Windowsでは32Bit版だとメモリーが3.5GBでしたか、最大でもそれくらいしか使用できないという制限がありましたが。

Linux は32Bitと64BitとではWindowsのように認識できるメモリーの容量に制限があるのですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

32bitで4GB以上のメモリーを扱えないのは


たぶんノイマン型コンピューターの、アーキテクチャーそのものの話です。
個々のOS特有の問題ではなく、普通に作れば
4GBを超えて認識できないのが当たり前です。


ただ、intelのPAE技術は、PentiumProの時代からある特殊な技術で
これは32bitを超えて、36bitでメモリーの物理アドレスを指定することができます。

32bit Windowsで、3.5MB程度しか認識できず、残りをRAMディスクにする風習がありますが
これもPAEがなければできないことだったと認識しています。(よくは知らん)


で、単純にメモリーを大量に使うためになら、36bitでも…何GBだっけ?
64GBを認識できますから、現状のサーバーPC程度ならOSとしては不足しません。

ただ、それだとアプリケーションが確保できるメモリーとしては
制限が残ってしまうので、大規模なアプリケーションを動かすのであれば
PAEではなく、OSもアプリも、全部64bit仕様にする必要が生じます。

ただ、そういうアプリは限られます。
個人のデスクトップや小規模なサーバーなら、PAEで事足りるんじゃないかと思います。
実際、こういう記事があったりもします。
http://bibo6.blog34.fc2.com/blog-entry-180.html


Linuxではデスクトップとしての利用では2GBで充分だったりするので
64bit化の必然性はあんまり無いんです。

反面、オープンソースのパッケージ再編成の自由を活かして
64bit版ソフトの供給は、Windowsの比にならないほど速やかに進みました。
それがゆえに、64bit版FLASH Playerは、Linuxだけが先行してリリースされていたほどでした。
(Windowsでは64bitOSで32bitブラウザーを使うのが普通の時期が長かったので)


ただ、ほとんどの32bit版Linuxディストリビューションは、PentiumIIやIIIに最適化されていて
64bit版はCore2Duoとかに最適化されています。

ですから、64bit化の効果だけでなく、最適化の対象の問題から
64bit化が好ましい場合があります。
技術的にも、64bit化は時代の趨勢ですから、32bitに固執する理由もありません。
Amazon MP3の専用ソフトとかが、32bit版なのは泣き所かもしれませんけど…


私自身は、仮想PCで遊ぶことを想定して、64bit版にしてあります。
どっちが速いか?気にするほどの差は無いと思います。


先日リリースされたUbuntu12.04LTSでは、32bit版もPAEカーネルが標準となり
たぶん、8GB搭載のPCで32bit版を導入しても、4GBを超えて認識するのが普通になっています。
今みたら、最大1GBしか搭載できないThinkPad T23でもしっかり3.2.0-23-generic-paeが入っています。


反面、一部のPAEを備えないCPU搭載製品では、CPU性能は充分にあるものの
Ubuntu12.04LTSのインストールができず。
10.04LTSか11.10からのアップグレードを経て導入する手間がかかります。
(PentiumM搭載ノートPCなどで、ちょっと残念なことになるようです)


なお、LinuxとMacOSXのメモリー管理が同じと言えるとしたら
LinuxもMacOSXもWindowsもメモリー管理の基本法則は同じと言えます。

でも、やっぱり、LinuxとMacOSXとWindowsのメモリー管理はそれぞれ違います。
ただ、32bitではPAEのような特殊な技術を使わなければ
4GBを超えてメモリー認識ができないという点では同様です。


ちなみに、Linux系OSはUNIXを模倣したOSで、MacOSXは由緒正しいUNIXの分家です。
ほかにもUNIXは数種類あるのですが、メモリーの管理手法はそれぞれいろいろ違います。
そこは、UNIXの仕様としての共通点だけでなく、個々のカーネルの設計の問題でもあるからです。

Linux系OSでは、そのカーネルそのものが本来のLinuxです。
対して、MacOSXは、Machというオープンソースのカーネルが採用されています。
分類方法によっては、MachはLinuxカーネルよりもWindowsのNTカーネルに近いとも言えます。


かつて、Macintosh用のLinuxとしてMkLinuxがMachカーネルを採用していたので
LinuxとMacOSXのカーネルが同じと勘違いしているMacユーザーもいるかもしれません。
(厳密に言えば、MkLinuxはLinuxでは無かったとも言えます)

この回答への補足

ありがとうございます。

>ただ、ほとんどの32bit版Linuxディストリビューションは、PentiumIIやIIIに最適化されていて
64bit版はCore2Duoとかに最適化されています。

なるほどそうですか。

ubuntu 11.10 64Bit版をCPUがPentium4のパソコンにインストールしたのですが32Bit版の時と比べたら明らかに動作が重かったです。

補足日時:2012/05/14 10:44
    • good
    • 0

余談ですが, 32ビットの Windows でもバージョンによっては 4 GB を越えて使えたりしま... した.



32ビットの Linux でも, 既に回答がありますが (「1プロセスで使えるメモリ」は 4 GB, ただしそのうち 2 GB はカーネル使用) システム全体で 64 GB まで使えるようにすることもできます. 6 GB しかないときにやってました.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/14 10:47

PAEの話が出ていますが


この技術はOSで管理できるメモリ量を増やせますが、
一方で1つのプロセスがアクセスできるメモリ量は4GBのままです。
なので、DBサーバのように大きなメモリを使用するPPを使用する場合は
32bitOSと64bitOSで結構大きな性能差が出ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/14 10:45

>Linuxのメモリ管理はMacOSXと同じと思われるので、MacOSXとして回答します。


まったく違う。
MacOSXはBSD系。Linuxとはソースの互換はない。だからメモリ管理は別。
それこそ同じだったらライセンスの問題が発生する。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/14 10:38

Linuxのメモリ管理はMacOSXと同じと思われるので、MacOSXとして回答します。


CPU自体は64ビット動作で、使用する『カーネル』が
32か64ビットの違いがまず有ります。
それからアプリに関しても64ビット対応としてコンパイルする必要が有ります。
そして64ビットカーネルの環境で32ビットカーネルアプリを動作させる環境が有ります。

Linux自体がこの様に成っている場合はWindowsの様なメモリ制限は無い事に成ります。

この回答への補足

ありがとうございます。

結局、Linuxでもそういう点はWindowsとあまり変わらないんですね。

ubuntuはインストールとか更新の際も自動化されていて、そういう点では便利なのかもしれませんね。
64Bitでインストールしたら、更新の際も64Bitで自動的に更新されるようになってるみたいです。

補足日時:2012/05/13 17:54
    • good
    • 0

>同じパソコンにubuntuの32Bit版と64Bit版をインストールしたことがあるのですが、64Bitの方だと少しパソコンの動きが遅いように感じました。



それは負荷ではなくてCPUが32bit,64bitどちらに最適化されてるかだと思いますよ。
Intel Core iシリーズはわかりませんがCore2DuoやCore2Quadの64bitモードは32bitモードより多少遅かったかと思います。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0718/kai …

この回答への補足

ありがとうございます。

>Intel Core iシリーズはわかりませんがCore2DuoやCore2Quadの64bitモードは32bitモードより多少遅かったかと思います。

CPU Core2Quad Q6600でしたが、なるほどそういうことですか。

いまのCorei7とかだったら64Bitの方が早いのかもしれませんね。

補足日時:2012/05/13 17:48
    • good
    • 0

32Bit-CPUで4GiB以上のメモリを扱う技術として物理アドレス拡張(ぶつりあどれすかくちょう、Physical Address Extension - PAE )があります。


 インテル社のPentium Pro以降のP6マイクロアーキテクチャで追加されたアドレス空間の拡張機能です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%A9%E7%90%86% …

Linuxでは、例えばPuppy Linuxのエディションの一つであるSlacko 5.3.3 では32Bit版ですが
4GBを超えるメモリー(最大64GB)に対応したPAE版があります。
http://puppylinux.org/wikka/SlackoNews 

この回答への補足

ありがとうございます。

そういうのがあるとは知りませんでした。

補足日時:2012/05/13 15:41
    • good
    • 0

>CD-ROMに付属のubuntuやCentOSなんかだと、同じLinuxでも32Bit版と64Bit版の両方が入っていることがありますが、あれは結局カーネルが異なるということなんですかね。



いいえ、カーネルだけでなく実行用バイナリも32bit版と64bit版は異なります。
カーネルを4G以上利用できるようにしても、実行用バイナリが32bit版ならプログラムとしては4G以上は利用できません。

>64Bit版だとCPUやメモリーにかかる負荷もやはり大きいのだと思いますが。

何が「やはり」なのか私にはわかりかねます。
32bit版がメモリ4Gまでしか利用できないのは負荷関係ないですし。

この回答への補足

>何が「やはり」なのか私にはわかりかねます。
32bit版がメモリ4Gまでしか利用できないのは負荷関係ないですし。

同じパソコンにubuntuの32Bit版と64Bit版をインストールしたことがあるのですが、64Bitの方だと少しパソコンの動きが遅いように感じました。

補足日時:2012/05/13 15:40
    • good
    • 0

>Linuxでも32Bit版は4GB以上のメモリーを付けても認識されないんですか。



「認識されない」ではなくて「利用できない」ですね。

で、ちょっと誤解のある書き方だったので申し訳ないのですが
「利用できない」のは多くのディストリビューションの標準のインストール状態だと「利用できない」だろうということであって
「利用できる」カーネルを使用するようにすれば利用できます。

この回答への補足

>「利用できる」カーネルを使用するようにすれば利用できます。

CD-ROMに付属のubuntuやCentOSなんかだと、同じLinuxでも32Bit版と64Bit版の両方が入っていることがありますが、あれは結局カーネルが異なるということなんですかね。

64Bit版だとCPUやメモリーにかかる負荷もやはり大きいのだと思いますが。

補足日時:2012/05/13 12:46
    • good
    • 0

あります。

この回答への補足

ありがとうございます。

あるんですか。

Linuxでも32Bit版は4GB以上のメモリーを付けても認識されないんですか。

補足日時:2012/05/13 11:58
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qグラフィックカードの選び方とメモリ増設の場合のメモリの選び方

現在、親が使用しておりますデスクトップコンピュータ(e-Machine J2708)に、メモリ増設+グラフィックカードの取り付けをしたいと思っています。

取り付けはできるかなと思っているのですが、
選び方が他のサイトをみてみてもよくわかりません。 
よろしくお願いいたします。

質問1: メインメモリはPC2100 DDR-SDRAM 256MB (最大2GB)
となっております。 ウェブサイトではPC2100には
DDR値により266、333、400などとありましたが
どれでもいいのでしょうか?

質問2: つくも電機のサイトでは、
PC3200 DDR DSRAM (DDR400)を使える
コンピュータとしてe-MachinesのJ2708も紹介してありましたが、
PC3200でもよいのでしょうか?
PC2100とどちらがよいのでしょうか。

質問3: グラフィックカード(AGP 4x)の選び方がまったくわからずお手上げです。
価格コムにある5000円以下のAGP4Xのビデオカードの中から
選ぶ、というような選び方でも大丈夫でしょうか? 
どれでも大丈夫なのでしょうか?
(ちょっと処理速度を早くしたい、というだけで、
特にゲームなどするわけではありません)

[使用しているコンピュータ -スペックはウェブサイトよりコピー]
イーマシーンズeMachines J2708 
メインメモリ: PC2100 DDR-SDRAM 256MB (最大2GB) メモリスロットx2 (空きx1)  ※1
グラフィックシステム: Intel(R) エクストリームグラフィックス AGP 3D (Intel(R) 845GE内蔵)
ビデオメモリ: 最大64MB (メインメモリと共用)※2
※1 最大容量増設時は初期メモリを外しての増設になります。メインメモリの一部はビデオシステムとして使用されます。
※2 ビデオメモリはメインメモリの一部を使用。実際のビデオメモリサイズはシステムによって自動的に決定されます。

[上記以外の基本スペック ]
OS: Windows(R) XP Home Edition
CPU: Intel(R) Celeron(R) プロセッサ 2.70 GHz
チップセット: Intel(R) 845GE チップセット
2次キャッシュ: 128KB (CPU内蔵)
グラフィックシステム: Intel(R) エクストリームグラフィックス AGP 3D (Intel(R) 845GE内蔵)
ハードディスクドライブ: 80GB (ATA100 / 5,400rpm)
シリアルポートx1、パラレルポートx1、PS/2ポートx2 (キーボードx1、マウスx1)、
オーディオ入出力 (前面:マイク入力x1、ヘッドホン出力x1、
背面:マイク入力x1、スピーカ (ヘッドホン)出力x1、ライン入力x1)
拡張スロット PCIスロットx3 (空きx2)、AGPスロットx1 (空きx1)
電源容量 300W
外形寸法 184 (W)×406 (D)×362 (H)mm (本体、突起物含まず)
重さ 約10.4kg
==

現在、親が使用しておりますデスクトップコンピュータ(e-Machine J2708)に、メモリ増設+グラフィックカードの取り付けをしたいと思っています。

取り付けはできるかなと思っているのですが、
選び方が他のサイトをみてみてもよくわかりません。 
よろしくお願いいたします。

質問1: メインメモリはPC2100 DDR-SDRAM 256MB (最大2GB)
となっております。 ウェブサイトではPC2100には
DDR値により266、333、400などとありましたが
どれでもいいのでしょうか?

質問2: つくも電機のサイトで...続きを読む

Aベストアンサー

>質問1:メインメモリはPC2100 DDR-SDRAM 256MB (最大2GB)
>質問2:PC3200でもよいのでしょうか?
DDRxxxといった場合、メモリチップの動作周波数になります。
 例:DDR266→266MHz
PCxxxxといった場合、メモリモジュールの最大転送速度になります。
 例PC2100→2.1GB/s
要はチップとモジュールの違いですね。
もちろん、DDR266とPC2100は同義として扱っていいと思います。

PC3200の場合、よほど粗悪なメモリでない限り、SPDというものにPC2100とPC2700のデータを持っています。
当然、PC2700はPC2100とPC2700のデータを持っています。
つまり、PC3200でも(粗悪なメモリ以外)使うことが出来ます。
ただし、チップセット(というよりMB)がサポートしている速度に限定されます。
この場合は、PC2100でしょうか。
また、混在した場合は遅い方の速度で動作します。

今後の流用を考えてもDDRは使わないでしょうから、安い方を選べばいいと思います。
(DDRIIもしくはDDRIIIが主流ですので)

メモリスロットの空きが一つなので、1Gを増設すれば快適になると思います。


>質問3:価格コムにある5000円以下のAGP4Xのビデオカードの中から選ぶ、というような
可能ですよ^^
ただし、5000円以下となるとRADEON7000ぐらいしかないですね。
1万円だせば、MATROXのG450が今でも買えますね。
また、AGPではなくPCI接続のグラフィックカードという手もありますね。

どちらにしても、オンボードからグラフィックカードに変えると体感速度が全然違います。
デスクトップの描画(2Dですが)がもたつかないからです。
CPUを2ランク上げたぐらいの体感速度が得られます。
グラフィックカードへの交換はメモリ増設の次にお勧めです。

>質問1:メインメモリはPC2100 DDR-SDRAM 256MB (最大2GB)
>質問2:PC3200でもよいのでしょうか?
DDRxxxといった場合、メモリチップの動作周波数になります。
 例:DDR266→266MHz
PCxxxxといった場合、メモリモジュールの最大転送速度になります。
 例PC2100→2.1GB/s
要はチップとモジュールの違いですね。
もちろん、DDR266とPC2100は同義として扱っていいと思います。

PC3200の場合、よほど粗悪なメモリでない限り、SPDというものにPC2100とPC2700のデータを持っています。
当然、PC2700はPC2...続きを読む

QRedHat5.2が32bit版か64bit版か確認したい

導入済みのRedHat5.2が、32bit版か64bit版か確認できるコマンドは何かあるでしょうか?

また、関連して、64bit版を入れたと思っていたのに、/lib64が存在しないということは、32bit版が入ってしまっているということになりますか?

Aベストアンサー

archと言うコマンドで
i386
i486
i586
i686
i786
のどれかが出たら32bit
amd64
だと64bit
archがなければ
gcc -vです
lib64はしりません

Q増設メモリの選び方

今回、東芝ダイナブックサテライトB450というノートパソコンを購入しました。
型式はこちらです↓
PB450CJBBR5A31

どうやら、メモリを増設したほうが快適に使えるとのことなので、
トライしてみようと思うのですが、選び方がわかりません。

ただ、アマゾンで「この商品を買った人はこちらの商品も
購入しています」として、このメモリがあがっているのですが、↓
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B002ZNKDRU/ref=mp_bxgy_p_dp_y
こちらを購入して増設して本当にOKなんでしょうか??
きわめて初歩的でおかしな質問ですみません。

Aベストアンサー

http://buffalo.jp/search/pcnew/index.php?id=80872&category[]=2&type[]=4&form_name=memory&action_index_detail=true

対応してますね。

QパソコンのOSで、Windows 7Pro 64bitから32bitの変更方法につきまして

パソコンのOSで、Windows 7Pro 64bitを購入したのですが、FILEMAKER社のデータベースソフトを使用した際、ネットワークを組んでいるパソコンのOSがすべて32bitシステムのため今回導入したパソコンでは通信ができないので、たぶん、64bitと32bitとの違いによるものかなと思います。安価で簡単に済む変更方法を教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

USBシリアル変換は、必ずと言っていいほど相性問題が発生します。このPCでは問題ないのに、別のに移動した途端ダメになったり、接続相手を選り好みするといった事が非常に起きやすい。これって新しい製品じゃないんですが、ずっと前からこの現象は改善する気配がないので、何か根本的問題があるのかも知れないですね。

その対策ですが、最も確実なのはUSB変換ではなく、拡張スロットに増設するボードタイプの製品を使うことです。もちろんこれは拡張スロットが付いているデスクトップ限定の手ですが、このタイプのボードでトラブった経験は一度もありません。最大で8ポートとかを増設するボードも使ったことがありますが、順調でした。

http://www.iodata.jp/product/interface/rs232c/

ただいくら順調でもノートでは無理なので、この場合は残念ながら最も原始的方法、いくつか別の会社の製品を用意して、取っ替え引っ替えして動くものを探すしかありません。個人的に今使っているのは、安いこいつです。64ビットでも稼働実績があります。ただ例の如く相性は出る可能性を否定できませんが。

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-02746/

できれば今後、不確実なシリアルは使わない方向に持って行った方がいいでしょうね。

USBシリアル変換は、必ずと言っていいほど相性問題が発生します。このPCでは問題ないのに、別のに移動した途端ダメになったり、接続相手を選り好みするといった事が非常に起きやすい。これって新しい製品じゃないんですが、ずっと前からこの現象は改善する気配がないので、何か根本的問題があるのかも知れないですね。

その対策ですが、最も確実なのはUSB変換ではなく、拡張スロットに増設するボードタイプの製品を使うことです。もちろんこれは拡張スロットが付いているデスクトップ限定の手ですが、このタイプ...続きを読む

QPCのメモリ増設の際の選び方を教えて下さい。

PCのメモリの増設を考えているのですが、どれが良くてどれが悪いのか分かりません。

現在、使用しているPCはacerのAspire M3970です。
メモリは最初からついていたDDRS SDRAM DDR3-1333 PC3-10600 2GBが2枚です。
16GBまで増設出来るようなので、4GBのメモリを2枚増設したいと思っています。

ヤフオクでメモリを購入しようと思っているのですが、
どれを選んでいいのか分かりません。

例えば
Kingstonメモリ 4G PC3-8500
hynixメモリPC3-10600U 4GB
SAMSUNG メモリPC3-10600U 4GB
サムスン DIMM DDR3 SDRAM PC3-12800 4GB
など此方の商品らは増設しても問題なく動くのでしょうか?

詳しい方いたら教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.acer.co.jp/ac/ja/JP/content/model-datasheet/DT.SJYSJ.001
Aspire M3970
DDR3-1333/PC3-10600

http://www.sofmap.com/product_detail/exec/_/sku=11492887/-/gid=PS08020000/-/scmp=kkc/-/eVar3=LSSPR
CFD W3U1333Q-4G (PC3-10600-4GBx2)
販売価格:\3,480 (税込)
メーカ製各種保証付、リテールメモリ

今は、メモリ安いので普通に保証付のメーカ製を買いましょう。

QサーバーOSは64bitと32bitのどちらで望ましいですか?

RedHatEnterPrise4をインストールしようと思いますが
64bitは速度面で32bitより早いのでしょうか?

以下のいずれかでもかけたら速度は速くならない
のでしょうか?
64bitのメリットデメリットが知りたいです。

(1) ハードウェアが64bitに対応する
(2) OSが64bitに対応する
(3) ドライバが64bitに対応する
(4) アプリケーションが64bitに対応する
の4段階を経て、初めてユーザーに64bitのメリットが生まれてくる。

参考URL
http://pcweb.mycom.co.jp/column/sopinion/031/

Aベストアンサー

64bit(EM64T)のメリットデメリット

メリット
・メモリーを4GB以上扱うとき、32bitOSより効率が良い。
・レジスターで計算できる桁数が増える。
・アドレス空間をより多く管理できる。
・32bit計算を64bitレジスターで2つずつ処理させることができる。

デメリット
・一部の32bit商用アプリケーションが動かない。(動作認定されていない。)
・64bitOS上で32ビットアプリケーションを動かすと若干遅い。
・ドライバーが64bit対応じゃないと動かない。
・gccが64bitでパフォーマンスが出るコードを吐かない。

Q増設用メモリの選び方

つい最近、NECのVALUESTAR N VN570/JGを譲っていただいたので、
それのメモリを増設しようと考えています。
しかしネットで検索すると同じようなものが沢山出てきてしまい、
どれを買えばよいのか検討もつきません。

電機屋さんで機種さえ伝えれば、ちゃんと対応メモリを教えていただけるものなのでしょうか?
そうでないのでしたら、対応メモリ・おすすめのメモリを教えていただけるとありがたいです。

初歩的な質問ですみません。
どなたがご教授お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

周辺機器メーカの有名どころを2つご紹介します。

●BUFFALO製品メモリ検索
http://buffalo.jp/products/catalog/memory/
●IOデータ製品メモリ検索
http://www.iodata.jp/promo/memory/

こちらで、お持ちのパソコンの型番を入れて調べて下さい。
対応メモリが見つかったら、その型番をメモしていって店頭で聞いたり
ネットで価格を調べてお買いになるとよいでしょう。

質問者様があまりメモリについて詳しくないのなら、店頭でアドバイスを受けてから買うのが無難です。

Q32bitのOSは64bitのCPUをフル活用でき

32bitのOSは64bitのCPUをフル活用できなかったりしますか?

Aベストアンサー

程度問題であり、また状況によって、秒単位(あるいはより短い時間単位)で
32bitのOSであることの利点がある状況もありえます。

8bit,16bit,32bitまでの進化も、ずっと見てきましたが
8bitでは実務ソフトの開発自体が困難な時代でした。
主流の開発手段が、アセンブラかBASICという状況もありましたが
処理性能の低さもあり、実務ソフトの発展は16bitの時代におこりました。

そして、32bit OSへの移行は、32bitCPUの登場から
10年の歳月を擁しました(笑)
消費者が、その飛躍的な変革についていけなかったからです。

16bitOSであるMS-DOSに、32bitの機能を使うためのソフトを組み合わせて
32bitの性能を引き出そうとした人は一部いましたが…
結局1985年発表のi386に対して、32bit OSが主流となったのは1995年のWindows95。
i386では、とうていまともに動かないほど重いOSに、i386は泣いたことでしょう。

でも、Windows95がパソコンの普及を爆発的に進めたのは有名な史実で
言い換えれば、32bitCPUが活用されることで、パソコンがより魅力的になったのです。

この時点では、32bitCPUを活用できないなら損していると言えたでしょう。


ところが、64bit対応のCPUは、Athron64の2004年からと考えて
Vistaの時代にやっと個人ユーザーでも64bit版Windowsが話題になるようになり…
普及は、4GBを超えるメモリー搭載が手軽になったWindows7の時代です。

ここで、飛躍的な効果が得られたかと言えば…Windows95の時ほどのことはありません。
たしかに、使えるメモリーが増えることは、3GBでは足りない用途では画期的でしょう。

でも、誰もがそういう体験をするわけではありません。

そして、処理単位が64bitになったおかげの高速化は、計測なしに体感することはできません。
逆に、メモリーが1GBのCore2Duo機なら、64bitOSを使わず
32bitOSを使うほうが、わずかにでもメモリー消費が小さく、安心感が出てくるかもしれません。

この差は、処理単位の拡大も、メモリー消費の増大も
なかなか体感できない程度のものなのですが…
理論上は、損しているとも言える要素が、どちらにもあるのです。

ですから、難しく考える必要は無いかもしれません。
そもそもLinux系OSでは、メモリーを3GBも使うような状況が
あんまり無いんじゃないかとも思います。よほど忙しいサーバーとかはともかく。

程度問題であり、また状況によって、秒単位(あるいはより短い時間単位)で
32bitのOSであることの利点がある状況もありえます。

8bit,16bit,32bitまでの進化も、ずっと見てきましたが
8bitでは実務ソフトの開発自体が困難な時代でした。
主流の開発手段が、アセンブラかBASICという状況もありましたが
処理性能の低さもあり、実務ソフトの発展は16bitの時代におこりました。

そして、32bit OSへの移行は、32bitCPUの登場から
10年の歳月を擁しました(笑)
消費者が、その飛躍的な変革についていけなかったからです...続きを読む

Q初めてのメモリ増設、選び方がわかりません

時々重く感じるので、パソコンのメモリ増設を考えてますがどれを選べば使えるのかわかりません。

現在の環境
OSはWindows XP 32bit版
パソコンはFRONTIERのデスクトップ、型番はKZMZ5203/CST(BTOです。そのためなのかバッファローなどのメモリを調べるページでわかりませんでした)

メモリはDDR2-SDRAM PC6400 1GB×2

2GBを4GB(2GBを2枚)にしたいのですが、どういうものを買えばいいのですか?
現在ささっているDDR2-SDRAM PC6400というものと同じ規格のものを探せば問題なく使えるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>現在ささっているDDR2-SDRAM PC6400というものと同じ規格のものを探せば問題なく使えるのでしょうか?
使えます。下のHPがバッファロー社HPの上の規格のページです。

ただ、こういう国内メーカが販売しているメモリは、値段がとても高い(市場価格に比べて)です。
中古の品などを売っている店だと、桁が下のHPと1つくらい違ったりします。

今、私はDDR2で1GBを1枚積んでXPを動かしていますが(結構遅いのですww)、超大安売りの日に¥1000で買いました。
値段が値段なので、ダメもとで買ってつけてみましたが、不自由なく動いたので、もう1枚買っておけばよかったと後悔したりもしてます。

でも、とりあえずは、バファロー社や、IO・DATA社のモノを搭載すれば、動作の”保証”はしてくれるはずなので、間違いないとは思います。

参考URL:http://buffalo.jp/products/catalog/item/d/d2_800/

Qwindows7の32bitと64bitが2つインストールされてしまった

今回初めてOSをアップグレードしたのでわからないことだらけなので回答よろしくお願いします。

まず、windows7の3台までアップグレード出来るものを買ってきました。
そしてマウスコンピューターのVISTA(32bit)パソコンにwindows7の32bit版を無事インストールしました。
でもやっぱり64bitにしたいと思いインストールしたら、cドライブにwindows7の32bit。Dドライブにwindows7の64bitが入ってしまい、起動するたびにどちらか選ばなくてはならないし、ライセンスも2つ使用していると思います。
理想はwindows7の64bitだけcドライブにあればいいのですが、どうしていいかわかりません。
ホームページを調べたのですが、よくわからなかったので、ご伝授いただければと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いわゆるマルチブートという2重OSの状態になっています。

1つのハードディスクに、パーティションという「仕切り」を
切って(いわゆる、Cドライブとか、Dドライブとか言うもの)
そこにOSを入れるのですが、今回、片方に32bit、片方に64bitが
入っている状態になります。

個人的には、その状態のほうがとても好ましいと思います。
なぜなら、現在は32bit OSを使い、後々、ソフトが普及したら
64bitを使えるからです。

とはいえ、やり直す場合は以下のとおりにします。
1.消えてはいけないデータをバックアップしておきます。
  エクスプローラーで、どのドライブにどのOSが入っているのか
  メモをしておきます。
2.Windows 32bit CDを用意し、インストールを開始します。
  インストールオプションは新規とし、途中で、どこのドライブへ
  インストールするかを選択する部分で、ドライブの編集を行い。
  そのとき、旧の32と64bit環境をばっさり消します。
  で32bit用の新ドライブ(パーティション)を作成します。

という感じですね。

いわゆるマルチブートという2重OSの状態になっています。

1つのハードディスクに、パーティションという「仕切り」を
切って(いわゆる、Cドライブとか、Dドライブとか言うもの)
そこにOSを入れるのですが、今回、片方に32bit、片方に64bitが
入っている状態になります。

個人的には、その状態のほうがとても好ましいと思います。
なぜなら、現在は32bit OSを使い、後々、ソフトが普及したら
64bitを使えるからです。

とはいえ、やり直す場合は以下のとおりにします。
1.消えてはいけないデー...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング