仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

高性能で軽量なタイヤを探しています。

高性能タイヤと言っても、幅が広いのですが、例えば以下のようなタイヤでしょうか。
・ディレッツァ
・Pilot Super Sport
・S001
・アドバンスポーツ

他にもありますが、サイズが同じ場合、軽量なタイヤを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

Direzza DZ101 245/35R20 27 lbs = 12.2472Kg


http://www.tirerack.com/tires/tires.jsp?tireMake …

Michelin Pilot Super Sports 245/35R20 23 lbs =10.4328Kg
http://www.tirerack.com/tires/tires.jsp?tireMake …

POTENZA S001 245/35R20 28 lbs =12.7008Kg
http://www.tirerack.com/tires/tires.jsp?tireMake …

ADVAN Sport 245/35R20 26 lbs =11.7936Kg
http://www.tirerack.com/tires/tires.jsp?tireMake …

1 lbs. = 453.6g = 0.4536 Kg

Michelinが軽いようです。(このURLの表記が間違いないなら。。)
ただし、ポンド表記の為、誤差が大きいですね。

下記URLで検索しました。
http://www.tirerack.com/tires/TireSearchResults. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
重量が乗ってるなんてすばらしいサイトですね!!
PSSは有力候補だったので、PSSにする方向で行きたいと思います。

お礼日時:2012/04/10 00:22

S001はスポーツ系のタイヤではありませんが。

    • good
    • 1

タイヤは、ミシュランが 軽いです。


タイヤを持てば 解る程!

国産メーカーでは、高性能では無いですが
TOYO DRBが 軽量タイヤです。

BSは 結構重たいです。

ミシュランPS3と ピレリーP7でも ミシュランが 断然軽かった
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
持てばわかるほどというのはすごいですね。
どこかにデメリットがあるのでは?と疑いたくもなりますが、
評価の高いタイヤなので、企業努力の賜物ということですかね。

お礼日時:2012/04/10 00:24

カタログ等に記載が無く開示された情報がありません。



メーカ側も改良のためコンパウンドを変更したりするので、重量が変わるからかどうかは不明ですが発表したくないようです。

実際に現物をホイール装着前に計るしかないと思います。
購入前提なら販売店は断らないと思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタイヤとホィールの重量を調べるサイトを探しています。

タイヤとホィールの重量のわかるサイトがないでしょうか。誰か知っている人お願いします。

Aベストアンサー

スーパーセブンの趣味の方々がデーターを集めたサイトです。
高扁平の重い仕様に興味の無い人たちなので種類も少ないですが、
少しは参考になるかと思います。

http://www.super7.ne.jp/ocean/tyreW2.htm
http://www.super7.ne.jp/ocean/tyreW.htm

高扁平になるとどんどん重くなりますね。
噂ではBSはサイドウォールの剛性に拘るので他社より重いようです。
(重量を出さないのは秘密にしたい為?)

Qミシュラン パイロットスポーツシリーズ(Pilot Sports, 2,3,4,super)の違い

ポルシェ996C4Sでのコンチからの初使用で検討しています。
いまだに不滅のPS2と、その後のPS3/4、SuperSportの違いについて、コメントをお聞かせ頂きたく。

ちなみに、C4Sはターボと同じ295/30R18が標準なので,そのサイズになるとPS2しかないのです(と思っています)が、フロントはPS2ではなくPS3/4,PSSにしようかと考えています。

というのも、PS2は、シリーズ内では相対的に、ウェットグリップが甘く浅溝でハイドロになりやすい、との評価を比較サイトで見かけます。
一方、ドライグリップについてはPS2がシリーズ最強(Sタイヤ系を除く)との評価ではなく、PS4とPSSについても、同点評価が多いです。

同じ車両でPSシリーズに乗られたことのある方のドライとウェットグリップの実際の感触の違いをお教え頂きたく思います。
PS4は出てから日が浅いので、乗り比べられた方は少ないかと思いますが、PS3の後継としてドライグリップが強化されている、との売り文句なので、PS2とPS3との比較でもありがたいです。

ドライグリップはいいことに越したことはありませんが、私はドライとウェットの差が小さいほうが安心して乗れるので、ドライが最強であることよりも、ウェットとの差が小さいモノが望ましいのですが、そうなるとどれがオススメでしょうか?
(希望としてはドライグリップは2番手でもウェットグリップはトップ、というようなレベルのモノがいいです)

ポルシェ996C4Sでのコンチからの初使用で検討しています。
いまだに不滅のPS2と、その後のPS3/4、SuperSportの違いについて、コメントをお聞かせ頂きたく。

ちなみに、C4Sはターボと同じ295/30R18が標準なので,そのサイズになるとPS2しかないのです(と思っています)が、フロントはPS2ではなくPS3/4,PSSにしようかと考えています。

というのも、PS2は、シリーズ内では相対的に、ウェットグリップが甘く浅溝でハイドロになりやすい、との評価を比較サイトで見かけます。
一方、ドライグリップについてはPS2...続きを読む

Aベストアンサー

ポジショニングを考えると、日本でのパイロットスポーツ2の後継タイヤはスーパースポーツの方になります。

現在のパイロットスポーツ(PS3以降)って、ミシュランはハッキリとは言ってませんが、実はプレセダシリーズの後継タイヤなんですね。
(値段はその割には安くありませんが)

ただまあ、ウェットグリップとかそういうのは、排水が追いついている状態での純粋な食いつきはともかくとして、PS2なんかはどちらかと言えば排水性がそれほど良くない方面でウェット性能が低いと思うので、そういう意味では深溝のPS3とかの方がドライとウェットのバランスはいいかもしれません。

Qミシュランタイヤってそんなにいいの?

よく回答でミシュランのタイヤをお勧めする回答を見ます。国産メーカーよりもミシュランのほうが乗り心地などいいのでしょうか?ちなみに私のタイヤは205/40R17なんですが、ダンロップLM703を履いてます。このサイズではパイロットプレセダPP2と言うものしかないんですが、LM703より静粛性、乗り心地などLM703よりいいのでしょうか?詳しい方回答お願いします。

Aベストアンサー

乗り心地と グリップ力は反比例するものです。
どの程度で妥協するかです
パイロットプレセダPP2 ハンドル応答性とグリップに対して さほど乗り心地は悪いとは感じません こんなもんか程度で納得できるレベル。良いタイヤです。

耐摩耗性は、ヨーロッパメーカーのタイヤは長持ちします。
逆に国産タイヤは、交換サイクルを考えた作りで 減りが早いです。
国内メーカーの言い分は、短距離走行が多く 走り出しから即 グリップ性能が出る(温まる)様に作るので 減る とか言ってます。
ヨーロッパでは 石畳やアウトバーンをかっ飛ぶので耐摩耗性は高く作っています。
実際に ヨーロッパタイヤを国内で履いても 違和感無く グリップも短距離でも問題はありません 減らないので好みです。

自動車評論家 三本和彦さんの著書でも ハンドリングを変えたければ
ミシュランタイヤに履き替えろ!と記載されてます。
腰砕けなくしっかりしたタイヤです
ビードワイヤーが固く はめ難いショップ泣かせなタイヤです 反面
バースト時等 リム部からビードが外れずに 出来るだけ安全に路肩へ寄せられるのです。
国産タイヤのビードワイヤーは、柔らかくはめ易い ので 外れ易いのです。
こんな理由から ミシュランは選ばれてます。

自分の最近聞いた情報では ヨーロッパ工場製が一番出来が悪いと聞いてます。タイの工場は津波の被害で生産量が激減らしいい もう回復したかな?(タイは湿度の関係でゴム製品製造には向かないみたい)
日本国生産のパイロットプレセダPP2は 一番良いのでは?
人生で 一度は ミシュラン履いた経験した方が良いですよ。
タイヤの概念が変わるかも

乗り心地と グリップ力は反比例するものです。
どの程度で妥協するかです
パイロットプレセダPP2 ハンドル応答性とグリップに対して さほど乗り心地は悪いとは感じません こんなもんか程度で納得できるレベル。良いタイヤです。

耐摩耗性は、ヨーロッパメーカーのタイヤは長持ちします。
逆に国産タイヤは、交換サイクルを考えた作りで 減りが早いです。
国内メーカーの言い分は、短距離走行が多く 走り出しから即 グリップ性能が出る(温まる)様に作るので 減る とか言ってます。
ヨーロッ...続きを読む

Q安くて軽量なホイール

軽量なホイールを探しています。

一般に軽量ホイールと言えば鍛造ですが、何分高価ですよね。
そこで思うのですが、鍛造というのは確かに「高剛性でかつ軽い」というのは分かりますが、鋳造でも容積の少ないものは、重量だけに着目すれば鍛造と同等以上に軽量と考えてよろしいのでしょうか。

別にサーキット走行なと極限の酷使をするわけではないので、究極の高剛性は必要なく、単に軽量化によって乗り心地、走りの軽快さ、燃費の向上が図りたいと思っています。

例えば、以下の鋳造1ピースホイールなら、安くても質が良さそうだなと思っているのですが、これらの物は、こと重量に関しては鍛造の物と比較して劣らないと考えてよろしいでしょうか?
(同サイズのBBS鍛造だと価格が4~5倍です。)

レイズ グラムライツ57G
http://www.rayswheels.co.jp/2009/products/wheel.php?code=GL_57G
エンケイ レーシング RS-M
http://www.enkei.co.jp/jp/products/wheels/rs+m/outline/index.htm
PIAA モトリスモ
http://www.piaa.co.jp/wheel/piaa-web07/moto.html
ウェッズスポーツSA70
http://www.weds.co.jp/products/wedssport/sa70.html#ch_wheel
WORK エモーション CR-Kai
http://www.work-wheels.co.jp/products/wheel_detail.php?id=ITEM&Brand_id=7&Item_id=47

軽量なホイールを探しています。

一般に軽量ホイールと言えば鍛造ですが、何分高価ですよね。
そこで思うのですが、鍛造というのは確かに「高剛性でかつ軽い」というのは分かりますが、鋳造でも容積の少ないものは、重量だけに着目すれば鍛造と同等以上に軽量と考えてよろしいのでしょうか。

別にサーキット走行なと極限の酷使をするわけではないので、究極の高剛性は必要なく、単に軽量化によって乗り心地、走りの軽快さ、燃費の向上が図りたいと思っています。

例えば、以下の鋳造1ピースホイールなら...続きを読む

Aベストアンサー

安価で軽量というとスチール製なんですが(苦笑)

一例としてこんなの
http://www.honda.co.jp/customer/faq-auto/models/fit/wheelweight/index.html

やはり軽量、ということでしたら素直に高価なものになります。(苦笑)

Q車のアルミホイールの重さについて

車のホイールについて詳しい方にぜひ教えていただきたいことがあります。
お店の人などにはまだ聞いていませんが・・。

現在フィットハイブリッド、15インチのタイヤで、ホイールはオプションなど選ばなかった為
標準のホイール アルミで8.5キログラムのものがついています。
ホイールの変更を検討してますが、ENKEIというメーカーのALL ONE という商品を
候補にあげています。理由。。車が白なのでホイールも白にするとおしゃれかなと。。。
あとインチアップ?とか全く考えていないので、メーカーの適合車で調べて自分の車にあう
ものを基準にしています。
こういった質問コーナーを参考に読んでいたところ、15インチのタイヤで 4kgのホイールは
軽すぎて運転がしづらくなり、逆に8kgだと重すぎて衝撃がくる、純正は7kgに設定という重さに
ついてのコメントがありました。

候補のものは、4.8kgなのですが、8.5kgのホイールを4.8kgに変更すると運転に支障がでる
ものでしょうか?私は女性で、運転がうまい方ではありません。
あまり小さな運転の支障であれば気がつかないと思いますが、ホイールの変更ってそれほど
運転の感じが変わるものでしょうか?
よろしくお願いします

車のホイールについて詳しい方にぜひ教えていただきたいことがあります。
お店の人などにはまだ聞いていませんが・・。

現在フィットハイブリッド、15インチのタイヤで、ホイールはオプションなど選ばなかった為
標準のホイール アルミで8.5キログラムのものがついています。
ホイールの変更を検討してますが、ENKEIというメーカーのALL ONE という商品を
候補にあげています。理由。。車が白なのでホイールも白にするとおしゃれかなと。。。
あとインチアップ?とか全く考えていないので、メーカーの適合車で...続きを読む

Aベストアンサー

自動車の足回りは各自動車メーカーも苦労して軽量化しています。例えばスポーツ性を重視した車両はアルミ製のアームを使用したりアルミ鍛造ホイールを採用したりします。フォーミュラーカーのタイヤ・ホイールのセットなどを持ってみるとはりぼてのように軽いのでびっくりします。しかし、強度や耐久性、それに価格との兼ね合いが有るので、一般量産車はそこまで徹底して軽量化されていないのが現実です。なので運動性や燃費を重視すればホイールは軽いに越したことはないです。
有名な鍛造ホイールメーカーであるBBSの売り文句で「10kgの鉄の塊を持って走るのは何とかなるが、片側5kgの鉄下駄を両足に履いて走ることは難しい。」というのがありました。全くその通りだと思います。

しかし…。
車にもよりますが操縦性の癖を無くすためにわざと重い目の足回りにしているものもあるそうなので一概にホイール軽量化バンザイ!だとはいえません。重めにすることによって慣性質量が増え、直進性が良くなったりハンドリングに落ち着きが出るのも確かです。例えば独楽を考えてください。軽い独楽は回しやすいけれど停めやすいですよね。独楽自体の動きも落ち着きが有りません。重い独楽は一端回り出すと安定してどっしりと回ります。シビアに見るとタイヤ自体の重量も問題になります。ホイール中心部に10kgの重りを付けて回した場合とホイール円周部に10kgの重りを付けて回した場合と結果が異なるのは分かりますよね。軽すぎて運転がしづらくなった、といのはこういう事からではないかと推察します。

ただ、私なら多少のネガがあってもホイール軽量化を選択します。慣れもあるでしょうし軽い方がエライ、という頭があるもので…。乗り心地についてはタイヤが同一(純正品)であればダンパーの追従性が上がるため良くなります。

自動車の足回りは各自動車メーカーも苦労して軽量化しています。例えばスポーツ性を重視した車両はアルミ製のアームを使用したりアルミ鍛造ホイールを採用したりします。フォーミュラーカーのタイヤ・ホイールのセットなどを持ってみるとはりぼてのように軽いのでびっくりします。しかし、強度や耐久性、それに価格との兼ね合いが有るので、一般量産車はそこまで徹底して軽量化されていないのが現実です。なので運動性や燃費を重視すればホイールは軽いに越したことはないです。
有名な鍛造ホイールメーカーである...続きを読む

Qコンチネンタルタイヤってどうですか?

他人の車を見たりしていて、
海外のメーカだと、ミシュランとか、グッドイヤーとかピレリは良くみますが、(ハンコックも入れてもいいけど)
なぜか、コンチネンタルはほとんど見ません。

確かに、扱っているカーショップが少ないのでそりゃそうだ、とも思います。

質問は、
タイヤ選択の際、コンチネンタルを候補に入れたり、実際使っている方っていらっしゃいますか?

私は、おぼえてる限りでは、
BS、ヨコハマ、TOYO、グッドイヤー、ダンロップ、ミシュランと来て現在はなぜかファルケンを履いています。次は、コンチネンタルにしたいと思っているのです。

Aベストアンサー

コンチエコ3、履いています。(車はフォードのフィエスタ)
乗り始めたとき以前乗っていた同クラスの国産車と比べ運転性能があまりにも良いのに驚きましたが(ステアリングのレスポンスや低速吹き上がりのよさ)カーブでのグリップのよさもまた素晴らしく、感動しました。
タイヤとクルマの剛性が調和して出る安定感なのかな、という気もしますが、なので国産車にコンチを履くとどういう感じなのか私も知りたいところです。
(3年で交換しておりちょっと柔らかい(エコなのに?)気がしますが現在山道が多い所に住んでいるのでよくわかりません・・・)

ちなみにフォードDラーで話をしていると「ミシュランもいいですよ、次にぜひ試してみてください」ということなので私は次はミシュランに行ってみます(笑)

Qばね下重量を軽減して悪い事がありますか?

ランフラットタイヤが標準で装着されている車を買いました。
長年、同じメーカーの車に乗っていたのですが、前の車の方が乗り心地が快適でした。

そこで、重量が重たく、サイドウォールが固い標準装着ランフラットタイヤを、乗り心地と低騒音を重視している軽量なラジアルタイヤに交換することを検討しています。

ところが、「新車時にばね下重量に対してサスペンションを最適にチューニングしてあるので、後付けでばね下を軽量化すると問題がある」という意見をネット上で読みました。

この意見は、尊重するに値する意見でしょうか?

それとも、ばね下重量の軽減は常に良い結果をもたらすと考えてよいでしょうか?

車両自体は、フロントサスペンションに高価なアルミ部材を使用して、ばね下重量の軽減を重視した設計なのですが、ランフラットタイヤの装着だけが設計方針に矛盾しているように感じております。
ちなみに、東京在住で舗装道路しか走行しません。安全性に関しては、普通のベンツなどと同等の安全性が確保できておれば良いという考えです。

サスペンション設計のご担当や操縦安定性のご専門の方からご意見をいただけるとありがたいです。

ランフラットタイヤが標準で装着されている車を買いました。
長年、同じメーカーの車に乗っていたのですが、前の車の方が乗り心地が快適でした。

そこで、重量が重たく、サイドウォールが固い標準装着ランフラットタイヤを、乗り心地と低騒音を重視している軽量なラジアルタイヤに交換することを検討しています。

ところが、「新車時にばね下重量に対してサスペンションを最適にチューニングしてあるので、後付けでばね下を軽量化すると問題がある」という意見をネット上で読みました。

この意見は、尊重するに...続きを読む

Aベストアンサー

2輪4輪でサーキット走行などをしております(アマチュアの趣味のレベルですが)。
レースやサーキット走行サスペンションセッティングをする際、バネ下の重量の多少の増減は殆ど考慮しません。例えば「ホイールが1kg軽くなったから減衰を...」なんてことはありません。

まず、前提として
「新車時にばね下重量に対してサスペンションを最適にチューニングしてあるので、後付けでばね下を軽量化すると問題がある」

バネ上の1t以上もある車体を支えて動きを制御しつつ、それよりも遥かに軽いバネ下の物体の動きも鑑みて設定するというような、高度で高精度でビビッドな設計は一般車では不可能です。
そもそもサスペンション自体、年月や使用と共にダンパーはヘタりバネも反力が弱まってきます。さらにタイヤは使用に伴って重量が減っていきます。当方の過去の実測で17インチの215サイズで新品とスリップサインが出るほど減ったタイヤでは1kgちょっとの差がありました。外周が5mm以上減るので意外に重量は減るものです。何十万台何百万台も出荷した上、ユーザーがどんなホイールやタイヤを装着するか分からりません。このような使用下にさらされる市販の一般道を走る自動車において、バネ下の数kgの重量差を反映したようなシビアな設定は不可能です。

ランフラットの装着を前提としたサスはどうなっているかというと...
確かにサスペンションのセッティングは相応のものにはなっているものが多数です。と言ってもダイヤの重量を考慮したものではなく、サイドウォールが厚く固いランフラットタイヤではタイヤ自体の衝撃の吸収性が若干落ちるのを補うために、サスペンションの初動を少しだけ柔らかめにされています(当方が入庫するドイツ車ショップのメカニック談です)。これは特別な制御などは不要でバネのピッチの具合やダンパー内の部品設計で容易に実現できるものです。最近のランラットは軽く柔らかくなってきましたが、特にランフラット出ばなの重く固かった頃のモデルはこの傾向が強いようです。

>ばね下重量の軽減は常に良い結果をもたらすか

これは目的次第ではないでしょうか。
サスペンションは、大きな凸凹がある際に上下の動きつまり突き上げの吸収などに目が行きがちですが、路面の細かな凸凹に対してサスペンションは常に微動(微振動と言ってもよいです)していますので、ばね下重量の軽減はご存知の通りさらに細かくサスが動けて追従性の向上という面ではある程度の効果はあります(一般道での走行で2~3kg/本の違いを体感するほどかというと、ちょっと自信がありません)。ジムカーナやサーキットなどでは、ハンドリングや切り返し時の車体の挙動の違いや路面の追従性が変って滑り始めなどが変わってきますので多くの人が体感できると思います。

ヘアピンカーブが連続するような道、ダートなどのスポーツ走行を楽しむ分には良い結果を生むのは確かですが、あまりに軽いと騒々しい足回り(路面の追従性が上がる=足回りの各部が以前よりも忙しく動くという意味です)になったり高速走行時の安定性などが若干低下したりしますので、コンフォートな乗り味を狙うならやや逆効果です。2輪だと顕著なのですが、純正のアルミから半分近い軽さのマグホイールにすると慣性モーメントが減りジャイロ効果も薄まってヒラヒラと軽くなるので高速道路の轍に捕まりやすくなったり狙ったラインをトレースするのに妙に神経を使うようになってしまったりします。

2輪4輪でサーキット走行などをしております(アマチュアの趣味のレベルですが)。
レースやサーキット走行サスペンションセッティングをする際、バネ下の重量の多少の増減は殆ど考慮しません。例えば「ホイールが1kg軽くなったから減衰を...」なんてことはありません。

まず、前提として
「新車時にばね下重量に対してサスペンションを最適にチューニングしてあるので、後付けでばね下を軽量化すると問題がある」

バネ上の1t以上もある車体を支えて動きを制御しつつ、それよりも遥かに軽いバネ下の物体の動きも...続きを読む

Qホイールが軽いことって重要ですか?

14インチスチールから15インチのアルミにインチアップを考えているのですが、加速力や燃費が悪化するのはいやだと思い、財布の許す限りできるだけ軽量なホイールを探しています。エンケイのRPF1が15インチ7Jで4.5kgとかなり軽く、価格もそれほど高くなくこれにしようかと考えています。
でもホイールを2kg程度軽くしたところでそれほど変わるでしょうか?RPF1といえどもそれなりの値段ではあるので、そんなに軽量ホイールに魅力がないのなら多少重くても安いのでいいかなと。
またタイヤサイズも175/65R14から195/50R15にサイズアップしようと思っているため、タイヤ自体の重量が重くなり、せっかく軽量ホイールにしてもメリットが薄れてしまいそうです。だったらわざわざ軽量ホイールを選ぶ必要はなさそうな気がして・・・。
ただ、175タイヤではコーナリングや安定感に不満があるため、少なくともタイヤの幅は広くします。ただ、もし195タイヤはオーバースペックなら185タイヤでもいいとは思いますが。そしてせっかくならホイールも15インチにしたいと思っているのです。タイヤ全体の剛性も上がりますし。ちなみにクルマはデミオの1500ccです。
結論としてやっぱりホイール、すなわちバネ下重量を軽くするとそれなりに効果ありますか?当然タイヤも出来る限り軽いものがいいのですが。軽いタイヤとか知っている方いませんか?
まとまりのない文章ですが上のことをふまえた上でアドアイスいただけるとうれしいです。アドバイスに当たって足りない部分があれば補足します。よろしくおねがいします。

14インチスチールから15インチのアルミにインチアップを考えているのですが、加速力や燃費が悪化するのはいやだと思い、財布の許す限りできるだけ軽量なホイールを探しています。エンケイのRPF1が15インチ7Jで4.5kgとかなり軽く、価格もそれほど高くなくこれにしようかと考えています。
でもホイールを2kg程度軽くしたところでそれほど変わるでしょうか?RPF1といえどもそれなりの値段ではあるので、そんなに軽量ホイールに魅力がないのなら多少重くても安いのでいいかなと。
またタイヤサイズも17...続きを読む

Aベストアンサー

沢山良い答えが出ているので、しょぼい答えですが・・・

バネ下軽量化は経験無いのですが、265/70*15を10.5R*15に替えたときに(ちなみにクロカン四駆のマイカーです)もの凄く後悔しましたよ。トラック規格タイヤですのでかなり重くなりました。

乗り心地はドタバタ、加速は明らかに悪くなり、燃費は8~9kmだったのが6~7kmにまで落ちました。オフセットも変えたのでワンダリングもひどくなりましたね。車の直進性その物まで落ちました。
良くなったのは、見栄えだけです。そりゃ格好良かったですよ。

大変まじめに車いじりを考えているようなので、ちょっとだけ老婆心を・・・

メーカー純正サイズは、貴殿が考えているよりよほど研究されていて高度なバランスの上に成り立っています。
口の悪い連中は高度なバランスではなくて、コストの妥協点だ!と決めつけていますが、そんなことはありません。

貴殿のように高度なバランスを達成したいのならば、サイズはせいぜい1サイズUP、本当のお勧めはタイヤその物の選択です。
私はもう走り込むことはしないので、最近のことにはとんと疎いのですが、簡単に言うと185の中級タイヤより、175の上級タイヤです。
また、タイヤもグリップ重視、操縦性重視色々今もあるはずですので目的により選択が正しい道です。

2サイズUPなど、先の回答にも出ていますが、百害有って一理だけです(見た目のかっこよさのみ)

実際の経験はないのですが、いくら軽量ホイルにしても、タイヤサイズUPで相殺されてしまい、実際にはほとんどすべての場合で重量が増えるそうです(雑誌の受け売りです)

沢山良い答えが出ているので、しょぼい答えですが・・・

バネ下軽量化は経験無いのですが、265/70*15を10.5R*15に替えたときに(ちなみにクロカン四駆のマイカーです)もの凄く後悔しましたよ。トラック規格タイヤですのでかなり重くなりました。

乗り心地はドタバタ、加速は明らかに悪くなり、燃費は8~9kmだったのが6~7kmにまで落ちました。オフセットも変えたのでワンダリングもひどくなりましたね。車の直進性その物まで落ちました。
良くなったのは、見栄えだけです。そりゃ格好良かったですよ。
...続きを読む

Qポテンザは他社と比べて値段が高いけどそんなに良いの?

次になんのタイヤを買おうか検討中です、スポーツタイヤにしようと思うのですがヨコハマSドライブ トーヨープロクセスT1R ピレリPゼロネロ ブリヂストンポテンザRE050です。ブリヂストン以外の三社のタイヤは同じくらいの値段ですが、ポテンザだけ安くても一本プラス一万の値段です。ポテンザは誰でも知ってる有名タイヤですが、高い分だけの価値(性能)はあるのでしょうか?ドライ、ウェットグリップの性能を一番重視してます、次に乗り心地や静粛性。色んなタイヤを試してみたいのですが、タイヤは頻繁に変えるパーツでは無いので皆様の使ってみての感想が知りたいです。上記四つの内どれか一つでも履いた事がある方、経験談を教えて下さい!ポテンザRE050について詳しく知っている方も色々教えて下さい!あと最後にブリヂストンはなんで全体的にタイヤの値段がたかいのでしょうか?ただのブランドなのでしょうか?

Aベストアンサー

 クルマの研究で食ってる者で、専門は操縦安定性研究なのでタイヤは一応守備範囲となっています。

>ポテンザは他社と比べて値段が高いけどそんなに良いの?

※BSポテンザの最大の特徴は、『ハイグリップ』です。これは実際に色々なタイヤを装着して走行させた実験データで証明されている事であり、間違いはありません。25年ほど前ポテンザRE71が発売されて以来、その時代時代で常に市販タイヤ中最強のグリップを持つタイヤがポテンザです。そしてこの驚異的なグリップ(30年前のレース用スリックタイヤに匹敵するグリップレベルです)は、ウェットでの性能比較でも同様です。
 しかし当然ライフは短いワケで、これほどハイグリップなタイヤが果たして市販車に必要なのか?という疑問もありますが・・・

※・・・ワタシは職業柄、知合いからクルマ関連の質問をよく受けますが、タイヤを聞かれたら『予算が続く限りハイグリップタイヤを買え』と言っています。別に峠やサーキットを攻めるワケでなくとも、ハイグリップタイヤは制動性能が段違いだからです。危険回避で制動する時(後続車やバイク、歩行者、自転車などが一緒に走っている一般路では、ハンドルで回避する方法は賢明ではありません。『まず止まれ』です)、衝突するのとギリギリで止まるのとは全く意味が違います。故に例え1cmでも制動距離が縮まれば確実に安全サイドにつながるワケで、高価でライフが短く低燃費なハイグリップタイヤでも『保険代だと思えば安い』という事です。(ABSが装備されているクルマでも、ハイグリップタイヤは確実に制動距離を縮めます。)
 ポテンザは、現在フツーに入手出来る『もっとも安全なタイヤの一つ』と言えるでしょう。

※ブリジストンが高価なのは、ハイグリップ(ポテンザ)やプレミアム(GR-9000)などの上級タイヤを他メーカの同ランクタイヤと比較した場合です。SNEAKER、B-Styleなどのスタンダードクラスの価格は決して高価というワケではありません。
 実は・・・BSの上級クラスのタイヤの市販価格が何故高いか?というのは、我々クルマを『作る側』の者にはちょっと不思議なんですよ。自動車メーカへの納入価格(当然ポテンザもあります)は、他メーカのタイヤとそれほど変わらないんですが・・・?ま、ポテンザなどはかなり開発費がかかっているはずで、しかし一方自動車メーカは『とにかく安く』を最優先として要求してくるので(それはポテンザやレグノの様な上級タイヤでも同じです)他メーカのタイヤ価格に追従せざるを得ず、自動車メーカ相手の商売が薄利になった分を市販品の販売で補おうとしているのかも、っと考えるのは邪推ですかね?

※MiのPilotがよいという話は確かにあります。
 実は我々の評価でも、総合性能ではMi Pilotの方がBSポテンザより上となっていますが、それは乗心地や操舵レスポンス&リニアリティ、限界付近のコントロール性などで高得点なだけで、ポテンザよりハイグリップというワケではありません。(Pilotは、特に高速走行時の乗心地と限界コントロール性のポイントが高いです。)

>ドライ、ウェットグリップの性能を一番重視してます、次に乗り心地や静粛性。

 ここは考えどころで、とにかくハイグリップというならBSポテンザですが、乗心地などの総合性を含めるとMi Pilotでしょうねぇ。

・・・っというワケすが、ついでに3つばかり。

1.F1でBSワンメイクとなったのは、『たまたま』です。MiがBSより先に撤退を表明してしまったので(BSも何度かチャンピオンを取って初期の目的を達成し、当時は撤退を視野に入れた計画を練っていた様でした)、FIAからの要請でタイヤ供給を続けている、とワタシはBSのエンジニアから伺いました。
 ワタシが知る限り、F1に於いてBSがMiに完膚無きまでにタタキ潰されたのは、シューマッハが1勝しか出来なかった'05年だけです。
 但し・・・あの年のインディアナポリスでのレースの予選中、Miタイヤはバンク走行での垂直荷重に耐えられない事が発覚、Miユーザはレースをキャンセルして残ったBSユーザのシューマッハが貴重な1勝を上げたワケですが、これはMiがそれほどムリな軽量化を図らなければBSに勝てなかったと言う事を示しています。

2.欧州で超高性能車を作っている自動車メーカの幾つかは、BSタイヤを標準装着しているか(フェラーリ、BMWなど)、リプレイスメントタイヤ(交換用タイヤ)として指定しています(ポルシェなど)。欧州の自動車メーカの評価でも、BSはMiやPiなどと遜色ありません。
 日本に於けるMi至上主義は根強いですが(それはまさしく信仰に近く、BSの技術者でさえ『Miにはなかなか勝てない』とこぼされる方もいらっしゃいます)、少なくとも我々の評価では、(確かにMi Pilotはスゴいタイヤですが)そんなに言うほど差は無いです。

3.全くの余談と言いますかマメ知識と言いますか。
 BSの役員車には、MiではなくちゃんとBSタイヤが使われていました。(これは実際に小平のテクニカルセンターで確認したので間違いないでしょう。)

 クルマの研究で食ってる者で、専門は操縦安定性研究なのでタイヤは一応守備範囲となっています。

>ポテンザは他社と比べて値段が高いけどそんなに良いの?

※BSポテンザの最大の特徴は、『ハイグリップ』です。これは実際に色々なタイヤを装着して走行させた実験データで証明されている事であり、間違いはありません。25年ほど前ポテンザRE71が発売されて以来、その時代時代で常に市販タイヤ中最強のグリップを持つタイヤがポテンザです。そしてこの驚異的なグリップ(30年前のレース用スリックタイヤ...続きを読む

Qマックガードを超える最強のロックナットは?

先週、愛車を盗まれてしまい、奇跡的に昨日見つかったのですが、代わりにタイヤが無くなっていました。

結構いいホイールを履いていたので、盗まれないようにマックガードで武装していたのですが、見事に破られてしまいました。
盗難防止のロックナットとしては最強だと思っていただけに、非常に残念でなりません。

タイヤ盗難防止をロックナットだけに頼るのがそもそも間違いだとは思うのですが、(車自体盗まれてるし(^^;)
あのマックガードを超えるロックナットは無いのでしょうか?

他にも「自分もマックガードで盗まれた!」という人がいれば、ご意見お願いします。

Aベストアンサー

特殊工具でなくても一般的な「ある」工具を使えば
ロックナットは外せてしまうのが現実です。
これはマックガードであっても例外ではないです。
なので「完璧」なロックナットという物はありません。
なので 今回のように車ごと持っていかれた場合はどうにでも出来てしまいますね。

聞いた話では最近はホイール含めた車上荒らし目的で
車ごと持っていく事も増えてるようです。
高額ホイール装着の場合はセキュリティシステムやハンドルロックなどの
ロックナット以外の防犯設備も必要かもしれませんね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報