最新閲覧日:

汎用機、ホストなどともいわれますが、いったいなんなのでしょうか、
最近IBMが自社のM/Fをe-serverシリーズの一つなどと
言い始めたのですが、M/Fとは独自OSを積んだ高級サーバーと
考えればいいのでしょうか、

技術者ではないのですが、UNIX機はある程度イメージがつきます。触ったこと
もあります。
M/Fは見たことも触ったこともありません。

何故あんなに高いのでしょうか?どうして安定性に優れているのでしょうか??
だれか、私にM/Fとはなんなのかを分かりやすくお教え頂けませんでしょうか?
よろしくお願い致します。

*多少なら専門用語も分かります。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (4件)

汎用機の写真、歴史等、ご覧になりたいようでしたら、


下の各メーカーのHPを参考にして下さい。

*メーカーさんの順番に意図はございません。
(順番は、たまたまヒットしたHPで紹介されてた順にしました。)

「日本アイ・ビー・エム株式会社 (IBM Japan, Ltd.)」さん
「コンピューターれきし館ご案内」
http://www-6.ibm.com/jp/event/museum/rekishi/his …
「日本電気株式会社」さん
「SXシリーズ」
http://www.sw.nec.co.jp/hpc/sx/

「日本ユニシス株式会社(Nihon Unisys, Ltd.)」さん
「ENIAC誕生50周年記念 ~その歴史を追って~」
http://www.unisys.co.jp/ENIAC/welcome.html

「株式会社 日立製作所(Hitachi, Ltd.)」さん
「スーパーテクニカルサーバ/並列コンピュータ「SRシリーズ」」
http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/hpc/index-j.h …

「富士通株式会社(FUJITSU LIMITED)」さん
「Supercomputer VPP700Eシリーズ」
http://primepower.fujitsu.com/hpc/jp/vpp700e/1-1 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に有難うございました。

お礼日時:2001/05/11 00:44

単なる言葉遊びです。


最初、コンピュータは科学技術計算用のワードマシンでした。それに対して事務処理にも使えるバイトマシンを両方に使えるという意味で汎用機という呼び方をしました。
その後、コンピュータの種類が増え、スーパーコンピュータ、ミニコン、オフコン、パソコンと区別する為、汎用大型機(小型機はミニコンに駆逐された為)と呼びました。
ミニコンの性能が向上し、分散コンピューティングが主流になり、サーバーやワークステーションという呼び方が普通になった頃、汎用大型機メーカー側は自分達こそコンピュータの主流であるという意味を込めて「メインフレーム」と呼びました。

>M/Fとは独自OSを積んだ高級サーバー
IBMは、かなり以前からAIXというUNIX互換OSをメインフレーム上で走らせています。

>何故あんなに高いのでしょうか?
UNIXサーバーでも最上位機種は、かなり高いです。

>どうして安定性に優れているのでしょうか??
20年前くらいにIBMのマシンに接していましたが、かなり頻繁にダウンしてましたよ(勿論、主な原因はソフトですけど)。基本的に自社開発の部品を使っている( 高い理由でも有る)。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なんとなくコンピュータの歴史は大河ドラマ風ですね。
有難うございました。

お礼日時:2001/05/11 00:52

メインフレームを何十年も扱ってきた者です。

回顧談を。コンピュータといえばメインフレームの事を指す時代も有りました。メインフレームと言う考えが当時あったかどうかは別にしてIBMが1960年代に発売したS360(システム360)がエポックメイキングだったことは確かでしょう。名前自体が360度全方位に因んで何にでも使える万能コンピュータという意味なのですから。各企業で使われたバッチやオンラインの機械はS360かその互換機、または類似機という時代が続きました。 
S360及びその後継機のS370の動向が長い間世界のコンピュータ界を支配してきました。ダウンサイジングやクライアントサーバシステムの台頭で、一時はメインフレーム不要論も叫ばれていましたが、最近ではまた見直されているようです。
メインフレームの最も大きな特徴は、原則として上位互換性が頑ななまでに守られているという事と、何があっても長時間止まってはいけない、何があってもデータを失ってはいけないという責任感の強さでしょうか。メインフレームがデータを失ったり長時間止まったらつぶれる会社がでてもいっこうに不思議ではありません。
高級サーバといえなくもないですが、企業、工場を背負ってたったり、あるいはJRや航空会社の座席予約システム、銀行オンラインなどの膨大なトラフィックをさばいていることを考えると同列に論じきれない面も有ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最近は、金融機関の勘定系にまでUNIXサーバーが検討されはじめ、
いままで別物だと思っていたメインフレームとサーバーの境界線て
何なんだろう?と考えてしまったのが今回の質問をさせていただいた経緯
でございます。ご丁寧な回答有難うございました。

お礼日時:2001/05/11 00:47

メインフレームとは企業などのコンピューターセンターで使われる大型コンピューターのことです。


システムの中心になるコンピューターの意味で、「メイン」という表現が使われます。

ですからどういったコンピュータをM/Fと言うかの明確な定義はありません。

大型コンピュータですのでVMSなどの独自のOSを使っている物もあります。
いまではUNIXを使った物もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2001/05/11 00:52

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ