出産前後の痔にはご注意!

小さい会社が倒産したか確認したい場合はどうすればわかりますか。
ホームへージではない会社や倒産してもそのままの場合もあり何か別の方法で確認する方法ありませんか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

東京商工リサーチが倒産情報をよく載せているので、以下のHPで確認してみましょう。



http://www.tsr-net.co.jp/
    • good
    • 6

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q倒産したかどうか調べる方法と未払い賃金の立替払制度について

今年5月から働いていた会社が倒産したという噂があります。
9月に不当解雇されていて、給料も未払いのままです。
倒産したかどうか確認する方法はありますか?
給料ももらってないので、
無料で調べられる方法を教えて下さい。

未払い賃金の立替払制度があるのですが、
摘要されるんでしょうか?
知識がなく困っています。
詳しい方教えて下さい。

Aベストアンサー

あとは、その会社のあった場所の管轄の法務局へ行って登記を閲覧することでしょうか。
会社を閉めるときは、届け出が必要なので。
そこに倒産とあれば、間違いなく倒産です。

http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/static/

もっとも、ずさんな会社だとちゃんと届けを出しているかどうか・・・。
事務所は家賃を滞納していた関係で無人というなら、夜逃げ中ですね。。。

Q会社が潰れているのか(倒産したのか)どうかを調べる場合は、どこで調べれ

会社が潰れているのか(倒産したのか)どうかを調べる場合は、どこで調べればいいのでしょうか?

とある会社に用事があって電話をするのですが「この番号は、現在使われておりません。」のメッセージが流れます。

Aベストアンサー

本店所在地と正式名称がわかれば、登記簿謄本(現在事項証明書)を取ることも方法の一つです。
法的な倒産などによる手続きがされているような場合には、記載があるかと思います。
ただ、中小零細などで休眠状態にして、実質倒産という形の場合には状況はわからないでしょうね。

移転などの場合には、所在地がわかるかもしれませんね。

登記情報はWEB(有料)で確認することも出来るでしょう。

Q自己破産しているかどうか調べる方法

知人に以前お金を都合したことがあります。
もともと、期限を決めて貸したわけではないのですが、お金が入用になったので、お金を返して欲しいと連絡したところ、その知人が、自己破産したと言ってきました。

本当に自己破産したのかどうか、調べる方法はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

知人が「自己破産した」といっても、自己破産には、『破産宣告』と『免責決定』という流れがあります。

簡単に言いますと、
まず裁判所が「この人はお金を払うことが出来ません」
と認めた場合『破産宣告』が出されます。
次に今までの借金をチャラにしてもらう『免責決定』をもらわなければ、
借金はチャラにはなりません。

知人がこの『免責決定』をもらっているのかどうかでしょう。

No.1の方がおっしゃられているとおり、『官報』にはこの
「自己破産申立」「免責決定」等の公告がなされていますが、
掲載のタイムラグ(決定日には掲載されずちょっと後になる)がありますし、
一般には購読されているのは少ないですし、
また官報販売所にバックナンバーが置いてあるとは限りません。
おおよその日付を確定して調べる方法もありますが、図書館等で調べるのも大変だと思います。
官報自体は月1,596円と安価ですが、面白い記事はありません。

下記に「官報情報検索サービス」のHPを記載しました。
これは官報の内容をパソコンから検索できるもの(有料)です。
これって便利で、名前・生年月日等により「自己破産しているのかどうか」が分かります。
ここまで費用を掛けて調べるのかどうか、はhamkajiさんの
判断にお任せするとして、まずは一例をご紹介します。

因みに「自己破産」について詳しいHPもご参考までに。
http://www.yebh3.net/image/jikoqa/1.html

参考URL:http://kanpou.npb.go.jp/search/introduce.html

知人が「自己破産した」といっても、自己破産には、『破産宣告』と『免責決定』という流れがあります。

簡単に言いますと、
まず裁判所が「この人はお金を払うことが出来ません」
と認めた場合『破産宣告』が出されます。
次に今までの借金をチャラにしてもらう『免責決定』をもらわなければ、
借金はチャラにはなりません。

知人がこの『免責決定』をもらっているのかどうかでしょう。

No.1の方がおっしゃられているとおり、『官報』にはこの
「自己破産申立」「免責決定」等の公告がなされていま...続きを読む

Qある会社の存在を調べる方法

先日、主人宛に架空請求の電話が何回かあり、主人がきっぱり否定したら、今度は「最終督促通達書」なるものが届きました。
始めから「最終」もおかしな話だし、債権譲渡の通達どころか明細書も請求書もないので、無視をするつもりです。このサイトでもいろいろ検索して、安心しています。

ですが念のため、104で記載されている会社の電話番号を問い合わせたのですが、「お届けがありません」とのことでした。ネットで検索してもなし。(やっぱりね)
しかし念には念を入れて、というか、後学のために(笑)、任意の会社が、存在するかどうかを調べる方法を知りたいと思いました。ハガキを見ると、一応「(株)」がついているので、調べられる方法があるのかな、と思いまして。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#1です

補足しますと私が張った上のURLのサイトで
法務局へ足を運ばれなくても
オンライン登記情報提供が受けられます。
財団法人民事法務協会(国の指定法人)が提供を行っています。
料金はクレジット決済できます。

ご参考までに

参考URL:http://www1.touki.or.jp/gateway.html

Q民事再生法を、めちゃくちゃわかりやすくご説明ください。

いま勤めてる会社が危ないです。

今月か来月にも、民事再生法の適用を受けるとのもっぱらの噂です。

そこで質問です。

民事再生法とはどのようなものなのでしょうか。

また、それによって、さらなる人べらしは当たり前のように行われるのでしょうか。

いずれは倒産する可能性も大きいのでしょうか。

恥ずかしながらそのあたりの知識がまったくなく、社内でも人によって解釈がちがうので戸惑っています。

わかりやすく説明していただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします<m(__)m>

Aベストアンサー

民事再生法。
簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので
いくらかはチャラにしてください。という法律です。

従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を
継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。

もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、
いくらが条件があります。

一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには
なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。
借金さえなければいい会社なのに。そういう感じです。

今、潰して資産を債権者で切り分けするよりは、
活かしておいて、働かせて借金返済をさせたほうが得だ。
そういう客観的な判断ができるようならば、債権者の同意のもとで
会社、事業の存続と借金の減免が行われます。

当然、債権者はよりたくさん金を返してほしいですから、
従業員の削減、給与のカット、経費削減案、売上アップのためのさらなる具体策など
を求めてきます。もっとも、違法で最低賃金を切るようなことはさせられませんし、
いきなり給料7割カットとか言ってしまうと、優秀な従業員から逃げられて
しまうので、それらには自ずと限度はあります。

民事再生の成功の可否は、事業の健全性(合法で世情にあっていてきっちり儲けられること)と
経営者のやる気と体力、従業員などの同意とやる気をいかに出せるかに
かかってきます。事業が健全でも、経営者の怠惰で失敗するところもあれば、
従業員がやる気をだしてそれなりに成功しているところもあるようです。

簡単な本はでていますので、本屋で一冊読んでみることをお勧めします。

民事再生法。
簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので
いくらかはチャラにしてください。という法律です。

従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を
継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。

もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、
いくらが条件があります。

一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには
なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。
借金さえなければいい会社なのに。そういう感じ...続きを読む

Q法人の廃業について教えて下さい。

法人を廃業するにはどのような手続きをしたらよいのでしょうか?
会社では何をしたらよいのでしょうか?
知識のある方、詳しく教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

法務局で商業登記の抹消と税務署で廃業当月日の決算書と廃業届けが必要です。そのときの留意点は、廃業時の経理状況がわかりませんのでフィットするかどうかわかりませんが、以下のようなことが考えられます。廃業時点で、個人的に貸付金(役員給与の未払い分も含めて)などがある場合、これを放棄すると会社に利益が発生することになるので40%弱(2000万円と仮定すると)の税金を納めないと廃業できません。納めないと法的には廃業扱いですが税務上は休業扱いと同じで、代表者が死亡するまで毎年税務申告の時期が来たら事業収入がないことを証明するために廃業時の決算書を転載=即ち複写する作業が必要です。怠ると3万円の罰金です。この作業が嫌なら方法は一つです。税務署からの書類が代表者の手元に届かない方法を取ることです。例えば、会社の住所は廃業時に賃貸契約を破棄しているでしょうから問題ないとして、代表者の現住所が把握されている場合は、税務署には届けずに本人が一時的に移転することです。そうすれば郵便物が届きませんので、自動的に廃業処理されると聞いています。

Q潰れた会社の商業登記簿謄本

倒産や廃業などでもう潰れた会社の商業登記簿は
取得(もしくは閲覧)可能なのでしょうか。

法律に詳しい方、教えて下さい。

Aベストアンサー

> 倒産や廃業などでもう潰れた会社の商業登記簿は
> 取得(もしくは閲覧)可能なのでしょうか。
可能ですが、閉鎖後20年以内が条件です。

現在、登記簿はコンピューター化されておりますので、
1 コンピューター化する前に閉鎖された登記簿謄本の情報所得
  閲覧・取得に関しては、その登記簿謄本が存在する登記所へ、直接赴く必要が有ります。
2 コンピューター化後に閉鎖した登記事項の情報所得
 ・情報交換システムが使える登記所間であれば、任意の登記所にて取得可能。
 ・閲覧若しくは情報交換システムが使えない場合には「コンピューター化前」の時と同じ。
http://www.lebest.co.jp/info/qa_02.html

Q自己破産しているか調べる方法は?

個人に貸し付けてあるお金があります。
その個人が、自己破産をしているかどうかを調べる方法はありますか?
会社で貸付金として処理してあるので、破産されていれば損金でおとせます。
個人は埼玉県に住所をおいています。当社は県外にあるのですが、裁判所とかでわかるんですかね?
また、官報に破産者は載ると思うのですが、それから調べられる方法はないですか?

Aベストアンサー

官報からの検索は非常に手間暇かかります。

図書館の倉庫等に保存されている官報綴から一頁、一頁探して行けば破産の有無の確認は可能です。

何年分探すかは別として探す事はできると思います。
(事実、私は過去何例が実際に法人登記簿→官報の順に検索して管財人弁護士を探し出した事があります。)

尚、破産法では以下の例外規定があります。

破産者が知りながら債権者名簿に記載しなかった請求権(当該破産者について破産手続開始の決定があったことを知っていた者の有する請求権を除く。) は免責債権から除かれます。

今回のケースはこの規定に遭遇する可能性があります。

この場合、破産手続開始時の無届債権として非免責債権として、今後も請求し続けるか、それとも「知っていたことにして」償却してしまうかは自由です。

Q倒産した企業の情報(いつ倒産したのか)

倒産や事業を閉じた企業の情報はどこかでわかりますか?

以前お世話になった企業のサイトが数日前からなくなっており(ドメインはまだ残っている)、どうなったかがわかりません。経営的によくないような情報は得ていましたが。
帝国データバンクの倒産企業の情報は、大型倒産ばかりなので、掲載されていません。

企業の規模にかかわらず、倒産情報が見れる方法ってありますでしょうか。都内なので、足を運ぶこともできます。倒産情報がみれるところと、掲載されるタイミング(倒産してからどのくらい)をおしえてください。

Aベストアンサー

これはいかがですか。
http://www.seikei.co.jp/total.htm

有料でしたら、これなどはいかがでしょうか。

企業の倒産・不渡り情報が毎日メールで届く!
商 品  日刊!倒産速報メール「e-News ASNA」
企業信用調査会社、東京経済(株)の提供する倒産速報メールマガジン。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://experience.fideli.com/s/fds/a_4

Q履歴事項全部証明書と登記簿謄本のちがい

会社で、ある省庁に登録を行おうとしたことろ、「登記簿の謄本」を申請書類
に添付せよとありました。

この場合、履歴事項全部証明書では駄目なのでしょうか。この2つの違いは?

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

従前は会社の登記は紙でできた「登記簿」に記載して行うこととなっていました。

この「登記簿」の全部の写しのことを「登記簿謄本」といいます。
ちなみに一部の写しのことは「登記簿抄本」といいます。

現在、多くの登記所では紙の登記簿ではなく、コンピューター内のデータで記録することとなってきています。

そしてその登記事項の経緯全て(例外もあります)をプリントアウトしたものが「履歴事項全部証明書」です。
現在生きている事項のみをプリントアウトしたものは「現在事項全部証明書」です。

この2種類の証明書が、従来の登記簿謄本の代わりということになります。

ですので、ご質問の場合にも、「履歴事項全部証明書」を添付すればいいということになります。
ケースによっては「現在事項全部証明書」で足りる場合もありますが、履歴事項全部証明書で申請を行う方が安全ですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング