確率誤差が例えば0.015と出た場合
これは少数第3位を切り捨てるのでしょうか
それとも四捨五入するのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

詳細に関しては、詳しい人にお任せいたしますが、



一般的には、四捨五入されます。
但し、安全率(例えば、箱の大きさが0.015であったとき、その中に棒を入れるときの大きさなど、0.02だと駄目になってしまう場合)などが必要とされる場合には、切り捨てることもあります。

結局、その数値の意味がどの程度あるのかが重要になります。

参考URL:http://www.toriya.co.jp/jis8401.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました
そうなんですか、一般的には四捨五入なんですね

お礼日時:2001/05/12 02:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q実験の誤差について

誤差は主に系統誤差と偶然誤差に分けられますが、最終結果においては
普通これらの誤差をどのように扱うのでしょうか?

系統誤差と偶然誤差をそれぞれ算出した後、
・値が大きい方の誤差を最終的な「誤差」とする
・二つの誤差を足し合わせて最終結果としての「誤差」とする
・いずれも実験値の最終的な「誤差」として議論する
 (特に二つを足したり引いたりするわけでもなく、「統計誤差」「偶然誤差」を
  どちらも最終的な「誤差」として取り扱っていく)
のどれが一般的に行われてることなのでしょうか。それとも、また別の扱い方が
されているのでしょうか。

回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

この Wikipedia の記事に貼ってある画像がわかりやすいでしょう。

正確度と精度 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E7%A2%BA%E5%BA%A6%E3%81%A8%E7%B2%BE%E5%BA%A6

つまり、そもそも的の中心から外れた方向に向いている、というのが「系統誤差」(正確度・確度)、

狙いは定まっているけれども、毎回同じところに飛んでいかない、というのが「偶然誤差」(精度)、

というわけです。

系統誤差の存在は、「そもそも基準はどこか?」というのがわかっていないと、絶対的数値が求まりません。ですから、測定値では、基準物の測定結果が無い限りは、どれだけが系統誤差でどれだけが偶然誤差なのか、という分離ができないのです。

Q確率の計算です。 コインを10回連続で投げて、そのうちに3回以上連続で表が出る確率は、どの位でしょう

確率の計算です。
コインを10回連続で投げて、そのうちに3回以上連続で表が出る確率は、どの位でしょうか?

表裏の2パターンが10回なので、
全部で1024通りである事や、
表が出ないパターンが1通り、
表が1回だけ出るパターンが10通り、
表が2回だけ出るパターンが、
まず連続で2回出るのが9通り、
連続をせずに2回出るのが36通りで、
この表が1回だけ、2回だけでは、3連続出る事は物理的にあり得ないので除かれるところまでは、
わかるのですが、

表が7回出たとしても、
〇〇×〇〇×〇〇×〇
の時は、3回以上連続は出ていないわけで、
考え方がわからなくなりました。

ご教授下さい。

Aベストアンサー

私がやったのは、(Excelなどの)VBAで1~1024までの数を2進数の文字列にして
全件について(instr関数を使って)”111”という文字列が含まれるかどうかをチェックしただけです。
(0は二進数でも0ですので含まれないので1から始めました)

(他人の回答に指摘をすることは、このサイトでは御法度ですのでこの程度の表現しかできませんが)
私も、美しい解法を見てみたいと思っておりますし、私自身ももう少し考えてみます。

Q食酢の中和滴定 誤差 教えてください

10倍希釈試料中の酸濃度の相対誤差を4.0%(二次標準液の誤差1.9%、ホールピペットの誤差0.2%、ビュレットの誤差1.9%)と求めました。原液中の相対誤差はどのようにして求めればよいかを教えてください。

Aベストアンサー

回答が遅くなりまして失礼いたしました。
補足ありがとうございます。

>|ΔX/X|が相対誤差である。

では、測定値Xと誤差ΔXの値はいくつですか?
実験したのであれば、それぞれの値が分かっているはずですね。

もし、それが分からないのであれば、何か勘違いがあるか、見落としている点があるということです。

測定値というのは実際に測定した値ですから、実験したのであれば、必ず測定値が分かっているはずです。もし、それが分からないようであれば、そもそも実験をちゃんとやっていないということになります。

次に誤差ですが、最初から誤差の値は分かりません。ですから誤差の値を求める実験・測定をしているはずです。もし、そうした測定をしていなければ、例えば、実験の各段階で、誤差をいくつであると仮定しているとか、何か誤差の値を求めるための条件があるはずです。

ですので、まずは、以上のことをきちんと整理して下さい。

Q道をひらくという本が戦後のベストセラー第2位らしいですが、1位は何という本ですか?

道をひらくという本が戦後のベストセラー第2位らしいですが、1位は何という本ですか?

Aベストアンサー

PHP研究所によると、戦後ベストセラー第1位は「窓ぎわのトットちゃん」、
第2位が「道をひらく」、第3位は「ハリー・ポッターと賢者の石」だそうです。

>1968年刊行の松下幸之助著『道をひらく』が、累計発行部数510万部を突破し、戦後ベストセラー(単行本、新書ジャンル・出版科学研究所調べ)の第2位になりました。
>(第1位は黒柳徹子著『窓ぎわのトットちゃん』、第3位はJ・K・ローリング著『ハリー・ポッターと賢者の石』)
http://www.php.co.jp/news/2014/10/path511.php

Q測量の誤差全般について

標記の件について、ネットや参考書を読んでいるのですが、
恥ずかしながら今ひとつ理解できません。
すみませんが、御教示頂きたく宜しくお願い致します。

質問1
「確率誤差」とは50%の確率で生じる誤差の範囲とすると、「平均2乗誤差」も何%で生じる誤差の範囲とかで定義されるのでしょうか?(「平均2乗誤差」がイメージできなくて悩んでおります。)
 また、「平均2乗誤差」が「ガウスの誤差曲線」にどう関係するか合わせて御教示お願いします。
 

質問2
「確率誤差」は、下式の様に「標準偏差」や「平均2乗誤差」を使ってを求める様ですが、
それぞれ違った値で導かれた結果をどう理解して使い分けたらようのでしょうか?


ε=0.6745×標準偏差
ε=0.6745×平均2乗誤差

Aベストアンサー

ANo.2です。ANo.3の補足の質問にお答えします。

>誤差曲線は以下のような理解でよろしいでしょうか?

前回の文献の用語に従えば、そのとおりだと思います。

蛇足ですが、「確率誤差」や「平均2乗誤差」の大きさは、矢印の、中心線から左側部分(あるいは右側部分)の長さに一致します。

Q模型化誤差と測定誤差

模型化誤差と測定誤差について分りやすく詳しい説明をお願いします。

Aベストアンサー

模型化誤差は、モデル化誤差と言ったほうがわかりやすいかもしれません。

ある現象を物理とかで数式であらわしたとき、どうしても現実と理論式(モデル)でズレが残ります(現実を表しきれません)。これが模型化誤差です。

測定誤差は、どうしても測定作業や操作、目視観測などで、同じものを同じように測っているつもりでもズレが起こる、というものです。

たぶん、ある抵抗に電圧をかけたとき、電流は電圧に比例していくはずですが、現実世界で測定してみると、この比例関係のモデルからは少しずれた測定結果がでると思います。

これは、電圧が低すぎたり高すぎるところでは比例関係が崩れていたり、そもそも電流計の接続(接触)や読みとる精度の問題があったりするからです。それぞれが、モデル化誤差であったり、測定誤差であるのですね。

Qランダム誤差と系統誤差

ランダム誤差→極限的に正規分布に従うようなランダムな誤差
系統誤差→「真の値」にたいして系統的にずれて観測されるランダムでない誤差

として、普通のものさしなどの公差や、読み取り誤差、また、電流計の公差はどちらにあたるでしょうか?

Aベストアンサー

#5お礼欄に関して
>A.「極限的に正規分布に従うようなランダムな誤差」
>B.「多数測定で誤差を低減できる」
>というのが全く同じことのように感じるということです。
多分同じことを別の表現で表しているのだと思います。

で、(1),(2)に関して、(2)は必ずしも成立しないような。(中心極限定理って、母集団の分布が正規分布である必要はなかったかと)

測定誤差に関しては、
a)真値がAの事象があって、
b)これを無限回測定したと仮定すると、測定結果は、平均値A'、分散σ2の集団になる。
c)有限回の測定は、b)を母集団として、そこから有限個抽出する操作に該当。
d)c)の平均値はb)の平均値A'に収束し、分散はσ2/N(中心極限定理)の正規分布に収束する

統計処理はc)からb)を推定する処理で、A'とAの差異(これが系統誤差になるかと)は検出できないように思います。

Q1位2位3位

うちの子供の発音を聞いていると、1位2位3位というのを「いちい、にいー、さいー」と発音しています。さらに4位は「よいー」です。変だなあと思っていたところ、他にも同じ発音をする子供を2~3見かけました。
これは最近の子供全般に見られることなのですか、一種の流行なのですか。少なくともうちの子供は無意識に言っており意図的に誰かのまねをしている、ということはなさそうです。

Aベストアンサー

僕なんかは3位を「さんみ」と言いたくなりますけどね(冗)

平安時代の官位の読み方がどうして今は「さんい」になったのか。
これは、音韻を統一したかったからでしょう。
「さんみ」の前は「さむみ」だったかもしれません。
もともと「ん」が「む」に近い音であったということも考えられます。

そういうわけで、「いち、に、さん」と読むのに素直に「位」をつけて「いちい、にい、さんい」とやるのが現在の普遍的な読み方です。
(僕はそれだったら次は「しい」になるんではと思うんですが)

さて、問題の子供たちですが、2と5にはさまれていることが大事であると思います。
2も5も子音と母音の組み合わせ1つから成る語です。
それに対して、3と4はそれに比べてnが1つ多い。
nをつけて発音する方が大変なのは言うまでもありません。
たとえば「にんい、さんい、よんい、ごんい」と読んだとすると、面倒でしょうね。
で、大変だったり、面倒だったりするのは、崩れていくものです。

Eivisさんが親の責任で矯正すべきだ、といいます。確かにそれも一理あります。が、しかし、どうしてそういう法則が起こるのか分析してみるのは重要な意味を持つと思います。patapata1さんもご自分で考えてみれば、僕より面白い発見があるかもしれませんよ。

よく外国人が、1本、2本、3本、4本と言うとき、「いっぽん、にぽん、さんぽん、よんぽん」となったりします。こういう規則的でないもの(本当は規則はあるけれども表面上は見えにくいもの)は意外に子供はできたりします。言語の習得って、面白いテーマなんですよね。

僕なんかは3位を「さんみ」と言いたくなりますけどね(冗)

平安時代の官位の読み方がどうして今は「さんい」になったのか。
これは、音韻を統一したかったからでしょう。
「さんみ」の前は「さむみ」だったかもしれません。
もともと「ん」が「む」に近い音であったということも考えられます。

そういうわけで、「いち、に、さん」と読むのに素直に「位」をつけて「いちい、にい、さんい」とやるのが現在の普遍的な読み方です。
(僕はそれだったら次は「しい」になるんではと思うんですが)

さて...続きを読む

Q平均誤差について

物理学の講義で判らなかったことですが、内容が数学的だったので、こちらで質問させてください。

平均誤差と確率誤差の違いが判りません。
講義で、平均誤差と確率誤差、最小二乗法、誤差の伝播の法則などを同時に教えられたので混乱しているのだと思います。
その時にとったノートは、とにかく黒板を写しただけになってしまい、何がどのことなのか判らなくなっています。
平均誤差・確率誤差を教えていただければ幸いです。
最小二乗法はなんとなく判ったので、誤差の伝播の法則はもう少し頑張ってみようと思います。

判りにくい質問文で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

平均誤差eは、誤差の絶対値の平均値であり、式で示せば
e=Σ(i=1→n)|[各測定値]i-[平均値]|/n
これは概念としては単純なのですが、計算が難しく、物理に限らず一般に統計では、あまり用いられません。

そこで登場するのが確率誤差になります。

確率誤差というのは、その誤差を超えるものが全体の50%、誤差以内が50%という境界を定義する誤差で、標準偏差のの0.674倍です。
標準偏差をσ(シグマ)、標準誤差をεと表記します。
ε = 0.674σ
標準偏差σは分散Vの平方根です。
σ=√V
V=Σ(i=1→n)([各測定値]i-[平均値])^2 /n

標準偏差は非常によく用いられる概念なので、覚えること必須です。
エクセルの基本関数の一つでもあります。
(stdなんちゃら関数です)

学力試験の統計結果で「偏差値」が用いられますが、じつは、それは、平均値を50、標準偏差が10になるように統計処理したものなんです。
ですから、偏差値で言うと、50±6.74の範囲にいる受験者が全体の50%とということになります。
56.74以上の偏差値でしたら、4人に1人の優秀者ということですね。

ちなみに、50±10、すなわち、平均値±標準偏差の範囲には、全体の約68.3%が入ります。
偏差値60以上の人は、全体の15.8%になります。

平均誤差eは、誤差の絶対値の平均値であり、式で示せば
e=Σ(i=1→n)|[各測定値]i-[平均値]|/n
これは概念としては単純なのですが、計算が難しく、物理に限らず一般に統計では、あまり用いられません。

そこで登場するのが確率誤差になります。

確率誤差というのは、その誤差を超えるものが全体の50%、誤差以内が50%という境界を定義する誤差で、標準偏差のの0.674倍です。
標準偏差をσ(シグマ)、標準誤差をεと表記します。
ε = 0.674σ
標準偏差σは分散Vの平方根です。
σ=√V
...続きを読む

Q日本の腹黒い人口は世界第何位くらいになるでしょう!

Q1:日本の「ハラグロ」い人口比率は世界第何位になるでしょう!
Q2:日本には腹黒はどのくらい(人数)いますか!
Q3:腹黒が一番多い県はどこですか

Aベストアンサー

Q1:日本の「ハラグロ」い人口比率は世界第何位になるでしょう!

腹黒いというのは二つの要素が必要です。すなわち
1.悪意をもっていて
2.それを表に現さない

ということですから悪意は世界共通のものですがそれを表に現さないとなると日本人が世界一位でしょう。

Q2:日本には腹黒はどのくらい(人数)いますか!

この質問はちょっと無理があると思います。腹黒の程度があいまいだし・・・

Q3:腹黒が一番多い県はどこですか

やはり表現をしない人が多い県となります。東北人はあまり表現をしないので多そうに思えます。震災の時は助け合い、日本人のやさしい心を示してくれましたから悪く言いたくはないのですが、悪意は全国共通と仮定すると気持ちを表に現さない人が多い県となります。人口で行くとやはり仙台がある宮城県になるのでは。比率で考えると秋田県かな。いかにも寡黙な人が多そうだし・・・


人気Q&Aランキング

おすすめ情報