これからパソコンを始める50歳の人は、ローマ字入力とかな入力どちらがいい?の人は、ローマ字入力とかな入力どちらがいい?
私は、今、48歳で1986年にワープロ専用機でとかな入力を覚えたので・・パソコンになってもとかな入力でやっています。

でも、私の会社ではほとんどローマ字入力です。若い人は全員ローマ字入力です。
私は、これからパソコンを始める子供達には私はーマ字入力をすすめていますが・・50歳の人は、ローマ字入力とかな入力どちらがいい?
これからパソコンを始める人は、ローマ字入力とかな入力どちらがいい?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (16件中11~16件)

四捨五入すれば60歳になりますが、ローマ字入力以外は考えられません。



小学校でローマ字を習った世代ですから、ほんの少しの例外入力だけ覚えればいいわけでしょう?(WO で を とか)

かな入力を覚えるのって大変じゃないですか?
かなでチャットなんて考えただけでおかしくなりそう...

この回答への補足

>かなでチャットなんて考えただけでおかしくなりそう...

48歳の私は・・毎日ネットで対戦ゲームをしながら・・かなでチャットしていますが・・今日もさきほどゲームしながら約2時間チャットしましたが・・

補足日時:2001/05/12 16:51
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2001/05/12 17:05

最初に50音を「ローマ字」と「ひらがな」の両方で入力させてみれば分かります。



だいたいやる前に分かるんですけど、
50歳の人にローマ字入力はちょっと厳しいでしょう。
キーボードに慣れる以前にローマ字に慣れないといけないわけですから、
ローマ字に慣れるまでに相当の時間がかかると思いますし、
ローマ字入力だけで挫折してしまうと思いますよ。

この回答への補足

私も同感です。

でも、私以外の私の会社の人はほとんど・・ローマ字のため・・50歳の人にローマ字を勧めています。

補足日時:2001/05/12 16:48
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありかとうございました

お礼日時:2001/05/12 17:03

回答します。

個人的にはローマ字入力をおすすめします。理由はそれが現在の主流だからです。もちろんカナ入力で決定的に不利になるようなケースはないと思いますが、どこの企業に行ってもローマ字入力者は少数派です。以前某企業の研修(アルバイト)に参加して、入力作業をやっていたところ、カナ入力者が入力できずに四苦八苦していました。どうやらその企業は全ての端末をローマ字入力に固定していたようで、設定の変更が出来なかったようです。カナ入力に設定されていた端末をいちいちローマ字入力に直すのは面倒くさい。カナ入力にしろローマ字入力にしろ、慣れてしまえばスピードは変わらないでしょうけど、世間はローマ字入力をディファクトスタンダードとして認識していますから、ローマ字入力ができるようになっておいて損はないと思います。50歳からだろうと、それまでカナ入力を行っていたのであれば、コンピュータに対するアレルギーはないのでしょうし、ローマ字入力を修得するのにさほど時間はかからないでしょう。

この回答への補足

下記2点補足します。

>50歳からだろうと、それまでカナ入力を行っていたのであれば、コンピュータに対するアレルギーはないのでしょうし、ローマ字入力を修得するのにさほど時間はかからないでしょう。


今回の質問の50歳の人はかな入力ねローマ字入力をしたことががなく・・コンピュータにアレルギーが有ります。


>カナ入力に設定されていた端末をいちいちローマ字入力に直すのは面倒くさい。

私の会社会社は今年4月から事務の社員全員一人1台のパソコン貸与されたので・・自分専用にパソコンなので他人は使わないので・・カナに設定したらローマ字に変更する必要はないです。


この2点の補足で・・再度・・どうでしようか?・・カナか、ローマ字か
教えて下さい。

補足日時:2001/05/12 16:22
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございました

お礼日時:2001/05/12 17:01

当年52歳で、キーボード叩いて30年近くになります。

その頃はカタカナすらまともになかったですから、アルフアベットが当たり前。しかし、漢字入力が普及しだす前、カタカナ(=所謂「半角カタカナ」)でコメントを入れるための鑽孔機入力でえらいイライラしました。カナのキーを捜して打たないといけないからです。しかし、今は、英文(?)か、日本語だけ。どちらもアルフアベットさえ打てれば問題なく入力できます。

kokoro111さんはかな入力に慣れているのだから敢えて直す必要はないと思います。このままで行かれては?慣れが一番です。

これから全く初めてキーボードを触る方なら、アルフアベットの方がいいのではないかと思います。憶えるキーが少なくて済むからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2001/05/12 16:41

ローマ字がわからないのであれば、自動的にかなになりますが、そうでなければどちらでもよいと思います。


あとから切り替える気になれば、切り替えることもできますから。僕は、かなから入りましたが、いまはローマ字です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2001/05/12 16:40

これは、一概にどちらがよいという問題では無いと思います。


本人の得手・不得手もあり、好き嫌いの問題もあります。

両方のメリット・デメリットを説明して、本人の選択に任せるのが最良だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2001/05/12 16:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qローマ字入力、カナ入力のどちらもできるプロの方に質問です

「ローマ字入力とカナ入力のどちら派ですか?」という質問(アンケート)がよくありますが、「どちらか片方しかできない」「慣れているから」ということで選んでいる人が多いように思います。
そうではなくて、両方を熟知した上でどちらの方がオススメか、理由も添えて教えてください。

ちなみにわたしはどちらもできますが、カナ入力の方が慣れているので今はカナ入力をしています。カナ入力は居眠りしててもできます(笑)
でもローマ字入力の方が利点が多いのならば、訓練して変えようと思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

子供の頃はまだ「マイコン」の時代だった世代の者です。
仕事でもプログラマ(いわゆるシステム屋さん)をやっているものです。
そして質問文でも言われている「両方使用可能」な者で、
カナ入力をメインとしている者です。
ついでに、入力形式習得のベースは一太郎Ver3のATOKです。(苦笑)


質問文での前提でも言われているように、
「両方を使用することができる」という人なのであれば、
私は「カナ入力」を薦めます。


理由(個人的視点による)

打鍵速度の点が一般的に注目されていますが、
私の場合は入力内容とその文字列を変換するタイミングの関係もあって、
「入力途中や変換途中に表示されている内容が打鍵内容と一対一で対応する」
点に注目しています。
特に、入力内容に英単語が混在した時にそれが分かります。
仕事の関係で、使用するマシンがローマ字入力しか受け付けない場合に
英単語が混在する日本語文を入力していると、

・入力文字を頭でローマ字に変換する。
・変換したローマ字に対応するキーを打鍵する。
 (頭はカナ状態なのに指は英字打鍵状態なので、
  頭の負荷がここでちょっと上がる。(笑))
・画面に表示された入力内容を認識する。

この時・・・英単語混在した部分の場合、ローマ字入力モードだと

「英単語部分なのに日本語の文字で表示されている」

という部分が発生します。するんです。してるんです。(爆)
するとその時、

「視覚デバイスが認識した文字列がどういう文字列になるべきか」

という処理が頭の中で実行され、また頭の負荷が上がります。
言葉変えましょう。

「入力したのと違う文字(ひらがな、英字)が変換前に表示されている」

という違和感が・・・嫌なんです。はぃ。(笑)
入力(打鍵)しているその時でも常に頭の中の別スレッドで
「全く関係ないことなど」を考えている私には
そういう「余計な処理で負荷をかけたくない」って事ですね。(爆)

Windowsだとショートカットもバリバリに使っている私は、
その操作内容に対して画面の表示内容が追いついていない
(正しくは「目で追えない」)場面も発生するところから
「ブラインドタッチ」の拡張用語(?)として
「フライングタッチ」なんていう造語を使っています。

ちょっと話を戻して、
「入力内容とその最初の表示内容が一致するような入力形式」
をどうしてとるようになったのかをお話しておしまいにします。

一太郎Ver3の頃は、現在のWindowsのようなIMEではなく
FEPと呼ばれるものでした。
その漢字変換処理は現在のモノと比べるとスバラシク時間のかかる処理でした。
そこで「変換受付可能限界」まで一気に入力して変換処理開始。
そして変換処理の間にトイレなど・・・。
そのような状態の中で、文章を考えながら入力するには
思考処理に集中するため「頭に余計な負荷をかけない」方法が必要でした。
その結果、その環境に合わせて頭とシステムの間の最適化を行った結果
導かれた答えが「カナ入力派」なのです。

そんな私がもしローマ字入力に寝返る理由が必要だとするならば、
それはおそらく
「英語キーボードしか世の中に存在しなくなった」
というような物理的制限が発生したような場合でしょう。

子供の頃はまだ「マイコン」の時代だった世代の者です。
仕事でもプログラマ(いわゆるシステム屋さん)をやっているものです。
そして質問文でも言われている「両方使用可能」な者で、
カナ入力をメインとしている者です。
ついでに、入力形式習得のベースは一太郎Ver3のATOKです。(苦笑)


質問文での前提でも言われているように、
「両方を使用することができる」という人なのであれば、
私は「カナ入力」を薦めます。


理由(個人的視点による)

打鍵速度の点が一般的に注目されて...続きを読む

Q高齢者は、ローマ字入力&かな入力のどちらがベストか?

50歳以上の方に、最近、PCの相談をよく受けます。
ほとんど、初めての方です。
そこで、いつも気になるのが、文字入力方法です。
長い目でみたら、ローマ字入力を進めたいのですが、いかんせん、ローマ字のスペルが頭に描けない人は、なかなかうまくいきません。
それで、いやになってしまう人もいます。
また、かな入力では、なかなか入力スピードがアップしません。
一度、どちらかに決めると、年配者の方に、入力方法の変更は、勧められません。
あなたでしたら、どおように指導されますか?

Aベストアンサー

○カナ入力
 長所…・入力が直接的(「あ」を押せば「あ」が打てる)
    ・ローマ字配列を覚える必要がない
    ・「ぁぃぅぇぉ」などが打ちやすい
 短所…・覚えるキーが多くなる
    ・シフトを使う必要がある
    ・アルファベットが打てない
    ・数字が打てない
    ・ローマ字入力のほうが一般的

○ローマ字入力
 長所…・覚えるキーが少ない
    ・シフトが不要
    ・アルファベットが簡単に打てる
    ・数字も簡単に打てる
    ・世の中では一般的
 短所…・入力が非直接的(「あ」を打つ時は「A」を押す)
    ・「ぁぃぅぇぉ」などが打ちにくい
    ・ローマ字配列を覚えるまでが大変

カナ入力とローマ字入力には、以上のような特徴があります。まず、こうした特徴を教える必要があるのではないでしょうか。その上で、使う人自身に、どちらの入力方法にするかを選んでもらうべきだと思います。

「その人が打ちたいように、自由に打てばいい」が私の持論ですが、世の中はどうやらそれを認めてくれないようです。私はカナ入力ですが、馬鹿にする人がいます。

本来、キーボードというのは、パソコンに文字を入力するための手段です。最終的に文字が入力できるのであれば、打ち方にそれほどこだわる必要はないのではないかと、私は思います。

「その人が打ちたいように」がいいと思うのですが…。

○カナ入力
 長所…・入力が直接的(「あ」を押せば「あ」が打てる)
    ・ローマ字配列を覚える必要がない
    ・「ぁぃぅぇぉ」などが打ちやすい
 短所…・覚えるキーが多くなる
    ・シフトを使う必要がある
    ・アルファベットが打てない
    ・数字が打てない
    ・ローマ字入力のほうが一般的

○ローマ字入力
 長所…・覚えるキーが少ない
    ・シフトが不要
    ・アルファベットが簡単に打てる
    ・数字も簡単に打てる
    ・世の中では一...続きを読む

Q聞く・聴く・訊くのそれぞれの意味

ふと疑問に思ったのですが、

『聞く』や『聴く』や『訊く』のそれぞれの意味の違いは

何でしょうか?

正直言って同じようにも思ってしまいます。

どうゆう場面の時に使い分けされるのでしょうか?

私なりに言うと、

『聞く』は意識して聞く

『聴く』は自然に聞こえる

『訊く』は誰かに質問する

だと思います。

もしも違うものがあったら例を挙げて詳しく説明して下さると助かります。

お願い致します。

Aベストアンサー

辞書的な意味だと以下のようですね。


聞く

耳で音や声を感じとる。たずねる。従う。
見聞、伝聞
「鳥の鳴き声を聞く」「話し声を聞く」「うわさを聞く」「聞き間違い」「聞き覚えのある声」「聞き流す」「聞き捨てならない」「道を聞く」「親の言うことを聞く」


訊く

相手に質問する。
訊問(じんもん)
*表外字《→聞く》


聴く

耳を傾け、注意して聞き取る。
聴取、聴講、静聴、傍聴
「ラジオ講座を聴く」「講義を聴く」「名曲を聴く」「広く国民の声を聴く」
※「聞く」と書くことが多い。


人気Q&Aランキング