やぐらコタツのヒーター上部についている耐熱ボードの名称はなんというのでしょうか?
ホームセンターを数件回りましたが、首をかしげるばかりでどうしようもありません。
出来たら、畳一畳分くらい欲しいのですが、、

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.2です。



訂正:前回の回答<前者の回答

よくわからないからこそ、市販のコタツを改造したらいいのでは?
市販のコタツはヒーターユニットの上に、既に何らかの材が挟んであるし、さらに、布団を使用できるように考えれば(図で示したんですが分かりづらかったでしょうか?横に波打った線は、布団を示しています。)No.3さんの懸念も解消しますよね。

ヒーターユニットで暖める空間は何かで仕切ってそう大きくないように考えていらっしゃるようなので、布団をかけることが絶対条件だとは私は思いませんが、ネットという不確かな場所での議論の場合、安全を考慮したご意見を素直に受けるのは大切だと思います。

さて、とりあえず、ウチのコタツを見る分には、ヒーターユニットの上はMDFっぽいですが、どうしても自作したくって安全を見越したらケイカル板やその他の断熱性と不燃性を持った材で組んだらいいのでは?というのが、他の回答者様も含めた意見だと解釈しています。

で、これをしてホームセンターで、「コタツに使いたいんだけど」と言っても、本来の使用目的からは外れるし、こたつヒーターの使用方法としてもそんなことは推奨していない訳で、「これでいいですよ」なんて言ってもらえる訳ありません。
もしものことを考えたら、ホームセンターの従業員は口が裂けても「ダイジョウブ」とは言えないでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答どうも。
、、、ヒーターユニットで暖める空間は何かで仕切ってそう大きくないように考えていらっしゃるようなので、布団をかけることが絶対条件だとは私は思いませんが、、、、
上記の部分に注目をさせて頂いております。
今、考えておりますのは、下から、ヒーター、その上に断熱ボード、その上に天板(これは市販の2センチほどの板です)※つまり、断熱ボードを天板にしたからネジ止めをします、ヒーターは、断熱ボードにネジ打ちします(結局、天板までつきぬけますが、、、)。
で、こたつの四方は、毛布でぐるりを完全に囲みます(毛布は、天井部分にはありません、4本の足にぐるりと一周囲むわけです)
※あと疑問なんですが、毛布でも大丈夫でしょうか?毛布は毛があるので、ヒーター部に飛散しやすいのではないか?と心配をしております。
質問は以上でございます。
よろしくご教示御願いします。

お礼日時:2010/01/17 23:45

ケイカル板で検索すれば、色々出ます


参考例
不燃材で住宅の軒天井等に利用で、材木屋さん、DY用のホームセンターには有りますhttp://www.genbaouen.com/modules/yougo2/content/ …

使用目的不明ですが「普通のコタツユニットは」
布団掛けて利用しないと、センサーが温度感じ無いので
ヒター連続起動で温度ヒューズ切断で使用できません
又使用方法でユニットも天板取り付けタイプと床置きタイプが有ります
http://www.ntb-m.com/item_interior_roof.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうも。
ホームセンターで、再度、探してもらいますね。
アドバイスありがとうございます。

お礼日時:2010/01/17 23:46

前から何度も同じような質問を為されてますが..。


簡単に閉め切らずに、補足として質問を継続してた方が回答しやすいんですけど。

そもそも、カウンターにヒーターをとり付けて、足にあたりませんか?
また、当たらないとして、どれくらいの余裕があるか分からないので、適切な素材かどうかも分からないでしょ?

熱を伝えにくい/熱をこもらせにくい/不燃性の素材を(例えば断熱材(GWとかロックウールでも)挟めばいいんじゃないですかね?

前回の回答の「軽カル板」で伝わらなかったですか?
コンロの前に使う耐熱の板 とでも言えば、分かりやすいですかね?

というか、市販のこたつを買って天板の下に入るように足の長さなどを変更する方がよっぽど安上がりで早くないですか?
「やぐらコタツのヒーター上部についている耐」の回答画像2
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答どうも。
補足を利用すべきでしたね。ご迷惑をおかけいたしました。
天板にとりつけても、足にあたらないように足を高くしてあります。
ホームセンターでケイカル板と聞いたのですが、こたつに使用している板かどうかは分からないような感じでした。
あとは、取り扱いがないようでした。
でもって、苦労しています。
ご協力よろしく御願いします・

お礼日時:2010/01/17 09:37

http://www.kagu-ichiba.com/kotatsu_top.html
http://www.toku-juki.com/library/facingplate.html
こんなところではないでしょうか。 サイズ的には特注?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうも。
ご紹介頂いたHPを見ましたが、どの板が、コタツヒーター上部についている板の材質なのかがわかりませんでした。
すいません、ご教示ください。

お礼日時:2010/01/16 22:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこたつヒーター上部のハードボード

現在テーブルこたつをDIYで製作中です。
そこでこたつヒーターユニットの上部にハードボードが必要のようなのですが
ネットで調べても企業相手のページばかりで個人に小売してくれるところが
見つかりません。
近所のホームセンターに問い合わせたところ取り扱っていないようです。
どなたか個人でもハードボードの小売販売をしている
ところをご存知ないでしょうか?

※ハードボード=こたつヒーターとこたつ布団の間で断熱・遮熱をする板です。

Aベストアンサー

お住まいの地域が分かりません。最寄の建築関係業社、大工、内装業者、電気工事業社の方に相談するか手配して貰いましょう。又は電設資材店や建設資材店又は大きめなホームセンターで手配する事が出来ますので、ケイカル板、ケイ酸カルシウム板、石膏では無い耐火ボードとして注文してください。
ロイヤルホームセンターは何処にあるの???
http://www.geocities.jp/papasan427/newpage18.html

Qこたつを自作したいです

リビングのソファーに合わせたこたつを探しているのですが、いまひとつ丁度いいサイズのものが見つかりません。

そこで自分でコタツを自作したいのです。

既成のテーブルに市販のこたつからユニットをはずして取り付ける方法、もしくはテーブル自体から自作してユニットを取り付ける方法の二つを考えています。

コタツと言うものは幸いふとんで隠されるので、大きなホームセンターで木材や板を組み上げていくだけでもいいかなと考えているのですが。

こたつユニットと板との間に断熱の素材も必要でしょうし、極端なサイズだと今度はこたつ布団の問題も出るのではなど、素人では思いつかない点もあると思います。

自作の経験のある方や、電気関係の専門家などアドバイスがあればご指南ください。
また参考になる過去質問やサイトなどもご存知でしたらお教えください

Aベストアンサー

ちょうど昨年テーブルこたつを自作しました。
私の場合は堀コタツに嵌るテーブル自作でしたので材料集めから全てDIYですけど。

元になる市販のこたつテーブルがあればそれを改造するほうが楽だと思います。
http://www.twin.ne.jp/~hasami/various/interior/020205/001.htm
でも市販の家具調コタツは最近は樹脂製で脚が特殊な形をしてますね。
脚とやぐら部分の結合部分が市販の木材加工で組みつけられれば問題ないでしょう。

ヒーターユニットには上部にに断熱材としてハードボードが必要ですが、流用であれば気にしなくてもいいですね。

すべて自作する場合は
脚になる角材(ネットで購入)
やぐら部分の角材
脚とやぐら部分を結合するコーナー金具類(ネットで購入)
こたつヒーターユニット(季節的に店舗に在庫なしでネットで購入)
ハードボード(ネットで購入)
天板(ネットで購入)
私の場合はこんな感じで材料を集めました。
ハードボードは古い乗用車のトランクスペース(スペアタイヤの上に被せてある)の板です。
私はネットで購入しましたけど・・わずか30cm角程度の板のために。
http://www.metro-co.com/pdf/install.pdf

ちょうど昨年テーブルこたつを自作しました。
私の場合は堀コタツに嵌るテーブル自作でしたので材料集めから全てDIYですけど。

元になる市販のこたつテーブルがあればそれを改造するほうが楽だと思います。
http://www.twin.ne.jp/~hasami/various/interior/020205/001.htm
でも市販の家具調コタツは最近は樹脂製で脚が特殊な形をしてますね。
脚とやぐら部分の結合部分が市販の木材加工で組みつけられれば問題ないでしょう。

ヒーターユニットには上部にに断熱材としてハードボードが必要ですが、流用...続きを読む

Qコタツヒーターユニット (ヒーター部分の取替え用)を板に取り付けたいが、、

コタツヒーターユニット (ヒーター部分の取替え用)を板に取り付けたいのですが、安全面で心配しております。
通常の市販のこたつの机には、木で桟の作りで、その間にこたつ用ふとん、その上に天板、となっております。
ところが、今回私が作ろうとうしている自作のこたつは、単純に天板にこのコタツヒーターユニットを取り付けるだけの予定です。コタツヒーターユニットと天板の間に、こたつふとんは無い状態でございます。
このような使い方、取り付け方は安全上問題ないでしょうか?
よろしくご教示ください。

Aベストアンサー

例えば、天板に下からカーテンレールを付ける。
そこに厚手の手触りのいいカーテンを垂らす。
カーテンレールの外側、少し離れた部分に保温のために厚手の布を垂らす。(カーテンの上端と少し重なればいい、マジックテープで天板とは取り外しできるようにしておくとか。)

で、足元はホットカーペットか足温器(フットヒーター)を置いておく。http://shopping.yahoo.co.jp/category/4002/

こたつのヒーターユニットにこだわる訳が分かりません。

#ちなみに、前回の質問から
冷蔵庫の機種によっては、横/後ろを「・・cmはあけておく」といったように指示されている物があります。
確認しましょう。

Qこたつ交換ヒーターに使う耐熱板はどこで販売していますか?

こたつ交換ヒーターに使う耐熱板はどこで販売していますか?
ホームセンターにいきましたが、販売していませんでした。
サイズは大きくてもよいし、代用品の板でもよいので、なんとか手に入れたいのですが、、、

Aベストアンサー

コタツの上に何を使ってる不明ですが、
ホームセンターで建材売ってれば置いていると思うので確認してください、。

Q交換用こたつヒーターを家の普通の机の下に取り付けたいのですが、火災の危険は?

交換用こたつヒーターを家の普通の机の下に取り付けたいのですが、火災の危険は?
よくこたつには、すきまだらけの机(さんだけしかないような軽い木材でできた机?)がよく使われていたような感じをもっていますが、、
現在、私が取り付けようと考えている机は、60センチ×45センチの、よくホームセンターに安売りしているような、足は鉄(直径2センチ足らずの弱弱しいパイプ)です、そして、この鉄パイプは、机の下(裏側)で、単純にネジとめしてあります。足は4本で、囲いの板などはありません。
机の裏には、同じ鉄の材質で、物入れがあるようですが、これは金きりのこぎりで切り落とすつもりです。机の板(ものを乗せるメインの天板)は、合板をつやつやにしてある2センチくらいの板です。
こんな簡単な机に、この市販の交換用こたつヒーターを取り付けて、火災などは大丈夫でしょうか?机の板に隙間がないので、熱が逃げないように感じまして心配をしております。
アドバイスを宜しくお願いします。

Aベストアンサー

火災の危険性はありますね。
素人がそのような電気工作は止めといたほうがいいです。

電気ひざ掛けなどで暖める方法を考えてください。

QMDFパネルに釘は適するか

 すのことMDFパネルを利用して本棚を作ろうと思うのですが、木材がほぼ決定したと思ったらMDFパネルは釘に適さないとの説明がありました。
 ちなみに作り方は、すのこを2つ用意して側面に向かい合わせ、脚に板を打ち付けて完成という簡単な作りです。
 このような作り方でMDFパネルだと適さないのでしょうか?第2案でコンパネにしたほうがいいでしょうか?また、すのこも安っぽい(2つで300円)桐製の予定ですがどうでしょうか?

Aベストアンサー

MDFパネルは面の方に釘を打ち込んでも問題ありませんが、その直角方向の厚さ方向から釘を打ち込むと割けることが多くあります。
プロが使用する細くて長い釘ならば割けずに打ち込むこともできますが・・・。
「仮釘」や「隠し釘」と言われる物を使うと良いのですが、これだけでは保持力が劣るので、ボンドと併用してください。

釘よりも木ネジを使われた方が良いでしょう。
木ネジも下穴を開けなければやはり避けますが、下穴をあけた釘よりも保持力が強いです。

釘や木ネジは仮止めの効果として考え、ボンドで強度を出すようにした方がMDFは扱いやすいです。

コンパネはMDF以上に釘や木ねじが使いにくいです。

木材としてのお勧めはランバーコア合板です。
無垢の木を挟んで合板にしていますから、どこからでも釘なり木ネジが使えます。
ホームセンターにも置いてありますから探してください。

Qテーブルみたく膜を張ったようになる塗料

先日テーブルを作りました。
リサイクルショップでテーブルの足だけと、
ホームセンターで天板(四角い木材)を購入し組み立てました。

木材の方は何という木か見てこなかったのですが
無垢のもので柔らかいものです。
水で薄くした水性のペンキを塗りましたがよく吸い込み
素適に出来上がり満足しています。

ここから問題なのですが、天板の表面が木独特のザラザラ面の
ままなのでどうにか触れた時にテーブルっぽくなるような
位にしたいと思っています。
これは塗装をするのでしょうか?
既製品のものをみるとピカピカと輝いていますが
あそこまではいかなくてもざらざらが抑えられるくらいに
なればと思っていますが具体的にどうしたらいいのでしょう。

もし塗料のようなものを塗るのでしたら材料名を、
違うやり方があるのならば教えてください、お待ちしております!

Aベストアンサー

ざらざらを抑えるのは塗料ではなく、サンドペーパーによる表面仕上げです。

柔らかい木(針葉樹)ならペーパー掛けが比較的簡単です。
80番から初めて、120番、180番の順に細かいペーパーで丹念に研磨してください。
コツは木目に沿ってサンドペーパーを動かすことです。
木目を横断するように動かすと、ペーパーの傷が目立って仕上がった後まで残ります。

ウレタン仕上げをするならば240番まで必要ですが、素人がウレタン塗装で、きれいに仕上げることは困難です。
(きれいにできる技術があるならここに質問しないはず・・・)

失敗が少なく、比較的きれいに仕上げるためにはオイルフィニッシュが良いでしょう。
自然系のオイルなら、塗った後のシックハウス被害も防止できます。

参考URLの太田油脂の「健康オイル」は使いやすく、ホームセンターでも取り扱っています。
これ以外でも自然オイル仕上げ用のオイル塗料が販売されていますので、店員にお問合せください。

仕上がりを決めるポイントは「サンディング」に尽きます!

参考URL:http://www.sun-inet.or.jp/~ohtaoil/otprodct.htm#tkm

ざらざらを抑えるのは塗料ではなく、サンドペーパーによる表面仕上げです。

柔らかい木(針葉樹)ならペーパー掛けが比較的簡単です。
80番から初めて、120番、180番の順に細かいペーパーで丹念に研磨してください。
コツは木目に沿ってサンドペーパーを動かすことです。
木目を横断するように動かすと、ペーパーの傷が目立って仕上がった後まで残ります。

ウレタン仕上げをするならば240番まで必要ですが、素人がウレタン塗装で、きれいに仕上げることは困難です。
(きれいにできる技術が...続きを読む

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Q2×4同士を結合するには?

ホームセンターなどで「2×4」という木材が売られていますが、あれは何の樹なんでしょうか?

それはさておき、この木材同士を結合する場合、どうするのが一番綺麗に結合できますか?

以前10cm?くらいの長さのネジで固定しようとしたらネジをねじ込む度に木材にヒビが入りどんどん広がってしまいました。
これを改善するには電工ドリルで穴を開けてからネジをねじ込むのがいいのでしょうか?

もしそうならどのくらいの太さのネジ穴を開けるのがいいのでしょうか?
あと穴の深さもどのくらいがいいのでしょうか?10cmなら9cmくらいの穴でしょうか?

それから接合部はボンド(強力接着剤?)を塗って乾燥させてからの方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>ホームセンターなどで「2×4」という木材が売られていますが、あれは何の樹なんでしょうか?

現在、2×材で最も多く使われている樹種は、「SPF(エスピーエフ)」と呼ばれるものです。
スプルース(Spruce、米トウヒ)、パイン(Pine、マツ類)、ファー(Fir、モミ類)などの常緑針葉樹の総称で、いずれも成長が早く加工がしやすいことから、建築材である2×4材に適しているとして昔から使われてきました。主産地はカナダ、アメリカ。

また、 「ホワイトウッド」と呼ばれる北欧・スウェーデン産のものもあります。

ということで、特定の木ではないんです。

>以前10cm?くらいの長さのネジで固定しようとしたらネジをねじ込む度に木材にヒビが入りどんどん広がってしまいました。
これを改善するには電工ドリルで穴を開けてからネジをねじ込むのがいいのでしょうか?

その時、どんなビスを使ったか分からないのですが、今は、細ビス(スリムビス)というのがあって、割れにくくなっています。 それでも、固い木の場合は、ビスの太さ(この大きさは、メーカーが表示してあるサイズ 例 3.9 × 90)マイナス1ミリ位の下穴をあけると、まず割れないです。 ネジを実際に測るなら、ネジ山を切ってないところの太さマイナス0.2から0.3位かな。(経験的に)

> あと穴の深さもどのくらいがいいのでしょうか?10cmなら9cmくらいの穴でしょうか?

本当に固い木の場合は、ビスの長さより少し深くです。 しかし、2×4材なら、そこまで必要ないです。 

>10cmなら9cmくらいの穴でしょうか?

これだけあければ、十分すぎると思います。

>それから接合部はボンド(強力接着剤?)を塗って乾燥させてからの方がいいのでしょうか?

私なら、そうします。 下穴をあけるにしても、ビスを打つにしても、木がずれず、簡単だと思います。 ボンドですが、速乾性の木工ボンドでいいのではないでしょうか? 十分だと思います。 質問者様が、どれほどの強度を欲しいかにもよるでしょうが・・。

以上、経験的に書きましたが、参考まで。

>ホームセンターなどで「2×4」という木材が売られていますが、あれは何の樹なんでしょうか?

現在、2×材で最も多く使われている樹種は、「SPF(エスピーエフ)」と呼ばれるものです。
スプルース(Spruce、米トウヒ)、パイン(Pine、マツ類)、ファー(Fir、モミ類)などの常緑針葉樹の総称で、いずれも成長が早く加工がしやすいことから、建築材である2×4材に適しているとして昔から使われてきました。主産地はカナダ、アメリカ。

また、 「ホワイトウッド」と呼ばれる北欧・スウェーデン産のものもあ...続きを読む

Q木工用ボンドで接着した木と木を剥がしたいのですが。

木工用ボンドで接着した木と木を剥がしたいのですが。
以前、本棚の内部の棚として、つけた板を剥がしたいのですが、
何かよい方法、ご存じありませんか??

Aベストアンサー

熱と水分で分解できます。
一番良いのはエスプレッソメーカーみたいな水蒸気をあてることですが、ヤカンの蒸気でもよいですし、蒸しタオルをあててアイロンを上から押し付けるのでも同様の効果が得られます。
接着面が広くて水分がいきわたらないようなら熱だけでもかまいません。触れないくらいまで充分熱した後、油絵やケーキつくりに使用する薄いへらを少しずつ差し込んではがします。

このような作業は楽器の修理ではごく普通に行われる作業です。
下記のページに参考になりそうな動画がありました。

http://odyssey-guitar.sakura.ne.jp/80_WordPress/?p=7228


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング