、またやった時の為の対策です。
今回はもう水もまいちゃったのでどうしょうもないですね。
火災の原因になるのは、地面に染み込んだ場合じゃなくて、変に水で流して側溝などに流れ込んだ場合です。
この場合は大変やばいので、側溝がある場合は、水まきはやらない方が無難です。
側溝に大量に流れてしまったら、やっぱり消防署に相談しましょう。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
コップ1杯分位だと思いましたから 100ccは超えているでしょう。しかし、結構多く感じたりするものです。
近くに側溝もないし、先ずはひと安心です。

お礼日時:2003/12/14 17:22

化学関係の仕事をしていますが,100ccぐらいなら全く心配ないと思いますよ.



灯油はガソリンなどに比べると気化しにくいので,地面に残りやすいと言えますが,逆に,近くに種火があっても引火しにくいとも言えますね.

雨で少しずつ流されてしまいますから,100cc程度の量であれば,何も処置しなくても大丈夫でしょう.

ただし,灯油は雨水に溶けるわけではないので,「油を水洗いしている状態」になります.なかなかなくならないですね.なので,同じ場所に何度もこぼすようだと問題です.

こぼさないようにするには,自動車のエンジンオイルを交換するときに使う「オイルパン」という大きなお皿の上でやるのがベストですね.似たようなものがDIYショップなどで売っています.100円ショップにも大きなトレイが売ってますね.サイズが合えば,それでも大丈夫だと思います.

こぼしてしまったときには,土を掘り起こして焼くか,大量のアルコールで洗い流す手でしょうけど,いずれも危険な作業です.

この回答への補足

皆さん 回答ありがとうございました。本当は皆さんに
ポイントを差し上げたいところなんですが、考えた末に、とりわけ 私が知らなかったことを教えてくれた方に それぞれポイントを差し上げます。

補足日時:2003/12/15 21:21
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

アルコールですか。確かに水と灯油を融和させますが、アルコールも燃えますからね。

お礼日時:2003/12/15 17:54

   cherry77さんこんにちは。


地面にこぼした量にもよりますが、1リットルの灯油をこぼした時には、バケツ1杯10リットル位の水を掛けるのが良いと思います。灯油も水も地面には染み込みますが引火の原因にはならないと思います。もちろん周囲に火の気がないことが前提です。近くに火の気ある場合は、新聞紙で吸い取ります。

 次回から、気になるようでしたら灯油を給油するときに地面に新聞紙を2~3日分敷いておけば、こぼしても良く吸い込んでくれます。床の場合も同じく新聞紙を敷いて置くと良いです。

 くれぐれも、ストーブの火が付いたまま給油しないことです。これは厳禁でとても危険です。参考になれば幸いです。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

今度からは こぼさないように気をつけ、そして こぼしても安全なように対策をしないといけないですね。
効果的な対策についても何かご存知でしたらお願いします。

お礼日時:2003/12/14 17:30

暫くすると、灯油は気化しますので、乾くまでの間は火気を近づけないようにする事ですね


もし、掘り起こせる地面であるなら、その部分の土を掘り起こして、開いた穴には砂でも入れておきましょう。
掘り取った土は、安全な場所に移動して、火をつけて灯油分を燃やしてしまうか、お日様に当てて、手っ取り早く乾かしてしまうのが無難な方法ですね。
水を掛けると、油分が流れ出してきて薄く広がりますので、気化速度が異様に早まり、気化した可燃性ガスが充満し易くなりますので、洗い流し方には注意が必要です。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

気化するのは知っていたんですが、全部 気化するわけではないですよね。

お礼日時:2003/12/14 17:18

十分な水を掛けておきましょう


引火することはありません
植物が枯れるだけです
私もよくこぼします
    • good
    • 5
この回答へのお礼

質問を出す前にも一応 たっぷり水をかけたんですが
心配で質問を出しました。少し安心しました。
ありがとうございます。

お礼日時:2003/12/14 13:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこぼして乾いた灯油の危険性

石油ファンヒーターに灯油を入れるときに誤って敷地内のコンクリートの上にこぼしてしまいました。しばらくしたら乾いてしまったのですが、成分は残ってるど思うのですが静電気などで引火するなんてことはないのでしょうか?乾いた状態でそのまま放置しておいても大丈夫なんでしょうか?

Aベストアンサー

灯油は簡単には火はつきませんよ

ガソリンなら、少し濡れているだけでも、火のついたタバコを近づけるだけで火がつく(爆発的に燃える)

灯油は溜まっているところに火のついたタバコを投げ込んでも(炎天下でもなければ)タバコは消えるだけです
紙に火をつけて投げ込むか、紙を灯油で濡らして火をつける必要があります

危険の無い状態で実験してみることです(ガソリンは軽々しく行わないように)

Qこぼした灯油の気化時間は

ファンヒーターに給油中に灯油をこぼしてしまいました。
床にこぼれた分は拭きとりましたが、給油口の周囲は手がはいらないため、完全に拭きとることはできませんでした。
すぐに点火してはいけないのはわかっていますが、何時間くらいおいておけば、安全でしょうか。
においを逃がすために、窓はあけてあります。

Aベストアンサー

基本的には灯油は『揮発性油』ではないので、気化する事はありません。

ただし、灯油はガソリンとは違い『それ単体では火がつかない』んです。
燃焼補助って言うんでしょうか、酸素と同じ役割なんですよ。
紙や布等の燃えるものにしみ込ませて初めて燃えるんです。
だから拭ける範囲はティッシュなどでしっかりと拭き取っておけばおそらく大丈夫だと思いますよ。
ただし念をおして注意して見ておくことは大切だとは思いますけどね。

Q家の近くの地面に、大量の灯油漏れ

家に面して設置してあった灯油タンクから、いつの間にか灯油が漏れてしまい、家の壁の元から1メートル四方に灯油がしみ込んでしまいました。庭の芝生にも広がって、枯れてしまいました。すでに1週間くらいたったのですが、匂いもかなり強くて困っています。少しなら新聞に吸わせるとかやろうと思うのですが、多分50リットル以上漏れていて、地面は石まじりの土なので、どうしたものか悩んでいます。
近くの用水路は10m位離れているので問題はないかと思うのですが、灯油を何らかの方法で中和した方が良いのか、その方法はどうしたらよいのか、教えていただきたいのですが・・・。

Aベストアンサー

灯油は字のごとく、多量の油分を含んでいますから、揮発成分が飛んでも油分が残留してしまいます。

中和するなら、一般的な油の中和方法と同様で、家庭用の洗濯洗剤で良いですから、その洗剤で中和させます。

でも地域的な問題もありそうなので、地域の行政に一度相談した方が良さそうですね。

Q玄関先に大量の灯油をこぼした

タイトルの通り、灯油を玄関先に18リットルいりのポリタンク5分の4程こぼしてしまい、とりあえず水で流しながらブラシで出したのですが、玄関内が灯油の匂いで充満し、気分が悪くなりました。今芳香剤を置いてますが、匂いはどうしたら消えるのでしょうか?

Aベストアンサー

すみません#5です。

~中和剤は界面活性剤が入っていますので、やっぱり滑りやすくなるのかも。
使用上の注意をよく読んで下さい(^^;


界面活性剤(台所用の液体洗剤や石鹸など)は、灯油と混ざりやすいという性質がありますので、水だけだとはじかれるものが、洗い流しやすくなります。
(お皿の油汚れを落とす効果ですね。)

Q・灯油って燃え易いんですか?

仮にですが(実際にしませんよ!)
ガソリンでなく灯油を乗用車にまいて
発砲したり火の付いたマッチを投げたりしたら爆発はしなくても
簡単に炎上するものでしょうか?

放火などのシーンでドラマなどででてきますが、
「ガソリンを乗用車にまいて火をつけても意外と燃えにくい。」との回答ですから---.

Aベストアンサー

たくさん回答が書かれていますが内容がバラバラです。
ガソリン、灯油の燃焼の性質の違いは高等学校のレベルの内容です。
引火点、発火点の違いと燃えやすさについて混乱があるとは思いませんでした。
引火点や発火点、燃焼範囲などの値は市販の危険物乙4のテキストには載っているものですから特別に秘密にしなければいけないものでもありません。乙4、または丙の資格を持っている高校生はたくさんいます。ガソリンスタンドでバイトをしている高校生も多いです。
ただ資格を持っているといっても意味も分からずに暗記だけで通ったという人も多いようです。
燃えるとはどういうことか、引火点、発火点、燃焼範囲の説明や関係を授業でやってきました。火をつければどういう燃え方をするかもやりました。
引火点が-40℃以下のガソリンよりも引火点が40℃以上の灯油の方がよく燃えるというような誤解がどこから出てくるのでしょうか。ふしぎです。

ビーカーに灯油を入れてマッチを近づけます。火は着きません。マッチを放り込んでも火はつきません。チャッカマンでやっても同じです。
引火点が40℃以上という事はその温度以下では蒸発が弱くて蒸気と空気の混合気体の中の灯油の蒸気の割合が燃焼範囲の下限の値に達していないということです。燃えるためには空気との混合気体の中での割合がある範囲内になければいけません。燃えるものの割合が少なすぎても酸素の割合が少なすぎても燃えないのです。
灯油の入ったビーカーをバーナーで加熱します。マッチで火がつくようになります。温度が上がれば蒸発が盛んになりますので燃焼範囲に入れば火がつくのです。その温度が引火点です。
火がついてもガラス板をかぶせればすぐに火は消えます。
灯油の燃えているビーカを水の中に漬けて温度を下げてやると火は消えます。燃え始めてすぐの、ビーカーが手で持てる程度の温度であれば消すことが出来ます。

灯油は燃えにくいからこそ家の中での暖房に使うことが出来るのです。余熱や芯の工夫で何とか燃えるようにしているのです。揮発性が高ければ危なくて使うことは出来ません。先日、ガソリン混じりの灯油を売ってしまって大騒動になったというニュースがありました。灯油ストーブは灯油の蒸気発生量に対応しています。揮発性のガソリンが混じればガソリンの蒸気が室内に漏れて引火するという可能性があるということでした。ガソリンスタンドのタンク一杯分が廃棄処分ということになりました。

ガソリンをビーカーに入れてマッチを近づけます。すぐに火がつきます。普通の温度では十分に蒸気が発生していますから燃焼範囲に達しているのです。でもやはり濃すぎても薄すぎても燃えないというのは成り立ちます。ビーカーに半分ほどガソリンを入れてニクロム線式の点火器でで火をつけてみます。点火器を液面すれすれの位置に持っていってからスイッチを押します。点火器のニクロム線が赤くなってきても火はつきません。液面すれすれの所では空気不足の状態になっています。ガソリンの蒸気の濃度が高すぎるので火がつかないのです。赤くなった点火器を徐々に引き上げていきます。空気の濃度がある程度高くなったところで初めて火がつきます。

燃焼範囲は爆発範囲とも呼ばれています。でも爆発と燃焼とは異なります。爆発は空気との混合の割合の範囲がもっと狭いところで起こります。完全燃焼の割合に近い方が起こりやすいと考えていいでしょう。
うまく混ぜればアルコールでも都市ガスでも爆発します。
ガソリンか灯油かということは関係がありません。

doc sundayさまの回答はジーゼルエンジンとガソリンエンジンの点火方式の違いを燃料の燃えやすさと混同されたものだろうと思います。ガソリンエンジンは圧縮した混合気体に電気火花で点火します。これは引火です。ジーゼルエンジンは圧縮だけで点火します。高温の熱源のない状態での発火です。軽油の発火点(230℃)がガソリンの発火点(300℃)よりも低いということも利用しています。 圧縮率を高くして発火点以上の温度を実現しています。

>ガソリンを乗用車にまいて火をつけても意外と燃えにくい

燃えます。
「意外と」というのは何と比較してのことですか。
こういうのをどこで仕入れてきたのですか。

映画にある「崖から車が落ちると爆発、炎上する」というシーンは嘘です。火薬を使って爆発させているはずです。

たくさん回答が書かれていますが内容がバラバラです。
ガソリン、灯油の燃焼の性質の違いは高等学校のレベルの内容です。
引火点、発火点の違いと燃えやすさについて混乱があるとは思いませんでした。
引火点や発火点、燃焼範囲などの値は市販の危険物乙4のテキストには載っているものですから特別に秘密にしなければいけないものでもありません。乙4、または丙の資格を持っている高校生はたくさんいます。ガソリンスタンドでバイトをしている高校生も多いです。
ただ資格を持っているといっても意味も分か...続きを読む

Q灯油こぼしました。 掃除方法

大掃除をしていたら うっかり灯油をこぼしてしまいました!
雑巾が大量になかったので 新聞紙ですって、今検索していました。
こぼした場所は DKで素材はなんて言うんだろう・・
フローリングみたいだけど、木じゃなく合成素材?みたいな物です。
検索すると小麦粉やお茶がら洗剤をふっておくとよいそうなので、
今洗剤をふっています。
そちらは、あとは水ぶきでいいのかな?

問題は 洋服と本。
ちょうどまとめて洗おうと足元においていて 灯油がついてしまいました。
すごく気にいっている服なので できれば捨てたくないのですが
どう処理すればいいですか?

それと、本。
ドライヤーで乾かすと危ないですよね?
新聞紙を一枚一枚 はさむとかしか方法はないですか?

それと、検索していて臭いに関してが多かったのですが、
自分はあまり臭いは 気にしていなかったのですが、
さっきから 隣の部屋にいるのですが、急に頭が痛く気持ちが悪いです。
換気はしているのですが、他に対処法ありますか?

Aベストアンサー

回答になるかどうか分かりませんが、職場で灯油をこぼした時に、先輩から教えてもらいました。

重油はガソリンで、ガソリンは灯油で、灯油は水で拭くのだそうです。
まず雑巾を水でぬらして拭く。
灯油を吸った雑巾は、バケツに貯めた水で洗いながら、何度か拭きます。
新聞やティッシュだと、拭いた跡がツルツルしませんか?水拭きでは、それが無かったように思います。
素手だと手の油分が無くなってカサカサになるので、保湿してください。

ガソリンを吸った新聞をゴミ袋に入れて、密封しないように。
揮発して発火すると危険ですよ。
危なくない所に、ゴミ袋の口を開けて、揮発したものがたまらない様に注意してください。
もちろん、室内もしばらく喚起が必要です。

洋服や本・・・・難しいですね。
クリーニング業者に問い合わせするのが、ベストですかね。

Q灯油の臭いを消す方法

とある理由によりベランダに灯油をばら撒いてしまいました;;
洗剤などをぶっかけても臭いが消えず、気分が悪くなってしまいました><
どなたか対処法を教えてください

Aベストアンサー

(1)灯油など強いにおいの油をこぼした場合はまず、こぼした灯油の上に小麦粉(お茶の葉や洗濯用粉末洗剤でもできます)をふりかけます。
そして小麦粉が灯油を吸ったらそれをホウキで取り集め、ごみ箱に捨てます。また、手に灯油のにおいがついた場合は、食用油を少しなじませてからハンドソープで手を洗うときれいにとれます。

(2)灯油を給油してて、ついうっかりしてこぼしてしまったなんて経験、皆さんあると思います。こぼれた灯油を拭いても後に灯油の嫌な匂いが残ってしまいますよね。そんなときはこぼしたところに茶がらをまいておきましょう。茶がらがにおいを吸い取ってくれます。なお、こぼしたときは、雑巾などで拭かずに、小麦粉や洗濯用の粉石けんをふりかけて、十分に吸い取らせて、ほうきではわいて、軽く水ぶきすればにおいも残りません。

手についた灯油のにおいですが、これも厄介ですよね。そんなときも茶がらをよく手で揉みほぐせば、においはとれます。ほかにもみかんの皮や食用油などを十分に手になじませて、そのあとに石けんで洗い流せばこれまたきれいにとれます。

Q灯油は揮発しますか?

以前、灯油をこぼしてしまい、「揮発するから大丈夫」と主人に言ったら、「ガソリンと違って灯油は揮発しない!」とものすごいけんまくで叱られました。
それ以来、「灯油は揮発しないから!」と念を押されています。私は揮発する と聞いた事があるのですが、どなたか教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

質問者様に一票・・・

ガソリンよりもかなりゆっくりですけど、
揮発します・・

はい。下記をどうぞ♪
動物を飼っている場合もかなりの注意が必要みたいですよ。

参考URL:http://www.pref.chiba.jp/syozoku/b_kenmin/customer/2002/0302b-j.htm

Q灯油は引火しない?

灯油の中に、火のついたマッチを落としても、燃えないって、聞いたことがあるんですけど、本当ですか?

Aベストアンサー

常温の灯油であれば引火は起きないですから,マッチが灯油に
達した時点では灯油には火が付いていません。
マッチはこのまま灯油に漬かることになります。これによって
・マッチの熱が灯油に奪われ,灯油の温度が引火点
 まで上がる前にマッチの火が消える。
・マッチが灯油の中に入ることによって酸素と遮断
 されマッチの火が消える
ということになるので,まあ燃えなという現象は起こります。
逆に言えば,灯油の量がすごく少ない場合はマッチの熱で引火点を
超えてしまい,酸素も遮断されないという現象が起こりうる
わけですから,灯油にマッチを入れても燃えないということは
必ずしも正しくありません。

これは引火点の説明をするために「燃えやすいと思われている灯油
でさえ,引火点の関係で燃えないことがあるんだぞー」と言いたい
がための例に過ぎません。
もしくはガソリンの危険性を説明するための比較材料でしか
ありません。決して灯油の安全性を保証するためのものでは
ないでしょう。
ご質問の回答に関しては
「常温においては起こりうる現象です」

常温の灯油であれば引火は起きないですから,マッチが灯油に
達した時点では灯油には火が付いていません。
マッチはこのまま灯油に漬かることになります。これによって
・マッチの熱が灯油に奪われ,灯油の温度が引火点
 まで上がる前にマッチの火が消える。
・マッチが灯油の中に入ることによって酸素と遮断
 されマッチの火が消える
ということになるので,まあ燃えなという現象は起こります。
逆に言えば,灯油の量がすごく少ない場合はマッチの熱で引火点を
超えてしまい,酸素も遮断されないとい...続きを読む

Q灯油でアスファルトが溶ける?

ファンヒーターのシーズンも終わったので収納のためタンクに残った灯油をポリ缶の移しかえてたらアスファルトにコップ1杯程こぼしてしまいました。30分後くらいに水で洗い流したのですが、その1時間後くらいに地面を見てみるとアスファルトが溶けて指で穴が掘れるくらいに砂のようにジャリジャリした状態になっていました。アスファルトって灯油でこんなに簡単に溶けるものなのでしょうか?
又、溶けたアスファルトの補修方法を知ってる方がおりましたら併せて教えて下さい。

Aベストアンサー

 アスファルトは油に溶けます。そのため、ガソリンスタンドなど油性の液体を扱う施設は、必ずコンクリート舗装としています(荷重の問題もありますが)。

 舗装に使うアスファルト・コンクリートは、アスファルトに砂利などを混ぜたもので、アスファルトを固着材として使用します。アスファルトの代わりにセメントを使用したものをセメント・コンクリート(俗に言うコンクリート)といいます。

 溶けてしまったアスファルトは、下層の砂利層に浸透してしまってますから、その部分を何かで充填してやる必要があります。
 補修用の充填材が市販されていますから、試してみてはどうでしょう。
http://store.yahoo.co.jp/diy-tool/h005.html


人気Q&Aランキング