今まで沖釣りをメインにやってきて、特に道具に強いこだわりもないため無難にシマノやダイワの製品を使ってきました。

最近ルアー(ソルトウォーター)を本格的に始めたい思いルアー用品をいろいろ物色していますが、沖釣りでは見掛けないメーカーがいろいろあるんですね。

その中でアブガルシアというメーカーが少々気になっています。
海外(欧州)メーカーでデザインも良いので高級かと思いきやリーズナブルな印象を受けます。店頭でもかなり割り引かれて販売されているのをみかけます。

「海外メーカーでデザインが良い」=ドイツ車のような高級品・高性能と安易に想像してしまうですが、アブガルシアに関してはデザイン重視で性能は値段相応といった感じのメーカーなんでしょうか?
あるいはイタ車のように当たり外れの大きいメーカーなのか?

詳しい方、ご教授ください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。



ABU・・・ベイトリールが有名ですね。
25年位前から、国産メーカーの性能と品質が良くなりダイワやシマノで十分に成りましたが
昔はベイトって言うと、ABUって位定番でした。
コレクターも多く、未だに「ABUじゃなきゃリールじゃない」って熱狂的なファンも居ます。
今でこそ、安価で購入できますが、昔は国産品の2,3倍の価格が付いていましたよ。

今となっては、性能に関しては可も無く不可も無くです。
他メーカーでも同じですが、同じメーカーでも販売ブランド内での売価が性能差と言えるので
何を選ぶかによりますね。
*ベアリングとかは、高い機種も安い機種も同じ物を使っている事が多いです。
 数の差が価格差っぽい所が有ります。

釣りに対する姿勢が分かりませんが、趣味の物なので“気に入ったデザイン”とかで
選んでも良いかも・・・


http://www.purefishing.jp/abugarcia/
    • good
    • 15
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。アブガルシアのことが大変よく分かりました。
ロッドやウェアその他いろいろ出しているようですが、リールこそABUの真骨頂(だった?)といった感じでしょうか。
充分使えるようですし、釣りに対してシビアな物を求めているわけではないので、おっしゃる通り気に入ったデザイン重視で選んでみようかと思います。

お礼日時:2012/03/01 12:54

30年ほど前に買ったABU7000は今でも健在です。


八丈島で磯からヒラマサ狙いに7号を200メートルほど巻いて遠投してましたが、
遠投性能も耐久性能も本気で使うなら高くても元が取れるABU一択の時代でした。
当たりハズレは小さく、自分も友人も買って損をした話は一切ありません。
ペンなどはレベルワインダーが無く巻取りがわずらわしかった記憶があります。

その頃は高いけど性能も良い特別な存在でしたが、20年ほど前からは
バス釣りが流行り小型のベイトリールなどはスプールが太くて軽い国産の方が
性能が上になった気がします。カルカッタが出た時の感動を覚えています。

参考までに30年前は1ドル200円の時代だったと記憶しています。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
かつては「アブガルシアしかない」という時代があったんですね。
逆に言うとその後の国産メーカーの頑張りも評価すべき、ということでしょうか。
私はシマノとダイワの違いもよく分からないレベルですが、アブガルシアはそんな私にも個性が感じられる気がします。趣味のものとしてぜひ欲しくなってきました。

お礼日時:2012/03/04 16:05

abu は1921年創業のABウルファブリケンという会社が基になっていて


起業はスウェーデンのスヴェングスタという町です。
(ガルシアはアメリカの企業で後に合併)
創業当初は懐中時計と電話の度数計を作っていましたが
その後タクシーのメーターの製作がメインになっていました。
世界大戦の為、タクシーメーターの需要がなくなり、
創業者の趣味であった釣具リールの生産に切り替え
精密な機械加工技術もあったので力をつけ
総合釣具メーカーになっていきました。
イギリスのハーディやフランスのミッチェルなどと並ぶ老舗ブランドです。
スウェーデン王室御用達のバッチが付いていますよね。

1970年代から80年代に作られた
アンバサダーシリーズのベイトリールは現在も愛好者が多く
(復刻版は現在も販売されている)
質実剛健、丈夫で機械的トラブルが少なく
修理も自分でできて使い込むほど手になじむという物では
ないでしょうか。
最近のリールのような制御機構はないので
多少の訓練をしないと使えるようにはなりませんが
一旦訓練して体で覚えれば
手の一部になったかのようになじみます。
中古やオールドも流通していて
またサードパーティの強化パーツ等も販売されているので
古い機種を使っていけます。
(国産メジャーは10年で部品切れが出始めるので
それが理由で寿命がきますが)
一部にはマニアックなコレクターがいるので
50万円を超える値段で取引されている物もありますが
新品の上級機種リールの価格帯は2~3万円台ではないでしょうか。
開高 健の釣りの本にはよくアンバサダー5000Cの話がでてきます。
水没したリールを2年後に発見したが
問題なく使えたとかというような逸話が紹介されています。
    • good
    • 19
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。成り立ちからアブガルシアのことが非常によく分かりました。

趣味の物なので、デザイン良し、長く使える、手に馴染むとなれば文句ないです。
ぜひ前向きに購入を検討したいと思います。

お礼日時:2012/03/01 12:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスズキのルアー釣りで、PEライン⇔ルアーの直結では釣れませんか?

スズキを釣る時にPEラインを使用しているのですが、私はルアーにPEラインを直結して使っています。
しかし、釣り雑誌等を見ても、PEの先にリーダーを結ぶ使い方が必ずと言って良い程、紹介されています。
PE直結では、スズキに警戒心を与えて釣れなくなってしまうからなのでしょうか?
もしくは、PEは傷に弱いので、根ズレ切れ防止の為にリーダーが必要なのでしょうか?
私の行く釣り場は防波堤で岩は無く、テトラポットの上に乗って釣っているだけなので、根ズレの心配は無いので、
シンプルにする為と、これまでナイロン糸では力いっぱい投げた時に『ペチーン!』と糸が切れていくつもルアーを無くしてきたので、
PE直結でも問題無いのなら、そのまま使いたいと思います。(PEは強い分、ラインを太く出来るので、投げた時に切れた事がないです)
根掛かりで切れた数よりも、投げた時に切れて無くした方が断然多いです(T―T)

ただ、PEラインを使いだしたのは最近で、まだスズキを釣った事がありません。
ですので、PE直結に釣果がどれだけ影響しているのかが分かりません。タチウオは釣れましたが・・・。(;^_^A

スズキを釣る時にPEラインを使用しているのですが、私はルアーにPEラインを直結して使っています。
しかし、釣り雑誌等を見ても、PEの先にリーダーを結ぶ使い方が必ずと言って良い程、紹介されています。
PE直結では、スズキに警戒心を与えて釣れなくなってしまうからなのでしょうか?
もしくは、PEは傷に弱いので、根ズレ切れ防止の為にリーダーが必要なのでしょうか?
私の行く釣り場は防波堤で岩は無く、テトラポットの上に乗って釣っているだけなので、根ズレの心配は無いので、
シンプルにす...続きを読む

Aベストアンサー

直結で釣れるかと聞かれれば釣れるとしか言いようがありません。

力いっぱいキャストすると切れるという事ですが、キャストの際に垂らしを1m程取る様にしてみてください。
それだけで切れないようになるかもしれません(ラインの劣化等は無視します)
ルアー重量が不明ですがナイロン3号前後でキャスト切れしているようであればPE直結でも同様のことが起こると予想されます。
ナイロン直結の際も4号以下を使うならリーダーをセットするのが無難です。

>PEは強い分、ラインを太く出来るので・・・ 
非常に気になる言葉です。
友人がナイロン4号からPEに乗り換える時にPE4号を買おうとしたので慌てて止めましたが、妥協点の2号を進めてもどうしても納得してくれずPE3号を買いました。当然のように泣きを見ていました。
PEを太くするということはキャスティングゲームにおいてはPEの利点の一つである飛距離を犠牲にしてしまいます。
ナイロン3号と同等の強度を求める場合PEだと1号、ラインの径ではなく強度を考えて選ばないと私の友人のように酷い目に遭います。
飛距離が出ない、根掛りして切れない、水を纏ってリール周りがビッチャビチャ等。

ルアー交換の度にPEを結び直すのが面倒だからとか、結び直してチビて行くのがもったいないとか言う理由でリーダー有りを進めている人は居ません。
釣り雑誌等や人の意見で少なからず理由を明記していると思いますのでもう一度読み直してみてください。
その上で直結でも良いと判断されたらそれについて誰も文句は言わないでしょう。

直結で釣れるかと聞かれれば釣れるとしか言いようがありません。

力いっぱいキャストすると切れるという事ですが、キャストの際に垂らしを1m程取る様にしてみてください。
それだけで切れないようになるかもしれません(ラインの劣化等は無視します)
ルアー重量が不明ですがナイロン3号前後でキャスト切れしているようであればPE直結でも同様のことが起こると予想されます。
ナイロン直結の際も4号以下を使うならリーダーをセットするのが無難です。

>PEは強い分、ラインを太く出来るので・・...続きを読む

Q餌釣りとルアー釣り

基本的に、同じ時、同じ場所で、ルアーで釣れているなら餌釣りでも釣れると考えていいものでしょうか。

Aベストアンサー

ルアーで釣れる魚は大きいと考えると、餌もマッチしていれば釣れるかも。
でも大型は釣れないかもしれないなぁ。
船とかでもえさとルアー混合だと、餌はあたりが多い分小さい餌取りがかかったりして
ルアーは大物かかりますし。

餌取りがいるかどうかも関係するかもしれませんね。

Qルアー釣りとフライ釣りの違いがわかりません

釣りを始めようかと思っています。
バス釣りに興味があってネットで勉強してるんですが、ルアーフィッシングとフライフィッシングの違いがわかりません。
ルアーとは魚のおもちゃみたいなやつでフライとは毛がもじゃもじゃした針のようなものだというのは理解しています。
釣る魚の対象が違うのでしょうか?
それとロッドとリールに関してはルアー釣り用とフライ釣り用と種類が別れてるんでしょうか?
素人の私からみたら何でも使えそうに見えるのですが。
ただ海釣り用ロッド(または鮎釣り用ロッド)は明らかに長さが長いのでその違いはわかります。
ぜひアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

どちらも疑似餌ですが、えさの内容が違います。 ルアー小魚や小動物を餌にしている魚が対象です。 ブラックバスは普通はルアーで狙います。
フライは名前の通り虫を餌にしている魚を狙います。 ルアーは餌を水の中に泳がせて魚をおびき寄せますが、フライは虫が飛んでいるところや水に落ちた情景を作ります。 使っているロッドやルアーも違います。 今から始めるのならルアーが良いと思います。 どちらもエア釣りと比べると難しいですが、フライは特に難しいです。 又のめりこむと自分の好きなフライを作り出すので、生半可では出来ないと思います。

Qルアー釣りで釣りずらい魚って何ですか?

ルアー釣りを始めようと思っている初心者です。
一般的に釣りずらい魚を釣りたいと思っています。例えば生態がはっきりとわかっていない魚は釣りずらいのでしょうか?また、絶対数の少ない魚って何でしょうか?
あくまで、ルアーで釣れる魚でお願いします。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

志が高くて結構ですね。それくらいでないと面白くない。
早速本題ですが、口に引っ掛けるのが釣りとする(ギャング釣りと言ってでっかいトレブルフックで引っ掛けて釣る釣り方を除く)ならばボラは確実に難しいですよ。特にメートル級のトドになると己の身体から分泌する脂分が目を覆ってルアーを吸い込ませるのが難しいんです。蛇足ながらコイですが、ルアーで釣るのは比較的簡単です。以前発見したのですがナマズを狙ってジッターバグをパコパコ泳がせていたらバフッと…おもたーい引きでランディングしたのが1m近いコイだった。で、試しに昼間にコイを狙ってジッターバグをパコパコやっていたら入れ掛りだった。興味のある人はお試しあれ。

それはともかく生態の分かっていないサカナは意外と多いんです。例えばバスは冬はどうしているかとか春以外にも産卵しているのではないか、とかイワナは何であんな高地のエサがないような所に生息し続けるのか、とかウナギの稚魚は海に出たらどこに行くのか、とかフナは何でメスがいなくても子孫を残す事ができるのか、とか…そうだろうと最も信頼できそうな『仮説』はありますが、確固たる証拠が見つかっていないのです。どれも聞いたことのあるサカナの名前でしょ?
それに絶対数の少ないサカナはレッド・データ・ブックに載っているような“絶滅危惧種”で、釣っただけでかなりヤヴァイものがほとんどです。

それでも冒険心豊かなあなたには矢口高雄の『釣りキチ三平』を読む事をお勧めします。大昔のマンガですが釣りの詳細を事細かく書いているので参考になる(ダイワ精工や当時の著名な釣り師のアドバイスを元にしている)し、三平君はあなたの心の側線に触れるような“幻のサカナ(例えばタキタロウとかビワコオオナマズとか)”を釣っているので「これだ!」という対象魚が見つかると思いますよ。

どうも、釣りバカです。

志が高くて結構ですね。それくらいでないと面白くない。
早速本題ですが、口に引っ掛けるのが釣りとする(ギャング釣りと言ってでっかいトレブルフックで引っ掛けて釣る釣り方を除く)ならばボラは確実に難しいですよ。特にメートル級のトドになると己の身体から分泌する脂分が目を覆ってルアーを吸い込ませるのが難しいんです。蛇足ながらコイですが、ルアーで釣るのは比較的簡単です。以前発見したのですがナマズを狙ってジッターバグをパコパコ泳がせていたらバフッと…おもたーい引...続きを読む

Qシーバスのルアー釣りで、沈下速度の速いルアーを投げた際の根掛かり率がと

シーバスのルアー釣りで、沈下速度の速いルアーを投げた際の根掛かり率がとても高いのです…スピンテールジグやバイブレーションなどです。
通いなれた場所なら、明らかに根がある場所がわかるのでそれほどでもないですが、
ちょっとポイント変えたりすると、それはもうひどい事に。
毎回毎回2~5個くらいのルアーが消えていきます。値段にして一万円弱…もはや海にお布施している気分です。

着水した後直ぐに引き始めるとか、着底してからすぐにめいっぱい竿を立てて早めに巻くとか 回避の方法もありますが、底を攻めないなら無理して根がかりし易いルアーを使う必要もなく…
或る程度は仕方ないと割り切っていますが、ハードルアーがメインの釣りなので、正直かなり財布に痛いです。

皆さんも、そこらへんは割り切って根がかりの危険性と釣果を分けて考えているのでしょうか?
それとも他に、何か考えとか、秘訣とかあるのでしょうか。

漠然として申し訳ございませんが、教えて頂けますと幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは
私は淡水のバス専門なので、ご参考になるかどうか分かりませんが・・

バイブレーションの腹側のフックは、ダブルフックに交換します。
サイズはルアーが通常の20g程度であれば、#2、
フックをセットして、凹みをルアーの腹にぴったりつけて正面から見た時、腹の横に数ミリはみだす程度に、プライヤーでフックの開きを調節します。
バイブレーションの種類によっては、スローリトリーブではアクションしなくなる場合がありますので、スイミングテストをした方が良いと思います。
それと、お尻のフックはワンサイズ小さく、
最初、#4が付いていたら、#6など。
ご使用のラインの強度が分かりませんが、フックを伸ばして回収する確立が上がります。
フッキング率の低下、バラシの増加などが心配されますが、ロストのショックとを秤にかけて、私はこちらを選択しました。

これで100%根掛りが回避出来る訳ではありませんが、私はこれでかなり回収率が上がり、鼻先がボロボロになったバイブレーションが現役で活躍してくれています。

根掛りは極力したくない、
でも、ストラクチャーぎりぎりを通せるかどうかで、明らかに釣果が変わってくる場合、その技術を磨きたい、
1万円コース、痛いし悔しいですよね・・
その悔しさが、上達の肥しになるといいですね(私は肥しばっかりで、なかなか実がならないんですけど(^^;)。

こんにちは
私は淡水のバス専門なので、ご参考になるかどうか分かりませんが・・

バイブレーションの腹側のフックは、ダブルフックに交換します。
サイズはルアーが通常の20g程度であれば、#2、
フックをセットして、凹みをルアーの腹にぴったりつけて正面から見た時、腹の横に数ミリはみだす程度に、プライヤーでフックの開きを調節します。
バイブレーションの種類によっては、スローリトリーブではアクションしなくなる場合がありますので、スイミングテストをした方が良いと思います。
それと、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報